ヤ行(ユ)

漢字の成り立ち 兪          漢字の成り立ち 攸          漢字の成り立ち 憂          漢字の成り立ち 由          漢字の成り立ち 斿          漢字の成り立ち 酉          漢字の成り立ち 右         

2017年3月 5日 (日)

漢字の成り立ち 兪

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『兪・俞(ユ)』という字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』には()、という漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したら、になるのかを考えます。は小学校5年生で習う漢字、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『兪・俞(ユ)』は、木の中をくりぬいて舟にする様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、舟(舟をくりぬく。取り出す)+亼巜(亼の刃物)=・俞(木の中をくりぬいて舟にする。取り出して移す)です。金文では舟に針を足した形(膿を針で舟(盤)に抜き取る)になります。漢字の部首は『入・いりがしら』、漢字の意味は『丸木舟』、『移す』、漢方の医学で『つぼ』です。

Photo

『説文解字』には「木の中を空として舟となすなり。亼に従い、舟に従い、巜に従う」とあります。藤堂は説文解字に従って木をくり抜いた丸木舟とし、白川は金文まで遡って針で膿を舟(盤)に抜き取るとしています。

音読みは呉音・漢音ともに『ユ』です。漢方医学で健康障害を抜き取るつぼを穴(ケツ)といいます。

兪・俞(ユ)は常用漢字から外れています。

 『(ユ)』shūは、取り出して移す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、車(車で運ぶ)+・俞(舟をくりぬく。取り出す)=(取り出して移す)です。漢字の部首は『車・くるまへん』、漢字の意味は『うつす』です。

PhotoPhoto_2

音読みは呉音が『ス』、漢音が『シュ』、慣用音が『』です。荷物を運び入れること・外国から国内に入れることを入(ニュウ)、国内から外国へ送り出すことを出(シュツ)といいます。

(ユ)は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1TKUzjiです。

 『(ユ)』は、諭(さと)す様子・告げる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、言(言葉)+(移す。取り出す)=(言葉を外へ取り出す。告げる。諭す)です。漢字の部首は『言・ごんべん』、漢字の意味は『告げる』、『諭(さと)す』、『喩(たと)える』です。

現在では『(さと)す』の意味では(ユ)が、『(たと)える』の意味では(ユ)が使われます。

Photo_3

音読みは呉音・漢音ともに『ユ』、訓読みが『諭(さと)す』です。諭し告げることを告(コク)、物事の趣旨をさとし告げることを旨(シ)、心に思っていることを告げ知らせることを意(イ)といいます。

良い意味の漢字で『さと』、『さとし』、『さとす』、『つぐ』と名前に使われます。

(ユ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ユ)』は、喩(たと)える・諭(さと)す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、口(くち)+(移す)=(他のものに移して口にする。喩(たと)える)です。漢字の部首は『口・くちへん』、漢字の意味は『喩(たと)える』、『諭(さと)す』です。

現在は、『(たと)える』の意味では(ユ)が使われ、『(さと)す』の意味では(ユ)が使われます。

Photo_4

「お盆の様な丸い月」というのが(たと)えで、比(ヒ)といいます。

音読みは呉音・漢音ともに『ユ』、訓読みが『喩(たと)える』です。何かをほかのものに移して表現すること比(ヒ)、たとえ話を言(ゲン)といいます。

良い意味の漢字で『あき』、『さとる』と名前に使われます。

(ユ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ユ)』は、愉(たの)しむ様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、忄(こころ)+(取り出す)=(不安・苦しみを取り出す。愉しむ)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、漢字の意味は『愉(たの)しむ』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『ユ』、訓読みが『愉(たの)しむ』です。さばさばとして愉しい様子を快(カイ)、愉快な様子・喜ぶ顔いろを色(ショク)といいます。

(ユ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ユ)』は、心配が無くなり、事態が愈々(いよいよ)進む様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(心配の種が抜き取られる)+心(こころの状態)=(事態が愈々(いよいよ)進む。いよいよ)です。漢字の部首は『心・こころ』、漢字の意味は『事態が良くなる』、『愈々(いよいよ)』、『愈(まさ)る』です。

音読みは呉音・漢音ともに『ユ』、訓読みが『愈々(いよいよ)』、『愈(まさ)る』です。

(ユ)は常用漢字から外れています。

 『(ユ)』は、病気が癒(い)える様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、疒(病気)+(移す。事態が良くなる)=(病気を外に移す。癒(い)える)です。漢字の部首は『疒・やまいだれ』、漢字の意味は『癒(い)やす』、『癒(い)える』です。

Photo_7

音読みは呉音・漢音ともに『ユ』、訓読みが『癒(い)やす』、『癒(い)える』です。何かをほかのものに移して表現すること治(チ)、炎症によって臓器がくっつくこと・利益のための立場を超えた深い関係を着(チャク)といいます。

良いい意味の漢字で『あき』、『さとる』と名前に使われます。

(ユ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(トウ・チュウ)』tōuは、偸(ぬす)む様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、イ(人間の行為)+(移す。抜き取る)=(中身をそっと抜き取る。偸(ぬす)む)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『偸(ぬす)む』、『ひそかに』です。

異体字にがあります。

Photo_5

音読みは呉音が『ツ』、漢音が『トウ』、慣用音が『チュウ』、訓読みが『偸(ぬす)む』です。ぬすむこと・ぬすびとを盗(トウトウ・チュウトウ)、不正なことをしてそっと利益を得ることを利(トウリ)といいます。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-7017.html

http://bit.ly/2mdAp6X  『漢字の成り立ち

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.製品を ゆしゅつ(   )する。

2.福沢 ゆきち(   )。

3.ゆし(   )免職。

4.ひゆ(   )を用いて説明。

5.ゆかい(   )な話題。

6.いよいよ(   ) 決戦の時を迎えた。

7.病気が ちゆ(   )。

8.政治家と ゆちゃく(   )。

解説です。基本の漢字は()、輸(うつす)は車を足して、諭(さと)すは言を足して、喩(たと)えるは口を足して、愉(たの)しむは忄(りっしんべん)を足して、愈々(いよいよ)は心(りっしんべん)を足して、癒(い)えるは疒(やまいだれ)を足して、偸(ぬす)むはイ(にんべん)を足してです。

解答です。出、吉、旨、比快、、治癒、癒着。

2016年9月11日 (日)

漢字の成り立ち 攸

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(ユウ)』yōuという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』には攸、)、という漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したら)、になるのかを考えます。は小学校5年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(ユウ)』yōuは、長く細く水を垂らす様子・水のはるかに流れゆく様子・人の道を表す会意文字です。漢字の足し算では、イ(人間)+1(水のたれる様子)+攵(動詞の記号)=(水の流れゆく様子。人の行くところ。人の道)です。漢字の部首は『攵・ぼくづくり』、漢字の意味は『所』、『はるかに』、『すらりと長く』です。

Photo_3Photo

人の背に水をかけて滌(あら)う姿(白川・藤堂)、流れる水のさま(段)、人に水をかけて滌(あら)う姿→流れる水(鎌田)など諸説ありますが、大意は同じです。

音読みは呉音が『ユ』、漢音が『ユウ』です。遠くはるかな様子を(ユウユウ)といいます。

(ユウ)は常用漢字から外れています。

 『(ユウ)』yōuは、のんびりとした・ゆったりとした気持ちを表す形声文字です。漢字の足し算では、(はるかに・長く)+心(こころ)=(ゆったりとした気持ち。いきわたる)です。漢字の部首は『心・こころ』、漢字の意味は『ゆったりとした気持ち』、『悠(はる)か』です。

Photo_2

白川は人の背に水をかけて滌(あら)い、身を清めて、心伸びやかとなった状態としており、藤堂は思いが長く長く続くこと・憂(うれ)いhttp://bit.ly/2cyVQPw が断ちきれず長くのびることとしています。

音読みは呉音が『ユ』、漢音が『ユウ』、訓読みは常用外に『悠(はる)か』があります。長く久しいこと・のんびりと落ち着いていることを長(ユウチョウ)、世俗から離れのびのび暮らすことを自適(ユウユウジテキ)といいます。

良い意味の漢字で『ちか』、『ちかし』、『はるか』、『ひさ』、『ひさし』と名前に使われます。

(ユウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(シュウ)』xiūは、形良く見せる様子・整える様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、(すらり長い・行水)+彡(飾り)=(でこぼこなくすらりと細長く整える)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『形良く見せる』、『手を加えて直す』、『学問を身につける』、『資料をまとめて書物にする』です。

Photo

音読みは呉音が『シュ』、漢音が『シュウ』、訓読みが『修(おさ)める』です。言葉を美しく用いて効果的に表現することを辞(シュウジ)、傷んだ部分に手を加えて、再び使用できるようにすることを理(シュウリ)、学問や技芸を磨くため、努力して学ぶこと・悟りを開くため仏道に努めることを業(シュギョウ)、材料を集めて書物をまとめ上げることを編(ヘンシュウ)といいます。

漢字で『おさめる』はと書き、それぞれニュアンスが違います。

おさ)める  取り集めておさ)め入れる               http://bit.ly/1qdrGTb

おさ)める 税として(おさ)める                  http://bit.ly/1rL8dSP

おさ)める 河川の氾濫をおさ)める。(なおす         http://bit.ly/1szLDmw

おさ)める 形良くする。学問を身につける。直す。            http://bit.ly/2cyVQPw

とても良い意味の漢字で『あつむ』、『おさ』、『おさむ』、『さね』、『すけ』、『なお』、『なが』、『ながき』、『ながし』、『なり』、『のぶ』、『のり』、『ひさ』、『まさ』、『みち』、『もと』、『もろ』、『よし』、『よしみ』と広く名前に使われます。

(シュウ)は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1IcJ9kv です。

 『(シュウ)』xiūは、学問の束(ソクシュウ)に使う干し肉を表す形声文字です。漢字の足し算では、(すらり長い)+月(肉)=(すらりと長く整えた干し肉。脩める。おさめる)です。漢字の部首は『月・にくづき』、漢字の意味は『干し肉』、『学問を身につける』、『ながい』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ス・シュ』、漢音が『シュウ』、訓読みが『脩(おさ)める』です。干し肉を束(たば)ねたもの・学を修めるための先生へのお礼・謝金を束(ソクシュウ)といいます。

古代中国では、先生への手土産に、干し肉を束(たば)ねたもの束(ソクシュウ)を持参する風習がありました。論語にも束(ソクシュウ)の記述があります。(述而第七)

子曰く、束(ソクシュウ)を行うより以上は、吾れ未(いま)だ嘗(かつ)て誨(おし)うること無くばあらず。(述而第七)

(ソクシュウ)とは、先生への謝礼としては一番軽いものです。一番軽い謝礼を持ってきた者でも、教えてやらなかったことは無いという意味です。孔子の教育態度が示されていると思います。そうした経緯があるので、わざわざ『(おさ)める』を使う人もいます。

とても良い意味の漢字で『おさ』、『おさむ』、『さね』、『すけ』、『なお』、『なが』、『のぶ』、『はる』、『もろ』と広く名前に使われます。

(シュウ)は人名用漢字です。

 『(ジョウ)』tiáoは、細い木の枝の一筋、一筋を表す漢字です。漢字の足し算では、(細長い)+木=)(細い木の枝の一筋、一筋)です。漢字の部首は『木・き』、漢字の意味は『木の枝』、『一筋、一筋』、『一筋、一筋書き並べた文』、『事柄』です。

禊(みそぎ)をするときに穢(けが)れを払う枝(えだ)を表す(白川)とも言われています。

Photo_5

正字はで、常用漢字体のを使うことが多いです。人名に正字のを使う家もあります。

音読みは呉音が『ジョウ』、漢音が『チョウ』、柳の枝を柳(リュウジョウ)、町の道筋を坊(ジョウボウ)、ある物事が成立・実現するために必要な事柄を件(ジョウケン)といいます。

(ジョウ)は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1IcJ9kv です。

 『(ジョウ・テキ)』は、人の背後に水をかけて滌(あら)う様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(細い)=(人の背後に水をかけて滌(あら)う。細い水をかけて洗滌する)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『洗滌(センジョウ・センデキ)する』、『滌(あら)う』です。

Photo_4

<音読みは呉音が『ジャク(ヂャク)』、漢音が『テキ』、慣用音が『ジョウ(デウ)』です。水をかけて洗うことを洗(センジョウ・センデキ)といいます。

(ジョウ・テキ)は常用漢字ではありませんので、常用漢字の(ジョウ)http://bit.ly/1fPT7gj に書き換えることが普通です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-9369.html

http://bit.ly/2cyVQPw  『漢字の成り立ち

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ゆうゆう(   )自適。

2.寺で しゅぎょう(   )をする。

3.車の しゅうり(   )をする。

4.そくしゅう(   )。

5.じょうけん(   )検索。

6.車の せんでき(   )。

7.車の せんじょう(   )。

解説です。基本の漢字は、悠(はる)かは心を足して、修(おさ)めるは彡(さんづくり)を足して、脩(おさ)めるは月(にくづき)を足して、條(ジョウ)は木を足して、滌(あら)うは氵(さんずい)を足してす。

解答です。悠悠行、理、束件、洗、洗浄、洗

漢字の成り立ち 憂

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(ユウ)』yōuという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校6年生、は中学校で習う常用漢字です。学年に関係なく一緒に覚えましょう。 

 『(ユウ)』yōuは、憂(うれ)える様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、頁(あたま)+心(こころ)+夊(足)=(頭と心が悩ましく、足元も滞る様子。憂(うれ)える)です(藤堂)。漢字の部首は『心・こころ』、漢字の意味は『憂(うれ)える』、『憂(う)さ』です。

白川は喪中にあって愁(うれ)える人の姿に心を加えたものであるとしています。

古い字体である篆文も載せておきます。

Photo_5Hidar_2

音読みは呉音が『ウ』、漢音が『ユウ』、訓読みは『憂(うれ)える』、『憂(う)い』です。思い悩んで心が晴れない事を鬱(ユウウツ)、よけいな心配を杞(キユウ)といいます。

『設文解字』には、和之行也とあり『滞りなく進む』の意味で、(ユウ)http://bit.ly/2cyVQPw と同じ意味に使われています。夊(すいにょう・足)は足をひきずるの意味に解釈することが多いのですが、進むの意味に解釈していると思われます。我が国では『滞りなく進む』の意味で使うことはありません。

(うれ)えるは(うれ)えるhttp://bit.ly/1rrjF5Y とも書きます。

(ユウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ユウ)』yōuは、優(やさ)しい様子・優(すぐ)れている様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、イ(人間の行為・側にいる人)+(うれえる)=(憂える人。優しい。しとやか。優れる)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『優(やさ)しい』、『優(すぐ)れる』、『しとやか』、『役者』、『手厚い』です。

Photo_7

音読みは呉音が『ウ』、漢音が『ユウ』、訓読みは『優(やさ)しい』、『優(すぐ)れる』で、常用外に『優(まさ)る』があります。しとやかで気品があることを雅(ユウガ)、非常にすぐれていることを秀(ユウシュウ)、手厚くもてなすことを遇(ユウグウ)、演技することを職業としている人を俳(ハイユウ)といいます。

縁起の良い漢字で『かつ』、『すぐる』、『ひろ』、『まさ』、『まさる』、『ゆたか』と名前に使われます。

(ユウ)は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/21pbuvo です。

広島東洋カープ 25年振りの 勝(ユウショウ) おめでとうございます!!

 『(ジョウ)』rǎoは、みだれる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(人間の行為)+夒(みだれる)=擾・𢹎(みだれる行為。みだす。邪魔をする)です。漢字の部首は『扌・てへん』、漢字の意味は『みだれる』、『みだす』、『邪魔をする』です。

Photo

旁(つくり)はもともと夒(ノウ・みだれる)という漢字を使っていましたが、(ユウ・うれえる)に書き誤り、(ジョウ・みだす)という書くようになりました(藤堂)。

音読みは呉音が『ニョウ』、漢音が『ジョウ』、訓読みは『擾(みだ)れる』、『擾(みだ)す』です。みだれ騒ぐことを亂・乱(ジョウラン)、騒(ソウジョウ)といいます。

(ジョウ)は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-a458.html

http://bit.ly/2cprDBl 『漢字の成り立ち

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ゆううつ(   )。

2.ゆうが(   )な生活。

3.ゆうしょう(   )を勝ち取る。

4.ゆうしゅう(   )な人材。

5.大気の じょうらん(   )がみられる。

解説です。基本の漢字は、優(すぐ)れるはイを足して、擾(みだ)すは扌を足してです。

解答です。勝、秀、乱。

2016年2月11日 (木)

漢字の成り立ち 酉

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(ユウ)』yǒuという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したらになるのかを考えてます。は3年生、は人名用漢字です。学校で習うに関係なく一緒に覚えましょう。

 『(ユウ)』yǒuは、酒壺(さかつぼ)を表す象形文字です。漢字の部首は『酉・さけづくり、とり』、漢字の意味は『酒』、『酒(さけ)を搾る十月』、『(とり)』です。

Photo_8Photo_34

音読みは呉音が『ユ』、漢音が『ユウ』、訓読みが『酉(とり)』です。

(とり)は酒の樽や壺を表す象形文字で御酒を搾る季節10月を表す(藤堂)といわれています。

中国を中心とした東アジアの世界では、子丑寅卯辰巳午未申戌亥の十二支を使って暦(平成5年、17年、29年・10月)、時刻(午後6時)、方角(西)を表しました。数字でもなんでもない漢字の順番を覚えるの大変です。そこで、神様に新年の挨拶(アイサツ)に来た十二種類の動物になぞらえ、十二支に宛てて覚えたのです。

(・とり)は十番目に挨拶に来た動物と覚えるわけです。

猿と犬は中が悪く、喧嘩しながら来たので遅くなり、鶏(酉・とり)が喧嘩の仲裁をしたため、猿と犬の間に入って(申戌)しまいました。

ちなみに一番目は牛の背中に乗ってきた鼠(子・ねずみ)、十二番目は勢いよく走ってきて、神様の前を通り越してしまった猪(亥・いのしし)です。

(とり)はにわとり、(とり)、(とり)は鳥全体を表します。詳しくは

(とり)『漢字の成り立ち http://bit.ly/1nrfZG8

(とり)『漢字の成り立ち http://bit.ly/1STcEwU

(とり)『漢字の成り立ち http://bit.ly/1AzEFkx

をご覧ください。

 2月11日は建国記念日ですが、神武天皇が即位された日にちなんでいます。東洋では1260年に一度の辛(かのととり・シンユウ)の年に天命が改まるとされています。

我が国では、推古天皇9年(西暦601年)がその年で、1260年前である紀元前660年の辛(かのととり・シンユウ)の年の元旦に神武天皇が即位されたといわれています。この年の元旦を現在の太陽暦に換算すると、2月11日になるので、2月11日が建国記念日になっています。

縁起の良い漢字で『とり』、『なが』、『みのる』と名前に使われます。

(ユウ)は人名用漢字です。

 『(シュ)』jiǔは、酒壺(さかつぼ)に入っている酒を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(酒壺)=(酒壺に入ってい酒。さけ)です。漢字の部首は『酉・さけづくり、とり』、漢字の意味は『酒(さけ)』です。

Photo_18

音読みは呉音が『シュ』、漢音が『シュウ』です。訓読みは『酒(さけ)』、『酒(さか)』です。濁りを濾過した清んだ酒を清(セイシュ)、酒屋が目印であげる旗を旗(シュキ)、酒用に使う大きな粒の米を米(さかまい)、酒を貯蔵する樽(たる)を樽(シュソン・さかだる)といいます。

(シュ)は小学校3年生http://bit.ly/1NYbV9m で習う漢字です。

(ソン)については『漢字の成り立ち http://bit.ly/2ga9oO2 をご覧ください。

 『(シュウ)』qiúは、酒(さけ)を醸(かも)す職人の頭を表す象形文字です。酉の上の八は外へ出る香を表すとされています。漢字の部首は『酉・さけづくり、とり』、漢字の意味は、『長(おさ)』、『かしら』です。

Photo_9

音読みは呉音が『ジュ』、漢音が『シュウ』です。酒づくりの職人の長を大(タイシュウ)、部族の頭を長(シュウチョウ)といいます。

(シュウ)は常用漢字から外れています。

 『(シュウ・どじょう)』qiūは、魚類の鰌(どじょう)を表す形声文字です。漢字の足し算では、魚+(酒を搾る親方。引き絞る)=(細い魚。どじょう)です。漢字の部首は『魚・さかなへん』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ジュ』、漢音が『シュウ』、訓読みは『鰌(どじょう)』です。我が国では泥の漢字を付けて泥鰌(どじょう)と書くのが一般的です。

★同じ手は二度、三度はきかないことを「柳の下に泥鰌(どじょう)はいない」といいます。魚(さかな)や蝦(えび)は隠れ家を好みます。川の端の垂れた柳の下などにいる理由です。そういつもいつも同じところにいるとは限らないということなのでしょうが、実際はいつも同じところにいます。川の端の柳の下に魚はいつもいます。漁ってみればわかるのですが。。

(シュウ)は常用漢字から外れています。

魚に関して詳しくは『部首索引 (うお・さかな)』http://bit.ly/1Rqs88v をご覧下さい。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.とり(  )の刻。

2.にほんしゅ(    )。

3.さかだる(   )の鏡開き。

4.部族の しゅうちょう(   )。

解説です。基本の漢字は、、酒(さけ)は氵(さんずい)を足して、酋長(シュウチョウ)は八(酒の芳香をあらわす)を足してです。

解答です。、日本樽、長。

2015年4月 5日 (日)

漢字の成り立ち 斿

 今日は『(ユウ)』yóuという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ユウ』、意味は『旗がゆらゆらする』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』は漢字の足し算で表わせます。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で3年生で習い、は常用漢字ではありませんが、一緒に覚えましょう。

 『(ユウ)』yóuは、旗がゆらゆらする様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、方ノ一(旗)+子(動く)=(子供が動くように旗がゆらゆら動く)です。漢字の部首は『方・ほうへん』、漢字の意味は『旗がゆらゆらする』です。

Photo_4

音読みは呉音が『ユ』、漢音が『ユウ』です。の漢字自体を使うことはありませんが、の音符(オンプ)になっています。

 『(ユウ)』yóuは、ゆらゆらと遊びまわる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、辶(進む)+(旗がゆらゆらする)=(ゆらゆらと遊びまわる。遊ぶ。あそぶ)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、意味は『遊(あそ)ぶ』、『旅をする』、『行ったり来たりする』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ユ』、漢音が『ユウ』、訓読みは『遊(あそ)ぶ』です。牧畜をしながら旅することを牧(ユウボク)、酒食を用意して(宴)遊ぶことを宴(ユウエン)、行ったり来たりする交わりを交(コウユウ)、のんびり楽しんで歩くことを歩(ユウホ)、遊ぶための園を園地(ユウエンチ)といいます。

ゆったりとした縁起の良い漢字で『なが』、『ゆき』と名前に使われます。

春の日の砂場びの母子かな  風船

(ユウ)は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1vlSD7s です。

 『(ユウ)』yóuは、ゆらゆらと泳ぎまわる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(旗がゆらゆらする)=(ゆらゆらと泳ぎまわる。浮かぶ。遊ぶ)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『泳ぎまわる』、『浮かぶ』、『遊(あそ)ぶ』です。

Photo_6

(ユウ)は常用漢字ではありませんので、(ユウ)を使うのが普通です。

音読みは呉音が『ユ』、漢音が『ユウ』です。水面を泳いだり浮かぶことを泳・泳(ユウエイ)、水に浮かんでゆらゆらすることを浮・浮(フユウ)といいます。

 『(ユウ)』yóuは、かげろうのことです。漢字の足し算では、虫(むしへん・昆虫)+(ゆらゆらする)=(ゆらゆら飛ぶ虫)です。部首は『虫』、意味は『かげろう』です。同じく『かげろう』を表す『(フ)』と合わせて二字で『蜉蝣』(かげろう・フユウ)として使います。漢字が二語の熟語になるのは、耳で聞いたときに二語の方が解りやすいからです。『』は常用漢字から外れています。

Photo_5

現在ではカゲロウに蜉蝣の漢字を充てていますが、平安朝では蜻蛉(とんぼ)の漢字を充てていたりしました。江戸時代の学者、新井白石によれば多少混同されていたようです。

の『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-bca6.html をご覧ください。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ゆうぼく(   )民族。

2.ゆうほ(   )道。

3.ゆうえい(   )禁止。

4.かげろう(   )。

解説です。基本の漢字は、遊(あそ)ぶは辶(しんにょう)を足して、游(浮かぶ)は氵(さんずい)を足して、蜉蝣(フユウ・かげろう)は虫を足してです。

解答です。牧、歩、泳・泳、蜉

2015年2月 1日 (日)

漢字の成り立ち 由

 今日は『(ユ・ユウ)』yóuという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ユウ』、意味は『・・から出てくる』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』は漢字の足し算で表わせます。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で3年生で、は6年生、は中学校で習い、は人名用漢字です。一緒に覚えましょう。

 『(ユ)』yóuは、口のついた壺(つぼ)や樽(たる)を描いた象形文字です(藤堂)。漢字の部首は『田・た』、漢字の意味は『・・から出てくる』、『由来する』、『生じるわけ』です。

実が熟して中が油化したものの象形文字(白川)とする説があります。また、甲骨文字では西と同じ字(加藤、落合)で、酒を搾る竹籠を表す象形文字(加藤)ともいわれています。

Photo_15

音読みは呉音は『』、漢音が『ユウ』、訓読みは『由(よし)』です。自(みずか)ら由(よ)るを自(ジユウ)といい、英語のfreedomの日本語訳にしました。なぜそうなったかの筋道(理)を理(リユウ)、物事のいわれを来(ライ)、目的地までにある地点によることを経(ケイ)といいます。

縁起の良い漢字で『ただ』、『みち』、『ゆ』、『ゆう』、『ゆき』、『よし』、『より』と名前に使われます。

白川先生の説を拡大解釈し、「熟した実がポトッと落ちる状態を表すので良くない漢字である」と書く人、それをそのまま調べないで転載する人がいます。「切り株から生えてくる芽」という記述はあっても「熟した実がポトッと落ちる状態を表すので良くない漢字」という記述は漢字の辞典にはありません。

Photo_2

『字源辞典』、『新漢和辞典』、『学研漢和大辞典』、『漢字源』、『字統』、『字通』、『新漢語林』、『甲骨文字小字典』のどこにも書いてありません。

』は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1vlSD7s です。

音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html をご覧ください。

同じく酒壺を表す『(ユ・ユウ・とり)』yǒuと非常に近い関係にあります。

 『(ユ)』yóuは、壺や樽から流れ出す油(あぶら)を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(液体)+(壺や樽から流れ出る)=(壺や樽から流れ出る液体。油。あぶら)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『油(あぶら)』です。

Photo_16

音読みは呉音は『』、漢音が『ユウ』、訓読みは『油(あぶら)』です。炭化水素を主成分とする地下資源の油を石(セキ)、石油を産出する地域を田(デン)、精製する前の石油を原(ゲン)、うっかり注意を怠ることを断(ダン)といいます。

』は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1vlSD7s です。

 『(ユ)』yòuは、柚子(ゆず)を表す形声文字です。漢字の足し算では、木(植物)+(・・から出てくる)=(果汁を絞り出す植物。柚子。ゆず)です。漢字の部首は『木・きへん』、漢字の意味は『柚子(ゆず)』です。

Photo

音読みは呉音は『』、漢音が『ユウ』、訓読みは『柚(ゆず)』です。柚・柚子(ゆず)は、音読みの子(ス)からきています。みかん科の常緑低木で、実は冬に熟し、香りが良いことで知られています。良い意味の漢字なので、人名に使われます。

』は人名用漢字です。

 『(チュウ)』chōuは、取り出す様子、引き出す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(・・から出てくる)=(手で取り出す。引き出す)です。漢字の部首は『扌・てへん』、漢字の意味は『取り出す』、『引き出す』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『チュウ』です。訓読みに常用外(普段使わない読み方)の『抽(ひ)く』があります。籤(くじ)を抽(ひ)き出すことを籤・選(チュウセン)、具体的な事象から共通の性質を取りだすことを象(チュウショウ)、箪笥や机の箱状(斗)のひき出しをする斗(チュウト・ひきだし)といいます。

』は中学校でで習う常用漢字です。

 『(チュウ)』chōu は、繭(まゆ)から糸を引き出す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸(いと)+(・・から出てくる)=(繭から糸を引き出す。紬。つむぐ)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、漢字の意味は『紬(つむ)ぐ』、『紬(つむぎ)』です。

Photo_19

また、太い絹糸を使い糸目を抜き出したように見せる布を紬(つむぎ)といいます。また広く絹織物を紬(つむぎ)といいます。

音読みは呉音・漢音ともに『チュウ』です。訓読みは『紬(つむぎ)』です。『』は人名用漢字です。

 『(ジク)』zhòuは、車輪の軸(ジク)を表す形声文字です。漢字の足し算では、車(車輪)+(・・から出てくる)=(車輪から出ている軸。中心)です。漢字の部首は『車・くるまへん』、漢字の意味は『軸』、『巻物の心』、『中心』です。

Photo_20

音読みは呉音が『ジク』、漢音が『チク』です。車輪の中心になる棒を車(シャジク)、地球の中心になる直線を地(チジク)、活動の中心なることを中(チュウジク)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(チュウ)』zhòuは、宇宙を表す形声文字です。漢字の足し算では、宀(屋根・蓋)+(中心に円運動する)=(北極を中心に円運動する宇宙。宇宙)です。漢字の部首は『宀・うかんむり』、漢字の意味は『宇宙(ウチュウ)』です。

中国では宇宙は、空の上にある蓋(ふた)のようなものに星座が張り付いて、北極星を中心に回っていると考えられていました。中国の星座は300位あるといわれており、西洋の12の星座は、中国では二十八の星座(宿)に相当しています。

Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『チュウ』です。宇宙の軸を(チュウ)といい、時間の広がりを示し、宇宙の蓋を宇(ウ)といい、空間の広がりを示します。合わせて宇(ウチュウ)です。

非常に縁起の良い漢字で『おき』、『そら』、『ひろし』、『みち』と名前に使われます。

』は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1rMjElI です。

』については『漢字の成り立ち http://bit.ly/1w16mO6 をご覧ください。

 『(シュウ)』xiùは、衣服の袖を形声文字です。漢字の足し算では、衤(衣服)+(・・から出てくる)=(衣服から手を出す部分。袖。そで)です。漢字の部首は『衤・ころもへん』、漢字の意味は『袖(そで)』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ジュ』、漢音が『シュウ』です。訓読みは『袖(そで)』、手を袖の中に入れることを手(シュウシュ)、領(首)と袖(そで)のこと・目立つ人物うを領(リョウシュウ)、袖の長い服・公家さんを長(チョウシュウ・ながそで)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(テキ)』は、竹製の笛を表す形声文字です。漢字の足し算では、竹(竹製)+(空洞)=(竹の管に穴を開けて作った笛。ふえ)です。漢字の部首は『竹・たけかんむり』、漢字の意味は『笛(ふえ)』です。

Photo_4

息が細長く抜き出るので(・・から出てくる)を使います。

音読みは呉音が『ジャク』、漢音が『テキ』、訓読みは『笛(ふえ)』です。汽船や汽車の笛の音を汽(キテキ)、横に構えて鳴らす笛を横(よこぶえ)といいます。

』は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1UIX7zU です。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.じゆう(   )と義務。

2.小樽 けいゆ(    )。

3.地名の ゆらい(   )。

4.中東の ゆでん(   )。

5.うっかり ゆだん(   )する。

6.ゆず(   )の香り。

7.コーヒーの ちゅうしゅつ(   )。

8.ちゅうせん(   )会場。

9.打線の ちゅうじく(    )。

10.うちゅう(    )船。

11.派閥の りょうしゅう(    )。

12.はんそで(    )姿。

13.きてき(    )が鳴る。

解説です。基本の漢字は、油(あぶら)は米を足して、柚子(ゆず)は木(きへん)を足して、抽(ひ)くは扌(てへん・手の動作)と足して、紬(つむぎ)は糸を足して、軸(ジク)は車を足して、宇宙の回転軸は宀(うかんむり)を足して、袖(そで)は衤(ころもへん)を足して、笛(ふえ)は竹(たけかんむり)を足してです。

解答です。自、経来、田、断、子、出、籤、選、中、宇、領、半、汽

2012年12月29日 (土)

漢字の成り立ち 右

 漢字というのはある一定の決まりのもとに、パーツをを組み合わせて成り立っています。漢字には『単語家族』、『系列漢字』などと呼ばれる漢字の仲間があり、その『単語家族』は共通したイメージと音をもっています。

 この『単語家族』は、同じ音を持っています。例えばという『単語家族』は、『ユウ』か『ウ』という同じ音をもっています。また、漢字の上の部分『』が共通で、この部分には『右手』、『ささえる』というイメージがあります。

 『単語家族』は漢字の足し算で表わせるので、『』に何を足すとになるか漢字の成り立ちを考えていきます。

 漢字の読み方は、漢字を中国から輸入したときの読み方音読みと大和言葉にあわせた訓読みがあります。音読みには、最初に輸入した中国江南地方の音である呉音(ゴオン)、遣唐使が持ち帰った長安の音である漢音(カンオン)、鎌倉仏教を通して入ってきた唐宋音(トウソウオン)があります。

 『』youという漢字は、呉音の『ウ』、漢音の『ユウ』という二種類の音読みと『みぎ』という訓読みがあります。

余談ですが、『つてったことがない』を未曾有ミゾウ)と言いますが、これは漢字を日本に輸入した時期の関係で、3文字とも呉音で(ミ、ゾウ、ウ)と読みます。漢音で(ユウ)と読んではいけません。未曾有ミゾユウ)と読んで大変恥ずかしい思いをした人がいるので、気をつけましょう。

ちなみに(ミ、ビ)は木が未だ成長してない象形、ゾウ、ソウ)はセイロを重ねる象形で重ねる増えるかつての意味があります。

僧、は増える、重ねるを共通イメージに持つ漢字です。詳しい説明は(また)の機会にします。興味のある方は『漢字の成り立ちhttp://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-b4f4.htmlをご覧ください。

小学校では1年で、3年で、2年でを覚えるようになっていますが、別々に覚えるよりも一緒に覚えましょう。漢字の成り立ちからもお薦(すす)めです。

はもともと同じ漢字・パーツで、はそのデザイン上など漢字の上の部分で活躍します。など漢字の下の部分で使われています。

Photo_11Photo_25

(ユウ・ウ)』youは、右手でささえるの意味が転じて『その上に』という意味で使われ、日本語では『また』という副詞に使われます。中学校で習う常用漢字です。ただ副詞はひらがな表記の『また』が推奨されているため、『又(また)』は殆ど使われません。

 『(ユウ・ウ)』youという漢字は(右手)に(祝いの器)を合わせたものです。右手に祝器で『神を尋ねる』、『助ける』を表します。

書くときは指の部分から腕の部分へと書きます。左払い、横棒の順で横棒の方を長くします。漢字の足し算で表すと、(右手)+口=(右手の意味。助ける。右)です。漢字の部首は『口』、小学校1年で習う漢字です。

1Photo

 ちなみに『(サ)』zuoは左手で工具を持った漢字で、漢字の足し算では、(左手)+工(工具)=(左手の意味。助ける)です。漢字の部首は『工』、小学校1年で習う漢字です。映像ではこんな感じです。書き順は横棒、左払い、指を表す横棒は短く書きます。

1 Photo_2

 『(ユウ・ウ)』youは、右手で肉を持った様子を表す形声文字です。存在を示します。漢字の足し算で示せば、(右手)+月(にくづき・にく)=(肉を持つ。有る)です。漢字の部首は『月・にくづき』です。書き順はノ(左払い)、一(横棒)の順番で、指を表すノ(払い)は短く書きます。

Photo_15Photo

音読みは呉音が『ウ』で、漢音が『ユウ』です。訓読みは『有(あ)る』です。国に権利が有るのを国(コクユウ)。能力があるのを能(ユウノウ)。有ることと無いことを無(ム)、空にまだ月の残ったまま夜が開けることを明(ありあけ)といいます。

とても縁起の良い漢字で『あり』、『すみ』、『たもつ』、『とお』、『とも』、『なお』、『なり』、『みち』、『もち』、『り』と広く地名・人名に使われます。『』は小学校3年で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-e460.htmlです。

月は空の月ではなく、肉の(にくづき)です。映像ではこんな漢字になります。

Photo_14

(にくづき)は肉、体関係の漢字に使われています。

 『(イ・まぐろ)』weiは、回遊魚の鮪(まぐろ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、魚+(存在する)=(存在する魚。回遊する魚。鮪。まぐろ)です。

Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『イ』、訓読みが『鮪(まぐろ)』です。鰹(かつお)とともに、我が国で最も好まれている遠洋性回遊魚です。赤身の魚で、脂の乗った部分はトロと呼ばれ非常においしい魚です。

についての漢字は、『部首索引 魚(うお・さかな)http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-019b.html もご覧下さい。 

 『(ユウ・とも)』youは、右手と右手が重ねたデザインで、良好な人間関係を表す漢字です。書き順は横棒、左払いの順に書きます。左払いを長く書きます。漢字の足し算では、(右手)+(右手)=(右手と右手を重ねる。友情の証)です。漢字の部首は『又』です。『』は小学校2年で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-e258です。

映像ではこんな感じです。

Photo_26Photo_2

 右には助けるの意味がありますが、神が助けるのが『(ユウ)』youです。天ですね。漢字の足し算で示せば、ネ・示(しめすへん・神)+(神の助け。)です。漢字の部首は『ネ・しめすへん』、大変良い意味の漢字で人名用漢字になっています。

ちなみに『ける』という字は(ショ・ソ。物を積み重ねる)に力を合わせたもので、力を加えてけるの意味です。(稲を重ねて納税する)、(土を重ねて行く手を阻む)、(世代を重ねた先祖)、(肉を重ねたまな板)、(糸を重ねて組む)、(力を重ね助ける)これは別の系列の漢字なので、又の機会『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-3901.htmlで説明します。

Photo

右には助けるの意味があると書きましたが、人を右側から助けるのが『(ユウ)』youです。天(テンユウ)のはこちらの漢字も使います。足し算では、イ(にんべん・ひと)+(人を右側から助ける。佑)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、大変良い意味の漢字で、人名用漢字になっています。日本ではジョウと読んで神祇官の位に使われたりしました。

映像で示すならばこんな感じです。

Photo_27

右から助けるなら、から助ける漢字もあります。補の『(サ)』です。足し算では、イ(にんべん・ひと)+(人を左側から助ける。補佐する)です。日本ではスケと読んで衛門府(エモンフ・皇居を守る機関)の位に使われたりしました。『』は中学校で習う常用漢字です。

映像ではこんな漢字です。

Photo_28

』について興味ある方は、『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-33a4.htmlをご覧下さい 

 少し変わった仲間の漢字に『(ユウ。おす・お)』xióngがあります。『厷(コウ)』は『肱(ひじ)』http://bit.ly/2gAU0hb を表す象形なので、雄は(コウ)と読むはずですが、(ユウ)の音で読みます。異体字に『䧺(ユウ)』があり、もともと同じ字です。意味はひじを張って偉ぶっている(とり)の姿で、おすを表しています。大(ユウダイ)、英(エイユウ)、叫び(おたけび)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。 

メスを表す漢字は『(シ・めす・め)』です。に小さいの意味があります。例えば、少(サショウ)のが同じ漢字仲間です。は小さい隹(とり)の姿でめすを表しています。両方で雌雄(シユウ)と言います。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『』・『』ともに漢字の部首は『・ふるとり』です。

Photo_7

(シ)』について興味のある方は『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-296c.htmlをご覧ください。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.みぞう(    )の大事件。

2.自動車が うせつ(   )する。

3.さゆう (   )逆になっている。

4.ゆうじょう(   )の証(あかし)。

5.ゆうのう(   )な人間。

6.うむ(   )を言わさない。

7.しんゆう(   )を誕生日に招待する。

8.天の助けを てんゆう(   )と言う。

9.部長の仕事を ほさ(   )する

10.しゆう(   )を決する。

解答です。

未曾折、左右情、能、無、親、天、天、補、雌

今日はこの辺で終わりにします。

その他のカテゴリー

ア行(ア ) | ア行(イ ) | ア行(イチ・イツ) | ア行(イン) | ア行(ウ) | ア行(エ ) | ア行(エ )・カ行(カイ) | ア行(エイ) | ア行(エン )・タ行(タン) | ア行(エン・オン) | ア行(エン) | ア行(オ ) | カ行(カ )  | カ行(カイ) | カ行(カク) | カ行(カツ) | カ行(カン) | カ行(ガ ) | カ行(キ ) | カ行(キュウ) | カ行(キョウ・ケイ) | カ行(キョウ・コウ) | カ行(キョウ) | カ行(キョク) | カ行(キョ) | カ行(キン) | カ行(ギ ) | カ行(ギョ) | カ行(ク ) | カ行(ク・コウ) | カ行(ケ ) | カ行(ケン) | カ行(ケ・カイ) | カ行(ケ・キ) | カ行(コ ) | カ行(コウ) | カ行(コン) | カ行(ゴ ) | サ行(サ ) | サ行(サイ・セイ ) | サ行(サン) | サ行(シ ) | サ行(シ ) | サ行(シキ・ショク) | サ行(シチ・シツ) | サ行(シャ ) | サ行(シャク・セキ) | サ行(シュウ) | サ行(シュ) | サ行(ショウ・セイ) | サ行(ショウ) | サ行(ショ) | サ行(シン) | サ行(ジ ) | サ行(ジャク) | サ行(ジュウ) | サ行(ジョウ) | サ行(ス ) | サ行(セ ) | サ行(セン) | サ行(ゼン) | サ行(ソ ) | サ行(ソウ) | サ行(ソク・ショク) | タ行(タ ) | タ行(タン) | タ行(チ ) | タ行(チュウ) | タ行(チョウ) | タ行(ツ ) | タ行(テ ) | タ行(ト ) | タ行(ドウ) | ナ行 | ナ行(ニン・ジン) | ナ行(ニ・ジ) | ナ行(ノウ・ドウ) | ハ行(ハ ) | ハ行(ハン) | ハ行(ヒ ) | ハ行(ヒョウ・ヘイ ) | ハ行(フ ) | ハ行(ヘ ) | ハ行(ホ ) | ハ行(ボ ) | マ行 | マ行(メイ・ミョウ) | マ行(メン、バン・ベン) | マ行(メ・バ・マ) | ヤ行 | ヤ行(ユ) | ヤ行(ヨウ) | ラ行 | ラ行(リ ) | ラ行(リン) | ラ行(レイ) | ラ行(ロク) | ワ行 | 呉音と漢音 | 小学校1年生で習う漢字 | 小学校2年生で習う漢字 | 小学校3年生で習う漢字 | 小学校4年生で習う漢字 | 小学校5年生で習う漢字 | 小学校6年生で習う漢字 | 小学校で習う漢字 | 小説 | 漢字 のエッセイ | 漢字 参考図書 | 漢字 音読み索引(ア行) | 漢字 音読み索引(カ行) | 漢字 音読み索引(サ行) | 漢字 音読み索引(タ行) | 漢字 音読み索引(ナ行) | 漢字 音読み索引(ハ行) | 漢字 音読み索引(マ行) | 漢字 音読み索引(ヤ行) | 漢字 音読み索引(ラ行) | 漢字 音読み索引(ワ行) | 漢字・訓読み索引(あ行) | 漢字・訓読み索引(か行) | 漢字・訓読み索引(さ行) | 漢字・訓読み索引(た行) | 漢字・訓読み索引(な行) | 漢字・訓読み索引(は行) | 漢字・訓読み索引(ま行) | 漢字・訓読み索引(や行) | 漢字・訓読み索引(ら行) | 漢字・訓読み索引(わ行) | 漢字練習問題(中学生) [1] | 部首索引 魚(うお・さかな)

カテゴリー

  • ア行(ア )
    漢字の成り立ち 亜          漢字の成り立ち 愛          漢字の成り立ち 安         
  • ア行(イ )
    漢字の成り立ち 異          漢字の成り立ち 易          漢字の成り立ち 胃          漢字の成り立ち 殹          漢字の成り立ち 以          漢字の成り立ち 衣          漢字の成り立ち 韋          漢字の成り立ち 育         
  • ア行(イチ・イツ)
    漢字の成り立ち 一          漢字の成り立ち 聿         
  • ア行(イン)
    漢字の成り立ち 寅          漢字の成り立ち 印          漢字の成り立ち 因          漢字の成り立ち 員          漢字の成り立ち 音・意       
  • ア行(ウ)
    漢字の成り立ち 雨          漢字の成り立ち 于・夸       漢字の成り立ち 云          漢字の成り立ち 昷           
  • ア行(エ )
    漢字の成り立ち 易          漢字の成り立ち 睪          漢字の成り立ち 兌          漢字の成り立ち 戉          漢字の成り立ち 益         
  • ア行(エ )・カ行(カイ)
    漢字の成り立ち 回          漢字の成り立ち 会・會        漢字の成り立ち 褱・懐       
  • ア行(エイ)
    漢字の成り立ち 嬰          漢字の成り立ち 熒・        漢字の成り立ち 殹          漢字の成り立ち 央          漢字の成り立ち 永         
  • ア行(エン )・タ行(タン)
    漢字の成り立ち 彖          漢字の成り立ち 爰          漢字の成り立ち 延          漢字の成り立ち 炎         
  • ア行(エン・オン)
    漢字の成り立ち 袁          漢字の成り立ち 夗         
  • ア行(エン)
    漢字の成り立ち 肙          漢字の成り立ち 厭          漢字の成り立ち 寅          漢字の成り立ち 㕣          漢字の成り立ち 燕         
  • ア行(オ )
    漢字の成り立ち 王          漢字の成り立ち 屋          漢字の成り立ち 乙          漢字の成り立ち 音・意        漢字の成り立ち 央          漢字の成り立ち 区・殴        漢字の成り立ち 昷         
  • カ行(カ ) 
    漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 夏          漢字の成り立ち 火          漢字の成り立ち 咼          漢字の成り立ち 叚          漢字の成り立ち 禾          漢字の成り立ち 可          漢字の成り立ち 家          漢字の成り立ち 果          漢字の成り立ち 化          漢字の成り立ち 加         
  • カ行(カイ)
    漢字の成り立ち 海          漢字の成り立ち 夬          漢字の成り立ち 介          漢字の成り立ち 皆         
  • カ行(カク)
    漢字の成り立ち 矍          漢字の成り立ち 殻          漢字の成り立ち 角          漢字の成り立ち 革          漢字の成り立ち 隺          漢字の成り立ち 画          漢字の成り立ち 各         
  • カ行(カツ)
    漢字の成り立ち 害          漢字の成り立ち 舌          漢字の成り立ち 曷         
  • カ行(カン)
    漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 監          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 咸          漢字の成り立ち 漢          漢字の成り立ち 官          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 甘          漢字の成り立ち 雚          漢字の成り立ち 毌・串        漢字の成り立ち 干          漢字の成り立ち 奐         
  • カ行(ガ )
    漢字の成り立ち 画          漢字の成り立ち 我・義        漢字の成り立ち 牙          漢字の成り立ち 亥          漢字の成り立ち 害          漢字の成り立ち 楽          漢字の成り立ち 学          漢字の成り立ち 月          漢字の成り立ち 厂          漢字の成り立ち 元         
  • カ行(キ )
    漢字の成り立ち 貴          漢字の成り立ち 葵          漢字の成り立ち 几          漢字の成り立ち 吉          漢字の成り立ち 其          漢字の成り立ち 奇         
  • カ行(キュウ)
    漢字の成り立ち 丘          漢字の成り立ち 丩          漢字の成り立ち 弓          漢字の成り立ち 求          漢字の成り立ち 及・急        漢字の成り立ち 九          
  • カ行(キョウ・ケイ)
    漢字の成り立ち 开・形        漢字の成り立ち 京          漢字の成り立ち 兄・竟        漢字の成り立ち 敬          漢字の成り立ち 巠          
  • カ行(キョウ・コウ)
    漢字の成り立ち 郷          漢字の成り立ち 孝          漢字の成り立ち 爻・交        漢字の成り立ち 庚          漢字の成り立ち 幸          漢字の成り立ち 更          漢字の成り立ち 行         
  • カ行(キョウ)
    漢字の成り立ち 敫          漢字の成り立ち 劦          漢字の成り立ち 喬          漢字の成り立ち 共          漢字の成り立ち 凶         
  • カ行(キョク)
    漢字の成り立ち 極           漢字の成り立ち 局           漢字の成り立ち 曲         
  • カ行(キョ)
    漢字の成り立ち 豦          漢字の成り立ち 去         
  • カ行(キン)
    漢字の成り立ち 匀          漢字の成り立ち 堇          漢字の成り立ち 斤          漢字の成り立ち 禁          漢字の成り立ち 今         
  • カ行(ギ )
    漢字の成り立ち 屰          漢字の成り立ち 疑          漢字の成り立ち 牛          漢字の成り立ち 堯         
  • カ行(ギョ)
    漢字の成り立ち 魚         
  • カ行(ク )
    漢字の成り立ち 句          漢字の成り立ち 九          漢字の成り立ち 区・殴        漢字の成り立ち 屈          漢字の成り立ち 禺          漢字の成り立ち 具          漢字の成り立ち 君          漢字の成り立ち 軍         
  • カ行(ク・コウ)
    漢字の成り立ち 侯          漢字の成り立ち 口          漢字の成り立ち 后          漢字の成り立ち 冓          漢字の成り立ち 公          漢字の成り立ち 工         
  • カ行(ケ )
    漢字の成り立ち 恵          漢字の成り立ち 血          漢字の成り立ち 埶          漢字の成り立ち 系          漢字の成り立ち 圭          漢字の成り立ち 奚          漢字の成り立ち 携・攜       
  • カ行(ケン)
    漢字の成り立ち 肙          漢字の成り立ち 犬          漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 幵          漢字の成り立ち 建          漢字の成り立ち 見          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 僉           漢字の成り立ち 県         
  • カ行(ケ・カイ)
    漢字の成り立ち 戒          漢字の成り立ち 解         
  • カ行(ケ・キ)
    漢字の成り立ち 希          漢字の成り立ち 幾          漢字の成り立ち 气         
  • カ行(コ )
    漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 戸          漢字の成り立ち 己          漢字の成り立ち 古          漢字の成り立ち 夸          漢字の成り立ち 谷          漢字の成り立ち 告          漢字の成り立ち 骨         
  • カ行(コウ)
    漢字の成り立ち 甲          漢字の成り立ち 厷          漢字の成り立ち 亘          漢字の成り立ち 岡          漢字の成り立ち 光          漢字の成り立ち 高           漢字の成り立ち 丂           漢字の成り立ち 亢           漢字の成り立ち 黄・広        
  • カ行(コン)
    漢字の成り立ち 困          漢字の成り立ち 艮          漢字の成り立ち 今          漢字の成り立ち 昆         
  • カ行(ゴ )
    漢字の成り立ち 五・語        漢字の成り立ち 呉          漢字の成り立ち 午・御        漢字の成り立ち 合          漢字の成り立ち 卬         
  • サ行(サ )
    漢字の成り立ち 坐          漢字の成り立ち 采          漢字の成り立ち 左・尋        漢字の成り立ち 才          漢字の成り立ち 卒          漢字の成り立ち 祭          漢字の成り立ち 乍          漢字の成り立ち 冊         
  • サ行(サイ・セイ )
    漢字の成り立ち 斉          漢字の成り立ち 歳          漢字の成り立ち 妻          漢字の成り立ち 西         
  • サ行(サン)
    漢字の成り立ち 参          漢字の成り立ち 散          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 算          漢字の成り立ち 山          漢字の成り立ち 三         
  • サ行(シ )
    漢字の成り立ち 師          漢字の成り立ち 朿          漢字の成り立ち 厶・台        漢字の成り立ち 子          漢字の成り立ち 思          漢字の成り立ち 氏          漢字の成り立ち 至          漢字の成り立ち 止         
  • サ行(シ )
    漢字の成り立ち 糸          漢字の成り立ち 矢          漢字の成り立ち 示          漢字の成り立ち 市          漢字の成り立ち 四          漢字の成り立ち 旨          漢字の成り立ち 支          漢字の成り立ち 司          漢字の成り立ち 史          漢字の成り立ち 次          漢字の成り立ち 士          漢字の成り立ち 志       
  • サ行(シキ・ショク)
    漢字の成り立ち 食          漢字の成り立ち 戠          漢字の成り立ち 式         
  • サ行(シチ・シツ)
    漢字の成り立ち 失          漢字の成り立ち 質          漢字の成り立ち 七         
  • サ行(シャ )
    漢字の成り立ち 車          漢字の成り立ち 舎          漢字の成り立ち 者          漢字の成り立ち 射          漢字の成り立ち 勺         
  • サ行(シャク・セキ)
    漢字の成り立ち 席          漢字の成り立ち 尺          漢字の成り立ち 赤          漢字の成り立ち 石          漢字の成り立ち 責          漢字の成り立ち 夕          漢字の成り立ち 昔         
  • サ行(シュウ)
    漢字の成り立ち 乑          漢字の成り立ち 舟・受        漢字の成り立ち 州           漢字の成り立ち 習          漢字の成り立ち 秋          漢字の成り立ち 秀          漢字の成り立ち 周          漢字の成り立ち 祝・呪        漢字の成り立ち 就         
  • サ行(シュ)
    漢字の成り立ち 手          漢字の成り立ち 殳          漢字の成り立ち 朱          漢字の成り立ち 守          漢字の成り立ち 首          漢字の成り立ち 主          漢字の成り立ち 取          漢字の成り立ち 出          漢字の成り立ち 宿          漢字の成り立ち 屯・春        漢字の成り立ち 舜         
  • サ行(ショウ・セイ)
    漢字の成り立ち 成          漢字の成り立ち 青          漢字の成り立ち 生          漢字の成り立ち 正         
  • サ行(ショウ)
    漢字の成り立ち 小          漢字の成り立ち 召          漢字の成り立ち 尚          漢字の成り立ち 章          漢字の成り立ち 爿          漢字の成り立ち 昌          漢字の成り立ち 詳・善       
  • サ行(ショ)
    漢字の成り立ち 庶          漢字の成り立ち 処         
  • サ行(シン)
    漢字の成り立ち 兂          漢字の成り立ち 眞          漢字の成り立ち 心          漢字の成り立ち 囟(田)       漢字の成り立ち 申          漢字の成り立ち 辰          漢字の成り立ち 辛・新        漢字の成り立ち 深・探        漢字の成り立ち 帚・侵       
  • サ行(ジ )
    漢字の成り立ち 茲          漢字の成り立ち 爾          漢字の成り立ち 耳          漢字の成り立ち 寺          漢字の成り立ち 自          漢字の成り立ち 舟・受        漢字の成り立ち 孰          漢字の成り立ち 朮          漢字の成り立ち 女           漢字の成り立ち 尽         
  • サ行(ジャク)
    漢字の成り立ち 若           漢字の成り立ち 弱          
  • サ行(ジュウ)
    漢字の成り立ち 重          漢字の成り立ち 从、縱        漢字の成り立ち 十         
  • サ行(ジョウ)
    漢字の成り立ち 丞          漢字の成り立ち 成         
  • サ行(ス )
    漢字の成り立ち 水          漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 隹          漢字の成り立ち 垂          漢字の成り立ち 芻          漢字の成り立ち 寸         
  • サ行(セ )
    漢字の成り立ち 世          漢字の成り立ち 是          漢字の成り立ち 制          漢字の成り立ち 卩・節        漢字の成り立ち 折          漢字の成り立ち 舌          漢字の成り立ち 詳・善       
  • サ行(セン)
    漢字の成り立ち 巽          漢字の成り立ち 前          漢字の成り立ち 先          漢字の成り立ち 宣          漢字の成り立ち 専          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 扇           漢字の成り立ち 全          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 川          漢字の成り立ち 薦          漢字の成り立ち 泉         
  • サ行(ゼン)
    漢字の成り立ち 然          漢字の成り立ち 全         
  • サ行(ソ )
    漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 疋          漢字の成り立ち 卒          漢字の成り立ち 且          漢字の成り立ち 象          漢字の成り立ち 蔵          漢字の成り立ち 則          漢字の成り立ち 尊         
  • サ行(ソウ)
    漢字の成り立ち 匆          漢字の成り立ち 忩          漢字の成り立ち 倉          漢字の成り立ち 爪          漢字の成り立ち 送          漢字の成り立ち 相          漢字の成り立ち 早          漢字の成り立ち 曾          漢字の成り立ち 喿          漢字の成り立ち 帚・侵       
  • サ行(ソク・ショク)
    漢字の成り立ち 蜀          漢字の成り立ち 足          漢字の成り立ち 束         
  • タ行(タ )
    漢字の成り立ち 㒸          漢字の成り立ち 帶          漢字の成り立ち 大          漢字の成り立ち 退          漢字の成り立ち 它・也        漢字の成り立ち 弟          漢字の成り立ち 厶・台        漢字の成り立ち 代          漢字の成り立ち 睪         
  • タ行(タン)
    漢字の成り立ち 旦          漢字の成り立ち 詹          漢字の成り立ち 深・探        漢字の成り立ち 単         
  • タ行(チ )
    漢字の成り立ち 知          漢字の成り立ち 畜          漢字の成り立ち 竹          漢字の成り立ち 宁          漢字の成り立ち 直          漢字の成り立ち 朕・藤       
  • タ行(チュウ)
    漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 肘          漢字の成り立ち 中         
  • タ行(チョウ)
    漢字の成り立ち 枼          漢字の成り立ち 鳥          漢字の成り立ち 朝          漢字の成り立ち 長          漢字の成り立ち 丁          漢字の成り立ち 兆         
  • タ行(ツ )
    漢字の成り立ち 㒸          漢字の成り立ち 追         
  • タ行(テ )
    漢字の成り立ち 帝          漢字の成り立ち 氐          漢字の成り立ち 廷          漢字の成り立ち 呈          漢字の成り立ち 弟          漢字の成り立ち 啇          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 天          漢字の成り立ち 田         
  • タ行(ト )
    漢字の成り立ち 奴          漢字の成り立ち 度          漢字の成り立ち 土          漢字の成り立ち 刀          漢字の成り立ち 沓          漢字の成り立ち 冬          漢字の成り立ち 東          漢字の成り立ち 朕・藤        漢字の成り立ち 到          漢字の成り立ち 豆          漢字の成り立ち 屯         
  • タ行(ドウ)
    漢字の成り立ち 童          漢字の成り立ち 同         
  • ナ行
    漢字の成り立ち 奴          漢字の成り立ち 南          漢字の成り立ち 女           漢字の成り立ち 内          漢字の成り立ち 然          漢字の成り立ち 念         
  • ナ行(ニン・ジン)
    漢字の成り立ち 人          漢字の成り立ち 壬          漢字の成り立ち 刃         
  • ナ行(ニ・ジ)
    漢字の成り立ち 耳          漢字の成り立ち 二            
  • ナ行(ノウ・ドウ)
    漢字の成り立ち 能          漢字の成り立ち 農          漢字の成り立ち 脳         
  • ハ行(ハ )
    漢字の成り立ち 巴          漢字の成り立ち 巿          漢字の成り立ち 派          漢字の成り立ち 配・妃        漢字の成り立ち 貝・買        漢字の成り立ち 白          漢字の成り立ち 莫          漢字の成り立ち 癶         
  • ハ行(ハン)
    漢字の成り立ち 般          漢字の成り立ち 犯・氾        漢字の成り立ち 八・半        漢字の成り立ち 反          漢字の成り立ち 番         
  • ハ行(ヒ )
    漢字の成り立ち 非          漢字の成り立ち 皮          漢字の成り立ち 辟          漢字の成り立ち 比          漢字の成り立ち 尾          漢字の成り立ち 必          漢字の成り立ち 表          漢字の成り立ち 票          漢字の成り立ち 苗          漢字の成り立ち 品         
  • ハ行(ヒョウ・ヘイ )
    漢字の成り立ち 平          漢字の成り立ち 丙         
  • ハ行(フ )
    漢字の成り立ち 付          漢字の成り立ち 夫          漢字の成り立ち 父          漢字の成り立ち 不          漢字の成り立ち 孚          漢字の成り立ち 卜          漢字の成り立ち 畐          漢字の成り立ち 复          漢字の成り立ち 弗          漢字の成り立ち 勿          漢字の成り立ち 八・分        漢字の成り立ち 賁         
  • ハ行(ヘ )
    漢字の成り立ち 並          漢字の成り立ち 辟          漢字の成り立ち 扁         
  • ハ行(ホ )
    漢字の成り立ち 甫          漢字の成り立ち 方          漢字の成り立ち 包          漢字の成り立ち 北         
  • ハ行(ボ )
    漢字の成り立ち 母          漢字の成り立ち 暴          漢字の成り立ち 亡          漢字の成り立ち 卯          漢字の成り立ち 卜         
  • マ行
    漢字の成り立ち 矛          漢字の成り立ち 米          漢字の成り立ち 莫          漢字の成り立ち 末          漢字の成り立ち 未          漢字の成り立ち 亡          漢字の成り立ち 毛          漢字の成り立ち 孟          漢字の成り立ち 門         
  • マ行(メイ・ミョウ)
    漢字の成り立ち 明          漢字の成り立ち 名         
  • マ行(メン、バン・ベン)
    漢字の成り立ち 面          漢字の成り立ち 免         
  • マ行(メ・バ・マ)
    漢字の成り立ち 馬          漢字の成り立ち 麻         
  • ヤ行
    漢字の成り立ち 亦・夜        漢字の成り立ち 予          漢字の成り立ち 余          漢字の成り立ち 谷         
  • ヤ行(ユ)
    漢字の成り立ち 兪          漢字の成り立ち 攸          漢字の成り立ち 憂          漢字の成り立ち 由          漢字の成り立ち 斿          漢字の成り立ち 酉          漢字の成り立ち 右         
  • ヤ行(ヨウ)
    漢字の成り立ち 幺          漢字の成り立ち 夭          漢字の成り立ち 翟          漢字の成り立ち 枼          漢字の成り立ち 羊          漢字の成り立ち 䍃・揺        漢字の成り立ち 用          漢字の成り立ち 昜          漢字の成り立ち 要         
  • ラ行
    漢字の成り立ち 戻          漢字の成り立ち 来          漢字の成り立ち 礼・豊        漢字の成り立ち 剌          漢字の成り立ち 楽          漢字の成り立ち 闌          漢字の成り立ち 秝          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 連          漢字の成り立ち 老         
  • ラ行(リ )
    漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 利          漢字の成り立ち 里          漢字の成り立ち 立          漢字の成り立ち 留          漢字の成り立ち 流          漢字の成り立ち 良          漢字の成り立ち 令          漢字の成り立ち 量          漢字の成り立ち 両          漢字の成り立ち 力             
  • ラ行(リン)
    漢字の成り立ち 侖          漢字の成り立ち 粦          漢字の成り立ち 林         
  • ラ行(レイ)
    漢字の成り立ち 戻          漢字の成り立ち 礼・豊        漢字の成り立ち 令         
  • ラ行(ロク)
    漢字の成り立ち 彔          漢字の成り立ち 六         
  • ワ行
    漢字の成り立ち 或          漢字の成り立ち 夗         
  • 呉音と漢音
    呉音と漢音               
  • 小学校1年生で習う漢字
    小学校1年生で習う漢字①     小学校1年生で習う漢字②    
  • 小学校2年生で習う漢字
    小学校2年生で習う漢字①     小学校2年生で習う漢字②     小学校2年生で習う漢字③     小学校2年生で習う漢字④    
  • 小学校3年生で習う漢字
    小学校3年生で習う漢字①      小学校3年生で習う漢字②     小学校3年生で習う漢字③     小学校3年生で習う漢字④    
  • 小学校4年生で習う漢字
    小学校4年生で習う漢字①      小学校4年生で習う漢字②     小学校4年生で習う漢字③     小学校4年生で習う漢字④    
  • 小学校5年生で習う漢字
    小学校5年生で習う漢字①      小学校5年生で習う漢字②     小学校5年生で習う漢字③     小学校5年生で習う漢字④    
  • 小学校6年生で習う漢字
    小学校6年生で習う漢字①      小学校6年生で習う漢字②     小学校6年生で習う漢字③     小学校6年生で習う漢字④    
  • 小学校で習う漢字
    小学校で習う漢字 父母姉妹兄弟    小学校で習う漢字 春夏秋冬    小学校で習う漢字 一~十      小学校で習う漢字 東西南北   
  • 小説
  • 漢字 のエッセイ
    象形・指事・会意・形声 一年生  象形・指事・会意・形声 二年生  漢字でみるヤナギの分類      落語 空き巣             
  • 漢字 参考図書
  • 漢字 音読み索引(ア行)
  • 漢字 音読み索引(カ行)
  • 漢字 音読み索引(サ行)
  • 漢字 音読み索引(タ行)
  • 漢字 音読み索引(ナ行)
  • 漢字 音読み索引(ハ行)
  • 漢字 音読み索引(マ行)
  • 漢字 音読み索引(ヤ行)
  • 漢字 音読み索引(ラ行)
  • 漢字 音読み索引(ワ行)
  • 漢字・訓読み索引(あ行)
  • 漢字・訓読み索引(か行)
  • 漢字・訓読み索引(さ行)
  • 漢字・訓読み索引(た行)
  • 漢字・訓読み索引(な行)
  • 漢字・訓読み索引(は行)
  • 漢字・訓読み索引(ま行)
  • 漢字・訓読み索引(や行)
  • 漢字・訓読み索引(ら行)
  • 漢字・訓読み索引(わ行)
  • 漢字練習問題(中学生) [1]
    練習問題1-1(書き)         練習問題1-1(読み)         練習問題1-2(書き)         練習問題1-2(読み)         練習問題1-3(書き)         練習問題1-3(読み)         練習問題1-4(書き)         練習問題1-4(読み)         練習問題1-5(書き)         練習問題1-5(読み)        
  • 部首索引 魚(うお・さかな)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ