« 漢字の成り立ち 票 | トップページ | 小学校4年生で習う漢字③(成~念) »

2015年3月22日 (日)

小学校4年生で習う漢字④(敗~録)

小学校4年生で習う漢字を説明します。『小学校4年生で習う漢字①』(『小学校4年生で習う漢字②』(『小学校4年生で習う漢字③』(『小学校4年生で習う漢字④』(に分割しています。ご了承下さい。

漢字の説明の前に、漢字の成り立ちの話をしましょう。最古の漢字辞書は後漢(西暦100年頃)の許慎(キョシン)の「説文解字(セツモンカイジ)」です。許慎はその中で漢字の成り立ちについて、四種類あるとしました。中学の教科書に掲載されるようになったので、解説致します。

①.物の形を象った(かたどった)『象形文字』(ショウケイモジ)、②.象形文字を基に点を打つことにより示された『指事文字』(シジモジ)、③.文字を組み合わせて造った『会意文字』(カイイモジ)、④.意味と音を示す文字を組み合わせた『形声文字』(ケイセイモジ)の四種です。『会意文字』と『形声文字』は漢字の足し算で表す事が出来ます。

漢字の成り立ちについての解釈は四通りです。どの時代の漢字に重点を置くか、また「説文解字(セツモンカイジ)」にどれほど敬意を払うかにより、解釈が違う場合が稀にあります。ある辞書では『』を象形文字、別の辞書では会意文字としています。漢字の解釈については諸説あることを御承知下さい。

 『(ハイ)』bàiは、二枚貝が二つに割れる姿を示しています。に動作を示す攵(ぼくづくり)を合わせます。漢字の足し算では、+攵(ぼくづくり)=(貝が離れて敗れる様子。破れる)です。漢字の部首は『攵・ぼくづくり』です。

Photo_11

動作を表す攵(ぼくづくり)は、篆文で(ボク)楷書体では(ボク)のデザインをとります。

音読みでは『ハイ』、訓読みは『れる(やぶれる)』です。戦(ハイセン)、北(ハイボク)、腐(フハイ)、完(カンパイ)のです。

ここで、日本語の発音の問題をお話します。『ん』の後の『はひふへほ』は、『ぱぴぷぺぽ』に変わります。『ぱぴぷぺぽ』の方が言いやすいのです。完敗(カンイ)、散歩(サン)、紺碧(コンキ)、振幅(シンク)、簡保(カン)等。これは日本人の唇の運動の問題で、漢字の読みの問題ではありません。

の『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-a143.htmlをご覧ください。

 『(バイ)』méiは、たくさん実を生・成(な)らせる梅の木を表わす形声文字です。漢字の足し算では、木(木・植物)+(子供をどんどん産む)=(どんどん実が成る梅。うめ)です。

異体字に『(バイ)』méiがります。木(木・植物)+(子供をどんどん産む)=(どんどん実が成る楳。うめ)です。 加藤常賢・白川静はこちらの方が本字としています。

Photo_4

音読みは呉音の『メ・マイ』は使わず、漢音の『バイ』を使います。訓読みは『うめ』です。白い梅をを白(ハクバイ)、紅い梅を紅(コウバイ)、寒い時期に咲く梅を寒(カンバイ)といいます。梅の実の生(な)る頃の長雨を雨(バイウ・つゆ)といいます。

『説文解字』によれば、枏(ゼン・ナン)であるとしています。加藤常賢によれば梅(うめ)と枏(くすのきの仲間)は古代は同じで、混用されていたとしています。

呉音(ゴオン)漢音(カンオン)の話をします。呉音(ゴオン)とは今から1500年ほど前から、倭(やまと)朝廷(478年雄略天皇)が中国の宋王朝などの南朝から輸入した漢字の読み方です。五、六世紀は北朝(北魏)と交流がなかったので、輸入した漢語は、江南地方(呉)の中国語でした。この中国語に基づいた発音を呉音(ゴオン)といいます。

漢音とは、隋・唐によって中国は南北統一され、北方の長安に首都を定めました。大和(やまと)朝廷(607年遣隋使、630年遣唐使)がこの隋・唐から輸入した漢語の読み方を、中国(漢)の発音、漢音(カンオン)といいます。

呉音の『マイ』は漢音では『バイ』に変化します。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html もご覧ください。

(ボ)や(カイ)と同じ『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-53c7.htmlをご覧ください。

 『(ハク)』は、多くのものを広く集める様子・広める様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、十(集める)+(平らで広い)+寸(手)=(多くのものを広く集める。広い。ひろめる)です。漢字の部首は『十・ジュウ』、漢字の意味は『広い』、『ひろめる』、『うまく当てる』です。

Photo_11

音読みは呉音・漢音ともに『ハク』、慣用音が『バク』です。広く学ぶこと・広く物事を知っている人を学(ハクガク)、学問に広く通じている人・教授を士(はかせ)、いろいろな物事を物(ハクブツ)、金銭を掛けてさいころなどの勝負をうまく当てようとすることを打(バクチ)といいます。

非常に良い意味の漢字で『とおる』、『はか』、『ひろ』、『ひろし』、『ひろむ』と名前、地名に使われます。、

(ハク)は(ホ)と同じ『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-.html (予定)をご覧ください。

 『(ハン)』fànは、米の飯を漢字にした形声文字です。漢字の足し算では、飠(しょくへん・食糧)+(反(そ)り返った蓆(むしろ))=(ばらばらになった米。食事)です。

Photo_7

音読みは漢音の『ハン』が普通で、呉音の『ボン』は使いません、訓読みは『めし』、『いい』です。夕(ユウハン)、赤(セキハン)、茶(チャめし)のです。

(ハン)は(ハン)と同じ『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-bab3.htmlをご覧ください。

 『(ヒ)』fēiは、鳥が飛ぶ様子を象った象形文字です。漢字の部首は『飛・とぶ』、意味は『飛(と)ぶ』です。

Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『』、訓読みは『飛(と)ぶ』です。飛ぶ鳥を鳥(チョウ)、飛ぶ燕を燕(エン)、高く飛ぶことを躍(ヤク)、休養を知らせる飛ぶように速い使いを脚(キャク)といいます。

明日香(あすか)の枕詞(まくらことば)は飛ぶ鳥なので飛鳥(ヒチョウ)は鳥(あすか)と読みます。

 『(ヒ)』fèiは、財貨を払う様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(左右に払う)+貝(財貨)=(財貨を左右に払う。お金を使って減らす。費やす。ついやす)です。漢字の部首は『貝・かい』、意味は『お金を使って減らす』、『購入のためのお金』です。

Photo_5

音読みは呉音・漢音ともに『ヒ』、訓読みは『費(つい)やす』、『費(つい)える』です。金銭・エネルギーなどを使ってなくすことを消(ショウ)、無駄に使うことを浪(ロウ)、用をたすための金銭を用(ヨウ)、教育にかかる金銭を学(ガク)、食事にかかる費用を食(ショク)といいます。

の『単語家族』です。この『単語家族』にはなどがあります。詳しくは『漢字の成り立ち をご覧ください。

 『(ヒツ)』は、棒を両側から当て木をして締め付けた様子を表した象形文字です。しっかりした状態になるので『必(かなら)ず』、『ぜひとも』の意味があるといわれています。漢字の部首は『心・こころ』、意味は『必(かなら)ず』、『ぜひとも』、『締め付ける』です。

Photo_3

『棒』ではなく『まさかり』を示している象形文字ともいわれます。この説では『まさかり』で成し遂げるから『必(かなら)ず』、『ぜひとも』の意味が生じたといわれています。

音読みは呉音が『ヒチ』、漢音の『ヒツ』を普通に使います。訓読みは『必(かなら)ず』です。要(ヒツヨウ)、死(ヒッシ)、至(シ)、須(ヒッス)、罰(ヒツバツ)のです。

呉音の『チ』韻は漢音では『ツ』韻に変化することがあります。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html もご覧ください。

の『単語家族』にはなどがあります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-0c47.htmlをご覧ください。

 『(ヒョウ)』piàoは、火の粉が舞い上がる様子を表す会意文字です。転じて、軽い札(ふだ)を表します。漢字の足し算では、要(細かい)+示(火の別デザイン)=(細かい火の粉が舞い上がる。軽い札)です。漢字の部首は『示・しめす』、漢字の意味は『火の粉が舞い上がる』、『目立つ』、『軽い札(ふだ)』です。

Photo_10

ここではは神様ではなくを表すデザインです。

音読みは呉音・漢音ともに『ヒョウ』です。各人の意思を用紙()に記入し提出することを投(トウヒョウ)、記入しない白紙の投票を白(ハクヒョウ)、金銭や取引の内容を記した用紙を伝(デンピョウ)といいます。

 『(ヒョウ)』biāoは、高い所にある目印・目あてを表す形声文字です。漢字の足し算では、木+(軽い・高い)=(高い所にある目印。標。しるし)です。漢字の部首は『木・しめす』、漢字の意味は『標(しるし)』、『目あて』、『目安』です。漢字の部首の『木』は栞(しおり)http://bit.ly/1w5WynW、標(しるし)など印をつけた木を表すことがあります。

Photo_11

音読みは呉音・漢音ともに『ヒョウ』です。訓読みは『標(しるし)』です。認識できるようにした標(しるし)を識(ヒョウシキ)、判断の目安になる基準を準(ヒョウジュン)、攻撃の目安になる的を的(ヒョウテキ)といいます。

(ヒョウ)、(ヒョウ)(ヒョウ)の『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1akFRO6 をご覧ください。

 『(フ)』fǒuは、ふっくらした花の『がく』、ふくらんだ『つぼみ』を描いた漢字で象形文字です。『~しない』の否定詞として使われています。漢字の部首は『一・いち』です。

音読みは呉音の『』が普通で、慣用音の『』も稀に使い、漢音の『フウ』は使いません。訓読みは『不(ず)』です。古い字体である篆文(テンブン)も示しておきます。

Photo_8

安(アン)、運(ウン)、振(シン)、利(リ)、粋(スイ)、精(ショウ)のです。

(フ)の『単語家族』には、(ヒ)、(ハイ)、(ハイ)などがあります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-887a.htmlをご覧ください。

 『(フ)は、成人した男性を表す象形文字です。漢字の部首は『大・だい』、漢字の意味は『成人した男性』、『夫(おっと)』、『仕事にたずさわる男』です。

Photo_9

大の上の横棒は、成人のしるしの冠(かんむり)を表しているともいわれています。

音読みは呉音・漢音ともに『』、慣用音が『フウ』、訓読みが『夫(おっと)』です。背が一丈の立派な男を丈(ジョウ)、農業にたずさわる男で農(ノウ)、夫と妻で婦(フウフ)といいます。

(フ)の『単語家族』には、(フ)、(フ)、(フ)などがあります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1NzK1An をご覧ください。

 『(フ)は、人に付(つ)く様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、イ(人間)+寸(手)=(手を人に付ける。付ける。付き添う。付属する様子)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『付ける』、『付き添う』、『様子』、『手渡す』です。

Photo_17

音読みは呉音・漢音ともに『フ』、訓読みは『付(つ)く』です。付け加えることを加(カ)、主なものに所属し付き従うことを属(ゾク)、顔の様子を顔き(かおき)、人に配り手渡すことを配(ハイ)といいます。

 『(フ)fǔは、穀物などを集める官営の建物を表す形声文字です。漢字の足し算では、广(建物)+付(つける)=(穀物などを集める官営の建物。転じて役所)です。漢字の部首は『广・まだれ』、漢字の意味は『穀物・書類などを集める官営の建物』、『役所』、『みやこ』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『フ』です。書類を入れておく蔵を庫(コ)、政治を行うところを政(セイ)、甲斐(かい)の国の行政の中心が甲(コウ)、駿河(するが)の国の行政の中心が駿(スン)といいます。また、律令制の国の中心を中(チュウ)といい、東京と広島に地名が残っています。

(フ)、(フ)(フ)の『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1JCvySD をご覧ください。

 『(フク)』は、豊かなものを分けた小さい方を漢字にしたものです。漢字の足し算では、(ゆたか)+刂(りっとう・刀で切る)=(二つにした小さい方。控え)です。意味は『従う』、『控え』の他に、産物、作用のように『余計に加える』もあります。

Photo_12

音読みは『フク』、訓読みは『副(そ)える』、『副(そ)う』です。業(フクギョウ)、正(セイフク)、賞(フクショウ)、菜(フクサイ)、作用(フクサヨウ)、島種臣(そえじまたねおみ)さんのです。

(フク)(フク)の『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-456a.html をご覧ください。

 『(フン)』fěnは、米を細かく粉にする映像を漢字にしたものです。漢字の足し算では、米(こめへん・米)+(分ける)=(米を粉にする。粉)です。漢字の部首は『米』です。おしろいの粉は古くは米の粉からつくられていました。

Photo_9

音読みは呉音・漢音ともに『フン』で、訓読みは、『こな』、『』です。骨を粉に身を砕くほど努力する事を骨砕身(フンコツサイシン)、粉々に砕くことを砕(フンサイ)、おしろいを塗って飾る事を飾(フンショク)、細かい粉を末(フンマツ)、粉を重ねて強調した言葉は粉々こなごな)、小麦の粉を小麦(こむぎ)といいます。

(フン)(フン)の『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1oh7Q82 をご覧ください。

 『(ヘイ)』bīngは、武器を持った軍人を表す会意文字です。漢字の足し算では、斤(おの)+一+ハ(人間)=(武器を持った軍事。兵。つわもの)です。漢字の部首は『八・はち』、漢字の意味は『兵・軍人』、『戦闘・軍事』です。

Photo_6

音読みは呉音が『ヒョウ』、漢音が『ヘイ』、訓読みに常用外の『兵(つわもの)』があります。軍隊の食糧を糧(ヒョウロウ)、兵士を隊に組織したものを隊(ヘイタイ)、軍事に用いる機材を器(ヘイキ)といいます。

呉音が『ヒョウ』は漢音の『ヘイ』に変わることがあります。呉音と漢音の関係については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html もご覧ください。

(ヘイ)に使われている漢字、(キン)については『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-bcbb.html をご覧ください。

 『(ベツ)』biéは、骨と骨の関節を刀で別(わ)ける様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、另(骨と骨の関節)+刂(刀)=(骨と骨の関節を刀で別(わ)ける。別ける)ですい。漢字の部首は『刂・りっとう』、漢字の意味は『一緒にいたものが離れる』、『特徴によって分け離す』、『もうひとつの』です。

Photo

音読みは呉音が『ベチ』、慣用音が『ベツ』、訓読みは『別(わか)れる』です。人と別れて離れることを離(ベツリ)、あるものと違うものを特徴によって分け離すことを区(クベツ)、もうひとつの屋敷を荘(ベッソウ)といいます。

 『(ヘン)』biānは、顔の鼻のあたりを表す漢字です。漢字の足し算では、辶(進む)+刀(鼻と口を書いた省略形)=(顔の鼻や口のあたり。あるものを中心とした付近。中央からはなれた場所)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、漢字の意味は『あるものを中心とした辺(あたり)』、『中央からはなれた場所』、『図形の線分』です。

音読みは呉音・漢音ともに『ヘン』、訓読みは『辺(あたり)』、『辺(べ)』です。あるものの周りを周(シュウヘン)、中央から離れた国境を境(ヘンキョウ)、海のあたりを海うみべ)、直角三角形の斜めの線分を斜(シャヘン)といいます。

Photo_12

正しい字体は大きくわけて二種類あります。(鼻)に宀(口の端)を書いて、冖を書いてです。

どの漢字を名字に使うかはその家の伝承によって違い、(サイ)とともに戸籍(コセキ)係を悩ませる漢字の一つです。

(ヘン)のもとになる漢字(ジ)、(ビ)については『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-ac9a.html をご覧ください。

 『(ヘン)』biànは、もつれた様に歩く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、亦(糸言糸の省略したデザイン。糸がもつれた)+夊(歩く)=(もつれた様に歩く様子。普通ではない。変)です。漢字の部首は『夊・すいにょう』、漢字の意味は『普通でない状態』、『別の状態』、『突然の異常な出来事』です。

音読みは呉音・漢音ともに『ヘン』、訓読みは『変(か)わる』です。ある状態や性質が別の状態や性質にかわることを化(ヘンカ)、突然起こる政権の変化を政(セイヘン)、普通ではない死に方を死(ヘンシ)といいます。

Photo_8

(ヘン)は(レン)、(ワン)などと同じ『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち 亦・変http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-.html (予定)をご覧ください。

 『便(ベン)』biànpiánは、平らで支障のない様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、イ(人間)+(平ら)=便(人の作業が平らで支障のない様子です)。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『平らで支障のない』、『たやすく』です。支障のない連絡が『便(たよ)り』です。

Photo_7

音読みは呉音が『ベン』、漢音が『ヘン』、慣用音が『ビン』、訓読みは『便(たよ)り』です。物事が支障なく進む状態・都合の良い事を便利(ベンリ)、自分に都合の良い機会に乗って巧みに利用することを便乗(ビンジョウ)、すらりと出る大きい排泄物を大便(ダイベン)、その場に応じた都合の良い処置うを便宜(ベンギ)といいます。

便(ベン)は(コウ)が使われている漢字です。の漢字について詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-2d89.html をご覧ください。

 『(ホウ)』bāoは、お腹の子供の姿を表す象形文字(ショウケイモジ)です。勹(つつみがまえ)と己(子供の形)からなっています。漢字の部首は『勹・つつみがまえ』、漢字の意味は『つつむ』、『とりこむ』です。

Photo_21Photo_18

音読みは呉音が『ヒョウ』、漢音が『ホウ』です。訓読みは『む(つつむ)』です。『(ホウ)』の代用字としても『』を使います。帯(ホウタイ)、装(ホウソウ)、丁・丁(ホウチョウ)のです。

の『単語家族』にはなどがあります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-01ff.htmlをご覧ください。

 『(ホウ)』fǎは、法に照らして敗者を水に流す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(去る。しりぞく)=(法に照らして敗者を水に流す。法)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『法』、『手本』、『仏教の真理』です。

『説文解字』には「水に従う。廌に従う。去に従う」とあります。

水に流すのは、廌(タイ)と呼ばれる法律を司る特別な羊(ひつじ)です。正字は灋(ホウ)です。書くのが大変で、普通は常用漢字体であるを使います。廌(タイ)の書き方ですが、途中まで鹿を書いて、鳥に下の部分を足して書きます。

Photo_3Photo_4

音読みは呉音が『ホウ(ホフ)』、漢音が『ホウ(ハフ)』、慣用音が『ホッ・ハッ』です。人々の生活を取り締まるための決まりを律(ホウリツ)、仏教の真理を説くことを説(セッポウ)、仏教の僧が着る衣を衣(ホウエ)、してはならない程度を法律できめたことを度(ハット)といいます。

廌(タイ)は法律を司る特別な羊(ひつじ)です。廌(タイ)を使う漢字に推薦(スイセン)の薦(セン)があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-e853.htmlをご覧ください。

 『(モウ・ボウ)』wàngは、 遠くの月を待ち望む様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(ない)+月+壬(人が伸びあがる)=(遠くの月を待ち望む)です。漢字の部首は『月・つき』、漢字の意味は『遠方を見る』、『待ち望む』、『良い評判』、『満月』です。

Photo

音読みは呉音が『モウ』、漢音が『ボウ』です。訓読みは『望む(のぞむ)』、『望(もち)』です。待ち望むことを待(タイボウ)、本当に望んでいることを本(ホンモウ)、評判の良い人格を人(ジンボウ)、満月を月(ボウゲツ・もちづき)といいます。

漢字の世界では『みる』について、多くの漢字があり、ニュアンスの違いがあります。

見(み)る 目立つ。目に止まる。現れる。(ケン)http://bit.ly/ZCbIEZ

視(み)る 真っ直ぐ視る。注意して視る。(シ)http://bit.ly/1Vps6QQ

看(み)る 手をかざして看る。よくみる。(カン)http://bit.ly/1Z5TbdM

診(み)る 細かいところまですみずみまでみる。(シン)http://bit.ly/1ygC0wK

察(み)る すみずみまでみる。(サツ)http://bit.ly/1zwPD77

覧(み)る 高い所から下を覧る。(ラン)http://bit.ly/25ApacQ

臨(のぞ)む 高い所から下を臨む。(リン)http://bit.ly/1WvVxot

監(み)る 上から下のものをみて、みさだめる。(カン)http://bit.ly/25ApacQ

観(み)る 多くのものを比べて観る。批評する。(カン)http://bit.ly/11kw1b1

眺(なが)める 右に左にと広く見渡す。(チョウ)http://bit.ly/1vDDgri

望(のぞ)む 遠くの見えにくいものをもとめみる。(ボウ)http://bit.ly/1v84fty

非常に縁起の良い漢字で、『望月』、『望岡』、『望野』と人名、地名に使われるほか、『のぞみ』、『のぞむ』、『み』、『もち』と名前に使われます。

の『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1v84fty をご覧ください。

 『(ボク)』は、牛を飼う様子を表す会意文字です。漢字の足し算では牛+攴攵(動詞の記号)=(牛を飼う。飼う場所。転じて人民を養う)です。漢字の部首は『牛・うし』、漢字の意味は『牛を飼う』、『飼う場所・牧(まき)』、『人民を養う』、『人格を豊かにする』です。

Photo_13

『説文解字』には「牛を養う人なり。攴に従い、牛に従う」とあります。

動作を表す攵(ぼくづくり)は、篆文で(ボク)楷書体では(ボク)のデザインをとります。

音読みは呉音が『モク』、漢音が『ボク』です。訓読みは『牧(まき)』です。家畜を飼うことをボクチク)、キリスト教の指導者で人格を豊かにする人をボク)、家畜を飼う場所をボクジョウ・まきば)といいます。

 『(マツ)』は、木の梢(こずえ)の端(はし)を示す指事文字です。漢字の足し算では、+木=(木の先端を示す。末。すえ)です。漢字の部首は『木・き』、漢字の意味は『末(すえ)』、『細かい』、『小さい』です。

Photo_8

音読みは呉音が『マツ・マチ』、漢音が『バツ』、訓読みが『末(すえ)』です。木の先端・ものの端を梢(マッショウ)、序列の後ろの席を席(マッセキ)、細かく粉にすることを粉(フンマツ)といいます。

(マツ)の『単語家族』には(マツ・しぶき)があります。。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-8cc9.html をご覧ください。

 『(マン)』mǎnは、水を一杯に満たす様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(いっぱいにおおう)=(水を一杯に満たす。満たす。いっぱいにする)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『満(み)たす』です。水だけでなく色々なものに使うことが出来ます。

Photo_28

音読みは呉音が『マン』、漢音が『バン』、訓読みが『満(み)たす』です。まんまるの月を月(マンゲツ)、期限いっぱいで終わることを了(マンリョウ)、定員がいっぱいになることを員(マンイン)といいます。

の『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-3949.html をご覧ください。

 『(ミ)』wèiという漢字は、木が春を迎えて、これから葉を付けていく様子を表した象形文字です。漢字の部首は『木』、漢字の意味は『いまだ』、『小さい』です。

映像ではこんな漢字です。篆文(テンブン)と呼ばれる古い字体も載せておきます。

Photo_5

また、十二支の八番目を『』という漢字を宛てました。十二支は、暦、時刻、方角を示します。『』は旧暦の6月、時間は午後1~3時、方角は南南西、動物ではに宛てられています。

中国を中心とした東アジアの世界では、子丑寅卯辰巳午申酉戌亥の十二支を使って暦、時刻、方角を示します。数字でもなんでもない漢字の順番を覚えるの大変です。そこで、神様に新年の挨拶に来た十二種類の動物になぞらえて、十二支を宛てて覚えているのです。

(・ひつじ)は八番目に神様に挨拶に来た動物と覚えるわけです。ちなみに一番目は牛の背中に乗ってきた鼠(子・ねずみ)、十二番目は勢いよく走ってきて、神様の前を通り越してしまった猪(亥・いのしし)です。

については、『漢字の成り立ち http://bit.ly/18ehyAM、『漢字の成り立ち http://bit.ly/1DkHTYe をご覧ください。

音読みは呉音の『』が普通で、漢音の『ビ』と読むこともあります。訓読みは『未だ(いまだ)』・『未だ(まだ)』という副詞に使います。ですが、中学校では副詞はひらがなで書くことになっていますので、中学校では使えません。高校の漢文の授業に良く出てきます。

来(ライ)、熟(ジュク)、到(トウ)、練(レン)、満(マン)、亡人(ボウジン)のです。

の『単語家族』にはなどがあります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1CD39q4 をご覧ください。

 『(ミャク)』màiは、血液の流れる道筋を表す文字です。漢字の足し算では、月(身体)+(水の枝分かれする流れ)=(血液の流れる道筋。脈)です。漢字の部首は『月・にくづき』、漢字の意味は『血液の流れる道筋』です。

Photo_5

音読みは呉音が『バク』、漢音が『ミャク』です。脈を打つことを動(ミャクドウ)、心臓の伸縮による血管の動きを拍・搏(ミャクハク)、血管のつながり・前後のつながりを絡(ミャクラク)といいます。

には近い漢字としては、(ハ)があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/2a4hRzx をご覧ください。

 『(ミン)』mínは、民衆を表す象形文字です。漢字の成り立ちでは、目に刺青をされた捕虜・使役者を表していました。やがて一般の人々を表す漢字になりました。漢字の部首は『氏・うじ』、漢字の意味は『一般の人々』、『民間の』です。

Photo_19

音読みは呉音が『ミン』、漢音が『ビン』、訓読みが『民(たみ)』です。市の住民・自立的な個人を市(シミン)、国家を構成する人を国(コクミン)、一般の人々・公の機関に属さないことを間(ミンカン)といいます。

時代が降るとともに良い意味で使われるようになった漢字です。我が国では、特に明治以降で、非常に良い意味で使われ、『たみ』、『ひと』、『み』、『みたみ』、『もと』と名前に使われます。

呉音の『ミン』は漢音では『ビン』に変化することがあります。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html もご覧ください。

の『単語家族』には、(ミン)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1PHed0c をご覧ください。

 『(ム・ブ)』は、見えない神秘な神に対し二人で舞う人を表した文字です。漢字の足し算では、舞(儀式で舞う)+林(二人並ぶ)=(見えない神秘な神に対し二人で踊る人。見えない。無い)です。漢字の部首は『』、意味は『みえない』、『存在しない』、『~しない』です。、中国では『という漢字を使います。

Photo_10

音読みは呉音が『』、漢音が『』、訓読みは『無(な)い』です。有ることと無いことを有(ウ)、普段と変わりが無いことを事(ジ)、法律をないがしろにすることを法(ホウ)、礼儀からはずれることを礼(レイ)といいます。

呉音の『ム』は漢音では『ブ』に変化することがあります。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html もご覧ください。

の『単語家族』には、(ブ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-.html (予定)をご覧ください。

 『(ヤク)』yuēは、糸で結ぶ様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、糸+(一部分)=(糸の一部分を結ぶ。結ぶ。取り決めの印とする。結んで短くする)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、漢字の意味は『結ぶ』、『取り決め』、『短くする』、『大体』です。

Photo_15

ロープを結ぶように自由な行動を制限することを制(セイヤク)、当事者の間で取りきめること束(ヤクソク)、要点をまとめ全体を短くすることを要(ヨウヤク)、短くするように無駄を省はぶくことを節(セツヤク)、おおよそを大(タイヤク)といいます。

(ヤク)はの『単語家族』で、(ヤク)、(テキ)、(シャク)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/2jDK0FP をご覧ください。

 『(ユウ)』yǒngは、人が足踏みして勇気を出す様子を描いた形声文字です。漢字の足し算では、(足踏みする)+力=(人が足踏みをして勇気を出す。いさむ)です。漢字の部首は『力・ちから』、意味は『勇気を出す』、『奮い立つ』です。

Photo_4

音読みは呉音が『ユ・ユウ』、漢音が『ヨウ』、訓読みが『勇(いさ)ましい』です。心を奮い立たせる気持ちを気(ユウキ)、勇気をもって決断力があることを敢(ユウカン)、勇気のある男を士(ユウシ)、勇ましい姿を姿(ユウシ)といいます。鯨(くじら)のことをを使って魚(いさな)といいます。

勇ましくて、非常に良い意味の漢字ですので、『いさ』、『いさお』、『いさまし』、『いさみ』、『いさむ』、『お』、『さ』、『そよ』、『たけ』、『たけし』、『とし』、『はや』、『よ』と名前に使われます。

の『単語家族』で、(ヨウ)、(ヨウ)、(ユウ)などの漢字の仲間があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1DpjoNo をご覧ください。

 『(ヨウ)』yàoは、女性の腰を漢字にしたものです。は人の身体の重要な部分なので、『大切な』の意味が生じ、転じて『必要な』、『要る』の意味が加わりました。漢字の足し算で表わすと、襾(おおいかんむり・両手と頭)+女=(女性の腰。重要な。要る)です。

Photo_7

音読みは呉音・漢音ともに『ヨウ』です。訓読みは『かなめ』、『要る(いる)』です。重(ジュウヨウ)、肝(カンヨウ)、必(ヒツヨウ)、求(ヨウキュウ)、石(かなめいし)のです。

(カンヨウ)のは肝臓(カンゾウ)のことです。は腰(こし)のことです。身体の重要な部分に例えて重要なことをいいます。

(カン)は、(カン)の『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-6d7c.htmlをご覧ください。

の『単語家族』にはなどがあります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-feb7.htmlをご覧ください。

 『(ヨウ)』yǎngは、良い肉を食べて養生する様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(良い)+食(食べる・食物)=(良い肉を食べて養生する。養う。やしなう)です。漢字の部首は『食・しょく』、漢字の意味は『養(やしな)う』です。

Photo_8

音読みは呉音・漢音ともに『ヨウ』、訓読みは『養(やしな)う』です。養い育てることを育(ヨウイク)、生物が自ら養うために外から取り入れる成分を栄(エイヨウ)、教え育てること・幅広い知識や理解力を教(キョウヨウ)、魚介類などを養い殖やすことを殖(ヨウショク)といいます。

非常に良い意味の漢字で『おさ』、『かい』、『きよ』、『すけ』、『のぶ』、『まもる』、『やす』、『よし』と名前に使われます。

の『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/18ehyAM をご覧ください。

 『(ヨク)』は、水が満たされる様子・水を浴びる表わした形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(滝壺)=(水が満たされる。水に浸す。水を浴びる)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『水に浸す』、『水を浴びる』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『ヨク』、訓読みは『浴(あ)びる』です。お湯を浴びる部屋を室(ヨクシツ)、水を浴びることを水(スイヨク)、日光を浴びることを日光(ニッコウヨク)といいます。

(コク)の『単語家族』です。他にはなどがあります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-4a36.htmlをご覧ください。。

 『(リ)』は、刃物が鋭い様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、禾(稲)+刂(刀)=(刃物が鋭くてスッと稲を刈り取れる。刃が鋭い。スッと通る)です。漢字の部首は『刂・りっとう』、漢字の意味は『刃が鋭い』、『スッと通る』、『もうけ』です。

Photo_8

音読みは呉音・漢音ともに『リ』、訓読みが『利(き)く』です。刃の鋭い様を鋭(エイ)、水がスッと通るのを水(スイ)、都合が良い様子を便(ベン)、もうけを益(エキ)、口利きがうまいことを口(コウ)といいます。

の『単語家族』には、などの漢字があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-41cd.html をご覧ください。

 『(リク)』は、陸地を表す形声文字です。漢字の足し算では阝(おか)+(高い土盛りをした場所)=(盛り上がった大地。陸地。おか)です。漢字の部首は『阝・こざとへん』、意味は『陸地』、『丘』です。

Photo_16

音読みは呉音が『ロク』、漢音が『リク』です。訓読みは常用外の『みち』、『む』があります。盛り上がった大地を地(リクチ)、陸地に上がることを上(ジョウリク)、陸上で戦う軍隊を軍(リクグン)、福島県から青森県にかけて奥(みちのく・むつ)といいます。非常に縁起の良い漢字で『あつ』、『あつし』、『くが』、『たか』、『たかし』、『ひとし』、『みち』、『む』、『むつ』と多くの名前に使われます。

の『単語家族』です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-8791.htmlをご覧ください。

 『(ロウ・リョウ)』liángは、優れている様子を漢字にしたものです。米を精米する様子が元になって出来た漢字と言われています。漢字の部首は『艮・こんづくり』、意味は『質が良い』、『優れている』、『清らか』です。

Photo

音読みは呉音が『ロウ』、漢音が『リョウ』です。訓読みは『良(よ)い』です。質(リョウシツ)、好(リョウコウ)、善(ゼンリョウ)、人(おっと)、野(のら)のです。人(おっと)、野(のら)は特別な訓読みです。

非常に良い意味の漢字で『あきら』、『お』、『かず』、『かた』、『さね』、『すけ』、『たか』、『つか』、『つかさ』、『つぎ』、『なおし』、『なか』、『なが』、『ながし』、『はる』、『ひこ』、『ひさ』、『ふみ』、『まこと』、『まこと』、『み』、『みよし』、『よし』、『ら』、『ろ』、『ろう』と多くの名前に使われる漢字です。

の『単語家族』には、などの漢字があります。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-beb1.html をご覧ください。

 『(リョウ)』liàoは、米・穀物(コクモツ)を斗(ます)に入れる様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、米(米・穀物)+斗(ます)=(ますに入れて穀物をはかる。はかる。転じてもとになるもの)です。漢字の部首は『斗・とます』、漢字の意味は『はかる』、『もとになるもの』、『手当』、『代金』です。

Photo_3

音読みは呉音・漢音ともに『リョウ』です。はかり選ぶことを料簡(リョウケン)、物事(料)をうまく処理するもと・調理することを理(リョウリ)、製品のもとになるものを原(ゲンリョウ)、社員に支払う報酬を給(キュウリョウ)といいます。

(リョウ)は(マイ)を使った漢字です。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1vLIp0x をご覧ください。

 『(リョウ)』liángは、穀物(コクモツ)を量(はか)る様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、日(穀物)+重(重さ)=(穀物(コクモツ)の重さ。量(はか)る。)です。部首は『里・さと』、意味は『量(はか)る』です。重さを示すにデザインされていますが、もともとはです。

Photo_14

音読みは呉音が『ロウ』、漢音が『リョウ』、訓読みは『量(はか)る』と常用外の『量(かさ)』です。人間のもつ力や気持ちの大きさにも使います。人としての能力の大きさを力(リキリョウ)、物の多い少ないの程度を分(ブンリョウ)、地点間の距離や位置を測(はか)る・量(はか)ることを測(ソクリョウ)、物体に働く地球の重力の大きさ(ようするに重さ)を重(ジュウリョウ)といいます。

非常に重要な漢字で『かず』、『さと』、『とも』、『はかり』、『はかる』と名前に使われます。

の『単語家族』にはがあります。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1DXlrCP をご覧ください。

 『(リン)』lúnは、車がきちんと回転する様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、車+(整理された書類)=(車がきちんと回転する。きちんとした輪。わ)です。漢字の部首は『車・くるま』、漢字の意味は『車の輪』、『自動車』、『円形のもの』、『まわり』、『順番』です。

Photo_9

音読みは呉音・漢音ともに『リン』、訓読みは『輪(わ)』です。車の前方の輪(わ)を前(ゼンリン)、樹木にみられる年ごとに出来る輪(わ)年(ネンリン)、物の周りの線を郭(リンカク)、順番を決めて交替で物事にあてることを番(リンバン)、指にはめる輪(わ)を指(ゆび)といいます。

と同じ漢字の仲間です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-b136.html をご覧ください。

 『(ルイ)』lèiは、似たものを集めてグループにする様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、(植物の代表)+(動物の代表)+頁(頭・特徴)=(植物なら植物、動物なら動物、似たものを集めて区分けする。たぐい。にる。)です。漢字の部首は『頁・おおがい』、漢字の意味は『仲間・グループ』、『類(たぐい)』、『似る』です。

Photo_8

音読みは呉音・漢音ともに『ルイ』、訓読みは常用外の『類(たぐい)』があります。生き物の仲間を生(ショウルイ)、同じ性質の仲間を種(シュルイ)、似ているものを似(ルイジ)、事物を性質・系統などにより分けることを分(ブンルイ)といいます。

(ルイ)も(マイ)を使った漢字です。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1vLIp0x をご覧ください。

 『(レイ)』língは、君主が清らかに人々に命令する姿を示す会意文字です。漢字の足し算では、亼(人を集める)+卩(人々がひざまずく)=(君主が清らかに人々に命令する。清らかな)です。漢字の部首は『人・ひとやね』です。漢字の意味は『命令する』、『清らかな』、『大事な』、『人を並べる』です。

Photo_15

音読みは呉音が『リョウ』・漢音は『レイ』です。上位の者が下位のものに出す言いつけを命(メイレイ)、命令の記された書類を状(レイジョウ)、清らかなお譲さんを嬢(レイジョウ)、君主の出す命令を旨(リョウ)、県の長官を県(ケンレイ)といいます。

呉音の『リョウ』は漢音では『レイ』になることがあります。

音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html もご覧ください。

非常に縁起の良い漢字で、『おさ』、『なり』、『のり』、『はる』、『よし』と名前に使われます。

 『(レイ)』lěngは、清らかな氷の冷たい様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、冫(氷)+(清らかな)=(清らかな氷が冷たい。冷たい。つめたい)です。漢字の部首は『冫・にすい』です。漢字の意味は『冷(つめ)たい』、『冷(ひ)える』です。

Photo_17

音読みは呉音が『リョウ』・漢音は『レイ』です。訓読みは『冷(つめ)たい』、『冷(ひ)える』、『冷(さ)める』です。食品など凍らせるこを凍(レイトウ)、恐怖を感じるときに出る冷たい汗を汗(レイカン・ひやあせ)、冷たい馬鹿にした笑いを笑(レイショウ)、冷たく落ち着いている様(さま)を静(レイセイ)といいます。

呉音の『リョウ』は漢音では『レイ』に変化することがあります。音読みの呉音、漢音については『呉音と漢音』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-adc3.html もご覧ください。

は同じ漢字の仲間です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-289e.html をご覧ください。

 『(レイ)』は、イ(にんべん・人のする作業)に(並べる)を足したものです。漢字の足し算では、イ(にんべん・人のする作業)+(並べる)=(決まった順に並べる。たとえ)です。漢字の部首は『イ・にんべん』です。意味は『決まった順序』、『しきたり』、『たとえ』、『くらべる』です。

決まった順に並べるとこんな感じです。

Photo_9

音読みは『レイ』、訓読みは『例(たと)える』です。決まった会が会(レイカイ)、決まりから外れることを外(レイガイ)、先のしきたりが先(センレイ)、実際にためすのが実(ジツレイ)、比較してくらべるのを比(ヒレイ)と言います。

と同じ漢字の仲間です。詳しくは『漢字の成り立ち http://bit.ly/1nCUzpzをご覧ください。

 『(レキ)』は、収穫した穀物について順次作業していく様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、厂(建物)+禾禾(穀物)+止(足)=歴・歷(収穫した穀物について順次作業していく。順次)です。漢字の部首は『止・とまる』、漢字の意味は『順次』、『経る』、『代々』、『何回も』、『はっきりと』です。

『説文解字』には「過ぐるなり。止に従い厤(レキ)の声」とあります。

Photo_9Photo_10

常用漢字体では禾禾(穀物)でなく木木になっていますが、常用漢字体のを使いましょう。

音読みは呉音が『リャク』、漢音が『レキ』、訓読みは常用外に『歴・歷(へ)る』があります。人間社会が経てきた経過を史(レキシ)、何回も戦争を経験したことを戦(レキセン)、はっきりしている様子を然(レキゼン)といいます。

と同じ漢字の仲間です。詳しくは『漢字の成り立ちhttp://bit.ly/1Un6fYS をご覧ください。

 『(レン)』liánは、車がいくつも連なって進む(辶)様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、辶(進む)+車=(車がいくつも連なって進む。連なる。つらなる)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、漢字の意味は『連(つら)なる』、『連(つ)れる』、『連(つ)れ』です。

Photo_3

音読みは呉音・漢音ともに『レン』、訓読みは『連(つら)なる』、『連(つ)れる』、『連(つ)れ』です。連なり合うことを合(レンゴウ)、つながり結びつくこと。関係することを係・繋(レンケイ)、つながっている枝・親戚を枝(レンシ)、いつも一緒にいる連れ・いつもの客を常(ジョウレン)といいます。

の漢字の仲間には、(レン・はす)、(レン・さざなみ)など連なるイメージの漢字があります。詳しくは『漢字の成り立ちhttp://bit.ly/1HDDHFM をご覧ください。

 『(ロウ)』lǎoは、老人が杖(つえ)をついている様子を象(かたど)った象形文字です。漢字の部首は『老・おいがしら』、漢字の意味は『老(お)いる』、『老(ふ)ける』、『経験のある』、『物事を知っている』です。

Photo_29

音読みは呉音。漢音ともに『ロウ』、訓読みは『老(お)いる』、『老(ふ)ける』です。長く経験を積んだ巧みな様子を練(ロウレン)、年をとって物事に長じている人の敬称で長(チョウロウ)、年老いた先生・僧侶を師(ロウシ)、年老いた父を父(ロウフ)といいます。

の漢字の仲間には、(ボ・うば)、(えび)などの漢字があります。詳しくは『漢字の成り立ちhttp://bit.ly/2cNWoB6 をご覧ください。

 『(ロウ)』láoは、炎のように力を出し尽くして働く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(取り囲む炎)+力=(炎のように力を出し尽くして働く。仕事をやりとげる。労(ねぎら)う、労(いた)わる、疲れる)です。漢字の部首は『力・ちから』、漢字の意味は『仕事をやりとげる』、『労(ねぎら)う』、『労(いた)わる』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『ロウ』、訓読みが常用外の『労(ねぎら)う』、『労(いた)わる』です。激しい仕事を働(ロウドウ)、仕事をやりとげた功績を功(コウロウ)、つかれることを疲(ヒロウ)、慰(なぐさ)め労(ねぎら)うことを慰(イロウ)といいます。

の『単語家族』です。(エイ)、(エイ)などの漢字があります。詳しくは『漢字の成り立ちhttp://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-a8d5.html をご覧ください。

 『(ロク)』は、綺麗にした青銅器に文字を刻む様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、金(金属・青銅器)+彔(はがす)=錄・(青銅器を綺麗にして文字を刻む。文字を錄(しる)す)です。漢字の部首は『金・かねへん』、漢字の意味は『しるす』、『文章』です。字体は常用漢字体の『』を使って下さい。

Photo_9

音読みは呉音が『ロク』、漢音が『リョク』です。文字にして書き残すことを記(キロク)、音を記録することを音(ロクオン)、後に付ける補足の文章・本体にそえられたものを付(フロク)といいます。

(ロク)は彔(ロク)の『単語家族』です。(ロク)、(リョク)などの漢字があります。詳しくは『漢字の成り立ち彔』http://bit.ly/1FE8NJa をご覧ください。

これで小学校4年生で習う漢字の成り立ちと解説はおしまいです。

参考図書http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-c740.htmlです。

漢字についてより詳しく知りたい方は、下記の本をお読みください。

篆文(テンブン)を中心にした体系的な記述・韻の説明は、諸橋轍次先生の『新漢和辞典』、藤堂明保先生の『漢字源』・『漢字の過去と未来』を参考にさせて頂いてます。

甲骨文字・金文のもつ呪術的な解釈には白川静先生の『字通』・『字統』・『漢字』・『中国古代の文化』を参考にさせて頂いています。

漢字の伝来や常用漢字の解釈については、大島正二先生の『漢字伝来』、高島俊男先生の『漢字と日本人』を参考にさせて頂いています。

日本語については、金田一京助先生の『日本語の変遷』、大野晋先生の『日本語の文法を考える』、新村出先生の『広辞苑』を参考にさせて頂いております。

最近の研究については、落合淳思先生の『漢字の成り立ち』を参考にさせて頂いております。

医学用語については伊藤正男・井村裕夫・高久史麿先生の『医学大辞典』を参考にさせて頂いております。

« 漢字の成り立ち 票 | トップページ | 小学校4年生で習う漢字③(成~念) »

小学校4年生で習う漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587183/61217148

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校4年生で習う漢字④(敗~録):

« 漢字の成り立ち 票 | トップページ | 小学校4年生で習う漢字③(成~念) »

カテゴリー

  • ア行(ア )
    漢字の成り立ち 亜          漢字の成り立ち 愛          漢字の成り立ち 安         
  • ア行(イ )
    漢字の成り立ち 異          漢字の成り立ち 易          漢字の成り立ち 胃          漢字の成り立ち 殹          漢字の成り立ち 以          漢字の成り立ち 衣          漢字の成り立ち 韋          漢字の成り立ち 育         
  • ア行(イチ・イツ)
    漢字の成り立ち 一          漢字の成り立ち 聿         
  • ア行(イン)
    漢字の成り立ち 寅          漢字の成り立ち 印          漢字の成り立ち 因          漢字の成り立ち 員          漢字の成り立ち 音・意       
  • ア行(ウ)
    漢字の成り立ち 雨          漢字の成り立ち 于・夸       漢字の成り立ち 云          漢字の成り立ち 昷           
  • ア行(エ )
    漢字の成り立ち 易          漢字の成り立ち 睪          漢字の成り立ち 兌          漢字の成り立ち 戉          漢字の成り立ち 益         
  • ア行(エ )・カ行(カイ)
    漢字の成り立ち 回          漢字の成り立ち 会・會        漢字の成り立ち 褱・懐       
  • ア行(エイ)
    漢字の成り立ち 嬰          漢字の成り立ち 熒・        漢字の成り立ち 殹          漢字の成り立ち 央          漢字の成り立ち 永         
  • ア行(エン )・タ行(タン)
    漢字の成り立ち 彖          漢字の成り立ち 爰          漢字の成り立ち 延          漢字の成り立ち 炎         
  • ア行(エン・オン)
    漢字の成り立ち 袁          漢字の成り立ち 夗         
  • ア行(エン)
    漢字の成り立ち 肙          漢字の成り立ち 厭          漢字の成り立ち 寅          漢字の成り立ち 㕣          漢字の成り立ち 燕         
  • ア行(オ )
    漢字の成り立ち 王          漢字の成り立ち 屋          漢字の成り立ち 乙          漢字の成り立ち 音・意        漢字の成り立ち 央          漢字の成り立ち 区・殴        漢字の成り立ち 昷         
  • カ行(カ ) 
    漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 夏          漢字の成り立ち 火          漢字の成り立ち 咼          漢字の成り立ち 叚          漢字の成り立ち 禾          漢字の成り立ち 可          漢字の成り立ち 家          漢字の成り立ち 果          漢字の成り立ち 化          漢字の成り立ち 加         
  • カ行(カイ)
    漢字の成り立ち 海          漢字の成り立ち 夬          漢字の成り立ち 介          漢字の成り立ち 皆         
  • カ行(カク)
    漢字の成り立ち 矍          漢字の成り立ち 殻          漢字の成り立ち 角          漢字の成り立ち 革          漢字の成り立ち 隺          漢字の成り立ち 画          漢字の成り立ち 各         
  • カ行(カツ)
    漢字の成り立ち 害          漢字の成り立ち 舌          漢字の成り立ち 曷         
  • カ行(カン)
    漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 監          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 咸          漢字の成り立ち 漢          漢字の成り立ち 官          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 甘          漢字の成り立ち 雚          漢字の成り立ち 毌・串        漢字の成り立ち 干          漢字の成り立ち 奐         
  • カ行(ガ )
    漢字の成り立ち 画          漢字の成り立ち 我・義        漢字の成り立ち 牙          漢字の成り立ち 亥          漢字の成り立ち 害          漢字の成り立ち 楽          漢字の成り立ち 学          漢字の成り立ち 月          漢字の成り立ち 厂          漢字の成り立ち 元         
  • カ行(キ )
    漢字の成り立ち 貴          漢字の成り立ち 葵          漢字の成り立ち 几          漢字の成り立ち 吉          漢字の成り立ち 其          漢字の成り立ち 奇         
  • カ行(キュウ)
    漢字の成り立ち 丘          漢字の成り立ち 丩          漢字の成り立ち 弓          漢字の成り立ち 求          漢字の成り立ち 及・急        漢字の成り立ち 九          
  • カ行(キョウ・ケイ)
    漢字の成り立ち 开・形        漢字の成り立ち 京          漢字の成り立ち 兄・竟        漢字の成り立ち 敬          漢字の成り立ち 巠          
  • カ行(キョウ・コウ)
    漢字の成り立ち 郷          漢字の成り立ち 孝          漢字の成り立ち 爻・交        漢字の成り立ち 庚          漢字の成り立ち 幸          漢字の成り立ち 更          漢字の成り立ち 行         
  • カ行(キョウ)
    漢字の成り立ち 敫          漢字の成り立ち 劦          漢字の成り立ち 喬          漢字の成り立ち 共          漢字の成り立ち 凶         
  • カ行(キョク)
    漢字の成り立ち 極           漢字の成り立ち 局           漢字の成り立ち 曲         
  • カ行(キョ)
    漢字の成り立ち 豦          漢字の成り立ち 去         
  • カ行(キン)
    漢字の成り立ち 匀          漢字の成り立ち 堇          漢字の成り立ち 斤          漢字の成り立ち 禁          漢字の成り立ち 今         
  • カ行(ギ )
    漢字の成り立ち 屰          漢字の成り立ち 疑          漢字の成り立ち 牛          漢字の成り立ち 堯         
  • カ行(ギョ)
    漢字の成り立ち 魚         
  • カ行(ク )
    漢字の成り立ち 句          漢字の成り立ち 九          漢字の成り立ち 区・殴        漢字の成り立ち 屈          漢字の成り立ち 禺          漢字の成り立ち 具          漢字の成り立ち 君          漢字の成り立ち 軍         
  • カ行(ク・コウ)
    漢字の成り立ち 侯          漢字の成り立ち 口          漢字の成り立ち 后          漢字の成り立ち 冓          漢字の成り立ち 公          漢字の成り立ち 工         
  • カ行(ケ )
    漢字の成り立ち 恵          漢字の成り立ち 血          漢字の成り立ち 埶          漢字の成り立ち 系          漢字の成り立ち 圭          漢字の成り立ち 奚          漢字の成り立ち 携・攜       
  • カ行(ケン)
    漢字の成り立ち 兼          漢字の成り立ち 肙          漢字の成り立ち 犬          漢字の成り立ち ・巻        漢字の成り立ち 幵          漢字の成り立ち 建          漢字の成り立ち 見          漢字の成り立ち 間          漢字の成り立ち 僉           漢字の成り立ち 県         
  • カ行(ケ・カイ)
    漢字の成り立ち 戒          漢字の成り立ち 解         
  • カ行(ケ・キ)
    漢字の成り立ち 希          漢字の成り立ち 幾          漢字の成り立ち 气         
  • カ行(コ )
    漢字の成り立ち 賈          漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 戸          漢字の成り立ち 己          漢字の成り立ち 古          漢字の成り立ち 夸          漢字の成り立ち 谷          漢字の成り立ち 告          漢字の成り立ち 骨         
  • カ行(コウ)
    漢字の成り立ち 甲          漢字の成り立ち 厷          漢字の成り立ち 亘          漢字の成り立ち 岡          漢字の成り立ち 光          漢字の成り立ち 高           漢字の成り立ち 丂           漢字の成り立ち 亢           漢字の成り立ち 黄・広        
  • カ行(コン)
    漢字の成り立ち 困          漢字の成り立ち 艮          漢字の成り立ち 今          漢字の成り立ち 昆         
  • カ行(ゴ )
    漢字の成り立ち 五・語        漢字の成り立ち 呉          漢字の成り立ち 午・御        漢字の成り立ち 合          漢字の成り立ち 卬         
  • サ行(サ )
    漢字の成り立ち 坐          漢字の成り立ち 采          漢字の成り立ち 左・尋        漢字の成り立ち 才          漢字の成り立ち 卒          漢字の成り立ち 祭          漢字の成り立ち 乍          漢字の成り立ち 冊         
  • サ行(サイ・セイ )
    漢字の成り立ち 斉          漢字の成り立ち 歳          漢字の成り立ち 妻          漢字の成り立ち 西         
  • サ行(サン)
    漢字の成り立ち 参          漢字の成り立ち 散          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 算          漢字の成り立ち 山          漢字の成り立ち 三         
  • サ行(シ )
    漢字の成り立ち 師          漢字の成り立ち 朿          漢字の成り立ち 厶・台        漢字の成り立ち 子          漢字の成り立ち 思          漢字の成り立ち 氏          漢字の成り立ち 至          漢字の成り立ち 止         
  • サ行(シ )
    漢字の成り立ち 糸          漢字の成り立ち 矢          漢字の成り立ち 示          漢字の成り立ち 市          漢字の成り立ち 四          漢字の成り立ち 旨          漢字の成り立ち 支          漢字の成り立ち 司          漢字の成り立ち 史          漢字の成り立ち 次          漢字の成り立ち 士          漢字の成り立ち 志       
  • サ行(シキ・ショク)
    漢字の成り立ち 食          漢字の成り立ち 戠          漢字の成り立ち 式         
  • サ行(シチ・シツ)
    漢字の成り立ち 失          漢字の成り立ち 質          漢字の成り立ち 七         
  • サ行(シャ )
    漢字の成り立ち 車          漢字の成り立ち 舎          漢字の成り立ち 者          漢字の成り立ち 射          漢字の成り立ち 勺         
  • サ行(シャク・セキ)
    漢字の成り立ち 席          漢字の成り立ち 尺          漢字の成り立ち 赤          漢字の成り立ち 石          漢字の成り立ち 責          漢字の成り立ち 夕          漢字の成り立ち 昔         
  • サ行(シュウ)
    漢字の成り立ち 乑          漢字の成り立ち 舟・受        漢字の成り立ち 州           漢字の成り立ち 習          漢字の成り立ち 秋          漢字の成り立ち 秀          漢字の成り立ち 周          漢字の成り立ち 祝・呪        漢字の成り立ち 就         
  • サ行(シュ)
    漢字の成り立ち 手          漢字の成り立ち 殳          漢字の成り立ち 朱          漢字の成り立ち 守          漢字の成り立ち 首          漢字の成り立ち 主          漢字の成り立ち 取          漢字の成り立ち 出          漢字の成り立ち 宿          漢字の成り立ち 屯・春        漢字の成り立ち 舜         
  • サ行(ショウ・セイ)
    漢字の成り立ち 成          漢字の成り立ち 青          漢字の成り立ち 生          漢字の成り立ち 正         
  • サ行(ショウ)
    漢字の成り立ち 小          漢字の成り立ち 召          漢字の成り立ち 尚          漢字の成り立ち 章          漢字の成り立ち 爿          漢字の成り立ち 昌          漢字の成り立ち 詳・善       
  • サ行(ショ)
    漢字の成り立ち 庶          漢字の成り立ち 処         
  • サ行(シン)
    漢字の成り立ち 兂          漢字の成り立ち 眞          漢字の成り立ち 心          漢字の成り立ち 囟(田)       漢字の成り立ち 申          漢字の成り立ち 辰          漢字の成り立ち 辛・新        漢字の成り立ち 深・探        漢字の成り立ち 帚・侵       
  • サ行(ジ )
    漢字の成り立ち 茲          漢字の成り立ち 爾          漢字の成り立ち 耳          漢字の成り立ち 寺          漢字の成り立ち 自          漢字の成り立ち 舟・受        漢字の成り立ち 孰          漢字の成り立ち 朮          漢字の成り立ち 女           漢字の成り立ち 尽         
  • サ行(ジャク)
    漢字の成り立ち 若           漢字の成り立ち 弱          
  • サ行(ジュウ)
    漢字の成り立ち 重          漢字の成り立ち 从、縱        漢字の成り立ち 十         
  • サ行(ジョウ)
    漢字の成り立ち 丞          漢字の成り立ち 成         
  • サ行(ス )
    漢字の成り立ち 水          漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 隹          漢字の成り立ち 垂          漢字の成り立ち 芻          漢字の成り立ち 寸         
  • サ行(セ )
    漢字の成り立ち 世          漢字の成り立ち 是          漢字の成り立ち 制          漢字の成り立ち 卩・節        漢字の成り立ち 折          漢字の成り立ち 舌          漢字の成り立ち 詳・善       
  • サ行(セン)
    漢字の成り立ち 巽          漢字の成り立ち 前          漢字の成り立ち 先          漢字の成り立ち 宣          漢字の成り立ち 専          漢字の成り立ち 戔          漢字の成り立ち 扇           漢字の成り立ち 全          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 川          漢字の成り立ち 薦          漢字の成り立ち 泉         
  • サ行(ゼン)
    漢字の成り立ち 然          漢字の成り立ち 全         
  • サ行(ソ )
    漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 疋          漢字の成り立ち 卒          漢字の成り立ち 且          漢字の成り立ち 象          漢字の成り立ち 蔵          漢字の成り立ち 則          漢字の成り立ち 尊         
  • サ行(ソウ)
    漢字の成り立ち 匆          漢字の成り立ち 忩          漢字の成り立ち 倉          漢字の成り立ち 爪          漢字の成り立ち 送          漢字の成り立ち 相          漢字の成り立ち 早          漢字の成り立ち 曾          漢字の成り立ち 喿          漢字の成り立ち 帚・侵       
  • サ行(ソク・ショク)
    漢字の成り立ち 蜀          漢字の成り立ち 足          漢字の成り立ち 束         
  • タ行(タ )
    漢字の成り立ち 㒸          漢字の成り立ち 帶          漢字の成り立ち 大          漢字の成り立ち 退          漢字の成り立ち 它・也        漢字の成り立ち 弟          漢字の成り立ち 厶・台        漢字の成り立ち 代          漢字の成り立ち 睪         
  • タ行(タン)
    漢字の成り立ち 旦          漢字の成り立ち 詹          漢字の成り立ち 深・探        漢字の成り立ち 単         
  • タ行(チ )
    漢字の成り立ち 知          漢字の成り立ち 畜          漢字の成り立ち 竹          漢字の成り立ち 宁          漢字の成り立ち 直          漢字の成り立ち 朕・藤       
  • タ行(チュウ)
    漢字の成り立ち 壴          漢字の成り立ち 肘          漢字の成り立ち 中         
  • タ行(チョウ)
    漢字の成り立ち 枼          漢字の成り立ち 鳥          漢字の成り立ち 朝          漢字の成り立ち 長          漢字の成り立ち 丁          漢字の成り立ち 兆         
  • タ行(ツ )
    漢字の成り立ち 㒸          漢字の成り立ち 追         
  • タ行(テ )
    漢字の成り立ち 帝          漢字の成り立ち 氐          漢字の成り立ち 廷          漢字の成り立ち 呈          漢字の成り立ち 弟          漢字の成り立ち 啇          漢字の成り立ち 占          漢字の成り立ち 天          漢字の成り立ち 田         
  • タ行(ト )
    漢字の成り立ち 奴          漢字の成り立ち 度          漢字の成り立ち 土          漢字の成り立ち 刀          漢字の成り立ち 沓          漢字の成り立ち 冬          漢字の成り立ち 東          漢字の成り立ち 朕・藤        漢字の成り立ち 到          漢字の成り立ち 豆          漢字の成り立ち 屯         
  • タ行(ドウ)
    漢字の成り立ち 童          漢字の成り立ち 同         
  • ナ行
    漢字の成り立ち 奴          漢字の成り立ち 南          漢字の成り立ち 女           漢字の成り立ち 内          漢字の成り立ち 然          漢字の成り立ち 念         
  • ナ行(ニン)・サ行(ジン)
    漢字の成り立ち 人          漢字の成り立ち 壬          漢字の成り立ち 刃         
  • ナ行(ニ)・サ行(ジ)
    漢字の成り立ち 耳          漢字の成り立ち 二            
  • ナ行(ノウ)・タ行(ドウ)
    漢字の成り立ち 能          漢字の成り立ち 農          漢字の成り立ち 脳         
  • ハ行(ハ )
    漢字の成り立ち 巴          漢字の成り立ち 巿          漢字の成り立ち 派          漢字の成り立ち 配・妃        漢字の成り立ち 貝・買        漢字の成り立ち 白          漢字の成り立ち 莫          漢字の成り立ち 癶         
  • ハ行(ハン)
    漢字の成り立ち 般          漢字の成り立ち 犯・氾        漢字の成り立ち 八・半        漢字の成り立ち 反          漢字の成り立ち 番         
  • ハ行(ヒ )
    漢字の成り立ち 非          漢字の成り立ち 皮          漢字の成り立ち 辟          漢字の成り立ち 比          漢字の成り立ち 必          漢字の成り立ち 表          漢字の成り立ち 票          漢字の成り立ち 苗          漢字の成り立ち 品         
  • ハ行(ヒョウ・ヘイ )
    漢字の成り立ち 平          漢字の成り立ち 丙         
  • ハ行(ビ)・マ行(ミ)
    漢字の成り立ち 尾          漢字の成り立ち 未         
  • ハ行(フ )
    漢字の成り立ち 付          漢字の成り立ち 夫          漢字の成り立ち 父          漢字の成り立ち 不          漢字の成り立ち 孚          漢字の成り立ち 卜          漢字の成り立ち 畐          漢字の成り立ち 复          漢字の成り立ち 弗          漢字の成り立ち 勿          漢字の成り立ち 八・分        漢字の成り立ち 賁         
  • ハ行(ヘ )
    漢字の成り立ち 並          漢字の成り立ち 辟          漢字の成り立ち 扁         
  • ハ行(ホ )
    漢字の成り立ち 甫          漢字の成り立ち 方          漢字の成り立ち 包          漢字の成り立ち 北         
  • ハ行(ボ )
    漢字の成り立ち 母          漢字の成り立ち 暴          漢字の成り立ち 亡          漢字の成り立ち 卯          漢字の成り立ち 卜         
  • マ行
    漢字の成り立ち 矛          漢字の成り立ち 米          漢字の成り立ち 莫          漢字の成り立ち 末          漢字の成り立ち 亡          漢字の成り立ち 毛          漢字の成り立ち 孟          漢字の成り立ち 門         
  • マ行(メイ・ミョウ)
    漢字の成り立ち 明          漢字の成り立ち 名         
  • マ行(メン)・ハ行(バン・ベン)
    漢字の成り立ち 面          漢字の成り立ち 免         
  • マ行(メ・マ)・ハ行(バ)
    漢字の成り立ち 馬          漢字の成り立ち 麻         
  • ヤ行
    漢字の成り立ち 亦・夜        漢字の成り立ち 予          漢字の成り立ち 余          漢字の成り立ち 谷         
  • ヤ行(ユ)
    漢字の成り立ち 兪          漢字の成り立ち 攸          漢字の成り立ち 憂          漢字の成り立ち 由          漢字の成り立ち 斿          漢字の成り立ち 酉          漢字の成り立ち 右         
  • ヤ行(ヨウ)
    漢字の成り立ち 幺          漢字の成り立ち 夭          漢字の成り立ち 翟          漢字の成り立ち 枼          漢字の成り立ち 羊          漢字の成り立ち 䍃・揺        漢字の成り立ち 用          漢字の成り立ち 昜          漢字の成り立ち 要         
  • ラ行
    漢字の成り立ち 戻          漢字の成り立ち 来          漢字の成り立ち 礼・豊        漢字の成り立ち 剌          漢字の成り立ち 楽          漢字の成り立ち 闌          漢字の成り立ち 秝          漢字の成り立ち 柬          漢字の成り立ち 連          漢字の成り立ち 老         
  • ラ行(リ )
    漢字の成り立ち 率          漢字の成り立ち 利          漢字の成り立ち 里          漢字の成り立ち 立          漢字の成り立ち 留          漢字の成り立ち 流          漢字の成り立ち 良          漢字の成り立ち 令          漢字の成り立ち 量          漢字の成り立ち 両          漢字の成り立ち 力             
  • ラ行(リン)
    漢字の成り立ち 侖          漢字の成り立ち 粦          漢字の成り立ち 林         
  • ラ行(レイ)
    漢字の成り立ち 戻          漢字の成り立ち 礼・豊        漢字の成り立ち 令         
  • ラ行(ロク)
    漢字の成り立ち 彔          漢字の成り立ち 六         
  • ワ行
    漢字の成り立ち 或          漢字の成り立ち 夗         
  • 呉音と漢音
    呉音と漢音               
  • 小学校1年生で習う漢字
    小学校1年生で習う漢字①     小学校1年生で習う漢字②    
  • 小学校2年生で習う漢字
    小学校2年生で習う漢字①     小学校2年生で習う漢字②     小学校2年生で習う漢字③     小学校2年生で習う漢字④    
  • 小学校3年生で習う漢字
    小学校3年生で習う漢字①      小学校3年生で習う漢字②     小学校3年生で習う漢字③     小学校3年生で習う漢字④    
  • 小学校4年生で習う漢字
    小学校4年生で習う漢字①      小学校4年生で習う漢字②     小学校4年生で習う漢字③     小学校4年生で習う漢字④    
  • 小学校5年生で習う漢字
    小学校5年生で習う漢字①      小学校5年生で習う漢字②     小学校5年生で習う漢字③     小学校5年生で習う漢字④    
  • 小学校6年生で習う漢字
    小学校6年生で習う漢字①      小学校6年生で習う漢字②     小学校6年生で習う漢字③     小学校6年生で習う漢字④    
  • 小学校で習う漢字
    小学校で習う漢字 父母姉妹兄弟    小学校で習う漢字 春夏秋冬    小学校で習う漢字 一~十      小学校で習う漢字 東西南北   
  • 小説
  • 漢字 のエッセイ
    象形・指事・会意・形声 一年生  象形・指事・会意・形声 二年生  漢字でみるヤナギの分類      落語 空き巣             
  • 漢字 参考図書
  • 漢字 音読み索引(ア行)
  • 漢字 音読み索引(カ行)
  • 漢字 音読み索引(サ行)
  • 漢字 音読み索引(タ行)
  • 漢字 音読み索引(ナ行)
  • 漢字 音読み索引(ハ行)
  • 漢字 音読み索引(マ行)
  • 漢字 音読み索引(ヤ行)
  • 漢字 音読み索引(ラ行)
  • 漢字 音読み索引(ワ行)
  • 漢字・訓読み索引(あ行)
  • 漢字・訓読み索引(か行)
  • 漢字・訓読み索引(さ行)
  • 漢字・訓読み索引(た行)
  • 漢字・訓読み索引(な行)
  • 漢字・訓読み索引(は行)
  • 漢字・訓読み索引(ま行)
  • 漢字・訓読み索引(や行)
  • 漢字・訓読み索引(ら行)
  • 漢字・訓読み索引(わ行)
  • 漢字練習問題(中学生) [1]
    練習問題1-1(書き)         練習問題1-1(読み)         練習問題1-2(書き)         練習問題1-2(読み)         練習問題1-3(書き)         練習問題1-3(読み)         練習問題1-4(書き)         練習問題1-4(読み)         練習問題1-5(書き)         練習問題1-5(読み)        
  • 部首索引 魚(うお・さかな)
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ