« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

漢字の覚え方 壴

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(チュウ)』zhùという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えてます。は小学校4年生、は6年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(チュウ)』zhùは、たかつきや太鼓を表す象形文字(藤堂)です。漢字の部首は『士・し』、漢字の意味は『(たかつき)』です。

Photo_4Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『チュウ』(藤堂・鎌田)です。『コ』と読む説(白川)もあります。は常用漢字(日常で使う漢字)から外れていますが、の漢字の一部分になっています。

 『(ジュ)』shùは、きちんと立っている樹木(ジュモク)を表す形声文字です。漢字の足し算では、木(樹木)+(たかつきを手でたてる・きちんとしている)=(きちんと立っている樹木。立派な樹)です。漢字の部首は『木・きへん』、意味は『きちんとした木』、『立派な木』、『立派な』、『しっかりとした』です。

Photo_7

音読みは呉音が『ズ・ジュ』、漢音が『シュ』です。訓読みは常用外の『樹(き)』があります。しっかりと立てることを立(ジュリツ)、樹を植えることを植(ショクジュ)、樹(しっかりとした木)と木(一般の木)で木(ジュモク)といいます。

非常に良い意味の漢字で『いつき』、『き』、『しげ』、『たつ』、『たつき』、『な』、『みき』、『むら』と名前に使われます。

(ジュ)は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1SSc4hW です。

 『(チュウ)』chúは、整えられた台所・料理場を表す形声文字です。漢字の足し算では、广(家)+(たかつきを手でたてる・調える)=(整えられた台所・厨房))です。漢字の部首は『广・まだれ』、意味は『廚房(チュウボウ)』です。

Photo_5

(チュウ)が正字ですが、書くのには省略形のhttp://bit.ly/1ri88pD が使われます。漢字の足し算では、厂(がけ・ここでは广の省略形・家)+寸(たかつきを手でたてる・調える・食器を持つ)=(整えられた台所・厨房)です。漢字の部首は『厂・がんだれ』、意味は『厨房(チュウボウ)』です。

音読みは呉音が『ズ・ジュウ』、漢音が『チュウ』です。訓読みは『厨(くりや)』があります。整えられた料理をする部屋(房)を房(チュウボウ)といいます。

(チュウ)は常用漢字ではありません。

 『(コ)』gǔは、太鼓を叩く様子・太鼓を表す形声文字です。漢字の足し算では、(太鼓)+支(動作)=(太鼓を叩く。鼓。つづみ)です。漢字の部首は『鼓・つづみ』、漢字の意味は『鼓(つづみ)』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ク』、漢音が『』、訓読みは『鼓(つづみ)』です。木製の胴に革を張り打ち鳴らす楽器を太(タイ)、太鼓の響き・心臓の音を動(ドウ)、腹(はら)つづみを打つこと・天下泰平な様子を腹(フク)といいます。

(コ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(キ)』xǐは、太鼓(たいこ)を叩いて喜ぶ様子を表す会意文字(藤堂)です。漢字の足し算では、(太鼓)+口(楽しんで言う・歌う)=(太鼓を叩いて喜ぶ。よろこぶ)です。漢字の部首は『口・くち』、漢字の意味は『喜(よろこ)ぶ』です。

たかつきに盛られた御馳走に喜ぶ様子ともいわれています。

Photo_3

の草書体はに見えることから、を異体字に使います。七十七歳を寿(ジュ)と呼ぶのはこのためです。

音読みは呉音が『コ』、漢音が『』、訓読みは『喜(よろこ)ぶ』です。喜び怒り哀しみ楽しみを怒哀楽(ドアイラク)、非常に喜ぶことを歓(カン)といいます。

非常に良い意味の漢字で『たのし』、『のぶ』、『はる』、『ひさ』、『ゆき』、『よし』と名前に使われます。

(キ)は小学校4年生で習うhttp://bit.ly/1JVSIGA 漢字です。

 『(キ)』は、女性がにぎやかに笑う様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、女(女性)+(喜ぶ)=(女性がにぎやかに笑う。嬉しい)です。漢字の部首は『女・おんな』、漢字の意味は『嬉(うれ)しい』です。

Photo

音読みは呉音が『コ』、漢音が『』、訓読みは『嬉(うれ)しい』です。楽しそうに声をあげて笑うことを笑(ショウ)、楽しんであそぶことを楽(ラク)といいます。

非常に良い意味の漢字で『よし』と名前に使われます。

(キ)は人名用漢字です。

(コ)を使った漢字に(カ)http://bit.ly/1uYGQdQ があります。などと同じ(カ)の単語家族です。

 『(カ)』jiāは、(コ・儀式の太鼓)に加を足したもので、良い事を示します。漢字の足し算では、(めでたい太鼓)+(くわえる)=(めでたい事を加える。良い。良いとほめる)です。漢字の部首は『口・くち』、漢字の意味は『嘉(よ)い』、『嘉(よ)みする』です。

太鼓ではなく、豆(たかつき・めでたい器)に盛られた御馳走とする説もあります。

Photo_4

音読みは呉音が『ケ』、漢音が『』です。訓読みは常用外の『嘉(よ)い』、『嘉(よ)みする』です。めでたい兆しを祥(ショウ)、めでたい礼式を礼(レイ)、良い料理を肴(コウ)といいます。

大変めでたい、縁起の良い漢字で『ひろ』、『よし』、『よしみ』、『よみし』と名前に使われます。

(カ)』は人名用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-7146.html

『漢字の覚え方 壴』   

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.しょくじゅ(   )祭。

2.じゅもく(   )図鑑。

3.ちゅうぼう(   )で焼き物を担当。

4.たいこ(   )を打つ。

5.心臓の こどう(   )。

6.きど(   )哀楽。

7.うれ(  )しい。

解説です。基本の漢字は、樹は木と寸を足して、廚(くりや)は广(まだれ)と寸を足して(厨)、鼓(つづみ)は支を足して(よろこ)ぶは口を足し、(うれ)しいは女を足します。

解答です。植木、房、房、太動、怒、しい。

漢字の覚え方 告

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(コク)』gàoという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えてます。は小学校4年生、は5年生、は中学校で習う常用漢字、は人名用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(コク)』gàoは、牛が危ない状態にあることを警告する会意文字(藤堂)です。漢字の足し算では、牛+口(言葉)=(牛が危ない状態にあると告げる。つげる)です。漢字の部首は『口・くち』、漢字の意味は『告(つ)げる』、『知らせる』、『訴える』です。

Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『コク』、訓読みは『告(つ)げる』です。告げ知らせることを知(コクチ)、真心をこめて相手の欠点などを告げることを忠(チュウコク)、被害者が加害者を訴えることを訴(コクソ)といいます。

は小学校4年生http://bit.ly/1fwNaWz で習う漢字です。

 『(コク)』は、強い酒を表す形声文字です。漢字の足し算では、酉(酒)+(訴える)=(喉に訴える強い酒。舌を締めつけるような酒。転じて酷い。ひどい)です。漢字の部首は『酉・さけ』、漢字の意味は『強い酒』、『酷(ひど)い』です。

Photo_8

音読みは呉音・漢音ともに『コク』、訓読みは『酷(ひど)い』、『酷(むご)い』です。です。酷(ひど)く暑い夏を暑(コクショ)、無慈悲(ムジヒ)で酷(むご)いこと残(ザンコク)といいます。

は中学校で習う常用漢字です。

当ブログでは(コク)について『広がる』の意味に解釈しておりますが、音を表すだけで(コク)の原義には関係ない(藤堂)とする説が一般的です。

 『(コウ)』hàoは、海が豊かで広い様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(告げる・広がる)=(水が広い。海が広い。ひろい)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『浩(ひろ)い』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『浩(ひろ)い』、『浩(おお)きい』です。広々としている様(さま)・水が豊かに流れる様を浩浩コウコウ)、広くて大きい様・ゆったりしている様を然(コウゼン)といいます。

非常に良い意味の漢字で『いさむ』、『おおい』、『きよし』、『はる』、『ひろ』、『ひろし』、『ゆたか』、『よう』と名前に使われます。

は人名用漢字です。

 『(コウ)』hàoは、夜明けの空が白み始める様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、白(しろ)+(告げる・広がる)=(空の白い部分が広がっていく。白い)です。漢字の部首は『白・しろ』、漢字の意味は『皓(しろ)い』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ゴウ』、漢音が『コウ』、訓読みは『皓(しろ)い』です。明るく鮮やかな様を皓皓(コウコウ)、皓(しろ)く耀く月を月(コウゲツ)、皓(しろ)い歯を歯(コウシ)といいます。

非常に良い意味の漢字で『あき』、『あきら』、『つく』、『てる』、『ひかる』、『ひろ』、『ひろし』と名前に使われます。

は人名用漢字です。

 『(ゾウ)』zàoは、材料をくっつけ合わす様子を表す会意文字(藤堂)です。漢字の足し算では、辶(足で進む)+(牛の角にくっつける)=(材料をくっつけ合わす。造る。つくる。とどく)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、意味は『造(つく)る』、『あるところまで届く』、『あわただしい』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ゾウ』、漢音が『ソウ』、訓読みが『造(つく)る』です。素材を加工して形をこしらえることを形(ゾウケイ)、物をこしらえることを作(ゾウサ)、そそくさとしてあわだだしい様子を次(ゾウジ)、学問・知識のいたる程度を詣(ゾウケイ)といいます。

良い意味の漢字で『いたる』、『なり』、『なる』、『はじめ』、『みやつこ』と地名・人名・官位に使われるます。

(つく)るは、(つく)るhttp://bit.ly/1u0607V(つく)るhttp://bit.ly/1LEcVib とも書きます。

は小学校5年生http://bit.ly/1Dp5GoH で習う漢字です。

 『(ゾウ)』zàoは、あわただしい様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、忄(気持ち)+(造る)=(そそくさと急場に間に合わせて造る。あわただしい。多分)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、意味は『急場に間に合わせて造る』、『慥(こしら)える』、『あわただしい』、『多分』、『慥(たし)か』です。

音読みは呉音・漢音が『ソウ』、慣用音が『ゾウ』、訓読みは『慥(こしら)える』、『慥(たし)か』です。急いで間に合わせて造ることを急(キュウごしら)え といいます。

(こしら)えるは(こしら)える、(たし)かは(たし)かと書くのが普通です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-5a9d.html

『漢字の覚え方 告』   

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.企業の こうこく(    )。

2.友人の ちゅうこく(    )。

3.こくしょ(    )の夏。

4.ざんこく(    )な結果。

5.こうぜん(    )の気。

6.こうこう(    )と空が白む。

7.明眸 こうし(    )。

8.せいぞう(   )と販売。

解説です。基本の漢字は、酷(ひど)いは酉(さけ)を足して、浩(ひろ)いは氵(さんずい)を足して、皓(しろ)いは白を足して、造るは辶(しんにょう)を足して、慥(たし)かは忄(りっしんべん)を足してです。

解答です。広、忠暑、残然、皓皓歯、製

2016年1月24日 (日)

漢字の覚え方 隹

今日は『(スイ)』zhuīという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『スイ』、意味は『隹(とり)』、『重い』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で3年生で、は5年生、は6年生、は中学校で習います、学校、学年にかかわらず一緒に覚えましょう。

 『(スイ)』zhuīは、尾の短い鳥・太めの鳥を表す象形文字です(藤堂)。(すずめ・ジャク)、(はやぶさ・ジュン)、(きじ・チ)などを指しますが、全体を表します。漢字の部首は『隹・ふるとり』、漢字の意味は『隹(とり)』、『重い』です。

『説文解字』には「鳥之短尾緫名也」とあります。

Photo_12

音読みは呉音・漢音ともに『スイ』、訓読みは『隹(ふるとり)』、『隹(とり)』です。

(とり)はにわとり、(とり)は暦(こよみ)・時刻・方角、(とり)、(とり)は鳥全体を表します。

(とり)『漢字の覚え方 http://bit.ly/1nrfZG8

(とり)『漢字の覚え方 http://bit.ly/1STcEwU

(とり)『漢字の覚え方 http://bit.ly/20WOXGq

(とり)『漢字の覚え方 http://bit.ly/1AzEFkx

(スイ)は常用漢字から外れています。

漢字の部首の『(ふるとり)』は(とり)が(ふる)いに含まれているため、(とり)、(とり)、(とり)と区別するために名付けたものです。

 『(スイ)』tuīは、重みをかけて推(お)す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(とり・重い)=(重みをかけて推す。おす)です。漢字の部首は『扌・てへん』、漢字の意味は『推(お)す』、『推し進める』、『推し量る・推し測る』です。鳥を見て占いをする事象から成る漢字(白川)ともいわれています。

Photo_6Photo_11

音読みは呉音・漢音が『スイ』、訓読みは『推(お)す』です。推し進(すす)めることを進(スイシン)、推し測(はか)ることを測(スイソク)、物事が次々に移り進むことを移(スイイ)といいます。

上から力を加える意味の(お)すは『(オウ)』を使います。

Photo_6

(スイ)は小学校6年生で習う漢字です。

 『(スイ)』zhuīは、錐(きり)を表す形声文字です。漢字の足し算では、金(金属)+(下が重い)=(上から下へ重みをかけて穴をあける道具。錐。きり)です。漢字の部首は『金・かねへん』、漢字の意味は『錐(きり)』、『上から下』です。

Photo_7Photo_13

音読みは呉音・漢音ともに『スイ』、訓読みは『推(きり)』です。錐(きり)を立てること・狭い面積を立(リッスイ)、一点の頂天から下面の円周(エンシュウ)に向かって出来る立方体を円(エンスイ)といいます。

(スイ)は人名用漢字です。

 『(イ)』wéiは、四隅(よすみ)引っ張る綱(つな)を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸(いと)+(重みをかける)=(重みをかけて引っ張る糸。維。つな)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、漢字の意味は『維(つな)』、『体制を引き締める』、『おおもと』、『これ』です。

Photo_10

音読みは呉音が『ユイ』、漢音が『』、訓読みは常用外に『維(つな)』があります。張りつなをおさえて体制を保つこと持(ジ)、古くから伝わる悪習を改めて新しくすることを新(シン)、天地をつなぐ大きなつな・天地の秩序を綱(コウ)といいます。

神人の乗って参向する馬をつなぐ(白川)太い綱と言われています。

(つな)は(つな)http://bit.ly/1LrjHpW と書くのが普通です。

非常に良い意味の漢字で『これ』、『しげ』、『すけ』、『すみ』、『ただ』、『たもつ』、『つな』、『つなぐ』、『ふき』、『ふさ』、『まさ』、『ゆき』と名前につかわれます。

(イ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(イ)』wéi は、『はい』と返事する様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、口(言葉)+(これ)=(これと言う。『はい』という。これだけ。唯。ただ)です。漢字の部首は『口・くちへん』、漢字の意味は、『はい』、『ただ』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ユイ』、漢音が『』、訓読みは『唯(ただ)』です。『はいはい』と言う返事を漢語で唯唯イイ)、他人の言う通りになる様を唯唯諾諾(イイダクダク)、唯(ただ)一つのことを一(ユイイツ)、物質だけが唯一の存在であるという考え方を物論(ユイブツロン)といいます。

非常に良い意味の漢字で『ただ』と名前につかわれます。

(イ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(タイ)』duīは、下を重いように土を高く積む様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、土(つち)+(下が重い)=(土を高く積む。堆い。うずたかい)です。漢字の部首は『土・つちへん』、漢字の意味は、『土を高く積む』、『堆(うずたか)い』です。

Photo

音読みは呉音が『テ・タイ』、漢音が『タイ』、唐宋音が『ツイ』、訓読みは『堆(うずたか)い』です。うず高く積み重ねることをタイセキ)、草や藁などをみ上げて腐らせた肥料を肥(タイヒ)といいます。

非常に良い意味の漢字で『おか』、『たか』、『のぶ』と名前につかわれます。

(タイ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ツイ)』chuíは、下の重い木づちを表す形声文字です。漢字の足し算では、木(木製)+(下が重い)=(下の重い木製の木づち)です。漢字の部首は『木・きへん』、漢字の意味は、『木製の木づち』、『つちの形』、『下の重い木=椎(しい)』です。

Photo_10

音読みは呉音が『ツイ』、漢音が『ズイ』、訓読みは『椎(しい)』です。『つちの形』の背骨(脊)を脊骨(セキツイコツ)、脊骨と脊骨の間のクッション状の軟骨組織を間板(ツイカンバン)といいます。

木づちは木(きづちhttp://bit.ly/1Qxkye6 と書くのが普通です。

(しい)の木はブナ科の常緑高木で、建築材として使われ、実は食用になり、(しい)の枯れ木に発生するキノコを茸(しいたけ)といいます。

(ツイ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ジュン)』zhǔnは、水面に浮かぶ隹(とり)と水の境(さかい)を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(とり)+十(そろえる)=(水面に浮かぶ隹(とり)と水の境(さかい)です。転じて水平をはかる)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『水平をはかる』、『物事をはかるよりどころ』、『のっとる』、『準(なぞら)える』です。

Photo_10

音読みは呉音・漢音が『シュン』、慣用音が『ジュン』、訓読みは常用外に『準(なぞら)える』があります。物事の基礎となるよりどころ基(キジュン)、物事をする前に決まった用意をすることを備(ジュンビ)、急行列車に準じた列車を急(ジュンキュウ)といいます。

(ジュン)は小学校5年生で習う漢字です。

 『(ジュン)』zhǔnは、(水面に浮かぶ隹(とり)と水の境(さかい)。転じて水平をはかる)の略字です。漢字の部首は『冫・にすい』、漢字の意味は『水平をはかる』、『物事をはかるよりどころ』、『のっとる』、『准(なぞら)える』です。

音読みは呉音・漢音が『シュン』、慣用音が『ジュン』、訓読みは常用外に『准(なぞら)える』があります。皇后に准ずる者を后(ジュンゴウ・ジュンコウ)、看護師に准ずる者を看護士(ジュンカンゴシ)といいます。

(ジュン)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ジュン)』sǔnは、隼(はやぶさ)を表す会意文字です。漢字の足し算では、(とり)+十(まとまる・細くなる)=(細くまとまるすらりとした隹(とり)。はやぶさ)です。漢字の部首は『隹(ふるとり)』、漢字の意味は『隼(はやぶさ)』です。

Photo_14Photo_15

獲物(えもの)を襲(おそ)う時に、高い所から身体を細くして急降下して、素早い動きをすることが知られています。

音読みは呉音・漢音が『シュン』、慣用音が『ジュン』、訓読みは『隼(はやぶさ)』です。素早い動きで勇敢な人々を隼(はやぶさ)に準(なぞら)えて人(はやと)といいます。

非常に良い意味の漢字で『たか』、『とし』、『はや』、『はやし』、『はやと』、『はやぶさ』と人名に使われます。

(ジュン)は人名用漢字です。

追記:リオ五輪 卓球男子シングルス 水谷(じゅん)選手 銅メダル獲得おめどとうございます。

 『(シン)』jìnは、隹(とり)が飛ぶように進む様子を表した会意文字です。漢字の足し算では、辶(行く)+(鳥)=(鳥が飛ぶように進む。すすむ)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、意味は『進(すす)む』、『速く進む』です。

Photo_2

漢字には(衣))に動物を足して、進む様子を表す造字方法があります。辶に大きな羊を足して良く進む・巧く進む『(タツ)』、辶に犀(サイ)を足してゆっくり進む『(チ)』、辶に隹(とり)を足して飛ぶように進む『(シン)』です。

音読みは呉音・漢音ともに『シン』、訓読みが『進(すす)む』です。進みゆくこと・はかどることを行(シンコウ)、真っ直ぐ進むことを直(チョクシン)、物事が良いほうに変化することを化(シンカ)、進むことと退くことを退(シンタイ)といいます。

非常に良い意味の漢字で『す』、『すす』、『すすみ』、『すすむ』、『のぶ』、『みち』、『ゆき』と広く名前に使われます。

(シン)は小学校3年生で習う漢字です。

 『(シュウ)』は、木に隹(とり)が集まっている様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、(鳥)+木=(木に隹が集まる。集まる。あつまる)です。漢字の部首は『隹・ふるとり』、意味は『集(あつ)まる』、『一つになる』、『集(つど)う』です。

異体字に隹(とり)を三羽あつまった形の(シュウ)があります。

Photo_11

音読みは呉音が『ジュウ』、漢音が『シュウ』、訓読みは『集(あつ)まる』です。多くのものが一か所に集まることを中(シュウチュウ)、優れた人物を集めることを英(シュウエイ)、多くのものを集めて完成させることを大成(シュウタイセイ)、人が集まり落ちついて住む村を落(シュウラク)といいます。

良い意味の漢字で『あい』、『い』、『ため』、『ち』、『ちか』、『つどい』と名前に使われます。

(シュウ)は小学校3年生で習う漢字です。

 『(ゾウ・ザツ)』は、いろいろな隹(とり)が木に集まった様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、九(衣)+(隹(とり)が木に来る)=(いろいろな隹が木に集まる。寄せ集めの衣。まじる)です。漢字の部首は『隹・ふるとり』、漢字の意味は『入りじる』、『まとまりがない』、『主要でない』です。

Photo_21

音読みが呉音が『ゾウ』、漢音が『ソウ』、慣用音が『ザツ』です。常用外の訓読みに『雑(ま)じる』があります。物事のがこみいっていることを複(フクザツ)、日常生活のこまごました品物を貨(ザッカ)、餅 (もち) に色々な具をあしらった汁物を煮(ゾウに)といいます。

(ゾウ・ザツ)は小学校5年生で習う漢字です。

 『(フン)』fènは、隹(とり)が飛ぼうとして羽ばたく様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、大(大きく)+(とり)+田(地面)=(隹が飛ぼうとして地上で力をこめて羽ばたく。力を一気に発する。奮う。ふるう)です。漢字の部首は『大・だい』、意味は『力を一気に発する』、『奮(ふる)う』です。

Photo

音読みが呉音・漢音ともに『フン』、訓読みが『奮(ふる)う』です。奮い立つことを起(フンキ)、奮いたって闘うことをフントウ)・戦(フンセン)、勢い激しく奮いたつことを迅(フンジン)といいます。

(フン)は小学校6年生で習う漢字です。

 『(ダツ)』duóは、人が脇にはさんでいる鳥を手で抜き取る様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、大(人の姿)+(とり)+寸(手)=(人が脇にはさんでいる鳥を手で抜き取る。奪う。うばう)です。漢字の部首は『大・だい』、意味は『奪(うば)う』です。

Photo_3

音読みが呉音が『ダツ・ダチ』、漢音が『タツ』、訓読みが『奪(うば)う』です。奪いかえすことをダッカイ)、力づくで他人の物を抜き取ることを強(ゴウダツ)、下位の者が君主の位を奪うことを奪(サンダツ)といいます。

(ダツ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ケイ)』は、つながれた。飼われている鳥を表す形声文字です。漢字の足し算では、(つながれた・飼われた)+隹=(つながれた隹。飼われている隹。雞。にわとり)です。漢字の部首は『隹・ふるとり』、意味は『雞(にわとり)』です。

Photo

(ケイ)』は異体字の『(ケイ)』http://bit.ly/1AzEFkx を使うの普通です。

音読みは呉音が『ケ』・漢音が『ケイ』、訓読みは『(とり・にわとり)』です。鶏の群を群(ケイグン)、鶏の卵を卵(ケイラン)、夜明けの鶏の鳴き声を鳴(ケイメイ)といいます。

』は常用外、『』は中学校で習う常用漢字です。

(とり)は(とり)、(とり)とも書きます。鳥は鳥全体を表し、字の成り立ちとしては象形文字(鳥などの形を象った文字)です。酉(とり)は酒の樽や壺を表す象形文字で御酒を搾る季節10月を表すといわれています。

中国を中心とした東アジアの世界では、 の十二支を使って暦、時刻、方角を表しました。数字でもなんでもない漢字の順番を覚えるの大変です。そこで、神様に新年の挨拶に来た十二種類の動物になぞらえて、十二支を宛てて覚えたのです。

は暦(平成5年、17年、29年・10月)、時刻(午後6時)、方角(西)を表す。

Photo_36

(・とり)は十番目に挨拶に来た動物と覚えるわけです。猿と犬は仲が悪く、喧嘩しながら来たので遅くなったとされています。鶏(・とり)が喧嘩の仲裁をしたため、の間に入って(さる)、(とり)、(いぬ)の順番になってしましました。

ちなみに一番目は牛の背中に乗ってきた鼠(・ねずみ)、十二番目は勢いよく走ってきて、神様の前を通り越してしまった猪(・いのしし)です。

(にわとり)の子を(ひな・ひよこ)といいます。

 『(スウ)』chúは、鶏(にわとり)の子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(小さくまとめる)+隹(とり)=(小さい隹。鶏(にわとり)の子。雛。ひな)です。漢字の部首は『隹・ふるとり』、漢字の意味は『雛(ひな)』です。特に我が国では『実物を小さくしたもの』、『小さいもの』、『愛らしい』の意味に用いられます。

PhotoPhoto

音読みは呉音が『ジュ』、漢音が『ス』、慣用音が『スウ』、訓読みは『雛(ひな)』、『雛(ひよこ)』です。雛祭りの時に飾る人形を人形(ひなニンギョウ)、実物を小さくかたどっったもの・書類などの見本を型(ひながた)といいます。

(スウ・ひな)は(スウ)の『単語家族』で、(スウ)、(シュウ・しわ)などの仲間の漢字があります。詳しくは『漢字の覚え方 芻』 http://bit.ly/1KDtGO8 をご覧ください。

(スウ)は人名用漢字です。

 『(セキ)』は、隹(とり)一羽を表す会意文字です。漢字の足し算では、隹(とり)+又(手)=(隹を一羽手に持つ。一羽。ひとつの)です。漢字の部首は『隹・ふるとり』、漢字の意味は『一羽』、『ひとつの』、『片方の』で、鳥や舟を数える単位にも使われます。

音読みは呉音が『シャク』、漢音が『セキ』です。片方の眼・独特の見方・優れた見識を眼(セキガン)、ただ一つの物の影を影(セキエイ)といいます。

(セキ)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(ソウ)』は、隹(とり)二羽を表す会意文字です。漢字の足し算では、隹隹(とり)+又(手)=(隹を二羽手に持つ。二羽。ふたつの)です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-04ff.html

『漢字の覚え方 隹』 

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.緑化の すいしん(   )。

2.すいそく(   )の域。

3.季節の すいい(   )。

4.明治 いしん(   )。

5.体制の いじ(   )。

6.ゆいいつ(   )の存在。

7.えんすい(   )形。

8.車が ちょくしん(   )。

9.しんたい(   )を伺う。

10.しゅうごう(   )時間。

11.しゅうちゅう(   )力。

12.ふくざつ(   )な仕組み。

解説です。基本の漢字は、推(お)すは足して、錐(きり)は金を足して、維(つな・これ)は糸を足して、唯(ただ)は口を足して(うずたか)いは土を足し、(しい)は木を足し、準准(なぞら)えるは氵(さんずい)と十を足して、冫(にすい)を足して(はやぶさ)は十を足し、(すす)むは辶(しんにょう)を足し、(あつ)まるは木を足し、(ザツ)はさらに九(衣)を足します。

解答です。進、測、移、新、持、一、円、直退、合、中、複

漢字の覚え方 垂

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(スイ)』chuíという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校6年生、は中学校で習う常用漢字、は人名用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(スイ)』chuíは、稲穂(いなほ)が垂(た)れる様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、|壬|(稲穂が垂れる)+土(つち)=(稲穂が土に届くように垂れる。垂れる。重くなる)です。漢字の部首は『土・つち』、漢字の意味は『垂(た)れる』です。

Photo_4

音読みは、呉音が『ズイ』、漢音が『スイ』、訓読みは『垂(た)れる』です。まっすぐ垂れ下がることを直(スイチョク)、襟(えり)を肩から垂(た)らす武士の礼服を直(ひたたれ)といいます。

非常に御目出度い漢字で『しげる』、『たり』、『たる』、『たれ』と名前に使われます。

(スイ)は小学校6年生で習う漢字です。

 『(スイ)』shuìは、目蓋(まぶた)が垂れて睡(ねむ)くなる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、目(め)+(垂れる)=(目蓋(まぶた)が垂れて眠くなる。睡(ねむ)くなる)です。漢字の部首は『目・め』、漢字の意味は『睡(ねむ)い』です。

Photo_5

音読みは、呉音が『ズイ』、漢音が『スイ』、訓読みは常用外(普段使わない読み方)に『睡(ねむ)る』があります。ねむることをスイミン)、ぐっすり眠ることを熟(ジュクスイ)、人を睡(ねむ)らせてしまう魔人を魔(スイマ)、うとうとすることをまどろむ微(まどろ)むといいます。

(ねむ)るは(ねむ)るhttp://bit.ly/1PHed0c と書くのが普通です。

(スイ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(スイ)』chuíは、金属製の錘(おもり)を表す形声文字です。漢字の足し算では、金(金属製)+(稲穂が垂れる・重い)=(金属製の重いもの。錘。おもり)です。漢字の部首は『金・かねへん』、漢字の意味は『錘(おもり)』です。

Photo_3

音読みは、呉音が『ズイ』、漢音が『ツイ』、慣用音が『スイ』、訓読みは『錘(おもり)』です。鉛(なまり)製の錘(おもり)を鉛(エンスイ)、糸を紡(つむ)ぐときの錘(おもり)を紡(ボウスイ・つむ)といいます。

(スイ)は平成22年より人名漢字に登録されました。中学校で習う常用漢字からは外れました。

 『(ユウ)』yóuは、命令を中継する宿場を表す会意文字です。漢字の足し算では、(垂れる・下る・中央から地方)+阝(村・邑)=(国境に置いた伝令のための屯所。飛脚の宿場)です。漢字の部首は『阝・おおざと』、漢字の意味は『郵便(ユウビン)』、『飛脚(ヒキャク)』です。

Photo_4

音読みは、呉音が『ウ』、漢音が『ユウ』です。はがきや荷物などを送り届ける通信事業を便(ユウビン)、郵便に関する政務を政(ユウセイ)、飛脚で送ること・郵便で送ることを送(ユウソウ)といいます。

(ユウ)は小学校6年生で習う漢字です。

 『(ダ)』tuòは、唾(つばき)を表す形声文字です。漢字の足し算では、口(くち)+(垂れる・下る)=(口から垂れる唾。つばき)です。漢字の部首は『口・くちへん』、漢字の意味は『唾(つばき)』です。

Photo_9

音読みは、呉音・漢音が『タ』、慣用音が『』、訓読みが『唾(つば)』、『唾(つばき)』です。唾(つば)のことを医学的に液(エキ)、手に唾(つば)をして、勇んで物事をすることを手(シュ)、緊張した時に口の中にたまる唾(つば)を固(かたず・かたづ)といいます。

常用漢字表では固(かた)と読みます。

(だ)は中学校で習う常用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-20dd.html

     『漢字の覚え方 垂』 

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.すいちょく(   )跳び。

2.ひたたれ(   )は鎌倉武士の礼服。

3.すいみん(   )時間。

4.ぼうすい(   )形。

5.ゆうびん(   )局。

6.かたず(   )を呑む。

解説です。基本の漢字は、睡(ねむ)るは目を足して、錘(おもり)は金を足して、郵便は阝(おおざと)を足して、唾(つば)は口を足してです。

解答です。直、直眠、紡便、固

漢字の覚え方 疋

今日は『(ソ)』shūという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ソ』、意味は『足』、『一対』、『間隔』です。(ソ)、(ソ)、(ソ)、(ソ)、(ソ)、(ソ)、(ソ)などがこの漢字の『単語家族』、(ソウ)が(ソ)を使った漢字です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校2年生、は中学校で習い、人名用漢字です。一緒に覚えましょう。

 『(ソ・ヒキ)』shūpǐは、左右の相対する足を表す象形文字です。漢字の部首は『・ひき』、漢字の意味は『左右の相対する足』、転じて『一組』、その他に足のある動物を数える『匹(ひき)』があります。。

音読みは二通りあります。左右の相対する足を表す場合は、呉音が『ショ』、漢音が『ソ』です。左右の相対する足を表します。

PhotoPhoto_2

足のある動物を数え、『匹(ヒキ)』と同じように使用しする場合は、呉音が『ヒチ』、漢音が『ヒツ』、慣用音『ヒキ』と読みます。ひとつでは一・一(イッピキ)、ふたつでは二・二(ニヒキ)、一人(ひとり)の男性を夫・匹夫(ヒップ)といいます。

(ソ・ヒキ)は人名用漢字です。

 『(ソ)』chǔは、一つ一つの棘(とげ)がある楚(いばら)を表す形声文字です。漢字の足し算では、木木(木々)+(離れた)=(一つ一つ離れた棘のある木。いばら)です。漢字の部首は『木・き』、漢字の意味は『楚(いばら)』、転じて『ツンと痛い』、『すっきりした』です。また、古代中国の国名に(ソ)という国がありました。

音読みは呉音が『ショ』、漢音が『』、訓読みが『楚(いばら)』と読みます。の国の歌を歌()、棘のあるツンとした清らかさを清(セイ)といいます。

Photo

秦の時代以降(子の偏諱)、(ソ)は州(ケイシュウ)とも呼ばれるようになったのは、皆さん御存知の通りです。

(いばら)は、(いばら)http://bit.ly/1vYy66K(いばら)http://bit.ly/1p5H5hF(いばら)http://bit.ly/2bIl6yrとも書きます。

(ソ)は人名用漢字です。

 『(ソ)』chǔは、基礎(キソ)の石を表す形声文字です。漢字の足し算では、石(いし)+(離れた)=(一つ一つ間隔をおいて置かれた基礎の石。礎。いしずえ)です。漢字の部首は『石・いしへん』、漢字の意味は『礎(いしずえ)』です。

Photo_8

音読みは、呉音が『ショ』、漢音が『』、訓読みは『礎(いしずえ)』です。建物を支える基(もと)・物事を成り立たせる基(もと)を基(キ)、国の基礎を国(コク)といいます。

(ソ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ソ)』shūは、一歩一歩の間隔が広い様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(足)+束(たば、まとまり、間隔)=(一歩一歩の間隔が広い。疎ら。まばら)です。漢字の部首は『𤴔・ひきへん』、漢字の意味は『疎(まば)ら』、『疎(うと)い』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ショ』、漢音が『』です。訓読みは『疎(まば)ら』、『疎(うと)い』です。疎(うと)んじで遠(とお)ざけることを遠(エン)、戦争による被害を抑えるため移住することを開(カイ)といいます。

(ソ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ソ)』shūは、難しい文書すらすら読みあげる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(間隔)+(流れる)=(難しい文書すらすら読みあげる)です。漢字の部首は『𤴔・ひきへん』、漢字の意味は『難しい文書すらすら読みあげる』です。律令制で弾正台(ダンジョウダイ)の第四位のを『疏(さかん)』といいます。

Photo

また、『疏(まば)ら』、『疏(うと)い』として 『(ソ)』と同じようにも使います。

音読みは呉音が『ショ』、漢音が『ソ』、訓読みは『疏(さかん)』です。言い訳することを弁(ベン)、経典を詳しく説明したものを義(ギショ・ギ)といいます。

(ソ)は人名用漢字です。

 『(ソ)』shūは、野菜、特に青物を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(間隔・まばら)=(間隔をあけて植えられている植物。野菜・特に青物)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『野菜』、『あおもの』、『粗末な植物』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ショ』、漢音が『』です。野菜、特にあおものを菜(サイ)、野菜を主に食べること・粗末な食事を食(ショク)といいます。

(ソ)は常用漢字から外れています。

 『(ソ)』shūは、髪の毛を木製の櫛(くし)で梳(と)かす様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、木(木製)+(まばらにする)=(櫛(くし)で髪の毛を梳(と)かす・とかす)です。漢字の部首は『木・きへん』、漢字の意味は『梳(と)かす』、『梳(くしけず)る』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ショ』、漢音が『』です。訓読みは『梳(と)かす』、『梳(くしけず)る』です。髪の毛を梳(と)かして顔を洗うこと・容姿を調えることを洗(セン)、髪の毛を梳かすことを頭(トウ)といいます。

バラバラにすることを日本語で『とく』というのですが、漢字の世界では色々な漢字を使い分けています。

(と)く ひとつ、ひとつ。釈きほぐす。 『漢字の覚え方 http://bit.ly/1tkspU4

(と)く ばらばらにする。解きほぐす。 『漢字の覚え方 http://bit.ly/1N1uZka

(と)く 水の中で溶かす。        『漢字の覚え方 http://bit.ly/1xUYpv5

(と)く ひとつひとつ説明する。     『漢字の覚え方 http://bit.ly/1GMPByp

(と)く 櫛(くし)で髪をさらさらにする。 『漢字の覚え方 疋』http://bit.ly/1JXetBr

解釈(カイシャク)、解説(カイセツ)のように二語の熟語にしても使います。

(ソ)は常用漢字から外れています。

(ソ)を用いた漢字に(ソウ)があります。

 『(ソウ)』zǒu は、人が走る姿を表した会意文字です。漢字の足し算では、大(大人の人)+(足)=(人が走る。走る)です。漢字の部首は『走・はしる』、意味は『走る』、『逃げる』、『走らす』です。

Photo_9

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』、訓読みは『走(はし)る』です。敗れて逃げることを敗(ハイソウ)、競って走ることを競(キョウソウ)、人の手足になって走る狗(いぬ)を狗(ソウク)といいます。

(ソウ)は小学校2年生で習う漢字 です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-d8f7.html

『漢字の覚え方 疋』     

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.犬 にひき(   )。

2.ひっぷ(   )の勇。

3.四面 そか(   )。

4.せいそ(   )な人。

5.きそ(   )工事。

6.戦争で そかい(   )する。

7.三経 ぎしょ(   )。

8.そさい(   )園芸。

9.髪を と(  )かす

10.きょうそう(   )する。

解説です。基本の漢字は、楚(いばら)は林を足して、礎(いしずえ)は石を足して、礎(いしずえ)は石を足して、疎(まば)らは束を足して、疏(すらすら読む)はを足して(そさい)は艹(くさかんむり)、(と)かすは木を足し、(はし)るは大を足します。

解答です。ニ、ニ匹、夫、匹夫、歌、清、基開、義菜、(と)かす、競

2016年1月17日 (日)

漢字の覚え方 蔵

今日は『(ゾウ)』zàngという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ゾウ』、意味は『蔵(くら)』、『しまう』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で6年生で習います。

最初になどの漢字の元になっている『(ゾウ)』zàngという漢字を説明します。

 『(ゾウ)』zàngは、格好の良い臣を表す形声文字です。漢字の足し算では、臣(家来)+(すらりとした長い槍)=(すらりとした格好の良い家来・役人。良い)です。漢字の部首は『臣・しん』、漢字の意味は『すらりとした格好の良い家来』、『良い』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『ソウ』、慣用音が『ゾウ』です。良いことと悪いことを非(ゾウヒ)といいます。良いことを表す(ゼ)http://bit.ly/1ObkoZj と近い関係にある漢字です。

は常用漢字ではなく、滅多に使うことはありませんが、の音符になっています。

 『(ゾウ)』cángzàngは、蔵(くら)表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(穀物)+(格好の良い家来・役人)=(穀物を蔵にしまう役人。しまう。かくす。蔵。くら)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『しまっておく』、『かくす』、『蔵(くら)』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ゾウ』、漢音が『ソウ』、訓読みが『蔵(くら)』です。物を貯めてしまっておくことを貯(チョゾウ)、人に知らせないで大切にしまっておくことを秘(ヒゾウ)、諸国からの貢(みつ)ぎ物などを納(おさ)めた蔵(くら)を大(おおくら)、律令制で租税を司った役所・国家予算の編成、財務・通貨・金融を担当する行政機関を大省(おおくらショウ)といいます。

非常に良い意味の漢字で『おさむ』、『ただ』、『とし』、『まさ』、『よし』と名前に使われます。

は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1rMjElI です。

 『(ゾウ)』zàngは、身体の中にしまわれた器官を表す形声文字です。漢字の足し算では、月(身体)+(しまう)=(身体の中にしまわれた器官)です。漢字の部首は『月・にくづき』、漢字の意味は『身体の中にしまわれた器官』、『はらわた』です。

Photo_10

音読みは呉音が『ゾウ』、漢音が『ソウ』です。身体の内にある器官の総称を内(ナイゾウ)、血液を受け取り送り出す器官・物事の中心を心(シンゾウ)といいます。

は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1rMjElI です。

東洋では内臓全体を五六腑(ゴゾウロップ)といいます・五(ゴゾウ)とは、肝臓・心臓・脾臓・肺・腎臓を指します。六腑(ロップ)とは、胆嚢・胃・小腸・大腸・膀胱・リンパhttp://bit.ly/1JCvySD をいいます。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-bf46.html

『漢字の覚え方 蔵』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ちょぞう(   )庫。

2.ひぞう(   )の品物。

3.おおくら(   )省。

4.ないぞう(   )疾患。

5.しんぞう(   )が強い人。

解説です。基本の漢字は、蔵(くら)は艹(くさかんむり)を足して、内臓(はらわた)はさらに月(にくづき)を足してです。

解答です。貯、秘、大、内、心

漢字の覚え方 忩・悤

今日は『忩・(ソウ)』cōngという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ソウ』、意味は『まど』、『あわてる』、『まとめる』です。()、()、)、)などがこの漢字の『単語家族』です。 正字はですが、省略形のが多く使われます。

(ソウ・まど)』cōngの原字は『(ソウ・まど)』cōngで、もとを糺(ただ)すと『(ソウ・まど)』cōng http://bit.ly/1VI133l と同じになります。なので、(ソウ)の『単語家族』と(ソウ)の『単語家族』とは兄弟関係にあります。

Photo_5

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で5年生で、は6年生、は人名用漢字です。一緒に覚えましょう。

 『忩・(ソウ)』cōngは、窓に空気がまとめて通る様子・あわてる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、囱(まど)+心(心の動き)=忩・(窓に空気がまとめて通る。窓。まど)です。漢字の部首は『心・こころ』、漢字の意味は『悤(まど)』、『あわてる』です。

Photo_6

漢字の部首としては『まとめる』、『突き抜ける』などの意味があります。ほぼ同じ漢字に(ソウ)http://bit.ly/1VI133l があります。

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』です。『忩・悤(ソウ)』を単独で使うことはありませんが、()、)、)の漢字の一部になっています。

は常用漢字から外れています。

 『(ソウ)』chuāngは、窓を表す形声文字です。漢字の足し算では、穴(あな・明かりや空気を通す)+(まど)=窓・(明かりや空気を通す窓。まど)です。漢字の部首は『穴・あなかんむり』、漢字の意味は『明かりや空気を通す窓』、『窓(まど)』、『勉強する部屋』です。

Photo_7

常用漢字体のを使います。異体字に『(ソウ)』があります。

音読みは呉音が『ソウ』、漢音が『ソウ(サウ)』、訓読みが『窓(まど)』です。列車の窓を車(シャソウ)、同じ部屋で勉強した仲間を同(ドウソウ)といいます。

は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1rMjElI です。

 『(ソウ)』zǒngは、糸をまとめて束(たば)ねた様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸+(まとめる)=総・總(糸をまとめて束(たば)ねる。総て。すべて)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、漢字の意味は『束ねる』、『まとめる』、『総(すべ)て』、『ふさ』です。

Photo_16

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』、訓読みが『総(すべ)て』、『総(ふさ)』です。個々の物を一つにまとめることを合(ソウゴウ)、全体を統一して管理すること・またその大臣を理(ソウリ)、組織全員による会合を会(ソウカイ)といいます。

常用漢字体のを使います。台灣(タイワン)では正字を使っています。ですから台灣(タイワン)の政治的指導者は統(ソウトウ)と表記します。

ほぼ同じ意味の漢字に『(ソウ)』zong があります。異体字として扱うのが一般的ですが、本ブログでは字形から漢字を覚えることに重点をおくため、別章http://bit.ly/1VI133l にしてあります。御了承下さい。

良い意味の漢字で『のぶ』、『みち』と名前に使われます。

は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1Dp5GoH です。

 『(ソウ)』cōngは、聡(さと)い様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、耳(みみ・聞く)+(突き抜ける・通りが良い)=聡・聰(耳に通りが良い。良く解かる。聡い)です。漢字の部首は『耳・みみへん』、漢字の意味は『聡(さと)い』です。

Photo_8

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』、訓読みが『聡(さと)い』です。話が良く聞こえ、物が良く見えることを明(ソウメイ)、賢くて智慧(チエ)のあることをを智(ソウチ)といいます。

聖徳太子(ショウトクタイシ)は多くの人の言葉を漏らさず聞きとり、的確な答えを返したとされていて、豊耳(とよみみ・とよさとみみ)という名前をお持ちです。

非常に縁起の良い漢字で『あき』、『あきら』、『さ』、『さと』、『さとし』、『さとる』、『ただし』、『と』、『とき』、『とし』、『とみ』と名前に使われます。

は人名用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-c4b4.html

http://bit.ly/1RppHqp 『漢字の覚え方 忩』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.どうそう(   )会。

2.しゃそう(   )の景色。

3.そうり(   )大臣。

4.そうごう(   )司会。

5.そうめい(   )な人物。

解説です。基本の漢字は、窓(まど)は穴(あなかんむり)を足して、総(すべ)ては糸を足して、聡(さと)いは耳を足してです。

解答です。同、車理、合、明。

漢字の覚え方 匆

今日は『(ソウ)』cōngという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ソウ』、意味は『忙しい』、『窓(まど)』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

(ソウ・まど)』cōngの原字は『(ソウ・まど)』で、もとを糺すと『(ソウ)』cōng http://bit.ly/1RppHqp と同じになります。したがって、(ソウ)の『単語家族』と(ソウ)の『単語家族』とは兄弟関係にあります。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は人名用漢字、は常用漢字ではありませんが一緒に覚えましょう。

 『(ソウ)』cōngは、空気の突き抜ける窓(まど)を表す象形文字です。漢字の部首は『勹・つつみがまえ』、漢字の意味は『窓(まど)』、空気が突き抜ける様子から『忙(いそが)しい』です。

Photo

原字が『(ソウ)』、異体字に『(ソウ)』ががあります。また、似た漢字に『いろいろ』や『乱れる』を表す『(ブツ)』http://bit.ly/1WobCsL がありますが別字です。

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』です。忙(いそが)しい様子を匆々ソウソウ)といいます。忙しいを表す草々ソウソウ)ときわめて近い関係にあります。

は常用漢字から外れています。

 『(ソウ)』cōngは、忙(いそが)しい様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(空気が突き抜ける)+心(こころ)=(心が突き抜ける。忙しい)です。漢字の部首は『心・こころ』、漢字の意味は『忙(いそが)しい』です。

Photo_4

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』です。忙しい様子をソウソウ)といいます。

ほぼ同じ漢字に『(ソウ)』・『(ソウ)』cong http://bit.ly/1RppHqp があります。漢字の部分として使われるときは『まとめる』、『通る』、『突き抜ける』の意味があります。

は常用漢字から外れています。

 『揔・(ソウ)』zǒngは、すべてを表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(まとめる)=(手でまとめる。惣(す)べる)です。漢字の部首は『扌・てへん』・『心・こころ』、漢字の意味は『惣(す)べる』です。

Photo_3

漢字の字体は二通りです。『扌・てへん』の『(ソウ)』と『心・こころ』の『(ソウ)』があります。を書き間違えたものといわれています(藤堂)が、を使うことが多いです。また、

ほぼ同じ漢字に『糸・いとへん』の『(ソウ)』zong があります。異体字として扱うのが一般的ですが、本ブログでは字形から漢字を覚えることに重点をおくため、別章http://bit.ly/1RppHqp にしてあります。御了承下さい。

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』です。日常のおかずを菜・菜(ソウザイ)、家名を受け継ぐ跡(あと)取りを領・領(ソウリョウ)といいます。

良い意味の漢字で『おさむ』、『のぶ』、『ふさ』、『みち』と名前に使われます。

は人名用漢字です。

 『(ソウ)』cōngは、葱(ねぎ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(空気が突き抜ける・中空の)=(中空の植物。葱。ねぎ)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『葱(ねぎ)』です。

Photo_2

異体字に『(ソウ)』ががあります。

音読みは呉音が『ス』、漢音が『ソウ』、訓読みが『葱(ねぎ)』です。葱の白い根の部分を根(ソウコン)、葱の葉の部分を青(ソウセイ)、焼き鳥で肉の間に葱を刺したものを間(ねぎま)といいます。

は常用漢字から外れています。

http://bit.ly/1VI133l 『漢字の覚え方 匆』 

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.毎日の そうざい(   )。

2.一族の そうりょう(   )。

3.ねぎま(   )の串。

解説です。基本の漢字は、怱(忙しい)は心を足して、扌(てへん)を足して)、葱(ねぎ)は艹(くさかんむり)を足してです。

解答です。菜、菜、領、領、間。

2016年1月10日 (日)

漢字の覚え方 闌

 今日は『(ラン)』lánはという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ラン』、意味は『手すり』、『連なる』、『たけなわ』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は中学校で習う常用漢字(日常で使う漢字)、は人名用漢字、は常用漢字から外れていますが、一緒に覚えましょう。

 『(ラン)』lánは、出入り口や門(モン)の手すりを表す形声文字です。漢字の足し算では、門(モン)+(選ぶ・連なる)=(出入り口や門(モン)の手すり。欄干(ランカン)です。あふれる)です。漢字の部首は『門・もんがまえ』、意味は『欄干(ランカン)』、『連なる』、『あふれる』、『たけなわ』です。

Photo_6

干(ランカン)は常用漢字の干(ランカン)と書くのが普通です。

音読みは呉音・漢音ともに『ラン』です。人の侵入を防ぐ柵・橋などで人が落ちるのを防ぐ柵(さく)を干(ランカン)、干を乗り越えて侵入することを入(ランニュウ)といいます。

(ラン)は常用漢字から外れています。

 『(ラン)』lánは、干(ランカン)を表す形声文字です。漢字の足し算では、木(木製)+(門の柵)=(木製の柵。欄干。ランカン。囲い)です。漢字の部首は『木・きへん』、意味は『欄干(ランカン)』、『欄(おばしま)』、『並んでさえぎる』、『囲い』です。転じて紙面の区分された部分にも使われます。

Photo_7

音読みは呉音・漢音ともに『ラン』、訓読みは常用外(日常で使わない)『欄(おばしま)』です。人の侵入を防ぐ柵・橋などで人が落ちるのを防ぐ柵(さく)を干(ランカン)、印刷物の印刷以外の領域を外(ランガイ)といいます。

(ラン)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ラン)』lánは、植物の蘭(ラン)を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(あふれる・たけなわ)=(あふるような花の美しい植物。蘭。ラン)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、意味は『花の美しい植物』、『美しい』です。

Photo_9

音読みは呉音・漢音ともに『ラン』です。蝶の様な美しい花をつける植物を胡蝶(コチョウラン)、白い鈴のような花をつける植物を鈴(すずラン)といいます。

縁起の良い漢字で、『か』、『らん』と名前に使われます。

(ラン)は人名用漢字です。

 『(ラン)』lánは、並んだ白波・大波を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(あふれる・たけなわ・つながる)=(横につながった大波)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『瀾(おおなみ)』、『乱れる』です。

Photo_10

波(なみ)は漢字の世界では幾つかあり、微妙にニュアンスが違います。

(ハ)   斜めの波。普通の波。         http://bit.ly/1nuGieH

(ロウ)  清らかな浪。形の良い浪。                http://bit.ly/1vtNNDW

(ラン)  大きな波。つながった波。         http://bit.ly/22EowHa

(レン)  小さなさざ波。                    http://bit.ly/1HDDHFM

(トウ)  大きなうねりの濤。

音読みは呉音・漢音ともに『ラン』、訓読みは『瀾(おおなみ)』です。大きな波を波(ハラン)、荒れ狂う大波・物事が狂い乱れる様子を狂(キョウラン)といいます。

(ラン)に乱(みだ)れるの意味もあり、常用漢字ではないため(ラン)を使うことがあります。

(ラン)は常用漢字から外れています。

 『(ラン)』làn は、光あふれる様子・焼けてただれる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、火(ひ)+(あふれる・たけなわ)=(光あふれる。焼けてただれる)です。漢字の部首は『火・ひ』、意味は『光あふれる』、『焼けてただれる』、『乱れる』、『くずれる』です。

Photo_8

音読みは呉音・漢音ともに『ラン』です。光が輝き散る様子・花が咲き乱れる様子を漫(ランマン)、腐って形が崩れることを腐・腐乱(フラン)、といいます。

☆天真漫(テンシンランマン)とは純粋な性格が自然のままに輝き現れる様子をいいます。

(ラン)は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-4e47.html

『漢字の覚え方 闌』 

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.橋の らんかん(   )

2.紙面の らんがい(   )。

3.こちょうらん(     )。

4.はらん(   )万丈。

5.春 らんまん(   )。

解説です。基本の漢字は、欄(おばしま)は木を足して、蘭(植物のラン)は艹を足して、瀾(おおなみ)に氵を足して、爛(光溢れる)火を足してです。

解答です。干、干、外、胡蝶、波、春

漢字の覚え方 戻

 今日は『(レイ)』はという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『レイ』、意味は『そむく』、『逆方向』、『戻る』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は中学校で習います。

 『(レイ)』は、道理や人情にそむく様子・逆の方向を表す会意文字です。漢字の足し算では、戸(と)+犬(いぬ)=戾・(閉じ込めた犬が暴れる。道理や人情にそむく。逆方向)です。漢字の部首は『戸・とだれ』、意味は『道理や人情にそむく』、『逆方向』で、我が国では『戻(もど)る』の意味に使います。

Photo_4

常用漢字体ではの`をはずしたの字が使われます。

音読みは呉音が『ライ』、漢音が『レイ』、訓読みが『戻(もど)る』です。返し戻すことを返(ヘンレイ)、道理に反することを乖(カイレイ)といいます。

(レイ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ルイ)』lèi は、はねる涙(なみだ)を表す会意文字です(藤堂)。形声文字(白川)とする説もあります。漢字の足し算では、氵(みず)+(はねる)=(はねる涙。はらはら落ちる涙。なみだ)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『涙(なみだ)』です。

Photo_3

異体字に『(ルイ)』leiがあります。漢字の足し算は、氵(みず)+目(め)=(目から流れる泪。なみだ)。意味は同じです。

涙(なみだ)は漢字によって多少ニュアンスが変わります。

涙 泪(ルイ) はらはら落ちるなみだ。         http://bit.ly/1SsRa9G

(テイ)   下へ落ちるなみだ。           http://bit.ly/1rL8nJR

(シ)    涙(なみだ)と鼻汁(はなじる)。    http://bit.ly/1MD9Txx

音読みは呉音・漢音ともに『ルイ』、訓読みは『涙(なみだ)』です。涙を流すことを落(ラクルイ)、感激のあまり涙(なみだ)を流すことを感(カンルイ)、涙の痕を痕(ルイコン)といいます。

(ルイ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(レイ)』lièは、捩(ね)じる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(逆方向)=(逆方向に向きを変える。捩(ね)じる)です。漢字の部首は『扌・てへん』、意味は『向きを変える』、『捩(ね)じる』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ライ』、漢音が『レイ』、訓読みが『捩(ね)じる』、『捩(よじ)れる』、『捩(もじ)る』です。捩(ね)じれることを漢語でを拗(レイヨウ)、らせん状の溝(みぞ)が刻(きざ)んである物を子()といいます。

子(ねじ)は螺旋(ねじ)とも書きます。

(ね)じるは(ね)じるhttp://bit.ly/1rkDWdF とも書きます。

(レイ)は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-261a.html

『漢字の覚え方 戻』   

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.保険の へんれい(   )金。

2.かんるい(   )に咽(むせ)ぶ。

3.ねじ(   )を締める。

解説です。基本の漢字は、涙(なみだ)は氵(さんずい)を足して、捩(ね)じる扌を足してです。

解答です。返、感子、螺旋。

漢字の覚え方 秝

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(レキ)』という字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』には、という漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えてます。は小学校4年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(レキ)』は、穀物を順序良く収穫する様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、禾(穀物)+禾(穀物)=秝(穀物を順序良く収穫する。順序良く)です。漢字の部首は『禾・のぎへん』、漢字の意味は『順次よく』です。

Photo

音読みは呉音が『リャク』、漢音が『レキ』です。中学校で習う常用漢字から、外れており、単独で使うことはありませんが、の音符(オンプ)になっています

 『(レキ)』は、収穫した穀物について順次作業をする様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、厂(建物)+禾(穀物)+禾(穀物)=(収穫した穀物について建物内で順次作業をする。順序良く)です。漢字の部首は『厂・がんだれ』、漢字の意味は『順次よく』です。

Photo_2

音読みは呉音が『リャク』、漢音が『レキ』です。中学校で習う常用漢字から、外れており、単独で使うことはありませんが、の原字になっています(藤堂)。

(レキ)は中学校で習う常用漢字から、外れており、単独で使うことはありませんが、の原字で、漢字の一部になっています。

 『(レキ)』は、収穫した穀物について順次作業していく様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、厂(建物)+禾禾(穀物)+止(足・作業・進む)=歴・歷(収穫した穀物について順次作業していく。順次)です。漢字の部首は『止・とまる』、漢字の意味は『順次』、『経る』、『代々』、『何回も』、『はっきりと』です。

Photo_9Photo_10

常用漢字体では禾禾(穀物)でなく木木になっています。正しくは、ですが、常用漢字体のを使いましょう。

音読みは呉音が『リャク』、漢音が『レキ』、訓読みは常用外に『歴・歷(へ)る』があります。人間社会が経てきた経過を史(レキシ)、何回も戦争を経験したことを戦(レキセン)、はっきりしている様子を然(レキゼン)といいます。

(レキ)は小学校4年生で習う漢字 http://bit.ly/1IR0lNd です。

 『(レキ)』は、順序良く巡る暦(こよみ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、厤(順序良く)+日(ひ)=・曆(順序良く巡る日。暦。こよみ)です。漢字の部首は『日・にち』、漢字の意味は『巡ってくる日』、『暦(こよみ)』です。

Photo

音読みは呉音が『リャク』、漢音が『レキ』、訓読みは『暦(こよみ)』です。月の巡(めぐ)りを基準にした暦を太陰(タイインレキ)、太陽の巡りを基準にした暦を太陽(タイヨウレキ)、東洋の暦である干支(えと)が一周することを還(カンレキ)といいます。

(レキ)は中学校で習う常用漢字です。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.れきし(   )の認識。

2.れきぜん(   )たる差。

3.かんれき(   )を迎える。

4.たいようれき(    )。

解説です。基本の漢字は、厂(がんだれ)を足して、歴史(レキシ)は止を足して、暦(こよみ)は日を足してです。

解答です。史、然、還、太陽

2016年1月 3日 (日)

漢字の覚え方 茲

新年明けましておめでとうございます。新春の御慶びを申し上げます。 風船 敬白

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(シ)』という字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校6年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(シ)』は、植物が茲(しげ)る様子を表す描いた会意文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+幺(小さい)+幺(小さい)=(小さな芽がどんどん並んで生じる。植物が茲(しげ)る)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『茲(しげ)る』、『ますます』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『シ』、訓読みは『茲(しげ)る』です。(シ)の漢字自体を使うことは少ないですが、の音符として漢字の一部になっています。

(シ)は常用漢字から外れています。

 『(ジ)』は、草木が育つ様子・潤(うるお)う様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(みず)+(植物が育つ)=(水で草木が育つ。滋(しげ)る。潤う。栄養になる)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『滋(しげ)る』、『栄養になる』、『うるおう』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『シ』、慣用音が『』、訓読みが『滋(しげ)る』です。体の栄養になることを養(ヨウ)、草木をうるおす恵みの雨を雨(ウ)、うるおうことを潤(ジュン)といいます。

良い意味の漢字で『あさ』、『しく』、『しげ』、『しげし』、『しげる』、『ふさ』、『ます』と名前に使われます。

(ジ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ジ)』は、慈(いつく)しむ様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(小さい物が育つ)+心(こころ)=(小さい者を育てる心。いつくしむ)です。漢字の部首は『心・こころ』、漢字の意味は『慈(いつく)しむ』です。

Photo

音読みは呉音が『』、漢音が『シ』、訓読みが『慈(いつく)しむ』です。愛情の深い母を母(ボ)、仏教で仏が人々に、楽しみを与え、苦しみを取り除くことを悲(ヒ)、情けや哀れみをかけること・経済的な援助をすることを善(ゼン)といいます。

良い意味の漢字で『しげ』、『しげる』、『ちか』、『なり』、『やす』、『よし』と名前に使われます。

(ジ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ジ)』は、砂鉄を引き寄せる鉱石(コウセキ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、石(鉱石)+(増える)=(砂鉄が引き寄せられて増えていく。磁石。ジシャク)です。漢字の部首は『石・いし』、漢字の意味は『磁石(ジシャク)』です。

Photo_4

また、焼き物のことをchina(中国)といいます。また、このうち鉱物性のうわぐすりをかけて硬く焼いた焼き物を、中国の県が有名な産地であることから、 器(キ)と呼びます(藤堂)。

音読みは呉音が『』、漢音が『シ』です。鉄を引きつけ、南北を指す性質を持つ鉱物を石(シャク)、磁石の南北を指す性質・鉄を引きつける性質を気(キ)といいます。

(ジ)は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1SSc4hW です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-c19c.html

『漢字の覚え方 茲』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.じよう(   )のある食物。

2.じひ(   )の心。

3.じぜん(   )事業。

4.じしゃく(   )を使う実験。

5.陶 じき(   )。

解説です。基本の漢字は、滋(しげ)るは心を足して、慈(いつく)しむは心を足して、磁石(ジシャク)は石を足してです。

解答です。養、悲、善、石、器。

漢字の覚え方 朮

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(ジュツ)』shùという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校5年生習う漢字、は常用漢字ではありませんが、一緒に覚えましょう。

 『(ジュツ)』shùは、穀物の『もちあわ』を表す象形文字です。十字の茎(くき)に点々と実のついた姿を表しています。漢字の部首は『木・き』、漢字の意味は『もちあわ』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ジュツ・ズチ』、漢音が『シュツ』、訓読みが『朮(もちあわ)』です。(ジュツ)の漢字を使うことはありませんが、(ジュツ)、(ジュツ)の漢字の一部として使われています。

は常用漢字でから外れています。

 『(ジュツ)』shùは、従来のやり方で述(の)べる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、辶(進める)+(もちあわ・くっつく)=(従来のやり方にくっついて進める。述べる。のべる)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、漢字の意味は『述(の)べる』です。

Photo_17

音読みは呉音が『ジュツ・ズチ』、漢音が『シュツ』、訓読みが『述(の)べる』です。事実そのままに文章に記(しる)すことを記(キジュツ)、意見や考えを口頭で述べることを陳(チンジュツ)、先人の業を受け継いでそれに従うことを紹(ショウジュツ)といいます。

のべるについては、漢字の世界では幾通りかあり、意味はほぼ同じですが、微妙なニュアンスが違います。

(の)べる  つらねて言う。展開して陳べる   http://bit.ly/1odVQnE

(の)べる  今までのいきさつを述べる     http://bit.ly/1QJM35Y

(の)べる  順序良く叙べる             http://bit.ly/1weWCjk

陳述(チンジュツ)、叙述(ジョジュツ)のように熟語として重ねて使います。聞いた時に解かりやすいからです。

良い意味の漢字で『あきら』、『とも』、『のぶ』、『のぶる』、『のり』と名前に使われます。

 『(ジュツ)』shùは、従来のやり方を様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、行(行う)+(もちあわ・くっつく)=(従来のやり方で行う。術)です。漢字の部首は『行・ぎょうがまえ』、漢字の意味は『術(すべ)』、『技(わざ)』です。

Photo_16

音読みは呉音が『ジュツ・ズチ』、漢音が『シュツ』、訓読みが『術(すべ)』です。戦いに勝つための具体的方法を戦(センジュツ)、医者が患部を切開などして回復させる治療法を手(シュジュツ)、忍者の使う技を忍(ニンジュツ)といいます。

良い意味の漢字で『てだて』、『みち』、『やす』、『やすし』と名前に使われます。

(ジュツ)、(ジュツ)は小学校5年生で http://bit.ly/1IcJ9kv 習う漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-7bb1.html

『漢字の覚え方 朮』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ちんじゅつ(   )調書。

2.きじゅつ(   )式の試験。

3.ぎじゅつ(   )の向上。

4.摘出 しゅじゅつ(   )。

5.せんじゅつ(   )上の勝利。

解説です。基本の漢字は、述(の)べるは辶(しんにょう)足して、術(すべ)は行(ぎょうがまえ)を足してです。

解答です。陳、記、技、手、戦

漢字の覚え方 糸

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(シ)』という字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校1年生、は3年生、は5年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(シ)』は糸の束(たば)を描いた象形文字です。糸の正字は『(シ)』ですが、現在は『』を常用漢字として使います。

Photo_18

音読みは呉音・漢音ともに『シ』、訓読みは『いと』です。絹(きぬ)でつくられた糸を絹(ケン・きぬいと)、琴(こと)などの弦(ゲン)楽器と笛(ふえ)など管(カン)楽器を竹(チク)、紡(つむ)いだ糸を巻き取る車を車(いとぐるま)といいます。

良い意味の漢字で『いと』、『たえ』、『ため』、『つら』、『より』、と名前に使われます。

は小学校1年生で習う漢字http://bit.ly/1DkEWa9 です。

 『(ソ)』は、縒(よ)り合せていない素(もと)の繭(まゆ)からでる一本の糸を表す会意文字です。漢字の足し算では、垂(垂れる)+(繭から垂れるもとの糸。もと)です。漢字の部首は『糸・いと』、漢字の意味は『素(もと)』、『白い』です。

Photo_19

音読みは呉音が『』、漢音が『』、訓読みが『素(もと)』、『素(しろ)』です。素(もと)より備えている性質を質(シツ)、靴を履いていない足を足(あし)、酒に酔っていない顔を面(しらふ)、経験のない人・専門家でない人を人(しろうと)といいます。

良い意味の漢字で『しろ』、『すな』、『もと』と名前に使われます。

は小学校5年生で習う漢字 http://bit.ly/1Dp5GoH です。

を使った漢字には、(サク)、(ケイ)があります。

 『(サク)』suǒは、麻(あさ)の茎から繊維をはぎとる様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、ホ(麻)+(麻の茎から繊維をはぎとる。縄をなう。糸を引き出す。索(もと)める)です。漢字の部首は『糸・いと』、漢字の意味は『縄をなう』、『糸を引き出す』、『索(もと)める』です。

Photo_2Photo

音読みは呉音・漢音ともに『サク』、訓読みは『索(もと)める』です。手づるによって捜すこと・書物の中の目録を引(サクイン)、捜(さが)し索(もと)めることを捜(ソウサク)といいます。

は中学校で習う常用漢字です。

 『(ケイ)』は、糸をつないだ様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、ノ(引き延ばす)+(糸を引きのばしてつなぐ。つながる)です。漢字の部首は『糸・いと』、意味は『繋(つな)ぐ』、『つながり』です。

Photo_20

音読みは呉音が『ゲ』、漢音が『ケイ』です。つながった仲間・つながった配列を列(ケイレツ)、先祖から子孫までの人名の系列を図(ケイズ)、一定の法則に従ったつながりを統(ケイトウ)といいます。

非常に縁起の良い漢字で『いと』、『つぎ』、『つら』、『とし』と人名に使われます。

小学校3年生で習う漢字です。

(ケイ)の『単語家族』、(ケイ)、(ソン)については『漢字の覚え方 http://bit.ly/1uKeIvH をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-fe48.html

『漢字の覚え方 糸』   

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.蚕から けんし(   )をとる。

2.いとぐるま(   )。

3.そしつ(   )と努力。

4.しろうと(   )の考え。

5.そうさく(   )活動。

6.本の さくいん(   )。

7.先祖からの けいず(   )。

解説です。基本の漢字は、素(もと)は垂を足して、索(もと)めるはホを足して、系はノを足してです。

解答です。絹車、質、人、捜引、図。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

カテゴリー

  • ア行(ア )
    漢字の覚え方 亜           漢字の覚え方 愛           漢字の覚え方 安          
  • ア行(イ )
    漢字の覚え方 異           漢字の覚え方 易           漢字の覚え方 胃           漢字の覚え方 殹           漢字の覚え方 以           漢字の覚え方 衣           漢字の覚え方 韋           漢字の覚え方 育          
  • ア行(イチ・イツ)
    漢字の覚え方 一           漢字の覚え方 聿          
  • ア行(イン)
    漢字の覚え方 寅           漢字の覚え方 印           漢字の覚え方 因           漢字の覚え方 員           漢字の覚え方 音・意        
  • ア行(ウ)
    漢字の覚え方 羽           漢字の覚え方 雨           漢字の覚え方 右           漢字の覚え方 于・夸        漢字の覚え方 云           漢字の覚え方 昷            
  • ア行(エ )
    漢字の覚え方 易           漢字の覚え方 睪            漢字の覚え方 兌            漢字の覚え方 戉           漢字の覚え方 益          
  • ア行(エ )・カ行(カイ)
    漢字の覚え方 回           漢字の覚え方 会・會         漢字の覚え方 褱・懐        
  • ア行(エイ)
    漢字の覚え方 嬰           漢字の覚え方 熒・         漢字の覚え方 殹           漢字の覚え方 央           漢字の覚え方 永          
  • ア行(エン )・タ行(タン)
    漢字の覚え方 彖           漢字の覚え方 爰           漢字の覚え方 延           漢字の覚え方 炎          
  • ア行(エン・オン)
    漢字の覚え方 袁           漢字の覚え方 夗          
  • ア行(エン)
    漢字の覚え方 肙           漢字の覚え方 厭           漢字の覚え方 寅           漢字の覚え方 㕣           漢字の覚え方 燕          
  • ア行(オ )
    漢字の覚え方 王           漢字の覚え方 奥           漢字の覚え方 屋           漢字の覚え方 乙           漢字の覚え方 音・意         漢字の覚え方 央           漢字の覚え方 区・殴         漢字の覚え方 昷          
  • カ行(カ ) 
    漢字の覚え方 賈           漢字の覚え方 火           漢字の覚え方 咼           漢字の覚え方 禾           漢字の覚え方 可           漢字の覚え方 果          
  • カ行(カイ)
    漢字の覚え方 海           漢字の覚え方 夬           漢字の覚え方 介           漢字の覚え方 皆          
  • カ行(カク)
    漢字の覚え方 矍           漢字の覚え方 殻           漢字の覚え方 角           漢字の覚え方 革           漢字の覚え方 隺           漢字の覚え方 画           漢字の覚え方 各          
  • カ行(カツ)
    漢字の覚え方 害           漢字の覚え方 舌           漢字の覚え方 曷          
  • カ行(カン)
    漢字の覚え方 睘           漢字の覚え方 ・巻         漢字の覚え方 監           漢字の覚え方 柬           漢字の覚え方 咸           漢字の覚え方 漢           漢字の覚え方 官           漢字の覚え方 間           漢字の覚え方 甘           漢字の覚え方 雚           漢字の覚え方 毌・串         漢字の覚え方 干           漢字の覚え方 奐        
  • カ行(カ・ケ)
    漢字の覚え方 叚           漢字の覚え方 夏           漢字の覚え方 家           漢字の覚え方 化           漢字の覚え方 加          
  • カ行(ガ )
    漢字の覚え方 画           漢字の覚え方 我・義         漢字の覚え方 牙           漢字の覚え方 亥           漢字の覚え方 害           漢字の覚え方 楽           漢字の覚え方 学           漢字の覚え方 月          
  • カ行(ガン)
    漢字の覚え方 厂           漢字の覚え方 元          
  • カ行(キ )
    漢字の覚え方 貴           漢字の覚え方 葵           漢字の覚え方 几           漢字の覚え方 吉           漢字の覚え方 其           漢字の覚え方 奇          
  • カ行(キュウ)
    漢字の覚え方 臼           漢字の覚え方 丘           漢字の覚え方 丩           漢字の覚え方 弓           漢字の覚え方 求           漢字の覚え方 及・急         漢字の覚え方 九           
  • カ行(キョウ・ケイ)
    漢字の覚え方 开・形         漢字の覚え方 京           漢字の覚え方 兄・竟         漢字の覚え方 敬           漢字の覚え方 巠           
  • カ行(キョウ・コウ)
    漢字の覚え方 郷           漢字の覚え方 孝           漢字の覚え方 爻・交         漢字の覚え方 庚           漢字の覚え方 幸           漢字の覚え方 更           漢字の覚え方 行          
  • カ行(キョウ)
    漢字の覚え方 敫           漢字の覚え方 劦           漢字の覚え方 喬           漢字の覚え方 共           漢字の覚え方 凶          
  • カ行(キョク)
    漢字の覚え方 極            漢字の覚え方 局            漢字の覚え方 曲          
  • カ行(キョ)
    漢字の覚え方 巨           漢字の覚え方 豦           漢字の覚え方 去          
  • カ行(キン)
    漢字の覚え方 匀           漢字の覚え方 堇           漢字の覚え方 斤           漢字の覚え方 禁           漢字の覚え方 今          
  • カ行(ギ )
    漢字の覚え方 屰           漢字の覚え方 疑           漢字の覚え方 牛           漢字の覚え方 堯          
  • カ行(ギョ)
    漢字の覚え方 魚          
  • カ行(ク )
    漢字の覚え方 句           漢字の覚え方 九           漢字の覚え方 区・殴         漢字の覚え方 屈           漢字の覚え方 禺           漢字の覚え方 具           漢字の覚え方 君           漢字の覚え方 軍          
  • カ行(ク・コウ)
    漢字の覚え方 侯           漢字の覚え方 口           漢字の覚え方 后           漢字の覚え方 冓           漢字の覚え方 公           漢字の覚え方 工          
  • カ行(ケ )
    漢字の覚え方 穴           漢字の覚え方 夬           漢字の覚え方 血           漢字の覚え方 埶          
  • カ行(ケイ)
    漢字の覚え方 恵           漢字の覚え方 系           漢字の覚え方 圭           漢字の覚え方 奚           漢字の覚え方 携・攜        
  • カ行(ケン)
    漢字の覚え方 臤           漢字の覚え方 兼           漢字の覚え方 肙           漢字の覚え方 犬           漢字の覚え方 ・巻         漢字の覚え方 幵           漢字の覚え方 建           漢字の覚え方 見           漢字の覚え方 間           漢字の覚え方 僉           漢字の覚え方 県          
  • カ行(ケ・カイ)
    漢字の覚え方 戒           漢字の覚え方 解          
  • カ行(ケ・キ)
    漢字の覚え方 希           漢字の覚え方 幾           漢字の覚え方 气          
  • カ行(コ )
    漢字の覚え方 乎           漢字の覚え方 賈           漢字の覚え方 壴           漢字の覚え方 戸           漢字の覚え方 己           漢字の覚え方 古            漢字の覚え方 夸           漢字の覚え方 谷           漢字の覚え方 告           漢字の覚え方 骨          
  • カ行(コウ)
    漢字の覚え方 甲           漢字の覚え方 厷           漢字の覚え方 亘           漢字の覚え方 岡           漢字の覚え方 光           漢字の覚え方 高            漢字の覚え方 丂            漢字の覚え方 亢            漢字の覚え方 黄・広         
  • カ行(コン)
    漢字の覚え方 困           漢字の覚え方 艮           漢字の覚え方 今           漢字の覚え方 昆          
  • カ行(ゴ )
    漢字の覚え方 五・語         漢字の覚え方 呉           漢字の覚え方 午・御         漢字の覚え方 合            漢字の覚え方 卬          
  • サ行(サ )
    漢字の覚え方 坐           漢字の覚え方 采           漢字の覚え方 左・尋         漢字の覚え方 才            漢字の覚え方 卒           漢字の覚え方 祭           漢字の覚え方 乍           漢字の覚え方 冊          
  • サ行(サイ・セイ )
    漢字の覚え方 斉           漢字の覚え方 歳           漢字の覚え方 妻           漢字の覚え方 西          
  • サ行(サン)
    漢字の覚え方 参           漢字の覚え方 散           漢字の覚え方 戔           漢字の覚え方 算           漢字の覚え方 山           漢字の覚え方 三          
  • サ行(シ )
    漢字の覚え方 巳           漢字の覚え方 豕           漢字の覚え方 死           漢字の覚え方 師           漢字の覚え方 朿           漢字の覚え方 厶・台         漢字の覚え方 子           漢字の覚え方 思           漢字の覚え方 氏           漢字の覚え方 至           漢字の覚え方 止          
  • サ行(シ )
    漢字の覚え方 糸           漢字の覚え方 矢           漢字の覚え方 示           漢字の覚え方 市           漢字の覚え方 四           漢字の覚え方 旨           漢字の覚え方 支           漢字の覚え方 司           漢字の覚え方 史           漢字の覚え方 次           漢字の覚え方 士           漢字の覚え方 志        
  • サ行(シキ・ショク)
    漢字の覚え方 食           漢字の覚え方 戠           漢字の覚え方 式          
  • サ行(シチ・シツ)
    漢字の覚え方 失           漢字の覚え方 質           漢字の覚え方 七          
  • サ行(シャ )
    漢字の覚え方 車           漢字の覚え方 舎           漢字の覚え方 者           漢字の覚え方 射           漢字の覚え方 勺          
  • サ行(シャク・セキ)
    漢字の覚え方 席            漢字の覚え方 尺           漢字の覚え方 赤           漢字の覚え方 石           漢字の覚え方 責           漢字の覚え方 夕           漢字の覚え方 昔          
  • サ行(シュウ)
    漢字の覚え方 乑           漢字の覚え方 舟・受         漢字の覚え方 州            漢字の覚え方 習           漢字の覚え方 秋           漢字の覚え方 秀           漢字の覚え方 周            漢字の覚え方 祝・呪         漢字の覚え方 就          
  • サ行(シュ)
    漢字の覚え方 手           漢字の覚え方 殳           漢字の覚え方 朱           漢字の覚え方 守           漢字の覚え方 首           漢字の覚え方 主           漢字の覚え方 取           漢字の覚え方 出           漢字の覚え方 宿           漢字の覚え方 屯・春         漢字の覚え方 舜          
  • サ行(ショウ・セイ)
    漢字の覚え方 成           漢字の覚え方 青           漢字の覚え方 生           漢字の覚え方 正          
  • サ行(ショウ)
    漢字の覚え方 象           漢字の覚え方 小            漢字の覚え方 召           漢字の覚え方 尚           漢字の覚え方 章           漢字の覚え方 爿           漢字の覚え方 昌           漢字の覚え方 詳・善        
  • サ行(ショ)
    漢字の覚え方 庶           漢字の覚え方 処           
  • サ行(シン)
    漢字の覚え方 兂           漢字の覚え方 眞            漢字の覚え方 心           漢字の覚え方 囟(田)        漢字の覚え方 申           漢字の覚え方 辰           漢字の覚え方 辛・新         漢字の覚え方 深・探         漢字の覚え方 帚・侵        
  • サ行(ジ )
    漢字の覚え方 茲            漢字の覚え方 寺           漢字の覚え方 自           漢字の覚え方 舟・受         漢字の覚え方 孰           漢字の覚え方 朮           漢字の覚え方 女            漢字の覚え方 尽          
  • サ行(ジャク)
    漢字の覚え方 若            漢字の覚え方 弱           
  • サ行(ジュウ)
    漢字の覚え方 重           漢字の覚え方 从、縱         漢字の覚え方 十          
  • サ行(ジュツ)
    漢字の覚え方 戌            漢字の覚え方 朮          
  • サ行(ジョウ)
    漢字の覚え方 襄           漢字の覚え方 丞           漢字の覚え方 乗           漢字の覚え方 成           
  • サ行(ジン)・ ナ行(ニン)
    漢字の覚え方 人           漢字の覚え方 壬           漢字の覚え方 刃          
  • サ行(ジ)・ナ行(ニ)
    漢字の覚え方 日           漢字の覚え方 入           漢字の覚え方 耳           漢字の覚え方 二           漢字の覚え方 爾          
  • サ行(ス・ズ )
    漢字の覚え方 水           漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 隹            漢字の覚え方 垂           漢字の覚え方 芻           漢字の覚え方 寸           漢字の覚え方 豆          
  • サ行(セ )
    漢字の覚え方 世           漢字の覚え方 是           漢字の覚え方 制           漢字の覚え方 卩・節         漢字の覚え方 折           漢字の覚え方 舌           漢字の覚え方 詳・善        
  • サ行(セン)
    漢字の覚え方 巽           漢字の覚え方 前           漢字の覚え方 先           漢字の覚え方 宣           漢字の覚え方 専           漢字の覚え方 戔           漢字の覚え方 扇           漢字の覚え方 全           漢字の覚え方 占           漢字の覚え方 川           漢字の覚え方 薦           漢字の覚え方 泉          
  • サ行(ゼン)
    漢字の覚え方 然           漢字の覚え方 全          
  • サ行(ソ )
    漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 疋           漢字の覚え方 卒           漢字の覚え方 且           漢字の覚え方 象           漢字の覚え方 蔵           漢字の覚え方 則           漢字の覚え方 尊          
  • サ行(ソウ)
    漢字の覚え方 匆           漢字の覚え方 忩           漢字の覚え方 倉           漢字の覚え方 爪           漢字の覚え方 送           漢字の覚え方 相           漢字の覚え方 早           漢字の覚え方 曾           漢字の覚え方 喿           漢字の覚え方 帚・侵        
  • サ行(ソク・ショク)
    漢字の覚え方 蜀           漢字の覚え方 足           漢字の覚え方 束          
  • タ行(タ )
    漢字の覚え方 多           漢字の覚え方 㒸           漢字の覚え方 帶           漢字の覚え方 大           漢字の覚え方 退           漢字の覚え方 它・也         漢字の覚え方 弟           漢字の覚え方 厶・台         漢字の覚え方 代           漢字の覚え方 卓           漢字の覚え方 睪          
  • タ行(タン)
    漢字の覚え方 旦           漢字の覚え方 詹           漢字の覚え方 深・探         漢字の覚え方 単          
  • タ行(チ )
    漢字の覚え方 离           漢字の覚え方 知           漢字の覚え方 畜           漢字の覚え方 竹           漢字の覚え方 宁           漢字の覚え方 直           漢字の覚え方 朕・藤        
  • タ行(チュウ)
    漢字の覚え方 壴           漢字の覚え方 肘            漢字の覚え方 中          
  • タ行(チョウ)
    漢字の覚え方 枼           漢字の覚え方 鳥           漢字の覚え方 朝           漢字の覚え方 長           漢字の覚え方 丁           漢字の覚え方 兆          
  • タ行(ツ )
    漢字の覚え方 㒸           漢字の覚え方 追          
  • タ行(テ )
    漢字の覚え方 帝           漢字の覚え方 氐           漢字の覚え方 廷           漢字の覚え方 呈           漢字の覚え方 弟           漢字の覚え方 啇           漢字の覚え方 占           漢字の覚え方 天           漢字の覚え方 田          
  • タ行(ト )
    漢字の覚え方 㝵           漢字の覚え方 奴           漢字の覚え方 度           漢字の覚え方 土           漢字の覚え方 屯          
  • タ行(トウ)
    漢字の覚え方 刀           漢字の覚え方 沓           漢字の覚え方 冬           漢字の覚え方 東           漢字の覚え方 朕・藤         漢字の覚え方 到           漢字の覚え方 豆          
  • タ行(ドウ)
    漢字の覚え方 童           漢字の覚え方 同          
  • タ行(ドウ)・ナ行(ノウ)
    漢字の覚え方 能           漢字の覚え方 脳           漢字の覚え方 農          
  • ナ行
    漢字の覚え方 奴           漢字の覚え方 南           漢字の覚え方 女            漢字の覚え方 内           漢字の覚え方 然           漢字の覚え方 念          
  • ナ行(ニン)・サ行(ジン)
    漢字の覚え方 人           漢字の覚え方 壬           漢字の覚え方 刃          
  • ナ行(ニ)・サ行(ジ)
    漢字の覚え方 日           漢字の覚え方 入           漢字の覚え方 耳           漢字の覚え方 二           漢字の覚え方 爾             
  • ナ行(ノウ)・タ行(ドウ)
    漢字の覚え方 能           漢字の覚え方 農           漢字の覚え方 脳          
  • ハ行(ブ)・マ行(ム)
    漢字の覚え方 武          
  • ハ行(ハ )
    漢字の覚え方 巴           漢字の覚え方 巿           漢字の覚え方 派           漢字の覚え方 配・妃         漢字の覚え方 貝・買         漢字の覚え方 白           漢字の覚え方 莫           漢字の覚え方 癶          
  • ハ行(ハン)
    漢字の覚え方 般           漢字の覚え方 犯・氾         漢字の覚え方 八・半         漢字の覚え方 反           漢字の覚え方 番          
  • ハ行(ヒ )
    漢字の覚え方 非           漢字の覚え方 皮           漢字の覚え方 辟           漢字の覚え方 比           漢字の覚え方 備           漢字の覚え方 必           漢字の覚え方 表           漢字の覚え方 票           漢字の覚え方 苗           漢字の覚え方 品          
  • ハ行(ヒョウ・ヘイ )
    漢字の覚え方 平           漢字の覚え方 丙          
  • ハ行(ビ)・マ行(ミ)
    漢字の覚え方 尾           漢字の覚え方 未          
  • ハ行(フ )
    漢字の覚え方 歩           漢字の覚え方 付           漢字の覚え方 夫           漢字の覚え方 父           漢字の覚え方 不           漢字の覚え方 孚           漢字の覚え方 卜           漢字の覚え方 畐           漢字の覚え方 复           漢字の覚え方 弗              
  • ハ行(フン )
    漢字の覚え方 賁           漢字の覚え方 勿           漢字の覚え方 八・分        
  • ハ行(ブン )
    漢字の覚え方 文           漢字の覚え方 分          
  • ハ行(ヘ )
    漢字の覚え方 並           漢字の覚え方 辟           漢字の覚え方 扁          
  • ハ行(ホ )
    漢字の覚え方 歩           漢字の覚え方 呆           漢字の覚え方 甫           漢字の覚え方 丰           漢字の覚え方 奉           漢字の覚え方 方           漢字の覚え方 包           漢字の覚え方 北           漢字の覚え方 賁           漢字の覚え方 本          
  • ハ行(ボ )
    漢字の覚え方 母           漢字の覚え方 暴           漢字の覚え方 亡           漢字の覚え方 卯           漢字の覚え方 卜          
  • マ行
    漢字の覚え方 矛           漢字の覚え方 米           漢字の覚え方 莫           漢字の覚え方 末           漢字の覚え方 末           漢字の覚え方 綿           漢字の覚え方 毛           漢字の覚え方 孟           漢字の覚え方 勿          
  • マ行(メイ・ミョウ)
    漢字の覚え方 明           漢字の覚え方 名          
  • マ行(メン)・ハ行(バン・ベン)
    漢字の覚え方 面           漢字の覚え方 免          
  • マ行(メ・マ)・ハ行(バ)
    漢字の覚え方 馬           漢字の覚え方 麻         
  • マ行(モン)
    漢字の覚え方 文           漢字の覚え方 門          
  • ヤ行
    漢字の覚え方 亦・夜         漢字の覚え方 予           漢字の覚え方 余           漢字の覚え方 谷          
  • ヤ行(ユ)
    漢字の覚え方 兪           漢字の覚え方 攸           漢字の覚え方 憂           漢字の覚え方 由           漢字の覚え方 斿           漢字の覚え方 酉           漢字の覚え方 右          
  • ヤ行(ヨウ)
    漢字の覚え方 幺           漢字の覚え方 夭           漢字の覚え方 翟           漢字の覚え方 枼           漢字の覚え方 羊           漢字の覚え方 䍃・揺         漢字の覚え方 用           漢字の覚え方 昜           漢字の覚え方 要          
  • ラ行
    漢字の覚え方 果           漢字の覚え方 戻           漢字の覚え方 来           漢字の覚え方 礼・豊         漢字の覚え方 剌           漢字の覚え方 楽           漢字の覚え方 闌           漢字の覚え方 秝           漢字の覚え方 列           漢字の覚え方 盧          
  • ラ行(リ )
    漢字の覚え方 离           漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 利            漢字の覚え方 里           漢字の覚え方 良           漢字の覚え方 令           漢字の覚え方 量           漢字の覚え方 両           漢字の覚え方 力              
  • ラ行(リュウ )
    漢字の覚え方 立           漢字の覚え方 留           漢字の覚え方 流          
  • ラ行(リン)
    漢字の覚え方 侖           漢字の覚え方 粦           漢字の覚え方 林          
  • ラ行(レイ)
    漢字の覚え方 戻           漢字の覚え方 礼・豊         漢字の覚え方 令          
  • ラ行(レン)
    漢字の覚え方 柬           漢字の覚え方 連          
  • ラ行(ロウ)
    漢字の覚え方 老           漢字の覚え方 良          
  • ラ行(ロク)
    漢字の覚え方 彔           漢字の覚え方 六          
  • ワ行
    漢字の覚え方 或           漢字の覚え方 夗          
  • 中学校で習う漢字
    中学校1年生で習う漢字       中学校2年生で習う漢字       中学校3年生で習う漢字       中学校3で習うようになった漢字      
  • 呉音と漢音
    呉音と漢音               
  • 小学校1年生で習う漢字
    小学校1年生で習う漢字①     小学校1年生で習う漢字②    
  • 小学校2年生で習う漢字
    小学校2年生で習う漢字①     小学校2年生で習う漢字②     小学校2年生で習う漢字③     小学校2年生で習う漢字④    
  • 小学校3年生で習う漢字
    小学校3年生で習う漢字①      小学校3年生で習う漢字②     小学校3年生で習う漢字③     小学校3年生で習う漢字④    
  • 小学校4年生で習う漢字
    小学校4年生で習う漢字①      小学校4年生で習う漢字②     小学校4年生で習う漢字③     小学校4年生で習う漢字④    
  • 小学校5年生で習う漢字
    小学校5年生で習う漢字①      小学校5年生で習う漢字②     小学校5年生で習う漢字③     小学校5年生で習う漢字④    
  • 小学校6年生で習う漢字
    小学校6年生で習う漢字①      小学校6年生で習う漢字②     小学校6年生で習う漢字③     小学校6年生で習う漢字④    
  • 小学校で習う漢字
    小学校で習う漢字 天地人      小学校で習う漢字 上下左右    小学校で習う漢字 父母姉妹兄弟    小学校で習う漢字 春夏秋冬    小学校で習う漢字 一~十      小学校で習う漢字 東西南北   
  • 小説『明暗そのあと』
    百八十九                百九十                 百九十一                百九十二                百九十三                百九十四                百九十五                百九十六                百九十七                百九十八                百九十九                二百               
  • 漢字 のエッセイ
    象形・指事・会意・形声 一年生  象形・指事・会意・形声 二年生  象形・指事・会意・形声 三年生  象形・指事・会意・形声 四年生  象形・指事・会意・形声 五年生  象形・指事・会意・形声 六年生  漢字でみるヤナギの分類      落語 空き巣             
  • 漢字 参考図書
  • 漢字 音読み索引(ア行)
  • 漢字 音読み索引(カ行)
  • 漢字 音読み索引(サ行)
  • 漢字 音読み索引(タ行)
  • 漢字 音読み索引(ナ行)
  • 漢字 音読み索引(ハ行)
  • 漢字 音読み索引(マ行)
  • 漢字 音読み索引(ヤ行)
  • 漢字 音読み索引(ラ行)
  • 漢字 音読み索引(ワ行)
  • 漢字・訓読み索引(あ行)
  • 漢字・訓読み索引(か行)
  • 漢字・訓読み索引(さ行)
  • 漢字・訓読み索引(た行)
  • 漢字・訓読み索引(な行)
  • 漢字・訓読み索引(は行)
  • 漢字・訓読み索引(ま行)
  • 漢字・訓読み索引(や行)
  • 漢字・訓読み索引(ら行)
  • 漢字・訓読み索引(わ行)
  • 漢字練習問題(中学生)
    練習問題1-1(書き)         練習問題1-1(読み)         練習問題1-2(書き)         練習問題1-2(読み)         練習問題1-3(書き)         練習問題1-3(読み)         練習問題1-4(書き)         練習問題1-4(読み)         練習問題1-5(書き)         練習問題1-5(読み)        
  • 部首索引 虫(むし)
  • 部首索引 魚(うお・さかな)
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ