« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月26日 (日)

漢字の覚え方 習

 今日は『(シュウ)』という漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『シュウ』、意味は『習(なら)う』、『羽をたたむ』、『繰り返す』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で3年生で、は常用漢字(普段使う漢字。中学校までにいます)ではありませんが、一緒に覚えましょう。

 『(シュウ)』は、動作を繰り返す様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、羽(はばたく)+白(動作)=(同じ動作を繰り返す。習う。ならう)です。漢字の部首は『羽・はね』、漢字の意味は『習(なら)う』、『習(なら)わし』、『繰り返す』です。

Photo_3 スタンプにしました(40種 120円)。興味のある方は見てって下さい http://line.me/S/sticker/1174726 。

簡体字は习『(シュウ)』です。

音読みは呉音が『ジュウ』、漢音が『シュウ』、訓読みは『習(なら)う』、『習(なら)わし』です。何度も繰り返してきた習わしを慣(シュウカン)、学び習うこと・勉強することを学(ガクシュウ)、主君の近くに仕え、何度も用事を行う家来を近(キンジュウ)といいます。

(なら)わしは(なら)わしとも書きます。詳しくは『漢字の覚え方 http://bit.ly/1w6UbkI をご覧ください。

(シュウ)は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1NYbV9m です。

 『(ショウ)』zhéは、繰り返し摺(す)る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(同じ動作を繰り返す)=(繰り返し摺(す)る。印刷する。たたむ)です。漢字の部首は『扌・てへん』、漢字の意味は『たたむ』、『印刷する』です。

Photo_10

音読みは呉音・漢音ともに『ショウ』、訓読みは『摺(す)る』です。本(ショウホン)、版画を(す)る、り餌(すりえ)のです。

階段などに取り付けて人の落下を防ぐ横木を手(て)りといいます。手を摺(す)らせて使うからだとも、神様に手を摺るように頼りになるものだからとも云われています。

印刷の刷(す)るは、すりつぶすの擂(す)る・磨(す)るはを使うのが普通です。

(シュウ)は常用漢字から外れています。

 『(シュウ)』zhěは、衣服の襞(ひだ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、衣(衣服)+(同じ動作を繰り返す)=(衣服を重ねる。ひだ)です。漢字の部首は『衤・ころもへん』、漢字の意味は『衣服をたたむ』、『衣服の襞(ひだ)』、『たたむ』です。

Photo_9

音読みは呉音が『ジュウ』、漢音が『シュウ』です。平らな地層が横方向の圧力を受け波形に曲がることを曲(シュウキョク)、衣服の襞(ひだ)やしわを襞(シュウヘキ)といいます。

(シュウ)は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-faaf.html

『漢字の覚え方 習』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.がくしゅう(   )能力。

2.しゅうかん(   )。

3.きんじゅう(   )として仕える。

4.版画を す( )る。

5.す( )り餌を与える。

6.しゅうきょく(   )山脈。

解説です。基本の漢字は、摺(す)る扌(てへん)を足して、褶(衣服をたたむ)は衤(ころもへん)を足してです。

解答です。学慣、近る、る、り、り、曲。

漢字の覚え方 州

今日は『(シュウ)』zhōuという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『シュウ』、意味は『中洲(なかす)』、『大陸』、『いきわたる』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で3年生で、は中学校で習い、は人名用漢字です。一緒に覚えましょう。

 『(シュウ)』zhōuは、川の中の中州(なかす)を表す象形文字です。漢字の部首は『川・かわ』、意味は『中州(なかす)』、『中国大陸を九つに分けた一つ』、『いきわたる』、『大陸』です。

Photo_11

音読みは呉音が『』、漢音が『シュウ』、訓読みは『州(す)』です。河口に出来る三角形の中州を三角(サンカク)、揚子江のあたりを揚(ヨウシュウ)、東北地方を奥(オウシュウ)、ヨーロッパを欧(オウシュウ)といいます。

大陸の意味では氵(さんずい・海を表す)を足したを使うこともありますが、常用漢字のを使うこともあります。大相撲の琴欧(ことオウシュウ)関は、改名後はを使っていました。

(シュウ)は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1NYbV9m です。

 『(シュウ)』zhōuは、海の中の大陸を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(さんずい・川・海)+(す)=(海の中の大陸、川を強調した中洲)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『中洲(なかす)』、『大陸』です。大陸や川を強調したいときに使う漢字です。

Photo_12

音読みは呉音が『』、漢音が『シュウ』、訓読みは『洲(す)』です。中州(なかす)で特に川を強調したい場合を中(なか)、ヨーロッパを欧(オウシュウ)といいます。

良い意味の漢字で『くに』と名前に使うことがあります。(シュウ)は人名用漢字です。

 『(シュウ)』chóuは、御酒をついで回る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、酉(酒)+(いきわたる)=(御酒をついで回る。ねぎらう。酬いる。むくいる)です。漢字の部首は『酉・さけ』、意味は『御酒をついで回る』、『ねぎらう』、『酬(むく)いる』、『お返しをする』です。

Photo_13

音読みは呉音が『ス』、漢音が『シュウ』、訓読みは『酬(むく)いる』です。杯をやりとりすることを献(ケンシュウ)、労働などに対し酬いるための金銭を報(ホウシュウ)といいます。

(むく)いるは(むく)いると書くのが普通です。

(シュウ)は中学校で習う常用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-f9f9.html

『漢字の覚え方 州』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.なかす(   )。

2.おうしゅう(   )巡りの旅。

3.琴おうしゅう(   )関。

4.相当の ほうしゅう(    )を受ける。

5.恩に むく(  )いる。

解説です。基本の漢字は、洲(大陸)は氵(さんずい)を足して、酬(むく)いるは酉(さけ)を足してです。

解答です。中、中、奥、欧、欧、報いる、いる。

2015年4月19日 (日)

漢字の覚え方 三

 今日は『(サン)』sānという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『サン』、意味は『三(サン)』、『美しい』、『細かい』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』・『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で1年生で、は3年生、は中学校で習います。一緒に覚えましょう。

 『三(サン)』sānという漢字は、占(うら)ないに用いる算木(サンぎ)の映像を漢字にした指事文字(シジモジ)です。漢字の部首は『・いち』、漢字の意味は『みっつ』です。漢字では、一から四までの数字を、算木を増やす映像で表現しています。

Photo_18

音読みは呉音・漢音ともに『サン』です。訓読みは『み』、『みっつ』、『みっ』です。軍(サングン)、途(サンズ)、巴(みつどもえ)、下(サンした)、河(かわ)のです。味線(しゃみせん)は常用漢字の付表にある特別な読み方です。

世界最古の漢字の字典 許慎 『説文解字』 建光元年(121年) には、天地人之道也。とあり、天と地と人を表すとされています。

(サン)は小学校1年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/1-faaf.html です。

 『(サン)』shānは、精密な美しい刺繍の模様を表す指事文字です。漢字の部首は『彡・さんづくり』、実際に彡の漢字が単独で使われることはありませんが、などの旁(つくり)に使われます。漢字の意味は『美しい』、『細かい』です。

Photo_4

音読みは呉音が『セン』、漢音が『サン』です。

(サン)は常用漢字(日常生活で使う義務教育で習う漢字)ではありません。

 『(サン)』shānは、美しい杉(すぎ)の木を表わす形声文字です。漢字の足し算では、木+(美しい)=(美しい木。細かい葉の木。杉(すぎ))です。漢字の部首は『彡・さんづくり』、漢字の意味は『杉・すぎ』です。

Photo_3

音読みは呉音が『セン』、漢音が『サン』、訓読みは『杉(すぎ)』です。杉の間を通る爽(さわ)やかな風を風(サンプウ)、杉の木の板を板(ぎいた)といいます。

(サン)は中学校で習う常用漢字です。

 『(シン)』zhěnは、細かいところを全部診(み)て判断する様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、言(言葉・判断する)+人(全部)+(細かい)=(細かいところを全部診(み)る。診る)です。漢字の部首は『言・ごんべん』、漢字の意味は『細かいところを全部診(み)る』、『診(み)る』です。

Photo_2

『説文解字』には「視るなり」とあります。

音読みは呉音・漢音ともに『シン』、訓読みは『診(み)る』です。医者が患者の体を診て調べることを察(シンサツ)、医者が患者の体を診て病気や症状の判断を下すことを断(シンダン)、医師の診察を受けることを受(ジュシン)といいいます。

(シン)は中学校で習う常用漢字です。

漢字の世界では『みる』について、ニュアンスの違いがあります。

見(み)る 目立つ。目に止まる。現れる。(ケン)http://bit.ly/ZCbIEZ

視(み)る 真っ直ぐ視る。注意して視る。(シ)http://bit.ly/1Vps6QQ

看(み)る 手をかざして看る。よくみる。(カン)http://bit.ly/1Z5TbdM

診(み)る すみずみまでみる。(シン)http://bit.ly/1ygC0wK

察(み)る すみずみまでみる。(サツ)http://bit.ly/1zwPD77

覧(み)る 高い所から下を覧る。(ラン)http://bit.ly/25ApacQ

臨(のぞ)む 高い所から下を臨む。(リン)http://bit.ly/1WvVxot

監(み)る 上から下のものをみて、みさだめる。(カン)http://bit.ly/25ApacQ

観(み)る 多くのものを比べて観る。批評する。(カン)http://bit.ly/11kw1b1

眺(なが)める 右に左にと広く見渡す。(チョウ)http://bit.ly/1vDDgri

望(のぞ)む 遠くの見えにくいものをもとめみる。(ボウ)http://bit.ly/1v84fty

 『(シン)』zhěnは、細かいぶつぶつが全身に出るの様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、疒(病気)+人(全部)+(細かい)=(細かいぶつぶつが全身に出る。発疹)です。漢字の部首は『疒・やまいだれ』、漢字の意味は『全身に出る細かいぶつぶつ』、『発疹(ホッシン)』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『シン』、訓読みは『診(み)る』です。体に細かいぶつぶつが出ることを発(ホッシン)、こすって(麻)しまう発疹を麻(マシン・はしか)、蕁麻(いらくさ)で痒くなるようなアレルギー性の発疹を蕁麻(ジンマシン)といいます。

(シン)は常用漢字から外れています。

 『(チン)』zhēnは、肌理(きめ)細かく美しい宝石を表す形声文字です。漢字の足し算では、王(玉・宝石)+人(すみずみまで)+(細かい)=(肌理(きめ)細かく美しい宝石。転じてめったにない。珍しい)です。漢字の部首は『王・おう、ぎょくへん』、漢字の意味は『美しい宝石』、『めったにない』、『普通と変わっている』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『チン』、訓読みは『珍(めずら)しい』です。めったにない客を客(チンキャク)、珍しいものとして大切にすることを重(チンチョウ)、珍しくて風変わりなことを奇(チンキ)といいます。

(チン)は中学校で習う常用漢字です。

 『(サン)』cānshēnは、かんざしをした女性が仲間に加わる様子の象形文字です。漢字の部首は『ム』、意味は『仲間に入る』、『そこへ行く』、『照らし合わせる』と『そろわない』です。

Photo_14Photo_15

音読みは呉音・漢音ともに『サン』、訓読みは『参(まい)る』です。『そろわない』の意味では、呉音・漢音ともに『シン』と読みます。集まりに加わることを加(サンカ)、他人の意見などを照らし合わせて自分の考えの手掛かりにすることを考(サンコウ)、墓に参ることを墓(はかまい)り、そろわないことを差(シンシ)といいます。

Photo_2

なお、人(ニンジン)は人(ニンジン)と書くのが普通です。

(サン)は小学校4年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-67fd.html です。

(ニンジン)については『漢字の覚え方 参』をご覧ください。

 『(シン)』shènは、滲(し)み出る様子の形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(参る)=(水がやってくる。滲み出る。しみでる。にじむ)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『滲(し)みる』、『滲(にじ)む』です。

音読みは呉音・漢音ともに『シン』、訓読みは『滲(し)みる』、『滲(にじ)む』です。液体が滲(し)み出ることをシンシュツ)、水が滲(し)みとおることをシントウ)といいます。

Photo_16

シンシュツ・にじみ出る)、シントウ)は常用漢字のを使ってシンシュツ・溶け出る)、シントウ)と書くことが多いです。滲(にじ)むと浸(ひた)すでは多少ニュアンスが違います。は常用漢字から外れています。

(シン)jinについては『漢字の覚え方 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-2c1b.html をご覧ください。

 『(サン)』cǎnは、心に滲(し)みる痛ましい・惨(みじ)めな様子の形声文字です。漢字の足し算では、忄(心の動き)+(滲みる)=(心に滲(し)みいる痛ましい・惨(みじ)めな様子。惨め。みじめ)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、意味は『惨(みじ)め』、『むごい』です。

Photo_17


音読みは呉音・漢音ともに『サン』、慣用音が『ザン』、訓読みは『惨(みじ)め』です。悲しくいたましいことを悲(ヒサン)、凄(すご)くむごたらしいことを凄(セイサン)、ひどい負け方を敗(ザンパイ)といいます。

(サン)は中学校で習う常用漢字です。

少し変わった漢字に(シン)jīnがあります。(うるおい)が含まれている字体があり、(サン)shānと似ている読み方をします。

 『(シン)』jīnは、(ふで)でしめらせた潤(うるおい)いを表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(ふで)+(良い感じ)=(筆でしめらせた潤い。転じて潤いある安らかな水辺。津。つ)です。漢字の部首は『氵・水』、漢字の意味は『筆でしめらせた潤い』、『安らかな港』、『渡し場』、『潤う』です。

Photo_5Photo_6

常用漢字体(普段使う漢字の字体)は(シン)ですが、良い感じと『シン』という音(オン)を表す(シン)が入った字体があります。

音読みは呉音・漢音ともに『シン』、訓読みが『つ』です。人体を流れる液体を液(シンエキ)、興味があとからあとから湧いてくる様子を興味津津(キョウミシンシン)、全国の港や浜・国中至る所を津津浦浦(つつうらうら)、港を襲う大波を波(なみ)といいます。

安らかな漢字で『す』、『ず』、『つ』、『づ』と地名・人名に広く使われます。

(シン)は中学校で習う常用漢字です。

(シン)は(イツ)を使った漢字です。詳しくは『漢字の覚え方 聿』をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-adea.html

『漢字の覚え方 三』     

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.さんがつみっか(   )。

2.みかわ(   )の国。

3.さんず(   )の川。

4.すぎいた(   )。

5.健康 しんだん(   )。

6.しんさつ(   )券。

7.はしか(   )。

8.ちんきゃく(   )の到来。

9.さんか(   )表明。

10.しんしゅつ(    )性中耳炎

11.国民に広く しんとう(    )する。

12.ひさん(   )な状態。

13.ざんぱい(    )を喫する。

解説です。基本の漢字は、彡、杉は木(きへん)を足して、診(み)るは言(ごんべん)を足して、疹(体のつぶつぶ)は疒(やまいだれ)を足して、珍(めずら)しいは王(おうへん)を足して、参(まい)るは厽(かんざしの象形)を足して、滲(にじ)むは氵(さんずい)を足して、惨(みじ)めは忄(りっしんべん)を足してです。

解答です。三月三日、河、途、板、断、察、麻客、加、出、浸透、透、悲敗。

数字について掲載ページです。

『一~十』については『小学校で習う漢字 一~十』http://bit.ly/1Dj8euf  をご覧ください。

『十』については『漢字の覚え方 十』http://bit.ly/1vHBPIs をご覧ください。

『九』については『漢字の覚え方 九』http://bit.ly/1stAJfE をご覧ください。

『八』については『漢字の覚え方 八』http://bit.ly/1oh7Q82 をご覧ください。

『七』については『漢字の覚え方 七』http://bit.ly/1syuLKo をご覧ください。

『六』については『漢字の覚え方 六』http://bit.ly/1nuIhQf をご覧ください。

『五』については『漢字の覚え方 五』http://bit.ly/1Njlajg をご覧ください。

『四』については『漢字の覚え方 四』http://bit.ly/1MD9Txx をご覧ください。

『三』については『漢字の覚え方 三』http://bit.ly/1ygC0wK をご覧ください。

『二』については『漢字の覚え方 ニ』http://bit.ly/1zexxch をご覧ください。

『一』については『漢字の覚え方 一』http://bit.ly/1NtgKrn をご覧ください。

漢字の覚え方 寸

 今日は『(スン)』cùnという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『スン』、意味は『短い時間』、『指の幅』、『手』、『人』です。などがこの漢字の『単語家族』、が近い漢字です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えていきます。は小学校で1年生で、は4年生、は6年生、は中学校で習います。

 『(スン)』cùnは、手の指の幅を表す会意文字です。漢字の足し算では、ヨ(右手)+一(一本)=(手の指一本分の幅。長さの単位。非常に短い間)です。漢字の部首は『寸・すん』、意味は『長さの単位・約3cm』、『非常に短い間』です。

Photo_4

音読みは呉音が『スン』、漢音が『ソン』です。謙遜していうわずかな志・贈り物を志(スンシ)、少しの暇を暇(スン)といいます。

は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1SSc4hW です。

 『(ソン)』cūnは、村の木々に村人が集まった様子の形声文字です。寸(スン)は人の手を示す象形文字で、ここではを示します。漢字の足し算では、木(村の木々)+(村人)=(木々に人が集まった村。村)です。漢字の部首は『木』、漢字の意味は『村(むら)』です。

Photo_7

異体字に(ソン)があり、『説文解字』には「邑(むら)に従い屯聲」とあります。

音読みは呉音・漢音ともに『ソン』、訓読みは『むら』です。落(ソンラク)、長(ソンチョウ)、里(むらざと)、人(むらびと)のです。

は小学校1年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/1-2209.html です。

 (ソン)』cǔnは、人の気持ちを推し量る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、忄(心の動き)+(手)=(心に手を当てて人の気持ちを推し量る)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、漢字の意味は『気持ちを推し量る』です。

Photo_10Photo_10

音読みは呉音・漢音ともに『ソン』です。他人の気持ちを推し量ることを度(ソンタク)といいます。

(ソン)は常用漢字ではありません。

 『(ジン)』xúnは、左右両手を広げた映像を表す漢字です。漢字の中の彐と口は右手、は左手、も手です。漢字の足し算では、左+右+(左右に手を広げる。尋ねる。ひろ)です。漢字の部首は『寸・すん』です。音読みは呉音が『ジン』、漢音が『シン』、訓読みは『尋(たず)ねる』、『尋(ひろ)』です。

Photo_23

意味は二通りあります。一つは人を『尋ねる』、『尋ね人』、『捜す』です。問(ジンモン)のです。もう一つは映像のロープで示すように、両手を伸ばした長さ(八尺 約1.6m)を示します。(ひろ)とも読みます。

尋常ジンジョウ)というのは一尋一常で普通の長さ。転じて普通当たり前の事です。常は十六尺で約3.2m。千尋(センジン)の谷というのは誇張表現でとても深い谷のことです。

(ジン)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ジン)』qiánxúnは、両手で掻いてしまう棘のある植物を表す漢字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(両手)=(両手で掻いてしまう棘のある植物。いらくさ)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『蕁(いらくさ)』、『蕁麻(ジンマ・いらくさ)』です。

Photo_9Photo_875

音読みは呉音が『ドン』、漢音が『タン』、慣用音が『ジン』です。訓読みは『蕁(いらくさ)』です。こするを表す『麻(マ)』と一緒に使って麻(ジンマ・いらくさ)と書くことが多いです。この蕁麻(ジンマ・いらくさ)には小さな棘があって触ると非常に痒(かゆ)いのです。このような痒(かゆ)い発疹(ホッシン)を一般的に麻疹(ジンマシン)xúnといいます。

(ジン)は常用漢字から外れています。

 寸を使った漢字に(トク)http://bit.ly/23P757p があります。は貝(財宝)を手にする様子、は道すがら貝(財宝)を手にする様子を表す漢字です。の漢字が好んで使われるため、は殆ど使われません。

 『(トク)』děi は、歩いて手に入れる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、彳(行く)+旦(貝のデザイン・財貨)+(手)=(歩いて手に入れる。得る。もうける。得をする)です。漢字の部首は『彳・ぎょうにんべん』、漢字の意味は『得(え)る』、『もうける』、『機会に恵まれる』、『うまくあたる』です。

Photo_3Photo_4

音読みは呉音・漢音ともに『トク』、訓読みは『得(え)る』、『得(う)る』です。自分の思い通りになること・そのことが巧いことを意(トクイ)、手に入れることを獲(カクトク)、成功と失敗・利益と損失を失(トクシツ)、物事を理解し自分のものにすることを会(エトク)といいます。

(トク)は小学校4年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/4-24ef.html です。

尚、(チュウ)、(チュウ)、(トウ)については『漢字の覚え方 肘』をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-92c6.html

『漢字の覚え方 寸』    

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.すんし(   )を渡す。

2.すんか(   )を惜しむ。

3.そんちょう(   )選挙。

4.むらびと(   )。

5.相手の真意を そんたく(   )する。

6.たず(  )ね人。

7.じんじょう(   )小学校。

8.じんましん(    )。

9.そんとく(   )を考える。

10.メダルの かくとく(   )。

解説です。基本の漢字は、村(むら)は木(きへん)を足して、忖()は(りっしんべん)を足して、尋(ひろ)は左右を足して、蕁麻(いらくさ)は艹(くさかんむり)を足して、得(とく)は彳(ぎょうにんべん)と旦(貝のデザイン)を足してです。

解答です。志、暇、長、人、度、ね、常、麻疹、損、獲

漢字の覚え方 戔

 漢字には『単語家族』と呼ばれる発音・意味上の漢字の仲間があります。今日は『(セン・サン)』jiānという字を基本とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。基本漢字『』に何を足したらになるのかを考えます。は小学校4年生、は5年生、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

基本漢字『(セン)』jiānは、小さいもの、少ないものを表す会意文字です。漢字の足し算では、戈(ほこ・削る)+戈(ほこ)=(削って、削って小さくする。少なくする)です。の字自体を使うことはあまりありませんが、などの漢字の部分として働いています。

Photo_11

『日本書紀』では、スサノオノミコトに素戔嗚尊の漢字をあてています。

 『(セン)』qiǎnは、海や川などの水深が浅い様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(小さくけずる)=(水深が浅い。浅い。あさい)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『浅(あさ)い』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『セン』、訓読みが『浅(あさ)い』です。深いことと浅いことを深(シンセン)、学問が浅いことを学(センガク)、考えの浅いことを慮(センリョ)、岸から遠くまで浅いことを遠(とおあさ)といいます。

』は小学校4年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/4-24ef.htmlです。

 『(セン)』qiánは、小さい銭(ぜに)を表す形声文字です。漢字の足し算では、金(金属)+(小さい)=(金属製のちいさいお金。銭。ぜに)です。漢字の部首は『金・かねへん』、漢字の意味は『銭(ぜに)』、『おかね』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ゼン』、漢音が『セン』、訓読みが『銭(ぜに)』です。お金のことを金(キンセン)、古い銭を古(コセン)、入浴料金をとって入浴する風呂屋を湯(セントウ)、身に付いたお金・自分のお金を身(みぜに)、小額の金銭を小(こぜに)といいます。

春雨に小握って飯屋かな  風船

』は小学校5年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/5-1427.htmlです。

 『(ザン)』cánは、骨が後に残(のこ)る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、歹(骨)+(けずる。小さくする)=残・殘(骨が後に残(のこ)る。残る。そこなう。むごい)です。漢字の部首は『歹・がつへん』、漢字の意味は『残(のこ)る』、『そこなう』、『むごい』です。

Photo_8

音読みは呉音が『ザン』、漢音が『サン』で、訓読みが『残(のこ)る』です。後に残る悔しい思いを念(ザンネン)、残って仕事をすることを業(ザンギョウ)、無慈悲なことを平気ですることを忍(ザンニン)といいます。『』は小学校4年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-67fd.htmlです。

 『(セン)』xiànは、細い糸を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸(糸)+(小さい)=(細い糸。細い糸状のもの。線)です。漢字の部首は『糸・いと』、漢字の意味は『線(セン)』、『すじ』、『線路』などですです。

Photo_7

我が国では、(いずみ)を使った(セン)が好まれて使われますが、中国(大陸)では(小さい)を使った(セン)、线(セン)が使われます。漢字の成り立ちは違いますが、意味は同じです。

音読みは呉音・漢音ともに『セン』です。真っ直ぐな線を直(チョクセン)、電気の通る線を電(デンセン)、鉄道の通る細長い路を路(センロ)、海と空の境の線を水平(スイヘイセン)といいます。

(セン)』は(セン)の『単語家族』です。詳しくは『漢字の覚え方 泉』をご覧ください。

(セン)』は小学校2年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-1959.html です。

 『(セン)』jiànは、一歩一歩確実に進む様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、足(歩く)+(小さい)=践・踐(一歩一歩確実に進むのもの)です。漢字の部首は『足・あしへん』、漢字の意味は『歩一歩確実に進む』、『実行する』、『踐(ふ)む』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ゼン』、漢音が『セン』、訓読みが『践(ふ)む』です。言ったとおりに実行することを実践(ジッセン)、皇太子が天子の位につくことを践祚(センソ)といいます。

(セン)』は中学校で習う常用漢字です。

(ふ)むは(ふ)むと書くのが普通です。

(トウ)』はの『単語家族』です。詳しくは『漢字の覚え方 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-1efa.html をご覧ください。

 『(セン)』jiànは、旅立つ人を送る小さな宴会を表す形声文字です。漢字の足し算では、食(食事)+(小さい)=(旅立つ人を送る小さな宴会。送る。はなむけ)です。漢字の部首は『食・しょくへん』、漢字の意味は『旅人を送る』、『餞(はなむけ)』です。

訓読みの『餞(はなむけ)』は旅立つ人の馬の鼻を向けてやることから餞(はなむけ)といいます。

Photo_10

音読みは呉音が『ゼン』、漢音が『セン』、訓読みが『餞(はなむけ)』です。旅立つ人を見送ること・金品を贈ることを別(センベツ)、卒業式の前に予め開く餞(はなむけ)の会を予会(ヨセンカイ)、送別のための宴を宴(センエン)といいます。

(セン)』は常用漢字から外れています。

 『(セン)』jiànは、お金が少なくなっていく様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、貝(財貨)+(小さい)=賎・賤(お金が少なくなっていく。やすい。転じて賤しい。いやしい)です。漢字の部首は『貝・かいへん』、漢字の意味は『やすい』、『賤(いや)しい』、『身分が低い』、『そまつな』です。

Photo_8

音読みは呉音が『ゼン』、漢音が『セン』、訓読みが『賤(いや)しい』、『賤(しず)』です。やすい価格の事を価(センカ)、身分が高いことと低いことを貴(キセン)、そまつな家を家(しずのや)といいます。『』は常用漢字から外れています。

 『(セン)』jiānは、水や涙が流れる様子を表す形声文字です。。漢字の足し算では、氵(水)+(少なくなっていく)=(小さい水や涙が流れる。水や涙が流れる)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『小さいしぶきをふりかける』、『涙を濺(そそ)ぐ』です。

Photo_9

音読みは呉音・漢音ともに『セン』、訓読みが『濺(そそ)ぐ』です。杜甫の春望という詩に、時に感じては花にも涙を(そそ)ぎ という有名な句があります。飛び散るしぶきを沫(センマツ)といいます。

(セン)』は常用漢字から外れています。

 『(サン)』zhànは、小さい木をつなげた桟橋や桟敷(さじき)を表す形声文字です。漢字の足し算では、木(木材)+(小さい)=・棧(小さい木をつなげた桟橋や桟敷。いやしい)です。漢字の部首は『木・きへん』、漢字の意味は『小さい木をつなげた橋』、『かけはし』です。

Photo_6


音読みは呉音が『ゼン』、漢音が『サン』です。舟が付けれるようにした小さな板の橋を橋(サンバシ)、小さい板でつくった仮設の席を敷(さじき)といいます。

(サン)』は常用漢字から外れています。

 『(セン)』jiānは、小さな竹製の札(ふだ)を表す形声文字です。。漢字の足し算では、竹(竹製品)+(小さい)=(小さい竹製の札。付箋。ふせん)です。漢字の部首は『竹・たけかんむり』、漢字の意味は『小さな竹製の札』です。

Photo_5

音読みは呉音・漢音ともに『セン』です。目印やメモを書き付けるための小さい竹製の札です。現在では紙が使われていますが、紙が発明される前は竹でつくられていました。この札のことを付(フセン)、手紙を書くためのものを便(ビンセン)といいます。

(セン)』は平成22年度より中学校で習う常用漢字に登録されました。

 『(サン)』zhǎnは、小さい皿・さかずきを表す形声文字です。漢字の足し算では、(小さい)+皿(さら)=(小さい皿。さかずき)です。漢字の部首は『皿・さら』、漢字の意味は『盞(さかずき)』です。

Photo_4

音読みは呉音が『セン』、漢音が『サン』です。訓読みは『盞(さかずき)』です。一杯の酒・さかずきを一(イッサン)、酒を飲むためのさかずきを漢語で酒(シュサン)といいます。

東京の千住にはスサノオノミコトを祀った素盞雄神社があります。

(サン)』は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-0b2b.html

『漢字の覚え方 戔』       

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.とおあさ(    )の海。

2.あさい(    )長政。

3.こぜに(    )を貯める。

4.せんとう(    )へ行く。

5.ざんねん(    )に思う。

6.ざんぎょう(    )する。

7.鉄道の せんろ(    )。

8.公約の じっせん(    )。

9.せんべつ(    )を渡す。

10.きせん(    )問わず。

11.花に泪を そそ(  )ぐ。

12.さんばし(    )から出港。

13.ふせん(    )をつける。

14.いっさん(    )傾ける。

解説です。基本の漢字は、浅(あさ)いは氵(さんずい)を足して、銭(ぜに)は金(かねへん)を足して、残(のこ)すは歹(がつへん)を足して、賎(いや)しいは貝(かいへん)を足して、濺(そそ)ぐは氵(さんずい)を足して、桟橋(さんばし)は木(きへん)を足して、付箋(フセン)は竹(たけかんむり)を足して、盞(さかずき)は皿を足してです。

解答です。遠井、小湯、念、業、線路、路、実別、貴ぐ、橋、付、一

2015年4月12日 (日)

漢字の覚え方 呈

 今日は『(テイ)』chéngという漢字の『単語家族』(漢字の仲間)について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『テイ』、意味は『真っ直ぐ』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。基本漢字『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で5年生で、は6年生、は中学校で習います。一緒に覚えましょう。

最初に𡈼(テイ)と(ジン)の解説を致します。印刷字体ではほぼ一緒ですが、正しく書くと𡈼(テイ)は下の横棒を長く書き、人のすねが真っ直ぐ伸びている様子を指す指事文字です。一方、(ジン)は糸を巻き取っている様子の象形で、膨らむなどの意味があり、(ニン)、(ニン)http://bit.ly/21AIQI3 などの仲間のある漢字です。

Photo_11Photo_12

 『(テイ)』chéngは、真っ直ぐに差し出す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、口(言葉・表現)+𡈼(真っ直ぐ)=(真っ直ぐに表現する。差し出す。表す。呈す)です。漢字の部首は『口・くち』、漢字の意味は『差し出す』、『表す』、『呈(しめ)す』です。

Photo_13

音読みは呉音が『ジョウ』、漢音が『テイ』です。訓読みは常用外の『呈(しめ)す』があります。人に物を差し上げることを贈(ゾウテイ)、差し出して示すことを示(テイジ)といいます。

は中学校で習う常用漢字です。

差し出すには(テイ)という漢字もあります。差し出し示すには示(テイジ)を使うことが多いです。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1ObkoZj をご覧ください。

 『(テイ)』chéngは、穀物の真っ直ぐに垂れた実の部分を表す形声文字です。漢字の足し算では、禾(穀物)+(真っ直ぐに垂れた部分)=(穀物の真っ直ぐに垂れた実の部分。一定の量。基準。度合い。道のり)です。漢字の部首は『禾・のぎへん』、漢字の意味は『一定の量』、『基準』、『道のり』です。

Photo_14

音読みは呉音が『ジョウ』、漢音が『テイ』、訓読みが『程(ほど)』です。物事の大小・高低・優劣などの度合いを度(イド)、物事の変化する道筋を過(カテイ)、目的地などに行く道のりを行(コウテイ)といいます。

は小学校5年生で習う常用漢字http://bit.ly/1Dp5GoH です。

 『(セイ)』shèngは、真っ直ぐ聞き取ることの出来る聖人を表す形声文字です。漢字の足し算では、耳(聞く)+(真っ直ぐ)=(真っ直ぐ聞き取ることの出来る聖人。聖人。理想的な人物。特の高い人)です。漢字の部首は『耳・みみ』、漢字の意味は『徳のすぐれた人』、『その道に優れた人』、『天子』、『けがれのない』、『神聖な』、『仏教の高徳の僧』です。

Photo_15

音読みは呉音が『ショウ』、漢音が『セイ』、唐宋音が『シン』です。訓読みが『聖(ひじり)』、常用外に『聖(きよ)い』があります。中国・東洋において理想的な人とする堯(ギョウ)、舜(シュン)、孔子(コウシ)などを人(セイジン)、極めて優れた詩人・杜甫のことを詩(シセイ)、宗教・信仰などにおいてけがれのないことを神(シンセイ)、キリスト教で聖人によって書かれた神聖な書物を書(セイショ)、仏教で徳の高い僧を人(ショウニン)といいます。

中国・東洋では最高級の漢字で、『あきら』、『あき』、『きよ』、『きよし』、『さと』、『さとし』、『さとる』、『たから』、『とし』、『まさ』と人名に使われます。

(セイ)は小学校6年生で習う漢字http://bit.ly/1rMjElI です。

 『鐵・(テツ)』tiěは、よく切れる金属の鉄(テツ)を表す形声文字です。が本字では省略形の漢字です。漢字の足し算では、金(金属)+戈+才(ほこで切る)+(まっすぐ)=(まっすぐに物を切れる金属。鉄。くろがね)です。漢字の部首は『金・かねへん』、意味は『鉄(テツ)』、『くろがね』、『かたい』です。

Photo_3

音読みは呉音が『テチ』、漢音が『テツ』、訓読みは常用外の『鉄(くろがね)』です。鉄製の器具を器(テッキ)、かたい厳しい規則を則(テッソク)、丈夫な面の皮・あつかましい人を面皮(テツメンピ)といいます。

非常に強い意味の漢字で『かね』、『きみ』、『てつ』、『とし』、『まがね』と名前に使われます。

は、書くのがとても大変なので、省略体のを使います。常用漢字体もです。ただ、うと書くので非常に評判の悪い字体です。製会社の中にはを使う会社が少なくありません。

Photo_4

漢字の足し算では、金(金属)+(すっとすり抜ける)=(すっと物を切れる金属。鉄。くろがね)です。

(テツ)は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1UIX7zU です。

(テツ)は(シツ)の『単語家族』です。詳しくは『漢字の覚え方 失』をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-abd9.html

『漢字の覚え方 呈』    

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ぞうてい(   )式。

2.身分証を ていじ(   )。

3.旅行の にってい(   )。

4.ある ていど(   )良い条件。

5.キリスト教の せいしょ(   )。

6.せいか(   )リレー。

7.せいてつ(   )会社。

8.てつどう(   )模型。

解説です。基本の漢字は、程(ほど)は禾(のぎへん)を足して、聖(ひじり)は耳(みみ)を足して、鐡(てつ)は金(金属)と戈才(ほこで切る)を足して

解答です。贈示、示、日度、書、火、製、製道、道。

漢字の覚え方 廷

 今日は『(テイ)』tíngという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『テイ』、意味は『平らな場所』、『まっすぐ伸びた』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で3年生で、は中学校で習います。一緒に覚えましょう。  

最初に𡈼(テイ)と(ジン)の解説を致します。印刷字体ではほぼ一緒ですが、正しく書くと𡈼(テイ)は下の横棒を長く書き、人のすねが真っ直ぐ伸びている様子を指す指事文字です。一方、(ジン)は糸を巻き取っている様子の象形で、膨らむなどの意味があり、(ニン)、(ニン)http://bit.ly/21AIQI3 などの仲間のある漢字です。

Photo_11Photo_12

2

 『(テイ)』tíngは、天子の住む平らに地ならしをした場所を表す形声文字です。漢字の足し算では、廴(延ばす)+𡈼(真っ直ぐ伸びた所)=(天子の住む平らな場所。転じて政治を行うところ。裁判を行うところ)です。漢字の部首は『廴・えんにょう』、漢字の意味は『政治を行うところ』、『裁判を行うところ』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ジョウ』、漢音が『テイ』、訓読みは『庭(にわ)』です。天皇・国王の居所を宮(キュウテイ)、天子が政治を行う所を朝(チョウテイ)、裁判を行う場所を法(ホウテイ)といいます。

非常に良い意味の漢字で『たか』、『ただ』、『なが』と名前に使われます。(テイ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(テイ)』tíngは、屋敷や朝廷の中庭を表す形声文字です。漢字の足し算では、广(屋敷)+(平らに地ならしをした所)=(屋敷や朝廷のまっすぐ伸びた庭。庭。にわ)です。漢字の部首は『广・まだれ』、漢字の意味は『庭(にわ)』、『家族』、『役所』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ジョウ』、漢音が『テイ』、訓読みは『庭(にわ)』です。草木などを配置した整えられた庭を園(テイエン)、生活をともにする親子・夫婦など家族の集まりを家(カテイ)、家庭での教えを訓(イキン)といいます。

(テイ)は小学校3年生で習う漢字 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-4ad7.htmlです。

 『(テイ)』tǐngは、進み出る様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(平らに地ならしをした所)=(進み出る)です。漢字の部首は『扌・てへん』、漢字の意味は『進み出る』です。銃や槍など細長いものを数えるのにも使います。

Photo_4

音読みは呉音が『ジョウ』、漢音が『テイ』、慣用音が『チョウ』です。身を投げ出して困難なことにあたることを身(テイシン)といいます。

非常に良い意味の漢字で『ただ』、『なお』、『もち』と名前に使われます。(テイ)は人名用漢字です。

 『(テイ)』tǐngは、まっすぐ進む速い舟を表す形声文字です。漢字の足し算では、舟+(まっすぐ)=(まっすぐ進む速い舟)です。漢字の部首は『舟・ふね』、漢字の意味は『艇(ふね)』です。小さめの舟やボートをいいます。

Photo

音読みは呉音が『チョウ』、漢音が『テイ』です。大小各種の舟を艦(カンテイ)、ボートの長さを身(テイシン)といいます。(テイ)は常用漢字から外れています。

舟は漢字の世界では、ニュアンスが微妙に違います。

(テイ)はまっすぐ進む速いふね 『漢字の覚え方 http://bit.ly/1FLcD6f

(シュウ)は小さいふね       『漢字の覚え方 http://bit.ly/1DFvsUm

(カン)は戦う大きなふね      『漢字の覚え方 http://bit.ly/25ApacQ

(セン)はやや大きなふね      『漢字の覚え方 http://bit.ly/1vmpZDd

(ハク)は海を渡るふね          『漢字の覚え方 http://bit.ly/1rkEIHJ

(カンテイ)、(センパク)、艦(カンセン)、(シュウテイ)。漢字は二字で安定し、聞いた時に解かり易いので組み合わせて使うことがあります。

 『(テイ)』tǐngは、梃子(てこ)に使う真っ直ぐな棒を表す形声文字です。木(木材)+(まっすぐ)=(梃子(てこ)に使う真っ直ぐな棒)です。漢字の部首は『木・きへん』、漢字の意味は『真っ直ぐな棒』、『梃子(てこ)』です。

Photo

音読みは呉音が『ジョウ』、漢音が『テイ』です。真っ直ぐなさまを然(テイゼン)、物を動かすのに使う真っ直ぐな棒を子(てこ)といいます。

(テイ)は常用漢字から外れています。

 『(テイ)』tíngは、真っ直ぐにのびる稲妻を表す形声文字です。雨(天候)+(まっすぐ)=(真っ直ぐにのびる稲妻。かみなり。いかずち)です。漢字の部首は『雨・あめかんむり』、漢字の意味は『真っ直ぐにのびる稲妻』、『霆(いかずち)』です。

Photo_4

音読みは呉音が『ジョウ』、漢音が『テイ』で、訓読みは『霆(いかずち)』です。かみなり、いかずちのことを漢語で雷(ライテイ)、稲妻のように一気に攻撃することを撃(テイゲキといいます。

(テイ)は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-759e.html

『漢字の覚え方 廷』      

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.きゅうてい(   )料理。

2.ほうてい(   )に立つ。

3.かてい(   )料理。

4.なかにわ(   )に佇む。

5.銃 いっちょう(   )。

6.きょうてい(   )の開催日。

7.護衛 かんてい(   )。

8.てこ(   )の原理。

9.らいてい(   )一撃。

解説です。基本の漢字は、庭(にわ)は广(まだれ)を足して、挺は扌(てへん)を足して、艇(ふね)は舟を足して、梃子(てこ)は木(きへん)を足して、霆(いかずち)は雨を足してです。

解答です。宮、法、家、中、一、競、艦子、雷

漢字の覚え方 田

 今日は『(デン)』tiánという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『デン』、意味は『田(た)』、『平たい』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で1年生で習う漢字です。漢字の足し算で一緒に覚えましょう。

 『(デン)』tiánは、田を描いた象形文字です。四角に区切った耕作地を表します。我が国では水田を(た)、水の張らない耕作地を畑(はたけ)として区別しています。漢字の部首は『田・た』、意味は『田(た)』、『産出する場所』、『平たい場所』です。

Photo_3

音読みは呉音が『デン』、漢音が『テン』、訓読みが『田(た)』です。舎(デンシャ・いなか)とは耕地と住まいの事で、我が国ではふるさといなかを指します。美しい耕作地が田(ビデン)、炭を産出する場所を炭(タンデン)、田と畑を畑(はた)といいます。非常に重要な漢字で、地名、人名に良く使われ、お目出度い漢字の一つです。

(デン)は小学校1年生で習う漢字http://bit.ly/ZJV2ex です。

 『(デン)』diàntiánは、田畑を耕す人を表す形声文字です。漢字の足し算では、イ(人間)+(田畑)=(田畑を耕す人)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『田畑を耕す人』です。

Photo_4

音読みは呉音が『デン』、漢音が『テン』、訓読みが『佃(つくだ)』です。田畑を耕す小作人を戸・子(デンコ)、佃島(つくだじま)発祥のあさり・のりなどを醤油で煮詰めた食品を煮(つくだに)といいます。

(デン)は常用漢字からは外れています。

 『(デン)』diànは、金属製の平たい鈿(かんざし)を表す形声文字です。漢字の足し算では、金(金属・黄金)+(平たい)=(金属製の平たい鈿(かんざし)。かざり)です。漢字の部首は『金・かねへん』、意味は『鈿(かんざし)』、『かざり』です。平たく面積のある豪華なものをいいます。

Photo_8

音読みは呉音が『デン』、漢音が『テン』、訓読みが『鈿(かんざし)』です。黄金をはめ込んで飾った首飾りを瓔(デンエイ)、貝の内側のキラキラした(真珠層)部分をはめ込んだ細工を螺(ラデン)といいます。

(デン)は常用漢字からは外れています。

(デン)に近い漢字に(ダン)があります。

 『(ナン・ダン)』nánは、田畑で力を出す男性を表す会意文字です。漢字の足し算では、+力(ちから)=(田畑で力を出す男性。男)です(許 藤堂 加藤)。漢字の部首は『田・た』、漢字の意味は『男(おとこ)』です。

Photo_6

『説文解字』には、田に従い男に従う。田において力を用いる男と言うなり。とあります。

力については、耒(すき)の象形(白川)、筋力を表す(許 藤堂 加藤)など諸説あります。

音読みは呉音が『ナン』、漢音が『ダン』。訓読みは『男(おとこ)』です。女(ダンジョ)、性(ダンセイ)、長(チョウナン)、前(おとこまえ)のです。

呉音の『ナン』は漢音では『ダン』になることがあります。音読みの呉音、漢音については呉音と漢音をご覧ください。

(ナン・ダン)は小学校1年生で習う漢字http://bit.ly/ZJV2ex です。

を使っている漢字に、(サイ)、(シ)などがありますが、デザインが同じなだけで、囟(シン・小さい)を使った漢字です。詳しくは『漢字の覚え方 囟(田)』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-48ef.html をご覧ください。

を使った漢字に(はたけ)・(はたけ)があります。

 『(はたけ)』は、畑(はたけ)を表す会意文字です。漢字の足し算では、火(焼く)+(草を焼いて肥料にする畑。はたけ)です。畑は我が国でつくられた国字です。漢字の部首は『田・た』、漢字の意味は『畑(はたけ)』、『専門分野』です。

Photo_7

訓読みは『畑(はたけ)』、『畑(はた)』で、音読みはありません。田(たはた)、仕事(はたけしごと)、違(はたけちが)いのです。

非常に重要な漢字で『はた』、『はたけ』と地名・人名に使われます。

(はたけ)は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1vlSD7s です。

 『(はたけ)』は、畠(はたけ)を表す会意文字です。漢字の足し算では、白(白く乾いた)+田=(白く乾いた畠。水をはらずに野菜をつくる畠。はたけ)です。畠は我が国でつくられた国字です。漢字の部首は『田・た』、漢字の意味は『畠(はたけ)』です。

Photo_9

訓読みは『畠(はたけ)』、音読みはありません。非常に重要な漢字で、『はた』、『はたけ』、と地名・人名に広く使われます。

(はたけ)』は『(はたけ)』と書くことが多いです。『』は常用漢字ではありません。

(はたけ)』に使われている(ハク)については、『漢字の覚え方 http://bit.ly/1rkEIHJ をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-2d9a.html

『漢字の覚え方 田』    

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.たはた(   )を耕す。

2.夕張 たんでん(   )。

3.いなか(   )暮らし。

4.つくだに(   )。

5.らでん(   )細工。

6.だんじょ(   )の区別。

7.ちょうなん(   )の出生。

解説です。基本の漢字は、佃(つくだ)はイ(にんべん)を足して、鈿(かんざし)は金(かねへん)を足して、男(おとこ)は力を足しててす。

解答です。畑、炭舎、煮、螺、長

漢字の覚え方 刀・刂

 今日は『(トウ)』dāoという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』・『』です。音読みは『トウ』、意味は『刀』、『曲線』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『刀・』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で2年生で、は中学校で習います。一緒に覚えましょう。

 『(トウ)』dāoは、刀を象(かたど)った象形文字です。漢字の部首は『刀・かたな』、意味は『かたな』です。

Photo_11Photo_10

音読みは呉音が『ト・トウ』、漢音が『トウ』、訓読みが『かたな』です。特別な訓読みに『太刀(たち)』、『竹刀(しない)』があります。昔は竹の札を刀で削って字を書きました。文書・文書を書く役人を筆(トウヒツ)、刀の形の銭を銭(トウセン)、刀を抜くことを抜(バットウ)、刀を帯びることを帯(タイトウ)といいます。

は文字の旁(つくり)では形を変えて、(りっとう)という形になります。漢字の足し算である会意文字形声文字ではの形で使うことが多いです。

(トウ)』は小学校2年生で習う漢字http://bit.ly/1CcJ09S です。

を使った魚の名前に秋魚(さんま)、太魚・(たちうお)があります。

秋の(かたな)の魚と書いて秋魚(さんま)と読みます。身体が細くて(かたな)のようだからです。

Photo_16

 『(トウ・たちうお)』dāoは、 太刀(たち)の形をしている魚を表す形声文字です。漢字の足し算では、魚(さかな)+(太刀の形をしている魚。たちうお)です。

PhotoPhoto_4

音読みは呉音・漢音ともに『トウ』、訓読みは『(たちうお)』です。(たちうお)は太刀魚(たちうお)と書くのが普通です。

 太刀魚(たちうお) 太刀(たち)の魚と書いて太刀魚(たちうお)と読みます。身体が大きくて太刀(たち)のようだからです。また立って泳ぐことがあるために立魚(たちうお)と名付けられたとも言われています。

魚についての漢字は『部首索引 魚(うお・さかな)』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-019b.html をご覧ください。

 『(トウ)』dàoは、物が目的の場所や時間に届く様子を表す漢字です。漢字の足し算では、(まっすぐ届く)+(りっとう・刀・曲線)=(物が曲がって届く。行き着く。到る)です。部首は『至』。意味は『行き着く』・『到る(いたる)』です。『(シ)』が矢の様に真っ直ぐに届くのに対し、曲がって届くのが到です。

Photo_12Photo_13

音読みは呉音・漢音ともに『トウ』。訓読みは『到る(いたる)』です。達(トウタツ)、来(トウライ)、未(ミトウ)、周シュウトウ)のです。『』は中学校で習う常用漢字です。

(ミトウ)は未だ到達していないことです。記録、目標に使います。未踏(ミトウ)とは未だ足を踏(ふ)み入れていない場所に使います。

(シ)の『単語家族』には(シツ)、(チ)などの漢字があります。詳しくは『漢字の覚え方 至』をご覧ください。

 『(トウ)』dǎodàoは、逆さまに倒れる様子を示す形声文字です。漢字の足し算では(にんべん・人の動作)+(矢が曲線を描いて届く)=(人が曲線を描くように逆様に倒れる。倒れる)です。部首は『・にんべん』、意味は『倒れる(たおれる)』です。

Photo_18

『仆(フ)』http://bit.ly/1t1oE40 はパタリと前に仆(たお)れるのに対し、『(トウ)』は仰向けに倒れる様子を表します。どちらも部首は『・にんべん』です。常用漢字の『』を使う事が多いです。

音読みは呉音・漢音ともに『トウ』。訓読みは『倒れる(たおれる)』。産(トウサン)、置(トウチ)、卒(ソットウ)、転(テントウ)のです。

(トウ)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(ショ)』chūは、布・衣に刃物を初めて当てる様子を表す漢字です。漢字の足し算は、衤(布・衣)+(刃物)=(布・衣に最初に刃物を入れて切る。初め。はじめ)です。漢字の部首は『刀・かたな』、漢字の意味は『初(はじ)め』です。

Photo_15

音読みは呉音が『ソ』、漢音が『ショ』、訓読みは『初(はじ)め』、『初(はつ)』、『初(うい)』、『初(そ)め』です。一番初めを最(サイショ)、夏の初めを夏(ショカ)、物事や芝居などの初めの日を日(ショニチ)、元日の太陽を日(はつひ)、初めの戦闘を陣(ういジン)、年始に行う書く儀式を書き(ぞ)めといいます。

大変縁起の良い漢字で、『うい』、『うぶ』、『しょ』、『そめ』、『はじめ』、『はつ』、『もと』と名前に使われます。

(ショ)』は小学校4年生で習う漢字http://bit.ly/1fwNaWz です。

(トウ)を使う漢字に(ヘン)がありますが、漢字のデザインが同じなだけで、の『単語家族』ではありません。鼻と口を書いた省略形です。

 『(ヘン)』biānは、顔の鼻のあたりを表す漢字です。漢字の足し算では、辶(進む)+刀(鼻と口を書いた省略形)=(顔の鼻や口のあたり。あるものを中心とした付近。中央からはなれた場所)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、漢字の意味は『あるものを中心とした辺(あたり)』、『中央からはなれた場所』、『図形の線分』です。

音読みは呉音・漢音ともに『ヘン』、訓読みは『辺(あたり)』、『辺(べ)』です。あるものの周りを周(シュウヘン)、中央から離れた国境を境(ヘンキョウ)、海のあたりを海うみべ)、直角三角形の斜めの線分を斜(シャヘン)といいます。

Photo_17

正しい字体は大きくわけて二種類あります。(鼻)に宀(口の端)を書いて、冖を書いてです。

どの漢字を名字(ミョウジ)に使うかはその家の伝承によって違い、(サイ)とともに戸籍(コセキ)係を悩ませる漢字の一つです。

(ヘン)のもとになる漢字(ジ)、(ビ)については『漢字の覚え方 自』をご覧ください。

(ヘン)』は小学校4年生で習う漢字http://bit.ly/1IR0lNd です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-1630.html

『漢字の覚え方 刀』    

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.たいとう(   )禁止令。

2.しない(   )を握る。

3.用意 しゅうとう(   )。

4.季節 とうらい(   )。

5.本末 てんとう(   )。

6.企業の とうさん(   )。

7.大相撲の しょにち(   )。

8.はつひ(   )の出。

9.へんきょう(   )の地。

解説です。基本の漢字は、到(いた)るは至(いたる)を足して、倒(たお)れるはイ(にんべん)を足して、初(はつ)は衤(しめすへん)を足して、辺(ヘン)は辶(しんにょう)を足してですがの仲間の漢字ではありません。

解答です。帯、竹、周来、転産、日(ショニチ)、日(はつひ)、境。

落語 空き巣

 創作落語で御座います。お時間のある方はお付き合いを願います。『(ジョウ)』dìngという漢字が御座いますが、定める金具・を表す漢字です。漢字の足し算では、金(金属)+(定める)=(定める金具。戸締りをする金具。錠)http://bit.ly/1yJrBbu です。漢字の部首は『金・かねへん』で、我が国では平たく固めた薬も『(ジョウ)』と呼んでおります。

(ケン)』jiànは、(ジョウ)に真っ直ぐ入れる鍵(かぎ)を表す漢字です。漢字の足し算では、金(金属)+(真っ直ぐ立つ)=(真っ直ぐ入れる鍵。かぎ)http://bit.ly/1qB6H6o です。漢字の部首は『金・かねへん』で、意味は『鍵(かぎ)』です。

Photo_5Photo_6

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

「親方、誰も通っていませんぜ」

「そうかい。も少しで開くから、待ってな」

「親方、鮮やかな手さばきでござんすね」

「ササッと中ぁ へぇって仕事を済ませるぞ」

空き巣の二人組で御座いましょうか、サッと(ジョウ)を開けると家ん中へ入ってしまいます。

「おい、全部持ってちゃいけねえよ。三枚だけにしときな」

「親方ぁ、隣の部屋で赤ん坊が寝てますぜ」

「さしずめ、買い物にでも出掛けたってとこだろ、すぐ帰ってきやがるぞ。長居は不可ねぇ、サッサとずらかるぞ」

「へぇ」

「俺ぁは戸締りして裏から出るから、おめえは先ぃ表へ出て見張ってな」

「親方、なんか臭いですぜ。なんかヤバイような。。」

「ヤバイのは、俺たちの稼業よ。サッサと表ぃ出やがれ」

表へ出ますってぇと少し先の民家から、火が出ております。風もこちらへ向かって吹いております。眠ってった赤ん坊も泣き出します。

「親方、大変だ向こうっ側が火事ですぜ、家ん中に赤ん坊が」

「おめえは、ここで待ってろぃ、(かぎ)ぃ開けて赤ん坊おぶってくる」

親方、早業で玄関の鍵を開けますってぇと、泣いている赤ん坊をおぶって連れ出してまいります。消防自動車もやってくる。人も大勢集まって参りまして、さあ大変だ。買い物かごのお母さんも帰ってまいります。

「奥さん、あたしらぁ、通りがかりの鍵屋で御座いまして、赤ん坊の泣く声が聞こえんたんでね」

「坊や、坊や」 「坊や、坊や」

「赤ん坊は確かに、あたしらぁこれで。御免なすって」

警察官もやってまいりますんで、気が気じゃありません。

「待って下さい。鍵屋さん。なんてお礼を申しましたら」

「お礼ならさっき、仏壇の下の引き出しぃから。」

「ブータンから呼び出しですか」

「いいえ、そのぉ、先ぃ急ぎますんで、失礼します」

「鍵屋さん、名刺か何か」

「名刺って仕事場を書いてあるやつでしょ。そいつは一寸具合が悪い」

「この手帳(テチョウ)に御名前だけでも」  (チョウ)『漢字の覚え方 http://bit.ly/1ntk10G

「縁起でもねぇ、奥さん、手錠(テジョウ)だけぁは勘弁して下さい」

御後が宜しいようで。。。。。

Photo

2015年4月 5日 (日)

漢字の覚え方 予

 今日は『(ヨ)』という漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ヨ』、基本の意味は『伸びる』、『押しやる』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校3年生で、は2年生、は5年生で習います。一緒に覚えましょう。

 『(ヨ)』は、丸い輪をずらして向こうへ押しやる様子を描いた象形文字です。漢字の部首は『亅・はねぼう』、基本の意味は『伸びる』、『押しやる』です。『前もって』、『ゆとり』、『予(あらかじ)め』の意味も加わりまた。

Photo_7

音読みは呉音・漢音ともに『ヨ』、訓読みは『予(あらかじ)め』です。前もって感じることを感(カン)、予め推し測ることを測(ソク)、ゆとりを持って準備したものを備(ビ)、前もって決めた費用の見積もりを算(サン)といいます。

(ヨ)は小学校3年生で習う漢字 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-e460.html です。

の省略した漢字でもあります。『前もって』、『ゆとり』、『予(あらかじ)め』の意味では、象(大きく)を足した(ヨ)を使っていました。書くのが大変なのでを使っています。

Photo_8

漢字の足し算では、(押しやる・伸びる)+象(大きく)=(大きくおしやる。ゆとり。豫(あらかじ)め)です。前もって感じることを感(カン)、豫(あらかじ)め推し測ることを測(ソク)、ゆとりを持って準備したものを備(ビ)、前もって決めた費用の見積もりを算(サン)といいます。

(ヨ)は常用漢字(日常生活で使う漢字)ではありません。

 『(ヨ)』は、人に余裕を持たせて預(あず)ける様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(押しやる・伸びる)+頁(人員)=(人員を押しやって預(あず)ける。預ける。あずける)です。漢字の部首は『頁・おおがい』、意味は『預(あず)ける』、『神の言葉を預かる』です。

Photo_19Photo_20

音読みは呉音・漢音ともに『ヨ』、訓読みは『預(あず)ける』、『預(あず)かる』です。お金を預けることを金(キン)、国庫などにお金を預けることを託(タク)、神から預かった言葉を言(ゲン)といいます。

(ヨ)は小学校5年生で習う漢字 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/5-1e79.html です。

 『(ヤ)』は、広がりを持つ野原を表す形声文字です。漢字の足し算では、里(田と土)+(広がる)=(里で広がりを持つ野原・田畑。野)です。漢字の部首は『里・さと』、意味は『広がる大地』、『民間』、『範囲』、『ひなびた』、『自然』、『あらっぽい』です。異体字に(ヤ)があります。漢字の足し算は、林(林・広がる)+土=(広がりを持つ土。野)です。漢字の成り立ちは違いますが、意味は同じです。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『ヤ』、訓読みは『野(の)』です。広い野原を原(ゲン)、町から離れた地を外(ガイ)、分かれた範囲を分(ブン)、自然の性質を性(セイ)、あらっぽい勝手な気持ちを心(シン)といいいます。

(ヤ)は小学校2年生で習う漢字 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-e258 です。

 『(ジョ)』は、母屋(おもや)から伸びた建物を表す形声文字です。漢字の足し算では、广(建物)+(押しやる・伸びる)=(母屋(おもや)から伸びた建物。転じてきまった並び方。これから展開する文章)です。漢字の部首は『广・まだれ』、意味は『わきや』、『きまった並び方』、『これから展開する文章』です。

Photo_2Photo_3

音読みは呉音が『ジョ』、漢音が『ショ』で、訓読みは常用外の『序(つい)で』です。東に造った脇屋(わきや)を東(トウジョ)、ある基準による決まった並び方を順(ジュンジョ)、本文の前にしるす文書を文(ジョブン)、物事の正しい順序や決まりを秩(チツジョ)といいます。

(ジョ)は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1IcJ9kv です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-d95c.html

『漢字の覚え方 予』    

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.よさん(   )編成。

2.恋の よかん(   )。

3.銀行の よきん(   )。

4.やがい(   )活動。

5.新しい ぶんや(   )。

6.じゅんじょ(   )を守る。

7.ちつじょ(   )を乱す。

解説です。基本の漢字は、預(あず)けるは頁(おおがい)を足して、野(の)は里(さと)を足して、序(つい)では广(まだれ)を足してです。

解答です。予算・算、予感・感、金、外、分、順、秩

漢字の覚え方 斿

 今日は『(ユウ)』yóuという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ユウ』、意味は『旗がゆらゆらする』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で3年生で習い、は常用漢字ではありませんが、一緒に覚えましょう。

 『(ユウ)』yóuは、旗がゆらゆらする様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、方ノ一(旗)+子(動く)=(子供が動くように旗がゆらゆら動く)です。漢字の部首は『方・ほうへん』、漢字の意味は『旗がゆらゆらする』です。

Photo_4

音読みは呉音が『ユ』、漢音が『ユウ』です。の漢字自体を使うことはありませんが、の音符(オンプ)になっています。

 『(ユウ)』yóuは、ゆらゆらと遊びまわる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、辶(進む)+(旗がゆらゆらする)=(ゆらゆらと遊びまわる。遊ぶ。あそぶ)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、意味は『遊(あそ)ぶ』、『旅をする』、『行ったり来たりする』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ユ』、漢音が『ユウ』、訓読みは『遊(あそ)ぶ』です。牧畜をしながら旅することを牧(ユウボク)、酒食を用意して(宴)遊ぶことを宴(ユウエン)、行ったり来たりする交わりを交(コウユウ)、のんびり楽しんで歩くことを歩(ユウホ)、遊ぶための園を園地(ユウエンチ)といいます。

ゆったりとした縁起の良い漢字で『なが』、『ゆき』と名前に使われます。

春の日の砂場びの母子かな  風船

(ユウ)は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1vlSD7s です。

 『(ユウ)』yóuは、ゆらゆらと泳ぎまわる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(旗がゆらゆらする)=(ゆらゆらと泳ぎまわる。浮かぶ。遊ぶ)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『泳ぎまわる』、『浮かぶ』、『遊(あそ)ぶ』です。

Photo_6

(ユウ)は常用漢字ではありませんので、(ユウ)を使うのが普通です。

音読みは呉音が『ユ』、漢音が『ユウ』です。水面を泳いだり浮かぶことを泳・泳(ユウエイ)、水に浮かんでゆらゆらすることを浮・浮(フユウ)といいます。

 『(ユウ)』yóuは、かげろうのことです。漢字の足し算では、虫(むしへん・昆虫)+(ゆらゆらする)=(ゆらゆら飛ぶ虫)です。部首は『虫』、意味は『かげろう』です。同じく『かげろう』を表す『(フ)』と合わせて二字で『蜉蝣』(かげろう・フユウ)として使います。漢字が二語の熟語になるのは、耳で聞いたときに二語の方が解りやすいからです。

(ユウ)』は常用漢字から外れています。

Photo_5

現在ではカゲロウに蜉蝣の漢字を充てていますが、平安朝では蜻蛉(とんぼ)の漢字を充てていたりしました。江戸時代の学者、新井白石によれば多少混同されていたようです。

(フ)はの『単語家族』です。詳しくは『漢字の覚え方 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-bca6.html をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-5f5e.html

『漢字の覚え方 斿』 

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ゆうぼく(   )民族。

2.ゆうほ(   )道。

3.ゆうえい(   )禁止。

4.かげろう(   )。

解説です。基本の漢字は、遊(あそ)ぶは辶(しんにょう)を足して、游(浮かぶ)は氵(さんずい)を足して、蜉蝣(フユウ・かげろう)は虫を足してです。

解答です。牧、歩、泳・泳、蜉

漢字の覚え方 䍃・揺

 今日は『(ヨウ)』yáoという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ヨウ』、意味は『長く揺(ゆ)れる』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は中学校で習い、は人名用漢字です。一緒に覚えましょう。

Photo_8Photo_7

 『(ヨウ)』yáoは、器の中の肉を長く捏(こ)ねる様子を描いた形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(肉を入れる器。長くこねる)=揺・搖(肉を捏ねるように長く揺(ゆ)する。揺する。揺れる)です。漢字の部首は『扌・てへん』、漢字の意味は『揺(ゆ)れる』です。

(肉)+(肉を入れる器)として、長く祈(いの)ると解釈する説もあります。

常用漢字体はなので、を使って下さい。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『ヨウ』、訓読みは『揺(ゆ)れる』、『揺(ゆ)する』、『揺(ゆ)さぶる』です。揺れ動くこと、気持が揺れ動くことを動(ドウヨウ)、乳幼児が入る籃(かご)を揺籃(ゆりかご)といいます。

頬染めてれる想いの桜かな 風船

(ヨウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ヨウ)』yáoは、長い時間進む様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、辶(進む)+(肉を入れる器。長くこねる)=遥・遙(長い時間進む。遥か。はるか)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、漢字の意味は『遥(はる)か』、『ぶらぶら歩く』です。

Photo_3

音読みは呉音・漢音ともに『ヨウ』、訓読みは『遥(はる)か』です。遥かで遠いことを遠(ヨウエン)、気ままに歩き回ること・散歩することを逍(ショウヨウ)といいます。明治時代の文学家の坪内逍遥(つぼうちショウヨウ)のペンネームになっています。

大変良い意味の漢字で『すみ』、『とお』、『のぶ』、『のり』、『はる』、『はるか』、『みち』と名前に使われます。

(ヨウ)は人名用漢字です。

 『(ヨウ)』yáoは、長く謡(うた)う様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、言(言葉)+(肉を入れる器。長くこねる)=・遙(長く言葉を発する。謡い。うたい)。漢字の部首は『言・ごんべん』、漢字の意味は『謡(うた)い』、『節をつけて謡う』、『流行歌』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『ヨウ』、訓読みは『謡(うた)い』です。流行歌、童謡のなどの総称・今様、神楽など中世の文学作品で音楽性のあるものを歌(カヨウ)、子供のための謡(うた)を童(ドウヨウ・わらべうた)といいます。

は中学校で習う常用漢字です。

 『(ヨウ)』yáoは、長く輝く宝石を表す形声文字です。漢字の足し算では、王(宝石)+(肉を入れる器。長くこねる)=瑶・瑤(長く輝く宝石。瑶。たま)。漢字の部首は『王・おうへん』、漢字の意味は『瑶(たま)』、転じて『宮廷(キュウテイ)』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『ヨウ』、訓読みは『瑶(たま)』です。玉(ギョク)で飾った美しい宮廷の高台を台(ヨウダイ)といいます。

大変良い意味の漢字で『たま』と人名に使われます。は人名用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-31aa.html

『漢字の覚え方 䍃』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.チームにどうよう(   )が広がる

2.ゆりかご(   )から墓場まで。

3.坪内 しょうよう(   )。

4.どうよう(   )を口ずさむ。

5.かよう(   )曲。

解説です。基本の漢字は、揺(ゆ)れるは扌(てへん)を足して、遥(はる)かは辶(しんにょう)を足して、謡(うた)は言(ごんべん)を足して謡、瑶(たま)は王(おうへん)を足してです。

解答です。動籃、逍、童、歌

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

カテゴリー

  • ア行(ア )
    漢字の覚え方 亜           漢字の覚え方 愛           漢字の覚え方 安          
  • ア行(イ )
    漢字の覚え方 異           漢字の覚え方 易           漢字の覚え方 胃           漢字の覚え方 殹           漢字の覚え方 以           漢字の覚え方 衣           漢字の覚え方 韋           漢字の覚え方 育          
  • ア行(イチ・イツ)
    漢字の覚え方 一           漢字の覚え方 聿          
  • ア行(イン)
    漢字の覚え方 寅           漢字の覚え方 印           漢字の覚え方 因           漢字の覚え方 員           漢字の覚え方 音・意        
  • ア行(ウ)
    漢字の覚え方 雨           漢字の覚え方 右           漢字の覚え方 于・夸        漢字の覚え方 云           漢字の覚え方 昷            
  • ア行(エ )
    漢字の覚え方 易           漢字の覚え方 睪            漢字の覚え方 兌            漢字の覚え方 戉           漢字の覚え方 益          
  • ア行(エ )・カ行(カイ)
    漢字の覚え方 回           漢字の覚え方 会・會         漢字の覚え方 褱・懐        
  • ア行(エイ)
    漢字の覚え方 嬰           漢字の覚え方 熒・         漢字の覚え方 殹           漢字の覚え方 央           漢字の覚え方 永          
  • ア行(エン )・タ行(タン)
    漢字の覚え方 彖           漢字の覚え方 爰           漢字の覚え方 延           漢字の覚え方 炎          
  • ア行(エン・オン)
    漢字の覚え方 袁           漢字の覚え方 夗          
  • ア行(エン)
    漢字の覚え方 肙           漢字の覚え方 厭           漢字の覚え方 寅           漢字の覚え方 㕣           漢字の覚え方 燕          
  • ア行(オ )
    漢字の覚え方 王           漢字の覚え方 屋            漢字の覚え方 乙           漢字の覚え方 音・意         漢字の覚え方 央           漢字の覚え方 区・殴         漢字の覚え方 昷          
  • カ行(カ ) 
    漢字の覚え方 賈           漢字の覚え方 夏           漢字の覚え方 火           漢字の覚え方 咼           漢字の覚え方 叚           漢字の覚え方 禾           漢字の覚え方 可           漢字の覚え方 家           漢字の覚え方 果           漢字の覚え方 化           漢字の覚え方 加          
  • カ行(カイ)
    漢字の覚え方 海           漢字の覚え方 夬           漢字の覚え方 介           漢字の覚え方 皆          
  • カ行(カク)
    漢字の覚え方 矍           漢字の覚え方 殻           漢字の覚え方 角           漢字の覚え方 革           漢字の覚え方 隺           漢字の覚え方 画           漢字の覚え方 各          
  • カ行(カツ)
    漢字の覚え方 害           漢字の覚え方 舌           漢字の覚え方 曷          
  • カ行(カン)
    漢字の覚え方 ・巻         漢字の覚え方 監           漢字の覚え方 柬           漢字の覚え方 咸           漢字の覚え方 漢           漢字の覚え方 官           漢字の覚え方 間           漢字の覚え方 甘           漢字の覚え方 雚           漢字の覚え方 毌・串         漢字の覚え方 干           漢字の覚え方 奐          
  • カ行(ガ )
    漢字の覚え方 画           漢字の覚え方 我・義         漢字の覚え方 牙           漢字の覚え方 亥           漢字の覚え方 害           漢字の覚え方 楽           漢字の覚え方 学           漢字の覚え方 月           漢字の覚え方 厂           漢字の覚え方 元          
  • カ行(キ )
    漢字の覚え方 貴           漢字の覚え方 葵           漢字の覚え方 几           漢字の覚え方 吉           漢字の覚え方 其           漢字の覚え方 奇          
  • カ行(キュウ)
    漢字の覚え方 丘           漢字の覚え方 丩           漢字の覚え方 弓           漢字の覚え方 求           漢字の覚え方 及・急         漢字の覚え方 九           
  • カ行(キョウ・ケイ)
    漢字の覚え方 开・形         漢字の覚え方 京           漢字の覚え方 兄・竟         漢字の覚え方 敬           漢字の覚え方 巠           
  • カ行(キョウ・コウ)
    漢字の覚え方 郷           漢字の覚え方 孝           漢字の覚え方 爻・交         漢字の覚え方 庚           漢字の覚え方 幸           漢字の覚え方 更           漢字の覚え方 行          
  • カ行(キョウ)
    漢字の覚え方 敫           漢字の覚え方 劦           漢字の覚え方 喬           漢字の覚え方 共           漢字の覚え方 凶          
  • カ行(キョク)
    漢字の覚え方 極            漢字の覚え方 局            漢字の覚え方 曲          
  • カ行(キョ)
    漢字の覚え方 豦           漢字の覚え方 去          
  • カ行(キン)
    漢字の覚え方 匀           漢字の覚え方 堇           漢字の覚え方 斤           漢字の覚え方 禁           漢字の覚え方 今          
  • カ行(ギ )
    漢字の覚え方 屰           漢字の覚え方 疑           漢字の覚え方 牛           漢字の覚え方 堯          
  • カ行(ギョ)
    漢字の覚え方 魚          
  • カ行(ク )
    漢字の覚え方 句           漢字の覚え方 九           漢字の覚え方 区・殴         漢字の覚え方 屈           漢字の覚え方 禺           漢字の覚え方 具           漢字の覚え方 君           漢字の覚え方 軍          
  • カ行(ク・コウ)
    漢字の覚え方 侯           漢字の覚え方 口           漢字の覚え方 后           漢字の覚え方 冓           漢字の覚え方 公           漢字の覚え方 工          
  • カ行(ケ )
    漢字の覚え方 恵           漢字の覚え方 血           漢字の覚え方 埶           漢字の覚え方 系           漢字の覚え方 圭           漢字の覚え方 奚           漢字の覚え方 携・攜        
  • カ行(ケン)
    漢字の覚え方 兼           漢字の覚え方 肙           漢字の覚え方 犬           漢字の覚え方 ・巻         漢字の覚え方 幵           漢字の覚え方 建           漢字の覚え方 見           漢字の覚え方 間           漢字の覚え方 僉            漢字の覚え方 県          
  • カ行(ケ・カイ)
    漢字の覚え方 戒           漢字の覚え方 解          
  • カ行(ケ・キ)
    漢字の覚え方 希           漢字の覚え方 幾           漢字の覚え方 气          
  • カ行(コ )
    漢字の覚え方 賈           漢字の覚え方 壴           漢字の覚え方 戸           漢字の覚え方 己           漢字の覚え方 古            漢字の覚え方 夸           漢字の覚え方 谷           漢字の覚え方 告           漢字の覚え方 骨          
  • カ行(コウ)
    漢字の覚え方 甲           漢字の覚え方 厷           漢字の覚え方 亘           漢字の覚え方 岡           漢字の覚え方 光           漢字の覚え方 高            漢字の覚え方 丂            漢字の覚え方 亢            漢字の覚え方 黄・広         
  • カ行(コン)
    漢字の覚え方 困           漢字の覚え方 艮           漢字の覚え方 今           漢字の覚え方 昆          
  • カ行(ゴ )
    漢字の覚え方 五・語         漢字の覚え方 呉           漢字の覚え方 午・御         漢字の覚え方 合            漢字の覚え方 卬          
  • サ行(サ )
    漢字の覚え方 坐           漢字の覚え方 采           漢字の覚え方 左・尋         漢字の覚え方 才            漢字の覚え方 卒           漢字の覚え方 祭           漢字の覚え方 乍           漢字の覚え方 冊          
  • サ行(サイ・セイ )
    漢字の覚え方 斉           漢字の覚え方 歳           漢字の覚え方 妻           漢字の覚え方 西          
  • サ行(サン)
    漢字の覚え方 参           漢字の覚え方 散           漢字の覚え方 戔           漢字の覚え方 算           漢字の覚え方 山           漢字の覚え方 三          
  • サ行(シ )
    漢字の覚え方 師           漢字の覚え方 朿           漢字の覚え方 厶・台         漢字の覚え方 子           漢字の覚え方 思           漢字の覚え方 氏           漢字の覚え方 至           漢字の覚え方 止          
  • サ行(シ )
    漢字の覚え方 糸           漢字の覚え方 矢           漢字の覚え方 示           漢字の覚え方 市           漢字の覚え方 四           漢字の覚え方 旨           漢字の覚え方 支           漢字の覚え方 司           漢字の覚え方 史           漢字の覚え方 次           漢字の覚え方 士           漢字の覚え方 志        
  • サ行(シキ・ショク)
    漢字の覚え方 食           漢字の覚え方 戠           漢字の覚え方 式          
  • サ行(シチ・シツ)
    漢字の覚え方 失           漢字の覚え方 質           漢字の覚え方 七          
  • サ行(シャ )
    漢字の覚え方 車           漢字の覚え方 舎           漢字の覚え方 者           漢字の覚え方 射           漢字の覚え方 勺          
  • サ行(シャク・セキ)
    漢字の覚え方 席            漢字の覚え方 尺           漢字の覚え方 赤           漢字の覚え方 石           漢字の覚え方 責           漢字の覚え方 夕           漢字の覚え方 昔          
  • サ行(シュウ)
    漢字の覚え方 乑           漢字の覚え方 舟・受         漢字の覚え方 州            漢字の覚え方 習           漢字の覚え方 秋           漢字の覚え方 秀           漢字の覚え方 周            漢字の覚え方 祝・呪         漢字の覚え方 就          
  • サ行(シュ)
    漢字の覚え方 手           漢字の覚え方 殳           漢字の覚え方 朱           漢字の覚え方 守           漢字の覚え方 首           漢字の覚え方 主           漢字の覚え方 取           漢字の覚え方 出           漢字の覚え方 宿           漢字の覚え方 屯・春         漢字の覚え方 舜          
  • サ行(ショウ・セイ)
    漢字の覚え方 成           漢字の覚え方 青           漢字の覚え方 生           漢字の覚え方 正          
  • サ行(ショウ)
    漢字の覚え方 象           漢字の覚え方 小            漢字の覚え方 召           漢字の覚え方 尚           漢字の覚え方 章           漢字の覚え方 爿           漢字の覚え方 昌           漢字の覚え方 詳・善        
  • サ行(ショ)
    漢字の覚え方 庶           漢字の覚え方 処           
  • サ行(シン)
    漢字の覚え方 兂           漢字の覚え方 眞            漢字の覚え方 心           漢字の覚え方 囟(田)        漢字の覚え方 申           漢字の覚え方 辰           漢字の覚え方 辛・新         漢字の覚え方 深・探         漢字の覚え方 帚・侵        
  • サ行(ジ )
    漢字の覚え方 茲            漢字の覚え方 寺           漢字の覚え方 自           漢字の覚え方 舟・受         漢字の覚え方 孰           漢字の覚え方 朮           漢字の覚え方 女            漢字の覚え方 尽          
  • サ行(ジャク)
    漢字の覚え方 若            漢字の覚え方 弱           
  • サ行(ジュウ)
    漢字の覚え方 重           漢字の覚え方 从、縱         漢字の覚え方 十          
  • サ行(ジョウ)
    漢字の覚え方 丞           漢字の覚え方 乗           漢字の覚え方 成           
  • サ行(ジン)・ ナ行(ニン)
    漢字の覚え方 人           漢字の覚え方 壬           漢字の覚え方 刃          
  • サ行(ジ)・ナ行(ニ)
    漢字の覚え方 耳           漢字の覚え方 二           漢字の覚え方 爾          
  • サ行(ス・ズ )
    漢字の覚え方 水           漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 隹            漢字の覚え方 垂           漢字の覚え方 芻           漢字の覚え方 寸           漢字の覚え方 豆          
  • サ行(セ )
    漢字の覚え方 世           漢字の覚え方 是           漢字の覚え方 制           漢字の覚え方 卩・節         漢字の覚え方 折           漢字の覚え方 舌           漢字の覚え方 詳・善        
  • サ行(セン)
    漢字の覚え方 巽           漢字の覚え方 前           漢字の覚え方 先           漢字の覚え方 宣           漢字の覚え方 専            漢字の覚え方 戔           漢字の覚え方 扇            漢字の覚え方 全           漢字の覚え方 占           漢字の覚え方 川           漢字の覚え方 薦           漢字の覚え方 泉          
  • サ行(ゼン)
    漢字の覚え方 然           漢字の覚え方 全          
  • サ行(ソ )
    漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 疋           漢字の覚え方 卒           漢字の覚え方 且           漢字の覚え方 象           漢字の覚え方 蔵           漢字の覚え方 則           漢字の覚え方 尊          
  • サ行(ソウ)
    漢字の覚え方 匆           漢字の覚え方 忩           漢字の覚え方 倉           漢字の覚え方 爪           漢字の覚え方 送           漢字の覚え方 相           漢字の覚え方 早           漢字の覚え方 曾           漢字の覚え方 喿           漢字の覚え方 帚・侵        
  • サ行(ソク・ショク)
    漢字の覚え方 蜀           漢字の覚え方 足           漢字の覚え方 束          
  • タ行(タ )
    漢字の覚え方 㒸           漢字の覚え方 帶           漢字の覚え方 大           漢字の覚え方 退           漢字の覚え方 它・也         漢字の覚え方 弟           漢字の覚え方 厶・台         漢字の覚え方 代           漢字の覚え方 睪          
  • タ行(タン)
    漢字の覚え方 旦           漢字の覚え方 詹           漢字の覚え方 深・探         漢字の覚え方 単          
  • タ行(チ )
    漢字の覚え方 知           漢字の覚え方 畜           漢字の覚え方 竹           漢字の覚え方 宁           漢字の覚え方 直           漢字の覚え方 朕・藤        
  • タ行(チュウ)
    漢字の覚え方 壴           漢字の覚え方 肘            漢字の覚え方 中          
  • タ行(チョウ)
    漢字の覚え方 枼           漢字の覚え方 鳥           漢字の覚え方 朝           漢字の覚え方 長           漢字の覚え方 丁           漢字の覚え方 兆          
  • タ行(ツ )
    漢字の覚え方 㒸           漢字の覚え方 追          
  • タ行(テ )
    漢字の覚え方 帝           漢字の覚え方 氐           漢字の覚え方 廷           漢字の覚え方 呈           漢字の覚え方 弟           漢字の覚え方 啇           漢字の覚え方 占           漢字の覚え方 天           漢字の覚え方 田          
  • タ行(ト )
    漢字の覚え方 奴           漢字の覚え方 度           漢字の覚え方 土           漢字の覚え方 屯          
  • タ行(トウ)
    漢字の覚え方 刀           漢字の覚え方 沓           漢字の覚え方 冬           漢字の覚え方 東           漢字の覚え方 朕・藤         漢字の覚え方 到           漢字の覚え方 豆          
  • タ行(ドウ)
    漢字の覚え方 童           漢字の覚え方 同          
  • タ行(ドウ)・ナ行(ノウ)
    漢字の覚え方 能           漢字の覚え方 脳           漢字の覚え方 農          
  • ナ行
    漢字の覚え方 奴           漢字の覚え方 南           漢字の覚え方 女            漢字の覚え方 内           漢字の覚え方 然           漢字の覚え方 念          
  • ナ行(ニン)・サ行(ジン)
    漢字の覚え方 人           漢字の覚え方 壬           漢字の覚え方 刃          
  • ナ行(ニ)・サ行(ジ)
    漢字の覚え方 耳           漢字の覚え方 二           漢字の覚え方 爾             
  • ナ行(ノウ)・タ行(ドウ)
    漢字の覚え方 能           漢字の覚え方 農           漢字の覚え方 脳          
  • ハ行(ハ )
    漢字の覚え方 巴           漢字の覚え方 巿           漢字の覚え方 派           漢字の覚え方 配・妃         漢字の覚え方 貝・買         漢字の覚え方 白           漢字の覚え方 莫           漢字の覚え方 癶          
  • ハ行(ハン)
    漢字の覚え方 般           漢字の覚え方 犯・氾         漢字の覚え方 八・半         漢字の覚え方 反           漢字の覚え方 番          
  • ハ行(ヒ )
    漢字の覚え方 非           漢字の覚え方 皮           漢字の覚え方 辟           漢字の覚え方 比           漢字の覚え方 必           漢字の覚え方 表           漢字の覚え方 票           漢字の覚え方 苗           漢字の覚え方 品          
  • ハ行(ヒョウ・ヘイ )
    漢字の覚え方 平           漢字の覚え方 丙          
  • ハ行(ビ)・マ行(ミ)
    漢字の覚え方 尾           漢字の覚え方 未          
  • ハ行(フ )
    漢字の覚え方 付           漢字の覚え方 夫           漢字の覚え方 父           漢字の覚え方 不           漢字の覚え方 孚           漢字の覚え方 卜           漢字の覚え方 畐           漢字の覚え方 复           漢字の覚え方 弗              
  • ハ行(フン )
    漢字の覚え方 賁           漢字の覚え方 勿           漢字の覚え方 八・分        
  • ハ行(ブン )
    漢字の覚え方 文           漢字の覚え方 分          
  • ハ行(ヘ )
    漢字の覚え方 並           漢字の覚え方 辟           漢字の覚え方 扁          
  • ハ行(ホ )
    漢字の覚え方 呆           漢字の覚え方 甫           漢字の覚え方 方           漢字の覚え方 包           漢字の覚え方 北           漢字の覚え方 賁          
  • ハ行(ボ )
    漢字の覚え方 母           漢字の覚え方 暴           漢字の覚え方 亡           漢字の覚え方 卯           漢字の覚え方 卜          
  • マ行
    漢字の覚え方 矛           漢字の覚え方 米           漢字の覚え方 莫           漢字の覚え方 末           漢字の覚え方 末           漢字の覚え方 綿           漢字の覚え方 毛           漢字の覚え方 孟           漢字の覚え方 勿          
  • マ行(メイ・ミョウ)
    漢字の覚え方 明           漢字の覚え方 名          
  • マ行(メン)・ハ行(バン・ベン)
    漢字の覚え方 面           漢字の覚え方 免          
  • マ行(メ・マ)・ハ行(バ)
    漢字の覚え方 馬           漢字の覚え方 麻         
  • マ行(モン)
    漢字の覚え方 文           漢字の覚え方 門          
  • ヤ行
    漢字の覚え方 亦・夜         漢字の覚え方 予           漢字の覚え方 余           漢字の覚え方 谷          
  • ヤ行(ユ)
    漢字の覚え方 兪           漢字の覚え方 攸           漢字の覚え方 憂           漢字の覚え方 由           漢字の覚え方 斿           漢字の覚え方 酉           漢字の覚え方 右          
  • ヤ行(ヨウ)
    漢字の覚え方 幺           漢字の覚え方 夭           漢字の覚え方 翟           漢字の覚え方 枼           漢字の覚え方 羊           漢字の覚え方 䍃・揺         漢字の覚え方 用           漢字の覚え方 昜           漢字の覚え方 要          
  • ラ行
    漢字の覚え方 戻           漢字の覚え方 来           漢字の覚え方 礼・豊         漢字の覚え方 剌           漢字の覚え方 楽           漢字の覚え方 闌           漢字の覚え方 秝           漢字の覚え方 老          
  • ラ行(リ )
    漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 利            漢字の覚え方 里           漢字の覚え方 良           漢字の覚え方 令           漢字の覚え方 量           漢字の覚え方 両           漢字の覚え方 力              
  • ラ行(リュウ )
    漢字の覚え方 立           漢字の覚え方 留           漢字の覚え方 流          
  • ラ行(リン)
    漢字の覚え方 侖           漢字の覚え方 粦           漢字の覚え方 林          
  • ラ行(レイ)
    漢字の覚え方 戻           漢字の覚え方 礼・豊         漢字の覚え方 令          
  • ラ行(レン)
    漢字の覚え方 柬           漢字の覚え方 連          
  • ラ行(ロク)
    漢字の覚え方 彔           漢字の覚え方 六          
  • ワ行
    漢字の覚え方 或           漢字の覚え方 夗          
  • 呉音と漢音
    呉音と漢音               
  • 小学校1年生で習う漢字
    小学校1年生で習う漢字①     小学校1年生で習う漢字②    
  • 小学校2年生で習う漢字
    小学校2年生で習う漢字①     小学校2年生で習う漢字②     小学校2年生で習う漢字③     小学校2年生で習う漢字④    
  • 小学校3年生で習う漢字
    小学校3年生で習う漢字①      小学校3年生で習う漢字②     小学校3年生で習う漢字③     小学校3年生で習う漢字④    
  • 小学校4年生で習う漢字
    小学校4年生で習う漢字①      小学校4年生で習う漢字②     小学校4年生で習う漢字③     小学校4年生で習う漢字④    
  • 小学校5年生で習う漢字
    小学校5年生で習う漢字①      小学校5年生で習う漢字②     小学校5年生で習う漢字③     小学校5年生で習う漢字④    
  • 小学校6年生で習う漢字
    小学校6年生で習う漢字①      小学校6年生で習う漢字②     小学校6年生で習う漢字③     小学校6年生で習う漢字④    
  • 小学校で習う漢字
    小学校で習う漢字 天地人      小学校で習う漢字 上下左右    小学校で習う漢字 父母姉妹兄弟    小学校で習う漢字 春夏秋冬    小学校で習う漢字 一~十      小学校で習う漢字 東西南北   
  • 小説『明暗そのあと』
    百八十九                百九十                 百九十一                百九十二                百九十三                百九十四                百九十五                百九十六                百九十七                百九十八                百九十九                二百               
  • 漢字 のエッセイ
    象形・指事・会意・形声 一年生  象形・指事・会意・形声 二年生  象形・指事・会意・形声 三年生  象形・指事・会意・形声 四年生  象形・指事・会意・形声 五年生  漢字でみるヤナギの分類      落語 空き巣             
  • 漢字 参考図書
  • 漢字 音読み索引(ア行)
  • 漢字 音読み索引(カ行)
  • 漢字 音読み索引(サ行)
  • 漢字 音読み索引(タ行)
  • 漢字 音読み索引(ナ行)
  • 漢字 音読み索引(ハ行)
  • 漢字 音読み索引(マ行)
  • 漢字 音読み索引(ヤ行)
  • 漢字 音読み索引(ラ行)
  • 漢字 音読み索引(ワ行)
  • 漢字・訓読み索引(あ行)
  • 漢字・訓読み索引(か行)
  • 漢字・訓読み索引(さ行)
  • 漢字・訓読み索引(た行)
  • 漢字・訓読み索引(な行)
  • 漢字・訓読み索引(は行)
  • 漢字・訓読み索引(ま行)
  • 漢字・訓読み索引(や行)
  • 漢字・訓読み索引(ら行)
  • 漢字・訓読み索引(わ行)
  • 漢字練習問題(中学生) [1]
    練習問題1-1(書き)         練習問題1-1(読み)         練習問題1-2(書き)         練習問題1-2(読み)         練習問題1-3(書き)         練習問題1-3(読み)         練習問題1-4(書き)         練習問題1-4(読み)         練習問題1-5(書き)         練習問題1-5(読み)        
  • 部首索引 魚(うお・さかな)
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ