カ行(コウ)

漢字の成り立ち 甲          漢字の成り立ち 厷          漢字の成り立ち 亘          漢字の成り立ち 岡          漢字の成り立ち 光          漢字の成り立ち 高           漢字の成り立ち 丂           漢字の成り立ち 亢           漢字の成り立ち 黄・広        

2017年4月23日 (日)

漢字の成り立ち 甲

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(コウ)』jiǎという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したら、になるのかを考えます。は中学校で習う常用漢字です。常用漢字に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(コウ)』jiǎは、亀の甲羅(コウラ)を表す象形文字です。漢字の部首は『田・た』、漢字の意味は『十干の一』、『一位』、『表面を覆うかたいもの』です。十干(木火土金水)の一番目で木(き)の兄(あに・え)から甲(きのえ)と読みます

甲骨文・金文では十を描いた文字、篆文では、白川は亀の甲羅の象形文字、藤堂は鱗である、設文では木の孚甲(若芽)としています。

『説文解字』には「東方の孟(はじめ)、陽气の萌動す。木の孚甲を戴くの象に従う」といい、「甲は人頭を象(かたど)る」とあります。

Photo

音読みは呉音が『キョウ』、漢音が『コウ』、慣用音が『カン』、訓読みが『きのえ』、『かぶと』です。亀や蟹などの背中を覆う硬い殻を羅(コウラ)、船の上部に板を張りつめた平らな床を板(カンパン・コウハン)、堅い前翅 (まえばね) が背面を覆う昆虫の仲間を虫(コウチュウ)、虫(コウチュウ)の仲間で、雄は二本の角を持ち、雌は角が無い4cm程度の黒茶色の昆虫を虫(かぶとむし)といいます。

★亀の甲より年の功 というのは、長く生きてきた年長者の知恵や経験は、尊重すべきであるということを言います。亀の甲と年の功を掛けています。

良い意味の漢字で『か』、『かつ』、『き』、『まさる』と名前に使われます。

(コウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(オウ)』は、手で押さえる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(上から被る)=(上から手で押さえる。押さえる。押す)です。漢字の部首は『扌・てへん』、漢字の意味は『権力でおさえつける』、『押(お)さえる』、『押(お)す』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ヨウ』、漢音が『オウ』、訓読みは『押(お)さえる』、『押(お)す』です。裁判所が証拠になる物を取り上げることを収(オウシュウ)、判子を押すことを印(オウイン)、権力でおさえて守ること・他人の土地を奪い取ることを領(オウリョウ)といいます。

良い意味の漢字で『おし』と名前に使われます。

(オウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(コウ)』jiǎは、岬(みさき)を表す形声文字です。漢字の足し算では、山(やま)+(上から被る)=(山の間。押さえる。押す)です。山と山の間を云い、我が国では、岬(みさき)をいいます。漢字の部首は『山・やま』、漢字の意味は『山の間』、『岬(みさき)』です。

藤堂は(キョウ・はざま)と同じ意味であるとしています。

Photo

音読みは呉音が『キョウ』、漢音が『コウ』、訓読みは『岬(みさき)』です。

(コウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(コウ)』xiáは、狎(な)れる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、犭(犬)+(上から被る)=(犬を押さえて狎れさせる。狎(な)れる)です。漢字の部首は『犭・けものへん』、漢字の意味は『狎(な)れる』、『なれなれしくする』です。

Photo_3

音読みは呉音が『キョウ』、漢音が『コウ』、訓読みは『狎(な)れる』です。なれなれしく愛することを愛(コウアイ)、お気に入りの家臣を臣(コウシン)といいます。

(コウ)は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-9d03.html

http://bit.ly/2pGJYML 『漢字の成り立ち

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.こうしえん(    )。

2.亀の こう(  )より年の功。

3.証拠を おうしゅう(   )する。

4.土地を おうりょう(   )する。

5.宗谷 みさき(  )。

解説です。基本の漢字は、押(お)さえるは扌を足して、岬(みさき)は山を足して、狎(な)れるは犭(けものへん)を足してです。

解答です。子園、収、領、

2016年12月11日 (日)

漢字の成り立ち 厷

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(コウ)』gōngという字を基本とした『単語家族』を説明します。基本の漢字の意味は『厷(ひじ)』、『広げる』です。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したらになるのかを考えます。は人名用漢字用で、は常用漢字・人名用漢字ではありませんが、一緒に覚えましょう。

 『(コウ)』gōngは、厷(ひじ)を表す象形文字です。外に向けて∠字張りだす厷(ひじ)を象(かたど)っているといわれています(藤堂)。漢字の部首は『ム・む』、漢字の意味は『厷(ひじ)』、『広げる』です。

『説文解字』には「臂(ひじ)の上なり」とあります。肩から手先までをいい、狭義には厷(ひじ)・厷(ひじ)から手先までの部分をいいます。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』です。訓読みは『厷(ひじ)』です。

漢字の世界では、身体を表すのに月(にくづき)を足して使うのが普通で、(コウ)の漢字があるために(コウ)を使うことはありませんが、の音符になっています。

(コウ)は常用漢字から外れています。

 『(コウ)』gōngは、肱(ひじ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、月(身体)+(ひじ)=(身体の中で、外に向けて∠字張りだす部分。肱。ひじ)です。漢字の部首は『月・にくづき』、漢字の意味は『肱(ひじ)』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』です。訓読みは『肱(ひじ)』です。肱(ひじ)と膂(せぼね)・物事の中心を膂(コウリョ)、股(また)と肱(ひじ)・主君の手足となって働く、頼りになる家来を股(ココウ)といいます。

(ひじ)は(ひじ)http://bit.ly/1PRBJHN と書くのが普通で、(ひじ)http://bit.ly/1Dn5mrV とも書きます。

(コウ)は常用漢字から外れています。

 『(コウ)』hóngは、張り渡した紐(ひも)・紘(つな)を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸(いと)+(外に向けて張りだす)=(張り渡した糸・紘。つな)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、漢字の意味は『冠に渡したひも』、『紘(つな)』です。

Photo_5

音読みは呉音が『オウ』、漢音が『コウ』、訓読みが『紘(つな)』です。大地に張り渡した八本の紘(つな)・大地の果・世界を八(ハツコウ)といいます。

縁起の良い漢字で『つな』、『ひろ』、『ひろし』と名前に使われます。

(コウ)は人名用漢字です。

 『(コウ)』hóngは、家の外枠をいっぱいに広げる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、宀(家・屋敷)+(肱を張る・広げる)=(家の外枠をいっぱいに広げる。宏(ひろ)い)です。漢字の部首は『宀・うかんむり』、漢字の意味は『宏(ひろ)い』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みが『宏(ひろ)い』です。広くて遠い様子・度量が広く、才知が優れていることを遠(コウエン)、大きな器量を器(コウキ)、広く物事の道理に通じていることを達(コウタツ)といいます

縁起の良い漢字で『あつ』、『ひろ』、『ひろし』と名前に使われます。

(ひろ)いは(ひろ)いhttp://bit.ly/1w2Lh5I と書くのが普通です。

(コウ)は人名用漢字です。

 少し変わった仲間の漢字に『(ユウ。おす・お)』xióngがあります。

雄(おす)の隹を表す漢字です。、漢字の足し算で表わすと、厷(ひじ)+隹(ふるとり・隹)=(肱を張った威勢の良い隹。おすの隹)です。漢字の成り立ちから言えば、『雄』は『肱(コウ)』と読むはずですが、異体字の『䧺(ユウ)』(右側にいる隹。中国では右側が優位。おすの隹)の影響を受けて『ユウ』 http://bit.ly/1D6K0Ps と読みます。

意味はひじを張って偉ぶっている(とり)の姿で、おすを表しています。大(ユウダイ)、英(エイユウ)、叫び(たけび)のです。

』は中学校で習う常用漢字です。 

(ユウ)については『漢字の成り立ち http://bit.ly/1D6K0Ps をご覧ください。

Photo_6

メスを表す漢字は『(シ・めす・め)』です。に小さいの意味があります。例えば、少(サショウ)のが同じ漢字仲間です。は小さい隹(とり)の姿でめすを表しています。両方で雌雄(シユウ)と言います。

 『』・『』ともに漢字の部首は『・ふるとり』です。

(シ)』については『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-296c.htmlをご覧ください。

』は中学校で習う常用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-9e97.html

http://bit.ly/2gAU0hb 『漢字の成り立ち  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ここう(   )の臣。

2.世界の果 はっこう(   )。

3.こうたつ(   )な人物。

解説です。基本の漢字は、月(にくづき)を足して、紘(つな)は糸を足して、宏(ひろ)いは宀(うかんむり)を足してです

解答です。股、八達。

2016年12月 4日 (日)

漢字の成り立ち 亘

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(コウ)』gèn という字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』には亘、という漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』・『』に何を足したらになるのかを考えます。は中学校で習う常用漢字、亘、亙は人名用漢字です。一緒に覚えましょう。

 『(コウ)』gènは、上下の空間を表す会意文字です。漢字の足し算では、ニ(上下)+囘(回・まわる)=)(上下の間を回る。空間。亘る。めぐる。わたる)です。漢字の部首は『ニ・に』、漢字の意味は『亘(わた)る』、『亘(めぐ)る』です。

『説文解字』には「二に从(したが)い囘(カイ)に从(したが)う」とあります。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』gènです。訓読みは『亘(わた)る』です。『亘(めぐ)る』の意味では、呉音・漢音ともに『セン』xuānと読みます。(めぐ)るを使った漢字には(の)べるhttp://bit.ly/2aDi5iD があります。

縁起の良い漢字で『とおる』、『のぶ』、『ひろし』、『もとむ』、『わたり』、『わたる』と人名に使われます。

(コウ)は人名用漢字です。

(コウ)と同じ趣旨の漢字に(コウ)があります。(コウ)と(コウ)はもと別字ですが混用されています。

 『(コウ)』gènは、月の上下・岸の両側をわたる舟を表す会意文字です。漢字の足し算では、ニ(上下)+月(つき・ふね)=(月の上下。空間。舟の両岸。亙る。わたる)です。漢字の部首は『ニ・に』、漢字の意味は『亙(わた)る』、『月の弦』です。

Photo_3

藤堂は金文では月の上下を示し、篆文では月は舟であり、こちろ側と向こう側をわたることを示すと解説しています。

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『亙(わた)る』です。昔から今までを古(コウコ)といいます。

縁起の良い漢字で『とおる』、『のぶ』、『わたる』と人名に使われます。

(コウ)は人名用漢字です。

 『恆・(コウ)』gènは、いつも変わらない様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、忄(心の動き)+亙・(わたる・張りつめた弦)=(いつもかわりなく張りつめた心。恒。つね。いつも)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、漢字の意味は『恒(つね)』、『いつも』、『月の弦』です。

常用漢字に登録されている(コウ)を使うことが多いです。

Photo

音読みは呉音『ゴウ』、漢音が『コウ』、訓読みは常用外に『恒(つね)』があります。いつも一定してかわらないことを常(コウジョウ)、習慣となっていつも行われる事柄を例(コウレイ)、自分で光を出し続け、天球上で位置を変えない星を星(コウセイ)といいます。

非常に良い意味の漢字で『ちか』、『つね』、『のぶ』、『ひさ』、『ひさし』、『ひとし』、『わたる』と名前に使われます。

(つね)は(つね)http://bit.ly/1zeLdFK と書くことが多いです。

(コウ)は中学校で習う常用漢字、(コウ)は人名用漢字です。

 『(エン)』yuánは、垣(かき)を表す形声文字です。漢字の足し算では、土(土地)+(めぐる)=(土地の周りをめぐる。垣根。かきね)です。漢字の部首は『土・つちへん』、漢字の意味は『垣(かき)』です。

Photo_2

音読みは呉音『ヲン(オン)』、漢音が『ヱン(エン)』、訓読みが『垣(かき)』です。家の周囲の囲い・間を隔(へだ)てるものを根(かきね)、竹や柴などで組んだ囲いを籬(ませがき・リエン)・籬(エンリ)といいます。

(エン)は中学校で習う常用漢字です。

 『(コウ)』héngは、月に住むと云う伝説の美女を表す形声文字です。漢字の足し算では、女(女性)+(月の上下)=(月に住む女神)です。漢字の部首は『女・おんなへん』、漢字の意味は『姮娥(コウガ)』です。

眉の美しい女性を表す(ガ)http://bit.ly/1D68WXb と一緒に娥(コウガ)として使います。

Photo_3

音読みは呉音が『ゴウ』、漢音が『コウ』です。

漢の皇帝の名前を避けて娥(コウガ)を娥(コウガ・ジョウガ)とも書きます。

(コウ)は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-80e2.html

http://bit.ly/2fVStiQ 『漢字の成り立ち  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.こうじょう(   )的な施設。

2.こうれい(   )の忘年会。

3.かきね(   )の曲がり角。

4.岐阜県 おおがき(   )市。

解説です。基本の漢字は、忄(りっしんべん)を足して、土を足して、女を足してです。

解答です。常、例、根、大

2016年2月28日 (日)

漢字の成り立ち 岡

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(コウ)』gāngという字を基本とした『単語家族』を説明します。音読みは『コウ』、共通したイメージは『かたい』です。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したらになるのかを考えてます。は小学校6年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(コウ)』gāngは、かたく平らな台地を表す会意文字です。漢字の足し算では、网(かたいつな)+山(高い)=(かたく平らな高い場所。岡。おか)です。

Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『岡(おか)』です。かたく平らな山の背を陵(コウリョウ)といい、山陽地方に山県(おかやまケン)があります。

異体字に(コウ)があります。

(おか)は(おか)とも書きます。

(コウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(コウ)』gāngは、太いかたい綱(つな)を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸(いと)+(かたいつな)=(太くてかたい綱。つな。物事を統括する大筋)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、漢字の意味は『綱(つな)』、転じて『物事を統括する大筋』、『生物学の大きな区分け』です。
Photo_3

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『綱(つな)』です。太いつなを維(コウイ)、事柄の根本となるもの・大づかみにとらえた内容を綱(タイコウ)、人が手にとって馬を操る綱を手(たづな)といいます。

(つな)は(つな)http://bit.ly/1STcEwU とも書きます。

(コウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(コウ)』gàngは、かたい鋼(はがね)を表す形声文字です。漢字の足し算では、金(金属・鉄)+(かたいつな)=(硬い金属。硬い鉄・鋼。はがね)です。漢字の部首は『金・かねへん』、漢字の意味は『綱(はがね)』です。

Photo_5

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『綱(はがね)』です。炭素を含んだ硬い鉄類を鉄(テッコウ)、製造したままの鋼(はがね)を粗(ソコウ)といいます。

縁起の良い漢字で『かた』と名前に使われます。

(コウ)は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/2dKqhzH です。

 『(ゴウ)』gāngは、強くて硬い刀を表す形声文字です。漢字の足し算では、(かたいつな)+刂(かたな)=(強くて硬い刀。強くて硬いもの全般)です。漢字の部首は『金・かねへん』、漢字の意味は、『強くて硬い刀』ですが、『強くて硬いもの』全般に用います。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、慣用音が『ゴウ』です。強くて勇ましいことを強(ゴウキョウ)、かたいと柔(やわ)らかい・つよいとやさしいを柔(ゴウジュウ)精神力が強く、太っ腹なことを腹(ゴウフク)といいます。

縁起の良い漢字で『かた』、『かたし』、『こわし』、『たか』、『たかし』、『たけ』、『たけし』、『つよ』、『つよし』、『ひさ』、『まさ』、『よし』と名前に使われます。

(ゴウ)は中学校で習う常用漢字です。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.吉備の国 おかやま(    )。

2.募集 ようこう(    )。

3.てっこう(    )の生産額。

4.ごうわん(    )投手。

解説です。基本の漢字は、綱(つな)は糸を足して、鋼(はがね)は金を足して、剛(つよし)は刂(りっとう)を足してです。

解答です。山、要、鉄腕。

2015年9月13日 (日)

漢字の成り立ち 光

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(コク)』guāngという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』には、という漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したらになるのかを考えてます。は小学校2年生で習う常用漢字、は人名用漢字です。常用漢字・人名用漢字に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(コウ)』guāngは、座った人が火を持って照らしている様子を示す会意文字です(落合)。頭上に火を載せた姿(藤堂・白川)ともいわれています。漢字の足し算では、火+儿(人)=(火で輝く光。ひかり)です。漢字の部首は『儿・ひとあし』、意味は『光(ひかり)』、『輝く』、『景色』です。

『説文解字』には、「明るいなり。火に従い、人上に在る。光明の意なり。」とあります。

Photo_3

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『光(ひかり)』、『光る(ひかる)』です。明るく光るのが明(コウミョウ)、自然の風と光の景色を風(フウコウ)、輝き栄える様子を栄(エイコウ)、光のように速い回線を回線(ひかりカイセン)といいます。(コウ)、(コウ)、(コウ)と同じ漢字の仲間です。

「背中に火がついている状態で縁起が悪い漢字」という人、調べもしないで拡散する人がいます。そのようなことは、『説文解字』、『新漢和辞典』、『学研漢和大辞典』、『漢字源』、『字統』、『字通』、『新漢語林』、『甲骨文字小字典』どこにも書いてありません。推測ですが、『説文解字』や加藤先生の『字源辞典』から拡大解釈したのではないでしょうか。酷(ひど)いことを書く人がいるものです。

Photo_5Photo_7

聖職者を表す(白川)、非常に縁起の良い、明るい漢字で『あき』、『あきら』、『あり』、『かぬ』、『かね』、『さかえ』、『てる』、『ひかり』、『ひかる』、『ひこ』、『ひろ』、『ひろし』、『みつ』、『みつる』と広く名前に使われます。

(コウ)』は小学校2年生で習う漢字 http://bit.ly/1CcJ09S です。

 『(コウ)』huǎngは、光が四方に広がる様子を示す形声文字です。漢字の足し算では、日+(ひかり)=(光が四方に広がる。ひかる。あきらか)です。漢字の部首は『日・にち』、意味は『ひかる』、『あきらか』です。

Photo

異体字に『(コウ)』huǎngがあります。

音読みは呉音が『オウ』、漢音が『コウ』、訓読みは『晃(あきら)か』です。光り輝く様子を晃晃コウコウ)といいます。

晃晃(コウコウ)は(コウコウ)と書くことが多いです。

非常に縁起の良い明るい漢字で『あき』、『あきら』、『きら』、『てる』、『ひかる』、『みつ』と名前に使われます。

(コウ)』は人名用漢字です。

 『(コウ)』huǎngは、広げた布を表す形声文字です。漢字の足し算では、巾(ぬの)+(広がる)=(広げた布。幌。ほろ)です。漢字の部首は『巾・はばへん』、意味は『幌(ほろ)』、『日除けの幕(まく)』、『矢を防ぐ布』です。我が国では鎧の背につける矢を防ぐ布を幌・母衣(ほろ)といいます。

Photo_17

音読みは呉音が『オウ』、漢音が『コウ』、訓読みは『幌(ほろ)』です。日除けの張った長距離の馬車を馬車(ほろバシャ)、外側だけ布で張った酒屋の看板・中身にないことを子(コウシ)といいます。

非常に縁起の良い漢字で『あきら』、『ほろ』、『ぽろ』と名前に使われます。また、アイヌ語では『大きな』を『ポロ』といい。『(ポロ)』の漢字を宛てることが多いです。

非常に縁起の良い明るい漢字で『あきら』と人名に使われます。

(コウ)』は人名用漢字です。

 『(コウ)』guāngは、人体で尿(ニョウ・ゆばり)をためる内臓器官を表す形声文字です。漢字の足し算では、月(身体)+(広がる)=(広がる袋。尿をためておく内臓器官。胱。ゆばりぶくろ)です。漢字の部首は『月・にくづき』、意味は『胱(ゆばりぶくろ)』です。漢字の世界では、(ボウ・左右に広がる袋)http://bit.ly/1oh7v59 と一緒に使い、膀(ボウコウ)として尿をためる内臓器官を表します。

Photo_16

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『胱(ゆばりぶくろ)』です。

(コウ)』は常用漢字から外れています。

 『(コウ)』huǎngは、光の中でうっとりする様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、忄(こころ)+(広がる光)=(光の中でうっとりする)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、意味は『光の中でうっとりする』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』です。うっとりする様子・ぼんやりする様子を惚(コウコツ)といいます。

心が勿(なくなる)ようにうっとりすつ様子は忽(コツ)や惚(コツ・ほれる)http://bit.ly/1WobCsL の漢字を使います。

(コウ)』は常用漢字から外れています。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページに掲載した辞典・新書などを直接お読みください。

少し練習しましょう。

1.ふうこう(   )明媚(めいび)。

2.過去の えいこう(   )。

3.こうこう(   )と輝く。

4.ほろ(  )馬車。

5.さっぽろ(   )の街。

6.ぼうこう(   )に尿がたまる。

7.こうこつ(   )。

解説です。基本の漢字は、晃(あきら)は日を足して、幌(ほろ)は巾を足して、胱(ゆばりぶくろ)は月(にくづき)を足して胱、恍惚(コウコツ)は忄を足してです。

解答です。風、栄晃晃、煌煌、、札、膀惚。

少し漢字の成り立ちの話をしましょう。最古の辞書は後漢(建光元年・西暦121年)の許慎(キョシン)の「説文解字(セツモンカイジ)」です。許慎はその中で漢字について六種の原理を説明しています。これを『六書(リクショ)』といいます。六種類のうち四種類は漢字の成り立ちについて、残りの二種類は漢字の使用法についてしるしています。

彼は、漢字(=文字)の成り立ちを、物の形に象(かたど)った『象形』(ショウケイ)、象形文字を基に点を打つことにより示された『指事』(シジ)、文字を組み合わせた『会意』(カイイ)、意味と音・声を示す文字を組み合わせた『形声』(ケイセイ)の四種類に分類しました。

』は火と儿(人)を組み合わせた文字なので『会意文字』です。『』は日に光、『』は巾に光、『』は月に光、『』は忄に光を組み合わせた文字です。『(コウ)』の音・声(音符)含みますから『形声文字』です。

漢字の殆どはこの『形声文字』です。漢字が足し算であるというのは、この漢字の成り立ちに関わっています。『形声文字』は音・声(音読み)が同じなので、音・声(音読み)を基にして漢字の足し算で、漢字を覚えようとしているわけです。

2014年8月10日 (日)

漢字の成り立ち 丂

 今日は『(コウ)』kǎoという漢字の『単語家族』(意味・発音上の漢字の仲間)について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『コウ』、意味は『曲がる』、『つかえて曲がる』です。、などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』は漢字の足し算で表わせます。『丂』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校で2年生で、は3年生、は中学校で習います。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『丂(コウ)』kǎoは、曲がる様子を表す指事文字です(藤堂)。漢字の部首は『一・いち』、意味は『曲がる』、『つかえて曲がる』です。曲がった刀を表しているという説もあります。意味は同じです。

Photo

音読みは呉音・漢音とも『コウ』だと思われます。『丂』は常用漢字から外れており、単独で使われることはありませんが、の音符(『コウ』という読み方と『曲がった』という意味を表す)として漢字の一部を形声しています。

 『(コウ)』kǎoは、考える様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、老+丂(コウ・曲がる)=(長老が曲がりくねりつつ考える。考える)です。漢字の部首は『老・おいがしら』、意味は『考(かんが)える』、考えるから転じた『試験』があります

Photo_7

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『考える(かんがえる)』です。参照して考えるのが参(サンコウ)、考え(考・案は両方とも考えるの意味)出すのが案(コウアン)、古いことについて考えるのが古学(コウコガク)、試験(考)で選ぶのが選(センコウ)です。『』は小学校2年生http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-5af6.htmlで習う漢字です。

 『(ゴウ)』kǎoは、身体が曲がるまで拷問(ゴウモン)する様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(身体が曲がる)=(身体が曲がるまで打ちすえる)です。』部首は『扌・てへん』、意味は『うちすえる』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、慣用音が『ゴウ』です。罪状を問う時に鞭などで打ちすえることを問(ゴウモン)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(ゴウ)』hàoは、大声で叫ぶ様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、口+丂(曲がる)=(屈曲させて出す大声。叫ぶ。名を付ける)です。漢字の部首は『口・くち』、意味は『叫ぶ』、『名を付ける』、『命令する』、『船などの名』、『しるし・記号』、『番号』です。

同じ意味の異体字に『(ゴウ)』hàoがあります。虎のように太い声で叫ぶことです。戦争に負ける前はこちらの漢字を使っていました。

Photo

音読みは呉音が『ゴウ』、漢音が『コウ』です。訓読みは常用外に『号(さけ)ぶ』があります。泣(ゴウキュウ)、大声で命令することを令(ゴウレイ)、合図の鉄砲を砲(ゴウホウ)、しるしのことを記(キゴウ)といいます。

』は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-1f63.htmlです。

 『(コウ)』qiǎoは、巧(たく)みな職人技を表す形声文字です。漢字の足し算では、工(技術)+丂(曲がる)=(屈曲させる細かな技術が上手である。巧み。たくみ)です。漢字の部首は『工・こう』、意味は『巧(たく)み』です。

Photo_3

音読みは呉音が『キョウ』、漢音が『コウ』です。訓読みは『巧(たく)み』です。巧みなことと拙(つたな)いことを拙(コウセツ)、上手で見事なことを妙(コウミョウ)、精密で巧みな技術や作品を精(セイコウ)、巧みな言葉を言(コウゲン)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

非常に良い意味の漢字で『たえ』、『たくみ』、『よし』と名前に使われます。

(たく)み』は『(たくみ)』とも書きます。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-bcbb.htmlをご覧ください。

 『(キュウ)』xiǔは、木が曲がって朽(く)ちた様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、木(植物の木)+丂(曲がる)=(木が曲がって朽ちる。朽ちる。くちる)です。漢字の部首は『木・きへん』、意味は『朽(く)ちる』、『古くなってダメになる』です。

Photo_4

音読みは呉音が『ク』、漢音が『キュウ』です。訓読みは『朽(く)ちる』です。朽ちることのない永遠を不(フキュウ)、古くなって役に立たないこと老(ロウキュウ)、朽ちてしまった木を木(キュウボク)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.さんこう(   )図書。

2.じっくり かんが( )える。

3.試験で せんこう(   )される。

4.罪人を ごうもん(   )する。

5.ごうれい(   )を掛ける。

6.電話 ばんごう(   )を控える。

7.きごう(   )を書く。

8.せいこう(   )な腕時計。

9.作品の こうせつ(   )を言う。

10.ふきゅう(   )の名作。

11.施設の ろうきゅう(   )化。

解説です。基本の漢字は、考えるは老を足して、拷問は扌(てへん)を足して、号・號(さけ)ぶは口を足して、虎を足して、巧(たく)みは工を足して、朽(く)ちるは木(きへん)を足してです。

解答です。参える、選問、令、令、番、番、記、記、精、巧拙、不、老

漢字の成り立ち 高

 今日は『(コウ)』gāoという漢字の『単語家族』(意味・発音上の漢字の仲間)について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『コウ』、意味は『高い』、『乾いた』です。稿などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』は漢字の足し算で表わせます。『』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校で2年生で、稿は中学校で習います。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(コウ)』gāoは、高い建物を描いた象形文字です。異体字としてがあります。漢字の部首は『高・たかい』、漢字の意味は『高い』です。建物・場所・位・腕前・値段・年・収入など多くのものが対象になります。

Photo_8

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『(たか)い』です。高地にある平原を原(コウゲン)、高い位を位(コウイ)、高い値段を価(コウカ)、高い評判を名(コウミョウ)といいます。

(コウ)』は小学校2年生http://bit.ly/1CcJ09S で習う漢字です。

大変縁起の良い漢字で、『あきら』、『うえ』、『かぎり』、『こう』、『すけ』、『たか』、『たかい』、『たかし』、『たけ』、『ほど』と名前に使われます。

 『稿(コウ)』gǎoは、稿(わら)を表す形声文字です。漢字の足し算では、禾(穀物)+(乾燥させた)=稿(穀物の茎の部分を乾燥させたもの。稿。わら)です。漢字の部首は『禾・のぎへん』、意味は『稿(わら)』、『下書き』です。

Photo_7Photo_5

木が『恒久的』なものに対し、草や藁は一年草なので、『一時的』の意味があります。昔は木や竹の簡(カン)に字を書いていたので、草や藁に『下書き』、『走り書き』の意味あるようになりました。また、藁(わら)の散らかった様が『下書き』の散らかる様子に似ているからともいわれています。『稿(わら)』は『(わら)』の字を使い、『下書き』の意味には『稿(コウ)』を使うのが普通です。

音読みは呉音・漢音とも『コウ』、訓読みは常用外の『稿(わら)』です。文章や詩の下書きを草稿(ソウコウ)、公表・印刷する元の文章を原稿(ゲンコウ)、雑誌や新聞に文章を寄せることを寄稿(キコウ)といいます。

稿(コウ)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(コウ)』gǎoは、藳・藁(わら)を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(乾燥させた)+禾・木(穀物)=(穀物の茎の部分を乾燥させたもの。藳・藁。わら)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、意味は『稾・藁(わら)』です。字体は禾と木、両方ありますが、意味は同じです。

Photo_10

音読みは呉音・漢音とも『コウ』、訓読みは『藳・藁(わら)』です。稭(わらしべ)、履・沓(わらぐつ)のです。『』は常用漢字から外れています。

 『(コウ)』qiāoは、高い建物を敲(たた)く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(高い建物)+攴(動作)=(コウ)、漢字の部首は『攴・ぼくづくり』、意味は『敲(たた)く』です。

Photo_9

動作を表す攵(ぼくづくり)は、篆文で(ボク)楷書体では(ボク)のデザインをとりますが、敲(たた)くは攴(ボク)のデザインをとります。

音読みは呉音は『キョウ』、漢音が『コウ』、訓読みは『敲(たた)く』です。人を訪れて門を敲くことを門(コウモン)、詩文の語句をあれこれ考えることを推(スイコウ)といいます。『』は常用漢字からは外れています。

唐の国に賈島(カトウ)という人がいました。漢詩の一句に「僧は(たた)く月下の門」、「僧は推(お)す月下の門」とどちらにしようか考えながら歩いているうちに韓愈(カンユ・官僚・詩人)の行列に突き当ってしまいました。このことから、文章を何度も練り直すことを推(スイコウ)と云うようになりました。韓愈はそれは(たた)くが良いと言ったそうです。   

 『(コウ)』hàoは、太陽が昇り始めて空が白くなる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、白(高い建物)+(高く昇る)=(コウ)、漢字の部首は『白・しろ』、意味は『皜(しろ)い』、『けがれのない』です。

Photo_10

音読みは呉音は『ゴウ』、漢音が『コウ』、訓読みは『皜(しろ)い』です。潔白でけがれのない様をコウコウ)といいます。

(コウ)』は常用漢字からは外れています。

 『(コウ)』gǎoは、白い絹を表す・縞模様を形声文字です。漢字の足し算では、糸(衣服・絹)+(白い)=(白い絹)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、意味は『縞(しろ)い』、『縞(しま)』です。

Photo_3

(コウ)は白い絹を表しますが、我が国では縞(しま)模様を表す漢字です。

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『縞(しろ)い』、『縞(しま)』です。白絹の衣服を縞衣(コウイ)、縞のある絵がらを模様(しまモヨウ)をといいます。

(コウ)』は人名用漢字です。

 『(コウ)』hāoは、背の高い草。蒿(よもぎ)を様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(高く伸びる)=(背の高い草。蒿。よもぎ)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、意味は『蒿(よもぎ)』です。

Photo_11

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『蒿(よもぎ)』です。よもぎのことを蓬(ホウコウ)といいます。蒿(よもぎ)の茎でつくった矢を矢(コウシ)といい、邪気(ジャキ)を払うとされています。『』は常用漢字からは外れています。

(よもぎ)は(よもぎ)とも書きます。

 『(コウ)』hāoは、戦いの始めの矢がうなる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、口(音)+(高く伸びる。よもぎの茎の矢)=(矢がうなる。戦いの始め)です。漢字の部首は『口・くちへん』、意味は『矢がうなる』、『始める』です。

Photo_12

音読みは呉音は『キョウ』、漢音が『コウ』です。かぶら矢(戦いの開始に使う矢)、物事の初めを矢(コウシ)といいます。『』は常用漢字からは外れています。

 『(コウ)』gāogàoは、脂ののった良い肉を表す形声文字です。漢字の足し算では、(良い)+月(肉)=(脂ののった良い肉)です。漢字の部首は『月・にくづき』、意味は『脂ののった肉』、『うるおい』、『脂(あぶら)』、『心臓の下』です。

Photo_6Photo_5

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』です。あぶら薬を薬(コウヤク)、練り状の軟らかい薬を軟(ナンコウ)、心臓の下(膏)と横隔膜の上(肓)を肓(コウコウ)といい、漢字では身体の奥深くを指します。『』は常用漢字からは外れています。

身体の奥深い部分を肓(コウコウ)といい、病気がここに入ると、針も薬も届かないので治らないと言われています。「病(やまい)肓(コウコウ)に入る。」漢字の世界では、不治の病の事です。

 『(ゴウ)』háoは、細長い毛を表す形声文字です。転じて僅か意味があります。漢字の足し算では、(高い・細長い)+毛=(細長い毛。ごくわずか)です。漢字の部首は『毛・け』、意味は『細長い毛』、『ごくわずか』、『毛筆』です。

Photo

音読みは呉音は『ゴウ』、漢音が『コウ』です。きわめて僅かのことを寸(スンゴウ)、筆を揮(ふる)うこと・知人に頼まれて書くことを揮(キゴウ)といいます。

(ゴウ)』は常用漢字から外れています。

 『(ゴウ)』háoは、ヤマアラシを表す様子を表す形声文字です。転じて堅い、強い、すぐれるの意味があります。漢字の足し算では、(高い・かたい)+豕(動物)=(高い・かたい毛をもつヤマアラシ。堅い、強い、すぐれる)です。漢字の部首は『豕・いのこ』、意味は『堅い』、『強い』、『すぐれる』、『財産がある』、『オーストラリア』です。

Photo_2

音読みは呉音は『ゴウ』、漢音が『コウ』です。才知がひときわ優れている人・太っ腹な人を傑(ゴウケツ)、富んで財産があることを富(フゴウ)、剣のすぐれた使い手を剣(ケンゴウ)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(ゴウ)』háoは、城下にめぐらした濠(ほり)。御濠(おほり)を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(大きい)=(市の中の大きな池。濠。ほり)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『濠(ほり)』です。

Photo_4

音読みは呉音は『ゴウ』、漢音が『コウ』です。訓読みが『濠(ほり)』です。城の防衛のため水の入った濠(ほり)を(スイゴウ)、水の入っていない濠を空(からぼり)といいます。『』は常用漢字から外れています。

(スイゴウ)は馬術競技や障害走競技にも使われています。(ほり)は(ほり)とも書きます。

 『(ゴウ)』háoは、城下にめぐらした壕(ほり)を表す形声文字です。漢字の足し算では、土+(大きい)=(城下にめぐらした壕。ほり)です。漢字の部首は『土・つちへん』、意味は『壕(ほり)』です。

Photo_8

音読みは呉音は『ゴウ』、漢音が『コウ』です。訓読みが『壕(ほり)』です。戦争で敵の砲弾から身を守るため土を掘った(塹)の溝・穴を塹(ザンゴウ)といいます。『』は常用漢字から外れています。

(ほり)、(ほり)は(ほり)とも書きます。(ほり)は屈(クツ)の漢字の仲間です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-75c2.htmlご覧ください。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.こうか(   )な買い物。

2.こうげん(   )の避暑地。

3.げんこう(   )用紙。

4.わらぐつ(   )をはく。

5.文章の すいこう(   )をする。

6.さきがけ。こうし(   )となる。

7.患部に こうやく(   )を塗る。

8.すんごう(   )も悪意はない。

9.ごうかい(   )な人物。

10.ふごう(   )になる。

11.3000m障害の すいごう(   )。

12.ざんごう(   )に身を隠す。

解説です。基本の漢字は、原稿は禾(のぎへん)を足して稿、藳・藁(わら)は艹(くさかんむりと禾・木(穀物)を足して、蒿(よもぎ)は艹(くさかんむり)を足して、敲(たた)くは攴(ぼくづくり)を足して、肉のあぶらは月(にくづき)を足して、ほんのわずかは毛を足して、豪快は豕(いのこ・動物)を足して、濠は氵(さんずい)を足して、塹壕は土を足してです。

解答です。価、原、原稿履・沓、推矢、薬、寸快、富、水、塹

2014年1月 5日 (日)

漢字の成り立ち 亢

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日はという『単語家族』について説明します。基本の漢字は『kàngで、読み方は『コウ』、意味は『組みあわす』です。

『単語家族』は足し算で表わすことができるので『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校4年生で習い、は中学校で習います。学校、学年に関係なくまとめて覚えてしまいましょう。

 『(コウ)』kàngは、真っ直ぐな首の様子を漢字にした会意文字(カイイモジ)です。漢字の足し算では、大・亠(人の首の部分)+几(冂、まっすぐな首の線)=(人の首・のど。まっすぐ。首の高い様子)です。漢字の部首は『亠・なべぶた』、意味は『まっすぐ』、『たかい』、『のど』です。『』の漢字単独で使う事はありませんが、の音符(オンプ・特定の意味と音を表す漢字のパーツ)として活躍しています。

『説文解字』では「人の頸(くび)なり。頸脈(ケイミャク)の形に象(かたど)る」とあります。藤堂は会意文字とし、白川は『説文解字』に従って象形文字としています。

Photo_9

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』です。天高く登った龍を龍(コウリュウ)といいます。

★「龍(コウリュウ)悔(く)い有り」とは、天にのぼりつめた龍はのぼる所がなく後悔する。最高の立場の人間は慎(つつし)まないと失敗するというたとえに使われます。

』は常用漢字からは外れています。

 『(コウ)』hángは、船がまっすぐ進む様子を漢字にした形声文字(ケイセイモジ)です。漢字の足し算では、舟(ふね)+(まっすぐ)=船が真っ直ぐ進む。航海する)です。漢字の部首は『舟』、意味は『航海する』、『勇ましく進む』、『堂々と進む』です。また、空中を海になぞらえ飛行機にも『航空(コウクウ)』という熟語で使います。

Photo_3Photo_4

音読みは漢音が『コウ』、呉音が『ゴウ』です、海(コウカイ)、空機(コウクウキ)、出(シュッコウ)のです。勇ましく堂々とした漢字で、『かず』、『ふね』、『つら』、『わたる』と多くの名前に使われます。

追記:リオ五輪 内村平(うちむらこうへい)選手 男子体操団体 個人総合 金メダル獲得おめでとうございます。

』は小学校4年生で習う漢字http://bit.ly/1fwNaWz です。

 『(コウ)』kàngは、真っ直ぐに手向かう様子を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(まっすぐ)=(真っ直ぐに手向かう。抵抗する)です。漢字の部首は『扌・てへん』です。意味は『抵抗する』、『抗(あらが)う』です。

Photo_2

読みは漢音・呉音ともに『コウ』、訓読みは『抗(あらが)う』です、議(コウギ)、対(タイコウ)、生物質(コウセイブッシツ)、抵(テイコウ)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(コウ)』kēngは、縦(たて)の穴を表す漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、土(つち)+(まっすぐ)=(まっすぐな穴。あな)です。部首は『土・つち』、意味は『あな』です。

Photo_5

音読みは漢音が『コウ』、呉音が『キョウ』、訓読みは『坑(あな)』です、道(コウドウ)、炭(タンコウ)、焚書儒(フンショコウジュ)のです。

は炭鉱とも書きます。

』は中学校で習う常用漢字です。

 『(コウ)』hángは、まっすぐな木の杭(くい)表す形声文字です。漢字の足し算では木+(まっすぐ)=(木製のまっすぐな杭。くい)です。部首は『木・きへん』、意味は『杭(クイ)』です。

Photo

音読みは漢音が『コウ』、呉音が『ゴウ』、訓読みは『杭(クイ)』です。州(コウシュウ・中国の都市)、木(きぐい)のです。

』は中学校で習う常用漢字からははずれています。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.こうりゅう(   )悔いあり。

2.こうくうき(     )。

3.太平洋 こうろ(   )。

4.住民の ていこう(   )。

5.薬の こうせい(   )物質。

6. たんこう(   )節。

7.焚書 こうじゅ(   )。

8.中国の都市 こうしゅう(   )。

9.出る くい( )は叩かれる。

解説です。基本漢字は『まっすぐ首』な意味で、船、飛行機がまっすぐ進むのが、抵抗は扌(てへん)を足して、まっすぐな穴が土を足して、木の杭(くい)がです。

解答です。龍、空機、路、抵生、炭儒、州、

漢字の成り立ち 黄・広

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日は(廣)、(鑛)、(擴)という『単語家族』について説明します。基本の漢字は『huángで、読み方は『コウ・オウ』、意味は『広がる火』です。

『単語家族』は足し算で表わすことができるので『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校2年、は3年、は5年、は6年生で習います。一緒に覚えてしまいましょう。

 『(コウ・オウ)』huángは、炎の黄色を表した象形文字(ショウケイモジ)です。火矢を描いたものとされています。『光・コウ』guāngと非常に近い漢字です。漢字の部首は『・きいろ』、意味は『黄色』です。

Photo_13

常用漢字に登録されている字体は『』ですが、光を表す部分を『廿』に書く字体もあります。常用漢字の字体『』を使って下さい。

音読みは呉音が『オウ』、漢音が『コウ』です。訓読みは『』です、金(オウゴン)、熱病(オウネツビョウ)、硫(イオウ)、道(コウドウ)、河(コウガ)、色(いろ)のです。

』は小学校2年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-5af6.html です。

 『横・橫(オウ)』héngは、炎の横への広がりを漢字にしたものです。横への広がりを強調するためにが添えられています。漢字の足し算では、木+(四方に広がる)=(横へ広がる横木。横)です。漢字の部首は『木』、漢字の意味は『横(よこ)』、『枠をはみだす』です。

Photo_12

字体については『』と『』があり常用漢字に登録されている字体は『』です。

位置・状態を表す重要な漢字で、『横浜』、『横田』、『横川』、『横山』、『横井』と地名・苗字に使われています。

音読みは呉音が『オウ』が普通で、漢音の『コウ』は使いません。訓読みは『よこ』です。断(オウダン)、転(オウテン)、領(オウリョウ)、暴(オウボウ)、縦(ジュウオウ・たてよこ)、道(よこみち)のです。

』は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-1f63.html です。

ちなみに『(たて)』zongは、真っ直ぐ伸びた(たて)の線を表す漢字です。漢字の足し算では、糸+(たてに並ぶ人)=(真っ直ぐ伸びた縦。縦。たて)です。部首は『糸』、意味は『縦(たて)』、『ほしいままにする』です。縦の意味を強調するため糸が添えられています。『どこまでも伸びる縦』から 『ほしいまま』の意味が生まれました。

Photo_11

漢字の字体ですが、『』が正字ですが常用漢字に登録されている『』を使って下さい。『(ジュウ)』は『(ジュウ)』、『(ジュウ)』の漢字の仲間です。興味のある方は『漢字の成り立ち http://bit.ly/1FfCTWO をご覧ください。

(ななめ・シャ)』は柄杓(ヒシャク)が斜めになっている様子を表す漢字で、(ヨ)、(ジョ)、(ジョ)の仲間の漢字です。より興味のある方は『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-bad1.htmlをご覧ください。

音読みは慣用音の『ジュウ』が普通で、呉音の『シュ』、漢音の『ショウ』は使いません。訓読みは『たて』です。隊(ジュウタイ)、貫(ジュウカン)、横(ジュウオウ・たてよこ)、放(ホウショウ・ホウジュウ)のです。

』は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1SSc4hW です。

 同じ発音でを表す『(コウ)』héngという漢字がありますが、こちらは牛の角が横に広がる様子を表した漢字です。漢字の足し算で表わすと、行+(つの)+大(広がる)=(牛の角が大きく横にひろがる。横)です。『横木』や『秤の横棒』、『つりあい』を示します。

Photo_2

(コウ)』héngは、行、桁の仲間の漢字です。『単語家族 行』については『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-23c2.htmlをご覧ください。

 『広・廣(コウ)』guǎngは、光の広がりを漢字にしたものです。漢字の足し算では、广(家)+(光;)=(家の中の光の広がり。広い)です。漢字の部首は『广・まだれ』です。

Photo_14

』が正字ですが、常用漢字に登録されている字体は省略形の『』です。『』の字を使って下さい。

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』です。訓読みは『い(ひろい)』です。大(コウダイ)、言(コウゲン)、義(コウギ)、場(ひろば)のです。

』は縁起の良い漢字で地名・名字・名前に使われます。『お』、『たけ』、『とお』、『ひろ』、『ひろし』、『みつ』と読みます。

』は小学校2年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-5af6.html です。

 『鉱・鑛(コウ)』kuàngは、黄色の金属を含む鉱石を表す漢字です。漢字の足し算では金(金属)+(黄色の光)=(黄色の金属。精製していない鉱石)です。部首は『金・かねへん』、意味は『鉱石』です。『(コウ)』kuàngは、全く同じ意味の漢字で『石・いしへん』が使われています。

Photo_16

』が正字ですが、常用漢字に登録されている字体は省略形の『』です。『』の字を使って下さい。

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』です。訓読みは『あらがね』です。石(コウセキ)、脈(コウミャク)、物(コウブツ)、業(コウギョウ)のです。

』は小学校5年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/5-5492.html です。

 『拡・擴(カク)』kuòは、手で広げる様子を表す漢字です。漢字の足し算では、扌+(広い)=(手で広げる。拡大する)です。部首は『扌・てへん』、意味は『拡大する』です。

Photo_15

』が正字ですが、常用漢字に登録されている字体は省略形の『』です。『』の字を使って下さい。

音読みは呉音・漢音ともに『カク』kuakです。訓読みは常用外の『拡がる(ひろがる)』があります。大(カクダイ)、張(カクチョウ)、散(カクサン)のです。

』は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/2dKqhzH です。

 少し音読みの話をさせてください。『(コウ)』の漢字の仲間の音読みはhuánghéngkuàngなどです。ただ日本人は『ng』の鼻濁音がとても苦手なので、漢字を輸入した時に『ng』の音を『ウ』に置き換えました。従って、『』の漢字の仲間の音読みは『コウ』か『オウ』と読みます。

 『(カク)』kuakについては、中国の方で劇的な変化が起こり、元時代以降に語尾のp,k,tの発音が消滅しました。従って『(カク)』kuakの発音は現代北京語ではkuòになります。我が国では輸入した古い発音kが残っているので、『』は『(カク)』kuakと発音します。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.きいろ(    )のハンカチ。

2.温泉の いおう(    )成分。

3.おうごん(    )の輝き。

4.水戸 こうもん(    )。

5.たてよこ(   )斜め

6.飛行機の そうじゅう(   )。

7.資金の おうりょう(   )。

8.こうだい(   )土地。

9.ひろば(   )で遊ぶ。

10.ダイヤの こうみゃく(    )。

11.市民権の かくだい(    )。

12.かくせい(   )機を使った演説。

解説です。基本漢字は、横へ広がるは木を足して、家の中の広がりはすは广(まだれ)を足して)、黄色の金属は金を足して、手で広げるのが扌(てへん)を足してです。

解答です。色、硫金、門、縦、操縦、領、大、場、脈、大、声。

その他のカテゴリー

ア行(ア ) | ア行(イ ) | ア行(イチ・イツ) | ア行(イン) | ア行(ウ) | ア行(エ ) | ア行(エ )・カ行(カイ) | ア行(エイ) | ア行(エン )・タ行(タン) | ア行(エン・オン) | ア行(エン) | ア行(オ ) | カ行(カ )  | カ行(カイ) | カ行(カク) | カ行(カツ) | カ行(カン) | カ行(ガ ) | カ行(キ ) | カ行(キュウ) | カ行(キョウ・ケイ) | カ行(キョウ・コウ) | カ行(キョウ) | カ行(キョク) | カ行(キョ) | カ行(キン) | カ行(ギ ) | カ行(ギョ) | カ行(ク ) | カ行(ク・コウ) | カ行(ケ ) | カ行(ケン) | カ行(ケ・カイ) | カ行(ケ・キ) | カ行(コ ) | カ行(コウ) | カ行(コン) | カ行(ゴ ) | サ行(サ ) | サ行(サイ・セイ ) | サ行(サン) | サ行(シ ) | サ行(シ ) | サ行(シキ・ショク) | サ行(シチ・シツ) | サ行(シャ ) | サ行(シャク・セキ) | サ行(シュウ) | サ行(シュ) | サ行(ショウ・セイ) | サ行(ショウ) | サ行(ショ) | サ行(シン) | サ行(ジ ) | サ行(ジャク) | サ行(ジュウ) | サ行(ジョウ) | サ行(ス ) | サ行(セ ) | サ行(セン) | サ行(ゼン) | サ行(ソ ) | サ行(ソウ) | サ行(ソク・ショク) | タ行(タ ) | タ行(タン) | タ行(チ ) | タ行(チュウ) | タ行(チョウ) | タ行(ツ ) | タ行(テ ) | タ行(ト ) | タ行(ドウ) | ナ行 | ナ行(ニン)・サ行(ジン) | ナ行(ニ)・サ行(ジ) | ナ行(ノウ)・タ行(ドウ) | ハ行(ハ ) | ハ行(ハン) | ハ行(ヒ ) | ハ行(ヒョウ・ヘイ ) | ハ行(ビ)・マ行(ミ) | ハ行(フ ) | ハ行(ヘ ) | ハ行(ホ ) | ハ行(ボ ) | マ行 | マ行(メイ・ミョウ) | マ行(メン)・ハ行(バン・ベン) | マ行(メ・マ)・ハ行(バ) | ヤ行 | ヤ行(ユ) | ヤ行(ヨウ) | ラ行 | ラ行(リ ) | ラ行(リン) | ラ行(レイ) | ラ行(ロク) | ワ行 | 呉音と漢音 | 小学校1年生で習う漢字 | 小学校2年生で習う漢字 | 小学校3年生で習う漢字 | 小学校4年生で習う漢字 | 小学校5年生で習う漢字 | 小学校6年生で習う漢字 | 小学校で習う漢字 | 小説 | 漢字 のエッセイ | 漢字 参考図書 | 漢字 音読み索引(ア行) | 漢字 音読み索引(カ行) | 漢字 音読み索引(サ行) | 漢字 音読み索引(タ行) | 漢字 音読み索引(ナ行) | 漢字 音読み索引(ハ行) | 漢字 音読み索引(マ行) | 漢字 音読み索引(ヤ行) | 漢字 音読み索引(ラ行) | 漢字 音読み索引(ワ行) | 漢字・訓読み索引(あ行) | 漢字・訓読み索引(か行) | 漢字・訓読み索引(さ行) | 漢字・訓読み索引(た行) | 漢字・訓読み索引(な行) | 漢字・訓読み索引(は行) | 漢字・訓読み索引(ま行) | 漢字・訓読み索引(や行) | 漢字・訓読み索引(ら行) | 漢字・訓読み索引(わ行) | 漢字練習問題(中学生) [1] | 部首索引 魚(うお・さかな)

カテゴリー

  • ア行(ア )
    漢字の成り立ち 亜          漢字の成り立ち 愛          漢字の成り立ち 安         
  • ア行(イ )
    漢字の成り立ち 異          漢字の成り立ち 易          漢字の成り立ち 胃          漢字の成り立ち 殹          漢字の成り立ち 以          漢字の成り立ち 衣          漢字の成り立ち 韋          漢字の成り立ち 育         
  • ア行(イチ・イツ)
    漢字の成り立ち 一          漢字の成り立ち 聿         
  • ア行(イン)
    漢字の成り立ち 寅          漢字の成り立ち 印          漢字の成り立ち 因          漢字の成り立ち 員          漢字の成り立ち 音・意       
  • ア行(ウ)
    漢字の成り立ち 雨          漢字の成り立ち 于・夸       漢字の成り立ち 云          漢字の成り立ち 昷           
  • ア行(エ )
    漢字の成り立ち 易          漢字の成り立ち 睪          漢字の成り立ち 兌          漢字の成り立ち 戉          漢字の成り立ち 益         
  • ア行(エ )・カ行(カイ)
    漢字の成り立ち 回          漢字の成り立ち 会・會        漢字の成り立ち 褱・懐       
  • ア行(エイ)
    漢字の成り立ち 嬰          漢字の成り立ち 熒・        漢字の成り立ち 殹          漢字の成り立ち 央          漢字の成り立ち 永         
  • ア行(エン )・タ行(タン)
    漢字の成り立ち 彖          漢字の成り立ち 爰          漢字の成り立ち 延          漢字の成り立ち 炎         
  • ア行(エン・オン)
    漢字の成り立ち 袁          漢字の成り立ち 夗         
  • ア行(エン)
    漢字の成り立ち 肙          漢字の成り立ち 厭          漢字の成り立ち 寅          漢字の成り立ち 㕣          漢字の成り立ち 燕         
  • ア行(オ )
    漢字の成り立ち 王          漢字の成り立ち 屋          漢字の成り立ち 乙          漢字の成り立ち 音・意        漢字の成り立ち 央          漢字の成り立ち 区・殴        漢字の成り立ち 昷         
  • カ行(カ ) 
    漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 夏          漢字の成り立ち 火          漢字の成り立ち 咼          漢字の成り立ち 叚          漢字の成り立ち 禾          漢字の成り立ち 可          漢字の成り立ち 家          漢字の成り立ち 果          漢字の成り立ち 化          漢字の成り立ち 加         
  • カ行(カイ)
    漢字の成り立ち 海          漢字の成り立ち 夬          漢字の成り立ち 介          漢字の成り立ち 皆         
  • カ行(カク)
    漢字の成り立ち 矍          漢字の成り立ち 殻          漢字の成り立ち 角          漢字の成り立ち 革          漢字の成り立ち 隺          漢字の成り立ち 画          漢字の成り立ち 各         
  • カ行(カツ)
    漢字の成り立ち 害          漢字の成り立ち 舌          漢字の成り立ち 曷         
  • カ行(カン)
    漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 監          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 咸          漢字の成り立ち 漢          漢字の成り立ち 官          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 甘          漢字の成り立ち 雚          漢字の成り立ち 毌・串        漢字の成り立ち 干          漢字の成り立ち 奐         
  • カ行(ガ )
    漢字の成り立ち 画          漢字の成り立ち 我・義        漢字の成り立ち 牙          漢字の成り立ち 亥          漢字の成り立ち 害          漢字の成り立ち 楽          漢字の成り立ち 学          漢字の成り立ち 月          漢字の成り立ち 厂          漢字の成り立ち 元         
  • カ行(キ )
    漢字の成り立ち 貴          漢字の成り立ち 葵          漢字の成り立ち 几          漢字の成り立ち 吉          漢字の成り立ち 其          漢字の成り立ち 奇         
  • カ行(キュウ)
    漢字の成り立ち 丘          漢字の成り立ち 丩          漢字の成り立ち 弓          漢字の成り立ち 求          漢字の成り立ち 及・急        漢字の成り立ち 九          
  • カ行(キョウ・ケイ)
    漢字の成り立ち 开・形        漢字の成り立ち 京          漢字の成り立ち 兄・竟        漢字の成り立ち 敬          漢字の成り立ち 巠          
  • カ行(キョウ・コウ)
    漢字の成り立ち 郷          漢字の成り立ち 孝          漢字の成り立ち 爻・交        漢字の成り立ち 庚          漢字の成り立ち 幸          漢字の成り立ち 更          漢字の成り立ち 行         
  • カ行(キョウ)
    漢字の成り立ち 敫          漢字の成り立ち 劦          漢字の成り立ち 喬          漢字の成り立ち 共          漢字の成り立ち 凶         
  • カ行(キョク)
    漢字の成り立ち 極           漢字の成り立ち 局           漢字の成り立ち 曲         
  • カ行(キョ)
    漢字の成り立ち 豦          漢字の成り立ち 去         
  • カ行(キン)
    漢字の成り立ち 匀          漢字の成り立ち 堇          漢字の成り立ち 斤          漢字の成り立ち 禁          漢字の成り立ち 今         
  • カ行(ギ )
    漢字の成り立ち 屰          漢字の成り立ち 疑          漢字の成り立ち 牛          漢字の成り立ち 堯         
  • カ行(ギョ)
    漢字の成り立ち 魚         
  • カ行(ク )
    漢字の成り立ち 句          漢字の成り立ち 九          漢字の成り立ち 区・殴        漢字の成り立ち 屈          漢字の成り立ち 禺          漢字の成り立ち 具          漢字の成り立ち 君          漢字の成り立ち 軍         
  • カ行(ク・コウ)
    漢字の成り立ち 侯          漢字の成り立ち 口          漢字の成り立ち 后          漢字の成り立ち 冓          漢字の成り立ち 公          漢字の成り立ち 工         
  • カ行(ケ )
    漢字の成り立ち 恵          漢字の成り立ち 血          漢字の成り立ち 埶          漢字の成り立ち 系          漢字の成り立ち 圭          漢字の成り立ち 奚          漢字の成り立ち 携・攜       
  • カ行(ケン)
    漢字の成り立ち 兼          漢字の成り立ち 肙          漢字の成り立ち 犬          漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 幵          漢字の成り立ち 建          漢字の成り立ち 見          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 僉           漢字の成り立ち 県         
  • カ行(ケ・カイ)
    漢字の成り立ち 戒          漢字の成り立ち 解         
  • カ行(ケ・キ)
    漢字の成り立ち 希          漢字の成り立ち 幾          漢字の成り立ち 气         
  • カ行(コ )
    漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 戸          漢字の成り立ち 己          漢字の成り立ち 古          漢字の成り立ち 夸          漢字の成り立ち 谷          漢字の成り立ち 告          漢字の成り立ち 骨         
  • カ行(コウ)
    漢字の成り立ち 甲          漢字の成り立ち 厷          漢字の成り立ち 亘          漢字の成り立ち 岡          漢字の成り立ち 光          漢字の成り立ち 高           漢字の成り立ち 丂           漢字の成り立ち 亢           漢字の成り立ち 黄・広        
  • カ行(コン)
    漢字の成り立ち 困          漢字の成り立ち 艮          漢字の成り立ち 今          漢字の成り立ち 昆         
  • カ行(ゴ )
    漢字の成り立ち 五・語        漢字の成り立ち 呉          漢字の成り立ち 午・御        漢字の成り立ち 合          漢字の成り立ち 卬         
  • サ行(サ )
    漢字の成り立ち 坐          漢字の成り立ち 采          漢字の成り立ち 左・尋        漢字の成り立ち 才          漢字の成り立ち 卒          漢字の成り立ち 祭          漢字の成り立ち 乍          漢字の成り立ち 冊         
  • サ行(サイ・セイ )
    漢字の成り立ち 斉          漢字の成り立ち 歳          漢字の成り立ち 妻          漢字の成り立ち 西         
  • サ行(サン)
    漢字の成り立ち 参          漢字の成り立ち 散          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 算          漢字の成り立ち 山          漢字の成り立ち 三         
  • サ行(シ )
    漢字の成り立ち 師          漢字の成り立ち 朿          漢字の成り立ち 厶・台        漢字の成り立ち 子          漢字の成り立ち 思          漢字の成り立ち 氏          漢字の成り立ち 至          漢字の成り立ち 止         
  • サ行(シ )
    漢字の成り立ち 糸          漢字の成り立ち 矢          漢字の成り立ち 示          漢字の成り立ち 市          漢字の成り立ち 四          漢字の成り立ち 旨          漢字の成り立ち 支          漢字の成り立ち 司          漢字の成り立ち 史          漢字の成り立ち 次          漢字の成り立ち 士          漢字の成り立ち 志       
  • サ行(シキ・ショク)
    漢字の成り立ち 食          漢字の成り立ち 戠          漢字の成り立ち 式         
  • サ行(シチ・シツ)
    漢字の成り立ち 失          漢字の成り立ち 質          漢字の成り立ち 七         
  • サ行(シャ )
    漢字の成り立ち 車          漢字の成り立ち 舎          漢字の成り立ち 者          漢字の成り立ち 射          漢字の成り立ち 勺         
  • サ行(シャク・セキ)
    漢字の成り立ち 席          漢字の成り立ち 尺          漢字の成り立ち 赤          漢字の成り立ち 石          漢字の成り立ち 責          漢字の成り立ち 夕          漢字の成り立ち 昔         
  • サ行(シュウ)
    漢字の成り立ち 乑          漢字の成り立ち 舟・受        漢字の成り立ち 州           漢字の成り立ち 習          漢字の成り立ち 秋          漢字の成り立ち 秀          漢字の成り立ち 周          漢字の成り立ち 祝・呪        漢字の成り立ち 就         
  • サ行(シュ)
    漢字の成り立ち 手          漢字の成り立ち 殳          漢字の成り立ち 朱          漢字の成り立ち 守          漢字の成り立ち 首          漢字の成り立ち 主          漢字の成り立ち 取          漢字の成り立ち 出          漢字の成り立ち 宿          漢字の成り立ち 屯・春        漢字の成り立ち 舜         
  • サ行(ショウ・セイ)
    漢字の成り立ち 成          漢字の成り立ち 青          漢字の成り立ち 生          漢字の成り立ち 正         
  • サ行(ショウ)
    漢字の成り立ち 小          漢字の成り立ち 召          漢字の成り立ち 尚          漢字の成り立ち 章          漢字の成り立ち 爿          漢字の成り立ち 昌          漢字の成り立ち 詳・善       
  • サ行(ショ)
    漢字の成り立ち 庶          漢字の成り立ち 処         
  • サ行(シン)
    漢字の成り立ち 兂          漢字の成り立ち 眞          漢字の成り立ち 心          漢字の成り立ち 囟(田)       漢字の成り立ち 申          漢字の成り立ち 辰          漢字の成り立ち 辛・新        漢字の成り立ち 深・探        漢字の成り立ち 帚・侵       
  • サ行(ジ )
    漢字の成り立ち 茲          漢字の成り立ち 爾          漢字の成り立ち 耳          漢字の成り立ち 寺          漢字の成り立ち 自          漢字の成り立ち 舟・受        漢字の成り立ち 孰          漢字の成り立ち 朮          漢字の成り立ち 女           漢字の成り立ち 尽         
  • サ行(ジャク)
    漢字の成り立ち 若           漢字の成り立ち 弱          
  • サ行(ジュウ)
    漢字の成り立ち 重          漢字の成り立ち 从、縱        漢字の成り立ち 十         
  • サ行(ジョウ)
    漢字の成り立ち 丞          漢字の成り立ち 成         
  • サ行(ス )
    漢字の成り立ち 水          漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 隹          漢字の成り立ち 垂          漢字の成り立ち 芻          漢字の成り立ち 寸         
  • サ行(セ )
    漢字の成り立ち 世          漢字の成り立ち 是          漢字の成り立ち 制          漢字の成り立ち 卩・節        漢字の成り立ち 折          漢字の成り立ち 舌          漢字の成り立ち 詳・善       
  • サ行(セン)
    漢字の成り立ち 巽          漢字の成り立ち 前          漢字の成り立ち 先          漢字の成り立ち 宣          漢字の成り立ち 専          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 扇           漢字の成り立ち 全          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 川          漢字の成り立ち 薦          漢字の成り立ち 泉         
  • サ行(ゼン)
    漢字の成り立ち 然          漢字の成り立ち 全         
  • サ行(ソ )
    漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 疋          漢字の成り立ち 卒          漢字の成り立ち 且          漢字の成り立ち 象          漢字の成り立ち 蔵          漢字の成り立ち 則          漢字の成り立ち 尊         
  • サ行(ソウ)
    漢字の成り立ち 匆          漢字の成り立ち 忩          漢字の成り立ち 倉          漢字の成り立ち 爪          漢字の成り立ち 送          漢字の成り立ち 相          漢字の成り立ち 早          漢字の成り立ち 曾          漢字の成り立ち 喿          漢字の成り立ち 帚・侵       
  • サ行(ソク・ショク)
    漢字の成り立ち 蜀          漢字の成り立ち 足          漢字の成り立ち 束         
  • タ行(タ )
    漢字の成り立ち 㒸          漢字の成り立ち 帶          漢字の成り立ち 大          漢字の成り立ち 退          漢字の成り立ち 它・也        漢字の成り立ち 弟          漢字の成り立ち 厶・台        漢字の成り立ち 代          漢字の成り立ち 睪         
  • タ行(タン)
    漢字の成り立ち 旦          漢字の成り立ち 詹          漢字の成り立ち 深・探        漢字の成り立ち 単         
  • タ行(チ )
    漢字の成り立ち 知          漢字の成り立ち 畜          漢字の成り立ち 竹          漢字の成り立ち 宁          漢字の成り立ち 直          漢字の成り立ち 朕・藤       
  • タ行(チュウ)
    漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 肘          漢字の成り立ち 中         
  • タ行(チョウ)
    漢字の成り立ち 枼          漢字の成り立ち 鳥          漢字の成り立ち 朝          漢字の成り立ち 長          漢字の成り立ち 丁          漢字の成り立ち 兆         
  • タ行(ツ )
    漢字の成り立ち 㒸          漢字の成り立ち 追         
  • タ行(テ )
    漢字の成り立ち 帝          漢字の成り立ち 氐          漢字の成り立ち 廷          漢字の成り立ち 呈          漢字の成り立ち 弟          漢字の成り立ち 啇          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 天          漢字の成り立ち 田         
  • タ行(ト )
    漢字の成り立ち 奴          漢字の成り立ち 度          漢字の成り立ち 土          漢字の成り立ち 刀          漢字の成り立ち 沓          漢字の成り立ち 冬          漢字の成り立ち 東          漢字の成り立ち 朕・藤        漢字の成り立ち 到          漢字の成り立ち 豆          漢字の成り立ち 屯         
  • タ行(ドウ)
    漢字の成り立ち 童          漢字の成り立ち 同         
  • ナ行
    漢字の成り立ち 奴          漢字の成り立ち 南          漢字の成り立ち 女           漢字の成り立ち 内          漢字の成り立ち 然          漢字の成り立ち 念         
  • ナ行(ニン)・サ行(ジン)
    漢字の成り立ち 人          漢字の成り立ち 壬          漢字の成り立ち 刃         
  • ナ行(ニ)・サ行(ジ)
    漢字の成り立ち 耳          漢字の成り立ち 二            
  • ナ行(ノウ)・タ行(ドウ)
    漢字の成り立ち 能          漢字の成り立ち 農          漢字の成り立ち 脳         
  • ハ行(ハ )
    漢字の成り立ち 巴          漢字の成り立ち 巿          漢字の成り立ち 派          漢字の成り立ち 配・妃        漢字の成り立ち 貝・買        漢字の成り立ち 白          漢字の成り立ち 莫          漢字の成り立ち 癶         
  • ハ行(ハン)
    漢字の成り立ち 般          漢字の成り立ち 犯・氾        漢字の成り立ち 八・半        漢字の成り立ち 反          漢字の成り立ち 番         
  • ハ行(ヒ )
    漢字の成り立ち 非          漢字の成り立ち 皮          漢字の成り立ち 辟          漢字の成り立ち 比          漢字の成り立ち 必          漢字の成り立ち 表          漢字の成り立ち 票          漢字の成り立ち 苗          漢字の成り立ち 品         
  • ハ行(ヒョウ・ヘイ )
    漢字の成り立ち 平          漢字の成り立ち 丙         
  • ハ行(ビ)・マ行(ミ)
    漢字の成り立ち 尾          漢字の成り立ち 未         
  • ハ行(フ )
    漢字の成り立ち 付          漢字の成り立ち 夫          漢字の成り立ち 父          漢字の成り立ち 不          漢字の成り立ち 孚          漢字の成り立ち 卜          漢字の成り立ち 畐          漢字の成り立ち 复          漢字の成り立ち 弗          漢字の成り立ち 勿          漢字の成り立ち 八・分        漢字の成り立ち 賁         
  • ハ行(ヘ )
    漢字の成り立ち 並          漢字の成り立ち 辟          漢字の成り立ち 扁         
  • ハ行(ホ )
    漢字の成り立ち 甫          漢字の成り立ち 方          漢字の成り立ち 包          漢字の成り立ち 北         
  • ハ行(ボ )
    漢字の成り立ち 母          漢字の成り立ち 暴          漢字の成り立ち 亡          漢字の成り立ち 卯          漢字の成り立ち 卜         
  • マ行
    漢字の成り立ち 矛          漢字の成り立ち 米          漢字の成り立ち 莫          漢字の成り立ち 末          漢字の成り立ち 亡          漢字の成り立ち 毛          漢字の成り立ち 孟          漢字の成り立ち 門         
  • マ行(メイ・ミョウ)
    漢字の成り立ち 明          漢字の成り立ち 名         
  • マ行(メン)・ハ行(バン・ベン)
    漢字の成り立ち 面          漢字の成り立ち 免         
  • マ行(メ・マ)・ハ行(バ)
    漢字の成り立ち 馬          漢字の成り立ち 麻         
  • ヤ行
    漢字の成り立ち 亦・夜        漢字の成り立ち 予          漢字の成り立ち 余          漢字の成り立ち 谷         
  • ヤ行(ユ)
    漢字の成り立ち 兪          漢字の成り立ち 攸          漢字の成り立ち 憂          漢字の成り立ち 由          漢字の成り立ち 斿          漢字の成り立ち 酉          漢字の成り立ち 右         
  • ヤ行(ヨウ)
    漢字の成り立ち 幺          漢字の成り立ち 夭          漢字の成り立ち 翟          漢字の成り立ち 枼          漢字の成り立ち 羊          漢字の成り立ち 䍃・揺        漢字の成り立ち 用          漢字の成り立ち 昜          漢字の成り立ち 要         
  • ラ行
    漢字の成り立ち 戻          漢字の成り立ち 来          漢字の成り立ち 礼・豊        漢字の成り立ち 剌          漢字の成り立ち 楽          漢字の成り立ち 闌          漢字の成り立ち 秝          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 連          漢字の成り立ち 老         
  • ラ行(リ )
    漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 利          漢字の成り立ち 里          漢字の成り立ち 立          漢字の成り立ち 留          漢字の成り立ち 流          漢字の成り立ち 良          漢字の成り立ち 令          漢字の成り立ち 量          漢字の成り立ち 両          漢字の成り立ち 力             
  • ラ行(リン)
    漢字の成り立ち 侖          漢字の成り立ち 粦          漢字の成り立ち 林         
  • ラ行(レイ)
    漢字の成り立ち 戻          漢字の成り立ち 礼・豊        漢字の成り立ち 令         
  • ラ行(ロク)
    漢字の成り立ち 彔          漢字の成り立ち 六         
  • ワ行
    漢字の成り立ち 或          漢字の成り立ち 夗         
  • 呉音と漢音
    呉音と漢音               
  • 小学校1年生で習う漢字
    小学校1年生で習う漢字①     小学校1年生で習う漢字②    
  • 小学校2年生で習う漢字
    小学校2年生で習う漢字①     小学校2年生で習う漢字②     小学校2年生で習う漢字③     小学校2年生で習う漢字④    
  • 小学校3年生で習う漢字
    小学校3年生で習う漢字①      小学校3年生で習う漢字②     小学校3年生で習う漢字③     小学校3年生で習う漢字④    
  • 小学校4年生で習う漢字
    小学校4年生で習う漢字①      小学校4年生で習う漢字②     小学校4年生で習う漢字③     小学校4年生で習う漢字④    
  • 小学校5年生で習う漢字
    小学校5年生で習う漢字①      小学校5年生で習う漢字②     小学校5年生で習う漢字③     小学校5年生で習う漢字④    
  • 小学校6年生で習う漢字
    小学校6年生で習う漢字①      小学校6年生で習う漢字②     小学校6年生で習う漢字③     小学校6年生で習う漢字④    
  • 小学校で習う漢字
    小学校で習う漢字 父母姉妹兄弟    小学校で習う漢字 春夏秋冬    小学校で習う漢字 一~十      小学校で習う漢字 東西南北   
  • 小説
  • 漢字 のエッセイ
    象形・指事・会意・形声 一年生  象形・指事・会意・形声 二年生  漢字でみるヤナギの分類      落語 空き巣             
  • 漢字 参考図書
  • 漢字 音読み索引(ア行)
  • 漢字 音読み索引(カ行)
  • 漢字 音読み索引(サ行)
  • 漢字 音読み索引(タ行)
  • 漢字 音読み索引(ナ行)
  • 漢字 音読み索引(ハ行)
  • 漢字 音読み索引(マ行)
  • 漢字 音読み索引(ヤ行)
  • 漢字 音読み索引(ラ行)
  • 漢字 音読み索引(ワ行)
  • 漢字・訓読み索引(あ行)
  • 漢字・訓読み索引(か行)
  • 漢字・訓読み索引(さ行)
  • 漢字・訓読み索引(た行)
  • 漢字・訓読み索引(な行)
  • 漢字・訓読み索引(は行)
  • 漢字・訓読み索引(ま行)
  • 漢字・訓読み索引(や行)
  • 漢字・訓読み索引(ら行)
  • 漢字・訓読み索引(わ行)
  • 漢字練習問題(中学生) [1]
    練習問題1-1(書き)         練習問題1-1(読み)         練習問題1-2(書き)         練習問題1-2(読み)         練習問題1-3(書き)         練習問題1-3(読み)         練習問題1-4(書き)         練習問題1-4(読み)         練習問題1-5(書き)         練習問題1-5(読み)        
  • 部首索引 魚(うお・さかな)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ