« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

漢字の覚え方 責

漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(セキ)』という字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校4年生、は5年生、は中学校で習う常用漢字(普段の生活で使う漢字)です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(セキ)』は、借金を責める様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(とげ・刺す)+貝(財貨)=(借金を刺すように繰り返し責める。責める。せめる)です。漢字の部首は『貝・かい』、漢字の意味は『責(せ)める』、『果たさなければ負い目』、『繰り返す』です。

Photo_25

『説文解字』には「求めるなり。貝に従い朿の聲。」とあります。

音読みは呉音が『シャク』、漢音が『サク』、漢音から変化した慣用音が『セキ』、訓読みが『責(せ)める』です。他人の失敗を叱り責めることを叱(シッセキ)、果たさなければならない負い目や任務を任(セキニン)、責任を引き受けることを引(インセキ)、厳しくとがめる責めることを呵(カシャク)といいます。

(セキ)は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1Dp5GoH です。

 『(セキ)』は、収穫した穀物を積む様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、禾(穀物)+(重ねる・繰り返す)=(穀物を重ねる。積む。つむ)です。漢字の部首は『禾・のぎへん』、漢字の意味は『積(つ)む』、『積み重ねる』、『広さ・量』、『掛け合わせる』です。

Photo_3

音読みは呉音が『シャク』、漢音が『セキ』、訓読みが『積(つ)む』、『積(つ)もる』です。積み重なった年を年(セキネン)、雪が積もることを雪(セキセツ)、平面の広さを面(メンセキ)、立体の量を体(タイセキ)といいます。

大変縁起の良い漢字で、『あつ』、『かず』、『かつ』、『さ』、『さね』、『つね』、『つみ』、『もち』、『もり』と広く名前に使われます。

呉音の『シャク』は漢音で『セキ』と読むことがあります。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』⑯http://bit.ly/1LUTTpI もご覧ください。

(セキ)は小学校4年生で習う漢字http://bit.ly/1RpPj7c です。

 『(サイ)』zhàiは、催促(サイソク)されている貸借関係(タイシャクカンケイ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、イ(人間の経済行為)+(借金を刺すように繰り返し責める)=(催促されている貸借関係)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『返さなければならない金品』、『返してもらうべき金品』です。

Photo_26

イ(にんべん)http://bit.ly/2cZIz35 は人間の行為を表しますが、(か)りるhttp://bit.ly/1tAQ8uY(あたい)http://bit.ly/1sY4zux、俸(ホウ)、(つぐな)うhttp://bit.ly/1zeLdFK(か)すhttp://bit.ly/1tysNxb(もう)けるhttp://bit.ly/1tAG41T など経済活動を表すことがあります。

音読みは呉音が『セ』、漢音が『サイ』です。金銭などの返済の責任や義務を務(サイム)、金銭など貸した人が持つ返済の請求権利を権(サイケン)、金銭を借りて返済の責任を負うこと・その借金を負債負(フサイ)、国が発行する返さなければならない証券を国(コクサイ)といいます。

(サイ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(シ)』は、水に漬ける様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(重ねる・繰り返す)=(水に重ねる。漬ける。つける)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『漬(つ)ける』、『漬(ひた)す』です。

Photo_4

音読みは呉音が『セ』、漢音が『』です。訓読みは『漬(つ)ける』と常用外の『漬(ひた)す』です。野菜を塩や醤油などの液体に重ねておいたものを(つ)け物といいます。

(シ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(セキ)』は、繊維を縒(よ)り合せて糸をつくる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸(繊維)+(重ねる・繰り返す)=(繊維を重ねて糸にする。つむぐ)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、漢字の意味は『繊維を合せて糸にする』、『績(つむ)ぐ』、『積み重ねた仕事』です。

Photo_6

音読みは呉音が『シャク』、漢音が『セキ』、訓読みが常用外の『績(つむ)ぐ』です。繊維をより合わせて糸をつくることを紡(ボウセキ)、事業や研究で積み上げた成果を業(ギョウセキ)、仕事や学業の成果の結果を成(セイセキ)といいます。

(つむ)ぐは(つむ)ぐhttp://bit.ly/1oh7v59 と書くのが普通です。積み重ねた成果を表す大変良い漢字で、『いさ』、『いさお』、『さね』、『つみ』、『なり』、『のり』、『もり』と広く人名に使われます。

(セキ)は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1Dp5GoH  です。

 『(セキ)』は、足あとを表す形声文字です。漢字の足し算では、足+(重ねる・繰り返す)=(足を重ねる。足蹟。あしあと)です。漢字の部首は『足・あしへん』、漢字の意味は『足蹟(あしあと)』、『蹟(あと)』です。

Photo_27

(セキ・あと)は常用漢字(普段日常で使う漢字)の(セキ・あと)と書くのが普通です。

音読みは呉音が『シャク』、漢音が『セキ』、訓読みが常用外の『蹟(あと)』です。歴史上の事件や建物の跡を史跡・史(シセキ)、書かれた文字のあとを筆跡・筆(ヒッセキ)、逃げたものの足蹟を追いかけることを追跡・追(ツイセキ)といいます。

(セキ)は常用漢字から外れています。また(セキ)については『漢字の覚え方 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-ae98.html をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-7725.html

『漢字の覚え方 責』     

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.せきにん(   )を果たす。

2.良心の かしゃく(   )。

3.せきせつ(   )が多い年。

4.めんせき(   )の計算。

5.さいむ(   )の返済。

6.こくさい(   )の発行。

7.つ( )けもの。

8.ぼうせき(   )工場。

9.せいせき(   )が上がる。

10.ひっせき(   )鑑定。

解説です。基本の漢字は、積(つ)むは禾(のぎへん)を足して、債務(サイム)はイ(にんべん)を足して、漬(つ)ける口を足して、績(つむ)ぐは糸を足して、蹟(あと)は足を足してです。

解答です。任、呵、苛雪、面務、国け、紡、筆跡・筆

漢字の覚え方 世

 今日は『(セ・セイ)』shìという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『セイ』、『セツ』、意味は『長い時間』、『世代』です。などがこの漢字の『単語家族』で、近い漢字に(ヨウ)http://bit.ly/1R7K6Mw があります。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で3年生で、は人名用漢字です。は普段使う漢字(常用漢字)ではありませんが一緒に覚えましょう。

 『(セ・セイ)』shìは、三十年間の世代を表す会意文字です。十を三つ並べて、横棒を引いて、三十年の世代を表したとされます。漢字の足し算では、十+十+十=(三十年間。世代)です。漢字の部首は『一・いち』、漢字の意味は『親が子に引き継ぐまでの三十年』、『世代』、『人間の社会』、『代代』です。

Photo

音読みは呉音が『』、漢音が『セイ』、訓読みは『世(よ)』です。人間の社会・世の中を間(ケン)、親が子に引き継ぐまでの三十年を代(ダイ)、西洋の暦(こよみ)の百年を紀(セイキ)、地球上の国家・人間社会の全体・過去、現在、未来の三世を界(カイ)といいます。

(セイ)は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-4ad7.html です。

 『(セツ)』xièは、時間をかけてジワジワ漏れる様子を表わす形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(時間がかかる)=(時間をかけてジワジワ漏れる)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『泄(も)れる』です。

Photo_4

音読みは呉音が『セチ』、漢音が『セツ』です。水が漏(も)れることを漏(ロウセツ)、便が少しずつ漏れる様子・糞尿として体外に出す作用を排(ハイセツ)excretlonといいます。

また『たまった水が長くのびる』の意味では(エイ)yeの影響を受けて『(エイ)』yi、漢音『エイ』と読むことがあります。

(セツ)は常用漢字から外れていますが、排(ハイセツ)という漢語は良く使います。

 『(セツ)』xièは、水底の泥や木やゴミなどを渫(さら)う様子を表わす形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(時間がかかる)+木(水中の木くず)=(水底の泥や木やゴミなどを渫う。さらう)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『渫(さら)う』です。

Photo_20

音読みは呉音が『セチ』、漢音が『セツ』です。水底の泥や木やゴミなどを渫(さら)って除去することを浚(シュンセツ)といいます。

(セツ)は常用漢字から外れていますが、浚(シュンセツ)という漢語は良く使います。

 『(セツ)』xièは、犬馬をつなぐ長い紐(ひも)を表わす形声文字です。漢字の足し算では、糸+(長い)=(犬馬をつなぐ長い紐(ひも))です。漢字の部首は『糸・いとへん』、漢字の意味は『犬馬をつなぐ長い紐』、『きずな』、『手綱(たづな)』です。

Photo_15

音読みは呉音が『セチ』、漢音が『セツ』です。馬をつなぐロープ・手綱(たづな)を羈(キセツ)といいます。

(セツ)は常用漢字から外れています。

 『(セイ)』shìは、支払いを延ばして貰う様子を表わす形声文字です。漢字の足し算では、(長い間)+貝(金銭)=(支払いを延ばして貰う。ゆるす)です。漢字の部首は『貝・かい』、漢字の意味は『支払いを延ばして貰う』、『ゆるす』です。我が国では、『(もら)う』の意味に使います。

Photo_9

音読みは呉音が『セ』、漢音が『セイ』、訓読みは『貰(もら)う』です。罪をゆるすことを赦(セイシャ)、物を先にやりと取し支払いを延ばすことを貸(セイタイ)といいます。

(セツ)は常用漢字から外れています。

 『(ささ)』は、何代もはえる笹(ささ)表わす国字です。小形の竹を指します。漢字の足し算では、竹+(何代もはえる)=(何代もはえる。時間をかけてジワジワはえる竹。笹。ささ)です。漢字の部首は『竹・たけかんむり』、漢字の意味は『笹(ささ)』です。

Photo_5

音読みはありません。訓読みは『笹(ささ)』です。植物学上では、筍の皮が脱落するものが竹、皮が残るものが笹と呼ばれますが、一般的には竹の小さいものをと呼ぶようです。笹の葉でくるんだ御寿司を寿司(ささずし)、笹の葉でつくった小さな舟を舟(ささぶね)といいます。

(ささ)は人名用漢字です。

(チク)の『単語家族』には、(トク)、(チク)などがあります。詳しくは『漢字の覚え方 http://bit.ly/1Mc0f0o をご覧ください。

 『(ヨウ)』は、三枚の葉が木に上にある姿を表す形声文字です。単独で用いられることはなく、艹(くさんかんむり)を足して(ヨウ)ye、虫(むしへん)を足して(チョウ)などの漢字のパーツになっています。この場合のは三枚の葉を表し、木と合せて(ヨウ)として使います。(セイ・世代)とは別の使い方です。

ここでは(ヨウ)を紹介するにとどめます。(ヨウ)の『単語家族』で、(チョウ)、(チョウ)などの仲間の漢字については『漢字の覚え方 枼』をご覧ください。

 『(ヨウ)』は、三枚の葉(は)を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(草)+世(三枚)+木=(三枚の葉。葉。は)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、意味は『葉(は)』、『薄(うす)いもの』、『時代』、『いろいろな』です。

Photo_3

音読みは呉音・漢音ともに『ヨウ』、訓読みは『葉(は)』です。秋になって葉が落ちること・落ちた葉を落(ラクヨウ・おち)、秋になって紅く色づく葉を紅(コウヨウ・もみじ)、感情を伝えるいろいろな音声や文字を言(こと)といいます。

(ヨウ)は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1vlSD7s です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-1609.html

『漢字の覚え方 世』     

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.二十 せいき(   )。

2.せかい(   )の終わり。

3.はいせつ(   )物。

4.しゅんせつ(   )工事。

5.もら(  )い物。

6.ささぶね(   )を作る。

7.ささずし(   )を食べる。

解説です。基本の漢字は、泄(も)れるは氵(さんずい)を足して、渫(さら)うは氵(さんずい)と木(きへん)を足して、紲(きずな)はか糸を足して、貰(もら)うは貝を足して、笹(ささ)は竹を足してです。

解答です。紀、界、排、浚い物、舟、寿司、鮨。

2015年5月24日 (日)

漢字の覚え方 南

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(ナン)』nánという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれ、南を使った漢字に(コン)があります。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校2年生、は中学校で習う常用漢字、は人名用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(ナン)』nánは、小屋に入りこむ暖かい空気を表す漢字です。草木の伸びる方向を表すとも、南方民族の演奏する太鼓・銅鑼(どら)を表すともいわれています。漢字の部首は『十・じゅう』、漢字の意味は『南(みなみ)』です。

Photo_8

白川は楽器の象形文字、藤堂は甲骨文字の段階では象形文字、篆文では形声文字としています。

音読みは呉音が『ナン』、漢音が『ダン』、慣用音が『ナ』、訓読みが『南(みなみ)』です。南の方を方(ナンポウ)、南の風を風(ナンプウ・みなみかぜ)、南の方にある山を山(ナンザン)といいます。我が国では北の比叡山延暦寺を北嶺(ホクレイ)、南の興福寺を都(ナント)といいます。

呉音のナンは漢音ではダンに変化します。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html もご覧ください。

は小学校2年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-e258 です。

東西南北については、『漢字の覚え方 東西南北http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-2228.html もご覧ください。

 『(ナン)』nánは、楠(くすのき)を表す形声文字です。漢字の足し算では、木+(南方)=(南方の木。くすのき)です。漢字の部首は『木・きへん』、漢字の意味は『楠(くすのき)』です。

Photo_9

音読みは呉音が『ナン』、漢音が『ダン』、訓読みが『楠(くすのき)』です。我が国では、四国・九州に多く、神社の御神木になっていることがあります。枝葉から樟脳(ショウノウ)をとります。は人名用漢字です。

(くすのき)は(くすのき)とも書きます。

鎌倉時代から南北朝にかけての武将に木正成(くすのきまさしげ)がいます。

 『(ナン)』nánは、口ごもって話す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、口+(=納。納める)=(口の中に納めるように口ごもって話す)です。漢字の部首は『口・くちへん』、漢字の意味は『口ごもって話す』です。直接(みなみ)と関係ないようです。

Photo_9

音読みは呉音が『ネン』、漢音が『ダン』、慣用音が『ナン』です。もたもたと話し続ける様子を喃喃ナンナン)、くどくど話すこと・男女がこそこそ話すことを語(ナンゴ)といいます。は常用漢字から外れています。

 『(ケン)』xiànは、たてまつる様子・ささげる様子を表す漢字です。漢字の足し算では、(立派な食器)+犬(獣の肉)=獻・(肉を立派な食器で捧げる。たてまつる)です。漢字の部首は『犬・いぬ』、漢字の意味は『捧げ』、『奉る』、『前に進む』、『物知り』です。

Photo

漢字の世界では(ケン・立派な食器)の省略した形にを使います。正字はですが、常用漢字体のを使って下さい。

音読みは呉音が『コン』、漢音が『ケン』です。目上の人に丁寧に差し上げることを上(ケンジョウ)、意見を申し上げることを言(ケンゲン)、盃に酒をついですすめることを盃(ケンパイ)、物知りの言い伝え・研究の参考資料を文(ブンケン)、料理の捧げる順番・種類を立(コンダテ)といいます。

呉音のコンは漢音ではケンに変化することがあります。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html もご覧ください。

は中学校で習う常用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-7a0a.html

『漢字の覚え方 南』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.みなみかぜ(   )が吹く。

2.なんぽう(   )の民族。

3.とうざいなんぼく(     )。

4.くすのき(  )。

5.宝玉を けんじょう(   )する。

6.ぶんけん(   )を調べる。

7.こんだて(   )を考える。

解説です。基本の漢字は、楠(くすのき)は木(きへん)を足して、喃(くちごもる)は口(くちへん)を足して、献(ささげる)るは犬(いぬ)を足してです。

解答です。風、、東西北、、文

漢字の覚え方 農

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(ノウ)』nóngという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えます。は3年生、は中学校で習う常用漢字(日常で使う漢字)です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(ノウ)』nóngは、田畑の土を耕す様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、盥(両手)+辰(おおはまぐり)=(おおはまぐりを使って田畑を耕す。耕す)です。漢字の部首は『辰・たつ』、漢字の意味は『耕(たがや)す』、『作物を育てる』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ノウ』で、漢音の『ドウ』は使いません。畑を耕し、作物を育てる職業を業(ノウギョウ)、農業を職業にする家を家(ノウカ)、農業についての政治や制度を政(ノウセイ)といいます。

生産性のある非常に縁起の良い漢字で、『あつ』、『たか』、『たみ』、『つとむ』、『とき』、『とよ』、『なる』と名前に広く使われます。

漢字の世界では、古くは田畑は貝器(辰・おおはまぐり)で、『ねっとり』するように耕(たがや)したとされています。液体の『ねっとり』した様子が(ノウ)です。

呉音が『ノウ』と発音する場合は、漢音では『ドウ』と発音することがあります。呉音と漢音については『呉音と漢音』の③ http://bit.ly/1LUTTpI もご覧ください。

は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-e460.html です。

 『(ノウ)』nóngは、田畑の土を耕す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(ねっとり耕す)=(ねっとりした水。濃い)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『濃(こ)い』です。

Photo_4

音読みは呉音が『ニュウ』、漢音が『ジョウ』で、慣用音の『ノウ』を使います。訓読みは『濃(こ)い』です。味や香りがこくてこってりしていることを厚(ノウコウ)、濃いことと淡いことを淡(ノウタン)といいます。

(こ)いの反対は、(あわ)いです。(タン)は(エン)、(タン)などの漢字の仲間です。詳しくは『漢字の覚え方 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-19af.htmlをご覧ください。

良い意味の漢字で『あつ』、『あつし』と名前に使われます。は中学校で習う常用漢字です。

 『(ノウ)』nóngは、膿(うみ)を様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、月(身体)+(ねっとり耕す)=(身体でねっとりしたもの。膿。うみ)です。漢字の部首は『月・にくづき』、漢字の意味は『膿(うみ)』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ノウ・ノ』で、漢音の『ドウ』は使いません。訓読みは『膿(うみ)』です。ただれて膿(うみ)をもつことを化(カノウ)といいます。

(ノウ)は常用漢字から外れています。

 『(ノウ)』nóngは、中世の俗語で自分を表す形声文字です。漢字の足し算では、イ(人間)+(濃い)=(自分。儂。わし)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『儂(わし)』です。(濃い・ねっとりとした)の意味は反映されていないようです。無理に関連付ければ(こ)い人でしょうか。

Photo_6

音読みは呉音が『ノウ・ノ』で、漢音の『ドウ』、唐宋音は『ノン』です。我が国では男性の老人が使うことが多いです。

(ノウ)は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-244f.html

『漢字の覚え方 農』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.のうぎょう(   )経営。

2.のうきょう(   )改革。

3.のうこう(   )な味。

4.のうたん(   )の陰影。

5.傷が かのう(   )する。

6.わし( )も年をとった。

解説です。基本の漢字は、濃(こ)いは氵(さんずい)を足して、膿(うみ)は月(にくづき)を足して、儂(わし)はイ(にんべん)を足してです。

解答です。業、協、厚、淡、化

2015年5月17日 (日)

漢字の覚え方 聿

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(イツ)』という字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれ、(イツ)を使った漢字になどの漢字があります。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えてます。は小学校3年生、)、)、は2年生、は4年生、は6年生、()は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(イツ)』は、(ふで)を表す会意文字です。漢字の足し算では、ヨ(右手)+lニ(ふでをを表すデザイン)=(ふで)です。漢字の部首は『聿・ふでづくり』、漢字の意味は『聿(ふで)』、漢字の意味は『聿(ふで)』です。

Photo

音読みは呉音が『イチ』、漢音が『イツ』です。現在では、(イツ)を単独で使うことはありませんが、(ヒツ・竹製の筆。ふで)、(リツ・リズムをとる)のパーツとして活躍している漢字です。は常用漢字ではありません。

 『(リツ)』lǜは、(ふで)で一行、二行とリズム良く書く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、彳(行く)+(ふでを手で持つ)=(一行、二行とリズム良く書く。箇条書き。転じて法則・おきて)です。漢字の部首は『彳・ぎょうにんべん』、漢字の意味は『音楽の調子』、『箇条書き』、『法則・おきて』です。

Photo_2

音読みは呉音が『リチ』、漢音が『リツ』です。刑罰についての規定を律(リツ)・行政の規則を令(リョウ)といい、あわせて古代国家の基本法を令(リツリョウ)、社会秩序を維持するための規則を法(ホウリツ)、仏教の僧の守る戒めと規則を戒(カイリツ)、決まりに従い義理堅いことを儀(リチギ)といいます。

(リツ)は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/21pbuvo です。

 『(リツ)』lǜは、(むぐら)を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(ならぶ)=(ならび茂って地面を覆う植物。むぐら)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『葎(むぐら)』です。

Photo_7

音読みは呉音が『リチ』、漢音が『リツ』、訓読みが『葎(むぐら)』です。6枚~8枚の葉が輪生し、茎には刺(とけ)があり、小さな白い花が咲きます。人家の近くの空き地などに多く、八重(やえむぐら)、車(くるまむぐら)など種類があります。空き地にはえるので荒れは果てた様子を思わせます。

八重 茂れる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり   恵慶法師

(リツ・むぐら)は常用漢字ではありません。

 『(ヒツ)』bǐ は、竹製の(ふで)を表す形声文字です。漢字の足し算では、竹(竹製)+(ふでを手で持つ)=(竹製の筆。ふで)です。漢字の部首は『竹・たけかんむり』、漢字の意味は『筆(ふで)』です。

Photo_14

音読みは呉音が『ヒチ』、漢音が『ヒツ』、訓読みが『筆(ふで)』です。口でいわずに文字を書いて意思を通じあうことを談(ヒツダン)、本人に代わって筆をとることを代(ダイヒツ)、武家の秘書役・代筆者を右筆・祐(ユウヒツ)、黒鉛(コクエン)を芯(しん)とする木製の筆記用を鉛(エンピツ)といいます。

(ヒツ)は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1vlSD7s です。

 『(シン)』jīnは、(ふで)でしめらせた潤(うるおい)いを表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(ふで)+彡(良い感じ)=(筆でしめらせた潤い。転じて潤いある安らかな水辺。津。つ)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『筆でしめらせた潤い』、『安らかな港』、『渡し場』、『潤う』です。

Photo_10Photo_11

常用漢字体(普段使う漢字の字体)は(シン)ですが、良い感じと『シン』という音(オン)を表す(サン)が入った字体があります。

音読みは呉音・漢音ともに『シン』、訓読みが『つ』です。人体を流れる液体を液(シンエキ)、興味があとからあとから湧いてくる様子を興味津津(キョウミシンシン)、全国の港や浜・国中至る所を津津浦浦(つつうらうら)、港を襲う大波を波(なみ)といいます。

安らかな漢字で『す』、『ず』、『つ』、『づ』と地名・人名に広く使われます。

(シン)は中学校で習う常用漢字です。良い意味を表す(サン)について、詳しくは『漢字の覚え方 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-adea.html をご覧ください。

(イツ)を使った漢字に(ショ)があります。

 『(ショ)』shūは、筆を持って文字を書く姿を表わす形声文字です。漢字の足し算では、(ふで)+日(の省略形・人)=(筆で書きつける人。書く)です。漢字の部首は『日・にち』、漢字の意味は『書(か)く』、『手紙』、『文字』、『文字のスタイル』です。

Photo_12

音読みは呉音・漢音ともに『ショ』、訓読みは『書(か)く』です。書き記したものを物(ショモツ、家からの手紙を家(カショ)、書き記す役割の人を記(ショキ)、書きものをする神聖な場所を斎(ショサイ)、きっちり(楷)と書く文字のスタイルを楷(カイショ)といいます。

(ショ)は小学校2年生で習う漢字http://bit.ly/1CcJ09S です。

(シャ)については『漢字の覚え方 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-9940.html をご覧ください。

(イツ)を使った漢字に(ケン)があります。

 『(ケン)』jiànは、筆を真っ直ぐ建てる様子を表す会意文字です。漢字の足し算では聿(筆)+廴(まっすぐ行く)=(筆を真っ直ぐ建てる。建てる。たてる)です。漢字の部首は『廴・えんにょう』、意味は『建てる』です。元は筆を建てるですが、建築物・国家など大きなものを建てるの意味に使います。

Photo_13

音読みは呉音が『コン』、漢音が『ケン』、訓読みが『建(た)てる』です。国を建てることを国(ケンコク)、建てて築くことを築(ケンチク)、仏教の塔や堂を建築することを立(コンリュウ)といいます。は小学校4年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/4-67fd.html です。

非常に良い意味の漢字で『けん』、『たけ』、『たけし』、『たける』、『たつ』、『たつる』、『たて』と名前に使われます。

(ケン)の『単語家族』にはなどの漢字があります。詳しくは『漢字の覚え方 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-89cd.html をご覧ください。

(イツ)を使った漢字に(ジン)があります。

 『盡・尽(ジン)』jìnは、筆の墨(すみ)が尽(つ)きてしまった様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、(ふで)+灬(筆に含まれる墨)+皿(皿の墨)=(筆の墨(すみ)が尽(つ)きてしまう。尽きる。つきる)です。漢字の部首は『尸・しかばね』、漢字の意味は『残り少なくなる』、『最後まで力を尽くす』、『尽(ことごと)く』です。

灬(れっか)は漢字の世界では火を表しますが、ここでは筆に含まれる墨が尽きる様子を表します。

Photo_2

正しい字体はですが、省略した字体のが常用漢字として登録されているので、を使って下さい。(ふで)は書くのが大変なのでに書き換えられることがあります。

音読みは呉音が『ジン』、漢音が『シン』、訓読みは『尽(つ)きる』、常用外の『尽(ことごと)く』です。力を尽くすことを力(ジンリョク)、日の出から日没までを日(ジンジツ)、一度の網でそこにいる魚を尽(ことごと)く捕らえることを一網打(イチモウダジン)といいます。は中学校で習う常用漢字です。

(ジン)の『単語家族』にはなどの漢字があります。詳しくは『漢字の覚え方 尽』  をご覧ください。

(イツ)を使った漢字に(ガ・カク)があります。

 『画・畫(ガ・カク)』huàhuóは、筆で区切りをつけて描いた絵を表す会意文字です。漢字の足し算では、(ふで)+田一(田のように区切る)=(筆で区切りをつけて描く。描いた絵画。区切り。線を引いて考える)です。漢字の部首は『田・た』、意味は『絵画』、『区切る』、『考える』です。

正しい字体はですが、省略した字体のが常用漢字として登録されているので、を使って下さい。聿(ふで)+一で区切るを表わします。(ひる)も同じ漢字の成り立ちで、太陽の出ている時間を区切るの意味があります。

Photo_21Photo_23

音読みは呉音が『・エ』、漢音が『カイ』です。家(カ)、映(エイ)、絵(カイ)の『(ガ)』huaです。

考える・区切るの意味では、音読みは呉音が『ワク』、漢音が『カク』と読み方が違います。企(キカク)、計(ケイカク)、区(クカク)の『(カク)』huóです。

は小学校2年生で習う漢字http://bit.ly/1gpSgnE です。

(イツ)を使った漢字に(チュウ)があります。

 『(チュウ)』zhòuは、昼間の間(あいだ)を表す漢字です。漢字の足し算では、(筆・書く)+日(太陽)・一(区切る)=(一日のうち太陽が出ている間を書く。昼)です。漢字の部首は『日・にち』、漢字の意味は『昼(ひる)』です。

Photo_24

正しい字体はですが、省略した字体のが常用漢字として登録されているので、を使って下さい。(ふで)は書くのが大変なのでに書き換えられることがあります。

(書く)+一(区切る)の組み合わせは、区切ることを表します。)も同じ組み合わせの漢字です。略字はで似ていませんが、正字はで近い漢字だということがわかります。

音読みは呉音・漢音ともに『チュウ』、訓読みは『昼(ひる)』です。昼と夜で夜(チュウヤ・ひるよる)、昼の食事が食(チュウショク)、明らかな(白)真昼を白(ハクチュウ)といいます。

は小学校2年生で習う漢字http://bit.ly/1TnGI2d です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-b8bf.html

『漢字の覚え方 聿』      

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ほうりつ(   )を守る。

2.大宝 りつりょう(   )。

3.やえむぐら(    )。

4.えんぴつ(   )と消しゴム。

5.ひつだん(   )代議士。

6.興味しんしん(    )。

7.つなみ(    )。

8.しょもつ(    )を読む。

9.としょかん(    )。

10.けんちく(    )物。

11.いちもうだじん(     )。

12.かいが(   )の観賞。

13.けいかく(   )を立てる。

14.ちゅうしょく(   )を摂る。

解説です。基本の漢字は、律(リツ)は彳(ぎょうにんべん)を足して、葎(むぐら)は艹(くさかんむり)を足して、筆(ふで)は竹(たけかんむり)を足して、津(つ)は氵(さんずい)わ足して、書(か)くは者を足して、建てるは廴(えんにょう)を足してです。

解答です。法令、八重、鉛談、津津波、物、図館、築、一網打、絵、計食。

漢字の覚え方 印

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(イン)』yìnという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』には、また近い漢字に漢字があります。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『(イン)』に何を足したら(ヨク)、『(ゴウ)』に何を足したら(ギョウ)、(ゲイ)になるのかを考えます。は小学校4年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(イン)』yìnは、押さえつける様子・印(イン)を押す様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、E(手)+卩(ひざまづいた人)=(手で人をひざまずかせる。転じて抑え付ける。印を押す)です。漢字の部首は『卩・ふしづくり』、漢字の意味は『抑え付ける』、『印を押す』、『印(しるし)』です。

『説文解字』には、爪(ソウ・手)に従い、卪(セツ)に従う。執政の所持する信也。とあります。

PhotoPhoto_6


音読みは呉音・漢音ともに『イン』、訓読みは『印(しるし)』です。心にあるイメージ(象)を押しつけられることを象(インショウ)、版型を押しつけて刷(す)ることを刷(インサツ)、郵便物の消息を伝える印を消(けしイン)、書物を印刷して世に出すことを行(インギョウ)、書物の著作権からえるお金を税(インゼイ)といいます。

『抑え付ける』の意味では、『(ヨク)』を使います。

(イン)』は小学校4年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/4-31ef.htmlです。

 『(ヨク)』は、押さえつける様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(手で人をひざまずかせる)=(手で人をひざまずかせる。抑え付ける)です。漢字の部首は『扌・てへん』、漢字の意味は『抑え付ける』です。

Photo_6

はデザインの都合でになっっています。

音読みは呉音が『オク』、漢音が『ヨク』、訓読みは『抑(おさ)える』です。無理やりおさえつけることを圧(ヨクアツ)、おさえとどめることを制(ヨクセイ)、声の調子などをおさえたり、あげたりすることを揚(ヨクヨウ)といいます。

(ヨク)』は中学校で習う常用漢字です。

(イン)に良く似た漢字で(ゴウ)http://bit.ly/1PElYB4 があります。

 『(ゴウ)』ángは、立っている人とひざまずいた人を表す会意文字です。漢字の足し算では、匚(立っている人)+卩(ひざまづいた人)=(立っている人とひざまずいた人)です。漢字の部首は『卩・ふしづくり』、漢字の意味は『高い』、『仰ぐ』です。

Photo_9

音読みは呉音・漢音ともに『ゴウ』です。(ゴウ)の漢字自体をを使うことはありません。(ギョウ)、(ゲイ)の漢字の部分になっています。

 『(ギョウ)』yǎngは、仰(あお)ぐ様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、イ(人間)+(立っている人とひざまずく人)=(ひざまずいた人が上を見る。仰ぐ。あおぐ)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『仰(あお)ぐ』、『敬う』、『おおげさ』です。

Photo_8

音読みは呉音が『ゴウ』、漢音が『ギョウ』、慣用音が『コウ』です。訓読みは『仰(あお)ぐ』です。神を信じて敬うことを信(シンコウ)、天を仰ぐほどびっくりすることを天(ギョウテン)、物事が大げさなさまを山(ギョウサン)といいます。

(ギョウ)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(コウ)』ángは、太陽をふりあおぐために、頭をあげて上向く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、日(太陽)+(立っている人とひざまずく人・仰ぐ)=(太陽をふりあおぐために、頭をあげて上向く。上がる)です。漢字の部首は『日・にち』、漢字の意味は『昂(あお)ぐ』、『昂(あ)がる』です。

Photo_7

音読みは呉音・漢音が『ゴウ』、慣用音が『コウ』です。訓読みは『昂(あお)ぐ』、『昂(あ)がる』、『昂(たか)まる』です。ひどく気持ちが高ぶることを激(ゲキコウ)、気勢が高く上がることを意気軒昂(イキケンコウ)といいます。

素晴らしい漢字で『あき』、『あきら』、『たか』、『たかし』、『のぼる』と名前に使われます。

(コウ)』は人名用漢字です。

 『(ゲイ)』yíngは、出迎(でむか)える様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、辶(進む・出向く)+(敬意を払う)=(敬意を払って出向く。迎える。むかえる)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、漢字の意味は『迎(むか)える』、『相手の意をいれる』です。

Photo_10

音読みは呉音が『ギョウ』、漢音が『ゲイ』、訓読みは『迎(むか)える』です。歓(よろこ)んで迎えることを歓(カンゲイ)、送り迎えを送(ソウゲイ)、春を迎えることを春(ゲイシュン)、他人の気に入るように調子を合せることを合(ゲイゴウ)といいます。

(ゲイ)』は中学校で習う常用漢字です。

似た漢字の『(ボウ)』maoについては、『漢字の覚え方 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-30cc.html をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-c07c.html

『漢字の覚え方 印』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.いんさつ(   )機械。

2.いんぜい(   )の収入。

3.支出の よくせい(   )。

4よくよう(   )をつける。

5.ぎょうてん(   )。

6.大切な しんこう(   )。

7.熱烈 かんげい(   )。

8.そうげい(   )バス。

解説です。基本の漢字は、抑(おさ)えるは扌(てへん)を足して、仰(あお)ぐはイ(にんべん)を足して、迎(むか)えるは辶(しんにょう)を足してです。

解答です。刷、税、制、揚、天、信、歓、送

2015年5月10日 (日)

漢字の覚え方 癶

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(ハツ)』という字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』には()、という漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校3年生、は中学校で習う常用漢字(普段使う漢字)、は常用漢字ではありませんが、一緒に覚えましょう。

 『(ハツ)』は、両足を左右に開く様子を表す象形文字です。の漢字自体を使うことはありませんが、『ハツ』という音と『左右に開く』・『はねる』という意味を持ち、漢字の部首『・はつがしら』として、()、の構成要素となっています。

Photo_5

音読みは呉音が『ハチ』、漢音が『ハツ』です。

 『(ハツ)』は、弓をはじいて発射する様子を表す形声文字です。が本字ですが、常用漢字体のを使います。漢字の足し算では、(両足を左右に開く)+弓+殳(動作)=(左右に足を開くようにパッと弓を発射する。発する)です。漢字の部首は『癶・はつがしら』、意味は『発射する』、『進み始める』、『おこる』、『明らかにする』、『あばく』、『弾丸・弓の数』です。

Photo_6

音読みは呉音が『ホチ』、漢音が『ハツホツ』です。ある目的地に向かって進み始めることを出(シュッパツ)、工夫して新しい事物を考え出すことを明(ハツメイ)、世の中に知られていないことを見つけだすことを見(ハッケン)、遺跡など掘ってあばくこと、明らかにすることを掘(ハックツ)といいます。

(ハツ)は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-e460.html です。

 『(ハツ)』は、撥(は)ねる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(おこる・発する)=(手を使っておこす。撥(は)ねる。はねる)です。漢字の部首は『扌・てへん』、意味は『撥(は)ねる』、『弦をはねて音を出す』です。

Photo_4

音読みは呉音が『ハチ』・漢音とも『ハツ』、慣用音が『バチ』です。訓読みは『撥(は)ねる』です。『ん』などの撥(は)ねる音を音(ハツオン)、力を撥(は)ね返すことを反(ハンパツ)、らせん状に巻いた反発する金属を条(ハツジョウ・ばね)、琵琶(ビワ)などの弦をはねて音を出すものを(バチ)といいます。

(ハツ)』は常用漢字から外れています。に書き換えることがあります。

 『(ハツ)』は、魚が撥(は)ねる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(おこる・発する)=(水の中から魚が撥(は)ねる。元気が良い)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『魚が撥(は)ねる』、『元気がよい』です。

Photo_11

音読みは呉音が『ハチ』、漢音が『ハツ』です。元気のよい生き生きとした様子を活(カッパツ)、魚が飛び跳ねる様子を溂(ハツラツ)といいます。

(ハツ)』は常用漢字から外れています。に書き換えることがあります。略字のを使うことがあります。

 『(ハツ)』は、お酒が醗酵する様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、酉(酒樽)+(おこる・発する)=(酒樽の中で進む。醗酵する。醱(かも)す)です。漢字の部首は『酉・さけ』、意味は『酒が泡立つ』、『醱(かも)す』です。

Photo_10

音読みは呉音が『ハチ』、漢音が『ハツ』です。訓読みは『醱(かも)す』です。微生物の働きで糖がアルコールなどに変わることを酵(ハッコウ)といいます。

に書き換えることがあります。略字のを使うことがあります。

(かも)すは(かも)すと書くのが普通です。

(コウ・大切にする酒)は(コウ・親を大切にする)などと同じ仲間の漢字です。詳しくは『漢字の覚え方 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-149b.html をご覧ください。

 『(ハイ)』fèiは、家が崩れる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、广(建物・家)+(はじく・発する)=(建物がはじける。建物が崩れる。廃れる。すたれる)です。漢字の部首は『广・まだれ』、意味は『建物が崩れる』、『廃(すた)れる』、『やめる』です。が本字ですが、常用漢字体のを使います。

Photo_7

音読みは呉音が『ホ』、漢音が『ハイ』、訓読みが『廃(すた)れる』です。だめだと判断して止(や)めることを止(ハイシ)、崩れて住めなくなった家を屋(ハイオク)、市街・建物が荒れ果てた様を墟(ハイキョ)、荒れ果てることを荒(コウハイ)といいます。

』は中学校で習う常用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-5fee.html

『漢字の覚え方 癶』    

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.日本の はつめい(   )品。

2.目的地へ しゅっぱつ(   )。

3.はんぱつ(   )係数。

4.かっぱつ(   )な議論。

5.元気 はつらつ(   )。

6.はっこう(   )食品。

7.制度の はいし(    )。

解説です。基本の漢字は、發するは弓と殳を足して)、撥(は)ねるは扌(てへん)を足しては、潑(魚が撥ねる)は氵(さんずい)を足して、醱(かも)すは酉(さけ)を足してで、廃(すた)れるは广(まだれ)を足してです。

解答です。明、明、出、出、反、反、活、活溂、溂、酵、酵、止。

漢字の覚え方 暴

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(ボウ・バク)』bàoという字を基本とした『単語家族』を説明します。

この『単語家族』にはという漢字が含まれます。 『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校5年生、は中学校で習う常用漢字、は人名用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(ボウ・バク)』bàoは、動物の死体を解剖し太陽に曝(さら)す様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、日(太陽)+共(両手)+氺(動物の死体)=(動物の死体を解剖し太陽に曝(さら)す。むき出しにする。荒々しくする)です。漢字の部首は『日・にち』、意味は『さらす』、『むき出しにする』、『荒々しくする』、『にわかに』です。

Photo_13

音読みは二通りあります。『荒々しくする』、『にわかに』の意味では、呉音が『ボウ』、漢音が『ホウ』、訓読みが『暴(あば)れる』です。『さらす』、『むき出しにする』の意味では呉音が『ボク』、漢音が『ホク』、慣用音が『バク』、訓読みが『暴(あば)く』です。荒々しく乱暴な行為を行(ボウコウ)、にわかに吹く荒々しい風を風(ボウフウ)、風雨にさらすこと・悪事を暴くことを露(バクロ)といいます。

(ボウ・バク)』は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1TKUzji です。

 『(バク)』bàoは、火花を出してはじける様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、火+(荒々しくする)=(火花を出してはじける。爆ぜる。はぜる)です。漢字の部首は『火・ひ』、意味は『はじける』、『飛び散る』、『激しい』です。

Photo

音読みは呉音が『ホク』、漢音が『ハク』、慣用音が『バク』、訓読みは『爆(は)ぜる』です。火花を出してはじける様子を発(バクハツ)、爆発に使う薬剤を薬(バクヤク)、爆薬を用いた殺傷・破壊するための弾を弾(バクダン)、激しく笑う様子を笑(バクショウ)といいます。

(バク)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(バク)』は、川の水が落ちて飛び散る滝の様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(飛び散る)=(川の落ちて水が飛び散る滝。滝)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『川の水が落ちて飛び散る滝』、『滝』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ボク』、漢音が『ホク』、慣用音が『バク』です。高所から白い布をたらしたように流れ落ちる滝を布(バクフ)といいます。

(バク)』は常用漢字から外れています。

 『(バク)』は、日に曝(さら)す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、日(太陽)+(さらす)=(日に曝(さら)す)です。漢字の部首は『日・にちへん』、意味は『曝(さら)す』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ボク』、漢音が『ホク』、慣用音が『バク』、訓読みが『曝(さら)す』です。光に曝すことを光(バクコウ)、風雨にさらすこと・悪事を暴くことを露(バクロ)といいます。『(バク)』は人名用漢字です。

(さら)すは(さら)すとも書きます。(サイ)は西(サイ)の『単語家族』です。漢字の成り立ちについては『漢字の覚え方 西』をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-52c4.html

『漢字の覚え方 暴』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ぼうこう(   )を加える。

2.ぼうふう(   )警報。

3.秘密を ばくろ(   )する。

4.ばくはつ(   )事故。

5.原子 ばくだん(   )。

6.ナイアガラ ばくふ(   )。

7.日光に さら( )す。

解説です。基本の漢字は、爆(は)ぜるは火を足して、瀑(たき)は氵(さんずい)を足して、曝(さら)す日を足してです。

解答です。行、風、露・露、発、弾、布、す、晒す。

2015年5月 3日 (日)

漢字の覚え方 舟・受

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(シュウ)』zhōu、『(ジュ)』shòuという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したら『』に、『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校3年生、は5年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(シュウ)』zhōuは、舟を表す象形文字です。木で造られた小型の舟をいいます。また、川に浮かべる舟の他に、木製で長方形の器(うつわ)を指すことがあります。

Photo_2Photo_3

音読みは呉音が『シュ』、漢音が『シュウ』、訓読みが『舟(ふね)』、『舟(ふな)』です。小さい舟を艇(シュウテイ)、ひとつだけ浮かんだ舟を孤(コシュウ)、笹でつくった舟を笹舟(ささぶね)、舟を漕ぎながら唄う唄を唄(ふなうた)といいます。

(ふね)の種類ですが、漢字の世界では細かく分類しています。

(テイ)はまっすぐ進む速いふね 『漢字の覚え方 http://bit.ly/1FLcD6f

(シュウ)は小さいふね       『漢字の覚え方 http://bit.ly/1DFvsUm

(カン)は戦う大きなふね      『漢字の覚え方 http://bit.ly/25ApacQ

(セン)はやや大きなふね      『漢字の覚え方 http://bit.ly/1vmpZDd

(ハク)は海を渡るふね          『漢字の覚え方 http://bit.ly/1rkEIHJ

(カンテイ)、(センパク)、艦(カンセン)、(シュウテイ)。漢字は二字で安定し、聞いた時に解かり易いので組み合わせて使うことがあります。

のデザインは、(ふなづき)の形をとることがあります。などは、(空の月)や(にくづき)ではなくであることが知られています。については『漢字の覚え方 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-bb76.html をご覧ください。

(シュウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ジュ)』shòuは、器(舟)を受け取る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、爫・爪(手)+冖()(器)+又(手)=(器を手で受け取る。受ける。うける)です。漢字の部首は『又・また』、意味は『受(う)ける』、『容器』です。

は漢字のデザインの都合でになっています。

Photo

音読みは呉音が『ズ』、漢音が『シュウ』、慣用音が呉音から変化した『ジュ』です。訓読みは『受(う)ける』です。品物を受け取ることを領(ジュリョウ)、領地を受け取る意味の国司を領(リョウ)、命令を受けることを命(ジュメイ)、相手の言う事を承知するのを諾(ジュダク)といいます。

(ジュ)は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-1233.html です。

 『(ジュ)』shòuは、授(さず)ける様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(受ける)=(手渡しで受け取らせる。授ける。さずける)です。漢字の部首は『扌・てへん』、意味は『授(さず)ける』、『与える』です。

Photo_2

音読みは呉音『ジュ』、漢音が『シュウ』、訓読みは『授(さず)ける』です。学問・技術を授け教えることを業(ジュギョウ)、授けを与えることを与(ジュヨ)、学問・宗教などの奥義を伝え教えることを伝(デンジュ)といいます。

(ジュ)』は小学校5年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/5-5492.html です。

 『(ジュ)』shòuは、官位を表す組み紐(ひも)を受ける様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸(組み紐)+(受ける)=(官位を表す組み紐を受ける)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、意味は『官位を表す組み紐』、『高官のしるし』です。我が国では、勲章(クンショウ)をつりさげる紐(ひも)をいいます。

Photo_3

音読みは呉音『ジュ』、漢音が『シュウ』です。官職を辞めることを解(カイジュ)、勲章をつりさげる紫色の紐を紫(シジュ)といいます。

(ジュ)』は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-bcd8.html

『漢字の覚え方 舟・受』   

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ささぶね(   )で遊ぶ。

2.刺身を ふな( )盛りで注文。

3.金品の じゅりょう(   )。

4.ポツダム宣言 じゅだく(   )。

5.国語の じゅぎょう(   )。

6.奥義の でんじゅ(   )。

7.トロフィーの じゅよ(   )。

8.しじゅ(   )褒章。

解説です。基本の漢字は、受(う)けるは爫(つめかんむり)と又(また)を足して、授(さず)けるはに扌(てへん)を足して、綬(官位の組み紐)は糸を足してです。

解答です。笹領、受業、伝与、紫

漢字の覚え方 孰

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(ジュク)』shúという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校6年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

(ジュク)の前に(キョウ)xiǎngを説明します。『(キョウ)』は、南北に城門を表す象形文字で、『南北に通る』、『受け入れる』という意味を持つ漢字です。漢字の部首は『亠・なべぶた』です。

Photo_7

音読みは呉音が『コウ』、漢音が『キョウ』です。受け取って自分のものにすることを受(キョウジュ)といいます。城門ですから、良い意味の漢字で、『あきら』、『すすむ』、『たか』、『つら』、『みち』、『ゆき』と名前に使われます。また、(ジュン)chun、(トン)dun、(ジュク)shúなどの漢字の一部分として良い意味を表します。

 『(ジュク)』shúは、城門を突き固める様子・南北の門の孰(いずれ)か選ぶ様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、享(城門)+丮(手の動作)=(城門を突き固める。転じて充分に。南北の門の(いずれ)か選ぶ。孰。いずれ)です。漢字の部首は『子・こ』、意味は『充分に』、『孰(いずれ)』です。

Photo_3Photo_6

音読みは呉音が『ジュク』、漢音が『シュク』、訓読みは『孰(いずれ)』です。充分に考えることを考(ジュッコウ)、物事が充分に出来上がることを成(ジュクセイ)といいます。『(ジュク)』shuはには『(いずれ)』の意味もあるため、『充分に』の意味では灬(れっか)を足した『(ジュク)』を使うのが普通です。

空軽く(いず)れ艶なり山桜   風船

(ジュク)』は常用漢字からはずれています。

 『(ジュク)』shúは、城壁の近くの勉強部屋を表す形声文字です。漢字の足し算では、(門のある城壁)+土(土でつくられた)=(城門の近くの勉強用の建物。塾。じゅく)です。漢字の部首は『土・つち』、意味は『城門の近くの勉強用の建物』、『塾(ジュク)』、『私立学校』です。

Photo_2


音読みは呉音が『シュク』、漢音が『ジュク』です。塾の生徒を生(ジュクセイ)、塾のかしらを頭(ジュクトウ)といいます。

(ジュク)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(ジュク)』shúは、良く煮込んだ様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(門のある城壁)+灬(火力)=(城壁を突き固める。転じて充分に火を通す。煮える。柔らかくなる)です。漢字の部首は『灬・れっか』、意味は『煮える』、『柔らかくなる』、『熟(う)れる』、『慣れる』、『条件が整う』、『充分に』です。

Photo_8

羊を加えている字体もあり羊肉を煮込んだ様子を表すといわれています。

音読みは呉音が『ジュク・ズク』・漢音が『シュク』、訓読みは『熟(う)れる』です。充分に深く考えることを考(ジュッコウ)、物事が充分に出来上がることを成(ジュクセイ)、充分に良く慣れて上手なことを練(ジュクレン)といいます。

(ジュク)』は小学校6年生で習う漢字ですhttp://bit.ly/1SSc4hW

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-5adc.html

『漢字の覚え方 孰』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.じゅっこう(    )した上での結論。

2.ワインの じゅくせい(    )。

3.学習 じゅく(  )。

4.じゅくせい(    )の募集。

5.果実が う( )れる。

解説です。基本の漢字は、塾(じゅく)は土を足して、熟(う)れるは灬(れっか)を足してです。

解答です。考、考、成、成、生、れる。

漢字の覚え方 乗

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(ジョウ)』chéngという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足したらになるのかを考えます。は3年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(ジョウ)』chéngは、木の台に乗る人の姿を表す会意文字です。漢字の足し算では、人+舛(左右の足)+木=(木の台に乗る。乗る。のる)です。漢字の部首は『ノ・の』、漢字の意味は『乗(の)る』、『上に乗せる』、『掛け算をする』です。

Photo_4

正しい字体では、舛(左右の足)がデザインされているですが、現在、我が国では常用漢字体(国で指定する一般生活で使う漢字のデザイン)のを使います。

音読みは呉音が『ジョウ』、漢音が『ショウ』、訓読みは『乗(の)る』、『乗(の)せる』です。車に乗ることを車(ジョウシャ)、乗り降りを降(ジョウコウ)、馬に乗ることを馬(ジョウバ)、係員が付き添って客と同じ乗り物に乗ることを添(テンジョウ)といいます。

良い意味の漢字で『あき』、『しげ』、『のり』と名前に使われます。

(ジョウ)』は小学校3年生で習うhttp://bit.ly/1NYbV9m 漢字です。

 『(ジョウ)』shèngは、剰(あま)る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(上に乗せる)+刂(刀・切り取る)=(上に出た余りの部分を切り取る。剰る。あまる)です。漢字の部首は『刂・りっとう』、漢字の意味は『剰(あま)る』です。

Photo_3

正しい字体では、舛(左右の足)がデザインされているですが、現在、我が国では常用漢字体のを使います。

音読みは呉音が『ジョウ』、漢音が『ショウ』、訓読みは『剰(あま)る』、必要分の残りのあまりを余(ヨジョウ)、必要を過ぎて多いことを過(カジョウ)といいます。

(あま)るは(あま)ると書くのが普通です。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1weWCjk をご覧ください。

(ジョウ)は中学校で習う常用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-2ba2.html

『漢字の覚え方 乗』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.じょうよう(   )車。

2.じょうこう(   )客。

3.てんじょう(   )員。

4.よじょう(   )人員。

5.かじょう(   )投資。

解説です。基本の漢字は、剰(あま)るは刂・りっとうを足してです。

解答です。用、降、添、余、過

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

カテゴリー

  • ア行(ア )
    漢字の覚え方 亜           漢字の覚え方 愛           漢字の覚え方 安          
  • ア行(イ )
    漢字の覚え方 異           漢字の覚え方 易           漢字の覚え方 胃           漢字の覚え方 殹           漢字の覚え方 以           漢字の覚え方 衣           漢字の覚え方 韋           漢字の覚え方 育          
  • ア行(イチ・イツ)
    漢字の覚え方 一           漢字の覚え方 聿          
  • ア行(イン)
    漢字の覚え方 寅           漢字の覚え方 印           漢字の覚え方 因           漢字の覚え方 員           漢字の覚え方 音・意        
  • ア行(ウ)
    漢字の覚え方 羽           漢字の覚え方 雨           漢字の覚え方 右           漢字の覚え方 于・夸        漢字の覚え方 云           漢字の覚え方 昷            
  • ア行(エ )
    漢字の覚え方 易           漢字の覚え方 睪            漢字の覚え方 兌            漢字の覚え方 戉           漢字の覚え方 益          
  • ア行(エ )・カ行(カイ)
    漢字の覚え方 回           漢字の覚え方 会・會         漢字の覚え方 褱・懐        
  • ア行(エイ)
    漢字の覚え方 嬰           漢字の覚え方 熒・         漢字の覚え方 殹           漢字の覚え方 央           漢字の覚え方 永          
  • ア行(エン )・タ行(タン)
    漢字の覚え方 彖           漢字の覚え方 爰           漢字の覚え方 延           漢字の覚え方 炎          
  • ア行(エン・オン)
    漢字の覚え方 袁           漢字の覚え方 夗          
  • ア行(エン)
    漢字の覚え方 肙           漢字の覚え方 厭           漢字の覚え方 寅           漢字の覚え方 㕣           漢字の覚え方 燕          
  • ア行(オ )
    漢字の覚え方 王           漢字の覚え方 奥           漢字の覚え方 屋           漢字の覚え方 乙           漢字の覚え方 音・意         漢字の覚え方 央           漢字の覚え方 区・殴         漢字の覚え方 昷          
  • カ行(カ ) 
    漢字の覚え方 賈           漢字の覚え方 火           漢字の覚え方 咼           漢字の覚え方 禾           漢字の覚え方 可           漢字の覚え方 果          
  • カ行(カイ)
    漢字の覚え方 海           漢字の覚え方 夬           漢字の覚え方 介           漢字の覚え方 皆          
  • カ行(カク)
    漢字の覚え方 矍           漢字の覚え方 殻           漢字の覚え方 角           漢字の覚え方 革           漢字の覚え方 隺           漢字の覚え方 画           漢字の覚え方 各          
  • カ行(カツ)
    漢字の覚え方 害           漢字の覚え方 舌           漢字の覚え方 曷          
  • カ行(カン)
    漢字の覚え方 ・巻         漢字の覚え方 監           漢字の覚え方 柬           漢字の覚え方 咸           漢字の覚え方 漢           漢字の覚え方 官           漢字の覚え方 間           漢字の覚え方 甘           漢字の覚え方 雚           漢字の覚え方 毌・串         漢字の覚え方 干           漢字の覚え方 奐          
  • カ行(カ・ケ)
    漢字の覚え方 叚           漢字の覚え方 夏           漢字の覚え方 家           漢字の覚え方 化           漢字の覚え方 加          
  • カ行(ガ )
    漢字の覚え方 画           漢字の覚え方 我・義         漢字の覚え方 牙           漢字の覚え方 亥           漢字の覚え方 害           漢字の覚え方 楽           漢字の覚え方 学           漢字の覚え方 月          
  • カ行(ガン)
    漢字の覚え方 厂           漢字の覚え方 元          
  • カ行(キ )
    漢字の覚え方 貴           漢字の覚え方 葵           漢字の覚え方 几           漢字の覚え方 吉           漢字の覚え方 其           漢字の覚え方 奇          
  • カ行(キュウ)
    漢字の覚え方 丘           漢字の覚え方 丩           漢字の覚え方 弓           漢字の覚え方 求           漢字の覚え方 及・急         漢字の覚え方 九           
  • カ行(キョウ・ケイ)
    漢字の覚え方 开・形         漢字の覚え方 京           漢字の覚え方 兄・竟         漢字の覚え方 敬           漢字の覚え方 巠           
  • カ行(キョウ・コウ)
    漢字の覚え方 郷           漢字の覚え方 孝           漢字の覚え方 爻・交         漢字の覚え方 庚           漢字の覚え方 幸           漢字の覚え方 更           漢字の覚え方 行          
  • カ行(キョウ)
    漢字の覚え方 敫           漢字の覚え方 劦           漢字の覚え方 喬           漢字の覚え方 共           漢字の覚え方 凶          
  • カ行(キョク)
    漢字の覚え方 極            漢字の覚え方 局            漢字の覚え方 曲          
  • カ行(キョ)
    漢字の覚え方 巨           漢字の覚え方 豦           漢字の覚え方 去          
  • カ行(キン)
    漢字の覚え方 匀           漢字の覚え方 堇           漢字の覚え方 斤           漢字の覚え方 禁           漢字の覚え方 今          
  • カ行(ギ )
    漢字の覚え方 屰           漢字の覚え方 疑           漢字の覚え方 牛           漢字の覚え方 堯          
  • カ行(ギョ)
    漢字の覚え方 魚          
  • カ行(ク )
    漢字の覚え方 句           漢字の覚え方 九           漢字の覚え方 区・殴         漢字の覚え方 屈           漢字の覚え方 禺           漢字の覚え方 具           漢字の覚え方 君           漢字の覚え方 軍          
  • カ行(ク・コウ)
    漢字の覚え方 侯           漢字の覚え方 口           漢字の覚え方 后           漢字の覚え方 冓           漢字の覚え方 公           漢字の覚え方 工          
  • カ行(ケ )
    漢字の覚え方 穴           漢字の覚え方 夬           漢字の覚え方 血           漢字の覚え方 埶          
  • カ行(ケイ)
    漢字の覚え方 恵           漢字の覚え方 系           漢字の覚え方 圭           漢字の覚え方 奚           漢字の覚え方 携・攜        
  • カ行(ケン)
    漢字の覚え方 臤           漢字の覚え方 兼           漢字の覚え方 肙           漢字の覚え方 犬           漢字の覚え方 ・巻         漢字の覚え方 幵           漢字の覚え方 建           漢字の覚え方 見           漢字の覚え方 間           漢字の覚え方 僉           漢字の覚え方 県          
  • カ行(ケ・カイ)
    漢字の覚え方 戒           漢字の覚え方 解          
  • カ行(ケ・キ)
    漢字の覚え方 希           漢字の覚え方 幾           漢字の覚え方 气          
  • カ行(コ )
    漢字の覚え方 乎           漢字の覚え方 賈           漢字の覚え方 壴           漢字の覚え方 戸           漢字の覚え方 己           漢字の覚え方 古            漢字の覚え方 夸           漢字の覚え方 谷           漢字の覚え方 告           漢字の覚え方 骨          
  • カ行(コウ)
    漢字の覚え方 甲           漢字の覚え方 厷           漢字の覚え方 亘           漢字の覚え方 岡           漢字の覚え方 光           漢字の覚え方 高            漢字の覚え方 丂            漢字の覚え方 亢            漢字の覚え方 黄・広         
  • カ行(コン)
    漢字の覚え方 困           漢字の覚え方 艮           漢字の覚え方 今           漢字の覚え方 昆          
  • カ行(ゴ )
    漢字の覚え方 五・語         漢字の覚え方 呉           漢字の覚え方 午・御         漢字の覚え方 合            漢字の覚え方 卬          
  • サ行(サ )
    漢字の覚え方 坐           漢字の覚え方 采           漢字の覚え方 左・尋         漢字の覚え方 才            漢字の覚え方 卒           漢字の覚え方 祭           漢字の覚え方 乍           漢字の覚え方 冊          
  • サ行(サイ・セイ )
    漢字の覚え方 斉           漢字の覚え方 歳           漢字の覚え方 妻           漢字の覚え方 西          
  • サ行(サン)
    漢字の覚え方 参           漢字の覚え方 散           漢字の覚え方 戔           漢字の覚え方 算           漢字の覚え方 山           漢字の覚え方 三          
  • サ行(シ )
    漢字の覚え方 豕           漢字の覚え方 死           漢字の覚え方 師           漢字の覚え方 朿           漢字の覚え方 厶・台         漢字の覚え方 子           漢字の覚え方 思           漢字の覚え方 氏           漢字の覚え方 至           漢字の覚え方 止          
  • サ行(シ )
    漢字の覚え方 糸           漢字の覚え方 矢           漢字の覚え方 示           漢字の覚え方 市           漢字の覚え方 四           漢字の覚え方 旨           漢字の覚え方 支           漢字の覚え方 司           漢字の覚え方 史           漢字の覚え方 次           漢字の覚え方 士           漢字の覚え方 志        
  • サ行(シキ・ショク)
    漢字の覚え方 食           漢字の覚え方 戠           漢字の覚え方 式          
  • サ行(シチ・シツ)
    漢字の覚え方 失           漢字の覚え方 質           漢字の覚え方 七          
  • サ行(シャ )
    漢字の覚え方 車           漢字の覚え方 舎           漢字の覚え方 者           漢字の覚え方 射           漢字の覚え方 勺          
  • サ行(シャク・セキ)
    漢字の覚え方 席            漢字の覚え方 尺           漢字の覚え方 赤           漢字の覚え方 石           漢字の覚え方 責           漢字の覚え方 夕           漢字の覚え方 昔          
  • サ行(シュウ)
    漢字の覚え方 乑           漢字の覚え方 舟・受         漢字の覚え方 州            漢字の覚え方 習           漢字の覚え方 秋           漢字の覚え方 秀           漢字の覚え方 周            漢字の覚え方 祝・呪         漢字の覚え方 就          
  • サ行(シュ)
    漢字の覚え方 手           漢字の覚え方 殳           漢字の覚え方 朱           漢字の覚え方 守           漢字の覚え方 首           漢字の覚え方 主           漢字の覚え方 取           漢字の覚え方 出           漢字の覚え方 宿           漢字の覚え方 屯・春         漢字の覚え方 舜          
  • サ行(ショウ・セイ)
    漢字の覚え方 成           漢字の覚え方 青           漢字の覚え方 生           漢字の覚え方 正          
  • サ行(ショウ)
    漢字の覚え方 象           漢字の覚え方 小            漢字の覚え方 召           漢字の覚え方 尚           漢字の覚え方 章           漢字の覚え方 爿           漢字の覚え方 昌           漢字の覚え方 詳・善        
  • サ行(ショ)
    漢字の覚え方 庶           漢字の覚え方 処           
  • サ行(シン)
    漢字の覚え方 兂           漢字の覚え方 眞            漢字の覚え方 心           漢字の覚え方 囟(田)        漢字の覚え方 申           漢字の覚え方 辰           漢字の覚え方 辛・新         漢字の覚え方 深・探         漢字の覚え方 帚・侵        
  • サ行(ジ )
    漢字の覚え方 茲            漢字の覚え方 寺           漢字の覚え方 自           漢字の覚え方 舟・受         漢字の覚え方 孰           漢字の覚え方 朮           漢字の覚え方 女            漢字の覚え方 尽          
  • サ行(ジャク)
    漢字の覚え方 若            漢字の覚え方 弱           
  • サ行(ジュウ)
    漢字の覚え方 重           漢字の覚え方 从、縱         漢字の覚え方 十          
  • サ行(ジョウ)
    漢字の覚え方 襄           漢字の覚え方 丞           漢字の覚え方 乗           漢字の覚え方 成           
  • サ行(ジン)・ ナ行(ニン)
    漢字の覚え方 人           漢字の覚え方 壬           漢字の覚え方 刃          
  • サ行(ジ)・ナ行(ニ)
    漢字の覚え方 耳           漢字の覚え方 二           漢字の覚え方 爾          
  • サ行(ス・ズ )
    漢字の覚え方 水           漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 隹            漢字の覚え方 垂           漢字の覚え方 芻           漢字の覚え方 寸           漢字の覚え方 豆          
  • サ行(セ )
    漢字の覚え方 世           漢字の覚え方 是           漢字の覚え方 制           漢字の覚え方 卩・節         漢字の覚え方 折           漢字の覚え方 舌           漢字の覚え方 詳・善        
  • サ行(セン)
    漢字の覚え方 巽           漢字の覚え方 前           漢字の覚え方 先           漢字の覚え方 宣           漢字の覚え方 専           漢字の覚え方 戔           漢字の覚え方 扇           漢字の覚え方 全           漢字の覚え方 占           漢字の覚え方 川           漢字の覚え方 薦           漢字の覚え方 泉          
  • サ行(ゼン)
    漢字の覚え方 然           漢字の覚え方 全          
  • サ行(ソ )
    漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 疋           漢字の覚え方 卒           漢字の覚え方 且           漢字の覚え方 象           漢字の覚え方 蔵           漢字の覚え方 則           漢字の覚え方 尊          
  • サ行(ソウ)
    漢字の覚え方 匆           漢字の覚え方 忩           漢字の覚え方 倉           漢字の覚え方 爪           漢字の覚え方 送           漢字の覚え方 相           漢字の覚え方 早           漢字の覚え方 曾           漢字の覚え方 喿           漢字の覚え方 帚・侵        
  • サ行(ソク・ショク)
    漢字の覚え方 蜀           漢字の覚え方 足           漢字の覚え方 束          
  • タ行(タ )
    漢字の覚え方 多           漢字の覚え方 㒸           漢字の覚え方 帶           漢字の覚え方 大           漢字の覚え方 退           漢字の覚え方 它・也         漢字の覚え方 弟           漢字の覚え方 厶・台         漢字の覚え方 代           漢字の覚え方 睪          
  • タ行(タン)
    漢字の覚え方 旦           漢字の覚え方 詹           漢字の覚え方 深・探         漢字の覚え方 単          
  • タ行(チ )
    漢字の覚え方 离           漢字の覚え方 知           漢字の覚え方 畜           漢字の覚え方 竹           漢字の覚え方 宁           漢字の覚え方 直           漢字の覚え方 朕・藤        
  • タ行(チュウ)
    漢字の覚え方 壴           漢字の覚え方 肘            漢字の覚え方 中          
  • タ行(チョウ)
    漢字の覚え方 枼           漢字の覚え方 鳥           漢字の覚え方 朝           漢字の覚え方 長           漢字の覚え方 丁           漢字の覚え方 兆          
  • タ行(ツ )
    漢字の覚え方 㒸           漢字の覚え方 追          
  • タ行(テ )
    漢字の覚え方 帝           漢字の覚え方 氐           漢字の覚え方 廷           漢字の覚え方 呈           漢字の覚え方 弟           漢字の覚え方 啇           漢字の覚え方 占           漢字の覚え方 天           漢字の覚え方 田          
  • タ行(ト )
    漢字の覚え方 㝵           漢字の覚え方 奴           漢字の覚え方 度           漢字の覚え方 土           漢字の覚え方 屯          
  • タ行(トウ)
    漢字の覚え方 刀           漢字の覚え方 沓           漢字の覚え方 冬           漢字の覚え方 東           漢字の覚え方 朕・藤         漢字の覚え方 到           漢字の覚え方 豆          
  • タ行(ドウ)
    漢字の覚え方 童           漢字の覚え方 同          
  • タ行(ドウ)・ナ行(ノウ)
    漢字の覚え方 能           漢字の覚え方 脳           漢字の覚え方 農          
  • ナ行
    漢字の覚え方 奴           漢字の覚え方 南           漢字の覚え方 女            漢字の覚え方 内           漢字の覚え方 然           漢字の覚え方 念          
  • ナ行(ニン)・サ行(ジン)
    漢字の覚え方 人           漢字の覚え方 壬           漢字の覚え方 刃          
  • ナ行(ニ)・サ行(ジ)
    漢字の覚え方 耳           漢字の覚え方 二           漢字の覚え方 爾             
  • ナ行(ノウ)・タ行(ドウ)
    漢字の覚え方 能           漢字の覚え方 農           漢字の覚え方 脳          
  • ハ行(ハ )
    漢字の覚え方 巴           漢字の覚え方 巿           漢字の覚え方 派           漢字の覚え方 配・妃         漢字の覚え方 貝・買         漢字の覚え方 白           漢字の覚え方 莫           漢字の覚え方 癶          
  • ハ行(ハン)
    漢字の覚え方 般           漢字の覚え方 犯・氾         漢字の覚え方 八・半         漢字の覚え方 反           漢字の覚え方 番          
  • ハ行(ヒ )
    漢字の覚え方 非           漢字の覚え方 皮           漢字の覚え方 辟           漢字の覚え方 比           漢字の覚え方 備           漢字の覚え方 必           漢字の覚え方 表           漢字の覚え方 票           漢字の覚え方 苗           漢字の覚え方 品          
  • ハ行(ヒョウ・ヘイ )
    漢字の覚え方 平           漢字の覚え方 丙          
  • ハ行(ビ)・マ行(ミ)
    漢字の覚え方 尾           漢字の覚え方 未          
  • ハ行(フ )
    漢字の覚え方 武           漢字の覚え方 付           漢字の覚え方 夫           漢字の覚え方 父           漢字の覚え方 不           漢字の覚え方 孚           漢字の覚え方 卜           漢字の覚え方 畐           漢字の覚え方 复           漢字の覚え方 弗              
  • ハ行(フン )
    漢字の覚え方 賁           漢字の覚え方 勿           漢字の覚え方 八・分        
  • ハ行(ブン )
    漢字の覚え方 文           漢字の覚え方 分          
  • ハ行(ヘ )
    漢字の覚え方 並           漢字の覚え方 辟           漢字の覚え方 扁          
  • ハ行(ホ )
    漢字の覚え方 呆           漢字の覚え方 甫           漢字の覚え方 丰           漢字の覚え方 奉           漢字の覚え方 方           漢字の覚え方 包           漢字の覚え方 北           漢字の覚え方 賁           漢字の覚え方 本          
  • ハ行(ボ )
    漢字の覚え方 母           漢字の覚え方 暴           漢字の覚え方 亡           漢字の覚え方 卯           漢字の覚え方 卜          
  • マ行
    漢字の覚え方 矛           漢字の覚え方 米           漢字の覚え方 莫           漢字の覚え方 末           漢字の覚え方 末           漢字の覚え方 綿           漢字の覚え方 毛           漢字の覚え方 孟           漢字の覚え方 勿          
  • マ行(メイ・ミョウ)
    漢字の覚え方 明           漢字の覚え方 名          
  • マ行(メン)・ハ行(バン・ベン)
    漢字の覚え方 面           漢字の覚え方 免          
  • マ行(メ・マ)・ハ行(バ)
    漢字の覚え方 馬           漢字の覚え方 麻         
  • マ行(モン)
    漢字の覚え方 文           漢字の覚え方 門          
  • ヤ行
    漢字の覚え方 亦・夜         漢字の覚え方 予           漢字の覚え方 余           漢字の覚え方 谷          
  • ヤ行(ユ)
    漢字の覚え方 兪           漢字の覚え方 攸           漢字の覚え方 憂           漢字の覚え方 由           漢字の覚え方 斿           漢字の覚え方 酉           漢字の覚え方 右          
  • ヤ行(ヨウ)
    漢字の覚え方 幺           漢字の覚え方 夭           漢字の覚え方 翟           漢字の覚え方 枼           漢字の覚え方 羊           漢字の覚え方 䍃・揺         漢字の覚え方 用           漢字の覚え方 昜           漢字の覚え方 要          
  • ラ行
    漢字の覚え方 果           漢字の覚え方 戻           漢字の覚え方 来           漢字の覚え方 礼・豊         漢字の覚え方 剌           漢字の覚え方 楽           漢字の覚え方 闌           漢字の覚え方 秝           漢字の覚え方 列          
  • ラ行(リ )
    漢字の覚え方 离           漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 利            漢字の覚え方 里           漢字の覚え方 良           漢字の覚え方 令           漢字の覚え方 量           漢字の覚え方 両           漢字の覚え方 力              
  • ラ行(リュウ )
    漢字の覚え方 立           漢字の覚え方 留           漢字の覚え方 流          
  • ラ行(リン)
    漢字の覚え方 侖           漢字の覚え方 粦           漢字の覚え方 林          
  • ラ行(レイ)
    漢字の覚え方 戻           漢字の覚え方 礼・豊         漢字の覚え方 令          
  • ラ行(レン)
    漢字の覚え方 柬           漢字の覚え方 連          
  • ラ行(ロウ)
    漢字の覚え方 老           漢字の覚え方 良          
  • ラ行(ロク)
    漢字の覚え方 彔           漢字の覚え方 六          
  • ワ行
    漢字の覚え方 或           漢字の覚え方 夗          
  • 中学校で習う漢字
    中学校1年生で習う漢字       中学校2年生で習う漢字       中学校3年生で習う漢字      
  • 呉音と漢音
    呉音と漢音               
  • 小学校1年生で習う漢字
    小学校1年生で習う漢字①     小学校1年生で習う漢字②    
  • 小学校2年生で習う漢字
    小学校2年生で習う漢字①     小学校2年生で習う漢字②     小学校2年生で習う漢字③     小学校2年生で習う漢字④    
  • 小学校3年生で習う漢字
    小学校3年生で習う漢字①      小学校3年生で習う漢字②     小学校3年生で習う漢字③     小学校3年生で習う漢字④    
  • 小学校4年生で習う漢字
    小学校4年生で習う漢字①      小学校4年生で習う漢字②     小学校4年生で習う漢字③     小学校4年生で習う漢字④    
  • 小学校5年生で習う漢字
    小学校5年生で習う漢字①      小学校5年生で習う漢字②     小学校5年生で習う漢字③     小学校5年生で習う漢字④    
  • 小学校6年生で習う漢字
    小学校6年生で習う漢字①      小学校6年生で習う漢字②     小学校6年生で習う漢字③     小学校6年生で習う漢字④    
  • 小学校で習う漢字
    小学校で習う漢字 天地人      小学校で習う漢字 上下左右    小学校で習う漢字 父母姉妹兄弟    小学校で習う漢字 春夏秋冬    小学校で習う漢字 一~十      小学校で習う漢字 東西南北   
  • 小説『明暗そのあと』
    百八十九                百九十                 百九十一                百九十二                百九十三                百九十四                百九十五                百九十六                百九十七                百九十八                百九十九                二百               
  • 漢字 のエッセイ
    象形・指事・会意・形声 一年生  象形・指事・会意・形声 二年生  象形・指事・会意・形声 三年生  象形・指事・会意・形声 四年生  象形・指事・会意・形声 五年生  象形・指事・会意・形声 六年生  漢字でみるヤナギの分類      落語 空き巣             
  • 漢字 参考図書
  • 漢字 音読み索引(ア行)
  • 漢字 音読み索引(カ行)
  • 漢字 音読み索引(サ行)
  • 漢字 音読み索引(タ行)
  • 漢字 音読み索引(ナ行)
  • 漢字 音読み索引(ハ行)
  • 漢字 音読み索引(マ行)
  • 漢字 音読み索引(ヤ行)
  • 漢字 音読み索引(ラ行)
  • 漢字 音読み索引(ワ行)
  • 漢字・訓読み索引(あ行)
  • 漢字・訓読み索引(か行)
  • 漢字・訓読み索引(さ行)
  • 漢字・訓読み索引(た行)
  • 漢字・訓読み索引(な行)
  • 漢字・訓読み索引(は行)
  • 漢字・訓読み索引(ま行)
  • 漢字・訓読み索引(や行)
  • 漢字・訓読み索引(ら行)
  • 漢字・訓読み索引(わ行)
  • 漢字練習問題(中学生)
    練習問題1-1(書き)         練習問題1-1(読み)         練習問題1-2(書き)         練習問題1-2(読み)         練習問題1-3(書き)         練習問題1-3(読み)         練習問題1-4(書き)         練習問題1-4(読み)         練習問題1-5(書き)         練習問題1-5(読み)        
  • 部首索引 虫(むし)
  • 部首索引 魚(うお・さかな)
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ