« 漢字の成り立ち 更 | トップページ | 小学校5年生で習う漢字③(制~独) »

2015年8月 2日 (日)

小学校5年生で習う漢字④(任~領)

小学校5年生で習う漢字を説明します。『小学校5年生で習う漢字①』(『小学校5年生で習う漢字②』(『小学校5年生で習う漢字③』(『小学校5年生で習う漢字④』(に分割ししています。ご了承下さい。

漢字の説明の前に、漢字の成り立ちの話をしましょう。最古の漢字辞書は後漢(西暦100年頃)の許慎(キョシン)の「説文解字(セツモンカイジ)」です。許慎はその中で漢字の成り立ちについて、四種類あるとしました。中学の教科書に掲載されるようになったので、解説致します。

①.物の形を象った(かたどった)『象形文字』(ショウケイモジ)、②.象形文字を基に点を打つことにより示された『指事文字』(シジモジ)、③.文字を組み合わせて造った『会意文字』(カイイモジ)、④.意味と音を示す文字を組み合わせた『形声文字』(ケイセイモジ)の四種です。『会意文字』と『形声文字』は漢字の足し算で表す事が出来ます。

漢字の成り立ちについての解釈は四通りです。どの時代の漢字に重点を置くか、また「説文解字(セツモンカイジ)」にどれほど敬意を払うかにより、解釈が違う場合が稀にあります。ある辞書では『』を象形文字、別の辞書では会意文字としています。漢字の解釈については諸説あることを御承知下さい。

 『(ニン)』rènは、任(まか)せる様子を表わす形声文字です。漢字の足し算は、イ(人間の動作)+(かかえこむ)=(抱え込んだ重い荷物。仕事。仕事を引き受ける。任せる)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、意味は『抱え込んだ重い荷物』、『仕事』、『任(まか)せる』です。荷物ではなく工具という説もあります(白川)。

Photo_23

音読みは呉音が『ニン』、漢音が『ジン』、訓読みが『任(まか)せる』です。仕事の結果について責めを負うことを責(セキニン)、抱え込んだ重い仕事を務(ニンム)、干渉しないで自由にさせることを放(ホウニン)、思うままに任されること・行うことを意(ニンイ)といいます。

呉音の『ニン』は漢音では『ジン』と読むことがあります。(ニン・ジン)、(ニン・ジン)、(ニン・ジン)などの漢字もそうです。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://bit.ly/1LUTTpI もご覧ください。

とても良い意味の漢字で『たえ』、『たか』、『たかし』、『ただ』、『たね』、『たもつ』、『と』、『とう』、『ひで』と名前に使われます。

(ニン)は(ニン・ジン)の『単語家族』で、(ニン)、(チン)などの仲間の漢字があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/21AIQI3 をご覧ください。

 『(ネン)』ránは、肉を焼く様子・燃える様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、火(火)+月(肉)+犬(犬・動物)+灬(火)=(動物の肉が燃(も)える。燃える)です。漢字の部首は『火・ひへん』、漢字の意味は『燃(も)える』です。

は燃(も)えている様子を表していましたが、燃えるにかかわらず、様子を表す漢字になりました。燃えるを表す漢字はを足した(ネン)を使います。

Photo_18

音読みは呉音が『ネン』、漢音が『ゼン』、訓読みは『燃(も)える』です。熱を出して燃えることをを焼(ネンショウ)、燃やすのに必要な材料を料(ネンリョウ)、機械が消費する燃料の効率を費(ネンピ)といいます。

(ネン)は(ネン・ゼン)の『単語家族』で、(ネン)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1RbX4YH をご覧ください。

 『(ノウ)』néngは、能(よ)く働く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、ム(耜・すき。働く・タイ)+月(肉)+ヒヒ(足)=(手足を使ってよく働く)です(藤堂)。漢字の部首は『月・にくづき』、意味は『物事が出来る力』、『はたらき』、『技術に優れた事』です。

Photo_13Photo_15

水生昆虫を象(かたど)った象形文字であるという説(白川)、熊(くま)のような力のある動物という説もあります。

音読みは呉音が『ノウ』、漢音が『ドウ』、訓読みが常用外の『能(よ)く』、『能(あた)う』です。物事が出来る力を力(ノウリョク)、出来る見込み・ありうることを可(カノウ)、動物が経験によらずに本来持っている能力を本(ホンノウ)、弁舌に優れていることを弁(ノウベン)といいます。

非常に良い意味の漢字で『たか』、『ちから』、『とう』、『のり』、『ひさ』、『みち』、『むね』、『やす』、『よき』、『よし』と名前に使われます。

また、耐(た)える・耐える状態の意味では、音読みは呉音が『ナイ』、漢音が『ダイ』と読みます。

(ノウ)の『単語家族』には、(タイ)などの仲間の漢字があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1KwJYbJ をご覧ください。

 『(ハ)』は、石で皮が破れる様子を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、石(いし)+(かわ)=(石で皮が破れる)です。部首は『石』、意味は『破れる』です。

Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『』で、訓読みは『破れる(やぶれる)』です。壊(カイ)、局(キョク)、難(ナン)、天荒(テンコウ)のです。

(ハ)は(ヒ)の『単語家族』で、(ヒ)(ハ)、(ハ)などの仲間の漢字があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1nuGieH をご覧ください。

 『(ハン)』fànという漢字は、法を犯(おか)す様子を漢字にしたものです。漢字の足し算では、犬(犭・けものへん)が使われています。

Photo_3 

犭(犬の行動)+(わく)=(犬が枠を破って飛び出す。犯す)です。漢字の部首は『犭・けものへん』、意味は『犯(おか)す』、『罪人』です。

Photo_5

音読みは漢音が『ハン』、呉音が『ボン』、訓読みは『犯(おか)す』です。人(ハンニン)、罪(ハンザイ)、主(シュハン)、共(キョウハン)のです。

(ハン)は(ハン)の『単語家族』で、(ハン)、(ハン)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1pp24Mw をご覧ください。

 『(ハン・バン)』pànは、契約に関する書類を半分にした形声文字です。漢字の足し算では、(半分の書類)+刂(りっとう・刀)=(書類を半分にする・区別する)です。漢字の部首は『刂・りっとう』です。

契約の書類というのは、契約者の各々が文づつを持ちます。この契約書に押すのが子(ハンこ)です。契約が拗(こじ)れた時に白黒をつけるのが裁(サイバン)、決(ハンケツ)、定(ハンテイ)です。『』は結論を下すことを意味します。

Photo_5

音読みは呉音・漢音ともに『ハン』、慣用音が『バン』で、訓読みは、『判(わか)る』です。判別が必要なときは『(わか)るを使います。『善悪が(わか)る』、『違いが(わか)る』です。

昔の役所の官名を官(ホウガン・ハンガン・源義経のこと)と読みます。また書類のサイズや(A4)、大型の金貨(小・大)も指し示す漢字です。

(ハン)は(ハン)の『単語家族』で、(ハン)、(ハン)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1wUKIuR をご覧ください。

 建築の話をします。版築(ハンチク)という建築方法があります。板の間(あいだ)に土や石灰(現在ではコンクリート)を入れて叩いて固める建築方法です。版築に使われる左側の板を『(ショウ)』qiang、右側を『(ヘン)』pianといいます。『(ショウ)』はベッドや床などの意味に発展し、『(ヘン)』は片側を示す意味になりました。

 『(ハン)』bǎnという漢字は築(ハンチク)の板を示す漢字です。時代が下がると出版用の板をと呼ぶようになりました。

PhotoPhoto_14

 『(ハン)』bǎnは、建築用の板を漢字にしたものです。漢字の足し算では、片(かたへん)+(いた)=(版築用の板)です。 漢字の部首は『片・かたへん』、意味は『建築用・印刷用の板』です。

音読みは漢音『ハン』、呉音が『ヘン』です。築(ハンチク)、出(シュッパン)、絶(ゼッパン)、図(ハント)のです。

(ハン)は(ハン)の『単語家族』で、(ハン)、(ハン)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1vtMuoJ をご覧ください。

 『(ヒ)』bǐを説明します。『』は人が二人くっついて並んでいる様子を漢字にした会意文字です。漢字尾の足し算では、ヒ(人間)+ヒ(人間)=(二人の人を比べる。比べる)です。漢字の部首は『比・くらべる』、意味は『比べる』、『そろって』、『ならべる』です。

古い字体の篆文(テンブン)も記載しておきます。

Photo_6

草書体の『比(ヒ)』からひらがなの『ひ』が、旁(つくり)からカタカナの『ヒ』が出来ました。

音読みは呉音・漢音ともに『』です。訓読みは『べる(くらべる)』です。くらべることを漢語で較(カク)、ある物質の密度の比を重(ジュウ)、二つの数量をくらべたときの割合を率(リツ)、二つの量において一方が 他方の定数倍になることを例(レイ)といいます。背を比べることを背べ(せいくらべ)といいます。

(ヒ)の『単語家族』には、(ヒ)、(ヒ)、(ヘイ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1sAQZLD をご覧ください

『くらべる』は『べる』と書くこともできます。こちらは常用外の使い方になるので『べる』が一般的です。『較べる』の元意は馬車の左右の手すりのことです。左右に並んでいるので『較べる』の意味になりました。

Photo_3

 『(ヒ)』féiは、肥(ふと)った人を表す漢字です。漢字の足し算では、月(身の変形・お腹)+巴(の変形・屈んだ人)=(お腹の出た肥った人。肥る。ふとる)です。楷書体では、身体を表す(にくづき)ですが、甲骨文字ではお腹を表す(シン・お腹)が使われています。漢字の部首は『月・にくづき』、漢字の意味は『肥(ふと)る』、『土地に養分がある』です。

Photo_7

音読みは呉音が『ビ』、漢音が『ヒ』、訓読みが『肥(こ)える』と常用外の『肥(ふと)る』です。からだがふとることを満(マン)、土地が肥えていることを沃(ヨク)、農作物を肥えさせる栄養を料(リョウ)といいます。

(ヒ)は(ハ)の『単語家族』ではなく、(ゼツ)・(シキ)と同じく(セツ)に近い漢字です。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1zg2UEN をご覧ください。

 『(ヒ)』fēiは、羽が左と右にそむいた様子を象(かたど)った象形文字です(藤堂)。漢字の部首は『非・あらず』、意味は『そむく』、『~ではない』、『みとめない』、『そしる』などの多くの意味があります。櫛(くし)を描いているという説(白川)もあります。漢字の意味は同じです。

Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『』です。常ではないことを常(ジョウ)、人の悪い点をそしることを難(ナン)、正しい事(是)と認められないこと(非)を是(ゼ)といいます。

(ヒ)の『単語家族』には、(ヒ)、(ヒ)、(ヒ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1qQSVwG をご覧ください。

 『(ビ)』bèiは、戦に備(そな)えて矢を用意しておく様子を表す形声文字です。イ(人の作業)+𤰈(矢の入ったえびら)=(矢を用意しておく。備える。そなえる)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『備(そな)える』、『用意』です。

Photo_12

音読みは呉音が『』、漢音が『ヒ』、訓読みが『備(そな)える』です。備えてある品を品(ビヒン)、参考のために本文に書き添えることを考(コウ)、忘れた場合に備えることを忘(ボウ)といいます。

(ビ)は𤰈(ビ)の『単語家族』で、(ビ)などの仲間の漢字があります。詳しくは『漢字の成り立ち 𤰈http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-.html (予定)をご覧ください。

 『(ヒョウ)』biàoは、イ(人の作業)に表を足したもので、表にして分ける様子を示す形声文字です。漢字の足し算では、イ(にんべん・人の作業)+(表にあらわして分ける)です。漢字の部首は『イ・にんべん』です。

ばらばらにして分けることを散(ヒョウサン)、多くの人に分けることを分(ヒョウブン)という様に使っていました。わが国ではバラバラにする前の袋状の入れ物を『俵(たわら)』として表現しています。

Photo_9

音読みは呉音・漢音ともに『ヒョウ』、訓読みは『俵(たわら)』です。土(ドヒョウ)、米(こめだわら)、炭(すみだわら)のです。

(ヒョウ)は(ヒョウ)の『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1sVRcKX をご覧ください。

 『(ヒョウ)』píngは、左右の言い分を聞いて善悪を判断する様子を描いた形声文字です。漢字の足し算は、言(言葉)+(水平をみる)=(左右の言い分を聞いて善悪を判断する。評価する)です。漢字の部首は『言・ごんべん』、漢字の意味は『評価する』、『世間の噂』です。

Photo_11

音読みは呉音が『ビョウ』、漢音が『ヘイ』、慣用音が『ヒョウ』です。左右の意見を出し合い相談することをヒョウギ)、左右見比べて価値を下すことを価(ヒョウカ)、善悪を指摘して評価を下すことを批(ヒヒョウ)、世間の人が批評して判定することを判(ヒョウバン)といいます。

(ヒョウ)は(ビョウ)の『単語家族』で、(ビョウ)、(ビョウ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1GB5KHH をご覧ください。

 『(ヒン・ビン)』pínは、お金(貝)を分ける様子を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、(わける)+(お金・財宝)=(お金を分け与えて貧しくなる)です。部首は『貝』、意味は『貧しい』の他に『少ない』の意味があります。

Photo_7

音読みは漢音が『ヒン』、呉音が『ビン』でどちらも使います。訓読みは『貧(まず)しい)』です。血が少ない事を血(ンケツ)、貧しくて困っている事を困(ヒンコン)、貧しくて乏しいことを乏(ビンボウ)、貧しく窮めていることを窮(ヒンキュウ)、少なくて弱く見える事を弱(ヒンジャク)といいます。

(ヒン)は(フン)の『単語家族』で、(フン)、(フン)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-9b12.html をご覧ください。

 『(フ)』は、広い布(ぬの)・巾(きれ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、(広い)+巾(布)=(広い布。布。ぬの)です。漢字の部首は『巾・はば』、漢字の意味は『広い布』、『広げる』です。

Photo_7

音読みは呉音が『』、漢音が『ホ』、訓読みが『布(ぬの)』です。食器類をふく布を巾(キン)、動植物が広いある範囲を占めていることを分(ブン)、配って広く行き渡らせることを配(ハイ)、中国の布と杖を持ち歩いた禅僧、弥勒菩薩の化身、七福神の一人を袋(テイ)といいます。

(フ)は(フ)の『単語家族』で、(フ)、(フ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-f7a4.html をご覧ください。

 『(フ)』は、帚(ほうき)を持って帰りを待っている女性を表す漢字です。漢字の足し算では、女(女性)+帚(ほうき)=(帚(ほうき)を持って夫の帰りを待つ女性。夫のある女性)です。漢字の部首は『女・おんな』、漢字の意味は『夫のある女性』、『成人の女性』、『資格のある女性』です。

Photo_4

音読みは呉音が『ブ』、漢音が『フ』です。夫と妻を夫(フウフ)・夫妻(フサイ)、賢い婦人を賢(ケン)、官位が五位以上の女官を命(ミョウ)といいます。

(フ)』は帰りを待っている女性、『(キ)』は女性が帰りを待っている場所を表します。

(フ)は(ソウ)を使った漢字で、(ソウ)の『単語家族』には、(サウ)、(ソウ)、(キ)などの仲間の漢字があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-2c1b.html をご覧ください。

 『(フ・フウ)』は、豊かな財産を表す形声文字です。漢字の足し算では、宀 (べん・家)+畐(ゆたか)=(家を豊かにする。富む)です。部首は『宀・うかんむり』、意味は『豊かな財産』、『ゆたか』です。

Photo_6

音読みは呉音が『』、漢音『フウ』。訓読みは『む(とむ)』、『富(とみ)』です。豪(ゴウ)、豊(ホウ)、貴(フウキ・フッキ)、貧(ヒン)、国強兵(コクキョウヘイ)、山(やま)のです。

(フ)は(フク)の『単語家族』で、(フク)、(フク)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1oh94Qz をご覧ください。

 『(ブ)』wǔは、戈(ほこ)を持って歩く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、戈(ほこ・武器)+止(足)=(戈(ほこ)を持って歩く。たけだけしい)です。漢字の部首は『止・とまる』、漢字の意味は『強く勇ましい』、『軍事・戦力』です。

Photo_13

音読みは呉音が『ム』、漢音が『』です。勇気があり強くていさましいことを勇(ユウ)、軍隊・兵隊の力を力(リョク)、文事と軍事を文(ブン)といいます。

呉音がマ行(ム)の場合、漢音ではバ行(ブ)になることがあります。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://bit.ly/1LUTTpI もご覧ください。

非常に良い意味の漢字で『いさ』、『いさむ』、『たけ』、『たける』、『たつ』と名前に使われます。

(ブ)の『単語家族』には、(ム)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-.html (予定)をご覧ください。

 『(フク)』は、同じ道を引き返す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、彳(行)+(重なる・再び)=(再び同じ道を行く。かえる。もとの位置に戻る)です。漢字の部首は『彳・ぎょうにんべん』、漢字の意味は『かえる』、『もとの位置に戻る』、『同じことを繰り返す』、『仕返しする』です。

Photo_16

音読みは呉音が『ブク』、漢音が『フク』です。行って帰ってくることを往(オウフク)、もとの位置や位にかえることを位(フクイ)、悪い状態からもとに戻ることを回(カイフク)、習ったことを繰り返すのを習(フクシュウ)、仕返しをして報いることを報(ホウフク)といいます。

 『(フク)』は、表と裏地の重なった衣服を表す形声文字です。漢字の足し算では、衤(衣服)+(重なる)=(表と裏地の重なった衣服。二枚の)です。漢字の部首は『衤・ころもへん』、意味は『二つの』、『二つ以上の』、『同じことを行う』です。衣服だけでなく、人や行動にも使います。

Photo_17

音読みは呉音が『ブク』、漢音が『フク』です。同じことが重なりあうことを重(チョウフク)、二つ以上の数を数(フクスウ)、文章などを写しとることを写(フクシャ)といいます。

(フク)、(フク)は(フク)の『単語家族』で、(フク)、(フク)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/24ecyY7 をご覧ください。

 『(フツ)』は、仏様(ほとけさま)を表す形声文字です。漢字の足し算では、イ(人間)+(フツ。Buddahaの音訳)=・()(真理を得て衆生を強化する仏。ほとけ。ブッダ)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『仏(ほとけ)』、『仏蘭西(フランス)』です。正字はですが、常用漢字体のを使って下さい。

Photo

音読みは呉音が『ブツ・ブチ』、漢音が『フツ』、訓読みが『仏(ほとけ)』です。仏さまの教えに基づく宗教を教(ブッキョウ)、仏の姿を思い、仏の名を唱えることを念(ネンブツ)、仏(ほとけ)と仏の教えと僧を法僧(ブッポウソウ)といいます。また、フランスを漢字で表す時に蘭西という漢字を使います。

(フツ)は(フツ)の『単語家族』で、(フツ)、(フツ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち をご覧ください。

 『(ヘン)』biānは、糸でとじて書物を作る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸(いと)+(竹製の書類)=(書類を糸でとじて書物を作る。編(あ)む)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、漢字の意味は『糸でとじて書物を作る』、『物を組み合わせて仕立てる』、『編(あ)む』、『文章』です。

Photo_5

音読みは呉音・漢音ともに『ヘン』、訓読みは『編(あ)む』です。資料を整理し、雑誌・書物などにまとめることを集(ヘンシュウ)、書物などを方針を変えて編集し直すことを改(カイヘン)、小説などの短い文章の作品を短(タンペン)といいます。

良い意味の漢字で『つら』、『よし』と名前に使われます。

(ヘン)は(ヘン)の『単語家族』で、(ヘン)、(ヘン)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち をご覧ください。

 『(ベン)』biànは、理屈めいた議論をする・弁(わきま)える様子を表す形声文字です。正字は辯・辨(ベン)、常用漢字体が(ベン)です。漢字の足し算では、(刃物)+言(言葉)=(切れ味鋭い議論をする)、(刃物)+刂(刀で分ける)=(けじめをつけて分ける。弁(わきま)える。)です。漢字の部首は『廾・にじゅうあし』、漢字の意味は『理屈めいた議論をする』、『方言』、『弁(わきま)える』、『けじめをつけて処理する』です。

Photo_10Photo_3

音読みは呉音が『ベン』、漢音が『ヘン』、訓読みが常用外の『弁(わきま)える』です。理屈を立ててその人の主張を助けることを護・護(ベンゴ)、人に与えた損害をけじめをつけて埋め合わせすることを償・償(ベンショウ)、調理済みの携帯食を当・当(ベントウ)といいます。

Photo_11

また、花弁(はなびら)を表す漢字『(ベン)』bianの常用漢字体も、(ベン・ハン)です。漢字の足し算では、(刃物・分かれる)+瓜(うり)=(瓜の花の一枚、一枚。花びら状のもの)です。はなびらを漢語で弁・弁(カベン)、管の出入り口にある花びら状の調節装置を(ベン)といいます。

(ベン)、(ベン)、(ベン)みな同じ(ベン)『単語家族』の違う漢字ですが、現在我が国では省略形の(ベン)で代用しています。

 『(ホウ)』bǎoは、子供を背負(せお)って保護している様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、イ(人間)+(子供)=(子供を背負(せお)って保護する。養い育てる)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『養い育てる』、『大切にする』、『保(たも)つ』、『請け負う』です。

Photo_14

音読みは呉音・漢音ともに『ホウ』、慣用音が『』、訓読みは『保(たも)つ』です。幼児を保護し育てることを育(イク)、危険からかばい守ることを護(ゴ)、温度を一定に保つことを温(オン)、事故など経済的不安に備えて、掛け金を出し合い、請け負う制度を険(ケン)といいます。

(ホウ)は(ホウ)の『単語家族』で、(ホウ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-.html (予定)をご覧ください。

 『(ボ)』は、遺体(イタイ)に土を掛けて見えなくする形声文字で、御(おはか)を表します。遺体(イタイ)に土を掛けて見えなくするの場所が『(ボ)』です。漢字の足し算では、(みえない)+土=(死体に土をかける様子)です。部首は『土・つち』です。

Photo_6

音読みは呉音の『モ』は使わず、漢音の『』を使います。訓読みは『墓(はか)』です。地(チ)、穴(ケツ)のです。

呉音がマ行(モ)の場合、漢音ではバ行(ボ)になることがあります。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://bit.ly/1LUTTpI もご覧ください。

(ボ)は(マク・ボ)の『単語家族』で、(ボ)、(ボ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1wbVkq6 をご覧ください。

 『(ホウ)』bàoは、報(むく)いる様子を表す漢字です。漢字の足し算では、幸(手枷)+卩(屈んだ人)+又(手の動作)=(相手に仕返しをする。御返しをする。転じて報(むく)いる。報(しら)せる)です。漢字の部首は『土・つち』、漢字の意味は『報(むく)いる』、『報(しら)せる』です。

Photo_10

音読みは呉音が『ホ・ホウ』、漢音が『ホウ』、訓読みは『報(むく)いる』、『報(しら)せる』です。労務の対価として給付される金銭を酬(ホウシュウ)、仕返しをすることを復(ホウフク)、告げ知らせることを告(ホウコク)、ある物事の事情についての知らせを情(ジョウホウ)といいます。

良い意味にも、悪い意味にも使われ、良い意味では『お』、『つぐ』と名前に使われます。

 『)(ホウ)』fēngは、作物が豊(ゆたか)かな様子を表す形声文字です。正字は、常用漢字体はです。漢字の足し算では、丰丰(穀物を高く盛る)+山(高く)+豆(たかつき)=)(収穫した作物がたかつきの上に一杯である。豊かである。ゆたか)です。漢字の部首は『豆・まめ』、漢字の意味は『豊(ゆた)か』、『作物がよく実る』、『豊臣(とよとみ)氏』です。

中国大陸では簡体字の丰(ホウ)を使います。

Photo_2

音読みは呉音が『フ』、漢音が『ホウ』、訓読みが『豊(ゆた)か』です。作物がよく実って収穫が多いことを作(ホウサク)、豊かであることを富(ホウフ)、豊かで潤(うるお)いのあることを潤(ホウジュン)といいます。

大変縁起の良い漢字で、『あつ』、『かた』、『て』、『と』、『とよ』、『のぼる』、『ひろ』、『ひろし』、『みのる』、『もり』、『ゆた』、『よし』と姓・名前・地名に使われます。

(ホウ)は(ホウ)の『単語家族』で、(ホウ)、(ホウ)、(ホウ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-.html (予定)をご覧ください。

 『(ボウ)』fángは、土盛りを左右に広げてぐ(ふせぐ)様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、阝(土盛り)+(左右)=(土盛りを左右に広げて防ぐ。ふせぐ)です。漢字の部首は『阝・こざとへん』です。意味は『防(ふせ)ぐ』です。

Photo_14

音読みは呉音が『ボウ』、漢音が『ホウ』、訓読みは『防(ふせ)ぐ』です。止(ボウシ)、消(ショウボウ)、風(ボウフウ)、予(ヨボウ)、堤(テイボウ)のです。

(ボウ)は(ホウ)の『単語家族』で、(ボウ)、(ボウ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1oh7v59 をご覧ください。

 『貿(ボウ)』màoは、門をあけて取引する様子を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、(ぼう・門をあける)+貝(取引をする)=貿(門を開いて取引する。あきなう)です。漢字の部首は『貝』です。貿の仲間ですが、良く使う漢字である(リュウ)に引っ張られてデザインがと同じになっています。

Photo_10

音読みは漢音が『ボウ』が普通で、呉音の『ム・モ』は使いません。貿易(ボウエキ)とは各地の産物を取引する事です。現在では外国との取引をいいます。

貿(ボウ)は(ボウ)の『単語家族』には、(ボウ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1ofPvrQ をご覧ください。

 『(ボウ・バク)』bàoは、動物の死体を解剖し太陽に曝(さら)す様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、日(太陽)+共(両手)+氺(動物の死体)=(動物の死体を解剖し太陽に曝(さら)す。むき出しにする。荒々しくする)です。漢字の部首は『日・にち』、意味は『さらす』、『むき出しにする』、『荒々しくする』、『にわかに』です。

Photo_14

音読みは二通りあります。『荒々しくする』、『にわかに』の意味では、呉音が『ボウ』、漢音が『ホウ』、訓読みが『暴(あば)れる』です。『さらす』、『むき出しにする』の意味では呉音が『ボク』、漢音が『ホク』、慣用音が『バク』、訓読みが『暴(あば)く』です。荒々しく乱暴な行為を行(ボウコウ)、にわかに吹く荒々しい風を風(ボウフウ)、風雨にさらすこと・悪事を暴くことを露(バクロ)といいます。

(ボウ・バク)の『単語家族』には、(バク)、(バク)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1Kz80On をご覧ください。

 『(ム)』は、力を尽くしてやるべき仕事を表す形声文字です。漢字の足し算では、矛(ほこ)+攵(動作)+力=(武器を持ち力ずくで打開する。力を尽くしてやるべき仕事。務(つと)め)です。漢字の部首は『力・ちから』、漢字の意味は『力を尽くしてやるべき仕事』、『務(つと)め』です。

Photo_20

動作を表す攵(ぼくづくり)は、篆文で(ボク)楷書体では(ボク)のデザインをとります。

音読みは呉音が『』、漢音が『ブ』、訓読みが『務(つと)め』です。立場に応じてしなければならない務めを義(ギ)、書類の作成・処理など机の上の仕事を事(ジ)、職業や事業の継続して行う仕事を業(ギョウ)といいます。

呉音がマ行(ム)の場合、漢音ではバ行(ブ)になることがあります。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://bit.ly/1LUTTpI もご覧ください。

非常に良い意味の漢字で『かね』、『ちか』、『つとむ』、『つよ』、『なか』、『みち』と名前に使われます。

(ム)の『単語家族』には、(ム)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1Mn63bh をご覧ください。

 『(ム)』mengは、夢(ゆめ)からさめる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹罒(目)+冖(かぶさる)+夕(夕方)=(夢(ゆめ)からさめる。夢。ゆめ)です。漢字の部首は『夕・ゆうべ』、漢字の意味は『夢(ゆめ)』、『はかない』、『実現させたい願い』です。

Photo_7

音読みは呉音が『ム』、漢音が『ボウ』、訓読みが『夢(ゆめ)』です。夢の中・ある事に熱中することを中(チュウ)、現実的でない考えを想(ソウ)、夢の中での神仏のお告げ・夢を見るという枕を枕(ゆめまくら)、夢(ゆめ)と現実(ゲンジツ)・はっきりしない状態を現(ゆめうつつ)いいます。

呉音がマ行(ム)の場合、漢音ではバ行(ボウ)になることがあります。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://bit.ly/1LUTTpI もご覧ください。

(ム)の『単語家族』には、(ボウ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1R28Lm5 をご覧ください。

 『(メイ)』は、道に迷(まよ)う様子を表した形声文字です。漢字の足し算では、辶(進む)+(小さくて見えない)=(道が見えなくて迷う。まよう)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』です。意味は『迷(まよ)う』、『迷(まよ)わす』です。

Photo_4

音読みは音が『マイ』、音が『イ』、慣用音が音から変化した『メイ』です。訓読みは『迷(まよ)う』、『迷(まよ)わす』です。人を惑わすこと、煩わしいことを惑(メイワク)、出口がわからない建物・解決できない事件を宮(メイキュウ)、迷った子供を子(まいご)といいます。

音読みには、漢字を輸入した時期により違いがあります。六朝時代の江南地方の読み・(ゴオン)、唐の長安の読み・(カンオン)、鎌倉時代に輸入した読み・唐宋(トウソウオン)、日本で慣用的に読まれる慣用音(カンヨウオン)があります。訓読みは大和言葉(やまとことば)に合わせた読み方です。

中国では六朝時代のm音が、唐の時代にはb音に変化しました。『maiマイbei・ベイ)』です。現在では『miの発音ですから、再びm音に戻ったのです。一方我が国では、(唐時代のb音)が主流ですが、(六朝時代のm音)から変化した慣用音の『メイ』を使っています。

音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://bit.ly/1LUTTpI もご覧ください。

(メイ)は(マイ)の『単語家族』で、(メイ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1vLIp0x をご覧ください。

 『綿(メン)』miánは、白い布のもとになる長い糸を表す会意文字です。漢字の足し算では、糸(つながる糸)+帛(白い布)=綿(白い布のもとになる長い糸。メン。わた)です。漢字の部首は『糸・いと』、漢字の意味は『綿(わた)』、『つらなる』、『細かい』です。

Photo_21

音読みは呉音が『メン』を使い、漢音が『ベン』は使いません。訓読みが『綿(わた)』です。長く続いて途切れない様子を綿綿メンメン)、細かく行き届いた様子を綿密(メンミツ)、絹からとった繊維を真綿(まわた)、植物の綿(わた)からとった繊維を木綿(モメン)、麻(あさ)や楮(こうぞ)からとった繊維を木綿(ゆう)といいます。

呉音がマ行(メン)の場合、漢音ではバ行(ベン)になることがあります。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://bit.ly/1LUTTpI もご覧ください。

『つらなる』ことを表す縁起の良い漢字で、『つら』、『ます』、『まさ』、『やす』、『わた』と名前に使われます。

綿(メン)は(メン)と同じ『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち 綿http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-.html (予定)をご覧ください。

 『(ユ)』shūは、取り出して移す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、車(車で運ぶ)+(舟をくりぬく。取り出す)=(取り出して移す)です。漢字の部首は『車・くるまへん』、漢字の意味は『うつす』です。

PhotoPhoto_2

音読みは呉音が『ス』、漢音が『シュ』、慣用音が『』です。荷物を運び入れること・外国から国内に入れることを入(ニュウ)、国内から外国へ送り出すことを出(シュツ)といいます。

(ユ)は(ユ)の『単語家族』には、(ユ)、(ユ)、(ユ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち をご覧ください。

 『(ヨ)』は、柄のついた刃物を漢字にしたものです。膿(うみ)を取り去る外科用の刃物。もしくは、道路で使う穢れを除く神器の刃物です。漢字の部首は『人』。意味は『取り除く』、『はみ出す』、『すすむ』、『のばす』です。

Photo_6

道路は危険な場所だったのでしょうか?戦争で敵が攻めてくるのが道路です。敵を殺してしまう場所が道路です。敵の首を運ぶのも道路です。従って道路は常に怨念(オンネン)、穢れ(けがれ)、邪霊(ジャレイ)に満ちており、穢れを除いて神聖な道路に戻して置く必要があったのです。

 『(ヨ)』は飠(食べ物)+(はみ出す)=(食べ物の余りで、食べ物の余りを表す漢字です。漢字の部首は『食』。『(ヨ)』と『(ヨ)』は本来別の漢字ですが、現在では『』に統一され、『』の漢字は使いません。

Photo_13

余・餘』の音読みは呉音・漢音ともに『』です。訓読みは『余(あま)す』、『余(あま)る』です。剰(ジョウ)、白(ハク)、罪(ザイ)、興(キョウ)、韻(イン)、裕(ユウ)のです。

(あま)るは(あま)ると書くことがあります。興味のある方は『漢字の成り立ち http://bit.ly/1bjs4rv をご覧ください。

(ヨ)の『単語家族』には、(ト)、(ジョ)、(ト)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1weWCjk をご覧ください。

 『(ヨ)』は、人に余裕を持たせて預(あず)ける様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(押しやる・伸びる)+頁(人員)=(人員を押しやって預(あず)ける。預ける。あずける)です。漢字の部首は『頁・おおがい』、意味は『預(あず)ける』、『神の言葉を預かる』です。

Photo_19Photo_20

音読みは呉音・漢音ともに『ヨ』、訓読みは『預(あず)ける』、『預(あず)かる』です。お金を預けることを金(キン)、国庫などにお金を預けることを託(タク)、神から預かった言葉を言(ゲン)といいます。

(ヨ)は(ヨ)の『単語家族』で、(ヤ)、(ジョ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-d95c.html をご覧ください。

 『(ヨウ)』róngは、中に入れる様子や中身を表わした形声文字です。漢字の足し算では、宀(家・うつわ)+(満たす)=(中に入れる。その中身。姿)です。漢字の部首は『宀・うかんむり』、意味は『中に入れる』、『中身』、『姿』、『許す』、『受け入れる』、『たやすい』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ユウ』、漢音が『ヨウ』です。訓読みは『容(い)れる』、『容(かたち)』です。中に入れる量を量(ヨウリョウ)、入れた中身を内(ナイヨウ)、姿(すがた)・容(かたち)を姿(ヨウシ)、受け入れて認めることを認(ヨウニン)、たやすいことを易(ヨウイ)といいます。

とても良い意味の漢字で、『いるる』、『おさ』、『かた』、『かたち』、『なり』、『ひろ』、『ひろし』、『まさ』、『もり』、『やす』、『よし』と名前に使われます。歴史上の人物では、幕末の京都守護職、松平保(まつだいらかたもり)さんがいらっしゃいます。

(ヨウ)は(コク)の『単語家族』で、(ヨウ)、(ヨク)、(ヨク)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1xUYpv5 をご覧ください。

 『(リャク)』lüèは、田畑を測量してはかる事を表す形声文字です。漢字の足し算では、田(田畑)+(基点と基点を結ぶ)=(基点と基点を結ぶんで測量する。はかる)です。漢字の部首は『田・た』、意味は『はかる』、『省(はぶ)く』、『ほぼ』、『侵略する』です。

やがて『はかりごと』を表す策(サクリャク)など知恵の意味がつき、省(ショウリャク)など省くの意味になりました。他人の土地をはかって、税金をとることから侵(シンリャク)の意味にも使われます。

Photo_58

音読みは呉音が『ラク』、漢音が『リャク』、訓読みは常用外に、『略(はか)る』があります。策(サクリャク)、省(ショウリャク)、侵(シンリャク)、図(リャクズ)のです。

(リャク)は(カク)の『単語家族』で、(ラク)、(ラク)、(ラク)などの仲間の漢字があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-266b.html をご覧ください。。

  『(リュウ)』liúは、留(とど)まる様子を表す会意文字です。川の流れとの両側にある池と田んぼからなると考えられています。漢字の足し算では、(川の流れの両側の水溜り)+田(田んぼ)=畱・(川の流れの両側にある溜池。転じて留(とど)まる。留(と)まる)です。漢字の部首は『田・た』、漢字の意味は『留(とど)まる』、『留(と)まる』です。

異体字に(リュウ)・畄(リュウ)があります。

Photo_2

白川は田をそえたものから灌漑用の溜池(ためいけ)の形、藤堂は動きやすいものをある場所(田)で留めることを示すとしています。

音読みは呉音が『』、漢音が『リュウ』、訓読みが『留(と)まる』です。『留(とど)まる』は常用外(普段使わない読み方)なので高校生から使って下さい。あることに心を留(とど)まらせることを意(リュウイ)、主人がいない間に留まってその家を守ること・家にいないことを守(ス)、決定を先延ばしにして留まることを保(ホリュウ)といいます。

草書体からひらがなの『る』ができました。

留(とど)まることを表す大事な漢字で『たね』、『とめ』、『ひさ』と名前に使われます。

(リュウ)の『単語家族』には、(リュウ)、(リュウ)、(リュウ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち をご覧ください。

 『(リョウ)』lǐngは、首筋の綺麗なところを表す形声文字です。漢字の足し算では、(きれい)+頁(首・頭)=(首筋の綺麗なところ。転じて大事な場所)です。漢字の部首は『頁・おおがい』です。漢字の意味は『首』、『うなずく』、『大事な場所』、『収める』、『受け取る』です。

Photo_21Photo_22

たたんだ衣服をの受け渡しに(首筋)を持つことから、『収(おさ)める』、『受け取る』の意味に使います。

音読みは呉音が『リョウ』・漢音は『レイ』です。身体の大事な(首と腰)場所・重要なことを要(ヨウリョウ)、おさめている土地をリョウ)、理解してうなずくことを解・了解(リョウカイ)、受け取ることを受(ジュリョウ)、受け取り収めることを収(リョウシュウ)、首(くび)と袖(そで)、転じて目立つ人物を袖(リョウシュウ)といいます。presidentの訳語に大統(ダイトウリョウ)を使います。

呉音の『リョウ』は漢音では『レイ』になることがあります。霊(リョウ・レイ)などの漢字もそうです。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html もご覧ください。

(リョウ)は(リョウ・レイ)の『単語家族』で、(レイ)、(レイ)、(レイ・リン)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-289e.html をご覧ください。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本、下記の本をお読みください。

篆文(テンブン)を中心にした体系的な記述・韻の説明は、諸橋轍次先生の『新漢和辞典』、藤堂明保先生の『漢字源』・『漢字の過去と未来』を参考にさせて頂いてます。

甲骨文字・金文のもつ呪術的な解釈には白川静先生の『字通』・『字統』・『漢字』・『中国古代の文化』を参考にさせて頂いています。

漢字の伝来や常用漢字の解釈については、大島正二先生の『漢字伝来』、高島俊男先生の『漢字と日本人』を参考にさせて頂いています。

日本語については、金田一京助先生の『日本語の変遷』、大野晋先生の『日本語の文法を考える』、新村出先生の『広辞苑』を参考にさせて頂いております。

最近の研究については、落合淳思先生の『漢字の成り立ち』を参考にさせて頂いております。

医学用語については伊藤正男・井村裕夫・高久史麿先生の『医学大辞典』を参考にさせて頂いております。

« 漢字の成り立ち 更 | トップページ | 小学校5年生で習う漢字③(制~独) »

小学校5年生で習う漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587183/61579636

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校5年生で習う漢字④(任~領):

« 漢字の成り立ち 更 | トップページ | 小学校5年生で習う漢字③(制~独) »

カテゴリー

  • ア行(ア )
    漢字の成り立ち 亜          漢字の成り立ち 愛          漢字の成り立ち 安         
  • ア行(イ )
    漢字の成り立ち 異          漢字の成り立ち 易          漢字の成り立ち 胃          漢字の成り立ち 殹          漢字の成り立ち 以          漢字の成り立ち 衣          漢字の成り立ち 韋          漢字の成り立ち 育         
  • ア行(イチ・イツ)
    漢字の成り立ち 一          漢字の成り立ち 聿         
  • ア行(イン)
    漢字の成り立ち 寅          漢字の成り立ち 印          漢字の成り立ち 因          漢字の成り立ち 員          漢字の成り立ち 音・意       
  • ア行(ウ)
    漢字の成り立ち 雨          漢字の成り立ち 于・夸       漢字の成り立ち 云          漢字の成り立ち 昷           
  • ア行(エ )
    漢字の成り立ち 易          漢字の成り立ち 睪          漢字の成り立ち 兌          漢字の成り立ち 戉          漢字の成り立ち 益         
  • ア行(エ )・カ行(カイ)
    漢字の成り立ち 回          漢字の成り立ち 会・會        漢字の成り立ち 褱・懐       
  • ア行(エイ)
    漢字の成り立ち 嬰          漢字の成り立ち 熒・        漢字の成り立ち 殹          漢字の成り立ち 央          漢字の成り立ち 永         
  • ア行(エン )・タ行(タン)
    漢字の成り立ち 彖          漢字の成り立ち 爰          漢字の成り立ち 延          漢字の成り立ち 炎         
  • ア行(エン・オン)
    漢字の成り立ち 袁          漢字の成り立ち 夗         
  • ア行(エン)
    漢字の成り立ち 肙          漢字の成り立ち 厭          漢字の成り立ち 寅          漢字の成り立ち 㕣          漢字の成り立ち 燕         
  • ア行(オ )
    漢字の成り立ち 王          漢字の成り立ち 屋          漢字の成り立ち 乙          漢字の成り立ち 音・意        漢字の成り立ち 央          漢字の成り立ち 区・殴        漢字の成り立ち 昷         
  • カ行(カ ) 
    漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 夏          漢字の成り立ち 火          漢字の成り立ち 咼          漢字の成り立ち 叚          漢字の成り立ち 禾          漢字の成り立ち 可          漢字の成り立ち 家          漢字の成り立ち 果          漢字の成り立ち 化          漢字の成り立ち 加         
  • カ行(カイ)
    漢字の成り立ち 海          漢字の成り立ち 夬          漢字の成り立ち 介          漢字の成り立ち 皆         
  • カ行(カク)
    漢字の成り立ち 矍          漢字の成り立ち 殻          漢字の成り立ち 角          漢字の成り立ち 革          漢字の成り立ち 隺          漢字の成り立ち 画          漢字の成り立ち 各         
  • カ行(カツ)
    漢字の成り立ち 害          漢字の成り立ち 舌          漢字の成り立ち 曷         
  • カ行(カン)
    漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 監          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 咸          漢字の成り立ち 漢          漢字の成り立ち 官          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 甘          漢字の成り立ち 雚          漢字の成り立ち 毌・串        漢字の成り立ち 干          漢字の成り立ち 奐         
  • カ行(ガ )
    漢字の成り立ち 画          漢字の成り立ち 我・義        漢字の成り立ち 牙          漢字の成り立ち 亥          漢字の成り立ち 害          漢字の成り立ち 楽          漢字の成り立ち 学          漢字の成り立ち 月          漢字の成り立ち 厂          漢字の成り立ち 元         
  • カ行(キ )
    漢字の成り立ち 貴          漢字の成り立ち 葵          漢字の成り立ち 几          漢字の成り立ち 吉          漢字の成り立ち 其          漢字の成り立ち 奇         
  • カ行(キュウ)
    漢字の成り立ち 丘          漢字の成り立ち 丩          漢字の成り立ち 弓          漢字の成り立ち 求          漢字の成り立ち 及・急        漢字の成り立ち 九          
  • カ行(キョウ・ケイ)
    漢字の成り立ち 开・形        漢字の成り立ち 京          漢字の成り立ち 兄・竟        漢字の成り立ち 敬          漢字の成り立ち 巠          
  • カ行(キョウ・コウ)
    漢字の成り立ち 郷          漢字の成り立ち 孝          漢字の成り立ち 爻・交        漢字の成り立ち 庚          漢字の成り立ち 幸          漢字の成り立ち 更          漢字の成り立ち 行         
  • カ行(キョウ)
    漢字の成り立ち 敫          漢字の成り立ち 劦          漢字の成り立ち 喬          漢字の成り立ち 共          漢字の成り立ち 凶         
  • カ行(キョク)
    漢字の成り立ち 極           漢字の成り立ち 局           漢字の成り立ち 曲         
  • カ行(キョ)
    漢字の成り立ち 豦          漢字の成り立ち 去         
  • カ行(キン)
    漢字の成り立ち 匀          漢字の成り立ち 堇          漢字の成り立ち 斤          漢字の成り立ち 禁          漢字の成り立ち 今         
  • カ行(ギ )
    漢字の成り立ち 屰          漢字の成り立ち 疑          漢字の成り立ち 牛          漢字の成り立ち 堯         
  • カ行(ギョ)
    漢字の成り立ち 魚         
  • カ行(ク )
    漢字の成り立ち 句          漢字の成り立ち 九          漢字の成り立ち 区・殴        漢字の成り立ち 屈          漢字の成り立ち 禺          漢字の成り立ち 具          漢字の成り立ち 君          漢字の成り立ち 軍         
  • カ行(ク・コウ)
    漢字の成り立ち 侯          漢字の成り立ち 口          漢字の成り立ち 后          漢字の成り立ち 冓          漢字の成り立ち 公          漢字の成り立ち 工         
  • カ行(ケ )
    漢字の成り立ち 恵          漢字の成り立ち 血          漢字の成り立ち 埶          漢字の成り立ち 系          漢字の成り立ち 圭          漢字の成り立ち 奚          漢字の成り立ち 携・攜       
  • カ行(ケン)
    漢字の成り立ち 肙          漢字の成り立ち 犬          漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 幵          漢字の成り立ち 建          漢字の成り立ち 見          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 僉           漢字の成り立ち 県         
  • カ行(ケ・カイ)
    漢字の成り立ち 戒          漢字の成り立ち 解         
  • カ行(ケ・キ)
    漢字の成り立ち 希          漢字の成り立ち 幾          漢字の成り立ち 气         
  • カ行(コ )
    漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 戸          漢字の成り立ち 己          漢字の成り立ち 古          漢字の成り立ち 夸          漢字の成り立ち 谷          漢字の成り立ち 告          漢字の成り立ち 骨         
  • カ行(コウ)
    漢字の成り立ち 甲          漢字の成り立ち 厷          漢字の成り立ち 亘          漢字の成り立ち 岡          漢字の成り立ち 光          漢字の成り立ち 高           漢字の成り立ち 丂           漢字の成り立ち 亢           漢字の成り立ち 黄・広        
  • カ行(コン)
    漢字の成り立ち 困          漢字の成り立ち 艮          漢字の成り立ち 今          漢字の成り立ち 昆         
  • カ行(ゴ )
    漢字の成り立ち 五・語        漢字の成り立ち 呉          漢字の成り立ち 午・御        漢字の成り立ち 合          漢字の成り立ち 卬         
  • サ行(サ )
    漢字の成り立ち 坐          漢字の成り立ち 采          漢字の成り立ち 左・尋        漢字の成り立ち 才          漢字の成り立ち 卒          漢字の成り立ち 祭          漢字の成り立ち 乍          漢字の成り立ち 冊         
  • サ行(サイ・セイ )
    漢字の成り立ち 斉          漢字の成り立ち 歳          漢字の成り立ち 妻          漢字の成り立ち 西         
  • サ行(サン)
    漢字の成り立ち 参          漢字の成り立ち 散          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 算          漢字の成り立ち 山          漢字の成り立ち 三         
  • サ行(シ )
    漢字の成り立ち 師          漢字の成り立ち 朿          漢字の成り立ち 厶・台        漢字の成り立ち 子          漢字の成り立ち 思          漢字の成り立ち 氏          漢字の成り立ち 至          漢字の成り立ち 止         
  • サ行(シ )
    漢字の成り立ち 糸          漢字の成り立ち 矢          漢字の成り立ち 示          漢字の成り立ち 市          漢字の成り立ち 四          漢字の成り立ち 旨          漢字の成り立ち 支          漢字の成り立ち 司          漢字の成り立ち 史          漢字の成り立ち 次          漢字の成り立ち 士          漢字の成り立ち 志       
  • サ行(シキ・ショク)
    漢字の成り立ち 食          漢字の成り立ち 戠          漢字の成り立ち 式         
  • サ行(シチ・シツ)
    漢字の成り立ち 失          漢字の成り立ち 質          漢字の成り立ち 七         
  • サ行(シャ )
    漢字の成り立ち 車          漢字の成り立ち 舎          漢字の成り立ち 者          漢字の成り立ち 射          漢字の成り立ち 勺         
  • サ行(シャク・セキ)
    漢字の成り立ち 席          漢字の成り立ち 尺          漢字の成り立ち 赤          漢字の成り立ち 石          漢字の成り立ち 責          漢字の成り立ち 夕          漢字の成り立ち 昔         
  • サ行(シュウ)
    漢字の成り立ち 乑          漢字の成り立ち 舟・受        漢字の成り立ち 州           漢字の成り立ち 習          漢字の成り立ち 秋          漢字の成り立ち 秀          漢字の成り立ち 周          漢字の成り立ち 祝・呪        漢字の成り立ち 就         
  • サ行(シュ)
    漢字の成り立ち 手          漢字の成り立ち 殳          漢字の成り立ち 朱          漢字の成り立ち 守          漢字の成り立ち 首          漢字の成り立ち 主          漢字の成り立ち 取          漢字の成り立ち 出          漢字の成り立ち 宿          漢字の成り立ち 屯・春        漢字の成り立ち 舜         
  • サ行(ショウ・セイ)
    漢字の成り立ち 成          漢字の成り立ち 青          漢字の成り立ち 生          漢字の成り立ち 正         
  • サ行(ショウ)
    漢字の成り立ち 小          漢字の成り立ち 召          漢字の成り立ち 尚          漢字の成り立ち 章          漢字の成り立ち 爿          漢字の成り立ち 昌          漢字の成り立ち 詳・善       
  • サ行(ショ)
    漢字の成り立ち 庶          漢字の成り立ち 処         
  • サ行(シン)
    漢字の成り立ち 兂          漢字の成り立ち 眞          漢字の成り立ち 心          漢字の成り立ち 囟(田)       漢字の成り立ち 申          漢字の成り立ち 辰          漢字の成り立ち 辛・新        漢字の成り立ち 深・探        漢字の成り立ち 帚・侵       
  • サ行(ジ )
    漢字の成り立ち 茲          漢字の成り立ち 爾          漢字の成り立ち 耳          漢字の成り立ち 寺          漢字の成り立ち 自          漢字の成り立ち 舟・受        漢字の成り立ち 孰          漢字の成り立ち 朮          漢字の成り立ち 女           漢字の成り立ち 尽         
  • サ行(ジャク)
    漢字の成り立ち 若           漢字の成り立ち 弱          
  • サ行(ジュウ)
    漢字の成り立ち 重          漢字の成り立ち 从、縱        漢字の成り立ち 十         
  • サ行(ジョウ)
    漢字の成り立ち 丞          漢字の成り立ち 成         
  • サ行(ス )
    漢字の成り立ち 水          漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 隹          漢字の成り立ち 垂          漢字の成り立ち 芻          漢字の成り立ち 寸         
  • サ行(セ )
    漢字の成り立ち 世          漢字の成り立ち 是          漢字の成り立ち 制          漢字の成り立ち 卩・節        漢字の成り立ち 折          漢字の成り立ち 舌          漢字の成り立ち 詳・善       
  • サ行(セン)
    漢字の成り立ち 巽          漢字の成り立ち 前          漢字の成り立ち 先          漢字の成り立ち 宣          漢字の成り立ち 専          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 扇           漢字の成り立ち 全          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 川          漢字の成り立ち 薦          漢字の成り立ち 泉         
  • サ行(ゼン)
    漢字の成り立ち 然          漢字の成り立ち 全         
  • サ行(ソ )
    漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 疋          漢字の成り立ち 卒          漢字の成り立ち 且          漢字の成り立ち 象          漢字の成り立ち 蔵          漢字の成り立ち 則          漢字の成り立ち 尊         
  • サ行(ソウ)
    漢字の成り立ち 匆          漢字の成り立ち 忩          漢字の成り立ち 倉          漢字の成り立ち 爪          漢字の成り立ち 送          漢字の成り立ち 相          漢字の成り立ち 早          漢字の成り立ち 曾          漢字の成り立ち 喿          漢字の成り立ち 帚・侵       
  • サ行(ソク・ショク)
    漢字の成り立ち 蜀          漢字の成り立ち 足          漢字の成り立ち 束         
  • タ行(タ )
    漢字の成り立ち 㒸          漢字の成り立ち 帶          漢字の成り立ち 大          漢字の成り立ち 退          漢字の成り立ち 它・也        漢字の成り立ち 弟          漢字の成り立ち 厶・台        漢字の成り立ち 代          漢字の成り立ち 睪         
  • タ行(タン)
    漢字の成り立ち 旦          漢字の成り立ち 詹          漢字の成り立ち 深・探        漢字の成り立ち 単         
  • タ行(チ )
    漢字の成り立ち 知          漢字の成り立ち 畜          漢字の成り立ち 竹          漢字の成り立ち 宁          漢字の成り立ち 直          漢字の成り立ち 朕・藤       
  • タ行(チュウ)
    漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 肘          漢字の成り立ち 中         
  • タ行(チョウ)
    漢字の成り立ち 枼          漢字の成り立ち 鳥          漢字の成り立ち 朝          漢字の成り立ち 長          漢字の成り立ち 丁          漢字の成り立ち 兆         
  • タ行(ツ )
    漢字の成り立ち 㒸          漢字の成り立ち 追         
  • タ行(テ )
    漢字の成り立ち 帝          漢字の成り立ち 氐          漢字の成り立ち 廷          漢字の成り立ち 呈          漢字の成り立ち 弟          漢字の成り立ち 啇          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 天          漢字の成り立ち 田         
  • タ行(ト )
    漢字の成り立ち 奴          漢字の成り立ち 度          漢字の成り立ち 土          漢字の成り立ち 刀          漢字の成り立ち 沓          漢字の成り立ち 冬          漢字の成り立ち 東          漢字の成り立ち 朕・藤        漢字の成り立ち 到          漢字の成り立ち 豆          漢字の成り立ち 屯         
  • タ行(ドウ)
    漢字の成り立ち 童          漢字の成り立ち 同         
  • ナ行
    漢字の成り立ち 奴          漢字の成り立ち 南          漢字の成り立ち 女           漢字の成り立ち 内          漢字の成り立ち 然          漢字の成り立ち 念         
  • ナ行(ニン・ジン)
    漢字の成り立ち 人          漢字の成り立ち 壬          漢字の成り立ち 刃         
  • ナ行(ニ・ジ)
    漢字の成り立ち 耳          漢字の成り立ち 二            
  • ナ行(ノウ・ドウ)
    漢字の成り立ち 能          漢字の成り立ち 農          漢字の成り立ち 脳         
  • ハ行(ハ )
    漢字の成り立ち 巴          漢字の成り立ち 巿          漢字の成り立ち 派          漢字の成り立ち 配・妃        漢字の成り立ち 貝・買        漢字の成り立ち 白          漢字の成り立ち 莫          漢字の成り立ち 癶         
  • ハ行(ハン)
    漢字の成り立ち 般          漢字の成り立ち 犯・氾        漢字の成り立ち 八・半        漢字の成り立ち 反          漢字の成り立ち 番         
  • ハ行(ヒ )
    漢字の成り立ち 非          漢字の成り立ち 皮          漢字の成り立ち 辟          漢字の成り立ち 比          漢字の成り立ち 尾          漢字の成り立ち 必          漢字の成り立ち 表          漢字の成り立ち 票          漢字の成り立ち 苗          漢字の成り立ち 品         
  • ハ行(ヒョウ・ヘイ )
    漢字の成り立ち 平          漢字の成り立ち 丙         
  • ハ行(フ )
    漢字の成り立ち 付          漢字の成り立ち 夫          漢字の成り立ち 父          漢字の成り立ち 不          漢字の成り立ち 孚          漢字の成り立ち 卜          漢字の成り立ち 畐          漢字の成り立ち 复          漢字の成り立ち 弗          漢字の成り立ち 勿          漢字の成り立ち 八・分        漢字の成り立ち 賁         
  • ハ行(ヘ )
    漢字の成り立ち 並          漢字の成り立ち 辟          漢字の成り立ち 扁         
  • ハ行(ホ )
    漢字の成り立ち 甫          漢字の成り立ち 方          漢字の成り立ち 包          漢字の成り立ち 北         
  • ハ行(ボ )
    漢字の成り立ち 母          漢字の成り立ち 暴          漢字の成り立ち 亡          漢字の成り立ち 卯          漢字の成り立ち 卜         
  • マ行
    漢字の成り立ち 矛          漢字の成り立ち 米          漢字の成り立ち 莫          漢字の成り立ち 末          漢字の成り立ち 未          漢字の成り立ち 亡          漢字の成り立ち 毛          漢字の成り立ち 孟          漢字の成り立ち 門         
  • マ行(メイ・ミョウ)
    漢字の成り立ち 明          漢字の成り立ち 名         
  • マ行(メン、バン・ベン)
    漢字の成り立ち 面          漢字の成り立ち 免         
  • マ行(メ・バ・マ)
    漢字の成り立ち 馬          漢字の成り立ち 麻         
  • ヤ行
    漢字の成り立ち 亦・夜        漢字の成り立ち 予          漢字の成り立ち 余          漢字の成り立ち 谷         
  • ヤ行(ユ)
    漢字の成り立ち 兪          漢字の成り立ち 攸          漢字の成り立ち 憂          漢字の成り立ち 由          漢字の成り立ち 斿          漢字の成り立ち 酉          漢字の成り立ち 右         
  • ヤ行(ヨウ)
    漢字の成り立ち 幺          漢字の成り立ち 夭          漢字の成り立ち 翟          漢字の成り立ち 枼          漢字の成り立ち 羊          漢字の成り立ち 䍃・揺        漢字の成り立ち 用          漢字の成り立ち 昜          漢字の成り立ち 要         
  • ラ行
    漢字の成り立ち 戻          漢字の成り立ち 来          漢字の成り立ち 礼・豊        漢字の成り立ち 剌          漢字の成り立ち 楽          漢字の成り立ち 闌          漢字の成り立ち 秝          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 連          漢字の成り立ち 老         
  • ラ行(リ )
    漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 利          漢字の成り立ち 里          漢字の成り立ち 立          漢字の成り立ち 留          漢字の成り立ち 流          漢字の成り立ち 良          漢字の成り立ち 令          漢字の成り立ち 量          漢字の成り立ち 両          漢字の成り立ち 力             
  • ラ行(リン)
    漢字の成り立ち 侖          漢字の成り立ち 粦          漢字の成り立ち 林         
  • ラ行(レイ)
    漢字の成り立ち 戻          漢字の成り立ち 礼・豊        漢字の成り立ち 令         
  • ラ行(ロク)
    漢字の成り立ち 彔          漢字の成り立ち 六         
  • ワ行
    漢字の成り立ち 或          漢字の成り立ち 夗         
  • 呉音と漢音
    呉音と漢音               
  • 小学校1年生で習う漢字
    小学校1年生で習う漢字①     小学校1年生で習う漢字②    
  • 小学校2年生で習う漢字
    小学校2年生で習う漢字①     小学校2年生で習う漢字②     小学校2年生で習う漢字③     小学校2年生で習う漢字④    
  • 小学校3年生で習う漢字
    小学校3年生で習う漢字①      小学校3年生で習う漢字②     小学校3年生で習う漢字③     小学校3年生で習う漢字④    
  • 小学校4年生で習う漢字
    小学校4年生で習う漢字①      小学校4年生で習う漢字②     小学校4年生で習う漢字③     小学校4年生で習う漢字④    
  • 小学校5年生で習う漢字
    小学校5年生で習う漢字①      小学校5年生で習う漢字②     小学校5年生で習う漢字③     小学校5年生で習う漢字④    
  • 小学校6年生で習う漢字
    小学校6年生で習う漢字①      小学校6年生で習う漢字②     小学校6年生で習う漢字③     小学校6年生で習う漢字④    
  • 小学校で習う漢字
    小学校で習う漢字 父母姉妹兄弟    小学校で習う漢字 春夏秋冬    小学校で習う漢字 一~十      小学校で習う漢字 東西南北   
  • 小説
  • 漢字 のエッセイ
    象形・指事・会意・形声 一年生  象形・指事・会意・形声 二年生  漢字でみるヤナギの分類      落語 空き巣             
  • 漢字 参考図書
  • 漢字 音読み索引(ア行)
  • 漢字 音読み索引(カ行)
  • 漢字 音読み索引(サ行)
  • 漢字 音読み索引(タ行)
  • 漢字 音読み索引(ナ行)
  • 漢字 音読み索引(ハ行)
  • 漢字 音読み索引(マ行)
  • 漢字 音読み索引(ヤ行)
  • 漢字 音読み索引(ラ行)
  • 漢字 音読み索引(ワ行)
  • 漢字・訓読み索引(あ行)
  • 漢字・訓読み索引(か行)
  • 漢字・訓読み索引(さ行)
  • 漢字・訓読み索引(た行)
  • 漢字・訓読み索引(な行)
  • 漢字・訓読み索引(は行)
  • 漢字・訓読み索引(ま行)
  • 漢字・訓読み索引(や行)
  • 漢字・訓読み索引(ら行)
  • 漢字・訓読み索引(わ行)
  • 漢字練習問題(中学生) [1]
    練習問題1-1(書き)         練習問題1-1(読み)         練習問題1-2(書き)         練習問題1-2(読み)         練習問題1-3(書き)         練習問題1-3(読み)         練習問題1-4(書き)         練習問題1-4(読み)         練習問題1-5(書き)         練習問題1-5(読み)        
  • 部首索引 魚(うお・さかな)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ