サ行(セン)

漢字の成り立ち 巽          漢字の成り立ち 前          漢字の成り立ち 先          漢字の成り立ち 宣          漢字の成り立ち 専          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 扇           漢字の成り立ち 全          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 川          漢字の成り立ち 薦          漢字の成り立ち 泉         

2016年10月30日 (日)

漢字の成り立ち 前

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(セン)』qiánという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校2年生で習う漢字、は中学校で習う常用漢字で、(セン)は人名用漢字です。学年に関係なく一緒に覚えましょう。

(ゼン)の古い字形は、舟のへさきを揃(そろ)えて前に進む様子を表す(セン)という字形でした。やがて必要に応じ、デザインを変更したうえで刂(刀・切りそろえる)をそえて(まえ)の意味を、さらに扌(手)を足して(そろ)えるの意味の漢字が出来ていきました。

 『(ゼン)』qiánは、前へ進む様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、止(前へ進む足)+舟(前へ進む)+刂(刀・切りそろえる)=(前に進む。前)です。漢字の部首は『刂・りっとう』、漢字の意味は『前』、『以前の』、『進む』、『揃(そろ)える』、『おまえ』です。

前の漢字の部分である月は舟を表す月(ふなづき)です。元の漢字がだったので月の中を点で書きます。にその名残り(月の中が点)があります。

Photo_8Photo_7

音読みは呉音が『ゼン』、漢音の『セン』、訓読みは『前(まえ)』です。常用外の読み方に『前(さき)』があります。前と後ろで後(ゼンゴ)、今より(以・より)前で以(イゼン)、前に居る人をおまえ)、前に進むことを進(ゼンシン)といいます。

(ゼン)は小学校2年生で習う漢字http://bit.ly/1TnGI2d です。

 『(セン)』jiǎnは、揃(そろ)える様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(動作)+前=(前に進む。前)です。漢字の部首は『扌・てへん』、漢字の意味は、『揃(そろ)える』、『全部がそうである』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ゼン』、漢音の『セン』、訓読みは『揃(そろ)える』、『揃(そろ)い』です。一つにまとまっている一組を一(ひとそろ)い、全部が力作であることを力作(りきさくぞろ)いといいます。

前(セン・まえ)が前(まえ)を表す意味にに傾いたため、揃(そろ)える意味を表すようにつくられた漢字(藤堂)といわれています。

(セン)は人名用漢字です。

 『(セン)』jiānは、食品を揃(そろ)えて火を通す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(揃える)+灬(火)=(食品を揃(そろ)えて火を通す。煎(い)る)です。漢字の部首は『灬・れっか』、漢字の意味は『煎(い)る』です。

Photo_6

音読みは呉音、漢音ともに『セン』、訓読みは『煎(い)る』です。小麦粉または米粉を餅(もち)状の生地にして煎(い)ったものを餅(センベイ)、茶の葉を湯で煎(セン)じたものを茶(センチャ)といいます。

(セン)は中学校で習う常用漢字です。

 『(セン)』jiǎnは、揃(そろ)えて切る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(揃える)+刀(かたな)=(揃(そろ)えて切る。剪(き)る)です。漢字の部首は『刀・かたな』、漢字の意味は『剪(き)る』です。

Photo_3

音読みは呉音、漢音ともに『セン』、訓読みは『剪(き)る』です。樹木を刈り込むこと・余分な枝を切ることを定(センテイ)、賊をすべて平定することを伐(センバツ)といいます。

(セン)は常用漢字から外れています。

 『(セン)』jiǎnは、揃(そろ)えられた矢・端を揃えて切る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(揃える)+羽(矢羽)=(揃(そろ)えてた矢。端をそろえて切る)です。漢字の部首は『羽・はね』、漢字の意味は『翦(やばね)』です。

Photo_11

音読みは呉音、漢音ともに『セン』、訓読みは『翦(やばね』です。

(セン)は常用漢字から外れています。

 『(な)ぐ』は、彅(な)ぐ様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、弓(武具)+(揃えて切る)=(草などを揃(そろ)えて切る。彅(な)ぐ)です。漢字の部首は『弓・ゆみへん』、漢字の意味は『彅(な)ぐ』です。

Photo

(な)ぐは我が国でつくられた国字です。草(くさなぎ)さんと名前に使われます。

(な)ぐは(な)ぐhttp://bit.ly/1Isg57q と書くのが普通です。

(な)ぐは常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-68cc.html

http://bit.ly/2eFNtxk  『漢字の成り立ち

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ぜんしん(   )と後退。

2.ぜんご(   )左右。

3.ひとそろ(   )いの道具。

4.せんべい(   )。

5.せんちゃ(   )を飲む。

6.枝の せんてい(   )。

解説です。基本の漢字は、揃(そろ)えるは扌(てへん)を足して、煎(い)るは灬(れっか)を足して、剪(き)るは刀を足して、羽を足して、弓にを足してです。

解答です。進、後、一い、餅、茶、定。

10/29(土)北海道日本ハムファイターズ 日本一 おめでとうございます。

2016年9月 4日 (日)

漢字の成り立ち 詹

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(セン)』zhānという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』には)、)、という漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したら)、)、になるのかを考えます。は小学校6年生、は中学校で習う常用漢字です。学年に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(セン)』zhānは、しつこくものを言う様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、厃(上からおさえる)+八(広がる)+言(言葉)=(口をふさいでぶつぶつものを言う)です。漢字の部首は『言・ごんべん』、漢字の意味は『しつこくものを言う』、『一杯なるまで満たす』、『重い』です。

音読みは呉音・漢音ともに『セン』です。我が国では、(セン)の漢字自体を使うことはありません。の構成要素になっています。また、(タン)http://bit.ly/2bHjBm9(セン)の省略形として使うことがあります。

(セン)は常用漢字から外れています。

 『(タン)』dānは、肩で重い荷物を担(かつ)ぐ様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(てへん・手)+(詹の省略・重い)=担・擔(肩で重い荷物を担ぐ。かつぐ)です。漢字の部首は『扌・てへん』、漢字の意味は『担(かつ)ぐ』、『責任を引き受ける』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音のともに『タン』、訓読みは『担(かつ)ぐ』、『担(にな)う』です。人を乗せて運ぶ道具を架(タンカ)、一定の事柄を受け持つことを当(タントウ)、責任を引き受けること・重すぎる仕事や責任を負(フタン)といいます。

我が国では常用漢字体の(タン)を使います。

(タン)は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1SSc4hW です。

 『(タン)』dǎnは、胆嚢(タンノウ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、月(身体)+(詹の省略・重い・落ちついた)=・膽(身体の中で落ち着いた臓器。胆嚢)です。漢字の部首は『月・にくづき』、漢字の意味は『胆嚢(タンノウ)』です。

Photo

嚢(タンノウ)は肝臓の近くにあって、汁(タンジュウ)という肝臓がつくった消化酵素を蓄える器官です。古代中国では、人間の安定と気力をつかさどる器官は、肝臓と胆嚢であると考えていました。

音読みは呉音・漢音のともに『タン』、訓読みは常用外に『胆(きも)』、『胆(い)』があります。落ちついた気力・腹のすわった気力を力(タンリョク)、心の落ち着き・真の心を肝(カンタン)といいます。

肝臓と胆嚢の疾患、黄(オウダン)の(ダン)は疒(病気)と(タンノウ)を組み合わせた形声文字http://bit.ly/2bHjBm9 です。

Photo_2

(タン)は中学校で習う常用漢字です。

 『(タン)』dànは、水が静かで落ちついた様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(落ちついた・満たされた)=(水が静かで落ちついた様子。静か。安らか)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『水が静かで落ちついた様子』、『静か』、『安らか』、『淡い』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ダン』、漢音が『タン』です。静かで安らかな様子を然(タンゼン)、あっさりして欲のないことを白(タンパク)、水の静かにたゆたうさまをタンタン)といいます。

白(タンパク)は白(タンパク)http://bit.ly/1wfl7l8 と書くのが普通です。

(タン)は常用漢字から外れています。

 『(セン)』zhānは、数多くはなすとりとめない言葉を表す形声文字です。漢字の足し算では、言(言葉)+(しつこくものを言う)=(数多くはなすとりとめない言葉。たわごと)です。漢字の部首は『言・ごんべん』、漢字の意味は『たわごと』です。

Photo

音読みは呉音・漢音のともに『セン』です。筋の通らない無責任な言葉・うわごとを語(センゴ)といいます。

(セン)は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-47e8.html

http://bit.ly/2bOzBBY 『漢字の成り立ち

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ふたん(   )の増加。

2.たんとう(   )者に会う。

3.たんりょく(   )を試される。

解説です。基本の漢字は、担(かつ)ぐは扌(てへん)を足して()、胆(きも)は月(にくづき)を足して()、澹(あわ)いは氵(さんずい)を足して、言(ごんべん)を足してです。

解答です。負当、力。

2016年8月14日 (日)

漢字の成り立ち 先

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(セン)』xiānという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』には)、)という漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したら)、)になるのかを考えます。は小学校1年生、は5年生、は6年生で習う漢字、は人名用漢字です。学年に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(セン)』xiānは足の先を表す会意文字です。漢字の足し算では、止(足・foot)+儿(歩く人間の足・step forward)=(人の足先。前。先・first, previous, before)です。漢字の部首は『儿・ひとあし』、漢字の意味は『先(さき)』、『前の』です。

Photo_21

音読みは呉音・漢音ともに『セン』、訓読みは『さき』です。常用外の訓読みに『先ず(先ず)』があります。生(センセイ)、手(センテ)、祖(ソセン)、庭(にわさき)のです。

(セン)は小学校1年生で習う漢字http://bit.ly/ZJV2ex です。

 『(セン)』xǐは、足の先を洗(あら)う様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水・water)+(足の先・foot)(足先を水で洗う。あらう・wash)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『洗(あら)う』です。

Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『セン』、訓読みは『洗(あら)う』です。洗い清めることを浄(センジョウ)、洗い、練って良くすること・優雅・高尚なものにすることを練(センレン)、浄作用をもつ、石鹸 (せっけん)などの薬剤を剤(センザイ)といいます。

縁起の良い漢字で『きよ』、『よし』と名前に使われます。

(セン)は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1rMjElI  です。

(セン)』xǐは、不純物を除いた金属を表す形声文字です。漢字の足し算では、金(金属・metal)+(洗う・polish)=(不純物を除いた金属・pig iron)です。漢字の部首は『金・かねへん』、漢字の意味は『不純物を除いた金属』です。

Photo_24

音読みは呉音・漢音ともに『セン』、訓読みは『銑(ずく)』です。鉄鉱石を還元(カンゲン)して造られる最初の鉄を鉄(センテツ)・(ずく)といいます。

鉄の原料の鉄鉱石は、酸化(サンカ)した酸化鉄(II) (FeO) や酸化鉄(III) (Fe2O3) です。いわゆる酸素と結合して錆(さび)ているわけです。これを溶鉱炉の中でコークスと石灰石を使って高温で反応させ、鉄(センテツ)を得るわけです。

(セン)は常用漢字から外され、人名用漢字になりました。

(セン)』xiǎnは、竹製の小さな箒(ほうき)を表す形声文字です。漢字の足し算では、竹(たけ)+(足の先・細かい)=(竹製の小さな箒。ほうき)です。漢字の部首は『竹・たけかんむり』、漢字の意味は『竹製の小さな箒』です。

Photo_9

音読みは呉音・漢音ともに『セン』です。茶をかきまわして泡を立てる道具を茶(チャセン)といいます。

(セン)は常用漢字から外れています。

 『(サン)』zànは、助け誉(ほ)める様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、先先(先にすすめる)+貝(礼物)=)(先にすすんで主役助け、ほめる。たすける。ほめる)です。漢字の部首は『貝・かい』、漢字の意味は『助ける』、『讃(たた)える』です。

Photo_7

正字はですが、常用漢字体のを使って下さい。

音読みは呉音・漢音ともに『サン』、訓読みは常用外(日常で使わない読み方)に『賛(ほ)める』、『賛(たた)える』があります。言葉で称(たた)え誉(ほ)めることを称(ショウサン)、物を与えて誉めることを賞(ショウサン)、人の意見や行動を良いと認めて同意することを成(サンセイ)、わきから力をそえて助けることを助(サンジョ)、絵の余白に書き添えられた文章・ 詩句を画(ガサン)といいます。

良い意味のある漢字で『あきら』、『じ』、『すけ』、『たすく』、『よし』と名前に使われます。

『賛(ほ)める』、『賛(たた)える』の意味では『讃(ほ)める』、『讃(たた)える』の(サン)を使うことがあります。

)(サン)は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1IcJ9kv です。

 『(サン)』zànは、讃(ほ)める様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、言(言葉)+(賛(たた)える)=)(言葉で讃(ほ)める。ほめる。たたえる)です。漢字の部首は『言・ごんべん』、漢字の意味は『讃(ほ)める』、『讃(たた)える』です。

Photo_8

正字はですが、を使うことが多いです。

香川県の旧国名を岐(さぬき)といいます。

『讃(ほ)める』、『讃(たた)える』の意味では常用漢字の(サン)を使うことが多いです。賞(ショウサン)、称(ショウサン)、絶(ゼッサン)、辞(サンジ)などは(サン)を使。ます

音読みは呉音・漢音ともに『サン』、訓読みは『讃(ほ)める』、『讃(たた)える』があります。言葉で称(たた)え誉(ほ)めることを称(ショウサン)、物を与えて誉めることを賞(ショウサン)、絵の余白に書き添えられた文章・ 詩句を画(ガサン)といいます。

)(サン)は人名用漢字です。

Niftyの電子版のニュースによれば、多くの世代から称賛・(ショウサン)されてきた音楽グループのSMAPが、本日8/14に解散を発表するそうです。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-c013.html

http://bit.ly/2aDRK5w  『漢字の成り立ち

 

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.せんせい(   )と生徒。

2.そせん(   )を祀る。

3.せんたく(   )機。

4.高炉で せんてつ(   )を製造。

5.ちゃせん(   )を使う。

6.さんせい(   )と反対。

7.活躍を しょうさん(   )する。

解説です。基本の漢字は、氵(さんずい)を足して、金を足して竹を足して、貝を足して、言を足してです。

解答です。生、祖濯、鉄、茶成、称、称

漢字の成り立ち 宣

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(セン)』xuānという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校6年生習う漢字、は常用漢字ではありませんが、一緒に覚えましょう。

 『(セン)』xuānは、天子が神の意向を宣(の)べる様子を表わす形声文字です。漢字の足し算では、宀(建物・宮殿)+(わたる・めぐる)=(天子が神の意向を宣(の)べる)です。漢字の部首は『宀・うかんむり』、意味は『天子が命令を宣(の)べる』、『広く伝える』、『宣(の)べる』です。

Photo_5Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『セン』、訓読みは常用外に『宣(の)べる』、『宣(のたま)う』があります。朝廷の命令を下に伝えることを旨(センジ)、意見を外部に広く表明することを言(センゲン)、宗教の教えを広めること教(センキョウ)といいます。

(セン)・(コウ)については『漢字の成り立ち http://bit.ly/2fVStiQ をご覧ください。

縁起の良い漢字で『しめす』、『すみ』、『つら』、『のぶ』、『のり』、『ひさ』、『ふさ』、『むら』、『よし』と名前に使われます。

(セン)小学校6年生でhttp://bit.ly/1rMjElI 習う漢字です。

 『(ケン)』xuānは、喧(かまびす)しい様子を表わす形声文字です。漢字の足し算では、口(言葉・声)+(のべる・広く伝える)=(言葉・声が広がる。うるさい。喧(かまびす)しい。喧(やかま)しい)です。漢字の部首は『口・くちへん』、漢字の意味は『喧(かまびす)しい』、『喧(やかま)しい』です。

Photo_7

音読みは呉音が『コン』、漢音が『ケン』、訓読みは常用外に『喧(かまびす)しい』、『喧(やかま)しい』です。騒がしく言い立てること・言い争うことを嘩(ケンカ)、騒がしく言い争うことを喧争(ケンソウ)、たくさんの人が騒ぐ様子を々囂々(ケンケンゴウゴウ)といいます。

(ケン)は人名用漢字です。

 『(セン)』xuānは、心が広い様子を表わす形声文字です。漢字の足し算では、忄(こころ)+(広く伝える)=(心が広い)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、漢字の意味は『心が広い』、『心配事を忘れる』です。

Photo_8

音読みは呉音・漢音ともに『セン』です。(セン)はあまり使われることのない漢字です。

(セン)は常用漢字から外れています。

 『(カン)』xuānは、憂いや、心配事を忘れる植物を表わす形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(心が広い)=(憂いや、心配事を忘れる。萱草。かんぞう)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『萱草(カンゾウ)』、『萱(かや)』、『萱(わすれぐさ)』です。

PhotoPhoto_8

萱草(カンゾウ)・萱(わすれぐさ)はユリ科の植物で、この草をながめると憂いを忘れる(藤堂)と言われています。

音読みは呉音が『コン』、漢音が『ケン』、慣用音が『カン』、訓読みは『萱(かや)』、『萱(わすれぐさ)』です。ユリ科のワスレグサ属の植物を萱草(カンゾウ)といい、山菜として食用にもなります。

我が国では、屋根を葺(ふ)く(かや)http://bit.ly/1Mn63bh にも(かや)の漢字を使います。

漢方薬・甘味料の甘草(カンゾウ)はマメ科の植物で別のものです。

(カン)は良い意味の漢字で人名用漢字です。

http://bit.ly/2aDi5iD

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.独立 せんげん(   )。

2.せんきょう(   )師。

3.けんか(   )が絶えない。

4.かや(  )を葺(ふ)く。

解説です。基本の漢字は、口を足して、忄を足して、艹を足してです。

解答です。言、教、嘩、

2015年12月13日 (日)

漢字の成り立ち 専

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(セン)』zhuānという字の『単語家族』を説明します。基本になる漢字は『』、音読みは『セン』、『テン』、この『単語家族』には)、)、)、)という漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したら)、)、)になるのかを考えてます。は小学校3年生、は4年生、は5年生、は6年生習う漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(セン)』zhuānは、それだけにひとすじ・ひたすらな様子を表す形声文字です(藤堂)。漢字の足し算では、叀(釣り下げる紡錘)+寸(手の動作)=(何本もの糸を一つにまとめる。転じて。それだけにひとすじ。専(もっぱ)ら)です。漢字の部首は『寸・すん』、漢字の意味は『専(もっぱ)ら』です。

Photo

叀(セン)zhuanは釣り下げる紡錘を描いた象形(藤堂)といわれています。

音読みは呉音・漢音ともに『セン』、訓読みは『専(もっぱ)ら』です。一つの物事だけを懸命にすることをセンイツ)、自分の思うままに行うことを行(センコウ)、ある特定の事柄だけを研究・仕事とすることを門(センモン)といいます。

正しい字体はですが、常用漢字体(日常生活で使う字体)のを使ってください。

は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1rMjElI です。

(セン)zhuānに近い漢字として、(エ・ケイ)huìがあります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/2kUKBQU をご覧ください。

 『(テン)』zhuànは、車の様に円を描いて転(ころ)がる様子を表す形声文字です。本字で、は常用漢字に登録されていますが、省略した字体です。漢字の足し算では、車+(丸い物を手で動かす)=転・(車のように丸い物を手で動かす。転がす。ころがす)です。漢字の部首は『車・くるまへん』、漢字の意味は『転(ころ)がる』、『移る』、『次々に変わる』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『テン』、訓読みは『転(ころ)がる』、『転(ころ)ぶ』です。車輪のように中心を軸として回ることを回(カイテン)、学校を移ることを校(テンコウ)、自動車などを転がして走らせること、資金を次々と運用すること、回転系の機械を動かすことを運(ウンテン)、職業を変えることを職(テンショク)といいます。

正字はで、常用漢字体のを使ってください(漢字を書くのが難しすぎないようにには省略形のを使います)。

は小学校3年生で習う漢字 http://bit.ly/1UIX7zU です。

 『(テン)』zhuànは、鳥が囀(さえず)る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、口(鳴く)+(転がる。続けて)=(鳥が玉が転がるように続けて鳴く。囀る。さえずる)です。漢字の部首は『口・くちへん』、漢字の意味は『囀(さえず)る』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『テン』、訓読みは『囀(さえず)る』です。鶯(うぐいす)が囀ることを鶯(オウテン)といいます。

は中学校で習う常用漢字から外れています。

 『(デン・テン)』zhuànは、人から人へ伝える様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、イ(人間)+云(の省略デザイン・糸を紡ぐ)=(人から人へと糸のように伝える。伝える)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『伝える』、『言い伝え』、『人の一代記』、『人や物の中継地』です。

Photo_9Photo_10

正しい字体は、一般に使う常用漢字体はです(漢字を書くのが難しすぎないようにには省略形のを使います)。

音読みは呉音が『デン』、漢音が『テン』、訓読みは『伝(つた)える』です。人に頼んで用件を伝えることを言(デンゴン)、語り伝えられてきた話・言い伝えを説(デンセツ)、個人の生涯の記録を記(デンキ)、宿場と宿場をつなぐ伝送用の馬を馬(テンマ)といいます。

は小学校4年生で習う漢字 http://bit.ly/1RpPj7c です。

 『(ダン)』tuánは、まとまって固まる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(まとまる)+□(固める。枠)=)(まとまって丸く固まる。丸い。ひとかたまり)です。漢字の部首は『□・くにがまえ』、漢字の意味は『丸い』、『ひとかたまり』、『人が集まる』、『まるいもの』です。

Photo_2

正しい字体はで、常用漢字体のを使ってください(漢字を書くのが難しすぎないようにには省略形のを使います)。

音読みは呉音が『ダン』、漢音が『タン』、唐宋音が『トン』です。人や動物が集まってひとかたまりになることを集(シュウダン)、住宅を計画的、集団的に建てたものを地(ダンチ)、布地を縫い合わせて中に綿などを入れまとめた寝具を布(フトン)といいます。

は小学校5年生で習う漢字 http://bit.ly/1Dp5GoH です。

http://bit.ly/1IjzgE3 

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.せんもん(   )書。

2.独断 せんこう(   )。

3.かいてん(   )寿し。

4.てんしょく(   )をする。

5.鳥が さえず( )る。

6.でんごん(   )する。

7.だんたい(   )登録。

8.ふとん(   )。

解説です。基本の漢字は、省略した漢字は、転(ころ)がるは車を足して転、囀(さえず)るは口を足して、伝えるはイ(にんべん)を足して、団(まとまる)は寸に囗を合わせます。

解答です。門、行、回職、る、言、体、布

2015年4月19日 (日)

漢字の成り立ち 戔

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(セン・サン)』jiānという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は、基本漢字と漢字の足し算で表わす事が出来ます。基本漢字『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校4年生、は5年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

基本漢字『(セン)』jiānは、小さいもの、少ないものを表す会意文字です。漢字の足し算では、戈(ほこ・削る)+戈(ほこ)=(削って、削って小さくする。少なくする)です。の字自体を使うことはあまりありませんが、などの漢字の部分として働いています。

Photo_11

『日本書紀』では、スサノオノミコトに素戔嗚尊の漢字をあてています。

 『(セン)』qiǎnは、海や川などの水深が浅い様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(小さくけずる)=(水深が浅い。浅い。あさい)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『浅(あさ)い』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『セン』、訓読みが『浅(あさ)い』です。深いことと浅いことを深(シンセン)、学問が浅いことを学(センガク)、考えの浅いことを慮(センリョ)、岸から遠くまで浅いことを遠(とおあさ)といいます。

』は小学校4年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/4-24ef.htmlです。

 『(セン)』qiánは、小さい銭(ぜに)を表す形声文字です。漢字の足し算では、金(金属)+(小さい)=(金属製のちいさいお金。銭。ぜに)です。漢字の部首は『金・かねへん』、漢字の意味は『銭(ぜに)』、『おかね』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ゼン』、漢音が『セン』、訓読みが『銭(ぜに)』です。お金のことを金(キンセン)、古い銭を古(コセン)、入浴料金をとって入浴する風呂屋を湯(セントウ)、身に付いたお金・自分のお金を身(みぜに)、小額の金銭を小(こぜに)といいます。

春雨に小握って飯屋かな  風船

』は小学校5年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/5-1427.htmlです。

 『(ザン)』cánは、骨が後に残(のこ)る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、歹(骨)+(けずる。小さくする)=残・殘(骨が後に残(のこ)る。残る。そこなう。むごい)です。漢字の部首は『歹・がつへん』、漢字の意味は『残(のこ)る』、『そこなう』、『むごい』です。

Photo_8

音読みは呉音が『ザン』、漢音が『サン』で、訓読みが『残(のこ)る』です。後に残る悔しい思いを念(ザンネン)、残って仕事をすることを業(ザンギョウ)、無慈悲なことを平気ですることを忍(ザンニン)といいます。『』は小学校4年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-67fd.htmlです。

 『(セン)』xiànは、細い糸を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸(糸)+(小さい)=(細い糸。細い糸状のもの。線)です。漢字の部首は『糸・いと』、漢字の意味は『線(セン)』、『すじ』、『線路』などですです。

Photo_7

我が国では、(いずみ)を使った(セン)が好まれて使われますが、中国(大陸)では(小さい)を使った(セン)、线(セン)が使われます。漢字の成り立ちは違いますが、意味は同じです。

音読みは呉音・漢音ともに『セン』です。真っ直ぐな線を直(チョクセン)、電気の通る線を電(デンセン)、鉄道の通る細長い路を路(センロ)、海と空の境の線を水平(スイヘイセン)といいます。

』はの『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-7742.html をご覧ください。

』は小学校2年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-1959.html です。

 『(セン)』jiànは、一歩一歩確実に進む様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、足(歩く)+(小さい)=践・踐(一歩一歩確実に進むのもの)です。漢字の部首は『足・あしへん』、漢字の意味は『歩一歩確実に進む』、『実行する』、『踐(ふ)む』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ゼン』、漢音が『セン』、訓読みが『践(ふ)む』です。言ったとおりに実行することを実践(ジッセン)、皇太子が天子の位につくことを践祚(センソ)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

(ふ)むは(ふ)むと書くのが普通です。

(トウ)』はの『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-1efa.html をご覧ください。

 『(セン)』jiànは、旅立つ人を送る小さな宴会を表す形声文字です。漢字の足し算では、食(食事)+(小さい)=(旅立つ人を送る小さな宴会。送る。はなむけ)です。漢字の部首は『食・しょくへん』、漢字の意味は『旅人を送る』、『餞(はなむけ)』です。

訓読みの『餞(はなむけ)』は旅立つ人の馬の鼻を向けてやることから餞(はなむけ)といいます。

Photo_10

音読みは呉音が『ゼン』、漢音が『セン』、訓読みが『餞(はなむけ)』です。旅立つ人を見送ること・金品を贈ることを別(センベツ)、卒業式の前に予め開く餞(はなむけ)の会を予会(ヨセンカイ)、送別のための宴を宴(センエン)といいます。『』は常用漢字から外れています。

 『(セン)』jiànは、お金が少なくなっていく様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、貝(財貨)+(小さい)=賎・賤(お金が少なくなっていく。やすい。転じて賤しい。いやしい)です。漢字の部首は『貝・かいへん』、漢字の意味は『やすい』、『賤(いや)しい』、『身分が低い』、『そまつな』です。

Photo_8

音読みは呉音が『ゼン』、漢音が『セン』、訓読みが『賤(いや)しい』、『賤(しず)』です。やすい価格の事を価(センカ)、身分が高いことと低いことを貴(キセン)、そまつな家を家(しずのや)といいます。『』は常用漢字から外れています。

 『(セン)』jiānは、水や涙が流れる様子を表す形声文字です。。漢字の足し算では、氵(水)+(少なくなっていく)=(小さい水や涙が流れる。水や涙が流れる)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『小さいしぶきをふりかける』、『涙を濺(そそ)ぐ』です。

Photo_9

音読みは呉音・漢音ともに『セン』、訓読みが『濺(そそ)ぐ』です。杜甫の春望という詩に、時に感じては花にも涙を(そそ)ぎ という有名な句があります。飛び散るしぶきを沫(センマツ)といいます。『』は常用漢字から外れています。

 『(サン)』zhànは、小さい木をつなげた桟橋や桟敷(さじき)を表す形声文字です。漢字の足し算では、木(木材)+(小さい)=・棧(小さい木をつなげた桟橋や桟敷。いやしい)です。漢字の部首は『木・きへん』、漢字の意味は『小さい木をつなげた橋』、『かけはし』です。

Photo_6


音読みは呉音が『ゼン』、漢音が『サン』です。舟が付けれるようにした小さな板の橋を橋(サンバシ)、小さい板でつくった仮設の席を敷(さじき)といいます。『』は常用漢字から外れています。

 『(セン)』jiānは、小さな竹製の札(ふだ)を表す形声文字です。。漢字の足し算では、竹(竹製品)+(小さい)=(小さい竹製の札。付箋。ふせん)です。漢字の部首は『竹・たけかんむり』、漢字の意味は『小さな竹製の札』です。

Photo_5

音読みは呉音・漢音ともに『セン』です。目印やメモを書き付けるための小さい竹製の札です。現在では紙が使われていますが、紙が発明される前は竹でつくられていました。この札のことを付(フセン)、手紙を書くためのものを便(ビンセン)といいます。

』は平成22年度より中学校で習う常用漢字に登録されました。

 『(サン)』zhǎnは、小さい皿・さかずきを表す形声文字です。漢字の足し算では、(小さい)+皿(さら)=(小さい皿。さかずき)です。漢字の部首は『皿・さら』、漢字の意味は『盞(さかずき)』です。

Photo_4

音読みは呉音が『セン』、漢音が『サン』です。訓読みは『盞(さかずき)』です。一杯の酒・さかずきを一(イッサン)、酒を飲むためのさかずきを漢語で酒(シュサン)といいます。

東京の千住にはスサノオノミコトを祀った素盞雄神社があります。

』は常用漢字から外れています。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.とおあさ(    )の海。

2.あさい(    )長政。

3.こぜに(    )を貯める。

4.せんとう(    )へ行く。

5.ざんねん(    )に思う。

6.ざんぎょう(    )する。

7.鉄道の せんろ(    )。

8.公約の じっせん(    )。

9.せんべつ(    )を渡す。

10.きせん(    )問わず。

11.花に泪を そそ(  )ぐ。

12.さんばし(    )から出港。

13.ふせん(    )をつける。

14.いっさん(    )傾ける。

解説です。基本の漢字は、浅(あさ)いは氵(さんずい)を足して、銭(ぜに)は金(かねへん)を足して、残(のこ)すは歹(がつへん)を足して、賎(いや)しいは貝(かいへん)を足して、濺(そそ)ぐは氵(さんずい)を足して、桟橋(さんばし)は木(きへん)を足して、付箋(フセン)は竹(たけかんむり)を足して、盞(さかずき)は皿を足してです。

解答です。遠井、小湯、念、業、線路、路、実別、貴ぐ、橋、付、一

2015年1月11日 (日)

漢字の成り立ち 扇

今日は『(セン)』shànという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『セン』、意味は『扇(おうぎ)』、『扇(あお)ぐ』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』は漢字の足し算で表わせます。『』に何を足すとになるのかを考えます。は中学校で習います。学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(セン)』shànという漢字は、扇(おうぎ)を表す会意文字です。漢字の足し算では戸+羽(羽根)=(戸や羽根のように薄くて扇ぐもの。扇。おうぎ)です。漢字の部首は『戸・とだれ』です。意味は『扇(おうぎ)』、『扇(あお)ぐ』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『セン』です。訓読みは『扇(おうぎ)』、『扇(あお)ぐ』です。うちわ・扇(おうぎ)のことを子(センシ・センス)といいます。漢字の世界では道具に子をつけて表すことがあります。椅子(イス)、帽子(ボウシ)などです。また、他人の気持ちを煽(あお)ってそそのかすことを動・動(センドウ)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

(あお)ぐ』は、『(あお)ぐ』とも書きます。『(セン)』が常用漢字(国で定めた一般生活で使う漢字。義務教育で習う漢字)ではないので『扇(あお)ぐ』と書くことが多いです。

 『(セン)』shānは、火を扇(おうぎ)で煽(あお)る様子を表わす形声文字です。漢字の足し算では、火+(あおぐ)=(火を扇で煽る。あおる。あおぐ)です。漢字の部首は『火・ひへん』、意味は『煽(あお)る』、『煽(あお)ぐ』です。

Photo_25

音読みは呉音・漢音ともに『セン』です。訓読みは『煽(あお)る』、『煽(あお)ぐ』です。他人の気持ちを煽(あお)ってそそのかすことを動・動(センドウ)といいます。『』は常用漢字から外れています。

 『(セン)』shànは、去勢された馬を表わす形声文字です。漢字の足し算では、馬+(あおる)=(煽られた馬。去勢された馬)です。漢字の部首は『馬・うまへん』、意味は『去勢された馬』です。

素質の非常に高い馬で、気性の激しすぎる馬は、去勢をして性格を和(やわ)らげることがあります。「競争馬が可哀そうだ」という意見に、「素質のある馬を腐らせることの方が可哀そうだ」と調教師は言ったそうです。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『セン』です。去勢された馬を馬(センバ)といいます。1993年にジャパンカップを制したレガシーワールド号は馬(センバ)として有名な優秀な競争馬です。『』は常用漢字から外れています。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.落語家の せんす(   )。

2.おうぎ( )をたたむ。

3.民衆を せんどう(   )する。

4.せんば(   )レガシーワールド号。

解説です。基本の漢字は、煽(あお)るは火(ひへん)を足して、騸馬(センバ・去勢された馬)は馬を足してです。

解答です。子、動、動、馬。

2015年1月 4日 (日)

漢字の成り立ち 全

新年のご挨拶を申し上げます。ブログを開設して二年になりました。厚くお礼を申し上げますとともに、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

 今日は『(ゼン)』quánという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ゼン』か『セン』、意味は『数える』、『集める』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』は漢字の足し算で表わせます。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で3年生で、は中学校で習う常用漢字です。

 『(ゼン)』quánは、欠けることなく全部そろえる様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、人(集める)+工(工具)=(工具を全て保管する。欠けることなく全部そろえる。全部)です。漢字の部首は『人・ひとやね』、漢字の意味は『欠け目のない』、『全(まった)く』、『全部』です。

Photo_11Photo_12

また、現在の楷書体に従えば、人(集める)+玉・王(宝石)=(宝石を欠けることなく全部そろえる。欠け目のない宝石。全部)になります。意味は『欠け目のない』、『全(まった)く』、『全部』で同じです。

『説文解字』には「人とに従う」、「に従う」と書いてあります。

鎌田は『工具を全て保管する』から『全(まっとう)する』の意味が、藤堂は『保存された工作物』から『欠け目なくそろえる』の意味になったとしています。白川は「工に従う」より「玉に従う」を重視し、『欠け目ない純玉』から『全知全能』の意味になったと説明しています。

音読みは呉音が『ゼン』、漢音が『セン』、訓読みは『全(まった)く』です。すべてをひとまとめにした様子を部(ゼンブ)、全体の姿を容(ゼンヨウ)、欠けたり足りないことがない様子を完(カンゼン)といいます。

音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html をご覧ください。

非常に縁起の良い漢字で、『あきら』、『うつ』、『たけ』、『たもつ』、『とも』、『まる』、『まさ』、『また』、『みつ』、『やす』と名前に使われます。

』は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-4ad7.htmlです。

 『(セン)』quánは、物事・言葉を集めて考える様子を表わす会意文字です。漢字の足し算では、言(言葉)+(集める)=(物事・言葉を集めて考える。ときあかす)です。漢字の部首は『言・ごんべん』、漢字の意味は『ときあかす』、『えらぶ』です。

Photo_4

読みは呉音・漢音ともに『セン』です。資料をそろえて罪人を調べることを議(センギ)、詳しく調べること・うるさく調べることを索(センサク)、良く調べた最期・最後に落ち着く所を所(ショセン)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(セン)』shuānは、穴を塞(ふさ)ぐ栓(セン)を表わす形声文字です。漢字の足し算では、木(木製)+(全体)=(中身全体を漏れないようにする木の栓。せん)です。漢字の部首は『木・きへん』、漢字の意味は『栓(セン)』です。

Photo_13

音読みは呉音・漢音ともに『セン』です。水道管の先についている栓を給水(キュウスイセン)、消火設備の給水管についた栓を消火(ショウカセン)、血液の流れをふさぐ固まりを血(ケッセン)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ぜんぶ(   )理解する。

2.事件の ぜんよう(    )。

3.無用の せんさく(    )。

4.しょせん(    )は阿伽の他人。

5.しょうかせん(    )。

6.せん( )抜き。

解説です。基本の漢字は、詮索(センサク)は言(ごんべん)を足して、栓(セン)は木を足してです。

解答です。部、容、索、所、消火

2014年5月25日 (日)

漢字の成り立ち 占

 今日は『(セン)』zhānzhànという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『(』です。音読みは『セン』か『テン』か『ネン』、意味は『占(うらな)う』、『占(し)める』です。粘、貼などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わせます。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で2年生で、は中学校で習います。

 『(セン)』zhānzhànは、物事を占う様子を表す形声文字です。口は言葉ではなく、場所を示す記号と言われています。漢字の足し算では、卜(亀の甲羅をみて占う)+口(場所)=(物事を占う。うらなう)です。漢字の部首は『卜・ぼく』、漢字の意味は『占(うらな)う』、『場所を示す』、転じて『占(し)める』です。

Photo_11

音読みは呉音・漢音ともに『セン』、訓読みは『占(うらな)う』、『占(し)める』です。星の運行をみて吉凶を占う術を星術(センセイジュツ)、夢を占うことを夢(センム)、独り占めを独(ドクセン)、ある場所に居座ることを拠(センキョ)といいます。

占(うらなう)うは(うらなう)うとも書きます。(ボク)は(フ)、(フ)、(フ)などの漢字と同じ仲間です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-0eb6.htmlをご覧下さい。

は中学校で習う常用漢字です。

 『(テン)』diànは、決まった点(場所に)にお店を出す様子を表わす形声文字です。漢字の足し算では、广(家)+点=(決まった場所に出す屋根付きの店。店)です。漢字の部首は『』、意味は『店(みせ)』、『宿屋』、『貸家』です。

Photo_5

音読みは呉音・漢音ともに『テン』です。訓読みは『店(みせ)』と常用外の『店(たな)』があります。店を開くで開(カイテン)、店を閉めるで閉(ヘイテン)、借家人を子(たなこ)、夜のお店を夜(よみせ)といいます。

は小学校2年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-1959です。

 『点・(テン)』diǎnは、小さな黒い点を表す形声文字です。漢字の足し算では、黒+占(占める)=(黒い点をつける。点)です。漢字の部首は『灬・れっか』、漢の意味は『点』、『小さな印』、『特定の場所』、『ちょっとつける』、『ちょっと』、『点数』です。正字はですが、常用漢字体のを使って下さい。

Photo_7

音読みは呉音・漢音ともに『テン』です。黒い点を黒(コクテン)、終わりの場所を終(シュウテン)、ちょっと火を点(つ)けるのを火(テンカ)、印を付けて検査するのを検(テンケン)といいます。

は小学校2年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-1959です。

 『(ネン)』niánは、お米が粘(ねば)る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、米(こめ)+(占める)=(米が一つ所に留まって粘りが出る。粘る。ねばる)です。漢字の部首は『米・こめへん』、意味は『粘(ねば)る』です。

Photo_12

音読みは呉音が『ネン』、漢音が『デン』、訓読みは『粘(ねば)る』です。粘り着くことを着(ネンチャク)、粘り気のある液体が液(ネンエキ)、粘り気のある柔らかい膜を膜(ネンマク)といいます。

は中学校で習う常用漢字です。

 『(セン)』zhǎnは、風が颭(そよ)ぐ様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、風(かぜ)+(占める。動かない)=(動かないものの上を風が通過する。颭(そよ)ぐ)です。漢字の部首は『風・かぜ』、意味は『颭(そよ)ぐ』です。

音読みは呉音・漢音ともに『セン』、訓読みは『颭(そよ)ぐ』です。我が国では、常用漢字を使って戦(そよ)ぐhttp://bit.ly/ZRPG0Y と書くのが多く、梵(そよ)ぐと書くこともあります。

は中学校で習う常用漢字から外れています。

 『(ネン)』niānは、指先でつまんで拈(ひね)る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(占める。点)=(指を一つ所に集めてひねる、拈る)です。漢字の部首は『扌・てへん』、意味は『拈(ひね)る』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ネン』、漢音が『デン』、訓読みは『拈(ひね)る』です。拈り出すことを出(ネンシュツ)といいます。

は中学校で習う常用漢字から外れています。

(ひね)るは(ひね)るとも書きます。『((ネン)』niǎnは念の漢字の仲間です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-f7be.htmlをご覧ください。

 『(チョウ)』tièは、布や紙に書いたもの(手帖・画帖)を表す形声文字です。漢字の足し算では、巾(布)+(占める)=(布や紙に書いたもの。書き物。)です。漢字の部首は『巾・はばへん』、意味は『書き物』です。海苔(のり)や半紙(はんし)など薄いものを数える時にも使います。

Photo_8

音読みは呉音・漢音ともに『チョウ』、慣用音が『ジョウ』です。絵を描くスケッチブックを画(ガジョウ)、手のひらサイズのノートを手(テチョウ)といいます。は中学校で習う常用漢字から外れています。

(テチョウ)は常用漢字のを使った手(テチョウ)と書くのが普通です。

 『(テン・チョウ)』tiēは、二枚の貝をつける様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、貝(二枚貝)+(占める)=(二つのものをくっつける。貼る)です。漢字の部首は『貝・かい』です。元は二枚の貝をくっつけるイメージの漢字でしたが、『(チョウ)』という漢字に引っ張られて、薄いものを貼(は)るイメージの漢字として使われます。意味は『貼(は)る』です。

Photo_13Photo_14

音読みは呉音・漢音ともに『チョウ』、慣用音が『テン』です。訓読みは『貼(は)る』です。貼りつけることを付(チョウフ・テンプ)といいます。

は平成22年度の改定により新たに登録された中学校で習う常用漢字です。

付(テンプ)は付(テンプ)http://bit.ly/1uk1ukw と書くのが普通です。

 『(チン)』zhēnは、布(ぬの・きぬ)のつや出しに使う石の台を表す形声文字です。漢字の足し算では、石(石製の台)+(一定の場所)=(一定の場所で布を打つ。きぬた)です。漢字の部首は『石・いし』です。布(絹)のつや出しに木で杵(きね)で打つのですが、その時の石や木の台を布(きぬ)の板(いた)から砧(きぬた)といいます。

Photo_9

音読みは呉音・漢音ともに『チン』、訓読みが『砧(きぬた)』です。砧を打つ音を声(チンセイ)、杵(きね)と砧(きぬた)を杵(チンショ)といいます。は中学校で習う常用漢字から外れています。

 『(ネン)』niánは、縄張りをもつ魚の鮎(あゆ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、魚+(占める)=(縄張りをもつ魚。鮎。あゆ)です。漢字の部首は『魚・さかなへん』、意味は『鮎(あゆ)』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『ネン』、慣用音が『テン』です。訓読みは『鮎(あゆ)』です。鮎(あゆ)は香魚(あゆ)とも書きます。西瓜(スイカ)のような良い香りがするからです。

中国では(ネン)は『なまず』です。漢字の足し算では、魚+(粘る。ヌルヌルした)=(ヌルヌルした魚。鮎。なまず)です。

Photo_2

我が国では、発音の同じ『(ネン)』niánを『なまず』に使っています。中国と日本では生息する動植物に差があり、漢字も違う字を使用することが多いのです。

魚を使った漢字について詳しくは『部首索引 魚http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-019b.htmlをご覧下さい。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.せんせい(    )術。

2.どくせん(    )禁止法。

3.八時 かいてん(    )。

4.縁日の よみせ(    )。

5.しゅうてん(    )。

6.機械の てんけん(     )。

7.ねんちゃく(    )テープ。

8.ねんど(    )細工。

9.費用の ねんしゅつ(    )。

10.海苔 一じょう( )。

11.書類の ちょうふ(    )。

12.あゆ( )の縄張り。

解説です。数字の十は、、店は家を表す广(まだれ)を足して、点は灬(れっか)を足して、粘るは米を足して、拈(ひね)るは扌(てへん)を足して、手帖は巾(はばへん)を足して、貼(は)るは貝を足して、鮎は魚(さかなへん)に占(し)めるを足してです。

解答です。星術、独、開、夜、終検、着、土、捻出、出、付、

2014年4月 6日 (日)

漢字の成り立ち 泉

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日は『(セン)』quánという字を中心とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『』に何を足したら、になるのかを考えていきます。は小学校2年生、は6年で習う漢字、は中学校で習う漢字です。学年に関係なく一緒に覚えましょう。 

 『(セン)』quánは、崖下から流れる泉を表した象形文字です。漢字の部首は『水・みず』です。意味は『いずみ』、『あの世』などです。

Photo_10

音読みは呉音が『ゼン』、漢音ともに『セン』、訓読みは『泉(いずみ)』です。温(オンセン)、源(ゲンセン)、和いずみ)、黄(コウセン・よみ)のです。

(セン)』は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1rMjElI1 です。

大阪に和(いずみ)という地名・国名があります。漢字は二字で安定する性質があり、にわざわざ和(なご)やかを付けて和(いずみ)にしたのです。

増やすなら、減らすのもありで、下毛野(しもつけの)・上毛野(こうづけの)というう国名は、三字なのでを省(はぶ)いて下野(しもつけの・しもつけ)・上野(こうづけの・こうづけ)にしました。上野(こうづけ)に『』の音が含まれていないのに『こうづ』と読むのはこのためです。

(コウセン・よみ)とは漢語で地下(黄色・土)の水を表し、あの世の事を指します。大和(やまと)言葉ではあの世を『よみ』といいます。大和言葉の語源は夜見、暗闇からきた言葉など諸説あります。

 『(セン)』xiànは、細い線を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸+(糸の様に細い泉。線。せん)です。もともとは糸+戔(浅い)=(細い糸。綫。せん)という漢字でしたが、泉の方が好まれ、『(セン)』の字が使われています。部首は『糸・いとへん」』です。意味は『糸のように細いもの』、『すじ』、『線路』などです。中国ではの簡略字体の『线(セン)』xiànが使われています。

Photo_26

音読みは呉音・漢音ともに『セン』です。真っ直ぐな線を直(チョクセン)、電気の通る線を電(デンセン)、鉄道の通る細長い路を路(センロ)、海と空の境の線を水平(スイヘイセン)といいます。

』は小学校2年生で習う漢字http://bit.ly/1TnGI2d です。

』はの『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1DxrIZG をご覧ください。

 『(セン)』xiànは、身体の中で液体を分泌する器官を表す形声文字です。漢字の足し算では、月(身体)+(水分を出す)=(液体を分泌する器官。腺)です。は医学用語で、glnadに対する訳語です。我が国で作られた国字ですが、中国でも使われます。漢字の部首は『月・にくづき』、意味は『身体で液体に携わる器官』です。

Photo_6

音読みは慣用音で『セン』です。汗を分泌する器官を汗(カンセン)、リンパ液をつかさどる腺をリンパセン)、基礎代謝に関するホルモンを分泌(ブンピ)する咽頭部の器官を甲状(コウジョウセン)といいます。

(セン)』は2010年より新たに追加された常用漢字(ジョウヨウカンジ・一般社会生活で使う2136字)で、中学校で習う漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-7742.html

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.おんせん(    )旅行。

2.げんせん(    )100%。

3.大阪府いずみ(    )市。

4.よみ(    )の国。

5.鉄道 せんろ(     )。

6.すいへいせん(    )の彼方。

7.円と ちょくせん(    )。

8.リンパ せん(  )。

9.甲状 せん(  )ホルモン。

解答です。基本の漢字は、線は糸を足して、腺は月(にくづき)を足してです。

、源、和、黄路、水平、直

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ア行(ア ) | ア行(イ ) | ア行(イチ・イツ) | ア行(イン) | ア行(ウ) | ア行(エ ) | ア行(エ )・カ行(カイ) | ア行(エイ) | ア行(エン )・タ行(タン) | ア行(エン・オン) | ア行(エン) | ア行(オ ) | カ行(カ )  | カ行(カイ) | カ行(カク) | カ行(カツ) | カ行(カン) | カ行(ガ ) | カ行(キ ) | カ行(キュウ) | カ行(キョウ・ケイ) | カ行(キョウ・コウ) | カ行(キョウ) | カ行(キョク) | カ行(キョ) | カ行(キン) | カ行(ギ ) | カ行(ギョ) | カ行(ク ) | カ行(ク・コウ) | カ行(ケ ) | カ行(ケン) | カ行(ケ・カイ) | カ行(ケ・キ) | カ行(コ ) | カ行(コウ) | カ行(コン) | カ行(ゴ ) | サ行(サ ) | サ行(サイ・セイ ) | サ行(サン) | サ行(シ ) | サ行(シ ) | サ行(シキ・ショク) | サ行(シチ・シツ) | サ行(シャ ) | サ行(シャク・セキ) | サ行(シュウ) | サ行(シュ) | サ行(ショウ・セイ) | サ行(ショウ) | サ行(ショ) | サ行(シン) | サ行(ジ ) | サ行(ジャク) | サ行(ジュウ) | サ行(ジョウ) | サ行(ス ) | サ行(セ ) | サ行(セン) | サ行(ゼン) | サ行(ソ ) | サ行(ソウ) | サ行(ソク・ショク) | タ行(タ ) | タ行(タン) | タ行(チ ) | タ行(チュウ) | タ行(チョウ) | タ行(ツ ) | タ行(テ ) | タ行(ト ) | タ行(ドウ) | ナ行 | ナ行(ニン)・サ行(ジン) | ナ行(ニ)・サ行(ジ) | ナ行(ノウ)・タ行(ドウ) | ハ行(ハ ) | ハ行(ハン) | ハ行(ヒ ) | ハ行(ヒョウ・ヘイ ) | ハ行(ビ)・マ行(ミ) | ハ行(フ ) | ハ行(ヘ ) | ハ行(ホ ) | ハ行(ボ ) | マ行 | マ行(メイ・ミョウ) | マ行(メン)・ハ行(バン・ベン) | マ行(メ・マ)・ハ行(バ) | ヤ行 | ヤ行(ユ) | ヤ行(ヨウ) | ラ行 | ラ行(リ ) | ラ行(リン) | ラ行(レイ) | ラ行(ロク) | ワ行 | 呉音と漢音 | 小学校1年生で習う漢字 | 小学校2年生で習う漢字 | 小学校3年生で習う漢字 | 小学校4年生で習う漢字 | 小学校5年生で習う漢字 | 小学校6年生で習う漢字 | 小学校で習う漢字 | 小説 | 漢字 のエッセイ | 漢字 参考図書 | 漢字 音読み索引(ア行) | 漢字 音読み索引(カ行) | 漢字 音読み索引(サ行) | 漢字 音読み索引(タ行) | 漢字 音読み索引(ナ行) | 漢字 音読み索引(ハ行) | 漢字 音読み索引(マ行) | 漢字 音読み索引(ヤ行) | 漢字 音読み索引(ラ行) | 漢字 音読み索引(ワ行) | 漢字・訓読み索引(あ行) | 漢字・訓読み索引(か行) | 漢字・訓読み索引(さ行) | 漢字・訓読み索引(た行) | 漢字・訓読み索引(な行) | 漢字・訓読み索引(は行) | 漢字・訓読み索引(ま行) | 漢字・訓読み索引(や行) | 漢字・訓読み索引(ら行) | 漢字・訓読み索引(わ行) | 漢字練習問題(中学生) [1] | 部首索引 魚(うお・さかな)

カテゴリー

  • ア行(ア )
    漢字の成り立ち 亜          漢字の成り立ち 愛          漢字の成り立ち 安         
  • ア行(イ )
    漢字の成り立ち 異          漢字の成り立ち 易          漢字の成り立ち 胃          漢字の成り立ち 殹          漢字の成り立ち 以          漢字の成り立ち 衣          漢字の成り立ち 韋          漢字の成り立ち 育         
  • ア行(イチ・イツ)
    漢字の成り立ち 一          漢字の成り立ち 聿         
  • ア行(イン)
    漢字の成り立ち 寅          漢字の成り立ち 印          漢字の成り立ち 因          漢字の成り立ち 員          漢字の成り立ち 音・意       
  • ア行(ウ)
    漢字の成り立ち 雨          漢字の成り立ち 于・夸       漢字の成り立ち 云          漢字の成り立ち 昷           
  • ア行(エ )
    漢字の成り立ち 易          漢字の成り立ち 睪          漢字の成り立ち 兌          漢字の成り立ち 戉          漢字の成り立ち 益         
  • ア行(エ )・カ行(カイ)
    漢字の成り立ち 回          漢字の成り立ち 会・會        漢字の成り立ち 褱・懐       
  • ア行(エイ)
    漢字の成り立ち 嬰          漢字の成り立ち 熒・        漢字の成り立ち 殹          漢字の成り立ち 央          漢字の成り立ち 永         
  • ア行(エン )・タ行(タン)
    漢字の成り立ち 彖          漢字の成り立ち 爰          漢字の成り立ち 延          漢字の成り立ち 炎         
  • ア行(エン・オン)
    漢字の成り立ち 袁          漢字の成り立ち 夗         
  • ア行(エン)
    漢字の成り立ち 肙          漢字の成り立ち 厭          漢字の成り立ち 寅          漢字の成り立ち 㕣          漢字の成り立ち 燕         
  • ア行(オ )
    漢字の成り立ち 王          漢字の成り立ち 屋          漢字の成り立ち 乙          漢字の成り立ち 音・意        漢字の成り立ち 央          漢字の成り立ち 区・殴        漢字の成り立ち 昷         
  • カ行(カ ) 
    漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 夏          漢字の成り立ち 火          漢字の成り立ち 咼          漢字の成り立ち 叚          漢字の成り立ち 禾          漢字の成り立ち 可          漢字の成り立ち 家          漢字の成り立ち 果          漢字の成り立ち 化          漢字の成り立ち 加         
  • カ行(カイ)
    漢字の成り立ち 海          漢字の成り立ち 夬          漢字の成り立ち 介          漢字の成り立ち 皆         
  • カ行(カク)
    漢字の成り立ち 矍          漢字の成り立ち 殻          漢字の成り立ち 角          漢字の成り立ち 革          漢字の成り立ち 隺          漢字の成り立ち 画          漢字の成り立ち 各         
  • カ行(カツ)
    漢字の成り立ち 害          漢字の成り立ち 舌          漢字の成り立ち 曷         
  • カ行(カン)
    漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 監          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 咸          漢字の成り立ち 漢          漢字の成り立ち 官          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 甘          漢字の成り立ち 雚          漢字の成り立ち 毌・串        漢字の成り立ち 干          漢字の成り立ち 奐         
  • カ行(ガ )
    漢字の成り立ち 画          漢字の成り立ち 我・義        漢字の成り立ち 牙          漢字の成り立ち 亥          漢字の成り立ち 害          漢字の成り立ち 楽          漢字の成り立ち 学          漢字の成り立ち 月          漢字の成り立ち 厂          漢字の成り立ち 元         
  • カ行(キ )
    漢字の成り立ち 貴          漢字の成り立ち 葵          漢字の成り立ち 几          漢字の成り立ち 吉          漢字の成り立ち 其          漢字の成り立ち 奇         
  • カ行(キュウ)
    漢字の成り立ち 丘          漢字の成り立ち 丩          漢字の成り立ち 弓          漢字の成り立ち 求          漢字の成り立ち 及・急        漢字の成り立ち 九          
  • カ行(キョウ・ケイ)
    漢字の成り立ち 开・形        漢字の成り立ち 京          漢字の成り立ち 兄・竟        漢字の成り立ち 敬          漢字の成り立ち 巠          
  • カ行(キョウ・コウ)
    漢字の成り立ち 郷          漢字の成り立ち 孝          漢字の成り立ち 爻・交        漢字の成り立ち 庚          漢字の成り立ち 幸          漢字の成り立ち 更          漢字の成り立ち 行         
  • カ行(キョウ)
    漢字の成り立ち 敫          漢字の成り立ち 劦          漢字の成り立ち 喬          漢字の成り立ち 共          漢字の成り立ち 凶         
  • カ行(キョク)
    漢字の成り立ち 極           漢字の成り立ち 局           漢字の成り立ち 曲         
  • カ行(キョ)
    漢字の成り立ち 豦          漢字の成り立ち 去         
  • カ行(キン)
    漢字の成り立ち 匀          漢字の成り立ち 堇          漢字の成り立ち 斤          漢字の成り立ち 禁          漢字の成り立ち 今         
  • カ行(ギ )
    漢字の成り立ち 屰          漢字の成り立ち 疑          漢字の成り立ち 牛          漢字の成り立ち 堯         
  • カ行(ギョ)
    漢字の成り立ち 魚         
  • カ行(ク )
    漢字の成り立ち 句          漢字の成り立ち 九          漢字の成り立ち 区・殴        漢字の成り立ち 屈          漢字の成り立ち 禺          漢字の成り立ち 具          漢字の成り立ち 君          漢字の成り立ち 軍         
  • カ行(ク・コウ)
    漢字の成り立ち 侯          漢字の成り立ち 口          漢字の成り立ち 后          漢字の成り立ち 冓          漢字の成り立ち 公          漢字の成り立ち 工         
  • カ行(ケ )
    漢字の成り立ち 恵          漢字の成り立ち 血          漢字の成り立ち 埶          漢字の成り立ち 系          漢字の成り立ち 圭          漢字の成り立ち 奚          漢字の成り立ち 携・攜       
  • カ行(ケン)
    漢字の成り立ち 兼          漢字の成り立ち 肙          漢字の成り立ち 犬          漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 幵          漢字の成り立ち 建          漢字の成り立ち 見          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 僉           漢字の成り立ち 県         
  • カ行(ケ・カイ)
    漢字の成り立ち 戒          漢字の成り立ち 解         
  • カ行(ケ・キ)
    漢字の成り立ち 希          漢字の成り立ち 幾          漢字の成り立ち 气         
  • カ行(コ )
    漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 戸          漢字の成り立ち 己          漢字の成り立ち 古          漢字の成り立ち 夸          漢字の成り立ち 谷          漢字の成り立ち 告          漢字の成り立ち 骨         
  • カ行(コウ)
    漢字の成り立ち 甲          漢字の成り立ち 厷          漢字の成り立ち 亘          漢字の成り立ち 岡          漢字の成り立ち 光          漢字の成り立ち 高           漢字の成り立ち 丂           漢字の成り立ち 亢           漢字の成り立ち 黄・広        
  • カ行(コン)
    漢字の成り立ち 困          漢字の成り立ち 艮          漢字の成り立ち 今          漢字の成り立ち 昆         
  • カ行(ゴ )
    漢字の成り立ち 五・語        漢字の成り立ち 呉          漢字の成り立ち 午・御        漢字の成り立ち 合          漢字の成り立ち 卬         
  • サ行(サ )
    漢字の成り立ち 坐          漢字の成り立ち 采          漢字の成り立ち 左・尋        漢字の成り立ち 才          漢字の成り立ち 卒          漢字の成り立ち 祭          漢字の成り立ち 乍          漢字の成り立ち 冊         
  • サ行(サイ・セイ )
    漢字の成り立ち 斉          漢字の成り立ち 歳          漢字の成り立ち 妻          漢字の成り立ち 西         
  • サ行(サン)
    漢字の成り立ち 参          漢字の成り立ち 散          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 算          漢字の成り立ち 山          漢字の成り立ち 三         
  • サ行(シ )
    漢字の成り立ち 師          漢字の成り立ち 朿          漢字の成り立ち 厶・台        漢字の成り立ち 子          漢字の成り立ち 思          漢字の成り立ち 氏          漢字の成り立ち 至          漢字の成り立ち 止         
  • サ行(シ )
    漢字の成り立ち 糸          漢字の成り立ち 矢          漢字の成り立ち 示          漢字の成り立ち 市          漢字の成り立ち 四          漢字の成り立ち 旨          漢字の成り立ち 支          漢字の成り立ち 司          漢字の成り立ち 史          漢字の成り立ち 次          漢字の成り立ち 士          漢字の成り立ち 志       
  • サ行(シキ・ショク)
    漢字の成り立ち 食          漢字の成り立ち 戠          漢字の成り立ち 式         
  • サ行(シチ・シツ)
    漢字の成り立ち 失          漢字の成り立ち 質          漢字の成り立ち 七         
  • サ行(シャ )
    漢字の成り立ち 車          漢字の成り立ち 舎          漢字の成り立ち 者          漢字の成り立ち 射          漢字の成り立ち 勺         
  • サ行(シャク・セキ)
    漢字の成り立ち 席          漢字の成り立ち 尺          漢字の成り立ち 赤          漢字の成り立ち 石          漢字の成り立ち 責          漢字の成り立ち 夕          漢字の成り立ち 昔         
  • サ行(シュウ)
    漢字の成り立ち 乑          漢字の成り立ち 舟・受        漢字の成り立ち 州           漢字の成り立ち 習          漢字の成り立ち 秋          漢字の成り立ち 秀          漢字の成り立ち 周          漢字の成り立ち 祝・呪        漢字の成り立ち 就         
  • サ行(シュ)
    漢字の成り立ち 手          漢字の成り立ち 殳          漢字の成り立ち 朱          漢字の成り立ち 守          漢字の成り立ち 首          漢字の成り立ち 主          漢字の成り立ち 取          漢字の成り立ち 出          漢字の成り立ち 宿          漢字の成り立ち 屯・春        漢字の成り立ち 舜         
  • サ行(ショウ・セイ)
    漢字の成り立ち 成          漢字の成り立ち 青          漢字の成り立ち 生          漢字の成り立ち 正         
  • サ行(ショウ)
    漢字の成り立ち 小          漢字の成り立ち 召          漢字の成り立ち 尚          漢字の成り立ち 章          漢字の成り立ち 爿          漢字の成り立ち 昌          漢字の成り立ち 詳・善       
  • サ行(ショ)
    漢字の成り立ち 庶          漢字の成り立ち 処         
  • サ行(シン)
    漢字の成り立ち 兂          漢字の成り立ち 眞          漢字の成り立ち 心          漢字の成り立ち 囟(田)       漢字の成り立ち 申          漢字の成り立ち 辰          漢字の成り立ち 辛・新        漢字の成り立ち 深・探        漢字の成り立ち 帚・侵       
  • サ行(ジ )
    漢字の成り立ち 茲          漢字の成り立ち 爾          漢字の成り立ち 耳          漢字の成り立ち 寺          漢字の成り立ち 自          漢字の成り立ち 舟・受        漢字の成り立ち 孰          漢字の成り立ち 朮          漢字の成り立ち 女           漢字の成り立ち 尽         
  • サ行(ジャク)
    漢字の成り立ち 若           漢字の成り立ち 弱          
  • サ行(ジュウ)
    漢字の成り立ち 重          漢字の成り立ち 从、縱        漢字の成り立ち 十         
  • サ行(ジョウ)
    漢字の成り立ち 丞          漢字の成り立ち 成         
  • サ行(ス )
    漢字の成り立ち 水          漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 隹          漢字の成り立ち 垂          漢字の成り立ち 芻          漢字の成り立ち 寸         
  • サ行(セ )
    漢字の成り立ち 世          漢字の成り立ち 是          漢字の成り立ち 制          漢字の成り立ち 卩・節        漢字の成り立ち 折          漢字の成り立ち 舌          漢字の成り立ち 詳・善       
  • サ行(セン)
    漢字の成り立ち 巽          漢字の成り立ち 前          漢字の成り立ち 先          漢字の成り立ち 宣          漢字の成り立ち 専          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 扇           漢字の成り立ち 全          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 川          漢字の成り立ち 薦          漢字の成り立ち 泉         
  • サ行(ゼン)
    漢字の成り立ち 然          漢字の成り立ち 全         
  • サ行(ソ )
    漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 疋          漢字の成り立ち 卒          漢字の成り立ち 且          漢字の成り立ち 象          漢字の成り立ち 蔵          漢字の成り立ち 則          漢字の成り立ち 尊         
  • サ行(ソウ)
    漢字の成り立ち 匆          漢字の成り立ち 忩          漢字の成り立ち 倉          漢字の成り立ち 爪          漢字の成り立ち 送          漢字の成り立ち 相          漢字の成り立ち 早          漢字の成り立ち 曾          漢字の成り立ち 喿          漢字の成り立ち 帚・侵       
  • サ行(ソク・ショク)
    漢字の成り立ち 蜀          漢字の成り立ち 足          漢字の成り立ち 束         
  • タ行(タ )
    漢字の成り立ち 㒸          漢字の成り立ち 帶          漢字の成り立ち 大          漢字の成り立ち 退          漢字の成り立ち 它・也        漢字の成り立ち 弟          漢字の成り立ち 厶・台        漢字の成り立ち 代          漢字の成り立ち 睪         
  • タ行(タン)
    漢字の成り立ち 旦          漢字の成り立ち 詹          漢字の成り立ち 深・探        漢字の成り立ち 単         
  • タ行(チ )
    漢字の成り立ち 知          漢字の成り立ち 畜          漢字の成り立ち 竹          漢字の成り立ち 宁          漢字の成り立ち 直          漢字の成り立ち 朕・藤       
  • タ行(チュウ)
    漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 肘          漢字の成り立ち 中         
  • タ行(チョウ)
    漢字の成り立ち 枼          漢字の成り立ち 鳥          漢字の成り立ち 朝          漢字の成り立ち 長          漢字の成り立ち 丁          漢字の成り立ち 兆         
  • タ行(ツ )
    漢字の成り立ち 㒸          漢字の成り立ち 追         
  • タ行(テ )
    漢字の成り立ち 帝          漢字の成り立ち 氐          漢字の成り立ち 廷          漢字の成り立ち 呈          漢字の成り立ち 弟          漢字の成り立ち 啇          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 天          漢字の成り立ち 田         
  • タ行(ト )
    漢字の成り立ち 奴          漢字の成り立ち 度          漢字の成り立ち 土          漢字の成り立ち 刀          漢字の成り立ち 沓          漢字の成り立ち 冬          漢字の成り立ち 東          漢字の成り立ち 朕・藤        漢字の成り立ち 到          漢字の成り立ち 豆          漢字の成り立ち 屯         
  • タ行(ドウ)
    漢字の成り立ち 童          漢字の成り立ち 同         
  • ナ行
    漢字の成り立ち 奴          漢字の成り立ち 南          漢字の成り立ち 女           漢字の成り立ち 内          漢字の成り立ち 然          漢字の成り立ち 念         
  • ナ行(ニン)・サ行(ジン)
    漢字の成り立ち 人          漢字の成り立ち 壬          漢字の成り立ち 刃         
  • ナ行(ニ)・サ行(ジ)
    漢字の成り立ち 耳          漢字の成り立ち 二            
  • ナ行(ノウ)・タ行(ドウ)
    漢字の成り立ち 能          漢字の成り立ち 農          漢字の成り立ち 脳         
  • ハ行(ハ )
    漢字の成り立ち 巴          漢字の成り立ち 巿          漢字の成り立ち 派          漢字の成り立ち 配・妃        漢字の成り立ち 貝・買        漢字の成り立ち 白          漢字の成り立ち 莫          漢字の成り立ち 癶         
  • ハ行(ハン)
    漢字の成り立ち 般          漢字の成り立ち 犯・氾        漢字の成り立ち 八・半        漢字の成り立ち 反          漢字の成り立ち 番         
  • ハ行(ヒ )
    漢字の成り立ち 非          漢字の成り立ち 皮          漢字の成り立ち 辟          漢字の成り立ち 比          漢字の成り立ち 必          漢字の成り立ち 表          漢字の成り立ち 票          漢字の成り立ち 苗          漢字の成り立ち 品         
  • ハ行(ヒョウ・ヘイ )
    漢字の成り立ち 平          漢字の成り立ち 丙         
  • ハ行(ビ)・マ行(ミ)
    漢字の成り立ち 尾          漢字の成り立ち 未         
  • ハ行(フ )
    漢字の成り立ち 付          漢字の成り立ち 夫          漢字の成り立ち 父          漢字の成り立ち 不          漢字の成り立ち 孚          漢字の成り立ち 卜          漢字の成り立ち 畐          漢字の成り立ち 复          漢字の成り立ち 弗          漢字の成り立ち 勿          漢字の成り立ち 八・分        漢字の成り立ち 賁         
  • ハ行(ヘ )
    漢字の成り立ち 並          漢字の成り立ち 辟          漢字の成り立ち 扁         
  • ハ行(ホ )
    漢字の成り立ち 甫          漢字の成り立ち 方          漢字の成り立ち 包          漢字の成り立ち 北         
  • ハ行(ボ )
    漢字の成り立ち 母          漢字の成り立ち 暴          漢字の成り立ち 亡          漢字の成り立ち 卯          漢字の成り立ち 卜         
  • マ行
    漢字の成り立ち 矛          漢字の成り立ち 米          漢字の成り立ち 莫          漢字の成り立ち 末          漢字の成り立ち 亡          漢字の成り立ち 毛          漢字の成り立ち 孟          漢字の成り立ち 門         
  • マ行(メイ・ミョウ)
    漢字の成り立ち 明          漢字の成り立ち 名         
  • マ行(メン)・ハ行(バン・ベン)
    漢字の成り立ち 面          漢字の成り立ち 免         
  • マ行(メ・マ)・ハ行(バ)
    漢字の成り立ち 馬          漢字の成り立ち 麻         
  • ヤ行
    漢字の成り立ち 亦・夜        漢字の成り立ち 予          漢字の成り立ち 余          漢字の成り立ち 谷         
  • ヤ行(ユ)
    漢字の成り立ち 兪          漢字の成り立ち 攸          漢字の成り立ち 憂          漢字の成り立ち 由          漢字の成り立ち 斿          漢字の成り立ち 酉          漢字の成り立ち 右         
  • ヤ行(ヨウ)
    漢字の成り立ち 幺          漢字の成り立ち 夭          漢字の成り立ち 翟          漢字の成り立ち 枼          漢字の成り立ち 羊          漢字の成り立ち 䍃・揺        漢字の成り立ち 用          漢字の成り立ち 昜          漢字の成り立ち 要         
  • ラ行
    漢字の成り立ち 戻          漢字の成り立ち 来          漢字の成り立ち 礼・豊        漢字の成り立ち 剌          漢字の成り立ち 楽          漢字の成り立ち 闌          漢字の成り立ち 秝          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 連          漢字の成り立ち 老         
  • ラ行(リ )
    漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 利          漢字の成り立ち 里          漢字の成り立ち 立          漢字の成り立ち 留          漢字の成り立ち 流          漢字の成り立ち 良          漢字の成り立ち 令          漢字の成り立ち 量          漢字の成り立ち 両          漢字の成り立ち 力             
  • ラ行(リン)
    漢字の成り立ち 侖          漢字の成り立ち 粦          漢字の成り立ち 林         
  • ラ行(レイ)
    漢字の成り立ち 戻          漢字の成り立ち 礼・豊        漢字の成り立ち 令         
  • ラ行(ロク)
    漢字の成り立ち 彔          漢字の成り立ち 六         
  • ワ行
    漢字の成り立ち 或          漢字の成り立ち 夗         
  • 呉音と漢音
    呉音と漢音               
  • 小学校1年生で習う漢字
    小学校1年生で習う漢字①     小学校1年生で習う漢字②    
  • 小学校2年生で習う漢字
    小学校2年生で習う漢字①     小学校2年生で習う漢字②     小学校2年生で習う漢字③     小学校2年生で習う漢字④    
  • 小学校3年生で習う漢字
    小学校3年生で習う漢字①      小学校3年生で習う漢字②     小学校3年生で習う漢字③     小学校3年生で習う漢字④    
  • 小学校4年生で習う漢字
    小学校4年生で習う漢字①      小学校4年生で習う漢字②     小学校4年生で習う漢字③     小学校4年生で習う漢字④    
  • 小学校5年生で習う漢字
    小学校5年生で習う漢字①      小学校5年生で習う漢字②     小学校5年生で習う漢字③     小学校5年生で習う漢字④    
  • 小学校6年生で習う漢字
    小学校6年生で習う漢字①      小学校6年生で習う漢字②     小学校6年生で習う漢字③     小学校6年生で習う漢字④    
  • 小学校で習う漢字
    小学校で習う漢字 父母姉妹兄弟    小学校で習う漢字 春夏秋冬    小学校で習う漢字 一~十      小学校で習う漢字 東西南北   
  • 小説
  • 漢字 のエッセイ
    象形・指事・会意・形声 一年生  象形・指事・会意・形声 二年生  漢字でみるヤナギの分類      落語 空き巣             
  • 漢字 参考図書
  • 漢字 音読み索引(ア行)
  • 漢字 音読み索引(カ行)
  • 漢字 音読み索引(サ行)
  • 漢字 音読み索引(タ行)
  • 漢字 音読み索引(ナ行)
  • 漢字 音読み索引(ハ行)
  • 漢字 音読み索引(マ行)
  • 漢字 音読み索引(ヤ行)
  • 漢字 音読み索引(ラ行)
  • 漢字 音読み索引(ワ行)
  • 漢字・訓読み索引(あ行)
  • 漢字・訓読み索引(か行)
  • 漢字・訓読み索引(さ行)
  • 漢字・訓読み索引(た行)
  • 漢字・訓読み索引(な行)
  • 漢字・訓読み索引(は行)
  • 漢字・訓読み索引(ま行)
  • 漢字・訓読み索引(や行)
  • 漢字・訓読み索引(ら行)
  • 漢字・訓読み索引(わ行)
  • 漢字練習問題(中学生) [1]
    練習問題1-1(書き)         練習問題1-1(読み)         練習問題1-2(書き)         練習問題1-2(読み)         練習問題1-3(書き)         練習問題1-3(読み)         練習問題1-4(書き)         練習問題1-4(読み)         練習問題1-5(書き)         練習問題1-5(読み)        
  • 部首索引 魚(うお・さかな)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ