ハ行(ボ )

漢字の覚え方 母           漢字の覚え方 暴           漢字の覚え方 亡           漢字の覚え方 卯           漢字の覚え方 卜          

2015年5月10日 (日)

漢字の覚え方 暴

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(ボウ・バク)』bàoという字を基本とした『単語家族』を説明します。

この『単語家族』にはという漢字が含まれます。 『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校5年生、は中学校で習う常用漢字、は人名用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(ボウ・バク)』bàoは、動物の死体を解剖し太陽に曝(さら)す様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、日(太陽)+共(両手)+氺(動物の死体)=(動物の死体を解剖し太陽に曝(さら)す。むき出しにする。荒々しくする)です。漢字の部首は『日・にち』、意味は『さらす』、『むき出しにする』、『荒々しくする』、『にわかに』です。

Photo_13

音読みは二通りあります。『荒々しくする』、『にわかに』の意味では、呉音が『ボウ』、漢音が『ホウ』、訓読みが『暴(あば)れる』です。『さらす』、『むき出しにする』の意味では呉音が『ボク』、漢音が『ホク』、慣用音が『バク』、訓読みが『暴(あば)く』です。荒々しく乱暴な行為を行(ボウコウ)、にわかに吹く荒々しい風を風(ボウフウ)、風雨にさらすこと・悪事を暴くことを露(バクロ)といいます。

(ボウ・バク)』は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1TKUzji です。

 『(バク)』bàoは、火花を出してはじける様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、火+(荒々しくする)=(火花を出してはじける。爆ぜる。はぜる)です。漢字の部首は『火・ひ』、意味は『はじける』、『飛び散る』、『激しい』です。

Photo

音読みは呉音が『ホク』、漢音が『ハク』、慣用音が『バク』、訓読みは『爆(は)ぜる』です。火花を出してはじける様子を発(バクハツ)、爆発に使う薬剤を薬(バクヤク)、爆薬を用いた殺傷・破壊するための弾を弾(バクダン)、激しく笑う様子を笑(バクショウ)といいます。

(バク)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(バク)』は、川の水が落ちて飛び散る滝の様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(飛び散る)=(川の落ちて水が飛び散る滝。滝)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『川の水が落ちて飛び散る滝』、『滝』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ボク』、漢音が『ホク』、慣用音が『バク』です。高所から白い布をたらしたように流れ落ちる滝を布(バクフ)といいます。

(バク)』は常用漢字から外れています。

 『(バク)』は、日に曝(さら)す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、日(太陽)+(さらす)=(日に曝(さら)す)です。漢字の部首は『日・にちへん』、意味は『曝(さら)す』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ボク』、漢音が『ホク』、慣用音が『バク』、訓読みが『曝(さら)す』です。光に曝すことを光(バクコウ)、風雨にさらすこと・悪事を暴くことを露(バクロ)といいます。『(バク)』は人名用漢字です。

(さら)すは(さら)すとも書きます。(サイ)は西(サイ)の『単語家族』です。漢字の成り立ちについては『漢字の覚え方 西』をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-52c4.html

『漢字の覚え方 暴』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ぼうこう(   )を加える。

2.ぼうふう(   )警報。

3.秘密を ばくろ(   )する。

4.ばくはつ(   )事故。

5.原子 ばくだん(   )。

6.ナイアガラ ばくふ(   )。

7.日光に さら( )す。

解説です。基本の漢字は、爆(は)ぜるは火を足して、瀑(たき)は氵(さんずい)を足して、曝(さら)す日を足してです。

解答です。行、風、露・露、発、弾、布、す、晒す。

2014年10月19日 (日)

漢字の覚え方 冒

 今日は『(ボウ)』màoという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『冒』です。音読みは『ボウ』、意味は『被せる』、『被(おお)いをとる』、『冒(おか)す』です。、などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は中学校で習います。一緒に覚えましょう。

 『(ボウ)』màoは、目の上に衣を被せる様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、冃(頭巾)+目(め)=(目の上に衣を被(かぶ)せる。被(おお)う。被うものをとりさる。冒す。おかす)です。部首は『目・め』、意味は『被(おお)う』、『被(おお)いをとる』、『冒(おか)す』です。

『説文解字』には、「冡して前するなり。冃に従い目に従う」とあります。

Photo_19Photo_20

音読みは呉音の『モウ』は使わず、漢音の『ボウ』を使います。訓読みは『冒(おか)す』です。危険を恐れず押し切ってやることを険(ボウケン)、神聖なものを冒(おか)すことを瀆(ボウトク)、目が被さって見えない状態を昧(ボウマイ)、頭巾の先端転じて、文章・話の最初の部分を頭(ボウトウ)のといいます。

(ボウ)』は中学校でで習う常用漢字です。

少し漢字の発音の話をします。音読みというのは中国から輸入した時の発音です。呉音というのは奈良時代前後に輸入した中国の呉地方の発音、漢音というのは平安時代に輸入した長安(漢)の発音です。

一般的に呉音行は漢音行に変化しましたhttp://bit.ly/1LUTTpI ④。従って、呉音の『モウ』は漢音では『ボウ』と発音します。どちらの音を使うかは漢字によって違い、は漢音の『ボウ』を使い。海亀のは呉音の『マイ』を使います。

同じような呉音と漢音の関係を持つ漢字に、マクバク)、マクバク)、モクボク)、モンブン)、マンバン)などがあります。

 『(ボウ)』màoは、目の上に衣を被せる様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、巾(頭巾)+(被(おお)う)=(目の上に衣を被(かぶ)せるもの。帽子。ボウシ)です。部首は『巾・ぬのへん』、意味は『帽子(ボウシ)』です。

Photo_22

音読みは呉音の『モウ』は使わず、漢音の『ボウ』を使います。頭に被る物を子(ボウシ)、赤い帽子・赤い帽子の運送業を赤(アカボウ)、学生の帽子を学(ガクボウ)といいます。

(ボウ)』は中学校でで習う常用漢字です。

 『(ボウ)』màoは、上に衣を被せる宝石を表す会意文字です。漢字の足し算では、王(玉・宝石)+(被せる)=(上に衣を被(かぶ)せる宝石。宝石)です。部首は『王・おうへん』、意味は『宝石(ほうせき)』です。

音読みは呉音が『モウ』、漢音が『ボウ』です。現在ではこの意味で使われることはありません。

 『(マイ)』にもうひとつ意味があります。まぶたの垂れた海亀を表します。漢字の足し算では、王(玉・宝石)+(被せる)=(まぶたの垂れた海亀。宝石(鼈甲)の原料。玳瑁。たいまい)です。漢字の意味は『玳瑁(タイマイ)』です。

Photo_21

(タイマイ)は熱帯に生息するウミガメで、甲羅(コウラ)を鼈甲(ベッコウ)と呼んで宝石の原料にします。音読みは呉音が『マイ』、漢音が『バイ』です。甲羅の黒さを表す『玳(タイ)』daiと一緒に使います。

(タイ)』は(タイ)、(タイ)などと同じ『単語家族』です。詳しくは『漢字の覚え方 http://bit.ly/1tysNxb をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-a6c2.html

『漢字の覚え方 冒』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ぼうけん(   )小説。

2.ぼうとう(   )に述べる。

3.ぼうし(   )を被る。

4.運送業の あかぼう(   )さん。

5.ウミガメ たいまい(   )。

解説です。基本の漢字は、帽子(ボウシ)は巾(ぬのへん)を足して、玳瑁(タイマイ)は王(おうへん・ぎょく)を足してです。

解答です。険、頭、子、赤、玳

2014年6月 1日 (日)

漢字の覚え方 母

 一言申し上げます。お陰さまで、ブログの開始より一年半を無事に通過することが出来ました。多くの方に励まして頂き、厚く御礼申し上げます。

漢字の公開の順番ですが、小学校で習う教育漢字、中学校で習う常用漢字、気になる漢字を優先して紹介しております。また、ブログの形で公開しておりますが、随時、加筆・修正させて頂いておりますこと御了承願います。

小生、平日は働いております関係上、漢字の公開は、原則週末になります。年をとって仕事が楽になってからと考えておりましたが、忙しいなりになんとかなるもので、始めて良かったと思っております。

現在まで、毎週欠かさず(Niftyさんのブログに下書き機能があり、助かっております)漢字の成り立ちを公開し、1400字あまりに達しました。小学生で習う漢字は1006字、日常よく使う常用漢字は2136字(小学校で習う漢字を含む)、人の名前に使える人名用漢字が861字あります。常用漢字以外にも多くの漢字があり、道半ば、まだまだ先の長い話です。

皆様におかれましても、日々、前向きに、無理のない範囲で、過ごされます様、お祈り申し上げます。また、皆様の御家族、御友人の御健康をあわせてお祈り申し上げます。

 今日は『(ボ)』mǔという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『母』です。音読みは『ボ』、意味は『母』、『育った』、『たくさんの』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校で2年生で、は4年生で、は中学校で習います。

 『(ボ)』mǔは、子供に授乳しているお母さんを表わす象形文字(藤堂明保先生・白川静先生)です。真ん中の点は『おっぱい』を表わしています。漢字の部首は『毋・なかれ』、意味は『母(はは)』、『ものの源』、『育った』、『たくさんの』です。

最古の辞典『説文解字』にも「女に従い,子を褱(いだ)く形に象(かたど)る」とあります。女と一を合わせた会意文字とする説(諸橋轍次先生)、『おっぱい』を点と考えて指事文字とする説(鎌田正先生)もありますが、意味としては同じです。

Photo_9

少し漢字の読み方の話をします。漢字の読み方には音(オン)読みと訓(くん)読みがあります。音読みには、漢字を輸入した時期により違いがあります。六朝時代の江南地方の読み・(ゴオン)、唐の長安の読み・(カンオン)、鎌倉時代に輸入した読み・唐宋(トウソウオン)、日本で慣用的に読まれる慣用音(カンヨウオン)があります。訓読みは大和言葉(やまとことば)に合わせた読み方です。

発音の話を続けます。中国では六朝時代のm音が、唐の時代にはb音に変化しました。『母(mubou・ボウ)』です。現在では『muの発音ですから、再びm音に戻ったのです。一方我が国では、(唐時代のb音)から変化した、慣用音の『』を使います。気をつけましょう。

音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://bit.ly/1LUTTpI もご覧ください。

音読みは音が『』、音が『ボウ』、慣用音が『』です。訓読みは『母(はは)』です。父と母で父(フ)、母の血筋を系(ケイ)、育った国を国(コク)といいます。

お母(かあ)さん、乳母(うば)、母屋(おもや)は常用漢字の付表に載っている特別な訓読みです。 (ボ・はは)は小学校2年生で習う漢字です。

(ボ・はは)に極めて近い漢字に(ブ・なかれ)があります。

 『(ブ)』は、女性を犯してはならない禁止を表す指事文字です。女に従い、縦棒が禁止を表すとされています(藤堂明保先生)。漢字の足し算では、(女性)+丨(禁止)=(女性を犯してはならない禁止。毋かれ)です。漢字の部首は『毋・なかれ』、意味は『毋(な)かれ』、『毋(な)し』です。

Photo_3

最古の辞典『説文解字』にも「之を止める也。女に従い、之を奸する者有」とあり、禁止の意味を示しています。

『新漢語林』鎌田正先生、『字統』白川静先生にはともと同じ形であって、篆文(テンブン)から『ないの』意味に用いるようになったとの記載がります。

音読みは音が『』、音が『』、訓読みは『毋(な)かれ』、『毋(な)し』です。

(ブ)は常用漢字からは外れています。

似た漢字『(カン)』は別字http://bit.ly/1w6UbkI です。

 『(マイ)』méiは、どんどん実が成る苺(いちご)を表わす形声文字です。漢字の足し算では、艹(草・植物)+(子供をどんどん産む)=(どんどん実が成る苺。いちご)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『苺(いちご)』です。

Photo_2

今のお母さんは中国でも、我が国でも、色々事情があってたくさんの子供を産みませんが、漢字が造られた頃には、お母さんはたくさんの子供を産んでいました。なので、母には『たくさんの』という意味があります。

音読みは音が『マイ』、音が『バイ』、訓読みは『苺(いちご)』です。植物がどんどん増えるようすをマイマイ)といいます。『』と『』は非常に近い漢字なので、『(マイ)』méiもいちごを表す漢字です。『』と『』は常用漢字から外れています。『』の方が普通に使われます。

 『(マイ)』měiは、髪に飾りをつけた女性を表わす象形文字です。『子供が数人いるお母さん』、『毎日、廟堂にお祈りをするお母さん』から毎(ごと)にの意味が派生したといわれています。漢字の部首は『毋・なかれ』、意味は『いつも』、『そのつど』、『薄暗い』です。

Photo_3

音読みは音の『マイ』が普通で、音の『バイ』は使いません。日々そのつどの事物を日(マイニチ)、朝のいつもを朝(マイあさ)・旦(マイタン)といいます。と非常に近い漢字で、戦前は每という字体が使われていました。

(マイ)は小学校2年生で習う漢字です。

 『(ビン)』mǐnは、素早い行動を表わす形声文字です。漢字の足し算では、(どんどん。いつも)+攵(動作)=(植物が素早く繁茂する様子。素早い。さとい)です。漢字の部首は『攵・ぼくづくり』、意味は『素早い』、『敏(さと)い』です。

Photo_3

音読みは音の『ミン』は使わず、音の『ビン』を使います。動作がすばしこい事を捷(ビンショウ)、機に応じた素早い行動を機(キビン)、物事を素早く処理する腕前を腕(ビンワン)といいます。

非常に良い意味の漢字で『あきら』、『さと』、『さとし』、『すすむ』、『つとむ』、『と』、『とし』、『はや』、『はやし』、『はる』、『みぬ』、『ゆき』、『よし』と名前に使われます。

(ビン)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ハン)』fánは、植物がふえて広がる様子・賑やかな様子・糸飾りを表す形声文字です。漢字の足し算では、(どんどん。いつも)+糸(動作)=(植物が素早く繁茂する様子。茂る。賑やか。糸飾り)です。漢字の部首は『糸・いと』、意味は『茂る』、『殖える』、『糸飾り』です。

Photo_2

音読みは呉音の『ボン』は使わず、漢音の『ハン』を使います。草木が盛んに茂る様を茂(ハンモ)、国や商売が盛んな様を盛・昌(ハンジョウ)、煩わしさがふえて雑なことを雑・煩雑(ハンザツ)といいます。非常に良い意味の漢字で『えだ』、『しげ』、『しげし』、『しげる』、『とし』と名前に使われます。

(ハン)は中学校で習う常用漢字です。

 『(バイ)』méiは、たくさん実を生・成(な)らせる梅の木を表わす形声文字です。漢字の足し算では、木(木・植物)+(子供をどんどん産む)=(どんどん実が成る梅。うめ)です。

異体字に『(バイ)』méiがあります。木(木・植物)+(子供をどんどん産む)=(どんどん実が成る楳。うめ)です。 加藤常賢・白川静はこちらの方が本字としています。

Photo_2

音読みは音の『メ・マイ』は使わず、音の『バイ』を使います。訓読みは『うめ』です。白い梅をを白(ハクバイ)、紅い梅を紅(コウバイ)、寒い時期に咲く梅を寒(カンバイ)といいます。梅の実の生(な)る頃の長雨を雨(バイウ・つゆ)といいます。

☆『説文解字』によれば、枏(ゼン・ナン)であるとしています。加藤常賢によれば梅(うめ)と枏(くすのきの仲間)は古代は同じで、混用されていたとしています。

異体字に 某 槑 楳があります。

(バイ)は小学校4年生で習う漢字です。

 『(カイ)』hǎiは、水をたたえる海(うみ)を表す形声文字です。毎(マイ)に薄暗いの意味があり、渤海(ボッカイ)などの北方の暗い色の海が語源とされています。漢字の足し算では、氵(水)+(暗い)=(藍色した暗い海。うみ)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『海(うみ)』です。

Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『カイ』、訓読みは『うみ』です。(マイ)の仲間ですので、もともとmの発音でしたが、maiからhaiに変化し日本に入ってきたときにkai『カイ』になったようです。山(サンカイ)、上(カイジョウ)、洋(カイヨウ)、苔(カイタイ・のり)、女(あま)、鳴り(うみなり)のです。

(カイ)は小学校2年生で習う漢字 です。

 『(カイ)』huǐは、悔(く)やむ心を表す形声文字です。毎(マイ)に薄暗いの意味があります。漢字の足し算では、忄(心)+毎(暗い)=(暗い気持ち。悔(く)やむ心。くやむ)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、漢字の意味は『悔(く)やむ』、『悔(くや)しい』です。

Photo_10

音読みは呉音が『ケ』、漢音が『カイ』、訓読みは『悔(く)やむ』、『悔(く)いる』、『悔(くや)しい』です。(マイ)の仲間ですので、もともとmの発音でしたが、maiからhaiに変化し日本に入ってきたときにkai『カイ』になったようです。後で悔やむことを後(コウカイ)、過ちを悔い、悟りあらためることを悟(カイゴ)、仏教で罪を告白し悔い改めることを懺(ザン)といいます。

(カイ)は中学校で習う常用漢字です

 『(カイ)』huìは、月末や暗い様子を表す形声文字です。毎(マイ)に薄暗いの意味があります。漢字の足し算では、日(月日)+(暗い)=(月末で月が暗い様子。晦日(みそか・つごもり・カイジツ)。月末。)です。漢字の部首は『日・ひへん、にちへん』、漢字の意味は『月末』、『暗い』、『わからない』です。

Photo_8

音読みは呉音が『ケ』、漢音が『カイ』です。人に分からないように姿を隠すことを韜(トウカイ)、わかりにくい文章を渋(カイジュウ)、月末の月ののない夜・日を日(カイジツ・みそか・つごもり)、十二月の月末を大日(おおみそか)といいます。

日(みそか)は三十日(みそか)、日(つごもり)は月籠(つきごもり)からきています。ちなみに、一日(ついたち)は月立(つきたち)からきています。

 『(ブ)』wǔは、人を侮辱する様子を表す形声文字です。毎(マイ)に薄暗いの意味があります。漢字の足し算では、イ(人間)+(暗い)=(側にいる人間を暗くさせる。侮辱する。あなどる)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、意味は『侮(あなど)る』です。

Photo

音読みは音の『』は使わず、音の『』を使います。訓読みは『侮(あなど)る』です。侮って辱めることを辱(ジョク)、相手を馬鹿にして目もくれないことを蔑(ベツ)といいます。

(ブ)は中学校で習う常用漢字です

 『(ドク)』は、害を与える物質を表わす会意文字です。漢字の足し算では、生(エキス)+(子を産む)=(摂取しすぎると毒になるエキス。強壮剤。毒。どく)です。強壮剤の他に毒々しい女性という説もあります。漢字の部首は『母・なかれ』、漢字の意味は『毒(ドク)』、『ひどい』、『瑇瑁・毒冒(タイマイ・海亀の一種)』です。

の『単語家族』といわれていますが、意味がかなり変化してきており、発音も区別するために違っています。

Photo_3Photo

音読みは呉音が『ドク』、漢音が『トク』、常用外の訓読みに『ぶす』があります。海亀の『瑁・冒(タイマイ)』のときだけ『タイ』と読みます。毒に中(あた)ることを中(チュウドク)、ひどい皮肉を舌(ドクゼツ)、毒を分解することを解(ゲドク)、魔女のような嘴(くちばし)をもつ海亀を冒(タイマイ)といいます。

(ドク)は小学校4年生で習う漢字 です。

草(ドクソウ)のトリカブトの根を附子(フシ・ブス)と呼びます。猛毒で矢の先に附(つ)けて使います。に『ぶす』の訓読みがあるのは、このためと言われています。危険・狩猟を表す重要な漢字で、人名・地名に使われます。

子(フシ・ブス)の(フ)は(フ)の『単語家族』です。詳しくは『漢字の覚え方 付』をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-53c7.html

『漢字の覚え方 母』          

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ふぼ(   )兄弟。

2.ぼこく(   )語を話す。

3.いちご(  )のお菓子。

4.まいにち(   )新聞。

5.きびん(   )な行動。

6.びんわん(   )刑事。

7.商売 はんじょう(   )。

8.にほんかい(   )の荒波。

9.かいよう(   )調査。

10.こうかい(    )と懺悔

11.おおみそか(    )。

12.相手を ぶじょく(   )する。

13.食ちゅうどく(   )。

解説です。基本の漢字は、イチゴは艹(くさかんむり)を足して、髪飾りをつけたお母さんが、植物が素早く成長する様子は攵(ぼくづくり)を足して、繁る様子が敏に糸を足して、氵(さんずい)に毎を足して、悔むは忄(りっしんべん)を足して悔、侮(あなど)るイ(にんべん)を足して、毒は生を足してです。

解答です。父国、日、機腕、昌、盛、日本洋、後、大日、辱、中

参考図書書http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-c740.htmlです。漢字についてより詳しく知りたい方は、下記の本をお読みください。

篆文(テンブン)を中心にした体系的な記述・韻の説明は、諸橋轍次先生の『新漢和辞典』、藤堂明保先生の『漢字源』・『漢字の過去と未来』を参考にさせて頂いてます。

甲骨文字・金文のもつ呪術的な解釈には白川静先生の『字通』・『字統』・『漢字』・『中国古代の文化』を参考にさせて頂いています。

漢字の伝来や常用漢字の解釈については、大島正二先生の『漢字伝来』、高島俊男先生の『漢字と日本人』を参考にさせて頂いています。

日本語については、金田一京助先生の『日本語の変遷』、大野晋先生の『日本語の文法を考える』、新村出先生の『広辞苑』を参考にさせて頂いております。

最近の研究については、落合淳思先生の『漢字の成り立ち』を参考にさせて頂いております。

2014年3月 9日 (日)

漢字の覚え方 亡

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日は『(ボウ)』wángという字を中心とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。に何を足したらになるのかを考えていきます。は小学校4年生、は6年生、は中学校で習う常用漢字です。学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 基本の漢字である『(モウ・ボウ)』wángは、人が死んだことを表す会意文字(カイイモジ)です。古い字体の篆文(テンブン)を見てください。人(人間)を乚(囲い)で隠しています。漢字の足し算では、人(人間)+乚(囲い)=(人間が隠れる。なくなる。亡びる)です。漢字の部首は『亠・なべぶた』、漢字の意味は『亡びる(ほろびる)』、『逃げる』、『亡い(ない)』です。

Photo_6

音読みは二通りあります。『亡びる(ほろびる)』wángの意味では呉音が『モウ』、漢音が『ボウ』、『亡い(ない)』の意味では呉音が『ム』、漢音が『ブ』です。訓読みは『亡い(ない)』と『亡びる(ほろびる)』です。頼りにならないものを頼(ライ・ライ)、他国へ逃げることを命(ボウメイ)、死んだ人を者(モウジャ)、生きるるか死ぬかを存(ソンボウ)といいます。

(モウ・ボウ)』は小学校6年生で習う漢字です。

音読みには古いに、呉音(ゴオン)と言って最初に漢字を輸入した時の(江南)地方の音、漢音(カンオン)と言って遣唐使が持ち帰った唐時代の長安の音、鎌倉・室町時代入ってきた唐宋音(トウソウオン)があります。

中国では音の変化があった事が知られています。mの音が時代とともにb、wの音に変わりました。この発音の変化は呉音と漢音の発音にも影響が見られます。

』の場合、呉音は『モウ』、漢音は『ボウ』です。日本に最初に輸入したときは『モウ』と発音していたのが、時代とともにボウと発音するようになったのです。呉音漢音どちらの音が残っているのかは中国と日本で違う場合が多く、日本では呉音漢音とも残ってしまった場合もあって厄介です。

呉音と漢音については『呉音と漢音』もご覧ください。

 『(ボウ)』wàngは、忘れる様子を表した形声文字です。漢字の足し算では、(ない)+心=(心がない・忘れる)です。漢字の部首は『心・こころ』です。

Photo

音読みは呉音が『モウ』、漢音が『ボウ』、訓読みは『忘(わす)れる』です。忘れ去ることを却(ボウキャク)、年末に一年の苦労を忘れることを年(ボウネン)、人からの恩を忘れることを恩(ボウオン)といいますです。

(ボウ)』は小学校6年生で習う漢字です

 『(ボウ)』mángは、忙しい様子を表すを形声文字です。漢字の足し算では、忄(心)+(なくなる)=(心がなくなるほど忙しい)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』です。

Photo_3

音読みは呉音が『モウ』、漢音が『ボウ』です。訓読みは『忙しい(いそがしい)』です。多いに忙しいのが多(タボウ)、忙しい最中を中(ボウチュウ)といいます。

(ボウ)』は中学校で習う常用漢字です。

(いそが)しい』の反対の漢字は『(ひま)』や『(ひま)』です。(カン)は(カン)、(カン)と同じ単語家族です。『漢字の覚え方 間』『漢字の覚え方 叚』もご覧ください。

 『(モウ・ボウ)』wàngは、みだりな様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、女+(なくなる)=(男性が女性に心を奪われる。みだり)です。漢字の部首は『女・おんな』、意味は『みだり』、『でたらめに』です。

Photo_7

音読みは呉音が『モウ』、漢音が『ボウ』です。みだりに想うことを想(モウソウ)、でたらめな言葉を言(モウゲン・ボウゲン)といいます。

(モウ・ボウ)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(モウ)』mángは、 目が見えない様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(ない)+目=(目が見えない)です。漢字の部首は『目・め』です。

Photo_2

音読みは呉音の『ミョウ』は使わず、漢音の『モウ』を使います。眼の不自由な方の役に立って大事なパートナーになる犬を導犬(モウドウケン)といいます。よく考えずに人に従うことを従(モウジュウ)、うっかり見落とす点を点(モウテン)といいます。

(モウ)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(モウ・ボウ)』wàngは、 遠くの月を待ち望む様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(ない)+月+壬(人が伸びあがる)=(遠くの月を待ち望む)です。漢字の部首(月・つき)、漢字の意味は『遠方を見る』、『待ち望む』、『良い評判』、『満月』です。

Photo_5

音読みは呉音が『モウ』、漢音が『ボウ』です。訓読みは『望(のぞ)む』、『望(もち)』です。待ち望むことを待(タイボウ)、本当に望んでいることを本(ホンモウ)、評判の良い人格を人(ジンボウ)、満月を月(ボウゲツ・もちづき)といいます。

非常に縁起の良い漢字で、『望月』、『望岡』、『望野』と人名、地名に使われるほか、『のぞみ』、『のぞむ』、『み』、『もち』と名前に使われます。

(モウ・ボウ)』は小学校4年生で習う漢字です。

漢字の世界では『みる』について、ニュアンスの違いがあります。

見(み)る 目立つ。目に止まる。現れる。(ケン)http://bit.ly/ZCbIEZ

視(み)る 真っ直ぐ視る。注意して視る。(シ)http://bit.ly/1Vps6QQ

看(み)る 手をかざして看る。よくみる。(カン)http://bit.ly/1Z5TbdM

診(み)る 細かいところまですみずみまでみる。(シン)http://bit.ly/1ygC0wK

察(み)る すみずみまでみる。(サツ)http://bit.ly/1zwPD77

覧(み)る 高い所から下を覧る。(ラン)http://bit.ly/25ApacQ

臨(のぞ)む 高い所から下を臨む。(リン)http://bit.ly/1WvVxot

監(み)る 上から下のものをみて、みさだめる。(カン)http://bit.ly/25ApacQ

観(み)る 多くのものを比べて観る。批評する。(カン)http://bit.ly/11kw1b1

眺(なが)める 右に左にと広く見渡す。(チョウ)http://bit.ly/2t44mNH

望(のぞ)む 遠くの見えにくいものをもとめみる。(ボウ)http://bit.ly/1v84fty

 『(ボウ)』mángは、 草原で然(ボウゼン)と漂(ただよ)う様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(草原)+氵(水に漂う)+(茫然と漂う)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』です。

Photo_6

音読みは呉音が『モウ』、漢音が『ボウ』です。平原で茫然としている様子を然(ボウゼン)といいます。『』は常用漢字から外れています。

呆然 (ボウゼン)とは呆(あき)れた様子をいいます。

(ボウ)』は常用漢字から外れています。

 『(モウ)』wǎngは、 (あみ)を被せる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、网(あみ)+(見えなくする)=(網を使って見えなくする。網で捕らえる。くらい)です。漢字の部首は『网・あみがしら』、漢字の意味は『網(あみ)』、『網で捕らえる』、『くらい』です。糸を足した網(あみ)の方が使われるため、この漢字は使われません。

Photo

音読みは呉音が『モウ』、漢音が『ボウ』、訓読みが『(あみ)』、『(くらい)』です。魚を捕る罔を漁(ギョモウ)といいます。この漢字を使った有名な文章に『論語』の「学ビテ而思ハ不レバ即チ(くら)シ」(学んでも考えなければ物事に暗い)というのがあります。

(モウ)』は常用漢字から外れています。

 『(モウ)』wǎngは、 網(あみ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸+(見えなくする)=(糸製の網。あみ)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、漢字の意味は『網(あみ)』、『網で捕らえる』です。『あみ』と言えば、を足した『(あみ)』の方を使います。

Photo_2

音読みは呉音が『モウ』、漢音が『ボウ』、訓読みが『(あみ)』です。魚を捕る網を漁(ギョモウ)、水中に引き立てる固定式の網を建(たてあみ)、金属製の網を金(かなあみ)といいます。

(モウ)』は中学校で習う常用漢字です。

我が国では生産性に富む非常に重要な漢字で『網川』、『網谷』、『大網』、『徳網』、『網走』、『曳網』と地名・苗字に良く使われる漢字です。

 『(モウ)』wǎngは、 (あみ)を被せて見えなくする・人を惑わす化け物を表す形声文字です。漢字の足し算では、鬼(化け物)+(網を使って見えなくする)=(網を使って見えなくする・人を惑わす化け物)です。漢字の部首は『鬼・おに、きにょう』、漢字の意味は『人を惑わす化け物』です。

Photo_3

音読みは呉音が『モウ』、漢音が『ボウ』です。山・水・木・石などの精気から生じる怪物で、人を化かすと言われています。様々な化け物を魑魅魍(チミモウリョウ)といいます。魑魅が山の妖怪、魍が川の妖怪とも説明されています。

(モウ)』は中学校で習う常用漢字から外れています。

(チミモウリョウ)の漢字について

(チ)は『漢字の覚え方 离』 http://bit.ly/2iAAGmXをご覧ください。

(ミ)は 『漢字の覚え方 未』 http://bit.ly/1CD39q4 をご覧ください。

(モウ)は『漢字の覚え方 亡』 http://bit.ly/1v84fty をご覧ください。

(リョウ)は『漢字の覚え方 両』 http://bit.ly/1YGsCgb をご覧ください。

 『(ボウ・あぶ)』méngは、小さい虫の虻(あぶ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、(むし)+(見えにくい)=(小さくて見えにくい虫。にじ)です。部首は『虫』、漢字の意味は『虻(あぶ)』です。牛や馬などにたかり血を吸います。実際はそれほど小さい虫ではありませんが、牛に比べるとはるかに小さいです。

音読みは呉音が『ミョウ』、漢音が『モウ』、慣用音が『ボウ』で、訓読みが『虻(あぶ)』です。二つのものを得ようとして両方得られないことを虻あぶはち)取らずといいます。

欲を出し過ぎると失敗するという譬(たと)えです。

(ボウ・あぶ)は常用漢字から外れています。部首索引 虫(むし) も御覧ください。

 『(コウ)』huāngは、荒れ果てた土地を表す形声文字です(藤堂)。漢字の成り立ちとしては荒れた川・むなしい川と解釈します。漢字の足し算では、艹(農地・土地)+(ない)+川=(荒れ果てて、実りのない荒地。作物が育たない)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『荒れた土地』、『作物が育たない』、『荒々しい』、『大変大きい』です。川の部分を抜け落ちた髪と解釈し、『(コウ)』は放置された死体とする説(白川)もあります。漢字の意味は同じです。

Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みが『荒(あら)い』、『荒(あ)れる』、『荒(あ)らす』です。mang、wangの音が変化してhuに変わったので読み方が違います。荒れた土地・非常に広い土地を野(コウヤ・あらの)、作物の育たない年を年(コウネン)、とてつもなく大きい事を唐(コウトウ)といいます。

危険を示したり、大変大きい様子を表す非常に重要な漢字で、『荒川』、『荒木』、『荒』、『荒舘』、『荒立』、『荒野』、『荒田』と地名・苗字に使われる漢字です。

(コウ)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(コウ)』huāngは、慌てる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、忄(心)+(荒れる)=(荒れた心。慌てる。おそれる)です。漢字の部首は『忄・りししんべん』、漢字の意味は『慌てる』、『恐れる』、『途方にくれる』です

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みが『慌(あわ)てる』、『慌(あわ)ただしい』です。恐れ慌てることを恐(キョウコウ)、途方に暮れてぼんやり(惚・コツ)する状態をコウコツ)といいます。

惚(コウコツ)は、惚(コウコツ)とも書きます。(ひかり)http://bit.ly/1Xsc1Mt でぼんやり(・コツ)http://bit.ly/1WobCsLする様子を表します。

(コウ)』は中学校で習う常用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-8d94.html

『漢字の覚え方 亡』          

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.他国へ ぼうめい(   )する。

2.権力の もうじゃ(   )。

3.ぼうきゃく(   )の彼方。

4.ぼうねん(   )会。

5.師走の たぼう(    )。

6.誇大 もうそう(    )。

7.もうてん(    )に気なっていた。

8.じんぼう(    )が厚い。

9.もちづき(    )とは満月のこと。

10.かなあみ(    )を用いる。

11.こうや(    )を彷徨(さまよ)う。

12.こうとう(    )無稽(むけい)。

13.あわただ( )しい様子。

14.世界大 きょうこう(    )。

解説です。基本漢字は、忘れる心を足して、忙しいは忄(りっしんべん)を足して、妄(みだ)りは女を足して、盲は目を足して、望は月を壬を足して、網は糸に罔を足して、荒れるは艹(くさかんむり)と川を足して、慌(あわ)てるは忄(りっしんべん)を荒に足してです。

解答です。命、者、却、年、多想、点、人月、金野、唐、しい、恐

2013年7月27日 (土)

漢字の覚え方 卯・貿

 今日は『(ボウ)』mǎoの『単語家族』について説明します。貿という『単語家族』について説明します。基本の漢字は『卯』で、読み方は『ボウ』、意味は『門をあける』、『あさ』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとどんな漢字になるのか漢字(楷書体)の組み合わせを考えます。貿は小学校5年生で習い、は人名漢字です。一緒にまとめて覚えてしまいましょう。

 『(ボウ)』mǎoは、古い漢字である篆文(テンブン)では『門をあける様子』を漢字にしたものです。漢字の部首は『卩・ふしづくり』、漢字の意味は『門をあける』、『あさ』、『朝6時』、『うさぎ』です。なお、さらに古い字体(卜文・金文)では生贄を二分する様子の文字になっています。

Photo

中国を中心とした東アジアの世界では、 の十二支を使って暦、時刻、方角を表しました。数字でもなんでもない漢字の順番を覚えるの大変です。そこで、神様に新年の挨拶に来た十二種類の動物になぞらえて、十二支を宛てて覚えたのです。

十二支の四番目を『』という漢字を宛て、旧暦のニ月(現在の四月)、時間は午前6時、方角は東、動物では兎にあてられています。

音読みは漢音が『ボウ』、呉音が『ミョウ』です。訓読みは『』です。朝酒を酒(ボウシュ)、朝の出勤簿を簿(ボウボ)、子丑寅(ね・うし・とら・)で四月(旧暦では二月)のことを月(づき)といいます。『』は人名用漢字です。

 『貿(ボウ)』màoは、門をあけて取引する様子を漢字にしたものです。漢字の足し算では、(ぼう・門をあける)+貝(取引をする)=貿(門を開いて取引する。あきなう)です。漢字の部首は『貝』です。貿の仲間ですが、良く使う漢字である(リュウ)と同じデザインになっていて、(リュウ)がと同じデザインになっていますます。

Photo_10

音読みは漢音が『ボウ』が普通で、呉音の『ム・モ』は使いません。貿易(ボウエキ)とは各地の産物を取引する事です。現在では外国との取引をいいます。

貿(ボウ)』は小学校5年生で習う漢字です。

 『(ボウ)』mǎoは、おうし座に含まれる(すばる)を漢字にしたものです。漢字の足し算では、日(ひ・星)+(門をあける)=(おうし座に含まれる。六連星。すばる)です。漢字の部首は『日』です。なぜ昴の漢字が当てられているのかは不詳ですが、すばるは冬一番早く東(卯)の空から上がってくるからかもしれません。

Photo_3

音読みは漢音が『ボウ』、呉音が『ミョウ』で、訓読みが『すばる』です。富士重工業の自動車ブランド「スバル」(連星)は、旧中島飛行機系の社が合併した会社である事に由来するそうです。

似た漢字『(イン)』については『漢字の覚え方 印』をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-30cc.html

『漢字の覚え方 卯・貿』  貿 

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.四月の別名 うづき(   )。

2.ぼうしゅ(   )とは朝酒のこと。

3.外国と ぼうえき(   )する。

4.おうし座の すばる( )。

解説です。朝、うさぎは、外国との取引は貝を足して貿、星座のすばるは日を足してです。

解答です。月、酒、貿易、

2013年4月13日 (土)

漢字の覚え方 卜

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は(ボク)buという字を中心とした『単語家族』を説明します。『単語家族』は足し算で表わす事が出来るので、に何を足したらどんな漢字になるのか漢字の構成を考えていきます。

 この仲間の漢字はなどが含まれ、『』という共通部分を持ち、『ボク』もしくは『』という読みを持っています。は中学校で習う常用漢字です。

 基本の漢字である『(ボク)』buは、動物の骨・亀の甲羅を焼いて占いをする姿(象形・ショウケイ)です。骨を焼いて割れるひびの形が『』です。漢字の部首は『・ボク)』、漢字の意味は『うらなう』、『はがれる』、『割れる』です。この『(ボク)』が漢字の元になりました。いわゆる甲骨文字です。この字形を『文(ボクブン)』といっています。

 文字・書体の話をしましょう。殷王朝時代に公的行事を決定するために亀甲(キッコウ・かめの甲羅)や獣骨(ジュウコツ・けものの骨)を焼き、その占ないの結果について、刻みつけた文字を甲骨文字・文(ボクブン)といいます。

殷王朝から周王朝にかけて、(かなえ)などの青銅器に刻みつけた文字を金石文・金文(キンブン)といいます。

Photo_19

秦の時代に始皇帝が宰相李斯(リシ)に命じて統一させた漢字を篆文(テンブン)といいます。

篆文(テンブン)は装飾性が強く、曲線が多く書きづらいので、簡略化した漢字の書体、隷書(レイショ)が秦の時代から漢の時代に官僚たちの間で使われるようになりました。

漢の時代に、隷書(レイショ)を更に簡略化した漢字の書体を楷書(カイショ)がつくられました。現在使われている字体です。

 漢字の運用の問題で、常用漢字体(敗戦当時は当用漢字と言いました)というのがあります。一般的に使う漢字の数・書体を常用漢字(当用漢字)として国で制限しました。このときに正式な書類では使わない省略形の漢字を登録しました。今の常用漢字体です。例えば『軽』は省略形の漢字で、正式な漢字は『輕』です。常用漢字として『軽』を登録したので正式な漢字は『輕』は使われなくなりました。常用漢字は義務教育で習います。

 音読みは呉音・漢音とも『ホク』ですが、慣用音の『ボク』を使います。訓読みは『う(うらな)う』です。『う』は『占う』とも書きます。文の言葉を辞(ボクジ)、占うことが占(ボクセン)、人相を占うことを相(ボクソウ)、占う部署の人達を部(うらベ)と言います。漢字の部首は『・ボク』です。『』は常用漢字でないため、同じ意味で常用漢字の『(セン・うらなう)』方が良く使われます。

映像では、こんな感じです。

Photo_2

占(うらな)うについては『漢字の覚え方 占』をご覧ください。

 『(ボク)』poは、木(きへん・樹木)に(剥がれる)を足したものです。漢字の足し算では、木(樹木)+(剥がれる)=(皮を剥いだだけの木・素朴な状態)です。漢字の部首は『木・きへん』です。意味は『素朴』、『(ほお)』です。

(ほお)』は植物の『ほおのき』を指します。剥いだ皮を昔薬用に使ったからです。葉の長さは30cmと大きく、味噌を焼くのに使います。花は黄色のさした白です。ただし中国では『えのき』を指します。植物、魚は違う種類のものを指すことがよくあります。

映像ではこんな感じです。

Photo_2

音読みは呉音が『ホク』、漢音が『ハク』、慣用音が『ボク』です。訓読みは『ほお』です。素(ソボク)、質(シツボク)、葉味噌(ほおばミソ)のです。は人名用漢字です。

 『(ボク・フ)』puは、イ(にんべん・人)に(剥がれる・割れる)を足したものです。人が剥がれるで『れる』(たおれる)の意味に使います。漢字の足し算では、イ(にんべん・人)+(剥がれる・割れる)=(人がパタリと割れるように倒れる)です。部首は『イ・にんべん』です。

Photo_3

音読みは『ボク・フ』、訓読みは『れる(たおれる)』です。顚(テンボク・テン)は転んで仆れる事。偃(エン)はれ伏すことです。『』は常用漢字ではありません。従って『たおれる』は『倒れる』の漢字を使うのが普通です。倒れて死ぬ場合は『斃れる』です。

倒(たお)れるについては『漢字の覚え方 到』をご覧ください。

 『(フ)』fuは、言(ごんべん・言葉)に卜・仆(たおれる)を足したものです。人が亡くなったという知らせです。漢字の足し算では、言(言葉)+(たおれる)=(人が亡くなった知らせ)です。漢字の部首は『言・ごんべん』です。

Photo_4

報(フホウ)、音(フオン)のです。『』は常用漢字ではありませんでしたが、平成22年に新たに常用漢字に追加され、中学校で習う漢字になりました。

常用漢字は広く使われる漢字として、義務教育期間に習う漢字です。漢字の使用に制限を加えようとする人達が亡くなられたため、平成22年の改定で一気に196字が追加されました。しかし漢字は足し算であることを知っていれば別に困ることはありません。は一緒に覚えて使い分ければ良いのです。

 『・おもむく)』fuは、走(そうにょう・走る)に(たおれる)を足したものです。亡くなった人のことは、各地に知らせる必要があります。電話が無かった昔は、報(フホウ)を急いで(走って)各地に運んだのです。やがて、訃の部分の意味が失われ、正式にある場所からある場所に移動することを『く(おもむく)』というようになりました。

Photo

漢字の足し算では、走(そうにょう・走る)+(人が亡くなった知らせ)=(あるところまで急いで行。赴く)です。漢字の部首は『走・そうにょう』です。

音読みは呉音・漢音ともに『』、訓読みは『く(おもむく)』です。任(フニン)は任地に(急いで)行くことです。弔問に来た客を客(フキャク)と言います。『』は中学校で習う常用漢字です。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-0eb6.html

『漢字の覚え方 卜』     

少し練習しましょう。

1.人相を うらな(  )う。

2.ほお (  )葉味噌。

3.そぼく(    )な人柄。

4.しつぼく (    )な人物。

5.病に たお (  )れる。

6.ふほう (    )に接する。

7. 新しい任地に おもむ(  )く。

8. 単身 ふにん (    )する。

解説です。卜うには基本漢字の『』、素朴、質朴、植物には木の『』、仆れるにイを足して『』、知らせには言を足して『』、移動には走を足して『』を使い分けて下さい。

解答です。卜う、う、素朴、質れる、仆れる、報、任。

少し漢字の成り立ちの話をしましょう。最古の辞書は後漢(西暦100年頃)の許慎(キョシン)の「説文解字(セツモンカイジ)」です。許慎はその中で漢字について六種の原理を説明しています。これを『六書(リクショ)』といいます。六種類のうち四種類は漢字の成り立ちについて、残りの二種類は漢字の使用法についてしるしています。

彼は、漢字の成り立ちを、物の形に象った(かたどった)『象形文字』(ショウケイモジ)、象形文字を基に点を打つことにより示された『指事文字』(シジモジ)、文字を組み合わせた『会意文字』(カイイモジ)、意味と音・声を示す文字を組み合わせた『形声文字』(ケイセイモジ)の四種類に分類しました。

』は占ないのひびを象った(かたどった)文字なので『象形文字』です。『』は木に卜、『』は亻に卜、『』を言に卜、『』は走るに卜を組み合わせた文字です。『(ボク・フ)』の音・声(音符)含みますから『形声文字』です。

漢字の殆どはこの『形声文字』です。漢字が足し算であるというのは、この漢字の成り立ちに関わっています。『形声文字』は音・声(音読み)が同じなので、音・声(音読み)を基にして足し算で、漢字を覚えようという根拠はここにあります。

その他のカテゴリー

ア行(ア ) | ア行(イ ) | ア行(イチ・イツ) | ア行(イン) | ア行(ウ) | ア行(エ ) | ア行(エ )・カ行(カイ) | ア行(エイ) | ア行(エン )・タ行(タン) | ア行(エン・オン) | ア行(エン) | ア行(オ ) | カ行(カ )  | カ行(カイ) | カ行(カク) | カ行(カツ) | カ行(カン) | カ行(カ・ケ) | カ行(ガ ) | カ行(ガン) | カ行(キ ) | カ行(キュウ) | カ行(キョウ・ケイ) | カ行(キョウ・コウ) | カ行(キョウ) | カ行(キョク) | カ行(キョ) | カ行(キン) | カ行(ギ ) | カ行(ギョ) | カ行(ク ) | カ行(ク・コウ) | カ行(ケ ) | カ行(ケイ) | カ行(ケン) | カ行(ケ・カイ) | カ行(ケ・キ) | カ行(コ ) | カ行(コウ) | カ行(コン) | カ行(ゴ ) | サ行(サ ) | サ行(サイ・セイ ) | サ行(サン) | サ行(シ ) | サ行(シ ) | サ行(シキ・ショク) | サ行(シチ・シツ) | サ行(シャ ) | サ行(シャク・セキ) | サ行(シュウ) | サ行(シュ) | サ行(ショウ・セイ) | サ行(ショウ) | サ行(ショ) | サ行(シン) | サ行(ジ ) | サ行(ジャク) | サ行(ジュウ) | サ行(ジョウ) | サ行(ジン)・ ナ行(ニン) | サ行(ジ)・ナ行(ニ) | サ行(ス・ズ ) | サ行(セ ) | サ行(セン) | サ行(ゼン) | サ行(ソ ) | サ行(ソウ) | サ行(ソク・ショク) | タ行(タ ) | タ行(タン) | タ行(チ ) | タ行(チュウ) | タ行(チョウ) | タ行(ツ ) | タ行(テ ) | タ行(ト ) | タ行(トウ) | タ行(ドウ) | タ行(ドウ)・ナ行(ノウ) | ナ行 | ナ行(ニン)・サ行(ジン) | ナ行(ニ)・サ行(ジ) | ナ行(ノウ)・タ行(ドウ) | ハ行(ブ)・マ行(ム) | ハ行(ハ ) | ハ行(ハン) | ハ行(ヒ ) | ハ行(ヒョウ・ヘイ ) | ハ行(ビ)・マ行(ミ) | ハ行(フ ) | ハ行(フン ) | ハ行(ブン ) | ハ行(ヘ ) | ハ行(ホ ) | ハ行(ボ ) | マ行 | マ行(メイ・ミョウ) | マ行(メン)・ハ行(バン・ベン) | マ行(メ・マ)・ハ行(バ) | マ行(モン) | ヤ行 | ヤ行(ユ) | ヤ行(ヨウ) | ラ行 | ラ行(リ ) | ラ行(リュウ ) | ラ行(リン) | ラ行(レイ) | ラ行(レン) | ラ行(ロウ) | ラ行(ロク) | ワ行 | 中学校で習う漢字 | 呉音と漢音 | 小学校1年生で習う漢字 | 小学校2年生で習う漢字 | 小学校3年生で習う漢字 | 小学校4年生で習う漢字 | 小学校5年生で習う漢字 | 小学校6年生で習う漢字 | 小学校で習う漢字 | 小説『明暗そのあと』 | 漢字 のエッセイ | 漢字 参考図書 | 漢字 音読み索引(ア行) | 漢字 音読み索引(カ行) | 漢字 音読み索引(サ行) | 漢字 音読み索引(タ行) | 漢字 音読み索引(ナ行) | 漢字 音読み索引(ハ行) | 漢字 音読み索引(マ行) | 漢字 音読み索引(ヤ行) | 漢字 音読み索引(ラ行) | 漢字 音読み索引(ワ行) | 漢字・訓読み索引(あ行) | 漢字・訓読み索引(か行) | 漢字・訓読み索引(さ行) | 漢字・訓読み索引(た行) | 漢字・訓読み索引(な行) | 漢字・訓読み索引(は行) | 漢字・訓読み索引(ま行) | 漢字・訓読み索引(や行) | 漢字・訓読み索引(ら行) | 漢字・訓読み索引(わ行) | 漢字練習問題(中学生) | 部首索引 虫(むし) | 部首索引 魚(うお・さかな)

カテゴリー

  • ア行(ア )
    漢字の覚え方 亜           漢字の覚え方 愛           漢字の覚え方 安          
  • ア行(イ )
    漢字の覚え方 異           漢字の覚え方 易           漢字の覚え方 胃           漢字の覚え方 殹           漢字の覚え方 以           漢字の覚え方 衣           漢字の覚え方 韋           漢字の覚え方 育          
  • ア行(イチ・イツ)
    漢字の覚え方 一           漢字の覚え方 聿          
  • ア行(イン)
    漢字の覚え方 寅           漢字の覚え方 印           漢字の覚え方 因           漢字の覚え方 員           漢字の覚え方 音・意        
  • ア行(ウ)
    漢字の覚え方 羽           漢字の覚え方 雨           漢字の覚え方 右           漢字の覚え方 于・夸        漢字の覚え方 云           漢字の覚え方 昷            
  • ア行(エ )
    漢字の覚え方 易           漢字の覚え方 睪            漢字の覚え方 兌            漢字の覚え方 戉           漢字の覚え方 益          
  • ア行(エ )・カ行(カイ)
    漢字の覚え方 回           漢字の覚え方 会・會         漢字の覚え方 褱・懐        
  • ア行(エイ)
    漢字の覚え方 嬰           漢字の覚え方 熒・         漢字の覚え方 殹           漢字の覚え方 央           漢字の覚え方 永          
  • ア行(エン )・タ行(タン)
    漢字の覚え方 彖           漢字の覚え方 爰           漢字の覚え方 延           漢字の覚え方 炎          
  • ア行(エン・オン)
    漢字の覚え方 袁           漢字の覚え方 夗          
  • ア行(エン)
    漢字の覚え方 肙           漢字の覚え方 厭           漢字の覚え方 寅           漢字の覚え方 㕣           漢字の覚え方 燕          
  • ア行(オ )
    漢字の覚え方 王           漢字の覚え方 奥           漢字の覚え方 屋           漢字の覚え方 乙           漢字の覚え方 音・意         漢字の覚え方 央           漢字の覚え方 区・殴         漢字の覚え方 昷          
  • カ行(カ ) 
    漢字の覚え方 賈           漢字の覚え方 火           漢字の覚え方 咼           漢字の覚え方 禾           漢字の覚え方 可           漢字の覚え方 果          
  • カ行(カイ)
    漢字の覚え方 海           漢字の覚え方 夬           漢字の覚え方 介           漢字の覚え方 皆          
  • カ行(カク)
    漢字の覚え方 矍           漢字の覚え方 殻           漢字の覚え方 角           漢字の覚え方 革           漢字の覚え方 隺           漢字の覚え方 画           漢字の覚え方 各          
  • カ行(カツ)
    漢字の覚え方 害           漢字の覚え方 舌           漢字の覚え方 曷          
  • カ行(カン)
    漢字の覚え方 ・巻         漢字の覚え方 監           漢字の覚え方 柬           漢字の覚え方 咸           漢字の覚え方 漢           漢字の覚え方 官           漢字の覚え方 間           漢字の覚え方 甘           漢字の覚え方 雚           漢字の覚え方 毌・串         漢字の覚え方 干           漢字の覚え方 奐          
  • カ行(カ・ケ)
    漢字の覚え方 叚           漢字の覚え方 夏           漢字の覚え方 家           漢字の覚え方 化           漢字の覚え方 加          
  • カ行(ガ )
    漢字の覚え方 画           漢字の覚え方 我・義         漢字の覚え方 牙           漢字の覚え方 亥           漢字の覚え方 害           漢字の覚え方 楽           漢字の覚え方 学           漢字の覚え方 月          
  • カ行(ガン)
    漢字の覚え方 厂           漢字の覚え方 元          
  • カ行(キ )
    漢字の覚え方 貴           漢字の覚え方 葵           漢字の覚え方 几           漢字の覚え方 吉           漢字の覚え方 其           漢字の覚え方 奇          
  • カ行(キュウ)
    漢字の覚え方 丘           漢字の覚え方 丩           漢字の覚え方 弓           漢字の覚え方 求           漢字の覚え方 及・急         漢字の覚え方 九           
  • カ行(キョウ・ケイ)
    漢字の覚え方 开・形         漢字の覚え方 京           漢字の覚え方 兄・竟         漢字の覚え方 敬           漢字の覚え方 巠           
  • カ行(キョウ・コウ)
    漢字の覚え方 郷           漢字の覚え方 孝           漢字の覚え方 爻・交         漢字の覚え方 庚           漢字の覚え方 幸           漢字の覚え方 更           漢字の覚え方 行          
  • カ行(キョウ)
    漢字の覚え方 敫           漢字の覚え方 劦           漢字の覚え方 喬           漢字の覚え方 共           漢字の覚え方 凶          
  • カ行(キョク)
    漢字の覚え方 極            漢字の覚え方 局            漢字の覚え方 曲          
  • カ行(キョ)
    漢字の覚え方 巨           漢字の覚え方 豦           漢字の覚え方 去          
  • カ行(キン)
    漢字の覚え方 匀           漢字の覚え方 堇           漢字の覚え方 斤           漢字の覚え方 禁           漢字の覚え方 今          
  • カ行(ギ )
    漢字の覚え方 屰           漢字の覚え方 疑           漢字の覚え方 牛           漢字の覚え方 堯          
  • カ行(ギョ)
    漢字の覚え方 魚          
  • カ行(ク )
    漢字の覚え方 句           漢字の覚え方 九           漢字の覚え方 区・殴         漢字の覚え方 屈           漢字の覚え方 禺           漢字の覚え方 具           漢字の覚え方 君           漢字の覚え方 軍          
  • カ行(ク・コウ)
    漢字の覚え方 侯           漢字の覚え方 口           漢字の覚え方 后           漢字の覚え方 冓           漢字の覚え方 公           漢字の覚え方 工          
  • カ行(ケ )
    漢字の覚え方 穴           漢字の覚え方 夬           漢字の覚え方 血           漢字の覚え方 埶          
  • カ行(ケイ)
    漢字の覚え方 恵           漢字の覚え方 系           漢字の覚え方 圭           漢字の覚え方 奚           漢字の覚え方 携・攜        
  • カ行(ケン)
    漢字の覚え方 臤           漢字の覚え方 兼           漢字の覚え方 肙           漢字の覚え方 犬           漢字の覚え方 ・巻         漢字の覚え方 幵           漢字の覚え方 建           漢字の覚え方 見           漢字の覚え方 間           漢字の覚え方 僉           漢字の覚え方 県          
  • カ行(ケ・カイ)
    漢字の覚え方 戒           漢字の覚え方 解          
  • カ行(ケ・キ)
    漢字の覚え方 希           漢字の覚え方 幾           漢字の覚え方 气          
  • カ行(コ )
    漢字の覚え方 乎           漢字の覚え方 賈           漢字の覚え方 壴           漢字の覚え方 戸           漢字の覚え方 己           漢字の覚え方 古            漢字の覚え方 夸           漢字の覚え方 谷           漢字の覚え方 告           漢字の覚え方 骨          
  • カ行(コウ)
    漢字の覚え方 甲           漢字の覚え方 厷           漢字の覚え方 亘           漢字の覚え方 岡           漢字の覚え方 光           漢字の覚え方 高            漢字の覚え方 丂            漢字の覚え方 亢            漢字の覚え方 黄・広         
  • カ行(コン)
    漢字の覚え方 困           漢字の覚え方 艮           漢字の覚え方 今           漢字の覚え方 昆          
  • カ行(ゴ )
    漢字の覚え方 五・語         漢字の覚え方 呉           漢字の覚え方 午・御         漢字の覚え方 合            漢字の覚え方 卬          
  • サ行(サ )
    漢字の覚え方 坐           漢字の覚え方 采           漢字の覚え方 左・尋         漢字の覚え方 才            漢字の覚え方 卒           漢字の覚え方 祭           漢字の覚え方 乍           漢字の覚え方 冊          
  • サ行(サイ・セイ )
    漢字の覚え方 斉           漢字の覚え方 歳           漢字の覚え方 妻           漢字の覚え方 西          
  • サ行(サン)
    漢字の覚え方 参           漢字の覚え方 散           漢字の覚え方 戔           漢字の覚え方 算           漢字の覚え方 山           漢字の覚え方 三          
  • サ行(シ )
    漢字の覚え方 豕           漢字の覚え方 死           漢字の覚え方 師           漢字の覚え方 朿           漢字の覚え方 厶・台         漢字の覚え方 子           漢字の覚え方 思           漢字の覚え方 氏           漢字の覚え方 至           漢字の覚え方 止          
  • サ行(シ )
    漢字の覚え方 糸           漢字の覚え方 矢           漢字の覚え方 示           漢字の覚え方 市           漢字の覚え方 四           漢字の覚え方 旨           漢字の覚え方 支           漢字の覚え方 司           漢字の覚え方 史           漢字の覚え方 次           漢字の覚え方 士           漢字の覚え方 志        
  • サ行(シキ・ショク)
    漢字の覚え方 食           漢字の覚え方 戠           漢字の覚え方 式          
  • サ行(シチ・シツ)
    漢字の覚え方 失           漢字の覚え方 質           漢字の覚え方 七          
  • サ行(シャ )
    漢字の覚え方 車           漢字の覚え方 舎           漢字の覚え方 者           漢字の覚え方 射           漢字の覚え方 勺          
  • サ行(シャク・セキ)
    漢字の覚え方 席            漢字の覚え方 尺           漢字の覚え方 赤           漢字の覚え方 石           漢字の覚え方 責           漢字の覚え方 夕           漢字の覚え方 昔          
  • サ行(シュウ)
    漢字の覚え方 乑           漢字の覚え方 舟・受         漢字の覚え方 州            漢字の覚え方 習           漢字の覚え方 秋           漢字の覚え方 秀           漢字の覚え方 周            漢字の覚え方 祝・呪         漢字の覚え方 就          
  • サ行(シュ)
    漢字の覚え方 手           漢字の覚え方 殳           漢字の覚え方 朱           漢字の覚え方 守           漢字の覚え方 首           漢字の覚え方 主           漢字の覚え方 取           漢字の覚え方 出           漢字の覚え方 宿           漢字の覚え方 屯・春         漢字の覚え方 舜          
  • サ行(ショウ・セイ)
    漢字の覚え方 成           漢字の覚え方 青           漢字の覚え方 生           漢字の覚え方 正          
  • サ行(ショウ)
    漢字の覚え方 象           漢字の覚え方 小            漢字の覚え方 召           漢字の覚え方 尚           漢字の覚え方 章           漢字の覚え方 爿           漢字の覚え方 昌           漢字の覚え方 詳・善        
  • サ行(ショ)
    漢字の覚え方 庶           漢字の覚え方 処           
  • サ行(シン)
    漢字の覚え方 兂           漢字の覚え方 眞            漢字の覚え方 心           漢字の覚え方 囟(田)        漢字の覚え方 申           漢字の覚え方 辰           漢字の覚え方 辛・新         漢字の覚え方 深・探         漢字の覚え方 帚・侵        
  • サ行(ジ )
    漢字の覚え方 茲            漢字の覚え方 寺           漢字の覚え方 自           漢字の覚え方 舟・受         漢字の覚え方 孰           漢字の覚え方 朮           漢字の覚え方 女            漢字の覚え方 尽          
  • サ行(ジャク)
    漢字の覚え方 若            漢字の覚え方 弱           
  • サ行(ジュウ)
    漢字の覚え方 重           漢字の覚え方 从、縱         漢字の覚え方 十          
  • サ行(ジョウ)
    漢字の覚え方 襄           漢字の覚え方 丞           漢字の覚え方 乗           漢字の覚え方 成           
  • サ行(ジン)・ ナ行(ニン)
    漢字の覚え方 人           漢字の覚え方 壬           漢字の覚え方 刃          
  • サ行(ジ)・ナ行(ニ)
    漢字の覚え方 耳           漢字の覚え方 二           漢字の覚え方 爾          
  • サ行(ス・ズ )
    漢字の覚え方 水           漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 隹            漢字の覚え方 垂           漢字の覚え方 芻           漢字の覚え方 寸           漢字の覚え方 豆          
  • サ行(セ )
    漢字の覚え方 世           漢字の覚え方 是           漢字の覚え方 制           漢字の覚え方 卩・節         漢字の覚え方 折           漢字の覚え方 舌           漢字の覚え方 詳・善        
  • サ行(セン)
    漢字の覚え方 巽           漢字の覚え方 前           漢字の覚え方 先           漢字の覚え方 宣           漢字の覚え方 専           漢字の覚え方 戔           漢字の覚え方 扇           漢字の覚え方 全           漢字の覚え方 占           漢字の覚え方 川           漢字の覚え方 薦           漢字の覚え方 泉          
  • サ行(ゼン)
    漢字の覚え方 然           漢字の覚え方 全          
  • サ行(ソ )
    漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 疋           漢字の覚え方 卒           漢字の覚え方 且           漢字の覚え方 象           漢字の覚え方 蔵           漢字の覚え方 則           漢字の覚え方 尊          
  • サ行(ソウ)
    漢字の覚え方 匆           漢字の覚え方 忩           漢字の覚え方 倉           漢字の覚え方 爪           漢字の覚え方 送           漢字の覚え方 相           漢字の覚え方 早           漢字の覚え方 曾           漢字の覚え方 喿           漢字の覚え方 帚・侵        
  • サ行(ソク・ショク)
    漢字の覚え方 蜀           漢字の覚え方 足           漢字の覚え方 束          
  • タ行(タ )
    漢字の覚え方 多           漢字の覚え方 㒸           漢字の覚え方 帶           漢字の覚え方 大           漢字の覚え方 退           漢字の覚え方 它・也         漢字の覚え方 弟           漢字の覚え方 厶・台         漢字の覚え方 代           漢字の覚え方 卓           漢字の覚え方 睪          
  • タ行(タン)
    漢字の覚え方 旦           漢字の覚え方 詹           漢字の覚え方 深・探         漢字の覚え方 単          
  • タ行(チ )
    漢字の覚え方 离           漢字の覚え方 知           漢字の覚え方 畜           漢字の覚え方 竹           漢字の覚え方 宁           漢字の覚え方 直           漢字の覚え方 朕・藤        
  • タ行(チュウ)
    漢字の覚え方 壴           漢字の覚え方 肘            漢字の覚え方 中          
  • タ行(チョウ)
    漢字の覚え方 枼           漢字の覚え方 鳥           漢字の覚え方 朝           漢字の覚え方 長           漢字の覚え方 丁           漢字の覚え方 兆          
  • タ行(ツ )
    漢字の覚え方 㒸           漢字の覚え方 追          
  • タ行(テ )
    漢字の覚え方 帝           漢字の覚え方 氐           漢字の覚え方 廷           漢字の覚え方 呈           漢字の覚え方 弟           漢字の覚え方 啇           漢字の覚え方 占           漢字の覚え方 天           漢字の覚え方 田          
  • タ行(ト )
    漢字の覚え方 㝵           漢字の覚え方 奴           漢字の覚え方 度           漢字の覚え方 土           漢字の覚え方 屯          
  • タ行(トウ)
    漢字の覚え方 刀           漢字の覚え方 沓           漢字の覚え方 冬           漢字の覚え方 東           漢字の覚え方 朕・藤         漢字の覚え方 到           漢字の覚え方 豆          
  • タ行(ドウ)
    漢字の覚え方 童           漢字の覚え方 同          
  • タ行(ドウ)・ナ行(ノウ)
    漢字の覚え方 能           漢字の覚え方 脳           漢字の覚え方 農          
  • ナ行
    漢字の覚え方 奴           漢字の覚え方 南           漢字の覚え方 女            漢字の覚え方 内           漢字の覚え方 然           漢字の覚え方 念          
  • ナ行(ニン)・サ行(ジン)
    漢字の覚え方 人           漢字の覚え方 壬           漢字の覚え方 刃          
  • ナ行(ニ)・サ行(ジ)
    漢字の覚え方 耳           漢字の覚え方 二           漢字の覚え方 爾             
  • ナ行(ノウ)・タ行(ドウ)
    漢字の覚え方 能           漢字の覚え方 農           漢字の覚え方 脳          
  • ハ行(ブ)・マ行(ム)
    漢字の覚え方 武          
  • ハ行(ハ )
    漢字の覚え方 巴           漢字の覚え方 巿           漢字の覚え方 派           漢字の覚え方 配・妃         漢字の覚え方 貝・買         漢字の覚え方 白           漢字の覚え方 莫           漢字の覚え方 癶          
  • ハ行(ハン)
    漢字の覚え方 般           漢字の覚え方 犯・氾         漢字の覚え方 八・半         漢字の覚え方 反           漢字の覚え方 番          
  • ハ行(ヒ )
    漢字の覚え方 非           漢字の覚え方 皮           漢字の覚え方 辟           漢字の覚え方 比           漢字の覚え方 備           漢字の覚え方 必           漢字の覚え方 表           漢字の覚え方 票           漢字の覚え方 苗           漢字の覚え方 品          
  • ハ行(ヒョウ・ヘイ )
    漢字の覚え方 平           漢字の覚え方 丙          
  • ハ行(ビ)・マ行(ミ)
    漢字の覚え方 尾           漢字の覚え方 未          
  • ハ行(フ )
    漢字の覚え方 付           漢字の覚え方 夫           漢字の覚え方 父           漢字の覚え方 不           漢字の覚え方 孚           漢字の覚え方 卜           漢字の覚え方 畐           漢字の覚え方 复           漢字の覚え方 弗              
  • ハ行(フン )
    漢字の覚え方 賁           漢字の覚え方 勿           漢字の覚え方 八・分        
  • ハ行(ブン )
    漢字の覚え方 文           漢字の覚え方 分          
  • ハ行(ヘ )
    漢字の覚え方 並           漢字の覚え方 辟           漢字の覚え方 扁          
  • ハ行(ホ )
    漢字の覚え方 呆           漢字の覚え方 甫           漢字の覚え方 丰           漢字の覚え方 奉           漢字の覚え方 方           漢字の覚え方 包           漢字の覚え方 北           漢字の覚え方 賁           漢字の覚え方 本          
  • ハ行(ボ )
    漢字の覚え方 母           漢字の覚え方 暴           漢字の覚え方 亡           漢字の覚え方 卯           漢字の覚え方 卜          
  • マ行
    漢字の覚え方 矛           漢字の覚え方 米           漢字の覚え方 莫           漢字の覚え方 末           漢字の覚え方 末           漢字の覚え方 綿           漢字の覚え方 毛           漢字の覚え方 孟           漢字の覚え方 勿          
  • マ行(メイ・ミョウ)
    漢字の覚え方 明           漢字の覚え方 名          
  • マ行(メン)・ハ行(バン・ベン)
    漢字の覚え方 面           漢字の覚え方 免          
  • マ行(メ・マ)・ハ行(バ)
    漢字の覚え方 馬           漢字の覚え方 麻         
  • マ行(モン)
    漢字の覚え方 文           漢字の覚え方 門          
  • ヤ行
    漢字の覚え方 亦・夜         漢字の覚え方 予           漢字の覚え方 余           漢字の覚え方 谷          
  • ヤ行(ユ)
    漢字の覚え方 兪           漢字の覚え方 攸           漢字の覚え方 憂           漢字の覚え方 由           漢字の覚え方 斿           漢字の覚え方 酉           漢字の覚え方 右          
  • ヤ行(ヨウ)
    漢字の覚え方 幺           漢字の覚え方 夭           漢字の覚え方 翟           漢字の覚え方 枼           漢字の覚え方 羊           漢字の覚え方 䍃・揺         漢字の覚え方 用           漢字の覚え方 昜           漢字の覚え方 要          
  • ラ行
    漢字の覚え方 果           漢字の覚え方 戻           漢字の覚え方 来           漢字の覚え方 礼・豊         漢字の覚え方 剌           漢字の覚え方 楽           漢字の覚え方 闌           漢字の覚え方 秝           漢字の覚え方 列           漢字の覚え方 盧          
  • ラ行(リ )
    漢字の覚え方 离           漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 利            漢字の覚え方 里           漢字の覚え方 良           漢字の覚え方 令           漢字の覚え方 量           漢字の覚え方 両           漢字の覚え方 力              
  • ラ行(リュウ )
    漢字の覚え方 立           漢字の覚え方 留           漢字の覚え方 流          
  • ラ行(リン)
    漢字の覚え方 侖           漢字の覚え方 粦           漢字の覚え方 林          
  • ラ行(レイ)
    漢字の覚え方 戻           漢字の覚え方 礼・豊         漢字の覚え方 令          
  • ラ行(レン)
    漢字の覚え方 柬           漢字の覚え方 連          
  • ラ行(ロウ)
    漢字の覚え方 老           漢字の覚え方 良          
  • ラ行(ロク)
    漢字の覚え方 彔           漢字の覚え方 六          
  • ワ行
    漢字の覚え方 或           漢字の覚え方 夗          
  • 中学校で習う漢字
    中学校1年生で習う漢字       中学校2年生で習う漢字       中学校3年生で習う漢字      
  • 呉音と漢音
    呉音と漢音               
  • 小学校1年生で習う漢字
    小学校1年生で習う漢字①     小学校1年生で習う漢字②    
  • 小学校2年生で習う漢字
    小学校2年生で習う漢字①     小学校2年生で習う漢字②     小学校2年生で習う漢字③     小学校2年生で習う漢字④    
  • 小学校3年生で習う漢字
    小学校3年生で習う漢字①      小学校3年生で習う漢字②     小学校3年生で習う漢字③     小学校3年生で習う漢字④    
  • 小学校4年生で習う漢字
    小学校4年生で習う漢字①      小学校4年生で習う漢字②     小学校4年生で習う漢字③     小学校4年生で習う漢字④    
  • 小学校5年生で習う漢字
    小学校5年生で習う漢字①      小学校5年生で習う漢字②     小学校5年生で習う漢字③     小学校5年生で習う漢字④    
  • 小学校6年生で習う漢字
    小学校6年生で習う漢字①      小学校6年生で習う漢字②     小学校6年生で習う漢字③     小学校6年生で習う漢字④    
  • 小学校で習う漢字
    小学校で習う漢字 天地人      小学校で習う漢字 上下左右    小学校で習う漢字 父母姉妹兄弟    小学校で習う漢字 春夏秋冬    小学校で習う漢字 一~十      小学校で習う漢字 東西南北   
  • 小説『明暗そのあと』
    百八十九                百九十                 百九十一                百九十二                百九十三                百九十四                百九十五                百九十六                百九十七                百九十八                百九十九                二百               
  • 漢字 のエッセイ
    象形・指事・会意・形声 一年生  象形・指事・会意・形声 二年生  象形・指事・会意・形声 三年生  象形・指事・会意・形声 四年生  象形・指事・会意・形声 五年生  象形・指事・会意・形声 六年生  漢字でみるヤナギの分類      落語 空き巣             
  • 漢字 参考図書
  • 漢字 音読み索引(ア行)
  • 漢字 音読み索引(カ行)
  • 漢字 音読み索引(サ行)
  • 漢字 音読み索引(タ行)
  • 漢字 音読み索引(ナ行)
  • 漢字 音読み索引(ハ行)
  • 漢字 音読み索引(マ行)
  • 漢字 音読み索引(ヤ行)
  • 漢字 音読み索引(ラ行)
  • 漢字 音読み索引(ワ行)
  • 漢字・訓読み索引(あ行)
  • 漢字・訓読み索引(か行)
  • 漢字・訓読み索引(さ行)
  • 漢字・訓読み索引(た行)
  • 漢字・訓読み索引(な行)
  • 漢字・訓読み索引(は行)
  • 漢字・訓読み索引(ま行)
  • 漢字・訓読み索引(や行)
  • 漢字・訓読み索引(ら行)
  • 漢字・訓読み索引(わ行)
  • 漢字練習問題(中学生)
    練習問題1-1(書き)         練習問題1-1(読み)         練習問題1-2(書き)         練習問題1-2(読み)         練習問題1-3(書き)         練習問題1-3(読み)         練習問題1-4(書き)         練習問題1-4(読み)         練習問題1-5(書き)         練習問題1-5(読み)        
  • 部首索引 虫(むし)
  • 部首索引 魚(うお・さかな)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ