サ行(ソウ)

漢字の覚え方 匆           漢字の覚え方 忩           漢字の覚え方 倉           漢字の覚え方 爪           漢字の覚え方 送           漢字の覚え方 相           漢字の覚え方 早           漢字の覚え方 曾           漢字の覚え方 喿           漢字の覚え方 帚・侵        

2016年1月17日 (日)

漢字の覚え方 忩・悤

今日は『忩・(ソウ)』cōngという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ソウ』、意味は『まど』、『あわてる』、『まとめる』です。()、()、)、)などがこの漢字の『単語家族』です。 正字はですが、省略形のが多く使われます。

(ソウ・まど)』cōngの原字は『(ソウ・まど)』cōngで、もとを糺(ただ)すと『(ソウ・まど)』cōng http://bit.ly/1VI133l と同じになります。なので、(ソウ)の『単語家族』と(ソウ)の『単語家族』とは兄弟関係にあります。

Photo_5

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で5年生で、は6年生、は人名用漢字です。一緒に覚えましょう。

 『忩・(ソウ)』cōngは、窓に空気がまとめて通る様子・あわてる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、囱(まど)+心(心の動き)=忩・(窓に空気がまとめて通る。窓。まど)です。漢字の部首は『心・こころ』、漢字の意味は『悤(まど)』、『あわてる』です。

Photo_6

漢字の部首としては『まとめる』、『突き抜ける』などの意味があります。ほぼ同じ漢字に(ソウ)http://bit.ly/1VI133l があります。

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』です。『忩・悤(ソウ)』を単独で使うことはありませんが、()、)、)の漢字の一部になっています。

は常用漢字から外れています。

 『(ソウ)』chuāngは、窓を表す形声文字です。漢字の足し算では、穴(あな・明かりや空気を通す)+(まど)=窓・(明かりや空気を通す窓。まど)です。漢字の部首は『穴・あなかんむり』、漢字の意味は『明かりや空気を通す窓』、『窓(まど)』、『勉強する部屋』です。

Photo_7

常用漢字体のを使います。異体字に『(ソウ)』があります。

音読みは呉音が『ソウ』、漢音が『ソウ(サウ)』、訓読みが『窓(まど)』です。列車の窓を車(シャソウ)、同じ部屋で勉強した仲間を同(ドウソウ)といいます。

は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1rMjElI です。

 『(ソウ)』zǒngは、糸をまとめて束(たば)ねた様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸+(まとめる)=総・總(糸をまとめて束(たば)ねる。総て。すべて)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、漢字の意味は『束ねる』、『まとめる』、『総(すべ)て』、『ふさ』です。

Photo_16

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』、訓読みが『総(すべ)て』、『総(ふさ)』です。個々の物を一つにまとめることを合(ソウゴウ)、全体を統一して管理すること・またその大臣を理(ソウリ)、組織全員による会合を会(ソウカイ)といいます。

常用漢字体のを使います。台灣(タイワン)では正字を使っています。ですから台灣(タイワン)の政治的指導者は統(ソウトウ)と表記します。

ほぼ同じ意味の漢字に『(ソウ)』zong があります。異体字として扱うのが一般的ですが、本ブログでは字形から漢字を覚えることに重点をおくため、別章http://bit.ly/1VI133l にしてあります。御了承下さい。

良い意味の漢字で『のぶ』、『みち』と名前に使われます。

は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1Dp5GoH です。

 『(ソウ)』cōngは、聡(さと)い様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、耳(みみ・聞く)+(突き抜ける・通りが良い)=聡・聰(耳に通りが良い。良く解かる。聡い)です。漢字の部首は『耳・みみへん』、漢字の意味は『聡(さと)い』です。

Photo_8

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』、訓読みが『聡(さと)い』です。話が良く聞こえ、物が良く見えることを明(ソウメイ)、賢くて智慧(チエ)のあることをを智(ソウチ)といいます。

聖徳太子(ショウトクタイシ)は多くの人の言葉を漏らさず聞きとり、的確な答えを返したとされていて、豊耳(とよみみ・とよさとみみ)という名前をお持ちです。

非常に縁起の良い漢字で『あき』、『あきら』、『さ』、『さと』、『さとし』、『さとる』、『ただし』、『と』、『とき』、『とし』、『とみ』と名前に使われます。

は人名用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-c4b4.html

http://bit.ly/1RppHqp 『漢字の覚え方 忩』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.どうそう(   )会。

2.しゃそう(   )の景色。

3.そうり(   )大臣。

4.そうごう(   )司会。

5.そうめい(   )な人物。

解説です。基本の漢字は、窓(まど)は穴(あなかんむり)を足して、総(すべ)ては糸を足して、聡(さと)いは耳を足してです。

解答です。同、車理、合、明。

漢字の覚え方 匆

今日は『(ソウ)』cōngという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ソウ』、意味は『忙しい』、『窓(まど)』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

(ソウ・まど)』cōngの原字は『(ソウ・まど)』で、もとを糺すと『(ソウ)』cōng http://bit.ly/1RppHqp と同じになります。したがって、(ソウ)の『単語家族』と(ソウ)の『単語家族』とは兄弟関係にあります。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は人名用漢字、は常用漢字ではありませんが一緒に覚えましょう。

 『(ソウ)』cōngは、空気の突き抜ける窓(まど)を表す象形文字です。漢字の部首は『勹・つつみがまえ』、漢字の意味は『窓(まど)』、空気が突き抜ける様子から『忙(いそが)しい』です。

Photo

原字が『(ソウ)』、異体字に『(ソウ)』ががあります。また、似た漢字に『いろいろ』や『乱れる』を表す『(ブツ)』http://bit.ly/1WobCsL がありますが別字です。

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』です。忙(いそが)しい様子を匆々ソウソウ)といいます。忙しいを表す草々ソウソウ)ときわめて近い関係にあります。

は常用漢字から外れています。

 『(ソウ)』cōngは、忙(いそが)しい様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(空気が突き抜ける)+心(こころ)=(心が突き抜ける。忙しい)です。漢字の部首は『心・こころ』、漢字の意味は『忙(いそが)しい』です。

Photo_4

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』です。忙しい様子をソウソウ)といいます。

ほぼ同じ漢字に『(ソウ)』・『(ソウ)』cong http://bit.ly/1RppHqp があります。漢字の部分として使われるときは『まとめる』、『通る』、『突き抜ける』の意味があります。

は常用漢字から外れています。

 『揔・(ソウ)』zǒngは、すべてを表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(まとめる)=(手でまとめる。惣(す)べる)です。漢字の部首は『扌・てへん』・『心・こころ』、漢字の意味は『惣(す)べる』です。

Photo_3

漢字の字体は二通りです。『扌・てへん』の『(ソウ)』と『心・こころ』の『(ソウ)』があります。を書き間違えたものといわれています(藤堂)が、を使うことが多いです。また、

ほぼ同じ漢字に『糸・いとへん』の『(ソウ)』zong があります。異体字として扱うのが一般的ですが、本ブログでは字形から漢字を覚えることに重点をおくため、別章http://bit.ly/1RppHqp にしてあります。御了承下さい。

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』です。日常のおかずを菜・菜(ソウザイ)、家名を受け継ぐ跡(あと)取りを領・領(ソウリョウ)といいます。

良い意味の漢字で『おさむ』、『のぶ』、『ふさ』、『みち』と名前に使われます。

は人名用漢字です。

 『(ソウ)』cōngは、葱(ねぎ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(空気が突き抜ける・中空の)=(中空の植物。葱。ねぎ)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『葱(ねぎ)』です。

Photo_2

異体字に『(ソウ)』ががあります。

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』、訓読みが『葱(ねぎ)』です。葱の白い根の部分を根(ソウコン)、葱の葉の部分を青(ソウセイ)、焼き鳥で肉の間に葱を刺したものを間(ねぎま)といいます。

は常用漢字から外れています。

http://bit.ly/1VI133l 『漢字の覚え方 匆』 

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.毎日の そうざい(   )。

2.一族の そうりょう(   )。

3.ねぎま(   )の串。

解説です。基本の漢字は、怱(忙しい)は心を足して、扌(てへん)を足して)、葱(ねぎ)は艹(くさかんむり)を足してです。

解答です。菜、菜、領、領、間。

2015年9月20日 (日)

漢字の覚え方 倉

今日は『(ソウ)』cāngという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ソウ』、意味は『倉(くら)』、『集める』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で4年、は6年生で習い、は人名用漢字です。学年に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(ソウ)』cāngは、倉(くら)を表す会意文字です。漢字の足し算では、食(食物)+口(入れる)=(食物を入れてしまう所。倉。くら)です(藤堂)。漢字の部首は『人・ひと』、漢字の意味は『倉(くら)』です。 食は関係なく、穀物を入れる蔵を表す象形文字という説(白川)もあります。

Photo_7

音読みは呉音・漢音ともに『ソウ』、訓読みが『倉(くら)』です。物品や車などをしまっておく建物を庫(ソウコ)、穀物を蓄える倉を穀(コクソウ)、税や宝物などをおさめる官営の倉を正(ショウソウ)、庫に預ける保管料を敷(くらしき)といいます。

は小学4年生で習う漢字http://bit.ly/1RpPj7c です。

の『単語家族』には(ソウ・倉に入れる青い穀物・あおい)、(ソウ・出し入れする棒・やり)、(ソウ・刃物の傷)などがあります。

 『(ソウ)』qiāngは、出し入れする棒を表す形声文字です。漢字の足し算では、木+(出し入れする)=(出し入れする棒。槍。やり)です。漢字の部首は『木・きへん』、漢字の意味は『槍(やり)』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ソウ』、漢音が『ショウ』、訓読みが『槍(やり)』です。槍(やり)と旗(はた)を旗(ソウキ)、槍を投げることを投(やりな)げといいます。

は人名用漢字です。

 『(ソウ)』chuāngは、刀で創(きず)をつける様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(出し入れする)+刂(刀)=(刀で創(きず)をつける。切り始める。創める。はじめる)です。漢字の部首は『刂・りっとう』、漢字の意味は『創(きず)』、『創(つく)る』、『創(はじ)める』です。倉(くら)の原義とは関係ないとも言われています(藤堂)。

Photo_6

音読みは呉音が『ショウ』、漢音が『ソウ』、訓読みが『創(つく)る』と常用外の『創(きず)』、『創(はじ)める』です。新しく事業を始めることを業(ソウギョウ)、創(はじ)めて作りだすことを作(ソウサク)、切り傷を傷(ソウショウ)といいます。

(きず)は、(きず)、(きず)とあり、(きず)と書くのが普通です。

ニュアンスに違いがあります。

(きず)傷ついた人。心の傷も表します。  (きず)http://bit.ly/1rjHdtB

(きず)刀でつけられた切り創。       (きず)http://bit.ly/1LEcVib

(きず)宝石につけた表面の瑕。欠点。  (きず)http://bit.ly/1JaXWcB 

(きず)ギザギザした疵。欠点。       (きず)http://bit.ly/1sPxUXG

(ソウ)は小学6年生で習う漢字http://bit.ly/1rMjElI です。

 『(ソウ)』cāngは、倉に入れる青い穀物・牧草を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(穀物・植物)+(くら)=(倉に入れる青い穀物。蒼い。あおい)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『蒼(あお)い』です。 植物の青々とした蒼(あお)にも、干し草のような元気のない蒼(あお)にも使います。

Photo_3

音読みは呉音・漢音ともに『ソウ』、訓読みが『蒼(あお)い』です。血の気がうせて元気のない様子を白(ソウハク)、青々と茂った様子・人民のことを生(ソウセイ)・民(ソウミン)、青空の事を天(ソウテン)といいます。

縁起の良い漢字で『あお』、『しげる』と名前に使われます。

(ソウ)は人名用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-7c30.html

『漢字の覚え方 倉』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.そうこ(   )整理。

2.こくそう(   )地帯。

3.やりな(   )げの記録。

4.明治 そうぎょう(   )の店。

5.そうさく(   )料理の店。

6.ばんそうこう(    )。

7.そうてん(   )航路。

8.顔面 そうはく(   )。

解説です。基本の漢字は、槍(やり)は木を足して、創(つく)るは刂(りっとう)を足して、蒼(あお)いは艹(くさかんむり)を足してです。

解答です。庫、穀投げ、業、作、絆膏、天、白。

少し漢字の成り立ちの話をしましょう。最古の辞書は後漢(西暦100年頃)の許慎(キョシン)の「説文解字(セツモンカイジ)」です。許慎はその中で漢字について六種の原理を説明しています。これを『六書(リクショ)』といいます。六種類のうち四種類は漢字の成り立ちについて、残りの二種類は漢字の使用法についてしるしています。

彼は、漢字(=文字)の成り立ちを、物の形に象(かたど)った『象形』(ショウケイ)、象形文字を基に点を打つことにより示された『指事』(シジ)、文字を組み合わせた『会意』(カイイ)、意味と音・声を示す文字を組み合わせた『形声』(ケイセイ)の四種類に分類しました。

』は食と口を組み合わせた文字なので『会意文字』、もしくは、倉(くら)を象(かたど)った)文字なので『象形文字』です。『』は木に倉、『』は倉に刂、『』は艹に倉を組み合わせた文字です。『(ソウ)』の音・声(音符)含みますから『形声文字』です。

漢字の殆どはこの『形声文字』です。漢字が足し算であるというのは、この漢字の成り立ちに関わっています。『形声文字』は音・声(音読み)が同じなので、音・声(音読み)を基にして漢字の足し算で、漢字を覚えようとしているわけです。

漢字の覚え方 爪・爫・㕚

今日は『(ソウ)』zhǎozhuǎという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』・『』・『』です。音読みは『ソウ』、意味は『爪(つめ)』、『掻(か)く』、『手』です。)、)、などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』・『』・『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で4年生で、は中学校で習います。

字体はとあり、原字はで、一般的に単独ではが使われ、漢字の冠(かんむり・かしら)では、になります。

 『(ソウ)』zhǎozhuǎは、爪(つめ)を表わす指事文字です。漢字の足し算では、又(手)+丶丶(爪を表す点)=(手の爪を表す漢字。爪。つめ)です。漢字の部首は『爪・つめ』、意味は『爪(つめ)』、『手の先の部分』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ショウ』、漢音が『ソウ』、訓読みは『爪(つめ)』です。爪と牙・国家を守る武臣を牙(ソウガ)、爪(つめ)を切る道具を切りつめきり)、足の先をつまさき)といいます。

(つ)は複合語になると先(つさき)と(つ)と読むことがあります。これは、日本語の変遷の問題といわれています。日本語(大和言葉)のエ列乙類(専門用語です。詳しくは直接参考図書をご覧ください)のは、あいと変化したために、と深い関係にあり、複合語では時としてに戻るためと考えられています。

酒(さ)→酒樽(さだる)、爪(つ)→爪先(つさき)、雨(あ)→雨雲(あぐも)、竹(た)→竹群(たむら)、菅(す)→菅原(すわら) などの例があります。

参考図書 『日本語の文法を考える』 大野晋 岩波新書 p196  『日本語の変遷』  金田一京助 講談社学術文庫 p155

(ソウ)は常用漢字から外れています。

(うり)と非常に似ていますが、別字です。「(つめ)につめ無し、(うり)につめ有り」と覚えます。

 『(ソウ)』zhuāは、抓(つま)む様子を表わす形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(手の先の部分)=(手で抓(つま)む。抓(つ)ねる)です。漢字の部首は『扌・てへん』、意味は『抓(つま)む』です。我が国では『抓(つ)ねる』の意味にも使います。

Photo_4

音読みは呉音が『ショウ』、漢音が『ソウ』、訓読みは『抓(つま)む』、『抓(つ)ねる』です。

『抓(つま)む』は、『摘(つま)む』と書くのが普通です。

(ソウ)は常用漢字から外れています。

 『(ソウ)』zhàoは、笊(ざる)を表わす形声文字です。漢字の足し算では、竹(竹製品)+(手先の動作)=(手を使う竹製品。笊。ざる)です。漢字の部首は『竹・たけかんむり』、意味は『笊(ざる)』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ショウ』、漢音が『ソウ』、訓読みは『笊(ざる)』です。

(ソウ)は常用漢字から外れています。

 『(ソウ)』zhēngは、手と手で物を取り合う様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、(手)+ヨ(手)+亅(物)=(手と手で物を取り合う。争う。あらそう)です。漢字の部首は『亅・はねぼう』、意味は『争(あらそ)う』です。

Photo_7

音読みは呉音が『ショウ』、漢音が『ソウ』、訓読みは『争(あらそ)う』です。兵器を持って戦い争うことを戦(センソウ)、同じ目的に向かって競い争うことを競(キョウソウ)、意見を主張して争うことを議(ソウギ)といいます。

本字は(つめかんむり)を使うのですが、常用漢字体のを使って下さい。

(ソウ)は小学校4年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/4-24ef.html です。

 『(ソウ)』zhèngは、言い争う様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、言(言葉)+(争う)=(言葉と言葉で争う。諍(いさか)う)です。漢字の部首は『言・ごんべん』、意味は『諍(いさか)う』、『いさめる』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ショウ』、漢音が『ソウ』、訓読みは『諍(いさか)う』です。君主のあやまちを諌(いさ)める臣下を臣(ソウシン)といいます。

(ソウ)は常用漢字から外れています。

 『(ソウ)』zhēngは、手(爪)で奏(かな)でる箏(こと)を表す形声文字です。漢字の足し算では、竹(竹製品)+(手と手。引っ張り合う)=箏・(手で奏でる箏。弦を張った箏。こと)です。漢字の部首は『竹・たけかんむり』、意味は『箏(こと)』です。一般的に大陸から伝来した弦楽器を(キン)『漢字の覚え方 http://bit.ly/1tnWgdc といいます。狭義には柱のないものが(こと・キン)、柱のあるものが(こと・ソウ)で、我々が思い浮かべる『こと』とは、本来『(こと)』のことです。

Photo_8

音読みは呉音が『ショウ』、漢音が『ソウ』、訓読みは『箏(こと)』です。箏(こと)で奏(かな)でる曲を曲(ソウキョク)といいます。

省略字体ののほかに、本字のが使えます。

(ソウ)は常用漢字から外れています。

 『(ジョウ)』jìngは、水の綺麗な様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(手と手)=(手と洗う綺麗な水。浄(きよ)い)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『浄(きよ)い』です。争(争う・手と手)の原義には関係ない(藤堂)ともいわれています。

Photo_9

本字はですが、常用漢字体のを使って下さい。

音読みは呉音が『ジョウ』、漢音が『セイ』、訓読みは常用外の『浄(きよ)い』です。汚れたものを浄(きよ)くすることを化(ジョウカ)、心身を洗い浄めることを洗(センジョウ)、汚れや迷いのない土地・仏の世界を土(ジョウド)といいます。

非常に良い意味の漢字で『きよ』、『きよし』、『しず』と名前に使われます。

水をかけて洗うことを洗(センジョウ・センデキhttp://bit.ly/2cyVQPw といいますが、(ジョウ)http://bit.ly/2cyVQPw が常用漢字でないため洗(センジョウ)と書くことがあります。

(ジョウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ソウ)』zǎoは、掻(か)ゆい虫・蚤(のみ)を表わす形声文字です。漢字の足し算では、(手の動作)+虫(むし)=(掻(か)ゆい虫。蚤。のみ)です。漢字の部首は『虫・むし』、意味は『蚤(のみ)』です。

Photo_9

音読みは呉音・漢音ともに『ソウ』、訓読みは『蚤(のみ)』です。早(ソウ)の替わりに使われることがありまうす。早いことと晩(おそ)いことを早晩・晩(ソウバン)といいます。

妻の方がの体が大きい夫婦を(のみ)の夫婦といいます。

(ソウ)は常用漢字から外れています。

 『(ソウ)』sāoは、掻(か)く様子を表わす形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+蚤(のみ・かゆい)=(かゆいとところを掻く。かく)です。漢字の部首は『扌・てへん』、意味は『掻(か)く』です。

Photo_8

音読みは呉音・漢音ともに『ソウ』、訓読みは『掻(か)く』です。痒(かゆ)い所を掻くことを痒(ソウヨウ)、頭を掻くことを頭(ソウトウ)といいます。

隔靴痒(カッカソウヨウ)とは靴(くつ)を隔(へだ)てて痒(かゆ)いところを掻(か)くですから、もどかしいことを表す四字熟語です。

省略字体ののほかに、本字のが使えます。

(ソウ)は常用漢字から外れています。

 『(ソウ)』sāoは、馬が痒(かゆ)くて騒(さわ)ぐ様子を表わす形声文字です。漢字の足し算では、馬(うま)+蚤・掻(のみ・かゆい・掻く)=(馬が痒くて騒(さわ)ぐ。前足で掻いて騷(さわ)ぐ)です。漢字の部首は『馬・うま』、意味は『騒(さわ)ぐ』です。

Photo_7

音読みは呉音・漢音ともに『ソウ』、訓読みは『騒(さわ)ぐ』です。事件が起こり世の中が乱れることを動(ソウドウ)、喧(やかま)しく騒ぎ立てる様子を喧(ケンソウ)、騒がしい様子を然(ソウゼン)といいます。

『説文解字』には書かれていませんが、漢字の世界で馬は、動作を表すことがあるようです。

騒(さわ)ぐhttp://bit.ly/1fPT7gj 騰(あ)がるhttp://bit.ly/1sYc9oI 

篤(あつ)いhttp://bit.ly/1Mc0f0o 驚(おどろ)くhttp://bit.ly/1rewZLf

本字はですが、常用漢字体のを使って下さい。

(ソウ)は中学校で習う常用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-3abc.html

http://bit.ly/1fPT7gj 『漢字の覚え方 爪』    

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.つまさき(   )。

2.つめき(   )り。

3.手で つね(  )る。

4.ざる(  )を使う。

5.せんそう(   )と平和。

6.きょうそう(   )社会。

7.いさか(  )いが絶えない。

8.空気の じょうか(   )。

9.極楽 じょうど(   )。

10.のみ(  )の夫婦。

11.痒いところを か(  )く。

12.米 そうどう(   )。

解説です。基本の漢字は、冠では、抓(つね)るは扌(てへん)を足して、笊(ざる)は竹(たけかんむり)を足して、争(あらそ)うはヨと亅(はねぼう)を足して、諍(いさか)いは争に言(ごんべん)を足して、浄(きよ)いは氵(さんずい)を足して、蚤(のみ)は虫を足して、掻くは扌(てhん)を足して、騒ぐは馬を足してです。

解答です。先。切り、る、、戦、競い、化、土、く、動。

漢字の覚え方 ・送

 今日は『(ソウ)』zòuという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字の部分は『』です。音読みは『ソウ』、意味は『両手』、『集める』です。などがこの漢字の部分の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で3年生で、は6年生で習う常用漢字、は人名用漢字です。学年、学校に関係なく漢字の足し算で一緒に覚えましょう。

 『(ソウ)』sòngは、物をそろえて送る様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、辶(進む)+(物を両手でそろえる)=(物をそろえて送る。おくる)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、意味は『送(おく)る』です。

楷書体のデザインでは『(ソウ)』になります。

Photo_12

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』、訓読みは『送(おく)る』です。送ることと迎えることを迎(ソウゲイ)、別れて行く人を見送ることを別(ソウベツ)、日本語の活用語尾を漢字に添える仮名をおく)り仮名、手紙・通信を送ることを信(ソウシン)といいます。

(ソウ)』は小学校3年生で習う漢字 http://bit.ly/1UIX7zU です。

 『(ソウ)』zòuは、神前に玉ぐしを両手で供える様子を表わす会意文字です。漢字の足し算では、(両手)+天(玉ぐし・供え物)=(神前に玉ぐしを両手で供える。すすめる。申し上げる。音を奏でる)です。

Photo_11

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』、訓読みは『奏(かな)でる』です。天子に申し上げることを上(ソウジョウ)、音楽を奏(かな)でることを演(エンソウ)、管楽器を吹いて音楽を演奏すること吹(スイソウ)といいます。

(ソウ)』は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1rMjElI です。

 『(ソウ)』còuは、物資が集まってくる場所・水路の集まる場所・湊(みなと)を表わす形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(供え物・集まる)=(物資が集まってくる場所。水路の集まる場所。湊。みなと)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『湊(みなと)』です。

Photo_10

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』、訓読みは『湊(みなと)』です。物が一か所に集まることを会(ソウカイ)といいます。

(みなと)は(みなと・人が行き交う水辺) http://bit.ly/1sLErT0 と書くのが普通です。

物が集まる縁起の良い漢字で『すすむ』、『み』、『みなと』と地名(小湊・大湊・新湊・湊川など)・人名に広く使われます。

(ソウ)』は、人名用漢字です。

 『(ソウ)』còuは、物資・馬が集まってくる様子を表わす形声文字です。漢字の足し算では、車(馬車)+(供え物・集まる)=(物資・馬が集まってくる)です。漢字の部首は『車・くるま』、漢字の意味は『輳(あつ)まる』です。

Photo_10

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』です。訓読みは常用外の『輳(あつ)まる』です。ものが一所に集中する状態のことを車の輻(や)が集まることになぞらえて輻(フクソウ)といいます。

(ソウ)』は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-4232.html

http://bit.ly/1JFxk2D 『漢字の覚え方 送』   

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.そうげい(   )バス。

2.そうべつ(   )会。

3.えんそう(   )会。

4.陛下に そうじょう(   )する。

5.陸奥 みなと(  )。

6.安房 みなと(  )。

7.情報が ふくそう(   )する。

解説です。基本の漢字は、送(おく)るは辶(しんにょう)を足して、奏(かな)でるは天を足して、湊(みなと)は奏に氵(さんずい)を足して、輳(あつ)まるは車を足してです。

解答です。迎、別、演上、、輻

2014年2月 2日 (日)

漢字の覚え方 早

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日はの『単語家族』について説明します。基本の漢字は『』で、読み方が『ソウ』、意味は『早い』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来、『単語家族』ごとにまとめて覚えると便利です。『』に何を足すになるのかを考えます。は小学校1年生、は3年で習います。一緒に覚えましょう。

 『(ソウ)』zǎoは、薄暗い様子・時間が早く薄暗い様子を表す象形文字(ショウケイモジ)です。映像は黒い染料である実とされています。漢字の部首は『日』、意味は『早い』、『薄暗い』です。時期・時刻が早いことを表します。動作・テンポが速いは『速(ソク)』の漢字を使います。

Photo_9

音読みは呉音・漢音ともに『ソウ』、慣用音が『サッ』です。訓読みは『早い(はやい)』です。朝(ソウチョウ)、尚(ショウソウ)、速(サッソク)、起き(はやおき)、苗(ソウビョウ・なえ)、乙女(おとめ)といいます。

(ソウ)』は小学校1年生http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/1-2209.htmlで習います。

早苗(さなえ)、早乙女(さおとめ)は常用漢字の付表に掲載されている特別な読み方です。

 『(ソク)』は、距離を縮めるように速く進む様子を表わす形声文字です。漢字の足し算では、辶(進む)+(束ねる・縮める)=(距離を縮めるよう速く進む。速い。はやい)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、意味は『速(はや)い』『速(すみ)やか』です。

音読みは呉音・漢音ともに『ソク』、訓読みは『速(はや)い』、『速(はや)める』、『速(すみ)やか』です。物事の変化が非常に速い事を急(キュウソク)、速く物事を成し遂げることを成(ソクセイ)、遅い事と速い事を遅(チソク)、効果が速やかなことを効(ソッコウ)といいます。

Photo

『速さ』を表す非常に重要な漢字で、『ちか』、『つぎ』、『とう』、『はや』、『はやし』、『はやみ』、『めす』と名前に使われます。

』は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-4ad7.htmlです、(ソク)の単語家族『漢字の覚え方 束』です。

 『(ソウ)』zàoは、『(ソウ)』zǎoと同源の漢字です。黒い染料の実(ハンノキ)を表す象形文字です。『(ソウ)』zàoは染料の木の実、黒を表し、『(ソウ)』zǎoは薄暗く、時間の早いことを表します。漢字の部首は『白・しろ』、意味は『黒い』です。

写真はハンノキの実を水に漬けたものです。確かに薄暗い色になりました。

Photo_10

音読みは呉音が『ゾウ』、漢音が『ソウ』です。黒い絹の衣服を衣(ソウイ)、黒と白を白(ソウハク)といいます。『』はあまり使われない漢字で、常用漢字ではありません。

 『(ソウ)』cǎoは、「さっと生える」草の様子を表す漢字です。漢字の足し算では、艸(植物)+早(早い)=(さっと生える植物。草)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、意味は『草(くさ)』、『さっとした』です。

Photo_12

音読みは呉音が『ソウ』、漢音が『ショウ』です。訓読みは『草(クサ)』です。植物を食べるのを食(ソウショク)、さっとした案を案(ソウアン)、草で編んだ履(くつ)を履(ゾウリ)、夏の勢いある草を夏(なつくさ)といいます。また、草の上に寝ることを臥(くさぶし)と言い、転じて、臥(くたび)れると読ませます。

(ソウ)』は小学校1年生http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/1-2209.htmlで習います。

 『(ソウ)』cǎoは、二本の草を表す象形文字です。常用漢字では省略形のを『くさかんむり』として植物に関する漢字に使います。部首は『艹・くさかんむり』、意味は『植物・花』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『ソウ』です。『』は単独で使う事は無く、漢字の上の部分、冠(かんむり)として使います。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-4168.html

『漢字の覚え方 早』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.そうちょう(   )の出勤。

2.さっそく(   )着手する。

3.はやおき(    )。

4.そうしょく(   )動物。

5.法律の そうあん(   )。

6.たばこ(   )。

7.春の ななくさ(   )。

解説です。早いは基本漢字の、さっとして生えるのが、植物を表すのが、木の実の染色の黒がです。

解答です。朝、速、起き、食、案、煙、七

漢字の覚え方 相

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日はの『単語家族』について説明します。基本の漢字は『』で、読み方が『ソウ』、意味は『相手』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来、『単語家族』ごとにまとめて覚えると便利です。『』に何を足すになるのかを考えます。は小学校3年、は中学校で習います。学校、学年に関係なくまとめて覚えましょう。

 『(ソウ)』xiāngは、相手を見る様子を表す漢字です。意味は『たがいに』、『ありさま』、『受けつぐ』、『大臣』です。漢字の部首は『木』になります。

Photo_15

音読みは呉音が『ソウ』、漢音が『ショウ』です。訓読みは『あい』です。相手と話すのが談(ソウダン)、受け継ぐことを続(ソウゾク)、真実のありさまが真(シンソウ)、トップの大臣を首(シュショウ)、向き合った人を手(あいて)といいます。

』は小学校3年生http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-4ad7.htmlで習います。

 『(ソウ)』xiǎngは、相手を想う様子を表す漢字です。漢字の足し算では、(相手)+心=(相手を想う)です。漢字の部首は『』、意味は『想う』、『イメージする』です。

Photo_8

音読みは呉音が『ソウ』、漢音が『ショウ』です。訓読みは『う(おもう)』です。像(ソウゾウ)、思(シソウ)、理(リソウ)、発(ハッソウ)のです。『』は小学校3年生http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-4ad7.htmlで習います。

 『(ソウ)』xiāngは、台車につける一対の箱を表す漢字です。漢字の足し算では、竹+(たがいに・一対の)=(台車につける一対の竹製の箱。箱)です。部首は『竹・たけかんむり』、意味は『箱(はこ)』です。

Photo_16

音読みは呉音が『ソウ』、漢音が『ショウ』ですが使いません。訓読みは『はこ』です。重(ジュウばこ)、跳び(とびばこ)、入り(はこいり)のです。『』は小学校3年生http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-4ad7.htmlで習います。

 『(ソウ)』shuāngは、霜柱(しもばしら)の様子を表す漢字です。漢字の足し算では、雨(天候・雨)+(たがいに)=(たがいに並び立つ霜柱。霜)です。部首は『雨・あめかんむり』、意味は『しも』、『としつき』、『きびしい』です。

『古今和歌集』の秋を詠んだ歌に「心あてに折らばや折らむ初(はつしも)の置きまどはせる白菊の花」があります。作者は凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)、歌意は「あて推量で折って見ようか。初が降りて見分けがつかないこの美しい白菊を。」です。大変技巧的な歌で、百人一首にも取られている有名な歌です。

Photo_14

音読みは呉音が『ショウ』、漢音が『ソウ』です。訓読みは『霜(しも)』。星(セイソウ)、初(ショソウ・はつしも)、秋烈日(シュウソウレツジツ)、焼け(しもやけ)、柱(しもばしら)のです。『』は中学校で習う常用漢字(国で定めた一般に使う漢字)です。

我が国では、陰暦(インレキ・月をもとにした暦)の十一月を『月(しもつき)』と呼びます。

 『(ソウ)』xiāngは、母屋の両側の脇屋を表す形声文字です。漢字の足し算では、广(建物)+(たがいに・向かい合う)=(たがいに並び立つ両側の脇屋。道の両側の家並み)です。部首は『广・まだれ』、意味は『両側の脇屋』、『両側の家並み』です。我が国では、『両側の家並み』から転じた『廂(ひさし)』の意味に使われます。

Photo_17

音読みは呉音が『ソウ』、漢音が『ショウ』ですが使いません。訓読みは『廂(ひさし)』です。

』は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-0037.html

『漢字の覚え方 相』    

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.日本国の しゅしょう(    )。

2.報告と そうだん(    )。

3.自分と あいて(    )。

4.遺産 そうぞく(    )。

5.そうぞう(    )力を働かせる。

6.りそう(    )と現実。

7.じゅうばこ(    )に御馳走。

8.しゅうそう(    )烈日。

9.陰暦の十一月 しもつき(    )。

解説です。相手を見るのが、相手を想う心が、一対の竹製の箱が、相対(並び立つ)する霜柱がです。

解答です。首談、手、続、像、理、重、秋

2013年8月 4日 (日)

漢字の覚え方 帚・侵

 今日はという漢字の仲間を説明します。基本の漢字は『』zhouです。あまり知られていないのですが、の漢字の変形です。読み方はは『ソウ』、は『シン』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。基本の漢字の『』に何を足すとどんな漢字になるのか、は『』のどうのような変形かを考えます。中学校でを習います。

 『(ソウ)』zhouという漢字は、手で箒(ほうき)を持った様子を描いた象形文字(ショウケイモジ)です。漢字の部首は『巾・はば』、意味は『ほうき』・『はく』です。

 音読みは慣用音の『ソウ』、呉音の『ス』、漢音の『シュウ』があります。訓読みは『ほうき』です。わが国では竹(たけかんむり)の『』が好んで使われ、『』の字、単独で使う事はありません。『』は常用漢字から外れています。

Photo_12

 『(ソウ)zhouも、箒を表す漢字です。漢字の足し算では、竹+(ほうき)=(竹製のほうき、箒)です。わが国では『』の漢字の方が好まれて使われます。部首は『竹・たけかんむり』、意味は『箒(ほうき)』です。

 音読みは慣用音の『ソウ』、呉音の『ス』、漢音の『シュウ』があります。訓読みは『ほうき』です。星(ほうきぼし)、神(ほうきがみ)の箒です。『』は常用漢字から外れています。

 実は『ほうき』という漢字はまだ他にあります。『(スイ・ほうき)』です。の部分は手を表しています。丰は『ほうき』の象形ですから、『』、『』、『』もほぼ同じ映像を表す漢字です。彗星は漢音で『スイセイ』とも読みます。

Photo_14 Photo_2

Photo_11

 『(ソウ)』saoは、箒で掃く様子を表す漢字です。意味は『掃く(はく)』姿を表しています。漢字の足し算では、扌(てへん・手の作業)+(ほうき)=(人が手を使って掃く)です。漢字の部首は『扌・てへん』です。

Photo_13

音読みは呉音・漢音とも『ソウ』で、訓読みは『く(はく)』です。除(ソウジ)、討(ソウトウ)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(シン)』、『(シン)』、『(シン)』は『(ソウ)』の漢字の変形が使われています。

 『(シン)』qinは、(ほうき)で祖廟(ソビョウ)の中を隅まで掃く・清める様子を表す漢字です。隅まで入って掃くことから『す(おかす)』の意味で使われます。漢字の足し算では、亻(にんべん・人の動作)+(ほうき)+又(手)=(隅まで掃く。侵入する。侵す)。漢字の部首は『亻・にんべん』、意味は『侵す(おかす)』です。

Photo_15 Photo_16

音読みは呉音・漢音とも『シン』で、訓読みは『す(おかす)』です。入(シンニュウ)、略・掠(シンリャク)、犯(シンパン)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(シン)』jinは、祖廟(ソビョウ)の中を(ほうき)で掃いて、おで清める様子を表す漢字とです。酒で清めることから『浸す(ひたす)』の意味で使われます。漢字の足し算では、氵(水・酒)+(ほうき)+又(手)=(部屋をお酒で清める。浸す。ひたす)です。部首は『氵・さんずい』、意味は『浸す(ひたす)』です。

Photo_17

音読みは呉音・漢音とも『シン』で、訓読みは『浸す(ひたす)』、『浸かる(つかる)』です。水(シンスイ)、透(シントウ)、食(シンショク)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(シン)』qinは、掃(は)き清められた寝室の様子を表す漢字です。漢字の足し算では、宀(家)+爿(ベッド)+(ほうき)+又(手)=(清められた寝室。寝室。寝る)です。漢字の部首は『宀・うかんむり』、漢字の意味は『寝(ね)る』です。

Photo_10

音読みは呉音・漢音とも『シン』で、訓読みは『る(ねる)』です。室(シンシツ)、就(シュウシン)、床(どこ)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(ソウ・ほうき)』を使った漢字は、『歸・(キ・かえる)』gui、『(フ・よめ)』fuもあります。いずれもを持った女性を表し、『』は女性が帰りを待っている場所、『』は帰りを待っている女性を表します。

 『(キ・かえる)』guiは、(ソウ・ほうき)を持った女性が人(足)の帰りを待っている様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、𠂤 (タイ)+止(足)+・ほうきを持った女性が歩いてくる人の帰りを待つ。帰る)です。漢字の部首は『止・とまる』、漢字の意味は『帰る(かえる)』です。近い漢字に『』があります。は帰りを待っている女性を表します。

字体は省略形の『』が常用漢字に登録されており、『』を使ってください。

Photo_5Photo_4

音読みは呉音『ケ』、漢音が『』です。訓読みは『帰る(かえる)』です。郷(キョウ)、休(キュウ)、社(シャ)のです。

は小学校2年生で習う漢字 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-9a0e.html です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-2c1b.html

『漢字の覚え方 帚・侵』        

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.部屋の そうじ (   )をする。

2.敵勢力を そうとう(   )する。

3.店前を は(  )く。

4.夜空の ほうきぼし (   )。

5.しんにゅう(   )禁止。

6.他国の しんりゃく (   )。

7.細胞の しんとうあつ(    )。

8.床上 しんすい(   )。

9.二階の しんしつ(   )。

10.団体に きぞく(   )する。

11.お盆の きせい(   )。

12.仲の良い ふうふ(   )。

解説です。箒(ほうき)は『』か『箒』、掃くは扌(てへん)を足して『』、侵すは亻(にんべん)と又を足して『』、浸るは氵と又を足して『』、寝るは宀(家)と爿(ベッド)を足して『』と書きます。また、刂(足と阝の省略形)を足して『』、女を足して『』です。

解答です。除、討、く、星、星、彗星(ほうきぼし・スイセイ)、入、略、涼、透圧、水、室、属、省、夫

2013年3月23日 (土)

漢字の覚え方 喿

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日は(ソウ)という字を中心とした『単語家族』を説明します。『単語家族』は足し算で表わす事が出来るので、に何を足したらどんな漢字になるのかを考えていきます。

この仲間の漢字は、などが含まれ、『』という共通部分を持ち、『ソウ』という読みを持っています。小学校では6年でを習います。は中学校で習う常用漢字です。学年・学校に関係なく一緒に覚えてしまいましょう。

 基本の漢字である『(ソウ)』zàoは、口が三つで、鳥が騒いでいる姿です。漢字の部首は『口』、意味は『忙しく騒ぐ』、『うわつく』です。または口は祈詞を入れる器(サイ)であり、神聖な木に器の口(サイ)を掛けて祈る姿とも言われています。この場合の意味は『つつましい』、『みさお』です。

古代の辞書『説文解字』には「鳥の群れて鳴くなり。品に従い木上に在り」とあります。

 『(ソウ)』zàoは常用漢字に含まれておらず、現在では使うことはありませんが、大切な漢字の部分として活躍しています。『騒(さわ)ぐ』の意味は口を足した、『みさお』の意味は手を足したに引き継がれています。

映像では、こんな感じです。右下に篆文(テンブン)と呼ばれる古い字体も載せておきます。

Photo_14Photo_15

 『(ソウ)』zàoという漢字は、口にを足したものです。騒ぐことです。漢字の部首は『口』、『』の漢字も、常用漢字に入っていないので、ぐ(さわぐ)は普通使いません。『騒ぐ』には(馬がいらいらして足掻く)saoが普通使われます。喧噪・(ケンソウ)のです。

 『(ソウ)』caoは、扌(てへん)にを足したものです。漢字の足し算では、扌(てへん・手の動作)+(いそがしい・つつましい)=(手を忙しく動かし操る事。人の心がけ)です。漢字の部首は『扌・てへん』です。

Photo_2

音読みは『ソウ』、訓読みは『あやつる』、『みさお』です。体(タイソウ)、作(ソウサ)、操縦(ソウジュウ)、情(ジョウソウ)、貞(テイソウ)、みさお)、り人形(あやつりにんぎょう)のです。元の漢字である『』の意味を引き継いで、『みさお』と読むことに注意しましょう。

小学生6年で(ソウ)を習います。

 『(ソウ)』sao、zaoという漢字は、蚕(かいこ)の(まゆ)の表面から、生糸を順々に手繰る(たぐる)様子を示す形声文字です。繭(まゆ)は熱湯に浸して柔らかくさせていました。意味は『手繰る(たぐる)』、『順々にのばす』です。漢字の足し算では糸(蚕の糸)+喿(表面・忙しく)=(糸を手繰る)となります。漢字の部首は『糸』です。

映像ではこんな感じです。

Photo_6

ちなみに『(ケン・まゆ)』という漢字は艹(桑の葉上)に糸(蚕の蛹)と虫(蚕の幼虫)が乗っている映像です。『蚕(サン・かいこ)』の本字は『(サン)』で、桑の葉に潛る(もぐる)虫を表す映像です。書くのが大変なので、唐時代より略字の『蚕』が用いられます。

Photo_8Photo_9

』の音読みは『ソウ』ですが、音読みの熟語はありません。り延べる(りのべる)、り返す(りかえす)、手る(たる)のです。漢字に糸が使われているので、操る(あやつる)と間違いそうですが、る(る)と読みます。区別して覚えましょう。

(ソウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ソウ)』zaoという漢字があります。、軽い空気が、火で熱せられて、立ちのぼって乾いていく様子を示す形声文字です。漢字の足し算では、火(ひ)+(うわついた空気)=(軽い空気が火で熱せられて乾く。かわく)です。漢字の部首は『火』です。

Photo_7

音読みは『ソウ』です。乾(カンソウ)、焦(ショウソウ)のです。焦(ショウソウ)は焦げる(こげる)に(乾く)で『焦げる程あせる』様子です。

(ショウソウ)とも書きます。こちらは『焦げて足をバタバタさせる程あせる』です。(ソウ・さわぐ)が常用漢字ではないので、普通はを使います。は中学校で習う常用漢字です。

 (ソウ・も)』zaoという漢字は、水面に浮かぶ草を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+氵(さんずい・水)+(うわつく)=(水の表面を漂う植物)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』です。

Photo_10

音読みは『ソウ』で、訓読みは『も』です。海(カイソウ)、塩(しお)、海の屑(もくず)、文(ブンソウ)のです。水草の綺麗な様子を示す漢字で、『模様』、『飾る』などの意味も持ちます。文を綺麗に飾る事を文(ブンソウ)、綺麗に飾られた詩を詩(シソウ)と言います。

(ソウ・も)は中学校で習う常用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-59b1.html

『漢字の覚え方 喿』     

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ラジオ たいそう(    )。

2.飛行機の そうじゅう(    )。

3.あやつ (  )り人形。

4.じょうそう (    )教育。

5.みさお (  )を立てる。

6.くりのべる (     )。

7.くりかえす (      )。

8.冬の かんそう(    )に気をつける。

9. しょうそう (    )の色が隠せない。

10. かいそう (    )を使ったサラダ。

解説です。操る・心がけには扌、順々、手繰りには糸、乾燥には火、藻には艸とを足し合わせます。

解答です。体縦、り、情り延べる、り返す、乾、焦、焦

2013年2月 2日 (土)

漢字の覚え方 曾

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日は 曾・曽(ソウ・ゾウ)、という字を中心とした『単語家族』を説明します。この仲間の漢字はなどが含まれ、『重なる』、『増える』という共通イメージを持ちます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。に何を足したらになるのかを考えます。は小学5年生、は6年生で習う漢字、は中学校で覚える常用漢字です。漢字の足し算を使って一緒に覚えましょう。

 『(旧字体)・曽』という漢字は日(こんろ)に田(せいろ・こしき)を重ね、八(湯気)が出ている様子わ描いた象形文字です。漢字の部首は『日』、『』は2010年に追加された常用漢字です。ひらがなの『』の元になっていて、増、層などの漢字のパーツになっている重要な漢字です。意味は『重なる』、『増える』、『経験を重ねる』、『かつて』の意味があります。

Photo_4

映像ではこんな感じです。せいろ・こしきを重ねて行くイメージです。『増える』という意味は『』という漢字にとって代わられ、『かつて』という副詞で使われています。ちなみに、「未だ曾て有ったことがない」事を未曾有(ミウ)と言います。ひまごの事は代を重ねるということで、孫(ソウソン)と言います。

 『える』zengは、土が重なって増える様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、土+(重なる)=(土を重ねる。増える。ふえる)です。漢字の部首は『土』、漢字の意味は『増(ふ)える』です。

Photo_5

音読みは、呉音・漢音ともに『ソウ』、慣用音の『ゾウ』を使います。訓読みは『増(ふ)える』、『増(ま)す』です。増えることを加(ゾウカ)、増えることと減ることを減(ゾウゲン)といいます。

』は小学校5年で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/5-1427.html です。

 『(ソウ)』cengという漢字があります。尸(屋根)にをあわせた形声文字です。上へ上へと何段も重なる様子を示しています。漢字の足し算で示せば、尸+(上へ上と幾層も重なる)です。漢字の部首は『尸・しかばね』、漢字の意味は『かさねる』、『人々の階級』です。

映像で表わすと

Photo_6

音読みは呉音が『ゾウ』、漢音が『ソウ』です。高(コウソウ)ビル、地(チソウ)のです。『』は小学校6年で習う漢字です。

 『(ゾウ)』zengという漢字があります。心にをあわせたものです。嫌な気持ちが重なる様子を示しています。漢字の足し算で示せば、忄(心・りっしんべん)+(嫌な気持ちが重なる)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』です。漢字の意味は『憎(にく)む』です。-

Photo_7

音読みは呉音・漢音が『ソウ』、慣用音が『ゾウ』、訓読みは『憎(にく)い』、『憎(にく)む)』です。愛(アイゾウ)、悪(ゾウオ)、む(にくむ)、生(あいにく)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『る(おくる)』zengという漢字があります。貝は宝・お金を示します。相手の人にお金を重ねるので、貝にをあわせたの漢字・形声文字です。漢字の足し算で示せば、貝(お金・宝)+(宝を相手の人に重ねる。)です。漢字の部首はではない方の『貝』です。官位の意味は『贈(おく)る』です。

Photo_8

音読みは呉音が『ゾウ』、漢音が『ソウ』、訓読みは『贈(おく)る』です。寄(キゾウ)・答(ゾウトウ)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(ソウ)』sengという字があります。御坊さんのことですが、御坊さんが何人も重なるわけではありません。インドで僧を表すサンスクリット語(梵語)のsamghaにの音をあてはめたものです。人間なので亻(にんべん)を使っています。

Photo

(コウソウ)・兵(ソウヘイ)・侶(ソウリョ)のです。漢字の足し算では、亻(にんべん)+(仏教を広める人)です。『』は中学校で習う常用漢字です。

 味(ミ)の『)』という漢字があります。口にをあわせたものです。漢字の部首は『口』。本来は口が重なるで喧しいの意味ですが、日本では味に使います。蒸した大豆に麹をねて(曽)、発酵させるのでの字を当てたのかも知れません。味噌は平安時代に日本に伝わりました。ミソ の発音は韓語から来ていると言われています。

Photo_9

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-b4f4.html

『漢字の覚え方 曾』      

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習してみましょうか

1.みぞう(    )の大事件。

3.こうそう(   )ビルの設計。

4.ぞうお(   )の気持ち。

5.比叡山の そうへい(   )。

6.本を図書館に きぞう(   )する。

7.ぞうとう(   )品のやりとり。

8.化石の出土した ちそう(   )。

9.唐より こうそう(   )を招く。

10.みそ(   )汁。

有、加、高悪、兵、寄答、地、高、味

増えるのは、気持ちは、人は<、お金はの足し算です。今日はこの辺で終わりにします。

その他のカテゴリー

ア行(ア ) | ア行(イ ) | ア行(イチ・イツ) | ア行(イン) | ア行(ウ) | ア行(エ ) | ア行(エ )・カ行(カイ) | ア行(エイ) | ア行(エン )・タ行(タン) | ア行(エン・オン) | ア行(エン) | ア行(オ ) | カ行(カ )  | カ行(カイ) | カ行(カク) | カ行(カツ) | カ行(カン) | カ行(カ・ケ) | カ行(ガ ) | カ行(ガン) | カ行(キ ) | カ行(キュウ) | カ行(キョウ・ケイ) | カ行(キョウ・コウ) | カ行(キョウ) | カ行(キョク) | カ行(キョ) | カ行(キン) | カ行(ギ ) | カ行(ギョ) | カ行(ク ) | カ行(ク・コウ) | カ行(ケ ) | カ行(ケイ) | カ行(ケン) | カ行(ケ・カイ) | カ行(ケ・キ) | カ行(コ ) | カ行(コウ) | カ行(コン) | カ行(ゴ ) | サ行(サ ) | サ行(サイ・セイ ) | サ行(サン) | サ行(シ ) | サ行(シ ) | サ行(シキ・ショク) | サ行(シチ・シツ) | サ行(シャ ) | サ行(シャク・セキ) | サ行(シュウ) | サ行(シュ) | サ行(ショウ・セイ) | サ行(ショウ) | サ行(ショ) | サ行(シン) | サ行(ジ ) | サ行(ジャク) | サ行(ジュウ) | サ行(ジョウ) | サ行(ジン)・ ナ行(ニン) | サ行(ジ)・ナ行(ニ) | サ行(ス・ズ ) | サ行(セ ) | サ行(セン) | サ行(ゼン) | サ行(ソ ) | サ行(ソウ) | サ行(ソク・ショク) | タ行(タ ) | タ行(タン) | タ行(チ ) | タ行(チュウ) | タ行(チョウ) | タ行(ツ ) | タ行(テ ) | タ行(ト ) | タ行(トウ) | タ行(ドウ) | タ行(ドウ)・ナ行(ノウ) | ナ行 | ナ行(ニン)・サ行(ジン) | ナ行(ニ)・サ行(ジ) | ナ行(ノウ)・タ行(ドウ) | ハ行(ハ ) | ハ行(ハン) | ハ行(ヒ ) | ハ行(ヒョウ・ヘイ ) | ハ行(ビ)・マ行(ミ) | ハ行(フ ) | ハ行(フン ) | ハ行(ブン ) | ハ行(ヘ ) | ハ行(ホ ) | ハ行(ボ ) | マ行 | マ行(メイ・ミョウ) | マ行(メン)・ハ行(バン・ベン) | マ行(メ・マ)・ハ行(バ) | マ行(モン) | ヤ行 | ヤ行(ユ) | ヤ行(ヨウ) | ラ行 | ラ行(リ ) | ラ行(リュウ ) | ラ行(リン) | ラ行(レイ) | ラ行(レン) | ラ行(ロウ) | ラ行(ロク) | ワ行 | 呉音と漢音 | 小学校1年生で習う漢字 | 小学校2年生で習う漢字 | 小学校3年生で習う漢字 | 小学校4年生で習う漢字 | 小学校5年生で習う漢字 | 小学校6年生で習う漢字 | 小学校で習う漢字 | 小説『明暗そのあと』 | 漢字 のエッセイ | 漢字 参考図書 | 漢字 音読み索引(ア行) | 漢字 音読み索引(カ行) | 漢字 音読み索引(サ行) | 漢字 音読み索引(タ行) | 漢字 音読み索引(ナ行) | 漢字 音読み索引(ハ行) | 漢字 音読み索引(マ行) | 漢字 音読み索引(ヤ行) | 漢字 音読み索引(ラ行) | 漢字 音読み索引(ワ行) | 漢字・訓読み索引(あ行) | 漢字・訓読み索引(か行) | 漢字・訓読み索引(さ行) | 漢字・訓読み索引(た行) | 漢字・訓読み索引(な行) | 漢字・訓読み索引(は行) | 漢字・訓読み索引(ま行) | 漢字・訓読み索引(や行) | 漢字・訓読み索引(ら行) | 漢字・訓読み索引(わ行) | 漢字練習問題(中学生) [1] | 部首索引 魚(うお・さかな)

カテゴリー

  • ア行(ア )
    漢字の覚え方 亜           漢字の覚え方 愛           漢字の覚え方 安          
  • ア行(イ )
    漢字の覚え方 異           漢字の覚え方 易           漢字の覚え方 胃           漢字の覚え方 殹           漢字の覚え方 以           漢字の覚え方 衣           漢字の覚え方 韋           漢字の覚え方 育          
  • ア行(イチ・イツ)
    漢字の覚え方 一           漢字の覚え方 聿          
  • ア行(イン)
    漢字の覚え方 寅           漢字の覚え方 印           漢字の覚え方 因           漢字の覚え方 員           漢字の覚え方 音・意        
  • ア行(ウ)
    漢字の覚え方 雨           漢字の覚え方 右           漢字の覚え方 于・夸        漢字の覚え方 云           漢字の覚え方 昷            
  • ア行(エ )
    漢字の覚え方 易           漢字の覚え方 睪            漢字の覚え方 兌            漢字の覚え方 戉           漢字の覚え方 益          
  • ア行(エ )・カ行(カイ)
    漢字の覚え方 回           漢字の覚え方 会・會         漢字の覚え方 褱・懐        
  • ア行(エイ)
    漢字の覚え方 嬰           漢字の覚え方 熒・         漢字の覚え方 殹           漢字の覚え方 央           漢字の覚え方 永          
  • ア行(エン )・タ行(タン)
    漢字の覚え方 彖           漢字の覚え方 爰           漢字の覚え方 延           漢字の覚え方 炎          
  • ア行(エン・オン)
    漢字の覚え方 袁           漢字の覚え方 夗          
  • ア行(エン)
    漢字の覚え方 肙           漢字の覚え方 厭           漢字の覚え方 寅           漢字の覚え方 㕣           漢字の覚え方 燕          
  • ア行(オ )
    漢字の覚え方 王           漢字の覚え方 奥           漢字の覚え方 屋           漢字の覚え方 乙           漢字の覚え方 音・意         漢字の覚え方 央           漢字の覚え方 区・殴         漢字の覚え方 昷          
  • カ行(カ ) 
    漢字の覚え方 賈           漢字の覚え方 火           漢字の覚え方 咼           漢字の覚え方 禾           漢字の覚え方 可           漢字の覚え方 果          
  • カ行(カイ)
    漢字の覚え方 海           漢字の覚え方 夬           漢字の覚え方 介           漢字の覚え方 皆          
  • カ行(カク)
    漢字の覚え方 矍           漢字の覚え方 殻           漢字の覚え方 角           漢字の覚え方 革           漢字の覚え方 隺           漢字の覚え方 画           漢字の覚え方 各          
  • カ行(カツ)
    漢字の覚え方 害           漢字の覚え方 舌           漢字の覚え方 曷          
  • カ行(カン)
    漢字の覚え方 ・巻         漢字の覚え方 監           漢字の覚え方 柬           漢字の覚え方 咸           漢字の覚え方 漢           漢字の覚え方 官           漢字の覚え方 間           漢字の覚え方 甘           漢字の覚え方 雚           漢字の覚え方 毌・串         漢字の覚え方 干           漢字の覚え方 奐          
  • カ行(カ・ケ)
    漢字の覚え方 叚           漢字の覚え方 夏           漢字の覚え方 家           漢字の覚え方 化           漢字の覚え方 加          
  • カ行(ガ )
    漢字の覚え方 画           漢字の覚え方 我・義         漢字の覚え方 牙           漢字の覚え方 亥           漢字の覚え方 害           漢字の覚え方 楽           漢字の覚え方 学           漢字の覚え方 月          
  • カ行(ガン)
    漢字の覚え方 厂           漢字の覚え方 元          
  • カ行(キ )
    漢字の覚え方 貴           漢字の覚え方 葵           漢字の覚え方 几           漢字の覚え方 吉           漢字の覚え方 其           漢字の覚え方 奇          
  • カ行(キュウ)
    漢字の覚え方 丘           漢字の覚え方 丩           漢字の覚え方 弓           漢字の覚え方 求           漢字の覚え方 及・急         漢字の覚え方 九           
  • カ行(キョウ・ケイ)
    漢字の覚え方 开・形         漢字の覚え方 京           漢字の覚え方 兄・竟         漢字の覚え方 敬           漢字の覚え方 巠           
  • カ行(キョウ・コウ)
    漢字の覚え方 郷           漢字の覚え方 孝           漢字の覚え方 爻・交         漢字の覚え方 庚           漢字の覚え方 幸           漢字の覚え方 更           漢字の覚え方 行          
  • カ行(キョウ)
    漢字の覚え方 敫           漢字の覚え方 劦           漢字の覚え方 喬           漢字の覚え方 共           漢字の覚え方 凶          
  • カ行(キョク)
    漢字の覚え方 極            漢字の覚え方 局            漢字の覚え方 曲          
  • カ行(キョ)
    漢字の覚え方 巨           漢字の覚え方 豦           漢字の覚え方 去          
  • カ行(キン)
    漢字の覚え方 匀           漢字の覚え方 堇           漢字の覚え方 斤           漢字の覚え方 禁           漢字の覚え方 今          
  • カ行(ギ )
    漢字の覚え方 屰           漢字の覚え方 疑           漢字の覚え方 牛           漢字の覚え方 堯          
  • カ行(ギョ)
    漢字の覚え方 魚          
  • カ行(ク )
    漢字の覚え方 句           漢字の覚え方 九           漢字の覚え方 区・殴         漢字の覚え方 屈           漢字の覚え方 禺           漢字の覚え方 具           漢字の覚え方 君           漢字の覚え方 軍          
  • カ行(ク・コウ)
    漢字の覚え方 侯           漢字の覚え方 口           漢字の覚え方 后           漢字の覚え方 冓           漢字の覚え方 公           漢字の覚え方 工          
  • カ行(ケ )
    漢字の覚え方 夬           漢字の覚え方 血           漢字の覚え方 埶          
  • カ行(ケイ)
    漢字の覚え方 恵           漢字の覚え方 系           漢字の覚え方 圭           漢字の覚え方 奚           漢字の覚え方 携・攜        
  • カ行(ケン)
    漢字の覚え方 兼           漢字の覚え方 肙           漢字の覚え方 犬           漢字の覚え方 ・巻         漢字の覚え方 幵           漢字の覚え方 建           漢字の覚え方 見           漢字の覚え方 間           漢字の覚え方 僉           漢字の覚え方 県          
  • カ行(ケ・カイ)
    漢字の覚え方 戒           漢字の覚え方 解          
  • カ行(ケ・キ)
    漢字の覚え方 希           漢字の覚え方 幾           漢字の覚え方 气          
  • カ行(コ )
    漢字の覚え方 賈           漢字の覚え方 壴           漢字の覚え方 戸           漢字の覚え方 己           漢字の覚え方 古            漢字の覚え方 夸           漢字の覚え方 谷           漢字の覚え方 告           漢字の覚え方 骨          
  • カ行(コウ)
    漢字の覚え方 甲           漢字の覚え方 厷           漢字の覚え方 亘           漢字の覚え方 岡           漢字の覚え方 光           漢字の覚え方 高            漢字の覚え方 丂            漢字の覚え方 亢            漢字の覚え方 黄・広         
  • カ行(コン)
    漢字の覚え方 困           漢字の覚え方 艮           漢字の覚え方 今           漢字の覚え方 昆          
  • カ行(ゴ )
    漢字の覚え方 五・語         漢字の覚え方 呉           漢字の覚え方 午・御         漢字の覚え方 合            漢字の覚え方 卬          
  • サ行(サ )
    漢字の覚え方 坐           漢字の覚え方 采           漢字の覚え方 左・尋         漢字の覚え方 才            漢字の覚え方 卒           漢字の覚え方 祭           漢字の覚え方 乍           漢字の覚え方 冊          
  • サ行(サイ・セイ )
    漢字の覚え方 斉           漢字の覚え方 歳           漢字の覚え方 妻           漢字の覚え方 西          
  • サ行(サン)
    漢字の覚え方 参           漢字の覚え方 散           漢字の覚え方 戔           漢字の覚え方 算           漢字の覚え方 山           漢字の覚え方 三          
  • サ行(シ )
    漢字の覚え方 死           漢字の覚え方 師           漢字の覚え方 朿           漢字の覚え方 厶・台         漢字の覚え方 子           漢字の覚え方 思           漢字の覚え方 氏           漢字の覚え方 至           漢字の覚え方 止          
  • サ行(シ )
    漢字の覚え方 糸           漢字の覚え方 矢           漢字の覚え方 示           漢字の覚え方 市           漢字の覚え方 四           漢字の覚え方 旨           漢字の覚え方 支           漢字の覚え方 司           漢字の覚え方 史           漢字の覚え方 次           漢字の覚え方 士           漢字の覚え方 志        
  • サ行(シキ・ショク)
    漢字の覚え方 食           漢字の覚え方 戠           漢字の覚え方 式          
  • サ行(シチ・シツ)
    漢字の覚え方 失           漢字の覚え方 質           漢字の覚え方 七          
  • サ行(シャ )
    漢字の覚え方 車           漢字の覚え方 舎           漢字の覚え方 者           漢字の覚え方 射           漢字の覚え方 勺          
  • サ行(シャク・セキ)
    漢字の覚え方 席            漢字の覚え方 尺           漢字の覚え方 赤           漢字の覚え方 石           漢字の覚え方 責           漢字の覚え方 夕           漢字の覚え方 昔          
  • サ行(シュウ)
    漢字の覚え方 乑           漢字の覚え方 舟・受         漢字の覚え方 州            漢字の覚え方 習           漢字の覚え方 秋           漢字の覚え方 秀           漢字の覚え方 周            漢字の覚え方 祝・呪         漢字の覚え方 就          
  • サ行(シュ)
    漢字の覚え方 手           漢字の覚え方 殳           漢字の覚え方 朱           漢字の覚え方 守           漢字の覚え方 首           漢字の覚え方 主           漢字の覚え方 取           漢字の覚え方 出           漢字の覚え方 宿           漢字の覚え方 屯・春         漢字の覚え方 舜          
  • サ行(ショウ・セイ)
    漢字の覚え方 成           漢字の覚え方 青           漢字の覚え方 生           漢字の覚え方 正          
  • サ行(ショウ)
    漢字の覚え方 象           漢字の覚え方 小            漢字の覚え方 召           漢字の覚え方 尚           漢字の覚え方 章           漢字の覚え方 爿           漢字の覚え方 昌           漢字の覚え方 詳・善        
  • サ行(ショ)
    漢字の覚え方 庶           漢字の覚え方 処           
  • サ行(シン)
    漢字の覚え方 兂           漢字の覚え方 眞            漢字の覚え方 心           漢字の覚え方 囟(田)        漢字の覚え方 申           漢字の覚え方 辰           漢字の覚え方 辛・新         漢字の覚え方 深・探         漢字の覚え方 帚・侵        
  • サ行(ジ )
    漢字の覚え方 茲            漢字の覚え方 寺           漢字の覚え方 自           漢字の覚え方 舟・受         漢字の覚え方 孰           漢字の覚え方 朮           漢字の覚え方 女            漢字の覚え方 尽          
  • サ行(ジャク)
    漢字の覚え方 若            漢字の覚え方 弱           
  • サ行(ジュウ)
    漢字の覚え方 重           漢字の覚え方 从、縱         漢字の覚え方 十          
  • サ行(ジョウ)
    漢字の覚え方 丞           漢字の覚え方 乗           漢字の覚え方 成           
  • サ行(ジン)・ ナ行(ニン)
    漢字の覚え方 人           漢字の覚え方 壬           漢字の覚え方 刃          
  • サ行(ジ)・ナ行(ニ)
    漢字の覚え方 耳           漢字の覚え方 二           漢字の覚え方 爾          
  • サ行(ス・ズ )
    漢字の覚え方 水           漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 隹            漢字の覚え方 垂           漢字の覚え方 芻           漢字の覚え方 寸           漢字の覚え方 豆          
  • サ行(セ )
    漢字の覚え方 世           漢字の覚え方 是           漢字の覚え方 制           漢字の覚え方 卩・節         漢字の覚え方 折           漢字の覚え方 舌           漢字の覚え方 詳・善        
  • サ行(セン)
    漢字の覚え方 巽           漢字の覚え方 前           漢字の覚え方 先           漢字の覚え方 宣           漢字の覚え方 専           漢字の覚え方 戔           漢字の覚え方 扇           漢字の覚え方 全           漢字の覚え方 占           漢字の覚え方 川           漢字の覚え方 薦           漢字の覚え方 泉          
  • サ行(ゼン)
    漢字の覚え方 然           漢字の覚え方 全          
  • サ行(ソ )
    漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 疋           漢字の覚え方 卒           漢字の覚え方 且           漢字の覚え方 象           漢字の覚え方 蔵           漢字の覚え方 則           漢字の覚え方 尊          
  • サ行(ソウ)
    漢字の覚え方 匆           漢字の覚え方 忩           漢字の覚え方 倉           漢字の覚え方 爪           漢字の覚え方 送           漢字の覚え方 相           漢字の覚え方 早           漢字の覚え方 曾           漢字の覚え方 喿           漢字の覚え方 帚・侵        
  • サ行(ソク・ショク)
    漢字の覚え方 蜀           漢字の覚え方 足           漢字の覚え方 束          
  • タ行(タ )
    漢字の覚え方 㒸           漢字の覚え方 帶           漢字の覚え方 大           漢字の覚え方 退           漢字の覚え方 它・也         漢字の覚え方 弟           漢字の覚え方 厶・台         漢字の覚え方 代           漢字の覚え方 睪          
  • タ行(タン)
    漢字の覚え方 旦           漢字の覚え方 詹           漢字の覚え方 深・探         漢字の覚え方 単          
  • タ行(チ )
    漢字の覚え方 知           漢字の覚え方 畜           漢字の覚え方 竹           漢字の覚え方 宁           漢字の覚え方 直           漢字の覚え方 朕・藤        
  • タ行(チュウ)
    漢字の覚え方 壴           漢字の覚え方 肘            漢字の覚え方 中          
  • タ行(チョウ)
    漢字の覚え方 枼           漢字の覚え方 鳥           漢字の覚え方 朝           漢字の覚え方 長           漢字の覚え方 丁           漢字の覚え方 兆          
  • タ行(ツ )
    漢字の覚え方 㒸           漢字の覚え方 追          
  • タ行(テ )
    漢字の覚え方 帝           漢字の覚え方 氐           漢字の覚え方 廷           漢字の覚え方 呈           漢字の覚え方 弟           漢字の覚え方 啇           漢字の覚え方 占           漢字の覚え方 天           漢字の覚え方 田          
  • タ行(ト )
    漢字の覚え方 㝵           漢字の覚え方 奴           漢字の覚え方 度           漢字の覚え方 土           漢字の覚え方 屯          
  • タ行(トウ)
    漢字の覚え方 刀           漢字の覚え方 沓           漢字の覚え方 冬           漢字の覚え方 東           漢字の覚え方 朕・藤         漢字の覚え方 到           漢字の覚え方 豆          
  • タ行(ドウ)
    漢字の覚え方 童           漢字の覚え方 同          
  • タ行(ドウ)・ナ行(ノウ)
    漢字の覚え方 能           漢字の覚え方 脳           漢字の覚え方 農          
  • ナ行
    漢字の覚え方 奴           漢字の覚え方 南           漢字の覚え方 女            漢字の覚え方 内           漢字の覚え方 然           漢字の覚え方 念          
  • ナ行(ニン)・サ行(ジン)
    漢字の覚え方 人           漢字の覚え方 壬           漢字の覚え方 刃          
  • ナ行(ニ)・サ行(ジ)
    漢字の覚え方 耳           漢字の覚え方 二           漢字の覚え方 爾             
  • ナ行(ノウ)・タ行(ドウ)
    漢字の覚え方 能           漢字の覚え方 農           漢字の覚え方 脳          
  • ハ行(ハ )
    漢字の覚え方 巴           漢字の覚え方 巿           漢字の覚え方 派           漢字の覚え方 配・妃         漢字の覚え方 貝・買         漢字の覚え方 白           漢字の覚え方 莫           漢字の覚え方 癶          
  • ハ行(ハン)
    漢字の覚え方 般           漢字の覚え方 犯・氾         漢字の覚え方 八・半         漢字の覚え方 反           漢字の覚え方 番          
  • ハ行(ヒ )
    漢字の覚え方 非           漢字の覚え方 皮           漢字の覚え方 辟           漢字の覚え方 比           漢字の覚え方 必           漢字の覚え方 表           漢字の覚え方 票           漢字の覚え方 苗           漢字の覚え方 品          
  • ハ行(ヒョウ・ヘイ )
    漢字の覚え方 平           漢字の覚え方 丙          
  • ハ行(ビ)・マ行(ミ)
    漢字の覚え方 尾           漢字の覚え方 未          
  • ハ行(フ )
    漢字の覚え方 付           漢字の覚え方 夫           漢字の覚え方 父           漢字の覚え方 不           漢字の覚え方 孚           漢字の覚え方 卜           漢字の覚え方 畐           漢字の覚え方 复           漢字の覚え方 弗              
  • ハ行(フン )
    漢字の覚え方 賁           漢字の覚え方 勿           漢字の覚え方 八・分        
  • ハ行(ブン )
    漢字の覚え方 文           漢字の覚え方 分          
  • ハ行(ヘ )
    漢字の覚え方 並           漢字の覚え方 辟           漢字の覚え方 扁          
  • ハ行(ホ )
    漢字の覚え方 呆           漢字の覚え方 甫           漢字の覚え方 方           漢字の覚え方 包           漢字の覚え方 北           漢字の覚え方 賁          
  • ハ行(ボ )
    漢字の覚え方 母           漢字の覚え方 暴           漢字の覚え方 亡           漢字の覚え方 卯           漢字の覚え方 卜          
  • マ行
    漢字の覚え方 矛           漢字の覚え方 米           漢字の覚え方 莫           漢字の覚え方 末           漢字の覚え方 末           漢字の覚え方 綿           漢字の覚え方 毛           漢字の覚え方 孟           漢字の覚え方 勿          
  • マ行(メイ・ミョウ)
    漢字の覚え方 明           漢字の覚え方 名          
  • マ行(メン)・ハ行(バン・ベン)
    漢字の覚え方 面           漢字の覚え方 免          
  • マ行(メ・マ)・ハ行(バ)
    漢字の覚え方 馬           漢字の覚え方 麻         
  • マ行(モン)
    漢字の覚え方 文           漢字の覚え方 門          
  • ヤ行
    漢字の覚え方 亦・夜         漢字の覚え方 予           漢字の覚え方 余           漢字の覚え方 谷          
  • ヤ行(ユ)
    漢字の覚え方 兪           漢字の覚え方 攸           漢字の覚え方 憂           漢字の覚え方 由           漢字の覚え方 斿           漢字の覚え方 酉           漢字の覚え方 右          
  • ヤ行(ヨウ)
    漢字の覚え方 幺           漢字の覚え方 夭           漢字の覚え方 翟           漢字の覚え方 枼           漢字の覚え方 羊           漢字の覚え方 䍃・揺         漢字の覚え方 用           漢字の覚え方 昜           漢字の覚え方 要          
  • ラ行
    漢字の覚え方 果           漢字の覚え方 戻           漢字の覚え方 来           漢字の覚え方 礼・豊         漢字の覚え方 剌           漢字の覚え方 楽           漢字の覚え方 闌           漢字の覚え方 秝           漢字の覚え方 列          
  • ラ行(リ )
    漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 利            漢字の覚え方 里           漢字の覚え方 良           漢字の覚え方 令           漢字の覚え方 量           漢字の覚え方 両           漢字の覚え方 力              
  • ラ行(リュウ )
    漢字の覚え方 立           漢字の覚え方 留           漢字の覚え方 流          
  • ラ行(リン)
    漢字の覚え方 侖           漢字の覚え方 粦           漢字の覚え方 林          
  • ラ行(レイ)
    漢字の覚え方 戻           漢字の覚え方 礼・豊         漢字の覚え方 令          
  • ラ行(レン)
    漢字の覚え方 柬           漢字の覚え方 連          
  • ラ行(ロウ)
    漢字の覚え方 老           漢字の覚え方 良          
  • ラ行(ロク)
    漢字の覚え方 彔           漢字の覚え方 六          
  • ワ行
    漢字の覚え方 或           漢字の覚え方 夗          
  • 呉音と漢音
    呉音と漢音               
  • 小学校1年生で習う漢字
    小学校1年生で習う漢字①     小学校1年生で習う漢字②    
  • 小学校2年生で習う漢字
    小学校2年生で習う漢字①     小学校2年生で習う漢字②     小学校2年生で習う漢字③     小学校2年生で習う漢字④    
  • 小学校3年生で習う漢字
    小学校3年生で習う漢字①      小学校3年生で習う漢字②     小学校3年生で習う漢字③     小学校3年生で習う漢字④    
  • 小学校4年生で習う漢字
    小学校4年生で習う漢字①      小学校4年生で習う漢字②     小学校4年生で習う漢字③     小学校4年生で習う漢字④    
  • 小学校5年生で習う漢字
    小学校5年生で習う漢字①      小学校5年生で習う漢字②     小学校5年生で習う漢字③     小学校5年生で習う漢字④    
  • 小学校6年生で習う漢字
    小学校6年生で習う漢字①      小学校6年生で習う漢字②     小学校6年生で習う漢字③     小学校6年生で習う漢字④    
  • 小学校で習う漢字
    小学校で習う漢字 天地人      小学校で習う漢字 上下左右    小学校で習う漢字 父母姉妹兄弟    小学校で習う漢字 春夏秋冬    小学校で習う漢字 一~十      小学校で習う漢字 東西南北   
  • 小説『明暗そのあと』
    百八十九                百九十                 百九十一                百九十二                百九十三                百九十四                百九十五                百九十六                百九十七                百九十八                百九十九                二百               
  • 漢字 のエッセイ
    象形・指事・会意・形声 一年生  象形・指事・会意・形声 二年生  象形・指事・会意・形声 三年生  象形・指事・会意・形声 四年生  象形・指事・会意・形声 五年生  象形・指事・会意・形声 六年生  漢字でみるヤナギの分類      落語 空き巣             
  • 漢字 参考図書
  • 漢字 音読み索引(ア行)
  • 漢字 音読み索引(カ行)
  • 漢字 音読み索引(サ行)
  • 漢字 音読み索引(タ行)
  • 漢字 音読み索引(ナ行)
  • 漢字 音読み索引(ハ行)
  • 漢字 音読み索引(マ行)
  • 漢字 音読み索引(ヤ行)
  • 漢字 音読み索引(ラ行)
  • 漢字 音読み索引(ワ行)
  • 漢字・訓読み索引(あ行)
  • 漢字・訓読み索引(か行)
  • 漢字・訓読み索引(さ行)
  • 漢字・訓読み索引(た行)
  • 漢字・訓読み索引(な行)
  • 漢字・訓読み索引(は行)
  • 漢字・訓読み索引(ま行)
  • 漢字・訓読み索引(や行)
  • 漢字・訓読み索引(ら行)
  • 漢字・訓読み索引(わ行)
  • 漢字練習問題(中学生) [1]
    練習問題1-1(書き)         練習問題1-1(読み)         練習問題1-2(書き)         練習問題1-2(読み)         練習問題1-3(書き)         練習問題1-3(読み)         練習問題1-4(書き)         練習問題1-4(読み)         練習問題1-5(書き)         練習問題1-5(読み)        
  • 部首索引 魚(うお・さかな)
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ