カ行(カン)

漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 監          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 咸          漢字の成り立ち 漢          漢字の成り立ち 官          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 甘          漢字の成り立ち 雚          漢字の成り立ち 毌・串        漢字の成り立ち 干          漢字の成り立ち 奐         

2016年6月12日 (日)

漢字の成り立ち ・巻

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『()(カン・ケン)』juǎnjuànという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』には()、という漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したらになるのかを考えてます。は小学校5年生、は6年生、は中学校で習う常用漢字、は人名用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

  『(ケン)』は、漢字の足し算は、釆(広がった)+共(両手)=(分散したもの両手で巻く。巻物)です。(ケン)はなどの漢字のパーツとして使われています。

 『(カン)』juǎnjuànは、広がったものを両手で巻く様子を表す会意文字です。漢字の足し算は、釆(広がった)+共(両手)+㔾・己(人間の丸くなった形)=卷・(広がったものを両手で巻く。巻く。巻き物。書物を数えることば)です。漢字の部首は『己・おのれ』、漢字の意味は、『巻(ま)く』、『巻き物』、『書物を数えることば』です。常用漢字体ではに置き換えました。常用漢字体のを使って下さい。

Photo_3Photo_2Photo_6

音読みは呉音・漢音とも『ケン』、慣用音が『カン』、訓読みは『巻(ま)く』です。失敗したものが勢いを盛り返すことを土重来(ケンドチョウライ)、書物や巻き物の最初の部分を頭(カントウ)、海苔に酢飯を広げき簾で巻いたお寿司を(ま)き寿司といいます。

(カン)は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/2dKqhzH です。

 『(ケン)』quānは、家畜を取り巻いた囲い表す形声文字です。漢字の足し算では、□(囲い)+(取り巻く)=圏・圈(家畜を取り巻いた囲い)です。漢字の部首は『□・くにがまえ』、漢字の意味は『家畜を飼う囲い』、『周囲を取り巻く枠』です。

Photo_9

音読みは呉音が『コン』、漢音が『ケン』です。ある範囲の内を内(ケンナイ)、ある条件の範囲の外を外(ケンガイ)といいます。

(ケン)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ケン)』juǎnは、捲(ま)く動作を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(巻く)=(手を使って捲く。まく。捲る。めくる)です。漢字の部首は『扌・てへん』、漢字の意味は『捲(ま)く』、『捲(めく)る』、『捲(ま)き上げる』です。

Photo_8

(カン)が『巻き物』、『書物』の意味に使われるようになっために出来た漢字が、(ま)くです。

音読みは呉音・漢音ともに『ケン』です。訓読みは『捲(ま)く』です。失敗したものが勢いを盛り返すことを土重来(ケンドチョウライ)、むしろを巻くように領土を片端から取ることを席(セッケン)いいます。

土重来(ケンドチョウライ)とは土を巻き上げる勢いで重ねて(再び)くることをいい、失敗したものが勢いを盛り返すことを表します。

は人名用漢字です。

 『(ケン)』juànは、人が丸くなって疲れる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、イ(人間の動作)+(丸くなる)=(人が疲れて丸くなる。飽きて厭になる。倦(う)む)です。漢字の部首はイ・にんべん』、漢字の意味は『倦(う)む』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『ケン』です。訓読みは『倦(う)む』です。心身が疲れること・物事に飽きて嫌になることを怠(ケンタイ)といいます。

は常用漢字から外れています。

 『(ケン)』quánは、蜷(にな)、巻き貝をを表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(虫・貝の仲間)+(巻く)=(巻き貝。蜷。にな)です。漢字の部首は『虫・むしへん』、漢字の意味は『蜷(にな)』、『巻き貝』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ゲン』、漢音は『ケン』、訓読みは『蜷(にな)』です。我が国ではカワニナなどの淡水の巻貝を指します。世界的な演出家の川(にながわ)さんの名字に使われている漢字です。先頃、逝去されました。謹んで御冥福をお祈り申し上げます。

漢字の世界では貝は貨幣を表すことが多く、貝の仲間はを使って表します。

カワニナは蛍の幼虫の餌として有名です。

は常用漢字から外れています。

 『(ケン)』quànは、古代の竹製の手形を表す形声文字です。漢字の足し算では、(巻物・書類)+刀(刀で刻む)=(竹製の巻物状の手形に署名する。契約の書類。手形)です。漢字の部首は『刀・かたな』、漢字の意味は『手形』です。

Photo_6

手形などの書類は現在では紙に書かれていますが、古代では竹製の巻物で、刀で刻みをつけた契約しました。紙や電子署名を使う現在でも、巻物と刀を合わせた漢字のが使われています。

音読みは呉音が『コン』、漢音が『ケン』です。金銭の代わりに通用する紙片を金(キンケン)、財産についての権利と義務が書かれた書類を証(ショウケン)、売り渡しの証文・人の値打ちを沽(コケン)といいます。

(ケン)は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1IcJ9kv です。

 『(ケン)』quánは、拳(こぶし)を表す形声文字です。漢字の足し算では、(まく・丸める)+手(て)=(手を丸める。拳。こぶし)です。漢字の部首は『手・て』、漢字の意味は『拳(こぶし)』です。

Photo_7

音読みは呉音が『ゲン』、漢音が『ケン』です。訓読みは『拳(こぶし)』です。拳を使う武術を法(ケンポウ)、武器を持たず素手であることを徒手空(トシュクウケン)といいます。

は中学校で習う常用漢字です。

http://bit.ly/1Y2k4QQ

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.かんとう(   )カラーの雑誌。

2.ま(  )き寿司。

3.けんど(   )重来。

4.合格 けんない(   )。

5.携帯 けんがい(   )。

6.けんたい(   )感。

7.にながわ(   )

8.図書 けん(  )。

9.しょうけん(   )会社。

解説です。基本の漢字は、圏(ケン)は□(くにがまえ)を足して、捲(ま)くは扌を足して、倦(う)むはイ(にんべん)を足して、蜷(にな)は虫を足して、券(ケン)は刀を足して、拳(こぶし)は手を足してです。

解答です。頭、き、土、土、内、外、怠、川、、証

漢字の成り立ち 監

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(カン・ケン)』jiànという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』には()という漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したら()になるのかを考えてます。は小学校4年生、は5年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(カン)』jiànは、見張る様子・取り締まる様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、臣(家臣・下を向く)+ノニ(人)+皿(水を張った皿)=(水を張った皿をみる。監(み)る。見張る。取り締まる)です。漢字の部首は『皿・さら』、漢字の意味は『見張る』、『取り締まる役人』、『囚人を閉じ込める』です。

Photo

音読みは呉音が『ケン』、漢音が『カン』です。訓読みは常用外に『監(み)る』です。取り締まったり、指図する人を督(カントク)、牢屋に収容することを収(シュウカン)、律令制の大蔵省の出納を監督する役人を物(ケンモツ)といいます。

良い意味の漢字で『あき』、『あきら』、『かね』、『ただ』、『てる』、『み』と名前に使われます。

漢字の世界では『みる』について、ニュアンスの違いがあります。

見(み)る 目立つ。目に止まる。現れる。(ケン)http://bit.ly/ZCbIEZ

視(み)る 真っ直ぐ視る。注意して視る。(シ)http://bit.ly/1Vps6QQ

看(み)る 手をかざして看る。よくみる。(カン)http://bit.ly/1Z5TbdM

診(み)る 細かいところまですみずみまでみる。(シン)http://bit.ly/1ygC0wK

察(み)る すみずみまでみる。(サツ)http://bit.ly/1zwPD77

覧(み)る 高い所から下を覧る。(ラン)http://bit.ly/25ApacQ

臨(のぞ)む 高い所から下を臨む。(リン)http://bit.ly/1WvVxot

監(み)る 上から下のものをみて、みさだめる。(カン)http://bit.ly/25ApacQ

観(み)る 多くのものを比べて観る。批評する。(カン)http://bit.ly/11kw1b1

眺(なが)める 右に左にと広く見渡す。(チョウ)http://bit.ly/1vDDgri

望(のぞ)む 遠くの見えにくいものをもとめみる。(ボウ)http://bit.ly/1v84fty

(カン)は中学校で習う漢字です。

 『(カン)』jiànは、戦争に用いる大きな舟を表す形声文字です。漢字の足し算では、舟(ふね)+(取り締まる)=(取り締まる舟。戦争に用いる大きな舟)です。『舟・ふね』、漢字の意味は『戦争に用いる大きな舟』です。

Photo_9

音読みは呉音が『ケン』、漢音が『カン』です。軍事目的をもった大小の船を艇(カンテイ)、二隻以上で編成された軍艦の部隊を隊(カンタイ)、艦隊の指揮を執る軍艦を旗(キカン)といいます。

舟は、漢字の世界では、ニュアンスが微妙に違います。

(テイ)はまっすぐ進む速いふね 『漢字の成り立ち http://bit.ly/1FLcD6f

(シュウ)は小さいふね        『漢字の成り立ち http://bit.ly/1DFvsUm

(カン)は戦う大きなふね      『漢字の成り立ち http://bit.ly/25ApacQ

(セン)はやや大きなふね      『漢字の成り立ち http://bit.ly/1vmpZDd

(ハク)は海を渡るふね          『漢字の成り立ち  http://bit.ly/1rkEIHJ

(カンテイ)、(センパク)、(カンセン)、(シュウテイ)。漢字は二字で安定し、聞いた時に解かり易いので組み合わせて使うことがあります。

(カン)は中学校で習う漢字です。

 『(カン)』jiànは、金属製の鑑(かがみ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、金(金属)+(水を張った皿)=(金属製の鑑(かがみ)。姿を写して自分の戒めにする。資料。よく点検する。見分ける証拠)です。『金・かねへん』、漢字の意味は『鑑(かがみ)』、『鑑(かがみ)をみて反省する』、『資料を並べて手本とする書物』、『よく点検する』、『見分ける証拠』です。

Photo_10

音読みは呉音・漢音ともに『カン』、訓読みは『鑑(かんがみ)る』で、常用外に『鑑(かがみ)』があります。骨董品(コットウヒン)や資料などの真贋(シンガン)や良否を判定することを定(カンテイ)、絵や写真などを示して解説した書物を図(ズカン)、照合するときに使う印を印(インカン)といいます。

良い意味の漢字で『あき』、『あきら』、『かた』、『かね』、『しげ』、『のり』、『み』、『みる』と名前に使われます。

(カン)は中学校で習う漢字です。

 『(カン)』jiànは、檻(おり)を表す形声文字です。漢字の足し算では、木(木製)+(取り締まる)=(中に閉じ込める木製の囲い。檻。おり)です。『木・き』、漢字の意味は『動物や罪人を閉じこめておく所』、『てすり』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ゲン』、漢音が『カン』、訓読みは『檻(おり)』です。罪人を運ぶ檻のついた車を車(カンシャ)、強くいさめることを折(セッカン)といいます。

漢の朱雲が、孝成帝に諫言をして怒りかい、朝廷から出されそうとしたとき、朱雲が捉まった欄 (ランカン) 折れたことから、強く諫めることを折(セッカン)といいます。

(カン)は常用漢字から外れています。

 『(ラン)』lànは、水が枠から溢れる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(みず)+(上から下へ水鏡をみる。取り締まる。枠)=(水が枠の外にあふれる。濫れる)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『あふれる』、『濫(みだ)れる』、『濫(みだ)りに』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『ラン』、訓読みは常用外に『濫(みだ)りに』、『濫(みだ)れる』があります。河川などの水が溢れることを氾(ハンラン)、濫(みだ)りに用いることを用(ランヨウ)といいます。

(ラン)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ラン)』lánは、藍色(あいいろ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(みる)=(植物からみえてくる色。染められた色。藍色。あいいろ)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『藍(あい』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『ラン』、訓読みは『藍(あい)』です。醗酵させた藍の葉を固めたものを玉(ランギョク・あいだま)、弟子が師にまさることを出(シュツラン)といいます。

「青(あお)はこれを(あい)より取りて藍より青し」(青の染料は、(あい)から取るものだが、もとの藍の葉より青くなる)という「荀子」の言葉より、弟子が師にまさることを出(シュツラン)といいます。

(ラン)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ラン)』lánは、衣服の中身が外にはみでる襤(ぼろ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、衣(衣服)+(あふれる)=(衣服の中身が外にはみでる。襤。ぼろ)です。漢字の部首は『衣・ころもへん』、漢字の意味は『襤(ぼろ)』です。

Photo_11

音読みは呉音・漢音ともに『ラン』、訓読みは『襤(ぼろ)』です。ぼろの衣服を音読みで褸(ランル)といい、訓読みで褸(ぼろ)と読みます。

(ル・ぼろ)は、衣(衣服)+婁(細くつながる)=(やぶれて細くつながっている衣服)の意味です。襤褸(ランル)と二語の熟語にして使います。

漢語は、意味が同じで発音の異なる二語の熟語にした方が、聞いた時に解かりやすいからです。

(ラン)は常用漢字から外れています。

 『(ラン)』lánは、竹製の籃(かご)を表す形声文字です。漢字の足し算では、竹(竹製)+(取り締まる。枠)=(竹製の枠。籃。かご)です。漢字の部首は『竹・たけかんむり』、漢字の意味は『籃(かご)』です。

Photo_12

音読みは呉音・漢音ともに『ラン』、訓読みは『籃(かご)』です。幼児を守って安眠させる籃(かご)を揺(ヨウラン・ゆりかご)といいます。

(ラン)は常用漢字から外れています。

 『(ラン)』lǎnは、上から下へ全体的に覧(み)る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(上から下へ水鏡をみる)+見(みる)=(上から下へ全体的に覧る。みる)です。漢字の部首は『見・みる』、漢字の意味は『上から下へ全体的にみる』、『一度に見渡す』、『見ることの尊敬』です。

Photo_10

音読みは呉音・漢音ともに『ラン』、訓読みは常用外に『覧(み)る』があります。高い位置から展望を楽しむことを観(カンラン)、全体を見通せるようにした書物を総(ソウラン)、天皇陛下が観賞なさることを天(テンラン)といいます。

漢字の世界では『みる』について、ニュアンスの違いがあります。

見(み)る 目立つ。目に止まる。現れる。(ケン)http://bit.ly/ZCbIEZ

視(み)る 真っ直ぐ視る。注意して視る。(シ)http://bit.ly/1Vps6QQ

看(み)る 手をかざして看る。よくみる。(カン)http://bit.ly/1Z5TbdM

診(み)る 細かいところまですみずみまでみる。(シン)http://bit.ly/1ygC0wK

察(み)る すみずみまでみる。(サツ)http://bit.ly/1zwPD77

覧(み)る 高い所から下を覧る。(ラン)http://bit.ly/25ApacQ

臨(のぞ)む 高い所から下を臨む。(リン)http://bit.ly/1WvVxot

監(み)る 上から下のものをみて、みさだめる。(カン)http://bit.ly/25ApacQ

観(み)る 多くのものを比べて観る。批評する。(カン)http://bit.ly/11kw1b1

眺(なが)める 右に左にと広く見渡す。(チョウ)http://bit.ly/1vDDgri

望(のぞ)む 遠くの見えにくいものをもとめみる。(ボウ)http://bit.ly/1v84fty

良い意味の漢字で、『かた』、『ただ』、『み』と名前に使われます。

(ラン)は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/21pbuvo です。

 『(エン)』yánは、塩(しお)を表す形声文字です。本字は(エン)で、監(みる。水の中に現れる)+鹵(結晶)=(点々と現れてくる結晶した塩。しお)です。書くのが大変なので、土+□(結晶)+皿(水の中)=(海水を煮詰めたり、土の上に浮いてくる塩の結晶。塩。しお)と書きます。漢字の部首は『土・つち』、漢字の意味は『塩(しお)』、『塩素(エンソ)』です。

Photo_4Photo_5

音読みは呉音・漢音ともに『エン』、訓読みは『塩(しお)』です。塩分濃度の高まりでおこる災害を害(エンガイ)、人間の生活に欠かせない米と塩を米(ベイエン)、塩素との化合することを化(エンカ)、イカなどを塩漬けにした発酵食品を辛(しおから)といいます。

(エン)は小学校4年生で習う漢字http://bit.ly/1JVSIGA です。

http://bit.ly/25ApacQ

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.かんとく(    )の判断。

2.連合 かんたい(    )。

3.植物 ずかん(    )。

4.品物の かんてい(    )。

5.せっかん(   )。

6.河川の はんらん(   )。

7.しゅつらん(   )の誉れ。

8.ぼろ(   )。

9.ゆりかご(    )。

10.てんらん(    )会。

11.えんぶん(    )の少ない食事。

解説です。基本の漢字は、混じるは舟を足して、鑑(かがみ)は金を足して、檻(おり)は木を足して、濫(みだ)れるは氵(さんずい)を足して、藍(あい)は、襤(ぼろ)は衣を足して襤、鹽(しお)は鹵(土)を足して)です。

解答です。督、隊、図定、折、氾、出褸、、褸、揺籠、揺、展分。

2015年7月 5日 (日)

漢字の成り立ち 柬

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(カン)』jiǎnという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

は『単語家族』が形声される漢字の成り立ちの中で、『カン』、『レン』二通りの発音に分かれたと考えられています。(カン)・(カン)と(レン)・(レン)・(レン)の二通りです。

漢字のカ行とラ行の関係はよくあることが知られていて、『(カク)』と『(ラク)』や『(カ)』と『(ラ)』の関係が有名です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したらになるのかを考えてます。は小学校3年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(カン)』jiǎnは、選り分ける様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、束(たば)+八(選り分ける)=(束ねたものを選り分ける。選抜する。えらぶ)です。漢字の部首は『木・き』、漢字の意味は『柬(えら)ぶ』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ケン』、漢音が『カン』、訓読みが『柬(えら)ぶ』です。『(カン)』単独で使われることはありませんが、の一部として漢字を構成しています。と書くのは面倒なので、と省略して書きますが、『(トウ)』dong http://bit.ly/1odVQnEは別字です。

』は中学校で習う常用漢字からは外れています。

 『(カン)』jiǎnは、手で選ぶ様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、束(たば)+(選り分ける)=(手で束ねたものを選り分ける。選抜する。えらぶ)です。漢字の部首は『扌・てへん』、漢字の意味は『揀(えら)ぶ』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ケン』、漢音が『カン』、訓読みが『揀(えら)ぶ』です。えらび取ることを取(カンシュ)、区別し選り分けることを択(カンタク)といいます。

』は中学校で習う常用漢字からは外れています。

 『(カン)』jiànは、諌(いさ)める様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、言(言葉)+(選ぶ)=)(過ちを改めるように直言する。諌(いさ)める)です。漢字の部首は『言・ごんべん』、漢字の意味は『諌(いさ)める』です。

Photo_5

音読みは呉音・漢音ともに『カン』、訓読みは『諌(いさ)める』です。目上の人の過失をを指摘し忠告することを言(カンゲン)、遠慮することなく率直に目上の人を諌めることを直(チョッカン)といいます。

諌(いさ)める格好の良い意味の漢字で『いさ』、『いさむ』、『ただ』と名前に使われます。

』は中学校で習う常用漢字です。

 『(レン)』liànは、生糸を選り分けて上質なものにする過程(練る)を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸+(選ぶ)=(生糸を選り分けて上質なものにする。練る。ねる)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、漢字の意味は『練(ね)る』、『捏(こ)ねる』、『鍛える』、『技術をを上げる』、『良い物を選ぶ』です。

Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『レン』、訓読みは『練(ね)る』です。練り上げた上質な絹を絹(レンケン)、繰り返し習い技術を上げることを習(レンシュウ)、教え込み(訓)技術を上げることを訓(クンレン)、練った辛子を辛子(ねりがらし)といいます。

鍛え上げる良い意味の漢字で『ねり』、『よし』と名前に使われます。

』は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-e460.html です。

 『(レン)』liànは、火を使って煉(ね)る様子・不純物を取り除く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、火(火力)+(煉る)=(火を使って煉(ね)る。不純物を取り除く。煉り固める)です。漢字の部首は『火・ひ』です。意味は『鉱物を熱して不純物を取り除く』、『煉り固める』です。

Photo_7

音読みは呉音・漢音ともに『レン』、訓読みが『煉(ね)る』です。金属から不純物を除いて質のよいものにすることを精(セイレン)、粘土を練り、乾燥して窯 (かま) で焼いたものを瓦(レン)、木炭などの粉末を練って固めた燃料をを炭(レンタン)といいます。

』は人名用です。精(セイレン)は常用漢字の精(セイレン)、炭(レンタン)も常用漢字の炭(レンタン)と書くことの方が多いです。

 『(レン)』liànは、金属を良質のものにきたえ上げる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、金(金属)+(練る)=(金属を良質のものにきたえ上げる。鍛え上げる)です。漢字の部首は『金・かねへん』です。意味は『金属を良質のものに鍛え上げる』、『心身や技をきたえ上げる』です。

Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『レン』、訓読みが『錬(ね)る』です。金属からから金を精錬しようとすることを金(レンキン)、鍛えて立派にすることを成(レンセイ)、力を入れることから、訓練や修養を積み重ね、技術や心身を鍛えることを鍛(タンレン)といいます。

』は中学校で習う常用漢字です。小学校で習う(レン)の字で代用することも多いです。

 『(レン)』liànは、鰊(にしん)を表す形声文字です。漢字の足し算では、魚+(選ぶ)=(選ばれた魚。春に選ばれた魚。鰊。にしん)です。漢字の部首は『魚・さかんへん』です。意味は『鰊(にしん)』、我が国では春になると群をなして沿岸に寄る鰊(にしん)を指し示す漢字です。

Photo_10Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『レン』、『鰊(にしん)』です。鰊(にしん)が豊漁であった頃に鰊で稼(かせ)いで建てた家を御殿(にしんゴテン)、じっくりと乾燥させ背骨を除いた鰊(にしん)を身欠き(みがきにしん)といいます。

(にしん)は(にしん)http://bit.ly/1qQSVwGとも書きます。

魚に関して詳しくは『部首索引 (うお・さかな)』http://bit.ly/1Rqs88v をご覧下さい。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.君主に かんげん(   )する。

2.避難 くんれん(   )。

3.れんしゅう(   )を繰り返す。

4.れんが(   )造り。

5.れんきん(   )術。

6.精神を たんれん(   )する。

7.にしん(  )蕎麦。

解説です。基本の漢字は、揀(えら)ぶは扌(てへん)を足して、諌(いさ)めるは言(こんべん)を足して、練(ね)るは糸を足して、火を使う煉(ね)るは火を足して、金属を鍛える錬(ね)るは糸を足して、鰊(にしん)は魚を足してです。

解答です。、訓習、瓦、金、鍛・鍛・鯡。

2014年10月12日 (日)

漢字の成り立ち 咸

 今日は『(カン)』xiánという漢字の『単語家族』(意味・発音上の漢字の仲間)について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『カン』が『ゲン』、意味は『口を封じる』、『口を閉ざす』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』は漢字の足し算で表わせます。『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校で3年生で、は5年生、は中学校で習います。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(カン)』xiánは、戉(まさかり)で人を脅して口を閉じさせる様子を表す会意文字です。漢字の足し算では戉(まさかり)+口=(まさかりでショックを与えて口を閉じさせる)です。漢字の部首は『口・くち』です。意味は『口を閉ざす』、『閉ざす』、『皆に口を閉じさせる』、『皆』です。

Photo_9

音読みは呉音が『ゲン』、漢音が『カン』です。秦の時代の都の陽(カンヨウ)は、現在でも大きな都市として有名です。『』は常用漢字ではありません。

 『(カン)』gǎnは、感動する様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(戉・まさかりでショックを与えて口を閉じさせる)+心=(口が開けられない程、心をうたれる。感動する)です。漢字の部首は『心・こころ』、意味は『感動する』、『感じる』、『ショックを受ける』です。

Photo_3

音読みは呉音が『コン』、漢音が『カン』です。物事に感じて動く心持を情(カンジョウ)、刺激を受けて感動することを激(カンゲキ)、ショックを受けて態度を変えることを化(カンカ)、電気によるショックを電(カンデン)といいます。

』は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1Ro3ucX です。

 『(カン)』hànは、残念な気持ちを表す形声文字です。がショックを受けて良い意味にも、悪い意味にも使われるようになったので、残念に思う気持ち用に造られた漢字です。漢字の足し算では、忄(心の動き)+(心をうたれる)=(残念な気持ち。残念に思う)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、意味は『残念に思う』です。

Photo_12

音読みは呉音が『ゴン』、漢音とも『カン』です。心残り(遺)に残念に思う気持ちを遺(イカン)といいます。

』は中学校で習う常用漢字です。

 『(カン)』jiānは、糸で緘(と)じる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸+(閉ざす)=(糸で緘(と)じる。)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、意味は『糸で緘じる』、『口を閉ざす』です。

Photo_10Photo

音読みは呉音が『ケン』、漢音が『カン』、訓読みは『緘(と)じる』です。封をして緘じることを封(フウカン)、口を閉じて何も言わせない命令を口令(カンコウレイ)といいます。『』は常用漢字からは外れています。

口令(カンコウレイ)は口令(カンコウレイ・竹製のかせを口に嵌める)http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-930f.htmlとも書きます。

 『(ゲン)』jiǎnは、水の流れを閉じて水量を減(へ)らす様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(閉ざす)=(水の流れを閉じて水量を減らす。減らす。へらす)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『減(へ)らす』、『引く』です。

Photo_11

音読みは呉音が『ゲン』、漢音が『カン』、訓読みは『減(へ)らす)』、『減(へ)る』です。減って少なくなることを少(ゲンショウ)、勢力が少なくなることを退(ゲンタイ)、削って減らすことを削(サクゲン)、引き算を法(ゲンポウ)といいます。

』は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1IcJ9kv です。

 『(カン)』xiánは、口を閉ざす程塩辛い様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、鹵(アルカリ性のしお)+(口を閉ざす)=(口を閉ざす程塩辛い。しおからい)です。漢字の部首は『鹵・しお』、意味は『塩辛い』です。

音読みは呉音が『ゲン』、漢音が『カン』です。塩分を含んだ水を水(カンスイ)、塩分をたくさん含んでいる湖を湖(カンコ)といいます。

湖の水を中華麺に使ったことから、中華麺に使うアルカリ性の塩水を水(カンスイ)と呼ぶことがあります。

』は常用漢字からはずれています。

 『(シン)』zhēnは、漢方の鍼(はり)を表す会意文字です。漢字の足し算では、金(金属)+(刺激する)=(金属製の鍼で人体を刺激して治療する。鍼。はり)です。漢字の部首は『金・かねへん』、意味は『鍼(はり)』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『シン』、訓読みが『鍼(はり)』です。治療に用いる鍼(はり)と灸(キュウ)を灸・針灸(シンキュウ)といいます。漢字の成り立ちからすると、(カン)と同じ(カン)と読むはずですが、(シン)zhenの影響を受けて(シン)と読みます。『』は常用漢字からはずれています。

(はり)は(はり)とも書きます。(はり)はの仲間の漢字です。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1vHBPIs をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-740a.html

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.秦の都 かんよう(   )。

2.相手の かんじょう(   )に訴える。

3.かんでん(   )死。

4.いかん(   )に思う。

5.手紙を ふうかん(   )する。

6.かんこうれい(    )を敷く。

7.人口が げんしょう(   )する。

8.費用の さくげん(   )。

9.塩分を含む かんすい(   )。

10.しんきゅう(   )医。

解説です。基本の漢字は、感じるは心を足して、残念に思うは忄(りっしんべん)を足して、緘(と)じるは糸を足して、減らすは氵(さんずい)を足して、鹹(しおからい)は鹵(しお)を足して、鍼(はり)は金(かねへん)を足してです。

解答です。陽、情、電、遺、封口令、口令、少、削水、灸・針灸。

漢字の成り立ち 漢

 今日は『(カン)』hànという漢字の『単語家族』(意味・発音上の漢字の仲間)について説明します。基本になる漢字は『𦰩(カン)』hànです。音読みは『カン』、意味は『渇く』、『乾く』、『炙(あぶ)る』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』は漢字の足し算で表わせます。𦰩(カン)に何を足すとどんな漢字になるのか
を考えます。は小学校で3年生で、は6年生、は中学校で習います。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

𦰩(カン)は漢の氵を抜いた漢字。この本文では堇(キン)で代用しています。御了承下さい。堇(キン)については『漢字の成り立ち  堇』http://bit.ly/1RlZ9Su をご覧ください。

 『𦰩(カン)』hànは動物の革を火であぶった様子を表す会意文字で、燃やす様子、乾(かわ)いた様子、渇いた様子を表します。

PhotoPhoto

漢字の足し算では、革(動物の革)+火=𦰩(動物の革を火であぶる。燃やす。乾いた。渇いた)です。単独で使うことはありません。の漢字の一部として使われています。

 『(カン)』hànは、涸(か)れた河を表す形声文字で、天の川のことです。やがて、揚子江の支流である漢水(カンスイ)、中国の漢王朝、漢民族、男をさすようになりました。

Photo_2Photo_2

漢字の足し算では、氵(水)+堇(乾いた)=(天の川)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『天の川』、『漢水』、『漢王朝』、『中国人』、『男』です。

音読みは呉音・漢音ともに『カン』、訓読みは常用外の『漢(おとこ)』があります。民族の字が字(カンジ)、良い男を好(コウカン)、中国の学問・技術を身に付けた才能を才(カンサイ)といいます。

』は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1Ro3ucX です。

 『(ナン)』nánnànnuóは、隹(とり)が炙(あぶ)られて辛(つら)い様子を表す形声文字です。『辛い』から、『なじる』、『わざわい』、『難(むずか)しい』、『難(かた)い』、『欠点』など多くの意味が派生しました。

Photo_2Photo_3

漢字の足し算では、堇(炙る)+隹(とり)=難(隹(とり)が炙(あぶ)られて辛(つら)い。転じて難しい。むずかしい)です。漢字の部首は『隹・ふるとり』、意味は『わざわい』、『難(むずか)しい』、『欠点』です。

音読みは呉音が『ナン』、漢音が『ダン』、訓読みは『難(むずか)しい』、『難(かた)い』です。また、常用外の読み方に『難(にく)い』があります。難しい問題を問(ナモン)、難しいことと易しいことを易(ナンイ)、解り難(にく)いことを解(ナンカイ)、思いかけず身にふりかかる災いを災(サイナン)といいます。

』は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1rMjElI です。

 『(タン)』tànは、咽喉(のど)が渇いて嘆(なげ)く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、口(くち)+堇(渇いた)=(咽喉(のど)が渇いて嘆(なげ)く)です。漢字の部首は『口・くちへん』、漢字の意味は『嘆(なげ)く』です。

Photo_9Photo_4

音読みは呉音・漢音とも『タン』、訓読みは『嘆(なげ)く』です。嘆いてため息をつくことを息(タンソク)、事情をよく話して頼み込むことを願(タンガン)、心の深い感動を表現するのを詠(エイタン)といいます。

』は中学校で習う常用漢字です。

 『(なだ)』tānは、水の流れが速い浅瀬や沖合の波の荒い場所、船で通るのが難しい場所を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(難しい)=(船で通るのが難しい場所。灘、なだ)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『灘(なだ)』、『海岸線』、『浅瀬』です。

Photo

音読みは呉音・漢音とも『タン』、慣用音が『ダン』ですが、あまり使われません。訓読みの『灘(なだ)』を使います。対馬海流による海の難所の玄界(ゲンカイなだ)、黒潮による海の難所の遠州(エンシュウなだ)、鳴門海峡の難所の播磨(はりまなだ)が有名です。また灘には海岸線を意味するため、海の見晴らしの良い土地にも灘と名付けられることがあります。神戸の(なだ)がそういわれています。

』は常用漢字から外れています。

 『(おにやらい)』nuóは、災難・疫病を追い払う行事を表す形声文字です。漢字の足し算では、(にんべん)+(災難・疫病)=(人が災難や疫病を追い払う。儺、おにやらい)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、意味は『儺(おにやらい)』です。

Photo_2

平安朝の宮中では、四つ目のお面をつけた官人が鬼を追い払ったとされ、現在では節分の豆まきの行事に引き継がれています。

音読みは呉音が『ナ』、漢音が『ダ』、訓読みは『儺(おにやらい)』です。

(キ)』 http://bit.ly/1p8NpVJ という、鬼を追い払う『儺(おにやらい)』を表す漢字もあります。

』は常用漢字から外れています。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.かんじ(    )の成り立ち。

2.中国の かん(  )王朝。

3.なんもん(    )の出題。

4.なんかい(    )な問題。

5.さいなん(    )に見舞われる。

6.えいたん(    )を表す助動詞。

7.たんがん(    )書の提出。

8.遠州なだ(  )。

9.おにやらい(  )。

解説です。基本の漢字は、漢は氵(さんずい)を足して、難(むずか)しいは隹(ふるとり)を足して、嘆(なげ)くは口を足してです、灘(なだ・海の難所)は氵(さんずい)を難に足して、儺(おにやらい)はイ(にんべん)を足してです。

解答です。字、問、解、災、詠願、

2014年3月16日 (日)

漢字の成り立ち 間

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日は『(カン)』jiānjiànという字を中心とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『』に何を足したら、になるのかを考えていきます。は小学校2年生、は6年、は中学校で習う常用漢字です。学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『間・閒(カン)』jiānjiànは、門(モン)のすきまからに月が見える様子を表した会意文字です。漢字の足し算では、門+月=(門のすきま。あいだ。ま。へだてる)です。本来の漢字はを使った『』でしたが、『』がつかわれています。漢字の部首は『門・もんがまえ』、意味は『間(あいだ)』、『間(ま)』、『しばし』、『へだてる』、『門の間の長さ』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ケン』、漢音が『カン』、訓読みは『あいだ』、『ま』、『はざま』です。一(イッケン)、人(ニンゲン・ジンカン)、期(キカン)、口(ぐち)、柄(あいだがら)のです。

音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html をご覧ください。

重要な漢字で『ちか』、『はし』、『ま』と名前に使われます。聖徳太子の生母に人皇女(はしひとひめみこ)がいらっしゃいます。

間人皇女が騒乱から京丹後市に身を寄せ、戻る(退座・タイザ)ときに名を送ったことに因(ちな)んで、人(たいざ)という地名があり、有名です。

』は小学校2年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-9a0e.htmlです。

 『(カン)』jiǎnは、竹製の文書・書類(竹簡・チクカン)を表す形声文字です。紙のなかった頃は、竹の札に漢字を書いて、一枚ずつ綴(と)じていました。一枚ずつ間が空くので『』といいます。漢字の成り立ちは、竹(竹製)+(あいだ)=(竹製の書類。竹簡。ちくかん)です。漢字の部首は『竹・たけかんむり』、漢字の意味は『竹簡(チクカン)』です。

Photo_4

音読みは呉音が『ケン』、漢音が『カン』です。竹製の文書を竹(チクカン)、一枚の簡を単(カンタン)と言い、複雑でないことを指します。簡単で質素な様を素(カンソ)、簡単ですっきりした様子を潔(カンケツ)と言います。

』は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/2dKqhzH です。

 『(カン)』xiánは、閑(ひま)な時間を表す形声文字です。もともと門に閉める木のことを示す漢字でしたが、『』の『しばし』、『ひま』という意味を受け継いで専用の漢字になりました。中世以降、木の落ち着いた感じからでしょうか『ひま』を表現する漢字として好んで使われるようになりました。

漢字の成り立ちは、(門)+木=(門を閉める木。間の意味をを受け継いで暇。ひま)です。漢字の部首は『門・もんがまえ』、漢字の意味は『閑(ひま)』です。

Photo_6

』に門を守る、閉めるの意味はもうありません。と『門を守る』、『閉(し)める』の意味では他に漢字が沢山あります。

音読みは呉音が『ゲン』、漢音が『カン』です。訓読みは『(ひま)』です。人がまばらで、いないことを散(カンサン)、農業の準備期間を農期(ノウカンキ)、長く時間のあることを長(のどか)と言います。『』は中学校で習う常用漢字です。

非常に情緒深い、良い意味の漢字で『しず』、『もり』、『のり』、『やす』、『より』と名前に使われます。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-172e.html

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.修行 きかん(    )中。

2.仲の良い あいだがら(    )。

3.にんげん(    )性の問題。

4.まぐち(    )が広い。

5.かんけつ(    )な表現。

6.かんたん(    )な問題。

7.かんそ(    )な生活。

8.のどか(    )な一日。。

9.のうかん(    )期の出稼ぎ。

解説です。基本の漢字は、簡単は竹(たけかんむり)を足して、閑(ひま)は日を木に換えてです。

解答です。期柄、人口、潔、単、素、長、農

2013年12月 1日 (日)

漢字の成り立ち 奐

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日は、という『単語家族』について説明します。基本の漢字は『』で、共通の読み方は『カン』、意味は、『交換する』、『さかん』です。

『単語家族』は足し算で表わすことができるので『』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は中学校で習います。学校、学年に関係なくまとめて覚えてしまいましょう。

 『(カン)』huanは、出産の子供を取り上げる様子を漢字にしたものです。漢字の足し算では、免(出産)+大(手の変形)=(出産の子供を取り上げる)です。部首は『・だい』、意味は『とりかえる』と、子供が生まれる様子からの『さかん』の意味があります。

Photo_4

 音読みは呉音・漢音ともに『カン』です。ゆったりとゆとりのある様を伴(ハンカン)といいます。『』は単独では使われません。常用漢字ではありません。

 『(カン)』huanは、喚く(わめく)様子を示す形声文字です。漢字の足し算では口+(さかん)=(大きくわめく。注意する)です。部首は『口』です。

Photo_5

 音読みは呉音・漢音ともに『カン』。訓読みは常用外の『喚く(わめく)』、『喚ぶ(よぶ)』があります。注意起(カンキ)、問(カン)、召(ショウカン)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(カン)』huanは、交換する様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手)+(子供を取り上げる)=(子供を取り上げるように交換する。交換する)です。部首は『扌・てへん』、意味は『かえる』、『交換する』です。

Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『カン』。訓読みは『換える(かえる)』です。交(コウカン)、気(カンキ)、算(カンサン)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(カン)』huanは水が盛んに流れる様子の形声文字です。漢字の足し算では氵(水)+(さかん)=(水が盛んに流れる)です。部首は『氵・さんずい』です。

Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『カン』です。渙渙(カンカン)とは水が盛んに流れるさまです。『』は常用漢字ではありません。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.証人 かんもん(   )。

2.悪魔の しょうかん(   )。

3.注意の かんき(   )。

4.部品の こうかん(   )。

5.空気を かんき(   )する。

6.単位を かんさん(   )する。

出来ましたか?解答です。子供を取り上げるのは、よぶのは口を足して、交換は扌を足してに、水が盛んは氵を足してです。

問、召起、交気、算。今回はこの辺で終わりにします。

漢字の成り立ち 干

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日は奸竿という『単語家族』について説明します。基本の漢字は『』ganで、共通の読み方は『カン』、意味は、『太い棒』、『武器』、『かかわる』、『干す』です。

『単語家族』は足し算で表わすことができるので『』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校5年、は6年生で習います。は中学校で習います。学校、学年に関係なくまとめて覚えてしまいましょう。

 『(カン)』ganは、棒や盾を表す象形文字(ショウケイモジ)です。意味は、『太い棒』、『せめる』、『まもる』、『かかわる』、『干す』の意味があります。古い字形である篆文(テンブン)も一緒に載せておきます。

Photo_8

(カン)』ganにはもともとす(ほす)の意味はありません。『(カン・ほす)』ganと音が同じのため、く(かわく)、す(ほす)の意味が加わるようになり、現在では(ほ)すの意味で多く使われます。『(カン・ほす)』は吹流しの様子といわれており、そこからく(かわく)の意味になったといわれています。

Photo_8

音読みは呉音・漢音ともに『カン』です。訓読みは『干す(ほす)』、『ひ』です。拓(カンタク)、潮(カンチョウ)、物(もの)、物し(ものほし)、渉(カンショウ)のです。『』は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/2dKqhzH です。

 『(カン)』hanは、日照りを表漢字です。漢字の足し算では、日+(かわく)=(日で乾く。日照り)です。部首は『日』、意味は『日照り』です。

Photo

音読みは漢音が『カン』、呉音の『ガン』は使いません。訓読みは『ひでり』です。魃(カンバツ)のです。魃は魃とも書きます。『魃(バツ)』は日照りの神様です。『』は常用漢字ではありません。

 『(カン)』kanは、文字を彫る様子を示す漢字です。古代文字は彫っていたのです。漢字の足し算では、(かかわる)+刂(刀)=(刀でかかわる。版木に文字を彫る。出版する)です。部首は『刂(りっとう)』、意味は『出版』する。

Photo_18

音読みは呉音・漢音ともに『カン』。行(カン)、週誌(シュウカン)、創(ソウカン)、夕(ユウカン)のです。『』は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1ViqkSL です。

 『(カン・しおり)』kanという漢字があります。『』にやや近い漢字です。今では本の目印ですが、昔は道路や林中の目印に使われていました。漢字の足し算では、(目印)+木=(木製の目印。しおり)です。漢字の部首うは『木』、意味は『(しおり)』、『目印』、『手引き』です。

Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『カン』。訓読みは『栞(しおり)』です。訓読みの『しおり』は枝(シ)を折(お)るからきているといわれています。大変立派で、大変良い意味の漢字で、『しおり』と名前に使われています。『』は人名用漢字です。

 『(カン)』ganは、木の幹を漢字にしたものです。漢字の足し算では、倝(日が昇る・吹き流し。縦棒)+(まもる。大事なもの。太い部分)=(木の太い部分。大事な部分。幹)です。部首は『木』、意味は『みき』、『大事なところ』です。

Photo_17

音読みは呉音・漢音ともに『カン』、訓読みは『みき』です。事(カンジ)、部(カンブ)、才(サイカン)のです。大変力強い良く、才能あふれる漢字です。『えだ』、『から』、『くる』、『たかし』、『たる』、『つね』、『つよし』、『とし』、『まさ』、『み』、『みき』、『もと』、『もとき』、『よし』、『より』と多くの人名に使われています。『』は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1ViqkSL です。

 『(カン)』ganは、肝臓を表す漢字です。漢字の足し算では、月(身体)+(大事なところ)=(身体の大事なところ。肝臓)です。部首は『月・にくづき』、意味は『肝臓』です。

Photo_20

音読みは呉音・漢音ともに『カン』。訓読みは常用外の『きも』があります。腎・心(カンジン)、要(カンヨウ)、臓(カンゾウ)、(きも)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(カン)』hanは汗をかく様子の漢字です。漢字の足し算では氵(水)+(せめる)=(せめられて、汗をかく。汗)です。部首は『氵・さんずい』、意味は『あせ』です。

Photo_18

音読みは漢音の『カン』が普通で、呉音の『ガン』は使いません。訓読みの『あせ』です。発(ハッカン)、水(あせみず)、冷(ひやあせ)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 中国北方民族の首長を可(カガン・khan)といいます。

 『(カン)』jianは、女性をせめる様子を示す漢字です。漢字の足し算では、女(おんなへん・女)+(せめる)=(女性をせめる)です。部首は『女』、意味は『よこしまな』です。

Photo_21

音読みは呉音・漢音ともに『カン』。物(カンブツ)、臣(カンシン)のです。『』は常用漢字から外れています。

 『竿(カン)』ganは、竿(さお)を示す漢字です。漢字の足し算では、竹+(太い棒)=竿(竹製の長い棒。竿)です。漢字の部首は『竹・たけかんむり』、意味は『さお』です。

Photo_19

音読みは呉音・漢音ともに『カン』、訓読みは『さお』です。竿頭(カントウ)、竹竿(たけざお)、旗竿(はたざお)、釣り竿(つりざお)の竿です。『竿』は人名用漢字です。

 『(ケン)』xuanは、馬車の(ながえ)が上がった様子を示す漢字です。軒先が上がっている様子も示し、転じての事を指します。漢字の足し算では、車+(上がる)=(轅・ながえが上がった状態。ひさし。家)です。漢字の部首は『車・くるまへん』、意味は『のき』、『家』です。

Photo_21Photo_20

音読みは漢音の『ケン』を使い、呉音の『コン』は使いません。訓読みは『のき』です。一(イッケン)、意気昂(イキケンコウ)、先(のきさき)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.三国 かんんしょう(   )。

2.鯵の ひもの(   )

3.しおひがり(    )。

4.しゅうかんし(    )を読む。

5.新聞の ゆうかん(   )。

6.同窓会の かんじ(   )。

7.かんぶ(   )職員。

8.かんじん(   )の店に予約する。

9.生姜の はっかん(   )作用。

10.武田勝頼の かんしん(   )。

11.たけざお(   )作りの工房<。

12.のきさき(    )。

13.田舎の いっけんや(    )。

解説です。役人は、印刷するは彫るで刂を足して、幹は倝(はたざお)に干を足して、肝臓は月を足して、汗は氵を足して、よこしまが女を足して、竹竿は竹を足して竿、軒(のき)は元々馬車の長い部分でした。車を足してです。

解答です。渉、物、潮狩り、週誌、夕事、部、心、腎、発臣、竹竿先、一家。

2013年7月14日 (日)

漢字の成り立ち 毌・串

 今日は『(カン)』guanと『(カン)』guanいう二つの漢字の『単語家族』について説明します。一つの基本漢字は『』です。がこの漢字の仲間です。いま一つの基本漢字は『』です。がこの漢字の仲間です。どちらの漢字も貫く(つらぬく)映像を表す漢字です。『』と『』の漢字の成り立ちを考えます。

は小学校5年生で、は中学校で習います。一緒にまとめて覚えてしまいましょう。

 『(カン)』guanは、貝を貫く様子を漢字にした象形文字です。似ている漢字に『母(ボ・はは)』、『毋・なかれ』がありますが別字です。漢字の部首は便宜上の『毋・なかれ』、意味は『貫く(つらぬく)』です。『毌』自体を使うことはありませんが、の部分として活躍しています。

Photo_3

音読みは呉音・漢音ともに『カン』です。『毌』は常用漢字ではありません。

 『(カン)』guanは、たくさんの貝を貫く様子を示す形声文字です。漢字の足し算では、毌(貫く)+貝=(たくさんの貝を貫く。貫く。)です。部首は『貝』、意味は『貫く(つらぬく)』です。穴あき銭1000枚を紐に通したものを『』といいます。また重量の単位にも『貫』が使われました。3.75kgが一貫です。昔、子供の頃の悪口の一つに「百貫(ヒャッカン)デブ」というのがありました。

Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『カン』です。訓読みは『く(つらぬく)』です。通(カンツウ)、突(トッカン)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(カン)』guanは、毎日行なう習慣を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、忄(りっしんべん・心)+(つらぬく)=(毎日行なう心に決めた習慣)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』です。

Photo_5

音読みは漢音の『カン』を使います。訓読みは『れる(なれる)』です。習(シュウカン)、習(カンシュウ)、用(カンヨウ)、性(カンセイ)のです。『』は小学校5年生で習う漢字です。

 『(カン)』guanの親戚筋の漢字に『(ジツ)』shiがあります。実の正しい字体は『』で、『』と近い関係にあります。の部分が(シュウ・いっぱい)の省略形といわれています。いっぱいの意味で、貫くの意味はありませんが、同じの仲間です。

Photo_4

漢字の足し算では宀(家)+周(シュウ・いっぱい)+貝=(家の中を財宝でいっぱいにする。満たす。みちる。実る。充実)です。漢字の部首は『宀・うかんむり』、意味は『実(み)』、『実る(みのる)』、『真実』です。『』は小学校3年生で習う漢字です。

 『(カン)』guan、chuanは、二つの物が貫かれている様子を漢字にした象形文字です。漢字の部首は『|・たてぼう』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ケン』、漢音が『カン』ですが使いません。訓読みは『くし』です。金(かなぐし)、焼き(くしやき)、カツ(くしカツ)の串です。『』は平成22年に新たに常用漢字(一般社会生活で使用する2136字)に追加登録されました。中学校で習います。

 『(カン)』huanは、心が貫かれた様子を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、(つらぬく)+心=(心を貫かれた痛み。患う)です。漢字の部首は『心』です。

Photo_6

音読みは漢音の『カン』を使います。訓読みは『う(わずらう)』、『患える(うれえる)』です。者(カンジャ)、疾(シッカン)、急(キュウカン)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.銭 いっかん(   )。

2.トンネルが かんつう(   )する。

3.かんせい(   )の法則。

4.歯磨きの しゅうかん(   )。

5.くしや(   )きを注文する。

6.かんじゃ(   )の来院。

7.病を わずら(  )う。

解説です。漢字の貫(つらぬ)くは毌に貝を足して、心に決まった習慣は忄(りっしんべん)を足して、物が貫かれているのは(くし)、心を貫かれた痛みがです。

解答です。一通、性、習焼き、者、う。

高浜虚子の句に「去年今年(こぞことし)(つらぬ)く棒の如きもの」というの句があります。去年も今年も物ではないけれど、何か貫かれているという感じがいかにもで名句と思います。

2013年7月 7日 (日)

漢字の成り立ち 官

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日はという『単語家族』について説明します。基本の漢字は『』で、共通の読み方は『カン』、意味は、『役人』、『取り囲む建物』です。

 『単語家族』は足し算で表わすことができるので『』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校3年、は4年生で、は中学校で習います。は人名用漢字です。学校、学年に関係なくまとめて覚えてしまいましょう。

 『(カン)』guanは、官僚を表す漢字です。漢字の足し算では、宀(うかんむり・屋根)+㠯(つみかさね・軍事の祭肉)=(公的な館に集まった役人。官僚)です。部首は『宀(うかんむり)』、㠯については、阜(つみかさね)や師(軍事の祭肉を司る将官)など諸説あります。公的な館に集まった役人を『』といいます。意味は『役人』・『取り囲む建物・役所』と『はたらき』の意味があります。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『カン』です。『役所・役人』の意味で、外交(ガイコウン)、吏(カンリ)、長(チョウカン)、舎(カンシャ)、仕(シカン)などの単語があり、『はたらき』の意味で器(キカン)などの単語があります。『』は小学校4年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/4-31ef.htmlです。

  『(カン)』guanは、食事をする公共の建物を示す漢字です。漢字の足し算では、飠(食事)+(公共の)=(食事をする公共の建物。やかた)です。部首は『飠(しょくへん)』です。

Photo

同じ意味を意味を異体字に『(カン)』guanがあります。漢字の足し算では、舍(手足を伸ばす宿。宿舎)+(公共の)=(手足を伸ばす公共の建物。やかた)です。部首は『舌・した』です。漢字の成り立ち・ニュアンスは違いますが、同じ漢字です。

Photo_17Photo_18

音読みは呉音・漢音ともに『カン』。訓読みは常用外の『やかた』、『たち』があります。会(カイカン)、図書(トショカン)、体育(タイイクカン)、新(シンカン)のです。『』は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/4-31ef.htmlです。

(カン)』・『(カン)』は非常に立派で、公共的な漢字で『いえ』、『たち』、『たて』、『やかた』と地名・名字・名前に使われます。

 『(カン)』guanは、竹製の管(くだ)を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、竹+(取り囲む)=(竹製のくだ)です。部首は『竹(たけかんむり)』、意味は『くだ』、『管状の楽器』です。『取り囲む』、『取り締まる』、『取り締まる範囲』の意味もあります。『取り締まる範囲』の意味で使うことが多いです。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『カン』、訓読みは『くだ』です。血(ケッカン)、試験(シケンカン)、楽器(カンガッキ)、理(カンリ)、保(ホカン)、(くだ)を巻くのです。『』は小学校4年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/4-31ef.htmlです。

 『(カン)』guanは、棺桶(カンおけ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、木(木材)+(取り囲む)=(木材で死者を囲む棺桶)です。部首は『木』、意味は『棺桶』、『ひつぎ』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『カン』。訓読みは常用外の『ひつぎ』があります。。出(シュッカン)、石(セキカン)、桶(カンおけ)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(カン)』jianは植物のすげを示す漢字です。漢字の足し算では艹(植物)+(丸い穴の通る)=(丸い穴のある植物。すげ)です。部首は『艹(くさかんむり)』です。

音読みは漢音の『カン』が普通で、呉音の『ケン』は使いません。訓読みの『すげ・すが』です。(カン)元総理、(すが)官房長官、原道真(すがわらみちざね)公。人名に使われる事が多い漢字です。『』は人名用漢字です。

Photo_3

 『』と近い親戚筋の漢字に『(ケン)』があります。『遣』の説明をします。

 『(ケン)』qianは、軍隊の一部を割いて差し向ける様子を示す漢字です。漢字の足し算では、辶(しんにょう・さしむける)+両手+㠯(軍事の祭肉)=(一部を割いて差し向ける。遣わす)です。古代中国の軍隊を遣わすときに、勝利を神に祈った祭肉を携行します。これが『』です。部首は『辶(しんにょう)』です。

Photo_3

音読みは呉音・漢音ともに『ケン』、訓読みは『う(つかう)』です。先(センケン)、派(ハケン)、唐使(ケントウシ)、言葉い(づかい)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

一般的には使う。遣(つか)わすの意味ではうを用います。気、心、言葉はうを用います。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.がいこうかん(     )の友達。

2.消化 きかん(    )。

3.としょかん(     )に通う。

4.武士の やかた(  )。

5.マンションの かんり(    )会社。

6.けっかん(    )に注射する。

7.かんがっき(     )の演奏。

8.重要書類の ほかん(    )。

9.かんおけ(    )。

10.すがわらみちざね(      )公。

11.言葉 づか (  )い。

12.空海は けんとうし(      )。

解説です。役人は、食事をする建物は飠で、管は官に竹で、ひつぎが木を足して棺、すげは艹を足して、軍隊を分かち差し向けるのがです。

解答です。外交、器、図書理、血楽器、保桶、原道真、言葉い、唐使。今回はこの辺で終わりにします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ア行(ア ) | ア行(イ ) | ア行(イチ・イツ) | ア行(イン) | ア行(ウ) | ア行(エ ) | ア行(エ )・カ行(カイ) | ア行(エイ) | ア行(エン )・タ行(タン) | ア行(エン・オン) | ア行(エン) | ア行(オ ) | カ行(カ )  | カ行(カイ) | カ行(カク) | カ行(カツ) | カ行(カン) | カ行(ガ ) | カ行(キ ) | カ行(キュウ) | カ行(キョウ・ケイ) | カ行(キョウ・コウ) | カ行(キョウ) | カ行(キョク) | カ行(キョ) | カ行(キン) | カ行(ギ ) | カ行(ギョ) | カ行(ク ) | カ行(ク・コウ) | カ行(ケ ) | カ行(ケン) | カ行(ケ・カイ) | カ行(ケ・キ) | カ行(コ ) | カ行(コウ) | カ行(コン) | カ行(ゴ ) | サ行(サ ) | サ行(サイ・セイ ) | サ行(サン) | サ行(シ ) | サ行(シ ) | サ行(シキ・ショク) | サ行(シチ・シツ) | サ行(シャ ) | サ行(シャク・セキ) | サ行(シュウ) | サ行(シュ) | サ行(ショウ・セイ) | サ行(ショウ) | サ行(ショ) | サ行(シン) | サ行(ジ ) | サ行(ジャク) | サ行(ジュウ) | サ行(ジョウ) | サ行(ス ) | サ行(セ ) | サ行(セン) | サ行(ゼン) | サ行(ソ ) | サ行(ソウ) | サ行(ソク・ショク) | タ行(タ ) | タ行(タン) | タ行(チ ) | タ行(チュウ) | タ行(チョウ) | タ行(ツ ) | タ行(テ ) | タ行(ト ) | タ行(ドウ) | ナ行 | ナ行(ニン・ジン) | ナ行(ニ・ジ) | ナ行(ノウ・ドウ) | ハ行(ハ ) | ハ行(ハン) | ハ行(ヒ ) | ハ行(ヒョウ・ヘイ ) | ハ行(フ ) | ハ行(ヘ ) | ハ行(ホ ) | ハ行(ボ ) | マ行 | マ行(メイ・ミョウ) | マ行(メン、バン・ベン) | マ行(メ・バ・マ) | ヤ行 | ヤ行(ユ) | ヤ行(ヨウ) | ラ行 | ラ行(リ ) | ラ行(リン) | ラ行(レイ) | ラ行(ロク) | ワ行 | 呉音と漢音 | 小学校1年生で習う漢字 | 小学校2年生で習う漢字 | 小学校3年生で習う漢字 | 小学校4年生で習う漢字 | 小学校5年生で習う漢字 | 小学校6年生で習う漢字 | 小学校で習う漢字 | 小説 | 漢字 のエッセイ | 漢字 参考図書 | 漢字 音読み索引(ア行) | 漢字 音読み索引(カ行) | 漢字 音読み索引(サ行) | 漢字 音読み索引(タ行) | 漢字 音読み索引(ナ行) | 漢字 音読み索引(ハ行) | 漢字 音読み索引(マ行) | 漢字 音読み索引(ヤ行) | 漢字 音読み索引(ラ行) | 漢字 音読み索引(ワ行) | 漢字・訓読み索引(あ行) | 漢字・訓読み索引(か行) | 漢字・訓読み索引(さ行) | 漢字・訓読み索引(た行) | 漢字・訓読み索引(な行) | 漢字・訓読み索引(は行) | 漢字・訓読み索引(ま行) | 漢字・訓読み索引(や行) | 漢字・訓読み索引(ら行) | 漢字・訓読み索引(わ行) | 漢字練習問題(中学生) [1] | 部首索引 魚(うお・さかな)

カテゴリー

  • ア行(ア )
    漢字の成り立ち 亜          漢字の成り立ち 愛          漢字の成り立ち 安         
  • ア行(イ )
    漢字の成り立ち 異          漢字の成り立ち 易          漢字の成り立ち 胃          漢字の成り立ち 殹          漢字の成り立ち 以          漢字の成り立ち 衣          漢字の成り立ち 韋          漢字の成り立ち 育         
  • ア行(イチ・イツ)
    漢字の成り立ち 一          漢字の成り立ち 聿         
  • ア行(イン)
    漢字の成り立ち 寅          漢字の成り立ち 印          漢字の成り立ち 因          漢字の成り立ち 員          漢字の成り立ち 音・意       
  • ア行(ウ)
    漢字の成り立ち 雨          漢字の成り立ち 于・夸       漢字の成り立ち 云          漢字の成り立ち 昷           
  • ア行(エ )
    漢字の成り立ち 易          漢字の成り立ち 睪          漢字の成り立ち 兌          漢字の成り立ち 戉          漢字の成り立ち 益         
  • ア行(エ )・カ行(カイ)
    漢字の成り立ち 回          漢字の成り立ち 会・會        漢字の成り立ち 褱・懐       
  • ア行(エイ)
    漢字の成り立ち 嬰          漢字の成り立ち 熒・        漢字の成り立ち 殹          漢字の成り立ち 央          漢字の成り立ち 永         
  • ア行(エン )・タ行(タン)
    漢字の成り立ち 彖          漢字の成り立ち 爰          漢字の成り立ち 延          漢字の成り立ち 炎         
  • ア行(エン・オン)
    漢字の成り立ち 袁          漢字の成り立ち 夗         
  • ア行(エン)
    漢字の成り立ち 肙          漢字の成り立ち 厭          漢字の成り立ち 寅          漢字の成り立ち 㕣          漢字の成り立ち 燕         
  • ア行(オ )
    漢字の成り立ち 王          漢字の成り立ち 屋          漢字の成り立ち 乙          漢字の成り立ち 音・意        漢字の成り立ち 央          漢字の成り立ち 区・殴        漢字の成り立ち 昷         
  • カ行(カ ) 
    漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 夏          漢字の成り立ち 火          漢字の成り立ち 咼          漢字の成り立ち 叚          漢字の成り立ち 禾          漢字の成り立ち 可          漢字の成り立ち 家          漢字の成り立ち 果          漢字の成り立ち 化          漢字の成り立ち 加         
  • カ行(カイ)
    漢字の成り立ち 海          漢字の成り立ち 夬          漢字の成り立ち 介          漢字の成り立ち 皆         
  • カ行(カク)
    漢字の成り立ち 矍          漢字の成り立ち 殻          漢字の成り立ち 角          漢字の成り立ち 革          漢字の成り立ち 隺          漢字の成り立ち 画          漢字の成り立ち 各         
  • カ行(カツ)
    漢字の成り立ち 害          漢字の成り立ち 舌          漢字の成り立ち 曷         
  • カ行(カン)
    漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 監          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 咸          漢字の成り立ち 漢          漢字の成り立ち 官          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 甘          漢字の成り立ち 雚          漢字の成り立ち 毌・串        漢字の成り立ち 干          漢字の成り立ち 奐         
  • カ行(ガ )
    漢字の成り立ち 画          漢字の成り立ち 我・義        漢字の成り立ち 牙          漢字の成り立ち 亥          漢字の成り立ち 害          漢字の成り立ち 楽          漢字の成り立ち 学          漢字の成り立ち 月          漢字の成り立ち 厂          漢字の成り立ち 元         
  • カ行(キ )
    漢字の成り立ち 貴          漢字の成り立ち 葵          漢字の成り立ち 几          漢字の成り立ち 吉          漢字の成り立ち 其          漢字の成り立ち 奇         
  • カ行(キュウ)
    漢字の成り立ち 丘          漢字の成り立ち 丩          漢字の成り立ち 弓          漢字の成り立ち 求          漢字の成り立ち 及・急        漢字の成り立ち 九          
  • カ行(キョウ・ケイ)
    漢字の成り立ち 开・形        漢字の成り立ち 京          漢字の成り立ち 兄・竟        漢字の成り立ち 敬          漢字の成り立ち 巠          
  • カ行(キョウ・コウ)
    漢字の成り立ち 郷          漢字の成り立ち 孝          漢字の成り立ち 爻・交        漢字の成り立ち 庚          漢字の成り立ち 幸          漢字の成り立ち 更          漢字の成り立ち 行         
  • カ行(キョウ)
    漢字の成り立ち 敫          漢字の成り立ち 劦          漢字の成り立ち 喬          漢字の成り立ち 共          漢字の成り立ち 凶         
  • カ行(キョク)
    漢字の成り立ち 極           漢字の成り立ち 局           漢字の成り立ち 曲         
  • カ行(キョ)
    漢字の成り立ち 豦          漢字の成り立ち 去         
  • カ行(キン)
    漢字の成り立ち 匀          漢字の成り立ち 堇          漢字の成り立ち 斤          漢字の成り立ち 禁          漢字の成り立ち 今         
  • カ行(ギ )
    漢字の成り立ち 屰          漢字の成り立ち 疑          漢字の成り立ち 牛          漢字の成り立ち 堯         
  • カ行(ギョ)
    漢字の成り立ち 魚         
  • カ行(ク )
    漢字の成り立ち 句          漢字の成り立ち 九          漢字の成り立ち 区・殴        漢字の成り立ち 屈          漢字の成り立ち 禺          漢字の成り立ち 具          漢字の成り立ち 君          漢字の成り立ち 軍         
  • カ行(ク・コウ)
    漢字の成り立ち 侯          漢字の成り立ち 口          漢字の成り立ち 后          漢字の成り立ち 冓          漢字の成り立ち 公          漢字の成り立ち 工         
  • カ行(ケ )
    漢字の成り立ち 恵          漢字の成り立ち 血          漢字の成り立ち 埶          漢字の成り立ち 系          漢字の成り立ち 圭          漢字の成り立ち 奚          漢字の成り立ち 携・攜       
  • カ行(ケン)
    漢字の成り立ち 肙          漢字の成り立ち 犬          漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 幵          漢字の成り立ち 建          漢字の成り立ち 見          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 僉           漢字の成り立ち 県         
  • カ行(ケ・カイ)
    漢字の成り立ち 戒          漢字の成り立ち 解         
  • カ行(ケ・キ)
    漢字の成り立ち 希          漢字の成り立ち 幾          漢字の成り立ち 气         
  • カ行(コ )
    漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 戸          漢字の成り立ち 己          漢字の成り立ち 古          漢字の成り立ち 夸          漢字の成り立ち 谷          漢字の成り立ち 告          漢字の成り立ち 骨         
  • カ行(コウ)
    漢字の成り立ち 甲          漢字の成り立ち 厷          漢字の成り立ち 亘          漢字の成り立ち 岡          漢字の成り立ち 光          漢字の成り立ち 高           漢字の成り立ち 丂           漢字の成り立ち 亢           漢字の成り立ち 黄・広        
  • カ行(コン)
    漢字の成り立ち 困          漢字の成り立ち 艮          漢字の成り立ち 今          漢字の成り立ち 昆         
  • カ行(ゴ )
    漢字の成り立ち 五・語        漢字の成り立ち 呉          漢字の成り立ち 午・御        漢字の成り立ち 合          漢字の成り立ち 卬         
  • サ行(サ )
    漢字の成り立ち 坐          漢字の成り立ち 采          漢字の成り立ち 左・尋        漢字の成り立ち 才          漢字の成り立ち 卒          漢字の成り立ち 祭          漢字の成り立ち 乍          漢字の成り立ち 冊         
  • サ行(サイ・セイ )
    漢字の成り立ち 斉          漢字の成り立ち 歳          漢字の成り立ち 妻          漢字の成り立ち 西         
  • サ行(サン)
    漢字の成り立ち 参          漢字の成り立ち 散          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 算          漢字の成り立ち 山          漢字の成り立ち 三         
  • サ行(シ )
    漢字の成り立ち 師          漢字の成り立ち 朿          漢字の成り立ち 厶・台        漢字の成り立ち 子          漢字の成り立ち 思          漢字の成り立ち 氏          漢字の成り立ち 至          漢字の成り立ち 止         
  • サ行(シ )
    漢字の成り立ち 糸          漢字の成り立ち 矢          漢字の成り立ち 示          漢字の成り立ち 市          漢字の成り立ち 四          漢字の成り立ち 旨          漢字の成り立ち 支          漢字の成り立ち 司          漢字の成り立ち 史          漢字の成り立ち 次          漢字の成り立ち 士          漢字の成り立ち 志       
  • サ行(シキ・ショク)
    漢字の成り立ち 食          漢字の成り立ち 戠          漢字の成り立ち 式         
  • サ行(シチ・シツ)
    漢字の成り立ち 失          漢字の成り立ち 質          漢字の成り立ち 七         
  • サ行(シャ )
    漢字の成り立ち 車          漢字の成り立ち 舎          漢字の成り立ち 者          漢字の成り立ち 射          漢字の成り立ち 勺         
  • サ行(シャク・セキ)
    漢字の成り立ち 席          漢字の成り立ち 尺          漢字の成り立ち 赤          漢字の成り立ち 石          漢字の成り立ち 責          漢字の成り立ち 夕          漢字の成り立ち 昔         
  • サ行(シュウ)
    漢字の成り立ち 乑          漢字の成り立ち 舟・受        漢字の成り立ち 州           漢字の成り立ち 習          漢字の成り立ち 秋          漢字の成り立ち 秀          漢字の成り立ち 周          漢字の成り立ち 祝・呪        漢字の成り立ち 就         
  • サ行(シュ)
    漢字の成り立ち 手          漢字の成り立ち 殳          漢字の成り立ち 朱          漢字の成り立ち 守          漢字の成り立ち 首          漢字の成り立ち 主          漢字の成り立ち 取          漢字の成り立ち 出          漢字の成り立ち 宿          漢字の成り立ち 屯・春        漢字の成り立ち 舜         
  • サ行(ショウ・セイ)
    漢字の成り立ち 成          漢字の成り立ち 青          漢字の成り立ち 生          漢字の成り立ち 正         
  • サ行(ショウ)
    漢字の成り立ち 小          漢字の成り立ち 召          漢字の成り立ち 尚          漢字の成り立ち 章          漢字の成り立ち 爿          漢字の成り立ち 昌          漢字の成り立ち 詳・善       
  • サ行(ショ)
    漢字の成り立ち 庶          漢字の成り立ち 処         
  • サ行(シン)
    漢字の成り立ち 兂          漢字の成り立ち 眞          漢字の成り立ち 心          漢字の成り立ち 囟(田)       漢字の成り立ち 申          漢字の成り立ち 辰          漢字の成り立ち 辛・新        漢字の成り立ち 深・探        漢字の成り立ち 帚・侵       
  • サ行(ジ )
    漢字の成り立ち 茲          漢字の成り立ち 爾          漢字の成り立ち 耳          漢字の成り立ち 寺          漢字の成り立ち 自          漢字の成り立ち 舟・受        漢字の成り立ち 孰          漢字の成り立ち 朮          漢字の成り立ち 女           漢字の成り立ち 尽         
  • サ行(ジャク)
    漢字の成り立ち 若           漢字の成り立ち 弱          
  • サ行(ジュウ)
    漢字の成り立ち 重          漢字の成り立ち 从、縱        漢字の成り立ち 十         
  • サ行(ジョウ)
    漢字の成り立ち 丞          漢字の成り立ち 成         
  • サ行(ス )
    漢字の成り立ち 水          漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 隹          漢字の成り立ち 垂          漢字の成り立ち 芻          漢字の成り立ち 寸         
  • サ行(セ )
    漢字の成り立ち 世          漢字の成り立ち 是          漢字の成り立ち 制          漢字の成り立ち 卩・節        漢字の成り立ち 折          漢字の成り立ち 舌          漢字の成り立ち 詳・善       
  • サ行(セン)
    漢字の成り立ち 巽          漢字の成り立ち 前          漢字の成り立ち 先          漢字の成り立ち 宣          漢字の成り立ち 専          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 扇           漢字の成り立ち 全          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 川          漢字の成り立ち 薦          漢字の成り立ち 泉         
  • サ行(ゼン)
    漢字の成り立ち 然          漢字の成り立ち 全         
  • サ行(ソ )
    漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 疋          漢字の成り立ち 卒          漢字の成り立ち 且          漢字の成り立ち 象          漢字の成り立ち 蔵          漢字の成り立ち 則          漢字の成り立ち 尊         
  • サ行(ソウ)
    漢字の成り立ち 匆          漢字の成り立ち 忩          漢字の成り立ち 倉          漢字の成り立ち 爪          漢字の成り立ち 送          漢字の成り立ち 相          漢字の成り立ち 早          漢字の成り立ち 曾          漢字の成り立ち 喿          漢字の成り立ち 帚・侵       
  • サ行(ソク・ショク)
    漢字の成り立ち 蜀          漢字の成り立ち 足          漢字の成り立ち 束         
  • タ行(タ )
    漢字の成り立ち 㒸          漢字の成り立ち 帶          漢字の成り立ち 大          漢字の成り立ち 退          漢字の成り立ち 它・也        漢字の成り立ち 弟          漢字の成り立ち 厶・台        漢字の成り立ち 代          漢字の成り立ち 睪         
  • タ行(タン)
    漢字の成り立ち 旦          漢字の成り立ち 詹          漢字の成り立ち 深・探        漢字の成り立ち 単         
  • タ行(チ )
    漢字の成り立ち 知          漢字の成り立ち 畜          漢字の成り立ち 竹          漢字の成り立ち 宁          漢字の成り立ち 直          漢字の成り立ち 朕・藤       
  • タ行(チュウ)
    漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 肘          漢字の成り立ち 中         
  • タ行(チョウ)
    漢字の成り立ち 枼          漢字の成り立ち 鳥          漢字の成り立ち 朝          漢字の成り立ち 長          漢字の成り立ち 丁          漢字の成り立ち 兆         
  • タ行(ツ )
    漢字の成り立ち 㒸          漢字の成り立ち 追         
  • タ行(テ )
    漢字の成り立ち 帝          漢字の成り立ち 氐          漢字の成り立ち 廷          漢字の成り立ち 呈          漢字の成り立ち 弟          漢字の成り立ち 啇          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 天          漢字の成り立ち 田         
  • タ行(ト )
    漢字の成り立ち 奴          漢字の成り立ち 度          漢字の成り立ち 土          漢字の成り立ち 刀          漢字の成り立ち 沓          漢字の成り立ち 冬          漢字の成り立ち 東          漢字の成り立ち 朕・藤        漢字の成り立ち 到          漢字の成り立ち 豆          漢字の成り立ち 屯         
  • タ行(ドウ)
    漢字の成り立ち 童          漢字の成り立ち 同         
  • ナ行
    漢字の成り立ち 奴          漢字の成り立ち 南          漢字の成り立ち 女           漢字の成り立ち 内          漢字の成り立ち 然          漢字の成り立ち 念         
  • ナ行(ニン・ジン)
    漢字の成り立ち 人          漢字の成り立ち 壬          漢字の成り立ち 刃         
  • ナ行(ニ・ジ)
    漢字の成り立ち 耳          漢字の成り立ち 二            
  • ナ行(ノウ・ドウ)
    漢字の成り立ち 能          漢字の成り立ち 農          漢字の成り立ち 脳         
  • ハ行(ハ )
    漢字の成り立ち 巴          漢字の成り立ち 巿          漢字の成り立ち 派          漢字の成り立ち 配・妃        漢字の成り立ち 貝・買        漢字の成り立ち 白          漢字の成り立ち 莫          漢字の成り立ち 癶         
  • ハ行(ハン)
    漢字の成り立ち 般          漢字の成り立ち 犯・氾        漢字の成り立ち 八・半        漢字の成り立ち 反          漢字の成り立ち 番         
  • ハ行(ヒ )
    漢字の成り立ち 非          漢字の成り立ち 皮          漢字の成り立ち 辟          漢字の成り立ち 比          漢字の成り立ち 尾          漢字の成り立ち 必          漢字の成り立ち 表          漢字の成り立ち 票          漢字の成り立ち 苗          漢字の成り立ち 品         
  • ハ行(ヒョウ・ヘイ )
    漢字の成り立ち 平          漢字の成り立ち 丙         
  • ハ行(フ )
    漢字の成り立ち 付          漢字の成り立ち 夫          漢字の成り立ち 父          漢字の成り立ち 不          漢字の成り立ち 孚          漢字の成り立ち 卜          漢字の成り立ち 畐          漢字の成り立ち 复          漢字の成り立ち 弗          漢字の成り立ち 勿          漢字の成り立ち 八・分        漢字の成り立ち 賁         
  • ハ行(ヘ )
    漢字の成り立ち 並          漢字の成り立ち 辟          漢字の成り立ち 扁         
  • ハ行(ホ )
    漢字の成り立ち 甫          漢字の成り立ち 方          漢字の成り立ち 包          漢字の成り立ち 北         
  • ハ行(ボ )
    漢字の成り立ち 母          漢字の成り立ち 暴          漢字の成り立ち 亡          漢字の成り立ち 卯          漢字の成り立ち 卜         
  • マ行
    漢字の成り立ち 矛          漢字の成り立ち 米          漢字の成り立ち 莫          漢字の成り立ち 末          漢字の成り立ち 未          漢字の成り立ち 亡          漢字の成り立ち 毛          漢字の成り立ち 孟          漢字の成り立ち 門         
  • マ行(メイ・ミョウ)
    漢字の成り立ち 明          漢字の成り立ち 名         
  • マ行(メン、バン・ベン)
    漢字の成り立ち 面          漢字の成り立ち 免         
  • マ行(メ・バ・マ)
    漢字の成り立ち 馬          漢字の成り立ち 麻         
  • ヤ行
    漢字の成り立ち 亦・夜        漢字の成り立ち 予          漢字の成り立ち 余          漢字の成り立ち 谷         
  • ヤ行(ユ)
    漢字の成り立ち 兪          漢字の成り立ち 攸          漢字の成り立ち 憂          漢字の成り立ち 由          漢字の成り立ち 斿          漢字の成り立ち 酉          漢字の成り立ち 右         
  • ヤ行(ヨウ)
    漢字の成り立ち 幺          漢字の成り立ち 夭          漢字の成り立ち 翟          漢字の成り立ち 枼          漢字の成り立ち 羊          漢字の成り立ち 䍃・揺        漢字の成り立ち 用          漢字の成り立ち 昜          漢字の成り立ち 要         
  • ラ行
    漢字の成り立ち 戻          漢字の成り立ち 来          漢字の成り立ち 礼・豊        漢字の成り立ち 剌          漢字の成り立ち 楽          漢字の成り立ち 闌          漢字の成り立ち 秝          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 連          漢字の成り立ち 老         
  • ラ行(リ )
    漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 利          漢字の成り立ち 里          漢字の成り立ち 立          漢字の成り立ち 留          漢字の成り立ち 流          漢字の成り立ち 良          漢字の成り立ち 令          漢字の成り立ち 量          漢字の成り立ち 両          漢字の成り立ち 力             
  • ラ行(リン)
    漢字の成り立ち 侖          漢字の成り立ち 粦          漢字の成り立ち 林         
  • ラ行(レイ)
    漢字の成り立ち 戻          漢字の成り立ち 礼・豊        漢字の成り立ち 令         
  • ラ行(ロク)
    漢字の成り立ち 彔          漢字の成り立ち 六         
  • ワ行
    漢字の成り立ち 或          漢字の成り立ち 夗         
  • 呉音と漢音
    呉音と漢音               
  • 小学校1年生で習う漢字
    小学校1年生で習う漢字①     小学校1年生で習う漢字②    
  • 小学校2年生で習う漢字
    小学校2年生で習う漢字①     小学校2年生で習う漢字②     小学校2年生で習う漢字③     小学校2年生で習う漢字④    
  • 小学校3年生で習う漢字
    小学校3年生で習う漢字①      小学校3年生で習う漢字②     小学校3年生で習う漢字③     小学校3年生で習う漢字④    
  • 小学校4年生で習う漢字
    小学校4年生で習う漢字①      小学校4年生で習う漢字②     小学校4年生で習う漢字③     小学校4年生で習う漢字④    
  • 小学校5年生で習う漢字
    小学校5年生で習う漢字①      小学校5年生で習う漢字②     小学校5年生で習う漢字③     小学校5年生で習う漢字④    
  • 小学校6年生で習う漢字
    小学校6年生で習う漢字①      小学校6年生で習う漢字②     小学校6年生で習う漢字③     小学校6年生で習う漢字④    
  • 小学校で習う漢字
    小学校で習う漢字 父母姉妹兄弟    小学校で習う漢字 春夏秋冬    小学校で習う漢字 一~十      小学校で習う漢字 東西南北   
  • 小説
  • 漢字 のエッセイ
    象形・指事・会意・形声 一年生  象形・指事・会意・形声 二年生  漢字でみるヤナギの分類      落語 空き巣             
  • 漢字 参考図書
  • 漢字 音読み索引(ア行)
  • 漢字 音読み索引(カ行)
  • 漢字 音読み索引(サ行)
  • 漢字 音読み索引(タ行)
  • 漢字 音読み索引(ナ行)
  • 漢字 音読み索引(ハ行)
  • 漢字 音読み索引(マ行)
  • 漢字 音読み索引(ヤ行)
  • 漢字 音読み索引(ラ行)
  • 漢字 音読み索引(ワ行)
  • 漢字・訓読み索引(あ行)
  • 漢字・訓読み索引(か行)
  • 漢字・訓読み索引(さ行)
  • 漢字・訓読み索引(た行)
  • 漢字・訓読み索引(な行)
  • 漢字・訓読み索引(は行)
  • 漢字・訓読み索引(ま行)
  • 漢字・訓読み索引(や行)
  • 漢字・訓読み索引(ら行)
  • 漢字・訓読み索引(わ行)
  • 漢字練習問題(中学生) [1]
    練習問題1-1(書き)         練習問題1-1(読み)         練習問題1-2(書き)         練習問題1-2(読み)         練習問題1-3(書き)         練習問題1-3(読み)         練習問題1-4(書き)         練習問題1-4(読み)         練習問題1-5(書き)         練習問題1-5(読み)        
  • 部首索引 魚(うお・さかな)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ