カ行(コ )

漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 戸          漢字の成り立ち 己          漢字の成り立ち 古          漢字の成り立ち 夸          漢字の成り立ち 谷          漢字の成り立ち 告          漢字の成り立ち 骨         

2017年4月16日 (日)

漢字の成り立ち 賈

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(コ・カ)』gǔ、jiǎという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』には)という漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したら、)になるのかを考えます。は小学校5年生で習う漢字です。

 『(コ・カ)』gǔ、jiǎは、商品を売り買いする様子・倉のある商人を表す会意文字です。漢字の足し算では、襾(ふたの形)+貝(貨幣)=(財貨を覆う。商品を手元に置いて売り買いする。倉のある商人)です。漢字の部首は『貝・かい』、漢字の意味は『売り買いする』、『倉のある商人』、『国の名』、『人の名』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ク』、漢音が『gǔです。訓読みは『賈(か)う』、『賈(う)る』です。商売をする人を人(ジン)といいます。

藤堂によれば、店や倉庫に商品を置くあきんどを(コ)、行商するあきんどを(ショウ)といって区別していたとしています。

人の名前に使われる場合の音読みは呉音が『ケ』、漢音が『jiǎです。中唐の詩人に島(トウ)がいます。

(コ・カ)は常用漢字から外れています。

 『)(カ)』jiàは、物の価値を表す形声文字です。漢字の足し算では、イ(人間の経済活動)+(庫(くら)のある商人)=価・(商人のつけた売値。あたい)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『価(あたい)』です。

Photo

正字は、我が国では常用漢字体のを使う事が多いです。

音読みは呉音は『ケ』、漢音は『』、訓読みが『価(あたい)』です。物を売るときの価(あたい)を売(バイ)、その事物がどれ位役に立つかの度合いを値(チ)、商品の価値を貨幣でしめしたものを格(カク)、価値・値段が高いことを高(コウ)といいます。

呉音が『ケ』と読むとき、漢音では『カ』と読むことがあります。呉音と漢音については『呉音と漢音』⑥http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html もご覧ください。

(カ)は小学校5年生で習う漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-77d8.html をご覧ください。

http://bit.ly/2osKqil 『漢字の成り立ち

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.中唐の詩人 かとう(   )。

2.物の かち(   )。

3.こうか(   )な品物。

解説です。基本の漢字は、賈(か)う・賈(う)るはイ(にんべん)を足してです。

解答です。島、値、高

2016年4月24日 (日)

漢字の成り立ち 骨

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(コツ)』gǔという字を基本とした『単語家族』を説明します。音読みは『コツ』、『良く動く』などのイメージがあります。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したらになるのかを考えてます。は小学校6年生、は中学校で習う常用漢字、は常用漢字から外れていますが、学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

(コツ)』gǔの説明の前に、関節を表す『(カ)』gǔaを説明致します。

 『(カ)』gǔaは、骨と骨の間の関節(カンセツ)の部分を表す象形文字です。漢字の部首は『冂・けいがまえ』、漢字の意味は『まるく穴をあける』、『自由に動く関節』、『回転する』です。

Photo

音読みは呉音が『ケ』、漢音が『カ』です。後に口を足して(カ)と書くようになりました(藤堂)。

(カ)は常用漢字から外れています。

 『(コツ)』gǔは、肉のついた骨を表す形声文字です。漢字の足し算では、(関節)+月(肉・身体)=(肉のついた骨。身体を支える骨。ほね)です。漢字の部首は『骨・ほね』、漢字の意味は『骨』、『良く動く』、『組みたてのしんになるもの』、『身体』、『人柄・気質』、『要領』、『苦労』など非常に多いです。

音読みは呉音が『コチ』、漢音ともに『コツ』、訓読みは『骨(ほね)』です。身体の骨組みを格(コッカク)、物事の要点をコッ)、自分の信念を曲げない気性を気(キコツ)、骨と肉・肉親のことを肉(コツニク)といいます。

Photo_11

「要領を得る」ことを「コツをつかむ」と言いますが、漢字を使わないでカタカナで書きます。骨(ほね)と読んでしまうからです。

(コツ)は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/2dKqhzH です。

 『(カツ)』huágǔは、滑(なめ)らかぬ動く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水の流れ・流れ)+(良く動く)=(良く動いて流れる。滑(すべ)る。滑(なめ)らか)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『滑(なめ)らか』、『滑(すべ)る』です。

氵(さんずい)は水の流れを表しますが、(しぶ)る、(とどこお)るhttp://bit.ly/1MYOiAX(なめ)らかのように物事の流れも表します。

Photo

音読みは呉音が『ゲチ』・漢音が『カツ』、訓読みは『滑(なめ)らか』、『滑(すべ)る』です。『滑(なめ)らかにする』の意味では呉音が『コチ』・漢音が『コツ』です。物事が滞らず滑(なめ)らかに進むことを円(エンカツ)、溝に綱をかけて回転するようにした滑らかに動く車をカッシャ)、弁舌が滑らかで面白いことをコッケイ)といいます。

(カツ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(カツ)』huáは、猾(わるがしこ)い様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、犭(けもの・動物)+(良く動く・すべる)=(良く動くけもの。すべってルールをみだす。乱れる。猾(わるがしこ)い)です。漢字の部首は『犭・けものへん』、漢字の意味は『乱れる』、『猾(わるがしこ)い』です。

Photo

音読みは呉音が『ゲチ』・漢音が『カツ』、訓読みは『猾(わるがしこ)い』です。ずる賢いことを狡(コウカツ)、悪賢い役人を吏(カツリ)といいます。

(カツ)は常用漢字から外れています。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.こっかく(   )標本。

2.物事の こっし(   )。

3.えんかつ(   )な議会運営。

4.こっけい(   )な仕草。

5.こうかつ(   )な罠。

解説です。基本の漢字は、滑(なめ)らかは氵を足して、猾(わるがしこ)いは犭(けものへん)を足してです。

解答です。格、子、円稽、狡

2016年1月31日 (日)

漢字の成り立ち 壴

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(チュウ)』zhùという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したらになるのかを考えてます。は小学校4年生、は6年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(チュウ)』zhùは、たかつきや太鼓を表す象形文字(藤堂)です。漢字の部首は『士・し』、漢字の意味は『(たかつき)』です。

Photo_4Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『チュウ』(藤堂・鎌田)です。『コ』と読む説(白川)もあります。は常用漢字(日常で使う漢字)から外れていますが、の漢字の一部分になっています。

 『(ジュ)』shùは、きちんと立っている樹木(ジュモク)を表す形声文字です。漢字の足し算では、木(樹木)+(たかつきを手でたてる・きちんとしている)=(きちんと立っている樹木。立派な樹)です。漢字の部首は『木・きへん』、意味は『きちんとした木』、『立派な木』、『立派な』、『しっかりとした』です。

Photo_7

音読みは呉音が『ズ・ジュ』、漢音が『シュ』です。訓読みは常用外の『樹(き)』があります。しっかりと立てることを立(ジュリツ)、樹を植えることを植(ショクジュ)、樹(しっかりとした木)と木(一般の木)で木(ジュモク)といいます。

非常に良い意味の漢字で『いつき』、『き』、『しげ』、『たつ』、『たつき』、『な』、『みき』、『むら』と名前に使われます。

は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1SSc4hW です。

 『(チュウ)』chúは、整えられた台所・料理場を表す形声文字です。漢字の足し算では、广(家)+(たかつきを手でたてる・調える)=(整えられた台所・厨房))です。漢字の部首は『广・まだれ』、意味は『廚房(チュウボウ)』です。

Photo_5

(チュウ)が正字ですが、書くのには省略形のhttp://bit.ly/1ri88pD が使われます。漢字の足し算では、厂(がけ・ここでは广の省略形・家)+寸(たかつきを手でたてる・調える・食器を持つ)=(整えられた台所・厨房)です。漢字の部首は『厂・がんだれ』、意味は『厨房(チュウボウ)』です。

音読みは呉音が『ズ・ジュウ』、漢音が『チュウ』です。訓読みは『厨(くりや)』があります。整えられた料理をする部屋(房)を房(チュウボウ)といいます。

は常用漢字ではありません。

 『(コ)』gǔは、太鼓を叩く様子・太鼓を表す形声文字です。漢字の足し算では、(太鼓)+支(動作)=(太鼓を叩く。鼓。つづみ)です。漢字の部首は『鼓・つづみ』、漢字の意味は『鼓(つづみ)』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ク』、漢音が『』、訓読みは『鼓(つづみ)』です。木製の胴に革を張り打ち鳴らす楽器を太(タイ)、太鼓の響き・心臓の音を動(ドウ)、腹(はら)つづみを打つこと・天下泰平な様子を腹(フク)といいます。

は中学校で習う常用漢字です。

 『(キ)』xǐは、太鼓(たいこ)を叩いて喜ぶ様子を表す会意文字(藤堂)です。漢字の足し算では、(太鼓)+口(楽しんで言う・歌う)=(太鼓を叩いて喜ぶ。よろこぶ)です。漢字の部首は『口・くち』、漢字の意味は『喜(よろこ)ぶ』です。

たかつきに盛られた御馳走に喜ぶ様子ともいわれています。

Photo_3

の草書体はに見えることから、を異体字に使います。七十七歳を寿(ジュ)と呼ぶのはこのためです。

音読みは呉音が『コ』、漢音が『』、訓読みは『喜(よろこ)ぶ』です。喜び怒り哀しみ楽しみを怒哀楽(ドアイラク)、非常に喜ぶことを歓(カン)といいます。

非常に良い意味の漢字で『たのし』、『のぶ』、『はる』、『ひさ』、『ゆき』、『よし』と名前に使われます。

(キ)は小学校4年生で習うhttp://bit.ly/1JVSIGA 漢字です。

 『(キ)』は、女性がにぎやかに笑う様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、女(女性)+(喜ぶ)=(女性がにぎやかに笑う。嬉しい)です。漢字の部首は『女・おんな』、漢字の意味は『嬉(うれ)しい』です。

Photo

音読みは呉音が『コ』、漢音が『』、訓読みは『嬉(うれ)しい』です。楽しそうに声をあげて笑うことを笑(ショウ)、楽しんであそぶことを楽(ラク)といいます。

非常に良い意味の漢字で『よし』と名前に使われます。

(キ)は人名用漢字です。

(コ)を使った漢字に(カ)http://bit.ly/1uYGQdQ があります。などと同じ(カ)の単語家族です。

 『(カ)』jiāは、(コ・儀式の太鼓)に加を足したもので、良い事を示します。漢字の足し算では、(めでたい太鼓)+(くわえる)=(めでたい事を加える。良い。良いとほめる)です。漢字の部首は『口・くち』、漢字の意味は『嘉(よ)い』、『嘉(よ)みする』です。

太鼓ではなく、豆(たかつき・めでたい器)に盛られた御馳走とする説もあります。

Photo_4

音読みは呉音が『ケ』、漢音が『』です。訓読みは常用外の『嘉(よ)い』、『嘉(よ)みする』です。めでたい兆しを祥(ショウ)、めでたい礼式を礼(レイ)、良い料理を肴(コウ)といいます。

大変めでたい、縁起の良い漢字で『ひろ』、『よし』、『よしみ』、『よみし』と名前に使われます。

』は人名用漢字です。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.しょくじゅ(   )祭。

2.じゅもく(   )図鑑。

3.ちゅうぼう(   )で焼き物を担当。

4.たいこ(   )を打つ。

5.心臓の こどう(   )。

6.きど(   )哀楽。

7.うれ(  )しい。

解説です。基本の漢字は、樹は木と寸を足して、廚(くりや)は广(まだれ)と寸を足して(厨)、鼓(つづみ)は支を足して(よろこ)ぶは口を足し、(うれ)しいは女を足します。

解答です。植木、房、房、太動、怒、しい。

漢字の成り立ち 告

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(コク)』gàoという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来ます。『』に何を足したらになるのかを考えてます。は小学校4年生、は5年生、は中学校で習う常用漢字、は人名用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(コク)』gàoは、牛が危ない状態にあることを警告する会意文字(藤堂)です。漢字の足し算では、牛+口(言葉)=(牛が危ない状態にあると告げる。つげる)です。漢字の部首は『口・くち』、漢字の意味は『告(つ)げる』、『知らせる』、『訴える』です。

Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『コク』、訓読みは『告(つ)げる』です。告げ知らせることを知(コクチ)、真心をこめて相手の欠点などを告げることを忠(チュウコク)、被害者が加害者を訴えることを訴(コクソ)といいます。

は小学校4年生http://bit.ly/1fwNaWz で習う漢字です。

 『(コク)』は、強い酒を表す形声文字です。漢字の足し算では、酉(酒)+(訴える)=(喉に訴える強い酒。舌を締めつけるような酒。転じて酷い。ひどい)です。漢字の部首は『酉・さけ』、漢字の意味は『強い酒』、『酷(ひど)い』です。

Photo_8

音読みは呉音・漢音ともに『コク』、訓読みは『酷(ひど)い』、『酷(むご)い』です。です。酷(ひど)く暑い夏を暑(コクショ)、無慈悲(ムジヒ)で酷(むご)いこと残(ザンコク)といいます。

は中学校で習う常用漢字です。

当ブログでは(コク)について『広がる』の意味に解釈しておりますが、音を表すだけで(コク)の原義には関係ない(藤堂)とする説が一般的です。

 『(コウ)』hàoは、海が豊かで広い様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(告げる・広がる)=(水が広い。海が広い。ひろい)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『浩(ひろ)い』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『浩(ひろ)い』、『浩(おお)きい』です。広々としている様(さま)・水が豊かに流れる様を浩浩コウコウ)、広くて大きい様・ゆったりしている様を然(コウゼン)といいます。

非常に良い意味の漢字で『いさむ』、『おおい』、『きよし』、『はる』、『ひろ』、『ひろし』、『ゆたか』、『よう』と名前に使われます。

は人名用漢字です。

 『(コウ)』hàoは、夜明けの空が白み始める様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、白(しろ)+(告げる・広がる)=(空の白い部分が広がっていく。白い)です。漢字の部首は『白・しろ』、漢字の意味は『皓(しろ)い』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ゴウ』、漢音が『コウ』、訓読みは『皓(しろ)い』です。明るく鮮やかな様を皓皓(コウコウ)、皓(しろ)く耀く月を月(コウゲツ)、皓(しろ)い歯を歯(コウシ)といいます。

非常に良い意味の漢字で『あき』、『あきら』、『つく』、『てる』、『ひかる』、『ひろ』、『ひろし』と名前に使われます。

は人名用漢字です。

 『(ゾウ)』zàoは、材料をくっつけ合わす様子を表す会意文字(藤堂)です。漢字の足し算では、辶(足で進む)+(牛の角にくっつける)=(材料をくっつけ合わす。造る。つくる。とどく)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、意味は『造(つく)る』、『あるところまで届く』、『あわただしい』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ゾウ』、漢音が『ソウ』、訓読みが『造(つく)る』です。素材を加工して形をこしらえることを形(ゾウケイ)、物をこしらえることを作(ゾウサ)、そそくさとしてあわだだしい様子を次(ゾウジ)、学問・知識のいたる程度を詣(ゾウケイ)といいます。

良い意味の漢字で『いたる』、『なり』、『なる』、『はじめ』、『みやつこ』と地名・人名・官位に使われるます。

(つく)るは、(つく)るhttp://bit.ly/1u0607V(つく)るhttp://bit.ly/1LEcVib とも書きます。

は小学校5年生http://bit.ly/1Dp5GoH で習う漢字です。

 『(ゾウ)』zàoは、あわただしい様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、忄(気持ち)+(造る)=(そそくさと急場に間に合わせて造る。あわただしい。多分)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、意味は『急場に間に合わせて造る』、『慥(こしら)える』、『あわただしい』、『多分』、『慥(たし)か』です。

音読みは呉音・漢音が『ソウ』、慣用音が『ゾウ』、訓読みは『慥(こしら)える』、『慥(たし)か』です。急いで間に合わせて造ることを急(キュウごしら)え といいます。

(こしら)えるは(こしら)える、(たし)かは(たし)かと書くのが普通です。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.企業の こうこく(    )。

2.友人の ちゅうこく(    )。

3.こくしょ(    )の夏。

4.ざんこく(    )な結果。

5.こうぜん(    )の気。

6.こうこう(    )と空が白む。

7.明眸 こうし(    )。

8.せいぞう(   )と販売。

解説です。基本の漢字は、酷(ひど)いは酉(さけ)を足して、浩(ひろ)いは氵(さんずい)を足して、皓(しろ)いは白を足して、造るは辶(しんにょう)を足して、慥(たし)かは忄(りっしんべん)を足してです。

解答です。広、忠暑、残然、皓皓歯、製

2014年9月 7日 (日)

漢字の成り立ち 戸

今日は『(コ)』という漢字の『単語家族』(意味・発音上の漢字の仲間)について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『コ』、意味は『家』、『入口』、『囲う』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』は漢字の足し算で表わせます。『』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校で2年生で、は中学校で習います。一緒に覚えましょう。

 『(コ)』は、扉を描いた象形文字です。門が二枚の扉を描いていますが、戸は左側の扉だけを描いています。漢字の部首は『戸・と』です。門は開くイメージですが、は入口を閉めるイメージがあります。意味は『家』、『入口』です。

Photo_7

音読みは呉音が『グ・ゴ』、漢音が『』、訓読みが『と』、『へ』です。入口を門(モン)、家族の公文書を籍(セキ)、酒飲みを上(ジョウ)、飲めない人を下(ゲ)、虫避け網の戸を網(あみ)といいます。

岩手県に一(いちの)、二(にの)、九(くの)、青森県に三(さんの)、五(ごの)、六(ろくの)、七(しちの)、八(はちの)という地名があります。

中国では、家(カ・いえ)という漢字は、宀(屋根・建物)で豕(ぶた)を飼うため、宀(屋根・建物)に豕(ぶた)を足して創られました(『漢字の成り立ち http://bit.ly/1vVjlSi )。我が国では、家の中で飼うのは馬(うま)です。東北地方は、名馬の産地として有名で、このため『』に、『』の意味だけでなく『馬のいる場所』、『馬の沢山いる村』の意味があると言われています。

』は小学校2年生http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-5af6.htmlで習う漢字です。

 『(コ)』は、鳥を籠に入れて飼う様子・使用人をかかえる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(とびら)+隹(鳥)=(鳥をとびらの中に入れて飼う。使用人を雇う。やとう)です。漢字の部首は『隹・ふるとり』、意味は『鳥を飼う』、転じて『雇(やと)う』、『かかえる』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ク・グ』、漢音とも『コ』、訓読みは『雇(やと)う』です。仕事をさせるため人を雇うことを用・傭(コヨウ)、雇った人を首にすることを解(カイ)といいます。『』は中学生で習う常用漢字です。

 『(コ)』は、振り返る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(扉を閉める)+頁(頭)=(頭を振り返る。振り返る。顧みる。かえりみる)です。漢字の部首は『頁・おおがい』、意味は『顧(かえり)みる』、『気にかける』、『大切にする』です。

Photo_8

音読みは呉音が『グ』、漢音が『』、訓読みは『顧(かえり)みる』です。他人を顧みて相談する・気にかけることを問(モン)、目をかけてくれるお客を客(キャク)、過ぎ去ったことを顧みることを回(カイ)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

漢字には、難しい漢字を省略して書く性質があります(ただし、昔は略字を公式文書で使えませんでした)。(コ)は(ロ)の略字として使えます。(ロ・いろり)、(ロ・あし)は(ロ・いろり)、(ロ・あし)の省略形ですので、の『単語家族』ではありません。詳しくは『漢字の成り立ち 』(予定)でご説明致します。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.もんこ(   )開放。

2.と(  )を開け放つ。

3.こせき(   )を確認する。

4.こよう(   )統計。

5.職人を かいこ(   )する。

6.野球部の こもん(   )。

7.こきゃく(   )を大切にする。

8.学生時代を かいこ(   )する。

解説です。基本の漢字は、雇うは隹(ふるとり)を足して、顧(かえり)みるは頁(おおがい)を足してです。

解答です。門籍、用、解問、客、回

漢字の成り立ち 黒

 今日は『(コク)』hēiという漢字の『単語家族』(意味・発音上の漢字の仲間)について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『コク』、『モク』、『ボク』、意味は『黒い』、『墨』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』は漢字の足し算で表わせます。『』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校で2年生で、は中学校で習います。一緒に覚えましょう。

 『(コク)』hēiは、煤(すす)を集めて墨(すみ)を作る様子を描いた漢字です。煤(すす)の原料は松(まつ)、菜種油(なたねあぶら)などが使われます。松、菜種油などを燃やして煤(すす)を取り、膠(にかわ)と混ぜて(すみ)を作るのです。この墨の色がです。

Photo_5

音読みは呉音・漢音ともに『コク』、訓読みは『黒(くろ)』、『黒(くろ)い』です。黒と白で白(コクビャク・くろしろ)、暗闇(くらやみ)の黒の世界が暗(アンコク)、黒い着物を衣(コクイ・コクエ・くろこ)といいます。『』は小学校2年生http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-5af6.htmlで習う漢字です。

『黒(コク)』の音読みですが、mƏkが原形で、hƏkとなってkがとれてheiになったといわれています。hƏkの段階で輸入され『コク』という音に写されました。

 『(ボク)』は、土状の煤(すす)の塊(かたまり)を表す形声文字です。実際は土ではなく、膠(にかわ)と混ぜて墨(すみ)を作ります。漢字の足し算では、(すす)+土=(土状の煤(すす)の塊。墨。すみ)。漢字の部首は『土・つち』、意味は『墨(すみ)』、『入墨(いれずみ)』です。

Photo_2

音読みは呉音が『モク』は使わず、漢音の『ボク』を使います。訓読みは『墨(すみ)』です。墨を液状にしたものを汁(ボクジュウ)、液(ボクエキ)、針などで皮膚を傷つけ墨を入れることを入(いれずみ)、中国の唐代からの技法で墨一色で表現される絵画を水画(スイボクガ)・絵(すみえ)といいます。『』は中学校で習う漢字です。

音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html をご覧ください。

東京・浅草の東辺(隅)を流れる川を隅田川(すみだがわ)といい、田川(すみだがわ)とも書きます。

呉音の『モク』は漢音では『ボク』になります。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html をご覧ください。

 『(モク)』は、犬が声をたてない様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、黒(黒い・暗い)+犬=(犬が暗くて声をたてない。黙る。だまる)です。漢字の部首は『黒・くろ』、意味は『黙(だま)る』、『声をたてない』です。

Photo_5

音読みは呉音が『モク』を使い、漢音の『ボク』は使いません。訓読みは『黙(だま)る』です。黙りこむことを沈(チンモク)、声を出さずに読むことを読(モクドク)、黙って見逃すことを認(モクニン)、黙って祈ることを祷・禱(モクトウ)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.あんこく(    )の世界。

2.しろくろ(    )はっきりさせる。

3.すみ(  )と硯。

4.春の すみだがわ(     )。

5.すいぼく(    )画。

6.本を もくどく(    )する。

7.饒舌と ちんもく(    )。

8.違反を もくにん(    )する。

解説です。基本の漢字は、墨(すみ)は土を足して、黙(だま)るは犬を足してです。

解答です。暗、白、隅田川、田川、水読、沈認。

2014年6月 8日 (日)

漢字の成り立ち 谷

今日は『(コク)』gǔという漢字の『単語家族』(漢字の発音・発音上の仲間)について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『コク』、『ヨク』、『ヨウ』、意味は『谷』、『窪んだ所』、『満たす』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わせるので、『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校2年生で、は4年生、は5年、は6年、が中学校で習います。

 『(コク)』gǔは、谷を表す会意文字です。水源から水が流れ出る様子とされています。漢字の足し算では、(わかれる・流れる)+(わかれる・流れる)+口(穴)=(水源がら水が流れ出る様子。谷)です。漢字の部首は『谷・たに』、漢字の意味は『谷(たに)』、『窪んだ所』、『満たす』などです。

Photo_14

音読みは呉音・漢音ともに『コク』、訓読みは『谷(たに)』、『谷(や)』です。谷に流れる細い源流を渓(ケイコク)、谷から吹き上げる風を風(たにかぜ)といいます。

』は小学校2年生で習う漢字http://bit.ly/1CcJ09S です。

 『(ヨク)』は、水が満たされる様子・水を浴びる表わした形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(滝壺)=(水が満たされる。水に浸す。水を浴びる)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『水に浸す』、『水を浴びる』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『ヨク』、訓読みは『浴(あ)びる』です。お湯を浴びる部屋を室(ヨクシツ)、水を浴びることを水(スイヨク)、日光を浴びることを日光(ニッコウヨク)といいます。

』は小学校4年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/4-1c81.htmlです。

 『(ヨウ)』róngは、中に入れる様子や中身を表わした形声文字です。漢字の足し算では、宀(家・うつわ)+(満たす)=(中に入れる。その中身。姿)です。漢字の部首は『宀・うかんむり』、意味は『中に入れる』、『中身』、『姿』、『許す』、『受け入れる』、『たやすい』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ユウ』、漢音が『ヨウ』です。訓読みは『容(い)れる』、『容(かたち)』です。中に入れる量を量(ヨウリョウ)、入れた中身を内(ナイヨウ)、姿(すがた)・容(かたち)を姿(ヨウシ)、受け入れて認めることを認(ヨウニン)、たやすいことを易(ヨウイ)といいます。

』は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1TKUzji です。

とても良い意味の漢字で、『いるる』、『おさ』、『かた』、『かたち』、『なり』、『ひろ』、『ひろし』、『まさ』、『もり』、『やす』、『よし』と名前に使われます。歴史上の人物では、幕末の京都守護職、松平保(まつだいらかたもり)さんがいらっしゃいます。

 『(ヨウ)』róngは、水の中に入れる様子や水の中で溶ける様子を表わした形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(中に入れる)=(水の中に入れる。水の中で溶ける)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『水の中に入れる』、『溶ける』です。

Photo_4Photo_4

音読みは呉音が『ユウ』、漢音が『ヨウ』です。訓読みは『溶(と)ける』、『溶(と)く』です。物質が溶けた液体をヨウエキ)、水に溶ける性質を水性(スイヨウセイ)、金属を火で溶かして接合することをヨウセツ)、熱で溶けた岩石をヨウガン)といいます。

バラバラにすることを日本語で『とく』というのですが、漢字の世界では色々な漢字を使い分けています。

(と)く ひとつ、ひとつ。釈きほぐす。 『漢字の成り立ち http://bit.ly/1tkspU4

(と)く ばらばらにする。解きほぐす。 『漢字の成り立ち http://bit.ly/1N1uZka

(と)く 水の中で溶かす。        『漢字の成り立ち http://bit.ly/1xUYpv5

(と)く ひとつひとつ説明する。     『漢字の成り立ち http://bit.ly/1GMPByp

(と)く 櫛(くし)で髪をさらさらにする。 『漢字の成り立ち 疋』http://bit.ly/1JXetBr

解釈(カイシャク)、解説(カイセツ)のように二語の熟語にしても使います。

』は中学校で習う常用漢字です。金属の溶(と)けたものには(ヨウ)、火で溶(と)けたものには(ヨウ)róngという漢字がありますが、常用漢字ではないので(ヨウ)に書き換えられます。

 『(ヨウ)』róngは、蓮(はす)の花を表す様子や水の中で溶ける様子を表わした形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物・草)+(中に入れる)=(容器のような花)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』です。蓮の花は芙(フヨウ)といいます。『芙(フ)』fuは『大きい花』で大きな容器の様な花が咲くという意味です。

Photo_5

音読みは呉音が『ユウ』、漢音が『ヨウ』です。『』は人名用漢字です。

(フ・大きな花)は(フ・大きい)の『単語家族』で、(フ)などの仲間の漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-f4d4.html があります。

(レン・はす・根が連なる植物)は連(レン・連なる)の『単語家族』で、(レン)などの仲間の漢字http://bit.ly/1HDDHFM  があります。

 『(ヨク)』は、空白・不満を満たしたい様子を表わした形声文字です。漢字の足し算では、(満たす)+欠(空の)=(空白・不満を満たしたい。欲望)です。漢字の部首は『欠・あくび』、意味は『不満を満たしたい』、『欲しい』です。

Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『ヨク』です。訓読みは『欲(ほっ)する』、『欲(ほ)しい』です。不足を感じて満たしたいと望む気持ちを望(ヨクボウ)、食べ物を欲しがる気持ちを食(ショクヨク)、欲望が無いことを無(ムヨク)といいます。『』は小学校6年生で習う漢字です。

同じ意味の漢字で名詞を表す『(ヨク)』yuがあります。こちらは、心を足して『欲しがる気持ち』を表します。『(ヨク)』は常用漢字でないので『(ヨク)』に書き換えます。

 『(ゾク)』は、世間の習わしを表わす形声文字です。漢字の足し算では、イ(人間)+(受け入れる)=(人間の習わしを受け入れる。俗)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、意味は『世間の習わし』、転じて『風流がなく卑しい』、『出家していない』です。

Photo_7

音読みは呉音が『ゾク』が普通で、漢音の『ヨク』は使いません。世間の習わしを習(シュウゾク)、低く卑しいことを低(テイゾク)、出家していない名前を名(ゾクミョウ)といいます。

』は中学校で習う常用漢字です。

 『(ユウ)』は、ゆったりした衣服を表す形声文字です。漢字の足し算では、衤(衣服)+(満たす)=(ゆったりした衣服。ゆとりがある)です。漢字の部首は『衤・ころもへん』、意味は『余裕がある』、『豊かである』、『ゆとりがある』です。

Photo_8

音読みは呉音・漢音ともに『ユ』で、慣用音が『ユウ』です。豊かで限界までは余りがあることを余(ヨユウ)、財産が豊かで余裕があることを福(ユウフク)、富んで生活が豊かであることを富(フユウ)といいます。

大変良い意味の漢字で『すけ』、『ひろ』、『ひろし』、『まさ』、『みち』、『やす』、『ゆたか』と人名に使われます。

』は中学校で習う常用漢字です。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.紅葉の けいこく(    )。

2.山と たにがわ(    )。

3.にっこうよく(     )。

4.一階の よくしつ(    )。

5.ないよう(    )を確認。

6.ようい(    )な計算。

7.すいようえき(      )を作る。

8.むよく(    )の勝利。

9.しょくよく(    )の秋。

10.地域の しゅうぞく(     )。

11.よゆう(    )のある態度。

12.ゆうふく(    )な家庭。

解説です。基本の漢字は、浴びる氵(さんずい)を足して、容器は宀(うかんむり)を足して、溶けるはに氵(さんずい)を足して、欲は欠を足して、俗はイ(にんべん)を足して、裕(ゆたか)はゆったりの服で衤(ころもへん)を足してです。

解答です。渓川、日光室、内易、水液、無、食、習、余福。

2013年9月22日 (日)

漢字の成り立ち 于・夸

 今日は『(ウ)』という漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『于(ウ)』で、長い曲刀の姿を表しています。などがこの漢字の『単語家族』です。

 ここでは、『于』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校6年生で、は中学校で習います。一緒にまとめて覚えてしまいましょう。

 『(ウ)』は、長い曲刀の姿を漢字にしたものです。意味は『長い』、『曲がった』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『ウ』です。我国では『(ウ)』単独で使うことはありません、などの漢字の一部として活躍しています。『』は常用漢字から外れています。

 『(ウ)』yǔは、大きな屋根の家や宇宙の様子を漢字にしたものです。漢字の足し算では、宀(うかんむり・屋根)+(長く、曲がった)=(長く曲がった屋根。星が張り付いている宇宙)です。漢字の部首は『宀・うかんむり』、漢字の意味は『大きな屋根』、『宇宙』です。

Photo_3 Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『ウ』です。宙(チュウ)、廟(ビョウ)のです。苗字では野さん、多田さんのです。

』は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/2dKqhzH です。

宇宙の蓋を(ウ)といい、空間の広がりを示し、宇宙の軸を(チュウ)といい、時間の広がりを示します。合わせて宙(ウチュウ)です。『』については『漢字の成り立ち http://bit.ly/1DrqpJ9 をご覧ください。

 『(ウ)』は、迂回して進む様子を漢字にしたものです。漢字の足し算では、辶(進む)+(長い)=(迂回して進む)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、意味は『迂回して進む』、『遠い』です。

Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『ウ』です。回(カイ)、闊(カツ)のです。『』は中学校で習う常用漢字から外れています。

 『(ウ)』は、道が糸の様に道が曲がりくねる様子を漢字にしたものです。漢字の足し算では、糸(いとへん・いと)+(長い)=(糸の様に道が曲がりくねる)です。漢字の部首は『糸』、意味は『曲がりくねる』です。

Photo_5

音読みは呉音・漢音ともに『ウ』です。余曲折(ヨキョクセツ)以外には使わない漢字です。紆余曲折(ウヨキョクセツ)とは道が糸の様に道が曲がりくねることです。物事が順調にいかない場合も使います。『』は中学校で習う常用漢字から外れています。

 『(イモ)』は、芋を漢字にしたものです。漢字の足し算では、艹(植物)+(長く曲がった)=(地下に大きい芋を作る植物。芋)です。意味は『いも』です。いも全般を指します。

Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『ウ』です。訓読みは『いも』です。里(さといも)、薩摩(さつまいも)、じゃがいも)の芋です。いもは、薯、藷とも書きます。『』は中学校で習う常用漢字です。

』、『』については『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-9940.htmlをご覧ください。

 『汚・汙(オ)』wuは、水たまりの様子を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、氵(さんずい・みず)+(曲がる)=(曲がった水。窪んだ水。水たまり。汚い)です。『』と『』はデザインが違うだけで同じ漢字です。常用漢字体の『』を使います。

Photo_7 

音読みは呉音・漢音ともに『オ』です。訓読みは『い(きたない)』、『れる(よごれる)』、『汚らわしい(けがらわしい)』です。染(オセン)、濁(オダク)、職(オショク)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(コ)』kuāという漢字があります。大きく長いことを示す形声文字です。きいにを足して少しデザインを変えたものです。漢字の『夸<(コ)』自体を使う事はありませんが、の大事なパーツになっています。『』も『』と同し仲間の漢字です。

 『(コ)』kuàは、大きく言う様子を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、言(言葉)+(大きい)=(大きく言う。誇張する)です。漢字の部首は『言・ごんべん』です。

Photo_23

音読みは慣用音の『』です。呉音の『ケ』、漢音の『カ』は使いません。訓読みは『る(ほこる)』です。示(ジ)、張(チョウ)、大(ダイ)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(コ)』kuàは、大きく跨(また)ぐ様子を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、足+(大きい)=(大きく跨ぐ。跨ぐ)です。漢字の部首は『足』です。

Photo_8

音読みは慣用音の『』です。呉音の『ケ』、漢音の『カ』は使いません。訓読みは『ぐ(またぐ)』、『また』です。線路を跨ぐ橋を線橋(コセンキョウ)、跨(股・また)の下を下(コカ)といいます。「韓信のくぐり」という有名な故事があります. 『』は中学校で習う常用漢字から外れています。

 『(コ)』は、袴(はかま)を示す形声文字です。漢字の足し算では、衣+(またぐ)=(跨いで履く袴)です。漢字の部首は『衤・ころもへん』です。

Photo_9

音読みは漢音の『』を使います。呉音の『ク』がありますが、ほとんど使いません。訓読みは『はかま』です。『』は中学校で習う常用漢字から外れています。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.うちゅう(   )ステーション。

2.悪路を うかい(   )する。

3.うよきょくせつ(     )して捗(はかど)らない。

4.さといも(   )を供(そな)える。

5.おしょく(   )で逮捕される

6.油 よご( )れ。

7.世界に ほこ( )る技術。

8.こだい(   )広告。

9.こせんきょう(    )を渡る。

10.羽織と はかま( )。

解説です。基本漢字は于、宇宙は冖(屋根)を合わせて、迂回するは辶(進む)を足して、曲がりくねった漢字は糸を合わせて、大きく言うのは言を足して、跨るは足を合わせて、袴は衣を合わせてです。

解答です。宙、回、余曲折、里職、れ、る、大、線橋、

2013年6月22日 (土)

漢字の成り立ち 夸

 今日は『(コ)』kuaという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』で、大きく長い事を表しています。などがこの漢字の『単語家族』です。

 ここではの漢字の成り立ちについて考えます。は中学校で習います。教科書によって何年生で習うかは異なりますが、学年に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(コ)』kuaという漢字は、大きく長いことを示す漢字です。きいに(ウ)を足して少しデザインを変えたものです。漢字の『(コ)』自体を使う事はありませんが、の大事なパーツになっています。漢字の部首は『大』、意味は『大きい』です。

』と『』は同し仲間の漢字なので、『』の説明をします。『(ウ)』yuは、長い曲刀の姿を漢字にしたものです。漢字の部首は『二』、意味は『長い』、『曲がった』です。この『』の大きいものが『(コ)』です。また、、については『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-c30f.htmlをご覧ください。

Photo_2

 『(コ)』kuaは、大きく言う様子を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、言(言葉)+(大きい)=(大きく言う。誇張する)です。漢字の部首は『言葉・ごんべん』です。

Photo_23

音読みは慣用音の『』です。呉音の『ケ』、漢音の『カ』は使いません。訓読みは『る(ほこる)』です。示(ジ)、張(チョウ)、大(ダイ)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(コ)』kuaは、大きく跨(また)ぐ様子を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、足+(大きい)=(大きく跨ぐ。跨ぐ)です。漢字の部首は『足』です。

Photo_8

音読みは慣用音の『』です。呉音の『ケ』、漢音の『カ』は使いません。訓読みは『ぐ(またぐ)』、『また』です。線路を跨ぐ橋を線橋(コセンキョウ)、跨(股・また)の下を下(コカ)といいます。「韓信のくぐり」という有名な故事があります。『』は中学校で習う常用漢字から外れています。

 『(コ)』kuは、袴(はかま)を示すを形声文字です。漢字の足し算では、衤(衣服)+(またぐ)=(跨いで履く袴)です。漢字の部首は『衤・ころもへん』です。

Photo_9

音読みは漢音の『コ』。呉音の『ク』がありますが、ほとんど使いません。訓読みは『はかま』です。『』は中学校で習う常用漢字から外れています。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.世界に ほこ( )る技術。

2.こだい(    )広告。

3.こせん(    )橋を渡る。

4.羽織と はかま( )。

解説です。基本漢字は、大きく言うのは言を合わせて、跨(またがる)るは足を合わせて、袴(はかま)は衣を合わせてです。

解答です。る、大、線、

2013年5月11日 (土)

漢字の成り立ち 古

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日はという『単語家族』について説明します。基本の漢字は『』で、読み方は『コ』、意味は『古い』、『固い』です<『単語家族』は足し算で表わすこと。『』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。小学校2年で、3年で、4年で、5年でを習い、中学校でを習います。学校、学年に関係なくまとめて覚えてしまいましょう。

 『(コ)』guは、祖先の頭蓋骨に祈る様子を映像を漢字にした象形文字といわれています(藤堂)。『ふるい』、『かたい』、『むかし』、『祈る』の意味があります。漢字の部首は『口』です。

また、『』guは、頭蓋骨ではなく、『』というたてと『』(サイ)という祈器を用いて祝詞を守る様子を表す会意文字(白川)とも言われています。意味は。『ふるい』、『かたい』、『むかし』、『祈る』で同じです。

漢字の出発点は占ないから出ているので、祈る、神事に関する漢字が多いのです。

映像ではこんな感じです。

Photo

音読みは呉音の『ク』は使わず、漢音の『』を使います。訓読みは『古(ふる)い』です。典(テン)、式(シキ)、風(フウ)、中(チュウ)、本(ふるほん)、池(ふるいけ)のです。『』は小学校2年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-5af6.htmlです。

呉音の『ク』は漢音では『』になることがあります。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html もご覧ください。

 『(コ)』guは、固める様子を漢字にした形声文字です(藤堂)。漢字の足し算では、(ふるい・かたい)+□(くにがまえ・囲う)=(周りを固める)です。漢字の部首は『□・くにがまえ』です。会意文字とする説(白川)もあります。

Photo_9

音読みは呉音が『ク』、漢音が『』です。訓読みは『い(かたい)』、『める(かためる)』、『まる(かたまる)』です。 形(ケイ)、体(タイ)、定(テイ)、断(ダン)、頑(ガン)、確(カッ)のです。

』は小学校4年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-67fd.htmlです。

 『(コ)』guは、罪人を閉じ込める様子を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、金(金属)+(周りを固める・囲う)=(罪人を閉じ込める)です。漢字の部首は『金・かねへん』です。漢字の意味は『錮(ふさ)ぐ』です。

Photo_9

音読みは呉音が『ク』、漢音が『』です。訓読みは常用外の読み方に『錮(ふさ)ぐ』があります。罪人を禁じて閉じ込めることを禁(キン)・禁(キン)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

』は平成22年度から新たに常用漢字(一般生活で必要な漢字。中学校までに習う漢字)に登録されました。そのため禁(キン)は禁(キン)と書く方が多かったです。

 『(コ)』geは、一つの固いものを示す形声文字です。漢字の足し算では、イ(にんべん・人)+(固いもの)=(一人一人の個人)です。漢字の部首は『イ・にんべん』です。一人を指しますが、固いものを数える言葉としても使います。

Photo_2

音読みは慣用音の『』が普通です。漢音の『ケ』と読むことはありません。人(ジン)、性(セイ)、別(ベツ)、室(シツ)、数(スウ)のです。『』はもともと『』と同じ漢字でした。古い書物には見られない漢字で、後から出来た漢字です。一と一は同じ意味です。

』は小学校5年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/5-5492.html です。

 『(カ)』geは、で出来た名札・番号札を示す映像を表す形声文字です。漢字の足し算では、竹+(かたいもの)=(固いものを数える番号札)です。漢字の部首は『竹・たけかんむり』です。

Photo_10

物を数える記号である『』は漢字の『(カ)』からきています。『(カ)』と書くのは字画が多くて大変なので、『』と書いていたのが定着したのです。

音読みは呉音・漢音の『』が普通です。唐宋音の『コ』と読むこともあります。条(ジョウ)、所(カショ)、一箇(イッ)のです。『』から人を表す場合の『』が分けられ、固い物を数える時も『』で数える場合が多くなりました。

』は中学校で習う常用漢字です。

 『(コ)』heは、水が涸れる様子を示す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(固くなる)=(水がなくなって固くなる。涸れる。かれる)です。漢字の部首は『氵・さんずい』です。漢字の意味は『涸(か)れる』です。

Photo_8

音読みは呉音が『ガク』、漢音が『カク』で慣用音の『』が普通です。訓読みは『涸(か)れる』です。水が涸れて干上がること・咽喉が渇くことを渇・渇(カツ)といいます。

』は常用漢字から外れており、『涸(か)れる』は木が『枯(か)れる』の『枯(か)れる』で代用するのが普通です。

 『(コ)』guは、古いに関連した事を示す形声文字です。漢字の足し算では、(ふるい・祈る)+攵(ぼくづくり・動作、鞭打つ)=(古いに関連した事。以前の。もとの)です。部首は『攵・ぼくづくり』、意味は『以前の』、『もとの』、『死亡する』、『さしさわりのある』、『わざと』です。

Photo_14Photo_25

『さしさわりのある』、『わざと』は『古(いのる)』に『攵(鞭打つ)』で祖先に対する祈りを妨害する事に由来されていると言われています。

音読みは『』、常用外の訓読みに『ゆえ』があります。もとの郷を郷(コキョウ・ふるさと)、以前の出来事を事(コジ)、死亡した人を人(コジン)、さしさわりのある出来事を事(ジコ)、わざとすることを意(イ)といいます事成語には「蛇足(ダソク)」、「矛盾(ムジュン)」、「杞憂(キユウ)」など有名なものが多いです。

』は小学校5年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/5-5492.html です。

 『(コ)』kuは、枯れた樹木の映像を表す形声文字です。漢字の足し算では、木(きへん・樹木)+(古い)=(枯れた木)です。部首は『木』、意味は『れる(れる)』、『らす(らす)』です。枯れるから転じて『おちぶれる』の意味もあります。

Photo_3

音読みは呉音が『ク』、漢音が『』です。訓読みは『れる(れる)』、『らす(らす)』です。渇(カツ)、死(シ)、栄(エイ)、木(ボク・かれき)のです。

』は中学校で常用漢字です。

 『(ク)』kuは、枯れている植物をなめる様子を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、艸(くさかんむり・植物)+(古い植物で苦い)です。漢字の部首は『艸・くさかんむり』です。

Photo_4

音読みは呉音の『』が普通で、漢音が『コ』は使いません。訓読みは『くる)しい』、『にが)い』です。情(ジョウ)、痛(ツウ)、労(ロウ)、笑(ショウ)、手(にがて)、味(にがみ)のです。

』は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-1f63.htmlです。

 『(キョ)』juは、尻をおろして、腰を落ち着かせる様子を示す形声文字です(藤堂)。漢字の足し算では、尸(かばね・尻)+(尻をおろす。いる)です。部首は『尸・かばね』です。本字を(キョ)として几(キ)に従う会意文字とする説(藤堂・白川)もあります。

Photo_12

音読みは、呉音が『コ』で、漢音の『キョ』が普通です。訓読みは『居(い)る』、『居(お)る』です。住(ジュウキョ)、新(シンキョ)、隠(インキョ)、皇(コウキョ)、士(ジ)、候(そうろう)のです。

』は小学校5年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/3-.html です。

 『(キョ)』juは、衣服の裾を示す形声文字です。漢字の足し算では、衤(ころもへん・衣服)+居(尻を下ろす)=(衣服の尻を下ろす部分。すそ)です。漢字の部首は『衤・ころもへん』、意味は『すそ』です。

Photo_13

音読みは、呉音が『コ』で、漢音の『キョ』が普通です。訓読みが『すそ』です。山(やますそ)、野(すその)のです。『』は平成22年に追加された常用漢字で中学校で習う漢字です。基本漢字の『古』、『居』さえ押さえておけば漢字は足し算なので、常用漢字がいくら増えても大丈夫です。

 『(キョ)』の漢字仲間はその他に、(す)えるの『(キョ)』ju、蹲(ソンキョ)の『(キョ)』ju、(のこぎり)の『(キョ)』juがあります。『(キョ)』は手で(す)える、『(キョ)』は足で腰をおろす、『(キョ)』はえたものを金属で切るの意味です。『』は中学校で習う常用漢字です。

Photo_16Photo_15

 『(コ)』huは、ペリカンや牛の顎(あご)の下の固い部分を示す形声文字です。漢字の足し算では、(かたい)+月(にくづき・身体の部分)=(顎の下の部分。)です。部首は『月・にくづき』です。『(コ)』は顎髭(・あごひげ)の長い人々で西アジアの遊牧民を指すともいわれています。

Photo_2

音読みは呉音が『』、漢音が『』、唐宋音が『』です。訓読みは『えびす』です。。麻(マ)、椒(ショウ)、五(ゴ)、地(チ)、散(サン)のです。『』は人名漢字です。坐と書いて(あぐら)と読む特別な読み方もあります。五胡とは(匈奴・鮮卑・羯・氐・羌)の古代の中国北方民族のことです。

漢字の読み方の話をしましょう。漢字には中国から輸入したときの読み方音読みと日本古来の読み方訓読みがあります。

 音読みには呉音(ゴオン)と言って最初に漢字を輸入した時の呉(江南)地方の音、漢音(カンオン)と言って遣唐使が持ち帰った唐時代の長安の音、鎌倉・室町時代入ってきた唐宋音(トウソウオン)があります。呉音・漢音・唐宋音同じ場合は良いのですが、微妙に違う場合が困ります。

どう微妙に違うかというと、『』の場合、呉音は『ゴ』、漢音は『コ』、唐宋音『ウ』と違うのです。つまり現在の中国では『hu』という一通りの読み方が、日本では三通りの発音が残ってしまっているです。仕方がないので麻(マ)、椒(ショウ)、散(サン)と区別して覚えて下さい。漢字クイズや漢字検定で出題者が喜びそうな漢字です。

訓読みは日本古来の読み方です。『』という漢字は、日本古来の言葉(やまとことば)でいう『えびす』に相当します。そこで『』は『えびす』と読むわけです。

 『(コ)』huは、みずうみを漢字で表した形声文字です。漢字の足し算では、氵(さんずい・水)+(顎・あごの下の広い部分)=(水がある広い場所)です。漢字の部首は『氵・さんずい』です。

Photo

音読みは『』、訓読みは『みずうみ』です。です。沼(ショウ)、水(スイ)、琵琶(ビワ)、岸(ガン)、畔(ハン)のです。

』は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-1f63.htmlです。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ふるほん(    )を買う。

2.だんこ (    )反対。

3.液体と こたい(    )。

4.こじん (    )の尊厳。

5.かじょうがき(     )に整理する。

6.交通 じこ(    )。

7.こじ (    )成語。

8.かれき(    )に花。

9.くつう(    )に顔がゆがむ。

10. くじょう (    )の電話。

11. じゅうきょ(    )に火災がせまる。

12.隣の 御いんきょ(    )。

13. 力士が そんきょ(    )する。

14. 山の すその(  )。

15. ごま (    )を擂る(する)。

16. こはん(    )の旅館。

解説です。古いは、固いは囗(くにがまえ)で、固いものを数えるには竹製の番号札で、個人はイ(にんべん)で、木が古いで枯、苦い草で、尻をえるで、すそは衤で、のこぎりは金属で、えびすは、みずうみは氵でです。

解答です。本、断体、人、条書き、事事、木、れ木、痛、情、住、隠、蹲踞、裾野、麻、

少し漢字の成り立ちの話をしましょう。最古の辞書は後漢(西暦100年頃)の許慎(キョシン)の「説文解字(セツモンカイジ)」です。許慎はその中で漢字について六種の原理を説明しています。これを『六書(リクショ)』といいます。六種類のうち四種類は漢字の成り立ちについて、残りの二種類は漢字の使用法についてしるしています。

彼は、漢字(=文字)の成り立ちを、物の形に象(かたど)った『象形』(ショウケイ)、象形文字を基に点を打つことにより示された『指事』(シジ)、文字を組み合わせた『会意』(カイイ)、意味と音・声を示す文字を組み合わせた『形声』(ケイセイ)の四種類に分類しました。

』は頭骸骨(ズガイコツ)を象った(かたどった)文字なので『象形文字』、もしくはでを組み合わせた文字なので『会意文字』です。『』は囗に古、『』は竹に固、『』はイに固、『』は木に古、『』は艹に古を組み合わせた文字です。『(ク・コ)』の音・声(音符)含みますから『形声文字』です。

漢字の殆どはこの『形声文字』です。漢字が足し算であるというのは、この漢字の成り立ちに関わっています。『形声文字』は音・声(音読み)が同じなので、音・声(音読み)を基にして漢字の足し算で、漢字を覚えようとしているわけです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ア行(ア ) | ア行(イ ) | ア行(イチ・イツ) | ア行(イン) | ア行(ウ) | ア行(エ ) | ア行(エ )・カ行(カイ) | ア行(エイ) | ア行(エン )・タ行(タン) | ア行(エン・オン) | ア行(エン) | ア行(オ ) | カ行(カ )  | カ行(カイ) | カ行(カク) | カ行(カツ) | カ行(カン) | カ行(ガ ) | カ行(キ ) | カ行(キュウ) | カ行(キョウ・ケイ) | カ行(キョウ・コウ) | カ行(キョウ) | カ行(キョク) | カ行(キョ) | カ行(キン) | カ行(ギ ) | カ行(ギョ) | カ行(ク ) | カ行(ク・コウ) | カ行(ケ ) | カ行(ケン) | カ行(ケ・カイ) | カ行(ケ・キ) | カ行(コ ) | カ行(コウ) | カ行(コン) | カ行(ゴ ) | サ行(サ ) | サ行(サイ・セイ ) | サ行(サン) | サ行(シ ) | サ行(シ ) | サ行(シキ・ショク) | サ行(シチ・シツ) | サ行(シャ ) | サ行(シャク・セキ) | サ行(シュウ) | サ行(シュ) | サ行(ショウ・セイ) | サ行(ショウ) | サ行(ショ) | サ行(シン) | サ行(ジ ) | サ行(ジャク) | サ行(ジュウ) | サ行(ジョウ) | サ行(ス ) | サ行(セ ) | サ行(セン) | サ行(ゼン) | サ行(ソ ) | サ行(ソウ) | サ行(ソク・ショク) | タ行(タ ) | タ行(タン) | タ行(チ ) | タ行(チュウ) | タ行(チョウ) | タ行(ツ ) | タ行(テ ) | タ行(ト ) | タ行(ドウ) | ナ行 | ナ行(ニン・ジン) | ナ行(ニ・ジ) | ナ行(ノウ・ドウ) | ハ行(ハ ) | ハ行(ハン) | ハ行(ヒ ) | ハ行(ヒョウ・ヘイ ) | ハ行(フ ) | ハ行(ヘ ) | ハ行(ホ ) | ハ行(ボ ) | マ行 | マ行(メイ・ミョウ) | マ行(メン、バン・ベン) | マ行(メ・バ・マ) | ヤ行 | ヤ行(ユ) | ヤ行(ヨウ) | ラ行 | ラ行(リ ) | ラ行(リン) | ラ行(レイ) | ラ行(ロク) | ワ行 | 呉音と漢音 | 小学校1年生で習う漢字 | 小学校2年生で習う漢字 | 小学校3年生で習う漢字 | 小学校4年生で習う漢字 | 小学校5年生で習う漢字 | 小学校6年生で習う漢字 | 小学校で習う漢字 | 小説 | 漢字 のエッセイ | 漢字 参考図書 | 漢字 音読み索引(ア行) | 漢字 音読み索引(カ行) | 漢字 音読み索引(サ行) | 漢字 音読み索引(タ行) | 漢字 音読み索引(ナ行) | 漢字 音読み索引(ハ行) | 漢字 音読み索引(マ行) | 漢字 音読み索引(ヤ行) | 漢字 音読み索引(ラ行) | 漢字 音読み索引(ワ行) | 漢字・訓読み索引(あ行) | 漢字・訓読み索引(か行) | 漢字・訓読み索引(さ行) | 漢字・訓読み索引(た行) | 漢字・訓読み索引(な行) | 漢字・訓読み索引(は行) | 漢字・訓読み索引(ま行) | 漢字・訓読み索引(や行) | 漢字・訓読み索引(ら行) | 漢字・訓読み索引(わ行) | 漢字練習問題(中学生) [1] | 部首索引 魚(うお・さかな)

カテゴリー

  • ア行(ア )
    漢字の成り立ち 亜          漢字の成り立ち 愛          漢字の成り立ち 安         
  • ア行(イ )
    漢字の成り立ち 異          漢字の成り立ち 易          漢字の成り立ち 胃          漢字の成り立ち 殹          漢字の成り立ち 以          漢字の成り立ち 衣          漢字の成り立ち 韋          漢字の成り立ち 育         
  • ア行(イチ・イツ)
    漢字の成り立ち 一          漢字の成り立ち 聿         
  • ア行(イン)
    漢字の成り立ち 寅          漢字の成り立ち 印          漢字の成り立ち 因          漢字の成り立ち 員          漢字の成り立ち 音・意       
  • ア行(ウ)
    漢字の成り立ち 雨          漢字の成り立ち 于・夸       漢字の成り立ち 云          漢字の成り立ち 昷           
  • ア行(エ )
    漢字の成り立ち 易          漢字の成り立ち 睪          漢字の成り立ち 兌          漢字の成り立ち 戉          漢字の成り立ち 益         
  • ア行(エ )・カ行(カイ)
    漢字の成り立ち 回          漢字の成り立ち 会・會        漢字の成り立ち 褱・懐       
  • ア行(エイ)
    漢字の成り立ち 嬰          漢字の成り立ち 熒・        漢字の成り立ち 殹          漢字の成り立ち 央          漢字の成り立ち 永         
  • ア行(エン )・タ行(タン)
    漢字の成り立ち 彖          漢字の成り立ち 爰          漢字の成り立ち 延          漢字の成り立ち 炎         
  • ア行(エン・オン)
    漢字の成り立ち 袁          漢字の成り立ち 夗         
  • ア行(エン)
    漢字の成り立ち 肙          漢字の成り立ち 厭          漢字の成り立ち 寅          漢字の成り立ち 㕣          漢字の成り立ち 燕         
  • ア行(オ )
    漢字の成り立ち 王          漢字の成り立ち 屋          漢字の成り立ち 乙          漢字の成り立ち 音・意        漢字の成り立ち 央          漢字の成り立ち 区・殴        漢字の成り立ち 昷         
  • カ行(カ ) 
    漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 夏          漢字の成り立ち 火          漢字の成り立ち 咼          漢字の成り立ち 叚          漢字の成り立ち 禾          漢字の成り立ち 可          漢字の成り立ち 家          漢字の成り立ち 果          漢字の成り立ち 化          漢字の成り立ち 加         
  • カ行(カイ)
    漢字の成り立ち 海          漢字の成り立ち 夬          漢字の成り立ち 介          漢字の成り立ち 皆         
  • カ行(カク)
    漢字の成り立ち 矍          漢字の成り立ち 殻          漢字の成り立ち 角          漢字の成り立ち 革          漢字の成り立ち 隺          漢字の成り立ち 画          漢字の成り立ち 各         
  • カ行(カツ)
    漢字の成り立ち 害          漢字の成り立ち 舌          漢字の成り立ち 曷         
  • カ行(カン)
    漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 監          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 咸          漢字の成り立ち 漢          漢字の成り立ち 官          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 甘          漢字の成り立ち 雚          漢字の成り立ち 毌・串        漢字の成り立ち 干          漢字の成り立ち 奐         
  • カ行(ガ )
    漢字の成り立ち 画          漢字の成り立ち 我・義        漢字の成り立ち 牙          漢字の成り立ち 亥          漢字の成り立ち 害          漢字の成り立ち 楽          漢字の成り立ち 学          漢字の成り立ち 月          漢字の成り立ち 厂          漢字の成り立ち 元         
  • カ行(キ )
    漢字の成り立ち 貴          漢字の成り立ち 葵          漢字の成り立ち 几          漢字の成り立ち 吉          漢字の成り立ち 其          漢字の成り立ち 奇         
  • カ行(キュウ)
    漢字の成り立ち 丘          漢字の成り立ち 丩          漢字の成り立ち 弓          漢字の成り立ち 求          漢字の成り立ち 及・急        漢字の成り立ち 九          
  • カ行(キョウ・ケイ)
    漢字の成り立ち 开・形        漢字の成り立ち 京          漢字の成り立ち 兄・竟        漢字の成り立ち 敬          漢字の成り立ち 巠          
  • カ行(キョウ・コウ)
    漢字の成り立ち 郷          漢字の成り立ち 孝          漢字の成り立ち 爻・交        漢字の成り立ち 庚          漢字の成り立ち 幸          漢字の成り立ち 更          漢字の成り立ち 行         
  • カ行(キョウ)
    漢字の成り立ち 敫          漢字の成り立ち 劦          漢字の成り立ち 喬          漢字の成り立ち 共          漢字の成り立ち 凶         
  • カ行(キョク)
    漢字の成り立ち 極           漢字の成り立ち 局           漢字の成り立ち 曲         
  • カ行(キョ)
    漢字の成り立ち 豦          漢字の成り立ち 去         
  • カ行(キン)
    漢字の成り立ち 匀          漢字の成り立ち 堇          漢字の成り立ち 斤          漢字の成り立ち 禁          漢字の成り立ち 今         
  • カ行(ギ )
    漢字の成り立ち 屰          漢字の成り立ち 疑          漢字の成り立ち 牛          漢字の成り立ち 堯         
  • カ行(ギョ)
    漢字の成り立ち 魚         
  • カ行(ク )
    漢字の成り立ち 句          漢字の成り立ち 九          漢字の成り立ち 区・殴        漢字の成り立ち 屈          漢字の成り立ち 禺          漢字の成り立ち 具          漢字の成り立ち 君          漢字の成り立ち 軍         
  • カ行(ク・コウ)
    漢字の成り立ち 侯          漢字の成り立ち 口          漢字の成り立ち 后          漢字の成り立ち 冓          漢字の成り立ち 公          漢字の成り立ち 工         
  • カ行(ケ )
    漢字の成り立ち 恵          漢字の成り立ち 血          漢字の成り立ち 埶          漢字の成り立ち 系          漢字の成り立ち 圭          漢字の成り立ち 奚          漢字の成り立ち 携・攜       
  • カ行(ケン)
    漢字の成り立ち 肙          漢字の成り立ち 犬          漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 幵          漢字の成り立ち 建          漢字の成り立ち 見          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 僉           漢字の成り立ち 県         
  • カ行(ケ・カイ)
    漢字の成り立ち 戒          漢字の成り立ち 解         
  • カ行(ケ・キ)
    漢字の成り立ち 希          漢字の成り立ち 幾          漢字の成り立ち 气         
  • カ行(コ )
    漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 戸          漢字の成り立ち 己          漢字の成り立ち 古          漢字の成り立ち 夸          漢字の成り立ち 谷          漢字の成り立ち 告          漢字の成り立ち 骨         
  • カ行(コウ)
    漢字の成り立ち 甲          漢字の成り立ち 厷          漢字の成り立ち 亘          漢字の成り立ち 岡          漢字の成り立ち 光          漢字の成り立ち 高           漢字の成り立ち 丂           漢字の成り立ち 亢           漢字の成り立ち 黄・広        
  • カ行(コン)
    漢字の成り立ち 困          漢字の成り立ち 艮          漢字の成り立ち 今          漢字の成り立ち 昆         
  • カ行(ゴ )
    漢字の成り立ち 五・語        漢字の成り立ち 呉          漢字の成り立ち 午・御        漢字の成り立ち 合          漢字の成り立ち 卬         
  • サ行(サ )
    漢字の成り立ち 坐          漢字の成り立ち 采          漢字の成り立ち 左・尋        漢字の成り立ち 才          漢字の成り立ち 卒          漢字の成り立ち 祭          漢字の成り立ち 乍          漢字の成り立ち 冊         
  • サ行(サイ・セイ )
    漢字の成り立ち 斉          漢字の成り立ち 歳          漢字の成り立ち 妻          漢字の成り立ち 西         
  • サ行(サン)
    漢字の成り立ち 参          漢字の成り立ち 散          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 算          漢字の成り立ち 山          漢字の成り立ち 三         
  • サ行(シ )
    漢字の成り立ち 師          漢字の成り立ち 朿          漢字の成り立ち 厶・台        漢字の成り立ち 子          漢字の成り立ち 思          漢字の成り立ち 氏          漢字の成り立ち 至          漢字の成り立ち 止         
  • サ行(シ )
    漢字の成り立ち 糸          漢字の成り立ち 矢          漢字の成り立ち 示          漢字の成り立ち 市          漢字の成り立ち 四          漢字の成り立ち 旨          漢字の成り立ち 支          漢字の成り立ち 司          漢字の成り立ち 史          漢字の成り立ち 次          漢字の成り立ち 士          漢字の成り立ち 志       
  • サ行(シキ・ショク)
    漢字の成り立ち 食          漢字の成り立ち 戠          漢字の成り立ち 式         
  • サ行(シチ・シツ)
    漢字の成り立ち 失          漢字の成り立ち 質          漢字の成り立ち 七         
  • サ行(シャ )
    漢字の成り立ち 車          漢字の成り立ち 舎          漢字の成り立ち 者          漢字の成り立ち 射          漢字の成り立ち 勺         
  • サ行(シャク・セキ)
    漢字の成り立ち 席          漢字の成り立ち 尺          漢字の成り立ち 赤          漢字の成り立ち 石          漢字の成り立ち 責          漢字の成り立ち 夕          漢字の成り立ち 昔         
  • サ行(シュウ)
    漢字の成り立ち 乑          漢字の成り立ち 舟・受        漢字の成り立ち 州           漢字の成り立ち 習          漢字の成り立ち 秋          漢字の成り立ち 秀          漢字の成り立ち 周          漢字の成り立ち 祝・呪        漢字の成り立ち 就         
  • サ行(シュ)
    漢字の成り立ち 手          漢字の成り立ち 殳          漢字の成り立ち 朱          漢字の成り立ち 守          漢字の成り立ち 首          漢字の成り立ち 主          漢字の成り立ち 取          漢字の成り立ち 出          漢字の成り立ち 宿          漢字の成り立ち 屯・春        漢字の成り立ち 舜         
  • サ行(ショウ・セイ)
    漢字の成り立ち 成          漢字の成り立ち 青          漢字の成り立ち 生          漢字の成り立ち 正         
  • サ行(ショウ)
    漢字の成り立ち 小          漢字の成り立ち 召          漢字の成り立ち 尚          漢字の成り立ち 章          漢字の成り立ち 爿          漢字の成り立ち 昌          漢字の成り立ち 詳・善       
  • サ行(ショ)
    漢字の成り立ち 庶          漢字の成り立ち 処         
  • サ行(シン)
    漢字の成り立ち 兂          漢字の成り立ち 眞          漢字の成り立ち 心          漢字の成り立ち 囟(田)       漢字の成り立ち 申          漢字の成り立ち 辰          漢字の成り立ち 辛・新        漢字の成り立ち 深・探        漢字の成り立ち 帚・侵       
  • サ行(ジ )
    漢字の成り立ち 茲          漢字の成り立ち 爾          漢字の成り立ち 耳          漢字の成り立ち 寺          漢字の成り立ち 自          漢字の成り立ち 舟・受        漢字の成り立ち 孰          漢字の成り立ち 朮          漢字の成り立ち 女           漢字の成り立ち 尽         
  • サ行(ジャク)
    漢字の成り立ち 若           漢字の成り立ち 弱          
  • サ行(ジュウ)
    漢字の成り立ち 重          漢字の成り立ち 从、縱        漢字の成り立ち 十         
  • サ行(ジョウ)
    漢字の成り立ち 丞          漢字の成り立ち 成         
  • サ行(ス )
    漢字の成り立ち 水          漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 隹          漢字の成り立ち 垂          漢字の成り立ち 芻          漢字の成り立ち 寸         
  • サ行(セ )
    漢字の成り立ち 世          漢字の成り立ち 是          漢字の成り立ち 制          漢字の成り立ち 卩・節        漢字の成り立ち 折          漢字の成り立ち 舌          漢字の成り立ち 詳・善       
  • サ行(セン)
    漢字の成り立ち 巽          漢字の成り立ち 前          漢字の成り立ち 先          漢字の成り立ち 宣          漢字の成り立ち 専          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 扇           漢字の成り立ち 全          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 川          漢字の成り立ち 薦          漢字の成り立ち 泉         
  • サ行(ゼン)
    漢字の成り立ち 然          漢字の成り立ち 全         
  • サ行(ソ )
    漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 疋          漢字の成り立ち 卒          漢字の成り立ち 且          漢字の成り立ち 象          漢字の成り立ち 蔵          漢字の成り立ち 則          漢字の成り立ち 尊         
  • サ行(ソウ)
    漢字の成り立ち 匆          漢字の成り立ち 忩          漢字の成り立ち 倉          漢字の成り立ち 爪          漢字の成り立ち 送          漢字の成り立ち 相          漢字の成り立ち 早          漢字の成り立ち 曾          漢字の成り立ち 喿          漢字の成り立ち 帚・侵       
  • サ行(ソク・ショク)
    漢字の成り立ち 蜀          漢字の成り立ち 足          漢字の成り立ち 束         
  • タ行(タ )
    漢字の成り立ち 㒸          漢字の成り立ち 帶          漢字の成り立ち 大          漢字の成り立ち 退          漢字の成り立ち 它・也        漢字の成り立ち 弟          漢字の成り立ち 厶・台        漢字の成り立ち 代          漢字の成り立ち 睪         
  • タ行(タン)
    漢字の成り立ち 旦          漢字の成り立ち 詹          漢字の成り立ち 深・探        漢字の成り立ち 単         
  • タ行(チ )
    漢字の成り立ち 知          漢字の成り立ち 畜          漢字の成り立ち 竹          漢字の成り立ち 宁          漢字の成り立ち 直          漢字の成り立ち 朕・藤       
  • タ行(チュウ)
    漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 肘          漢字の成り立ち 中         
  • タ行(チョウ)
    漢字の成り立ち 枼          漢字の成り立ち 鳥          漢字の成り立ち 朝          漢字の成り立ち 長          漢字の成り立ち 丁          漢字の成り立ち 兆         
  • タ行(ツ )
    漢字の成り立ち 㒸          漢字の成り立ち 追         
  • タ行(テ )
    漢字の成り立ち 帝          漢字の成り立ち 氐          漢字の成り立ち 廷          漢字の成り立ち 呈          漢字の成り立ち 弟          漢字の成り立ち 啇          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 天          漢字の成り立ち 田         
  • タ行(ト )
    漢字の成り立ち 奴          漢字の成り立ち 度          漢字の成り立ち 土          漢字の成り立ち 刀          漢字の成り立ち 沓          漢字の成り立ち 冬          漢字の成り立ち 東          漢字の成り立ち 朕・藤        漢字の成り立ち 到          漢字の成り立ち 豆          漢字の成り立ち 屯         
  • タ行(ドウ)
    漢字の成り立ち 童          漢字の成り立ち 同         
  • ナ行
    漢字の成り立ち 奴          漢字の成り立ち 南          漢字の成り立ち 女           漢字の成り立ち 内          漢字の成り立ち 然          漢字の成り立ち 念         
  • ナ行(ニン・ジン)
    漢字の成り立ち 人          漢字の成り立ち 壬          漢字の成り立ち 刃         
  • ナ行(ニ・ジ)
    漢字の成り立ち 耳          漢字の成り立ち 二            
  • ナ行(ノウ・ドウ)
    漢字の成り立ち 能          漢字の成り立ち 農          漢字の成り立ち 脳         
  • ハ行(ハ )
    漢字の成り立ち 巴          漢字の成り立ち 巿          漢字の成り立ち 派          漢字の成り立ち 配・妃        漢字の成り立ち 貝・買        漢字の成り立ち 白          漢字の成り立ち 莫          漢字の成り立ち 癶         
  • ハ行(ハン)
    漢字の成り立ち 般          漢字の成り立ち 犯・氾        漢字の成り立ち 八・半        漢字の成り立ち 反          漢字の成り立ち 番         
  • ハ行(ヒ )
    漢字の成り立ち 非          漢字の成り立ち 皮          漢字の成り立ち 辟          漢字の成り立ち 比          漢字の成り立ち 尾          漢字の成り立ち 必          漢字の成り立ち 表          漢字の成り立ち 票          漢字の成り立ち 苗          漢字の成り立ち 品         
  • ハ行(ヒョウ・ヘイ )
    漢字の成り立ち 平          漢字の成り立ち 丙         
  • ハ行(フ )
    漢字の成り立ち 付          漢字の成り立ち 夫          漢字の成り立ち 父          漢字の成り立ち 不          漢字の成り立ち 孚          漢字の成り立ち 卜          漢字の成り立ち 畐          漢字の成り立ち 复          漢字の成り立ち 弗          漢字の成り立ち 勿          漢字の成り立ち 八・分        漢字の成り立ち 賁         
  • ハ行(ヘ )
    漢字の成り立ち 並          漢字の成り立ち 辟          漢字の成り立ち 扁         
  • ハ行(ホ )
    漢字の成り立ち 甫          漢字の成り立ち 方          漢字の成り立ち 包          漢字の成り立ち 北         
  • ハ行(ボ )
    漢字の成り立ち 母          漢字の成り立ち 暴          漢字の成り立ち 亡          漢字の成り立ち 卯          漢字の成り立ち 卜         
  • マ行
    漢字の成り立ち 矛          漢字の成り立ち 米          漢字の成り立ち 莫          漢字の成り立ち 末          漢字の成り立ち 未          漢字の成り立ち 亡          漢字の成り立ち 毛          漢字の成り立ち 孟          漢字の成り立ち 門         
  • マ行(メイ・ミョウ)
    漢字の成り立ち 明          漢字の成り立ち 名         
  • マ行(メン、バン・ベン)
    漢字の成り立ち 面          漢字の成り立ち 免         
  • マ行(メ・バ・マ)
    漢字の成り立ち 馬          漢字の成り立ち 麻         
  • ヤ行
    漢字の成り立ち 亦・夜        漢字の成り立ち 予          漢字の成り立ち 余          漢字の成り立ち 谷         
  • ヤ行(ユ)
    漢字の成り立ち 兪          漢字の成り立ち 攸          漢字の成り立ち 憂          漢字の成り立ち 由          漢字の成り立ち 斿          漢字の成り立ち 酉          漢字の成り立ち 右         
  • ヤ行(ヨウ)
    漢字の成り立ち 幺          漢字の成り立ち 夭          漢字の成り立ち 翟          漢字の成り立ち 枼          漢字の成り立ち 羊          漢字の成り立ち 䍃・揺        漢字の成り立ち 用          漢字の成り立ち 昜          漢字の成り立ち 要         
  • ラ行
    漢字の成り立ち 戻          漢字の成り立ち 来          漢字の成り立ち 礼・豊        漢字の成り立ち 剌          漢字の成り立ち 楽          漢字の成り立ち 闌          漢字の成り立ち 秝          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 連          漢字の成り立ち 老         
  • ラ行(リ )
    漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 利          漢字の成り立ち 里          漢字の成り立ち 立          漢字の成り立ち 留          漢字の成り立ち 流          漢字の成り立ち 良          漢字の成り立ち 令          漢字の成り立ち 量          漢字の成り立ち 両          漢字の成り立ち 力             
  • ラ行(リン)
    漢字の成り立ち 侖          漢字の成り立ち 粦          漢字の成り立ち 林         
  • ラ行(レイ)
    漢字の成り立ち 戻          漢字の成り立ち 礼・豊        漢字の成り立ち 令         
  • ラ行(ロク)
    漢字の成り立ち 彔          漢字の成り立ち 六         
  • ワ行
    漢字の成り立ち 或          漢字の成り立ち 夗         
  • 呉音と漢音
    呉音と漢音               
  • 小学校1年生で習う漢字
    小学校1年生で習う漢字①     小学校1年生で習う漢字②    
  • 小学校2年生で習う漢字
    小学校2年生で習う漢字①     小学校2年生で習う漢字②     小学校2年生で習う漢字③     小学校2年生で習う漢字④    
  • 小学校3年生で習う漢字
    小学校3年生で習う漢字①      小学校3年生で習う漢字②     小学校3年生で習う漢字③     小学校3年生で習う漢字④    
  • 小学校4年生で習う漢字
    小学校4年生で習う漢字①      小学校4年生で習う漢字②     小学校4年生で習う漢字③     小学校4年生で習う漢字④    
  • 小学校5年生で習う漢字
    小学校5年生で習う漢字①      小学校5年生で習う漢字②     小学校5年生で習う漢字③     小学校5年生で習う漢字④    
  • 小学校6年生で習う漢字
    小学校6年生で習う漢字①      小学校6年生で習う漢字②     小学校6年生で習う漢字③     小学校6年生で習う漢字④    
  • 小学校で習う漢字
    小学校で習う漢字 父母姉妹兄弟    小学校で習う漢字 春夏秋冬    小学校で習う漢字 一~十      小学校で習う漢字 東西南北   
  • 小説
  • 漢字 のエッセイ
    象形・指事・会意・形声 一年生  象形・指事・会意・形声 二年生  漢字でみるヤナギの分類      落語 空き巣             
  • 漢字 参考図書
  • 漢字 音読み索引(ア行)
  • 漢字 音読み索引(カ行)
  • 漢字 音読み索引(サ行)
  • 漢字 音読み索引(タ行)
  • 漢字 音読み索引(ナ行)
  • 漢字 音読み索引(ハ行)
  • 漢字 音読み索引(マ行)
  • 漢字 音読み索引(ヤ行)
  • 漢字 音読み索引(ラ行)
  • 漢字 音読み索引(ワ行)
  • 漢字・訓読み索引(あ行)
  • 漢字・訓読み索引(か行)
  • 漢字・訓読み索引(さ行)
  • 漢字・訓読み索引(た行)
  • 漢字・訓読み索引(な行)
  • 漢字・訓読み索引(は行)
  • 漢字・訓読み索引(ま行)
  • 漢字・訓読み索引(や行)
  • 漢字・訓読み索引(ら行)
  • 漢字・訓読み索引(わ行)
  • 漢字練習問題(中学生) [1]
    練習問題1-1(書き)         練習問題1-1(読み)         練習問題1-2(書き)         練習問題1-2(読み)         練習問題1-3(書き)         練習問題1-3(読み)         練習問題1-4(書き)         練習問題1-4(読み)         練習問題1-5(書き)         練習問題1-5(読み)        
  • 部首索引 魚(うお・さかな)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ