« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

漢字の覚え方 弱

今日は『(ジャク)』ruòという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『ジャク』、『ジョウ』、『ニャク』、意味は『柔らかい』、『弱い』、『若い』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で2年生で、は中学校で習います。

 『(ジャク)』ruòは、しなやかな飾り用の弓を表す会意文字です。漢字の足し算では、弓(ゆみ)+彡(飾り・さんづくり))×2=(しなやかな飾り用の弓。しなやか。柔らかい。弱い)です。漢字の部首は『弓・ゆみ』、漢字の意味は『柔らかい』、『弱い』、『若い』です。

Photo_18

音読みは呉音が『ニャク』、漢音が『ジャク』、訓読みが『弱(よわ)い』です。強いことと弱いことで強(キョウジャク)、弱いところを点(ジャクテン)、年が若いことを年・若年(ジャクネン)、弱い者の肉を強い者が食う。力の強いものが栄えることを肉強食(ジャクニクキョウショク)といいます。

(ジャク)は小学校2年生http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-5af6.htmlで習う漢字です。

呉音のナ行は、漢音のザ行・ダ行に変化します。音読みの呉音、漢音については呉音と漢音をご覧ください。

 『(デキ)』は、溺(おぼ)れる様子を弓を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(弱い)=(水に弱く。溺れる。おぼれる)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『溺(おぼ)れる』です。

Photo_4

音読みは呉音が『ニャク』、漢音が『デキ』、訓読みが『溺(おぼ)れる』です。愛に溺れる、心を奪われることを愛(デキアイ)、溺れて死ぬことを死(デキシ)といいます。

また『(ニョウ)』niàoと読んで、尿を表します。漢字の足し算では、氵(水)+(柔らかい)=(柔らかく、ぐっしょりした水。尿。にょう)です。漢字の意味は『尿(ニョウ)』です。

音読みは呉音が『ニョウ』、漢音が『ジョウ』です。

我が国では尿(ニョウ)と書くのが普通です。

(デキ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ジョウ)』niǎoは、嫋(たおや)かな様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、女+(柔らかい)=(女性の柔らかく、しなやかな様。嫋か。たおやか)です。漢字の部首は『女・おんな』、漢字の意味は『嫋(たおや)か』です。

Photo_13

音読みは呉音が『ニョウ』、漢音が『ジョウ』です。訓読みは『嫋(たおや)か』です。女性のしとやかな様子を嫋嫋ジョウジョウ)、音声が鳴りやんでも良い感じの響きが続く様を余韻嫋嫋(ヨインジョウジョウ)といいます。

(ジョウ)は常用漢字から外れています。

 『(ニャク)』ruòは、蒟蒻(コンニャク)の柔らかさを表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(柔らかい)=(蒟蒻の柔らかさ。蒟蒻の蒻)です。

(コンニャク)の丸い形を表す(コン)http://bit.ly/1Twvg6b と一緒に使います。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『蒟蒻(コンニャク)』です。

Photo_19Photo_21

音読みは呉音が『ニャク』、漢音が『ジョウ』です。蒟(コンニャク)のです。

(ニャク)は常用漢字から外れています。

 『(いわし)』は、魚の鰯(いわし)表す形声文字です。漢字の足し算では、魚+(柔らかい・弱い)=(弱い魚。鰯。いわし)です。漢字の部首は『魚・さかなへん』、漢字の意味は『鰯(いわし)』です。

Photo_15

(いわし)』は、我が国でつくられた国字です。音読みはありません。訓読みは『鰯(いわし)』です。『弱(よわ)し』から転訛したものという説もあります。

刺身、煮つけ、唐揚げ、つみれ、酢のもの等に利用されるほか、鬼を払うといわれており、鰯の頭は、柊(ひいらぎ)とともに門口に飾られます。

魚を使った漢字について詳しくは『部首索引 魚http://bit.ly/1Rqs88v をご覧下さい。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-cdda.html

『漢字の覚え方 弱』   

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.音に きょうじゃく(    )をつける。

2.じゃくてん(    )を知る。

3.孫を できあい(    )する。

4.たおや(  )かな女性。

5.こんにゃく(    )。

6.いわし(  )のつみれ。

解説です。基本の漢字は、溺れるは氵(さんずい)を足して、嫋(たおや)かは女を足して、蒟蒻(コンニャク)は艹(くさかんむり)を足して、鰯(いわし)は魚を足してです。

解答です。強点、愛、か、蒟

練習問題(1-5)書き

漢字の練習問題です。ブログの中から適当に選んで出題します。漢字の苦手な中学生を対象にします。ヒントを見ながらやってみましょう。問題は50問。前半25問、後半25問です。漢字は『基本漢字』に扁・足等を合わせたものです。特に音読みの場合は、『基本漢字』の読みを考えればよいのです。 huusenn

1.ばくだん(    )を落とす。       『バク』は爆、瀑どれを使う?『ダン』は単、弾?

2.かんたん(    )な問題。       『タン』は単、弾?

3.話が はず(  )む。           『はずむ』は はじきかえすの意味。

4.ピアノを ひ(  )く。 。          『ひく』は挽く、弾く?単に上下に動かす意味。

5.とうげんきょう(      )。       『トウ』は逃、桃のどちらを使う?

6.もも(   )の花。 。           『もも』は二つに割れた実。兆に二つの意味。

7.かん(  )桶。                    『カン』は官、棺、館どれを使う?棺は木製なので。

8.かんせい(     )葉書き。      『カン』は官、棺、館どれを使う?

9.赤ん ぼう(  )が泣く。           方、坊、防、どれを使う?もとはお坊さんの住居。

10.ぼうくう(     )濠(ゴウ)。     方、坊、防、どれを使う?

11.穴を ほ(  )る。            彫る、掘る、どれを使う?

12.くっさく(    )機械。         『クツ』 屈、掘、堀、どれを使う?

13.くっしん(    )運動。        『クツ』 屈、掘、堀、どれを使う?かがむとのばす。

14.費用の さくげん(    )。         『サク』は削、消、硝どれを使う?

15.鉛筆を けず(   )る。         『けずる』は少しずつ刀(刂)でけずること。

16.文章を てんさく(   )する。     『テン』は天、添どれを使う?

17.力を そ(  )えて助ける。       『そえる』は控えめに水を加えて添加することです。

18.ちょうこく(    )刀。         『チョウ』は調、彫?

19.文字を ほ(   )る。           彫る、掘る、どれを使う?

20.犯罪の おんしょう(    )。     『ショウ』は床、庄、どれを使う?

21.ゆかした (    )浸水。       ゆかは家の中で木でできた場所。

22.かんそう(    )した部屋。     『カン』は干、幹、乾、どれを使う?

23.洗濯物が かわ(  )く。        乾く、渇くどれを使う。

24.のどが かわ(  )く。         乾く、渇くどれを使う。

25.たたみ(  )に座る。         『たたみ』は田(わら・いぐさ)を且(かさねる)こと。

解答です。爆弾、簡単、弾む、弾く、桃源郷、桃、棺桶、官製、坊、防空、掘る、掘削、屈伸、削減、削る、添削、添える、彫刻、彫る、温床、床下、乾燥、乾く、渇く、畳。

解説です。

基本漢字『暴』の音読みは『ボウ・バク』です。意味は『日にさらす』です。爆(バク)は火の力ではじける様子。瀑(バク)水がはじける滝を表します。詳しくは『漢字の成り立ち 暴』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-52c4.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『単』の音読みは『タン』です。単は上下に動かす様子を表します。弾は弾(はず)む様子・楽器を上下に弾く様子を表します。詳しくは『漢字の成り立ち 単』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-4dca.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『兆』の音読みは『チョウ』です。神にたいする言葉(口)。善い言葉や行動を表す漢字です。また、占いの甲羅が割れることから二つの意味もあります。桃(もも)は果実が二つに割れているように見えるので兆を使います。『漢字の成り立ち 兆』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-2ba4.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『官』の音読みは『カン』です。漢字の持つ映像は、大勢の人が家に集まる様子です。。意味は『朝廷』、『役人』、『囲む』です。棺桶は木で囲まれた棺(ひつぎ)を表します。詳しくは『漢字の成り立ち 官』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-bdf9.htmlをご覧ください。huusenn

漢字『坊』、『防』の音読みは『ボウ』です。基本漢字の『方』は横に広がる様子、『坊』はお坊さんの住む横に張り出した場所、『防』は土を横に積んで防ぐ様子です。詳しくは『漢字の成り立ち 方』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-f68d.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『周』です。音読みは『シュウ』、『チョウ』です。意味は『周り』です。彫るは周りに綺麗な模様(彡)を彫刻することを表します。詳しくは『漢字の成り立ち 周』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-8868.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『屈』の音読みは『クツ』です。映像は体を曲げる様子です。意味は『屈(かが)む』、『くぼむ』です。掘は手で窪みを掘ること、堀は土を掘ることを示します。詳しくは『漢字の成り立ち 屈』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-75c2.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『小(ショウ)』です。削の音読みは『サク』です。少しずつ刀(刂)でけずることです。詳しくは『漢字の成り立ち 小』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-311f.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『天(テン)』です。音読みは『テン』。添えるは薄く(忝)水を加える意味です。詳しくは『漢字の成り立ち 天』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-a9a7.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『爿』です。音読みは『ショウ』です。床は牀とも書きます。爿の意味は『木製のベッド』です。木製の長い場所を床といいます。詳しくは『漢字の成り立ち 爿』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-b050.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『曷』の音読みは『カツ』です。咽喉(のど)をかすれさせる。大声を出す意味があります。咽喉が渇くは氵(さんずい)を足して渇です。詳しくは『漢字の成り立ち 曷』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-0267.htmlをご覧ください。

基本漢字『且』です。重なるの意味があります。畳は田(わら・いぐさ)でつくった重ねる敷物です。詳しくは『漢字の成り立ち 且』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-3901.htmlをご覧ください。

26.力を はっき(    )する。       『キ』は揮、輝はどちらを使う?

27.軍の しき(    )をとる。        『キ』は揮、輝はどちらを使う?

28.画面の きど(    )を上げる。     『キ』は揮、輝はどちらを使う?

29.星が かがや(  )く。          軍のまわりを照らすこと。光を足します。

30.他人に えんりょ(    )をする。   『リョ』は濾、慮、虜どれを使う。?。

31.汚水を ろか(    )する。        『ロ』は濾、慮、虜どれを使う。?。

32.とうなん(    )事件。           『トウ』盗、諮、どれを使う?。

33.食物を ぬす(   )む。         ぬすむは、皿の料理を羨(うらや)むこと。

34.職人の わざ(  )。            『わざ』は技、業はどちらを使う?

35.至難の わざ(  )。            『わざ』は技、業はどちらを使う?

36.他人を そがい(    )する。     『ソ』は疎、楚どちらを使う?

37.田舎に そかい(    )する。     『ソ』は疎、楚どちらを使う?

38.せいちょう(    )な山の空気。   『チョウ』は澄、登どちらを使う?

39.空が す( )む。             清む。澄む。中学校で使えるのは?

40.心が どうよう(    )する。       『ヨウ』は揺・謡どちらを使う?

41.上下に ゆ(  )れる。          ゆれるは扌(てへん)に。

42.けいりゅう(    )釣り。         『ケイ』は渓・鶏どちらを使う?

43.ようけい(    )を営む。         『ケイ』は渓・鶏どちらを使う?

44.空からの ばくげき(   )。        『ゲキ』は車輪がカチカチする(殳)漢字です。

45.責任を きゅうだん(    )する。   『キュウ』は糾・叫どちらを使う?

46.ぜっきょう(    )する。        『キョウ』は糾・叫どちらを使う?

47.玄関の もんぴ(    )工事。     『ピ』は非、扉どちらを使う?

48.とびら(  )を開ける。          とびらは左右に(非)開く戸です。

49.あいしょう(    )を呼ぶ。      『ショウ』は禾を持って称(たた)えることです。

50.具体的な めいしょう(    )。    『ショウ』は称(とな)える。呼ぶことです。

解答です。発揮、指揮、輝度、輝く、遠慮、濾過、盗難、盗む、技、業、疎外、疎開、清澄、澄む、動揺、揺れる、渓流、養鶏、爆撃、糾弾、絶叫、門扉、扉、愛称、名称。

解説です。

基本漢字『軍(グン)』です。音読みは『グン』、『キ』です。意味は『軍隊』、『取り囲む』。取り囲むように照らすのが輝、軍隊を指揮するのが揮です。詳しくは『漢字の成り立ち 軍』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-c242.htmlをご覧ください。

基本漢字『次(シ)』です。盗むは皿を羨(うらや)むと書きます。詳しくは『漢字の成り立ち 次』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-7122.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字は『慮(ロ)』です。音読みは『ロ』です。慮は次々と細かい関連したことを思うこと。濾は細かい隙間に水を通して濾(こ)すことです。詳しくは『漢字の成り立ち 慮』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014//post-.html(予定)をご覧ください。 huusenn

基本漢字は『疋(ソ)』です。二本の足の映像です。意味は『あし』、『対』です。疎は対のものを離す意味があります。詳しくは『漢字の成り立ち 疋』http://bit.ly/1JXetBrをご覧ください。 huusenn

基本漢字は『豆(トウ)』です。登るは上に登ること、澄むは水の上の部分で澄んでいることを表します。澄(す)むは常用漢字にある読み方。清(す)むは常用外の読み方です。詳しくは『漢字の成り立ち 豆』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-3f8a.htmlをご覧ください。huusenn

『揺(ヨウ)』はゆらゆら揺れる様、『謡(ヨウ)』はゆっくり声をのばして歌う様を表します。詳しくは『漢字の成り立ち 揺・謡』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-31aa.html をご覧ください。 huusenn

基本漢字は『奚(ケイ)』です。映像は細長い紐(ひも)です。細くつながる谷川を渓、紐でつないで飼った鳥が鶏(にわとり)です。詳しくは『漢字の成り立ち 奚』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-5344.html をご覧ください。 huusenn

基本漢字は『丩(キュウ)』です。糸を糾(あざな)う様子を表す漢字です。音読みは『キュウ』です。『糾』ににこじれるイメージ、『叫』に声を絞り出すイメージがあります。詳しくは『漢字の成り立ち 丩』http://bit.ly/1qdrGTbをご覧ください。 huusenn

基本漢字は『非(ヒ)』です。羽が左右に別れる様子われる様子を表す漢字です。音読みは『ヒ』です。『扉』は門が左右に別れて開く様子を表す漢字です。詳しくは『漢字の成り立ち 非』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-d68c.htmlをご覧ください。 huusenn

基本漢字は『爯(ショウ)』です。持ちあげる様子を表す漢字です。省略形が尓です。『稱・称』は禾を持ちあげて、称(たた)える様子を表す漢字です。詳しくは『漢字の成り立ち 尓』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-0b6d.htmlをご覧ください。 huusenn

練習問題(1-5)読み

漢字の練習問題です。ブログの中から適当に選んで出題します。漢字の苦手な中学生を対象にします。ヒントを見ながらやってみましょう。問題は50問。前半25問、後半25問です。漢字は『基本漢字』に扁・足等を合わせたものです。特に音読みの場合は、『基本漢字』の読みを考えればよいのです。 huusenn

1.爆弾(    )を落とす。          爆は暴(ボウ)、弾は単(タン)に似た読み方

2.簡単(    )な問題。          簡は間(カン)と同じ読み方。

3.話が 弾(  )む。             弾(たま)が はじきかえすの意味。○ずむ。

4.ピアノを 弾(  )く。 。          『単』に上下に動かす意味。

5.桃源郷(      )。           桃は逃(トウ)と同じ読み方。

6.桃(  )の花。 。             『も○』は二つに割れた実。兆に二つの意味。

7.棺(  )桶。                     棺 、官、館の音読みは『カン』。棺は木製なので。

8.官製(     )葉書き。         官、棺、館の音読みは『カン』。官は役人の館。

9.赤ん 坊(  )が泣く。            坊、防の音読みは『ボウ』。もとはお坊さんの住居。

10.防空(     )濠(ゴウ)。       坊、防の音読みは『ボウ』。空を防(ふせ)ぐ。

11.穴を 掘(  )る。            屈(かが)んで土を○ること。

12.掘削(    )機械。           屈、掘、堀の音読みは『クツ』。

13.屈伸(    )運動。           屈、掘、堀の音読みは『クツ』。かがむ、のばす。

14.費用の 削減(    )。             削は、消(ショウ)と似た読み方。○ク

15.鉛筆を 削(  )る。            削は、少しずつ刀(刂)で○ずること。

16.文章を 添削(   )する。       天、添の音読みは『テン』。

17.力を 添(  )えて助ける。       『○える』は控えめに水を加えて添加することです。

18.彫刻(    )刀。            調、彫の音読みは『チョウ』

19.文字を 彫(  )る。           周りに模様(彡)を○ること。

20.犯罪の 温床(    )。        床、庄の音読みは『ショウ』

21.床下 (    )浸水。          ゆかは家の中で木でできた場所。

22.乾燥(    )した部屋。       幹、乾の音読みは『カン』。

23.洗濯物が 乾(  )く。          乾くは高く上げてかわかすこと。

24.のどが 渇(  )く。           渇くは喝(のど)がかすれること。

25.畳(  )に座る。            『○○み』は且(かさなる)こと。

解答です。バクダン、カンタン、はずむ、ひく、トウゲンキョウ、もも、カンおけ、カンセイ、ボウ、ボウクウ、ほる、クッサク、クッシン、サクゲン、けずる、テンサク、そえて、チョウコク、ほる、オンショウ、ゆかした、カンソウ、かわく、かわく、たたみ。

解説です。

基本漢字『暴』の音読みは『ボウ・バク』です。意味は『日にさらす』です。爆(バク)は火の力ではじける様子。瀑(バク)水がはじける滝を表します。詳しくは『漢字の成り立ち 暴』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014//post-52c4.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『単』の音読みは『タン』です。単は上下に動かす様子を表します。弾は弾(はず)む様子・楽器を上下に弾く様子を表します。詳しくは『漢字の成り立ち 単』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-4dca.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『兆』の音読みは『チョウ』です。神にたいする言葉(口)。善い言葉や行動を表す漢字です。また、占いの甲羅が割れることから二つの意味もあります。桃(もも)は果実が二つに割れているように見えるので兆を使います。『漢字の成り立ち 兆』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-2ba4.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『官』の音読みは『カン』です。漢字の持つ映像は、大勢の人が家に集まる様子です。。意味は『朝廷』、『役人』、『囲む』です。棺桶は木で囲まれた棺(ひつぎ)を表します。詳しくは『漢字の成り立ち 官』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-bdf9.htmlをご覧ください。huusenn

漢字『坊』、『防』の音読みは『ボウ』です。基本漢字の『方』は横に広がる様子、『坊』はお坊さんの住む横に張り出した場所、『防』は土を横に積んで防ぐ様子です。詳しくは『漢字の成り立ち 方』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-f68d.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『周』です。音読みは『シュウ』、『チョウ』です。意味は『周り』です。彫るは周りに綺麗な模様(彡)を彫刻することを表します。詳しくは『漢字の成り立ち 周』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-8868.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『屈』の音読みは『クツ』です。映像は体を曲げる様子です。意味は『屈(かが)む』、『くぼむ』です。掘は手で窪みを掘ること、堀は土を掘ることを示します。詳しくは『漢字の成り立ち 屈』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-75c2.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『小(ショウ)』です。削の音読みは『サク』です。少しずつ刀(刂)でけずることです。詳しくは『漢字の成り立ち 小』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-311f.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『天(テン)』です。音読みは『テン』。添えるは薄く(忝)水を加える意味です。詳しくは『漢字の成り立ち 天』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-a9a7.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『爿』です。音読みは『ショウ』です。床は牀とも書きます。爿の意味は『木製のベッド』です。木製の長い場所を床といいます。詳しくは『漢字の成り立ち 爿』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-b050.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字『曷』の音読みは『カツ』です。咽喉(のど)をかすれさせる。大声を出す意味があります。咽喉が渇くは氵(さんずい)を足して渇です。詳しくは『漢字の成り立ち 曷』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-0267.htmlをご覧ください。

基本漢字『且』です。重なるの意味があります。畳は田(わら・いぐさ)でつくった重ねる敷物です。詳しくは『漢字の成り立ち 且』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-3901.htmlをご覧ください。

26.力を 発揮(    )する。         揮、輝の音読みは『キ』。

27.軍の 指揮(    )をとる。         揮、輝の音読みは『キ』。旨、指、脂は『シ』。

28.画面の 輝度(    )を上げる。     揮、輝の音読みは『キ』。

29.星が 輝(  )く。              軍のまわりを光で照らすこと。か○やく。

30.他人に 遠慮(    )をする。      慮、虜の音読みは『リョ』。

31.汚水を 濾過(    )する。        濾、盧の音読みは『ロ』。

32.盗難(    )事件。             盗の音読みは『トウ』。

33.食物を 盗(   )む。           料理の皿を失敬すること。○すむ。

34.職人の 技(  )。             技術のこと。柔道の技と同じ。

35.至難の 業(  )。               業は困難の仕事。離れ業と同じ。

36.他人を 疎外(    )する。       疎、楚の音読みは『ソ』。

37.田舎に 疎開(    )する。       疎、楚の音読みは『ソ』。

38.清澄(    )な山の空気。       澄は登(トウ)と煮た読み方。

39.空が 澄( )む。             綺麗(きれい)なこと。上澄みと同じ読み方。

40.心が 動揺(    )する。         揺・謡の音読みは『ヨウ』。

41.上下に 揺(  )れる。          ○れる。ゆらゆらすること。

42.渓流(    )釣り。            渓・鶏の音読みは『ケイ』。

43.養鶏(    )を営む。            渓・鶏の音読みは『ケイ』。

44.空からの 爆撃(   )。          一撃、打撃と同じ読み方。『○キ』

45.責任を 糾弾(    )する。          糾・叫の音読み『キョウ』か『キュウ』。

46.絶叫(    )する。            糾・叫の音読み『キョウ』か『キュウ』。

47.玄関の 門扉(    )工事。      非、扉の音読みは『ヒ・ピ』。

48.扉(  )を開ける。            戸が開(ひら)くことです。

49.愛称(    )を呼ぶ。         称は『ショウ』と読みます。

50.具体的な 名称(    )。       称(とな)える。呼ぶこと。称は『ショウ』と読む。

解答です。ハッキ、シキ、キド、かがやく、エンリョ、ロカ、トウナン、ぬすむ、わざ、わざ、ソガイ、ソカイ、セイチョウ、すむ、ドウヨウ、ゆれる、ケイリュウ、ヨウケイ、バクゲキ、キュウダン、ゼッキョウ、モンピ、トビラ、アイショウ、メイショウ。

解説です。

基本漢字『軍(グン)』です。音読みは『グン』、『キ』です。意味は『軍隊』、『取り囲む』。取り囲むように照らすのが輝、軍隊を指揮するのが揮です。詳しくは『漢字の成り立ち 軍』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-c242.htmlをご覧ください。

基本漢字『次(シ)』です。盗むは皿を羨(うらや)むと書きます。詳しくは『漢字の成り立ち 次』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-7122.htmlをご覧ください。huusenn

基本漢字は『慮(ロ)』です。音読みは『ロ』です。慮は次々と細かい関連したことを思うこと。濾は細かい隙間に水を通して濾(こ)すことです。詳しくは『漢字の成り立ち 慮』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014//post-.html(予定)をご覧ください。 huusenn

基本漢字は『疋(ソ)』です。二本の足の映像です。意味は『あし』、『対』です。疎は対のものを離す意味があります。詳しくは『漢字の成り立ち 疋』http://bit.ly/1JXetBrをご覧ください。 huusenn

基本漢字は『豆(トウ)』です。登るは上に登ること、澄むは水の上の部分で澄んでいることを表します。澄(す)むは常用漢字にある読み方。清(す)むは常用外の読み方です。詳しくは『漢字の成り立ち 豆』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-3f8a.htmlをご覧ください。huusenn

『揺(ヨウ)』はゆらゆら揺れる様、『謡(ヨウ)』はゆっくり声をのばして歌う様を表します。詳しくは『漢字の成り立ち 揺・謡』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-31aa.html をご覧ください。 huusenn

基本漢字は『奚(ケイ)』です。映像は細長い紐(ひも)です。細くつながる谷川を渓、紐でつないで飼った鳥が鶏(にわとり)です。詳しくは『漢字の成り立ち 奚』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-5344.html をご覧ください。 huusenn

基本漢字は『丩(キュウ)』です。糸を糾(あざな)う様子を表す漢字です。音読みは『キュウ』です。『糾』ににこじれるイメージ、『叫』に声を絞り出すイメージがあります。詳しくは『漢字の成り立ち 丩』http://bit.ly/1qdrGTbをご覧ください。 huusenn

基本漢字は『非(ヒ)』です。羽が左右に別れる様子われる様子を表す漢字です。音読みは『ヒ』です。『扉』は門が左右に別れて開く様子を表す漢字です。詳しくは『漢字の成り立ち 非』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-d68c.htmlをご覧ください。 huusenn

基本漢字は『爯(ショウ)』です。持ちあげる様子を表す漢字です。省略形が尓です。『稱・称』は禾を持ちあげて、称(たた)える様子を表す漢字です。詳しくは『漢字の成り立ち 尓』http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-0b6d.htmlをご覧ください。 huusenn

2014年8月24日 (日)

漢字の覚え方 海・悔

 今日は『(カイ)』hǎiという漢字について説明します。元になる漢字は『』で、音読みは『マイ』、意味は『いつも』、『薄暗い』です。この『』という仲間の漢字では日本に輸入されたときに『カイ』という読み方に変化しました。この『(カイ)』という発音の漢字を説明します。

なども、読み方が違いますが、同じ『単語家族』です。これらの漢字については『漢字の成り立ち 母』をご覧ください。

『単語家族』は漢字の足し算で表わせます。『』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校で2年生で、は中学校で習います。一緒に覚えましょう。

(カイ)』hǎiの説明の前に元になる漢字『(マイ)』měiを説明します。

 『(マイ)』měiは、髪に飾りをつけた女性を表わす象形文字です。『子供が数人いるお母さん』、『毎日、廟堂にお祈りをするお母さん』から毎(ごと)にの意味が派生したといわれています。漢字の部首は『毋・なかれ』、意味は『いつも』、『そのつど』、『薄暗い』です。

Photo_5

音読みは音の『マイ』が普通で、音の『バイ』は使いません。日々そのつどの事物を日(マイニチ)、朝のいつもを朝(マイあさ)・旦(マイタン)といいます。と非常に近い漢字で、戦前はという字体が使われていました。

(マイ)は小学校2年生http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-e258.htmlで習う漢字です。

少し漢字の読み方の話をします。漢字の読み方には音(オン)読みと訓(くん)読みがあります。音読みには、漢字を輸入した時期により違いがあります。六朝時代の江南地方の読み・(ゴオン)、唐の長安の読み・(カンオン)、鎌倉時代に輸入した読み・唐宋(トウソウオン)、日本で慣用的に読まれる慣用音(カンヨウオン)があります。訓読みは大和言葉(やまとことば)に合わせた読み方です。

中国では六朝時代のm音が、唐の時代にはb音に変化しました。『mai・マイ→bai・バイ)』です。現在では『meiの発音ですから、再びm音に戻ったのです。の三字は、『マイ』maiから『ハイ』haiに変化し、日本に輸入した時に『ケ』keか『カイ』kaiになりました。

音読みの呉音、漢音については呉音と漢音をご覧ください。

 『(カイ)』hǎiは、水をたたえる海(うみ)を表す形声文字です。毎(マイ)に薄暗いの意味があり、渤海(ボッカイ)などの北方の暗い色の海が語源とされています。漢字の足し算では、氵(水)+(暗い)=(藍色した暗い海。うみ)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『海(うみ)』です。

Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『カイ』、訓読みは『うみ』です。(マイ)の仲間ですので、もともとmの発音でしたが、maiからhaiに変化し日本に入ってきたときにkai『カイ』になりました。山(サンカイ)、上(カイジョウ)、洋(カイヨウ)、苔(カイタイ・のり)、女(あま)、鳴り(うみなり)のです。

(カイ)は小学校2年生http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-9a0e.htmlで習う漢字です。

 『(カイ)』huǐは、悔(く)やむ心を表す形声文字です。毎(マイ)に薄暗いの意味があります。漢字の足し算では、忄(心)+(暗い)=(暗い気持ち。悔(く)やむ心。くやむ)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、漢字の意味は『悔(く)やむ』、『悔(くや)しい』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ケ』、漢音が『カイ』、訓読みは『悔(く)やむ』、『悔(く)いる』、『悔(くや)しい』です。(マイ)の仲間ですので、もともとmの発音でしたが、maiからhaiに変化し日本に入ってきたときにkaiカイ』になったようです。後で悔やむことを後(コウカイ)、過ちを悔い、悟りあらためることを悟(カイゴ)、仏教で罪を告白し悔い改めることを懺(ザン)といいます。

(カイ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(カイ)』huìは、月末や暗い様子を表す形声文字です。毎(マイ)に薄暗いの意味があります。漢字の足し算では、日(月日)+(暗い)=(月末で月が暗い様子。晦日(みそか・つごもり・カイジツ)。月末。)です。漢字の部首は『日・ひへん、にちへん』、漢字の意味は『月末』、『暗い』、『わからない』です。

Photo_2


音読みは呉音が『ケ』、漢音が『カイ』です。人に分からないように姿を隠すことを韜(トウカイ)、わかりにくい文章を渋(カイジュウ)、月末の月ののない夜・日を日(カイジツ・みそか・つごもり)、十二月の月末を大日(おおみそか)といいます。

日(みそか)は三十日(みそか)、日(つごもり)は月籠(つきごもり)からきています。ちなみに、一日(ついたち)は月立(つきたち)からきています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-8bd0.html

『漢字の覚え方 海』    

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.まいにち(   )新聞。

2.まいあさ(   )の体操。

3.うみ(  )と山。

4.あま(   )の潜水。

5.にほんかい(   )の荒波。

6.かいよう(   )調査。

7.こうかい(   )と懺悔(ざんげ)。

8.おおみそか(   )。

9.かいじゅう(   )な文章。

解説です。基本の漢字は、髪飾りをつけたお母さんが、氵(さんずい)に毎を足して、悔(くや)むは忄(りっしんべん)を足して悔、晦日(みそか)は日(にちへん)を足してです。

解答です。日、朝、女、人、日本洋、後、大日、渋。

漢字の覚え方 夬

今日は『(カイ)』guàiという漢字の『単語家族』(意味・発音上の漢字の仲間)について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『カイ』、『ケツ』、意味は『抉(えぐ)る』、『欠ける』、『分ける』です。)、などがこの漢字の『単語家族』です。

『単単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校3年生で、は4年生、は5年生で習います。一緒に覚えましょう。

 『(カイ)』guàiは、コの字型に抉(えぐ)っている様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、丨(指)++ヨ(手)=(コの字型に抉る。えぐる。わける)です。漢字の部首は『大・だい』。意味は『抉(えぐ)る』、『分ける』、『欠ける』です。えぐるは扌(てへん)を足した『(えぐ)る』を使います。

Photo_15

音読みは呉音が『ケ』、漢音が『カイ』です。の漢字単独では使われませんが、)などの漢字の部分(音符)として使われています。

 『(カイ)』kuàiは、嫌な気持を抉(えぐ)り出す様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、忄(心)+(えぐり出す)=(嫌な気持を抉(えぐ)り出す、快い)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、意味は『快(こころよ)い』、『良い』、『速い』です。

Photo_14

音読みは呉音が『ケ』、漢音が『カイ』、訓読みは『快(こころよ)い』です。爽(さわ)やかで快(こころよ)い様子を爽(ソウカイ)、病気が快い方向に向かうことを方(カイホウ)、空が良く晴れていることを晴(カイセイ)、切れ味の良い刀を刀(カイトウ)といいます。

(カイ)』は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1ViqkSL です。

非常に良い意味の漢字で『はや』、『やす』、『よし』と名前に使われます。

 『(ケツ)』juéは、手で抉(えぐ)る様子を表す形声文字です。近漢字の足し算では、扌+(抉る)=(手で抉る。えぐる)です。漢字の部首は『扌・てへん』、意味は『抉(えぐ)る』です。

Photo_17

音読みは呉音が『ケチ』、漢音が『ケツ』、訓読みは『抉(えぐ)る』です。抉りだすことを出(ケッシュツ)といいます。『(ケツ)』は常用漢字から外れています。

(えぐ)るは(えぐ)る、(えぐ)るとも書きます。

 『(ケツ)』juéは、川が決壊(ケッカイ)する様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵+(えぐる)=(川が抉られるように決壊する。きれる)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『決壊する』、転じた意味の『決(き)める』、『おもいきって別れる』、『大事なところ』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ケチ』、漢音が『ケツ』、訓読みは『決(き)める』です。川の堤が切れることを壊(ケッカイ)、ずばりと断つように決めることを断(ケツダン)、思い切って別れることを別(ケツベツ)といいます。

』は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1Ro3ucX です。

 『(ケツ)』juéは、別れを言う様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、言(言葉)+(分ける)=(別れを言う、別れる)です。漢字の部首は『言・ごんべん』、意味は『別れる』、『言葉で表す大事な方法』です。

Photo_24

音読みは呉音が『ケチ』、漢音が『ケツ』です。思い切って別れることを別(ケツベツ)、永遠の別れ・死別を永(エイケツ)、秘密の大事な方法を秘(ヒケツ)といいます。『』は常用漢字から外れています。常用漢字の『』に書き換えることがあります。

宮沢賢治の詩に「永(エイケツ)の朝」という妹の死を悼(いた)む詩があります。

 『(ケツ)』quēは、土器が欠ける様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、缶(土器)+(抉る)=(器が欠ける。欠ける、かける)です。漢字の部首は『缶・ほとぎ』、意味は『欠ける』、『足りない』です。

(ケツ)』は『(ケツ)』の漢字で代用するのが普通です。『ケン)』qiànは本来、人が屈(かが)む姿を表す漢字ですが、『(ケツ)』quēとして使います。『(ケツ)』quēの漢字の部首は『欠・かける』です。

音読みは呉音が『ケチ』、漢音が『ケツ』、訓読みは『缺(か)ける』、『欠(か)ける』です。足りない点・短所を点・点(ケッテン)、足りないのを補うことを補・補(ホケツ)、欠けて不備のある状態を陥・陥(ケッカン)といいます。

Photo_8

』は常用漢字から外れており、『』は小学校4年生で習う漢字http://bit.ly/1JVSIGA です。常用漢字の『』を使って下さい。

伸(あくび・ケンシン)というのは、本来の『屈む』様子を表すので、音読みは『ケン)』qiànと読みます。

Photo_10

(ケツ・欠けた器)』quēの代用字として使い、『欠(か)ける』という意味を持ちます。

 『(ケツ)』quēは、城壁の一部をくりぬいて門にした様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、門(城門)+屰(逆さ・後)+(欠ける)=(城壁の一部を後でくりぬいた門。城闕)です。漢字の部首は『門・もんがまえ』、意味は『城闕(ジョウケツ)』、『天子のいる城』、『完全なものが欠けている』です。

Photo_18

音読みは呉音が『コチ』、漢音が『ケツ』、訓読みは『闕(か)ける』です。城の一部をくりぬいて後からつくった門を城(ジョウケツ)、天子のいる所を禁(キンケツ)、文章で天子の名を書くとき敬意をはらって空白にすることを字(ケツジ)、欠けたままの状態にしておくことを如(ケツジョ)といいます。

常用漢字の『』に書き換えることがあります。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-a917.html

『漢字の覚え方 夬』      

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.病気が かいほう(   )に向かう。

2.かいそく(   )列車。

3.胸を えぐ( )られる悲しみ。

4.堤防が けっかい(   )する。

5.日時を けってい(   )する。

6.えいけつ(   )の朝。

7.けってん(   )を修正する。

8.けっかん(   )商品。

9.あくび(   )をする。

10.空白を置いて けつじ(   )にする。

解説です。基本の漢字は、快(こころよ)いは忄(りっしんべん)を足して、抉(えぐ)るは扌(てへん)を足して、決壊は氵(さんずい)を足して、訣別(ケツベツ)は言(ごんべん)を足して、欠けるは缶を足して、闕(か)けるは門に屰と欠を足してです。

解答です。方、速、られる、壊、定、永点・点、陥・陥、伸、字・

2014年8月17日 (日)

漢字の覚え方 秋

 今日は『(シュウ)』qiūという漢字の『単語家族』について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『シュウ』、意味は『秋』、『大事な時』、『心細い』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとになるのかを考えます。は小学校で2年生で、は中学校で習い、は人名用漢字です。学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(シュウ)』qiūは、収穫した麦を乾かしている様子を表わす会意文字です。漢字の足し算では、禾(穀物・麦)+火(乾かす)=(収穫した麦を乾かす季節。秋。あき)です。漢字の部首は『禾・のぎへん』、意味は『秋(あき)』、『重要なとき』です。

現在、実際には火で乾かす訳ではありませんが、漢字ではが使われています。害虫を火で払っていた名残りとも考えられています。亀(虫)と火、束などが旁(つくり)に使われるなど、秋には多くの字体がありましたが、現在では『』が使われています。

1

音読みは呉音が『シュ』、漢音が『シュウ』、訓読みは『秋(あき)』、『秋(とき)』です。秋におりる霜を霜(シュウソウ)、晩(おそ)い秋を晩(バンシュウ)、危険がせまり生きるか亡(ほろ)びるかの重大な時期を危急存亡の(とき)といいます。

は小学校で2年生http://bit.ly/1CcJ09S で習う漢字です。

(シュン)については『漢字の覚え方 http://bit.ly/1VekuUR

(カ)については『漢字の覚え方 http://bit.ly/1TiwsXy

(トウ)については『漢字の覚え方 http://bit.ly/1voqehe

『漢字 春夏秋冬』

をご覧ください。

 『(シュウ)』chóuは、秋のものさみしい気持ちを表わす形声文字です。漢字の足し算では、+心(気持ち)=(秋のものさみしい気持ちを。愁い)です。漢字の部首は『心・こころ』、漢字の意味は『愁(うれ)い』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ジュ』、漢音が『スウ』、慣用音が『シュウ』、訓読みは『愁(うれ)い』です。悲しみ嘆くことを傷(シュウショウ)、心細い気持をを心(シュウシン)、ものの哀れを感じる人・詩人を人(シュウジン)、故郷にたいする想いを郷(キョウシュウ)といいます。は中学校で習う常用漢字です。

 『(シュウ)』qiūは、秋の七草の萩(はぎ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(秋の花。萩。はぎ)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『萩(はぎ)』です。

Photo

山野に自生するマメ科の植物で、秋に紫紅色の花をつけます。花札の絵柄では、猪(いのしし)と一緒に描かれている秋を代表する植物です。中国ではヨモギの一種を指します。動植物では、中国と我が国では漢字の指す種類が違うことが往々にしてあります。棲息環境が違うからです。

音読みは呉音が『シュ』、漢音が『シュウ』、訓読みは『萩(はぎ)』です。植物の他に、山口勘の市、春の牡丹餅(ぼたもち)にたいする秋の御(おはぎ)が有名です。

追記:リオ五輪 水泳男子 野公介(はぎのこうすけ)選手 金銀銅メダル獲得 おめでとうございます。

良く似ている漢字に(おぎ・テキ)がありますが、薄(すすき)や葦(あし)の仲間で、(テキ)の『単語家族』です。

は人名用漢字です。

 『(シュウ・かじか)』qiūは、魚類の鰍(かじか)を表す形声文字です。漢字の足し算では、魚+(山河に棲む魚。鹿のように秋に鳴く魚。河鹿。かじか)です。漢字の部首は『魚・さかなへん』、漢字の意味は『鰍(かじか)』です。

Photo_2


河鹿(カジカ)は、『山河に棲む魚で、夜(鹿のように)鳴いて声高し』と言われていますが、実際には鳴きません。カジカカエルと混同されてたと言われています。

音読みは呉音が『シュ』、漢音が『シュウ』、訓読みは『鰍(かじか)』です。山梨県富士川町に沢(かじかざわ)という地名があります。沢を舞台にした三遊亭 圓朝による落語『沢(かじかざわ)』は有名です。

中国で、『(シュウ)』qiūは『どじょう』のことを指します。漢字の足し算では、魚+(心細い。しまって細い)=(細い魚。どじょう)です。ただ、『どじょう』は魚+酋(酒を搾る親方。引き絞る)=(細い魚。どじょう)という字もあります。我が国では、『どじょう』は泥と書くのが普通です。

Photo_3

魚を使った漢字について詳しくは『部首索引 魚http://bit.ly/1Rqs88vをご覧下さい。

 『(シュウ・くわ)』qiāoは、鍬(くわ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、金(金属製)+(細くしまる)=(金属製の細い道具。田畑を耕すのに用いる。くわ)です。漢字の部首は『金・かねへん』、漢字の意味は『鍬(くわ)』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『ショウ』、慣用音が『シュウ』、訓読みは『鍬(くわ)』が普通で『鍬(すき)』と読むこともあります。

は人名用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-e631.html

『漢字の覚え方 秋』   

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.あき(  )の夕陽。

2.しゅんかしゅうとう(      )。

3.御 しゅうしょう(    )様。

4.牡丹餅と おはぎ(    )。

5.かじか(   )の味噌汁。

解説です。基本の漢字は、愁(うれ)いは心を足して、萩(はぎ)は艹(くさかんむり)を足して、鰍(かじか)は魚を足して、鍬(くわ)は金を足してです。

解答です。、春夏冬、傷、御

漢字の覚え方 重

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日は『(ジュウ)』zhòngという字を中心とした『単語家族』を説明します。この『単語家族』にはという漢字が含まれます。また大変近い漢字に、という漢字があります。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』、『』に何を足したら、になるのかを考えていきます。は小学校3年生、は4年、は中学校で習う常用漢字です。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(ジュウ・チョウ)』zhòngchóngは、人が上から下の土まで重さを感じる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、人(人間)+(つきぬける)+土=(人が上から下の土まで重さを感じる。重い)です。漢字の部首は『里・さと』、意味は『重(おも)い』、『大切なものとする』、『重(かさ)なる』です。

Photo_19

音読みは呉音が『ジュウ』、漢音が『チョウ』、訓読みは『重(おも)い』、『重(かさ)なる』、『重(え)』です。重い圧力を圧(ジュウアツ)、重み厚みのあるどっしりとした性格を厚(ジュウコウ・チョウコウ)、慎ましく重みのあるやり方・性格を慎(シンチョウ)、同じ物事が重なることを複(チョウフク)、軽い事と重い事を軽(ケイチョウ)といいます。

(ジュウ・チョウ)』は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1NYbV9m です。

重みのある大変に良い漢字で『あつ』、『あつし』、『いかし』、『え』、『おも』、『おもし』、『かさぬ』、『かず』、『かたし』、『しげ』、『しげし』、『しげる』、『のぶ』、『ふさ』と名前に使われます。

いの反対のいは(ケイ)、などと同じ仲間です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-88c3.htmlをご覧ください。

 『(シュ)』zhǒngzhòngは、植物の種を植える様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、禾(穀物)+(上から下)=(上から下へと種を土に植えこむ。種。たね)です。漢字の部首は『禾・のぎへん』、漢字の意味は『種(たね)』、『血筋』、『種類(シュルイ)』、『植える』です。

Photo_24

音読みは呉音が『シュ』、漢音が『ショウ』、訓読みが『種(たね)』です。植物の種を種子(シュシ)、性質・形態など共通するものを分類したそれぞれを類(シュルイ)、血統が同じで子孫を残す生物をシュ)・species、実際に使用するための火の元になる小さな火を火(ひだね)といいます。

大変に縁起の良い漢字で『おさ』、『かず』、『くさ』、『しげ』、『たね』、『ふさ』と名前に使われます。

(シュ)』は小学校4年生で習う漢字http://bit.ly/1fwNaWz です。

 『(シュ)』zhǒngは、身体の一部が腫(は)れる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、月(身体)+(重い)=(身体の一部が腫れる。はれる)です。漢字の部首は『月・にくづき』、漢字の意味は『腫(は)れる』です。

Photo_4

音読みは呉音が『シュ』、漢音が『ショウ』、訓読みが『腫(は)れる』です。腫れものを漢字で物(シュモツ・はれもの)、身体にできる細胞増殖による腫れを瘍(シュヨウ)といいます。また、転移を人体に悪影響を及ぼす悪性の瘍は癌(ガン)と呼ばれています。

(シュ)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(シュ)』zhǒngは、踵(かかと)を表す形声文字です。漢字の足し算では、足+(上から下)=(上から下へと体重がかかる足の部分。かかと)です。漢字の部首は『足・あしへん』、漢字の意味は『踵(かかと)』です。

Photo_5

音読みは呉音が『シュ』、漢音が『ショウ』、訓読みが『踵(かかと)』、『踵(きびす・くびす)』です。旋(センシュ)とは踵(かかと)の向きを変えて引き返すことです。(きびす・くびす)を返すも同じ意味です。

(シュ)』は常用漢字から外れています。

 『(ショウ)』chōngは、衝突する様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、行(道・交差する道)+(重なる)=(大通りをつきぬけて衝突する。衝く。つく)です。漢字の部首は『行・ぎょうがまえ』、漢字の意味は『衝(つ)く』、『大通り』、『衝突する』です。

Photo_6

音読みは呉音が『シュ』、漢音が『ショウ』、訓読みが『衝(つ)く』です。衝(つ)きあたる様子をショウトツ)、激しく衝きあたること・その刺激を撃(ショウゲキ)、衝撃や衝突を和らげる(緩める)ことを緩(カンショウ)といいます。

(ショウ)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(ドウ)』dòngは、上下へ力強く動く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(上から下)+力=(上から下へと力強く動く。動く。うごく)です。漢字の部首は『力・ちから』、漢字の意味は『動(うご)く』です。

Photo_7

音読みは呉音が『ズウ』、漢音が『トウ』、慣用音が『ドウ』、訓読みが『動(うご)く』です。機械などを動かす力をドウリョク)、体の動き・立ち振るまいを作(ドウサ)、動きの方向・傾向を向(ドウコウ)、動かせる財産を産(ドウサン)といいます。

(ドウ)』は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-4ad7.htmlです。

く反対のかは(セイ)、(セイ)(セイ)などと同じ仲間です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-a9df.htmlをご覧ください。をご覧ください。

 『(ドウ)』は、人が働(はたら)く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、イ(人間)+(動く)=(人が動いて働く。はたらく)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『働(はたら)く』です。

Photo_14

音読みは漢字のルールに従って『ドウ』、国字(我が国で造られた漢字)ですので呉音・漢音の区別はありません。訓読みが『働(はたら)く』です。体や智能を使って働くことを労(ロウドウ)といいます。

』は小学校4年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/4-24ef.htmlです。

(ドウ)は我が国で造られた国字で、中国では(ロク)を使います。(ロク)については『漢字の成り立ち httphttp://bit.ly/1GdnftL をご覧ください。

 『(ドウ)』tòngは、人が激しく慟(なげ)く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、忄(心)+(動く)=(身体を上下させて激しく慟く。なげく)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、漢字の意味は『慟(なげ)く』です。

Photo_8

音読みは呉音が『ズウ』、漢音が『ドウ』、慣用音が『ドウ』、訓読みが『慟(なげ)く)』です。体を上下させて(慟)激しく泣くことを哭(ドウコク)といいます。

(ドウ)』は常用漢字から外れています。

 『(ジュウ)』に近い漢字に『(ドウ)』があります。漢字の造字方法は同じで東に土を合わせて『つき通す』ことを表し、などの漢字の仲間があります。

 『(ドウ)』tóngは、召使い・僕(しもべ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、辛(針)+目+東+土(目を針でつき通した召使。僕)です。漢字の部首は『目・めへん』、漢字の意味は『僮(しもべ)』です。転じて、物事の判断の出来ない子供『童(わらべ)』を意味します。現在では『僮(しもべ)』の意味で使うことはありません。

Photo_17

音読みは呉音が『ズウ』、漢音が『トウ』、慣用音が『ドウ』、訓読みが『童(わらべ)』です。子供用の歌を歌(わらべうた)、謡(ドウヨウ)、幼児(ヨウジ)と青年(セイネン)の間で6歳から16歳前後の子供を児(ジドウ)といいます。

(ドウ)』は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-4ad7.htmlです。

 『(ドウ)』tóngは、目の中の瞳(ひとみ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、目+(通す)=(目のつき通す部分。瞳。ひとみ)です。漢字の部首は『目・めへん』、漢字の意味は『瞳(ひとみ)』です。

Photo_18

音読みは呉音が『ズウ』、漢音が『トウ』、慣用音が『ドウ』、訓読みが『瞳(ひとみ)』です。目の中の黒い孔(あな)の部分を孔(ドウコウ)といいます。

良い意味の美しい漢字で『あきら』、『ひとみ』と名前に使われます。

『ひとみ』は、『(ひとみ)』、『(ひとみ)』、『(ひとみ)』とも書きます。『(ひとみ)』についての成り立ちは、『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-a9df.htmlをご覧ください。

(ドウ)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(ドウ・シュ)』chuángzhuàngは、つり鐘を撞(つ)く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(つき通す)=(つり鐘を撞(つ)く。つく)です。漢字の部首は『扌・てへん』、漢字の意味は『撞(つ)く』です。

Photo_28

音読みは呉音が『ドウ』、漢音が『トウ』、慣用音が『シュ』、訓読みが『撞(つ)く』です。つり鐘を撞く木の棒を木(シュモク・トウボク)、ビリヤードのことを球(ドウキュウ)、撞き当たること・矛盾することを着と(ドウチャク・トウチャク)といいます。

(ドウ・トウ・シュ)』は常用漢字から外れています。

 『(ショウ)』zhōngは、中が空洞なつり鐘を表す形声文字です。漢字の足し算では、(金属)+(つき通す)=(中が空洞なつり鐘。かね)です。漢字の部首は『・かねへん』、漢字の意味は『鐘(かね)』です。

Photo_29

音読みは呉音が『シュ』、漢音が『ショウ』、訓読みが『鐘(かね)』です。寺院などでつられている鐘を釣(つりがね)、火事などを知らせる小さな鐘を半(ハンショウ)といいます。

良い意味の漢字なので『あつ』、『かね』と人名に使われます。

(ショウ)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(ショウ・ドウ)』chōngは、心を貫(つらぬ)かれ憧(あこが)れる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、忄(心)+(つき通す)=(心を貫(つらぬ)かれ憧(あこが)れる。あこがれる)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、漢字の意味は『憧(あこが)れる』です。

Photo_21

音読みは呉音が『シュ』、漢音が『ショウ』、慣用音が『ドウ』、訓読みが『憧(あこが)れる』です。人に憧(あこが)れて落ち付かない様子を憬(ショウケイ・ドウケイ)といいます。

(ショウ・ドウ)』は中学校で習う常用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-4f77.html

『漢字の覚え方 重』         

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.じゅうこう(    )な性格。

2.やえ(    )桜。

3.ちょうふく(    )区間。

4.たね(  )を播く。

5.しゅるい(    )に分ける。

6.良性の しゅよう(    )。

7.足の かかと(  )。

8.しょうとつ(    )を回避する。

9.どうりょく(    )に発電機を使う。

10.ろうどう(    )時間。

11.激しく どうこく(    )する。

12.待機 じどう(    )。

13.君の ひとみ(  )。

14.釣 がね(  )を つ(  )く。

15.都会に しょうけい(    )する。

解説です。基本の漢字は、種は禾(のぎへん)を足して、腫れるは月(にくづき)を足して、踵(かかと)は足を足して、衝突は行(ぎょうがまえ)を足して、動くは力を足して、人が動くで(はたら)く、慟(なげ)くは忄(りっしんべん)を足してです。

童(わらべ)は東と土に辛(立)を足して、童に目(めへん)を足して、扌(てへん)を足して、金(かねへん)を足して、忄(りっしんべん)を足してです。

解答です。厚、八複、類、瘍、突、力、労哭、児、眸、睛、く、憬。

2014年8月10日 (日)

漢字の覚え方 丂

 今日は『(コウ)』kǎoという漢字の『単語家族』(意味・発音上の漢字の仲間)について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『コウ』、意味は『曲がる』、『つかえて曲がる』です。、などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『丂』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校で2年生で、は3年生、は中学校で習います。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『丂(コウ)』kǎoは、曲がる様子を表す指事文字です(藤堂)。漢字の部首は『一・いち』、意味は『曲がる』、『つかえて曲がる』です。曲がった刀を表しているという説もあります。意味は同じです。

Photo

音読みは呉音・漢音とも『コウ』だと思われます。『丂』は常用漢字から外れており、単独で使われることはありませんが、の音符(『コウ』という読み方と『曲がった』という意味を表す)として漢字の一部を形声しています。

 『(コウ)』kǎoは、考える様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、老+丂(コウ・曲がる)=(長老が曲がりくねりつつ考える。考える)です。漢字の部首は『老・おいがしら』、意味は『考(かんが)える』、考えるから転じた『試験』があります

Photo_7

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『考える(かんがえる)』です。参照して考えるのが参(サンコウ)、考え(考・案は両方とも考えるの意味)出すのが案(コウアン)、古いことについて考えるのが古学(コウコガク)、試験(考)で選ぶのが選(センコウ)です。

(コウ)』は小学校2年生http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/2-5af6.htmlで習う漢字です。

 『(ゴウ)』kǎoは、身体が曲がるまで拷問(ゴウモン)する様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(身体が曲がる)=(身体が曲がるまで打ちすえる)です。』部首は『扌・てへん』、意味は『うちすえる』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、慣用音が『ゴウ』です。罪状を問う時に鞭などで打ちすえることを問(ゴウモン)といいます。

(ゴウ)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(ゴウ)』hàoは、大声で叫ぶ様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、口+丂(曲がる)=(屈曲させて出す大声。叫ぶ。名を付ける)です。漢字の部首は『口・くち』、意味は『叫ぶ』、『名を付ける』、『命令する』、『船などの名』、『しるし・記号』、『番号』です。

同じ意味の異体字に『(ゴウ)』hàoがあります。虎のように太い声で叫ぶことです。戦争に負ける前はこちらの漢字を使っていました。

Photo

音読みは呉音が『ゴウ』、漢音が『コウ』です。訓読みは常用外に『号(さけ)ぶ』があります。泣(ゴウキュウ)、大声で命令することを令(ゴウレイ)、合図の鉄砲を砲(ゴウホウ)、しるしのことを記(キゴウ)といいます。

(ゴウ)』は小学校3年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/3-1f63.htmlです。

 『(コウ)』qiǎoは、巧(たく)みな職人技を表す形声文字です。漢字の足し算では、工(技術)+丂(曲がる)=(屈曲させる細かな技術が上手である。巧み。たくみ)です。漢字の部首は『工・こう』、意味は『巧(たく)み』です。

Photo_3

音読みは呉音が『キョウ』、漢音が『コウ』です。訓読みは『巧(たく)み』です。巧みなことと拙(つたな)いことを拙(コウセツ)、上手で見事なことを妙(コウミョウ)、精密で巧みな技術や作品を精(セイコウ)、巧みな言葉を言(コウゲン)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

非常に良い意味の漢字で『たえ』、『たくみ』、『よし』と名前に使われます。

(たく)み』は『(たくみ)』とも書きます。詳しくは『漢字の覚え方 斤』をご覧ください。

 『(キュウ)』xiǔは、木が曲がって朽(く)ちた様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、木(植物の木)+丂(曲がる)=(木が曲がって朽ちる。朽ちる。くちる)です。漢字の部首は『木・きへん』、意味は『朽(く)ちる』、『古くなってダメになる』です。

Photo_4

音読みは呉音が『ク』、漢音が『キュウ』です。訓読みは『朽(く)ちる』です。朽ちることのない永遠を不(フキュウ)、古くなって役に立たないこと老(ロウキュウ)、朽ちてしまった木を木(キュウボク)といいます。

(キュウ)』は中学校で習う常用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-beeb.html

『漢字の覚え方 丂』     

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.さんこう(   )図書。

2.じっくり かんが( )える。

3.試験で せんこう(   )される。

4.罪人を ごうもん(   )する。

5.ごうれい(   )を掛ける。

6.電話 ばんごう(   )を控える。

7.きごう(   )を書く。

8.せいこう(   )な腕時計。

9.作品の こうせつ(   )を言う。

10.ふきゅう(   )の名作。

11.施設の ろうきゅう(   )化。

解説です。基本の漢字は、考えるは老を足して、拷問は扌(てへん)を足して、号・號(さけ)ぶは口を足して、虎を足して、巧(たく)みは工を足して、朽(く)ちるは木(きへん)を足してです。

解答です。参える、選問、令、令、番、番、記、記、精、巧拙、不、老

漢字の覚え方 高

 今日は『(コウ)』gāoという漢字の『単語家族』(意味・発音上の漢字の仲間)について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『コウ』、意味は『高い』、『乾いた』です。稿などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校で2年生で、稿は中学校で習います。学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。

 『(コウ)』gāoは、高い建物を描いた象形文字です。異体字としてがあります。漢字の部首は『高・たかい』、漢字の意味は『高い』です。建物・場所・位・腕前・値段・年・収入など多くのものが対象になります。

Photo_8

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『(たか)い』です。高地にある平原を原(コウゲン)、高い位を位(コウイ)、高い値段を価(コウカ)、高い評判を名(コウミョウ)といいます。

(コウ)』は小学校2年生http://bit.ly/1CcJ09S で習う漢字です。

大変縁起の良い漢字で、『あきら』、『うえ』、『かぎり』、『こう』、『すけ』、『たか』、『たかい』、『たかし』、『たけ』、『ほど』と名前に使われます。

 『稿(コウ)』gǎoは、稿(わら)を表す形声文字です。漢字の足し算では、禾(穀物)+(乾燥させた)=稿(穀物の茎の部分を乾燥させたもの。稿。わら)です。漢字の部首は『禾・のぎへん』、意味は『稿(わら)』、『下書き』です。

Photo_7Photo_5

木が『恒久的』なものに対し、草や藁は一年草なので、『一時的』の意味があります。昔は木や竹の簡(カン)に字を書いていたので、草や藁に『下書き』、『走り書き』の意味あるようになりました。また、藁(わら)の散らかった様が『下書き』の散らかる様子に似ているからともいわれています。『稿(わら)』は『(わら)』の字を使い、『下書き』の意味には『稿(コウ)』を使うのが普通です。

音読みは呉音・漢音とも『コウ』、訓読みは常用外の『稿(わら)』です。文章や詩の下書きを草稿(ソウコウ)、公表・印刷する元の文章を原稿(ゲンコウ)、雑誌や新聞に文章を寄せることを寄稿(キコウ)といいます。

稿(コウ)』は中学校で習う常用漢字です。

 『(コウ)』gǎoは、藳・藁(わら)を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(乾燥させた)+禾・木(穀物)=(穀物の茎の部分を乾燥させたもの。藳・藁。わら)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、意味は『稾・藁(わら)』です。字体は禾と木、両方ありますが、意味は同じです。

Photo_10

音読みは呉音・漢音とも『コウ』、訓読みは『藳・藁(わら)』です。稭(わらしべ)、履・沓(わらぐつ)のです。『』は常用漢字から外れています。

 『(コウ)』qiāoは、高い建物を敲(たた)く様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(高い建物)+攴(動作)=(コウ)、漢字の部首は『攴・ぼくづくり』、意味は『敲(たた)く』です。

Photo_9

動作を表す攵(ぼくづくり)は、篆文で(ボク)楷書体では(ボク)のデザインをとりますが、敲(たた)くは攴(ボク)のデザインをとります。

音読みは呉音は『キョウ』、漢音が『コウ』、訓読みは『敲(たた)く』です。人を訪れて門を敲くことを門(コウモン)、詩文の語句をあれこれ考えることを推(スイコウ)といいます。『』は常用漢字からは外れています。

唐の国に賈島(カトウ)という人がいました。漢詩の一句に「僧は(たた)く月下の門」、「僧は推(お)す月下の門」とどちらにしようか考えながら歩いているうちに韓愈(カンユ・官僚・詩人)の行列に突き当ってしまいました。このことから、文章を何度も練り直すことを推(スイコウ)と云うようになりました。韓愈はそれは(たた)くが良いと言ったそうです。   

 『(コウ)』hàoは、太陽が昇り始めて空が白くなる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、白(高い建物)+(高く昇る)=(コウ)、漢字の部首は『白・しろ』、意味は『皜(しろ)い』、『けがれのない』です。

Photo_10

音読みは呉音は『ゴウ』、漢音が『コウ』、訓読みは『皜(しろ)い』です。潔白でけがれのない様をコウコウ)といいます。

(コウ)』は常用漢字からは外れています。

 『(コウ)』gǎoは、白い絹を表す・縞模様を形声文字です。漢字の足し算では、糸(衣服・絹)+(白い)=(白い絹)です。漢字の部首は『糸・いとへん』、意味は『縞(しろ)い』、『縞(しま)』です。

Photo_3

(コウ)は白い絹を表しますが、我が国では縞(しま)模様を表す漢字です。

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『縞(しろ)い』、『縞(しま)』です。白絹の衣服を縞衣(コウイ)、縞のある絵がらを模様(しまモヨウ)をといいます。

(コウ)』は人名用漢字です。

 『(コウ)』hāoは、背の高い草。蒿(よもぎ)を様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(高く伸びる)=(背の高い草。蒿。よもぎ)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、意味は『蒿(よもぎ)』です。

Photo_11

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』、訓読みは『蒿(よもぎ)』です。よもぎのことを蓬(ホウコウ)といいます。蒿(よもぎ)の茎でつくった矢を矢(コウシ)といい、邪気(ジャキ)を払うとされています。『』は常用漢字からは外れています。

(よもぎ)は(よもぎ)とも書きます。

 『(コウ)』hāoは、戦いの始めの矢がうなる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、口(音)+(高く伸びる。よもぎの茎の矢)=(矢がうなる。戦いの始め)です。漢字の部首は『口・くちへん』、意味は『矢がうなる』、『始める』です。

Photo_12

音読みは呉音は『キョウ』、漢音が『コウ』です。かぶら矢(戦いの開始に使う矢)、物事の初めを矢(コウシ)といいます。『』は常用漢字からは外れています。

 『(コウ)』gāogàoは、脂ののった良い肉を表す形声文字です。漢字の足し算では、(良い)+月(肉)=(脂ののった良い肉)です。漢字の部首は『月・にくづき』、意味は『脂ののった肉』、『うるおい』、『脂(あぶら)』、『心臓の下』です。

Photo_6Photo_5

音読みは呉音・漢音ともに『コウ』です。あぶら薬を薬(コウヤク)、練り状の軟らかい薬を軟(ナンコウ)、心臓の下(膏)と横隔膜の上(肓)を肓(コウコウ)といい、漢字では身体の奥深くを指します。『』は常用漢字からは外れています。

身体の奥深い部分を肓(コウコウ)といい、病気がここに入ると、針も薬も届かないので治らないと言われています。「病(やまい)肓(コウコウ)に入る。」漢字の世界では、不治の病の事です。

 『(ゴウ)』háoは、細長い毛を表す形声文字です。転じて僅か意味があります。漢字の足し算では、(高い・細長い)+毛=(細長い毛。ごくわずか)です。漢字の部首は『毛・け』、意味は『細長い毛』、『ごくわずか』、『毛筆』です。

Photo

音読みは呉音は『ゴウ』、漢音が『コウ』です。きわめて僅かのことを寸(スンゴウ)、筆を揮(ふる)うこと・知人に頼まれて書くことを揮(キゴウ)といいます。

(ゴウ)』は常用漢字から外れています。

 『(ゴウ)』háoは、ヤマアラシを表す様子を表す形声文字です。転じて堅い、強い、すぐれるの意味があります。漢字の足し算では、(高い・かたい)+豕(動物)=(高い・かたい毛をもつヤマアラシ。堅い、強い、すぐれる)です。漢字の部首は『豕・いのこ』、意味は『堅い』、『強い』、『すぐれる』、『財産がある』、『オーストラリア』です。

Photo_2

音読みは呉音は『ゴウ』、漢音が『コウ』です。才知がひときわ優れている人・太っ腹な人を傑(ゴウケツ)、富んで財産があることを富(フゴウ)、剣のすぐれた使い手を剣(ケンゴウ)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(ゴウ)』háoは、城下にめぐらした濠(ほり)。御濠(おほり)を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(大きい)=(市の中の大きな池。濠。ほり)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『濠(ほり)』です。

Photo_4

音読みは呉音は『ゴウ』、漢音が『コウ』です。訓読みが『濠(ほり)』です。城の防衛のため水の入った濠(ほり)を(スイゴウ)、水の入っていない濠を空(からぼり)といいます。『』は常用漢字から外れています。

(スイゴウ)は馬術競技や障害走競技にも使われています。(ほり)は(ほり)とも書きます。

 『(ゴウ)』háoは、城下にめぐらした壕(ほり)を表す形声文字です。漢字の足し算では、土+(大きい)=(城下にめぐらした壕。ほり)です。漢字の部首は『土・つちへん』、意味は『壕(ほり)』です。

Photo_8

音読みは呉音は『ゴウ』、漢音が『コウ』です。訓読みが『壕(ほり)』です。戦争で敵の砲弾から身を守るため土を掘った(塹)の溝・穴を塹(ザンゴウ)といいます。『』は常用漢字から外れています。

(ほり)、(ほり)は(ほり)とも書きます。(ほり)は屈(クツ)の漢字の仲間です。詳しくは『漢字の成り立ち 屈をご覧ください。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-95d6.html

『漢字の覚え方 高』  稿        

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.こうか(   )な買い物。

2.こうげん(   )の避暑地。

3.げんこう(   )用紙。

4.わらぐつ(   )をはく。

5.文章の すいこう(   )をする。

6.さきがけ。こうし(   )となる。

7.患部に こうやく(   )を塗る。

8.すんごう(   )も悪意はない。

9.ごうかい(   )な人物。

10.ふごう(   )になる。

11.3000m障害の すいごう(   )。

12.ざんごう(   )に身を隠す。

解説です。基本の漢字は、原稿は禾(のぎへん)を足して稿、藳・藁(わら)は艹(くさかんむりと禾・木(穀物)を足して、蒿(よもぎ)は艹(くさかんむり)を足して、敲(たた)くは攴(ぼくづくり)を足して、肉のあぶらは月(にくづき)を足して、ほんのわずかは毛を足して、豪快は豕(いのこ・動物)を足して、濠は氵(さんずい)を足して、塹壕は土を足してです。

解答です。価、原、原稿履・沓、推矢、薬、寸快、富、水、塹

2014年8月 3日 (日)

漢字の覚え方 艮

 今日は『(コン)』gènという漢字の『単語家族』(意味・発音上の漢字の仲間)について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『コン』、意味は『あとにのこる』、『いつまでも』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校で3年生で、は5年生、は中学校で習います。

 『(コン)』gènは、目に痕(あと)に残る入墨を施した様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、目+匕(小刀)=(目に痕(あと)に残る入墨。あとにのこる)です。部首は『艮・こんづくり』、意味は『あとにのこる』、『いつまでも』、『動きがとれない』です。

また動きのない時刻、午前二時から四時までを『(コン・うしとら)』といいます。

Photo_10

音読みは呉音・漢音とも『コン』、慣用音が『ゴン』、訓読みは『艮(うしとら)』です。『うしとら』は丑寅とも書きます。『』は常用漢字ではありませんが、などの漢字の部首として広く使われています。

 『(コン)』gēnは、木の根をを表す形声文字です。漢字の足し算では、木+(あとに残る)=(植物のあとに残る、動かない部分。根。ね)です。漢字の部首は『木・きへん』、意味は『根(ね)』、『本来の性質』、『拠り所』、『気力』、『数学の√』です。

Photo_4

音読みは呉音・漢音とも『コン』、訓読みは『根(ね)』です。物事の大切な部分、根と幹を幹(コンカン)、物事の成り立つもとを本(コンポン)、生まれつきの性質・強い精神力を性(コンジョウ)といいます。

』は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1Ro3ucX です。

 『(コン)』hènは、人の恨(うら)みを表す形声文字です。漢字の足し算では、忄(気持ち)+(あとに残る)=(心にいつまでも残る残念な気持ち。恨み。うらみ)、部首は『忄・りっしんべん』、意味は『恨(うら)み』です。

Photo_3

音読みは呉音・漢音とも『コン』、訓読みは『恨(うら)む』です。うらむ(怨む・恨む)ことを怨(エンコン)、非常に残念に思う気持ちを痛(ツウコン)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

『うらむ』は、『怨(うら)む』とも書きます。などの漢字の仲間です。詳しくは『漢字の成り立ち http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-9f28.htmlをご覧ください。

 『(コン)』hénは、体に残る傷痕(きずあと)を表す形声文字です。漢字の足し算では、疒(病気・怪我)+(あとに残る)=(体に残る傷痕。きずあと)』、部首は『疒・やまいだれ』、意味は『傷痕(きずあと)』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ゴン』、漢音とも『コン』、訓読みは『痕(あと)』です。傷の痕を傷(きずあと)、あとかたを跡(コンセキ)、血の痕を血(ケッコン)といいます。『』は常用漢字から外れています。

(あと)』は常用漢字の『(あと)』と書くのが普通です。(セキ)は(エキ)の『単語家族』です。詳しくは『漢字の覚え方 http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-ae98.htmlをご覧ください。

 『(ガン)』yǎnは、頭蓋骨にはまっている眼を表す形声文字です。漢字の足し算では、目+(あとに残る)=(頭蓋骨にはまっている目。眼。まなこ)』、部首は『目・めへん』、意味は『目』、『目の穴』、『重要』、『見通す力』です。

Photo_6


音読みは呉音が『ゲン』、漢音が『ガン』、訓読みは『眼(め・まなこ)』です。ガラス製の視力矯正器具を鏡(ガンキョウ・めがね)、眼る力を力(ガンリキ)、眼の光・真実を見通す力を光(ガンコウ)といいます。

』は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1ViqkSL です。

 『(ギン)』yínは、いつまでも錆(さび)ないで光る銀を表す形声文字です。漢字の足し算では、金(金属)+(あとに残る)=(いつまでも錆ないで光る金属、銀。ぎん)です。漢字の部首は『金・かねへん』、意味は『銀(ギン・しろがね)』、『銀貨・貨幣』です。

Photo_6

音読みは呉音が『ゴン』、漢音が『ギン』、訓読みは『銀(しろがね)』です。貨幣を扱う金融機関を行(ギンコウ)、旅費のことを路(ロギン)、白く輝く自転車を輪(ギンリン)、幕府直轄の銀貨の製造所を座(ギンザ)といいます。

』は小学校3年生で習う漢字http://bit.ly/1Ro3ucXです。

大和言葉では、黄色に輝く金を黄金(こがね)、白く輝く銀を(しろがね)、赤く輝く(あかがね)、黒く輝く徹を(くろがね)と呼んでいました。

非常に立派な漢字で『かね』、『しろがね』と地名・名字・人名に使われます。

(キン)は(キン)の『単語家族』、(ドウ)は(ドウ)の『単語家族』です。詳しくは『漢字の覚え方 今』『漢字の覚え方 同』をご覧ください。

 『(ゲン)』xiànは、岩や土を使っていつまでも残るように領地の境界を表す形声文字です。漢字の足し算では、阝(土盛り)+(あとに残る)=(岩や土を使っていつまでも残るように領地の境界。限り。かぎり)です。漢字の部首は『阝・こざとへん』、意味は『限(かぎ)り』、『区切り』です。

Photo

音読みは呉音が『ゲン』・漢音が『カン』、訓読みは『限(かぎ)る』です。物事の範囲の最後のところをゲンカイ)、定められた期間を期(キゲン)、そこまでと範囲を定める(制)ことを制(セイゲン)といいます。

』は小学校5年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/5-5492.html です。

 『(コン)』kěnは、荒れ地を開墾(カイコン)する様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、豸(動物)+(あとに残る)+土=(動物が土を掘り返すように深く、力をこめて、開墾する)です。部首は『土・つち』、意味は『開墾(カイコン)する』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音とも『コン』、訓読みは常用外の『墾(ひら)く』です。荒れ地に鍬(くわ)や耜(すき)を入れて墾(ひら)くことを開(カイコン)、田んぼ墾(ひら)くことをコンデン)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

 『(コン)』kěnは、開墾(カイコン)する様に深く心をこめる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、豸(動物)+(あとに残る)+心=(開墾(カイコン)する様に深く心をこめる。懇ろ。ねんごろ)です。部首は『心・こころ』、意味は『懇(ねんご)ろ』です。

Photo_3

音読みは呉音・漢音とも『コン』、訓読みは『懇(ねんご)ろ』です。親密な心・親しく付き合っている様をコンイ)・昵(ジッコン)、細かい所まで行き届く親切をコンセツ)といいます。『』は中学校で習う常用漢字です。

(コン)』gènに近い漢字に『退(タイ)』tuìがあります。読み方が違いますが、ここでは同じ漢字の仲間として扱います。

 『退(タイ)』tuìは、日の下で足が止まる様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、日+夊(足をひきずる)+辶(進む)=退(足をひきずって後退する。退く。しりぞく)です。部首は『辶・しんにょう』、意味は『退(しりぞ)く』、『引き下がる』です。

Photo_4

鋭い眼光にひるんで退く様子を表すとする説もあります。漢字の足し算では、辶(進む)+(鋭い眼光)=退(足をひきずって後退する。退く。しりぞく)です。

音読みは呉音・漢音ともに『タイ』、訓読みは『退(しりぞ)く』です。後ろへ退くことを後退(コウタイ)、遠慮して引き下がることを辞退(ジタイ)、病気が治って病院を出ることを退院(タイイン)といいます。

退』は小学校5年生で習う漢字http://bit.ly/1Dp5GoH です。

退(タイ)の漢字仲間には(タイ)、(タイ)などがあります。『漢字の覚え方 退』で説明致します。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-1bc2.html

『漢字の覚え方 艮』         退

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.うしとら(   )の方角。

2.物事の こんかん(   )。

3.こんじょう(   )のある性質。

4.つうこん(   )の失策。

5.けっこん(   )が残る事件現場。

6.めがね(   )をかける。

7.がんこう(   )鋭く見通す。

8.ぎんこう(   )の通帳。

9.給水 せいげん(   )。

10.げんかい(   )に挑戦。

11.田畑を かいこん(   )する。

12.こんせつ(   )丁寧。

13.出場を じたい(   )する。

解説です。基本の漢字は、根(ね)は木を足して、恨(うら)むは忄(りっしんべん)を足して、傷痕は疒(やまいだれ)を足して、眼は目を足して、銀は金(かねへん)を足して、限るは阝(こざとへん)を足して、開墾は豸(むじな)と土を足して、昵懇は豸(むじな)と心を足してです。また、辶(しんにょう)を足すと退になります。

解答です。丑寅、幹、性、痛、血鏡、光、行、制、限、開切、辞退

おしまいに、漢字の成り立ちの話をしましょう。最古の漢字辞書は後漢(西暦100年頃)の許慎(キョシン)の「説文解字(セツモンカイジ)」です。許慎はその中で漢字の成り立ちについて、四種類あるとしました。

①.物の形を象った(かたどった)『象形文字』(ショウケイモジ)、②.象形文字を基に点を打つことにより示された『指事文字』(シジモジ)、③.文字を組み合わせて造った『会意文字』(カイイモジ)、④.意味と音を示す文字を組み合わせた『形声文字』(ケイセイモジ)の四種です。『会意文字』と『形声文字』は漢字の足し算で表す事が出来ます。

少し漢字の読み方の話をします。漢字の読み方には音(オン)読みと訓(くん)読みがあります。音読みには、漢字を輸入した時期により違いがあります。六朝時代の江南地方の読み・(ゴオン)、唐の長安の読み・(カンオン)、鎌倉時代に輸入した読み・唐宋(トウソウオン)、日本で慣用的に読まれる慣用音(カンヨウオン)があります。訓読みは大和言葉(やまとことば)に合わせた読み方です。

漢字の覚え方 昆

 今日は『(コン)』kūnという漢字の『単語家族』(意味・発音上の漢字の仲間)について説明します。基本になる漢字は『』です。音読みは『コン』、意味は『兄』、『仲間』、『群れ』です。などがこの漢字の『単語家族』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校で5年生で、は中学校で習います。

 『(コン)』kūnは、日の下で集まった仲間を表す形声文字です。漢字の足し算では、日(太陽)+比(並んだ人)=(日の下で集まった仲間。群れ)です。漢字の部首は『日・にち』です。漢字の意味は『仲間』、『群れ』、『仲間をなす兄弟。特に兄』です。

Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『コン』です。虫が集まって仲間のように見えるので虫(コンチュウ)、海の中で仲間の様に生育している海藻を布(コンブ・ブ)といいます。また、兄弟のことを季(コンキ)ともいいます。『』は中学校で習う漢字です。

非常に縁起の良い漢字で『こん』、『ひ』、『ひで』、『やす』と名前に使われます。

 『(コン)』hùnは、色々なものが水の中で混(ま)じる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水)+(仲間。群れ)=(色々なものが水の中で混じる。まじる)です。漢字の部首は『氵・さんずい』です。漢字の意味は『混(ま)じる』です。『昏(コン)』の代用字ととして使い『暗い』の意味もあります。また、水が盛んに湧き出る様子もいいます。

Photo_7

音読みは呉音が『ゴン』、漢音が『コン』、訓読みは『混(ま)じる』、『混(こ)む』です。水が盛んに湧き出る様を混混コンコン)、色々なものが入り乱れて秩序のない様子を雑(コンザツ)、色々なものが入り乱れて解らなくなることを昏迷・迷(コンメイ)、別のものを混ぜて一つのものにすることを成(コンセイ)といいます。

』は小学校5年生で習う漢字http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/5-5492.htmlです。

呉音が濁音(ゴ)の場合、漢音では清音(コ)になることがあります。音読みの呉音、漢音については呉音と漢音もご覧ください。

水の湧き出る、良い意味の漢字で『ひろ』、『むら』、『むろ』と名前に使われます。

 『(コン)』gùnは、棍棒(コンボウ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、木+(仲間。群れ。まとまった)=(まとまった棒。丸い棒。棍棒。こんぼう)です。漢字の部首は『木・きへん』、意味は『棍棒(コンボウ)』です。

Photo_7

音読みは呉音『ゴン』、漢音が『コン』です。丸い棒きれを棒(コンボウ)といいます。『』は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-46b7.html

『漢字の覚え方 昆』   

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.こんちゅう(   )採集。

2.こぶ(   )で〆(しめ)る。

3.列車が こんざつ(   )する。

4.水が こんこん(   )と湧き出る。

5.こんせい(   )合唱。

6.こんぼう(   )を手にする。

解説です。基本の漢字は、混じるは氵(さんずい)を足して、丸い木の棒は木を足してです。

解答です。虫、布、雑、滾々、々、成、棒。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

カテゴリー

  • ア行(ア )
    漢字の覚え方 亜           漢字の覚え方 愛           漢字の覚え方 安          
  • ア行(イ )
    漢字の覚え方 異           漢字の覚え方 易           漢字の覚え方 胃           漢字の覚え方 殹           漢字の覚え方 以           漢字の覚え方 衣           漢字の覚え方 韋           漢字の覚え方 育          
  • ア行(イチ・イツ)
    漢字の覚え方 一           漢字の覚え方 聿          
  • ア行(イン)
    漢字の覚え方 寅           漢字の覚え方 印           漢字の覚え方 因           漢字の覚え方 員           漢字の覚え方 音・意        
  • ア行(ウ)
    漢字の覚え方 雨           漢字の覚え方 右           漢字の覚え方 于・夸        漢字の覚え方 云           漢字の覚え方 昷            
  • ア行(エ )
    漢字の覚え方 易           漢字の覚え方 睪            漢字の覚え方 兌            漢字の覚え方 戉           漢字の覚え方 益          
  • ア行(エ )・カ行(カイ)
    漢字の覚え方 回           漢字の覚え方 会・會         漢字の覚え方 褱・懐        
  • ア行(エイ)
    漢字の覚え方 嬰           漢字の覚え方 熒・         漢字の覚え方 殹           漢字の覚え方 央           漢字の覚え方 永          
  • ア行(エン )・タ行(タン)
    漢字の覚え方 彖           漢字の覚え方 爰           漢字の覚え方 延           漢字の覚え方 炎          
  • ア行(エン・オン)
    漢字の覚え方 袁           漢字の覚え方 夗          
  • ア行(エン)
    漢字の覚え方 肙           漢字の覚え方 厭           漢字の覚え方 寅           漢字の覚え方 㕣           漢字の覚え方 燕          
  • ア行(オ )
    漢字の覚え方 王           漢字の覚え方 屋            漢字の覚え方 乙           漢字の覚え方 音・意         漢字の覚え方 央           漢字の覚え方 区・殴         漢字の覚え方 昷          
  • カ行(カ ) 
    漢字の覚え方 賈           漢字の覚え方 夏           漢字の覚え方 火           漢字の覚え方 咼           漢字の覚え方 叚           漢字の覚え方 禾           漢字の覚え方 可           漢字の覚え方 家           漢字の覚え方 果           漢字の覚え方 化           漢字の覚え方 加          
  • カ行(カイ)
    漢字の覚え方 海           漢字の覚え方 夬           漢字の覚え方 介           漢字の覚え方 皆          
  • カ行(カク)
    漢字の覚え方 矍           漢字の覚え方 殻           漢字の覚え方 角           漢字の覚え方 革           漢字の覚え方 隺           漢字の覚え方 画           漢字の覚え方 各          
  • カ行(カツ)
    漢字の覚え方 害           漢字の覚え方 舌           漢字の覚え方 曷          
  • カ行(カン)
    漢字の覚え方 ・巻         漢字の覚え方 監           漢字の覚え方 柬           漢字の覚え方 咸           漢字の覚え方 漢           漢字の覚え方 官           漢字の覚え方 間           漢字の覚え方 甘           漢字の覚え方 雚           漢字の覚え方 毌・串         漢字の覚え方 干           漢字の覚え方 奐          
  • カ行(ガ )
    漢字の覚え方 画           漢字の覚え方 我・義         漢字の覚え方 牙           漢字の覚え方 亥           漢字の覚え方 害           漢字の覚え方 楽           漢字の覚え方 学           漢字の覚え方 月           漢字の覚え方 厂           漢字の覚え方 元          
  • カ行(キ )
    漢字の覚え方 貴           漢字の覚え方 葵           漢字の覚え方 几           漢字の覚え方 吉           漢字の覚え方 其           漢字の覚え方 奇          
  • カ行(キュウ)
    漢字の覚え方 丘           漢字の覚え方 丩           漢字の覚え方 弓           漢字の覚え方 求           漢字の覚え方 及・急         漢字の覚え方 九           
  • カ行(キョウ・ケイ)
    漢字の覚え方 开・形         漢字の覚え方 京           漢字の覚え方 兄・竟         漢字の覚え方 敬           漢字の覚え方 巠           
  • カ行(キョウ・コウ)
    漢字の覚え方 郷           漢字の覚え方 孝           漢字の覚え方 爻・交         漢字の覚え方 庚           漢字の覚え方 幸           漢字の覚え方 更           漢字の覚え方 行          
  • カ行(キョウ)
    漢字の覚え方 敫           漢字の覚え方 劦           漢字の覚え方 喬           漢字の覚え方 共           漢字の覚え方 凶          
  • カ行(キョク)
    漢字の覚え方 極            漢字の覚え方 局            漢字の覚え方 曲          
  • カ行(キョ)
    漢字の覚え方 豦           漢字の覚え方 去          
  • カ行(キン)
    漢字の覚え方 匀           漢字の覚え方 堇           漢字の覚え方 斤           漢字の覚え方 禁           漢字の覚え方 今          
  • カ行(ギ )
    漢字の覚え方 屰           漢字の覚え方 疑           漢字の覚え方 牛           漢字の覚え方 堯          
  • カ行(ギョ)
    漢字の覚え方 魚          
  • カ行(ク )
    漢字の覚え方 句           漢字の覚え方 九           漢字の覚え方 区・殴         漢字の覚え方 屈           漢字の覚え方 禺           漢字の覚え方 具           漢字の覚え方 君           漢字の覚え方 軍          
  • カ行(ク・コウ)
    漢字の覚え方 侯           漢字の覚え方 口           漢字の覚え方 后           漢字の覚え方 冓           漢字の覚え方 公           漢字の覚え方 工          
  • カ行(ケ )
    漢字の覚え方 恵           漢字の覚え方 血           漢字の覚え方 埶           漢字の覚え方 系           漢字の覚え方 圭           漢字の覚え方 奚           漢字の覚え方 携・攜        
  • カ行(ケン)
    漢字の覚え方 兼           漢字の覚え方 肙           漢字の覚え方 犬           漢字の覚え方 ・巻         漢字の覚え方 幵           漢字の覚え方 建           漢字の覚え方 見           漢字の覚え方 間           漢字の覚え方 僉            漢字の覚え方 県          
  • カ行(ケ・カイ)
    漢字の覚え方 戒           漢字の覚え方 解          
  • カ行(ケ・キ)
    漢字の覚え方 希           漢字の覚え方 幾           漢字の覚え方 气          
  • カ行(コ )
    漢字の覚え方 賈           漢字の覚え方 壴           漢字の覚え方 戸           漢字の覚え方 己           漢字の覚え方 古            漢字の覚え方 夸           漢字の覚え方 谷           漢字の覚え方 告           漢字の覚え方 骨          
  • カ行(コウ)
    漢字の覚え方 甲           漢字の覚え方 厷           漢字の覚え方 亘           漢字の覚え方 岡           漢字の覚え方 光           漢字の覚え方 高            漢字の覚え方 丂            漢字の覚え方 亢            漢字の覚え方 黄・広         
  • カ行(コン)
    漢字の覚え方 困           漢字の覚え方 艮           漢字の覚え方 今           漢字の覚え方 昆          
  • カ行(ゴ )
    漢字の覚え方 五・語         漢字の覚え方 呉           漢字の覚え方 午・御         漢字の覚え方 合            漢字の覚え方 卬          
  • サ行(サ )
    漢字の覚え方 坐           漢字の覚え方 采           漢字の覚え方 左・尋         漢字の覚え方 才            漢字の覚え方 卒           漢字の覚え方 祭           漢字の覚え方 乍           漢字の覚え方 冊          
  • サ行(サイ・セイ )
    漢字の覚え方 斉           漢字の覚え方 歳           漢字の覚え方 妻           漢字の覚え方 西          
  • サ行(サン)
    漢字の覚え方 参           漢字の覚え方 散           漢字の覚え方 戔           漢字の覚え方 算           漢字の覚え方 山           漢字の覚え方 三          
  • サ行(シ )
    漢字の覚え方 師           漢字の覚え方 朿           漢字の覚え方 厶・台         漢字の覚え方 子           漢字の覚え方 思           漢字の覚え方 氏           漢字の覚え方 至           漢字の覚え方 止          
  • サ行(シ )
    漢字の覚え方 糸           漢字の覚え方 矢           漢字の覚え方 示           漢字の覚え方 市           漢字の覚え方 四           漢字の覚え方 旨           漢字の覚え方 支           漢字の覚え方 司           漢字の覚え方 史           漢字の覚え方 次           漢字の覚え方 士           漢字の覚え方 志        
  • サ行(シキ・ショク)
    漢字の覚え方 食           漢字の覚え方 戠           漢字の覚え方 式          
  • サ行(シチ・シツ)
    漢字の覚え方 失           漢字の覚え方 質           漢字の覚え方 七          
  • サ行(シャ )
    漢字の覚え方 車           漢字の覚え方 舎           漢字の覚え方 者           漢字の覚え方 射           漢字の覚え方 勺          
  • サ行(シャク・セキ)
    漢字の覚え方 席            漢字の覚え方 尺           漢字の覚え方 赤           漢字の覚え方 石           漢字の覚え方 責           漢字の覚え方 夕           漢字の覚え方 昔          
  • サ行(シュウ)
    漢字の覚え方 乑           漢字の覚え方 舟・受         漢字の覚え方 州            漢字の覚え方 習           漢字の覚え方 秋           漢字の覚え方 秀           漢字の覚え方 周            漢字の覚え方 祝・呪         漢字の覚え方 就          
  • サ行(シュ)
    漢字の覚え方 手           漢字の覚え方 殳           漢字の覚え方 朱           漢字の覚え方 守           漢字の覚え方 首           漢字の覚え方 主           漢字の覚え方 取           漢字の覚え方 出           漢字の覚え方 宿           漢字の覚え方 屯・春         漢字の覚え方 舜          
  • サ行(ショウ・セイ)
    漢字の覚え方 成           漢字の覚え方 青           漢字の覚え方 生           漢字の覚え方 正          
  • サ行(ショウ)
    漢字の覚え方 象           漢字の覚え方 小            漢字の覚え方 召           漢字の覚え方 尚           漢字の覚え方 章           漢字の覚え方 爿           漢字の覚え方 昌           漢字の覚え方 詳・善        
  • サ行(ショ)
    漢字の覚え方 庶           漢字の覚え方 処           
  • サ行(シン)
    漢字の覚え方 兂           漢字の覚え方 眞            漢字の覚え方 心           漢字の覚え方 囟(田)        漢字の覚え方 申           漢字の覚え方 辰           漢字の覚え方 辛・新         漢字の覚え方 深・探         漢字の覚え方 帚・侵        
  • サ行(ジ )
    漢字の覚え方 茲            漢字の覚え方 寺           漢字の覚え方 自           漢字の覚え方 舟・受         漢字の覚え方 孰           漢字の覚え方 朮           漢字の覚え方 女            漢字の覚え方 尽          
  • サ行(ジャク)
    漢字の覚え方 若            漢字の覚え方 弱           
  • サ行(ジュウ)
    漢字の覚え方 重           漢字の覚え方 从、縱         漢字の覚え方 十          
  • サ行(ジョウ)
    漢字の覚え方 丞           漢字の覚え方 乗           漢字の覚え方 成           
  • サ行(ジン)・ ナ行(ニン)
    漢字の覚え方 人           漢字の覚え方 壬           漢字の覚え方 刃          
  • サ行(ジ)・ナ行(ニ)
    漢字の覚え方 耳           漢字の覚え方 二           漢字の覚え方 爾          
  • サ行(ス・ズ )
    漢字の覚え方 水           漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 隹            漢字の覚え方 垂           漢字の覚え方 芻           漢字の覚え方 寸           漢字の覚え方 豆          
  • サ行(セ )
    漢字の覚え方 世           漢字の覚え方 是           漢字の覚え方 制           漢字の覚え方 卩・節         漢字の覚え方 折           漢字の覚え方 舌           漢字の覚え方 詳・善        
  • サ行(セン)
    漢字の覚え方 巽           漢字の覚え方 前           漢字の覚え方 先           漢字の覚え方 宣           漢字の覚え方 専            漢字の覚え方 戔           漢字の覚え方 扇            漢字の覚え方 全           漢字の覚え方 占           漢字の覚え方 川           漢字の覚え方 薦           漢字の覚え方 泉          
  • サ行(ゼン)
    漢字の覚え方 然           漢字の覚え方 全          
  • サ行(ソ )
    漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 疋           漢字の覚え方 卒           漢字の覚え方 且           漢字の覚え方 象           漢字の覚え方 蔵           漢字の覚え方 則           漢字の覚え方 尊          
  • サ行(ソウ)
    漢字の覚え方 匆           漢字の覚え方 忩           漢字の覚え方 倉           漢字の覚え方 爪           漢字の覚え方 送           漢字の覚え方 相           漢字の覚え方 早           漢字の覚え方 曾           漢字の覚え方 喿           漢字の覚え方 帚・侵        
  • サ行(ソク・ショク)
    漢字の覚え方 蜀           漢字の覚え方 足           漢字の覚え方 束          
  • タ行(タ )
    漢字の覚え方 㒸           漢字の覚え方 帶           漢字の覚え方 大           漢字の覚え方 退           漢字の覚え方 它・也         漢字の覚え方 弟           漢字の覚え方 厶・台         漢字の覚え方 代           漢字の覚え方 睪          
  • タ行(タン)
    漢字の覚え方 旦           漢字の覚え方 詹           漢字の覚え方 深・探         漢字の覚え方 単          
  • タ行(チ )
    漢字の覚え方 知           漢字の覚え方 畜           漢字の覚え方 竹           漢字の覚え方 宁           漢字の覚え方 直           漢字の覚え方 朕・藤        
  • タ行(チュウ)
    漢字の覚え方 壴           漢字の覚え方 肘            漢字の覚え方 中          
  • タ行(チョウ)
    漢字の覚え方 枼           漢字の覚え方 鳥           漢字の覚え方 朝           漢字の覚え方 長           漢字の覚え方 丁           漢字の覚え方 兆          
  • タ行(ツ )
    漢字の覚え方 㒸           漢字の覚え方 追          
  • タ行(テ )
    漢字の覚え方 帝           漢字の覚え方 氐           漢字の覚え方 廷           漢字の覚え方 呈           漢字の覚え方 弟           漢字の覚え方 啇           漢字の覚え方 占           漢字の覚え方 天           漢字の覚え方 田          
  • タ行(ト )
    漢字の覚え方 奴           漢字の覚え方 度           漢字の覚え方 土           漢字の覚え方 屯          
  • タ行(トウ)
    漢字の覚え方 刀           漢字の覚え方 沓           漢字の覚え方 冬           漢字の覚え方 東           漢字の覚え方 朕・藤         漢字の覚え方 到           漢字の覚え方 豆          
  • タ行(ドウ)
    漢字の覚え方 童           漢字の覚え方 同          
  • タ行(ドウ)・ナ行(ノウ)
    漢字の覚え方 能           漢字の覚え方 脳           漢字の覚え方 農          
  • ナ行
    漢字の覚え方 奴           漢字の覚え方 南           漢字の覚え方 女            漢字の覚え方 内           漢字の覚え方 然           漢字の覚え方 念          
  • ナ行(ニン)・サ行(ジン)
    漢字の覚え方 人           漢字の覚え方 壬           漢字の覚え方 刃          
  • ナ行(ニ)・サ行(ジ)
    漢字の覚え方 耳           漢字の覚え方 二           漢字の覚え方 爾             
  • ナ行(ノウ)・タ行(ドウ)
    漢字の覚え方 能           漢字の覚え方 農           漢字の覚え方 脳          
  • ハ行(ハ )
    漢字の覚え方 巴           漢字の覚え方 巿           漢字の覚え方 派           漢字の覚え方 配・妃         漢字の覚え方 貝・買         漢字の覚え方 白           漢字の覚え方 莫           漢字の覚え方 癶          
  • ハ行(ハン)
    漢字の覚え方 般           漢字の覚え方 犯・氾         漢字の覚え方 八・半         漢字の覚え方 反           漢字の覚え方 番          
  • ハ行(ヒ )
    漢字の覚え方 非           漢字の覚え方 皮           漢字の覚え方 辟           漢字の覚え方 比           漢字の覚え方 必           漢字の覚え方 表           漢字の覚え方 票           漢字の覚え方 苗           漢字の覚え方 品          
  • ハ行(ヒョウ・ヘイ )
    漢字の覚え方 平           漢字の覚え方 丙          
  • ハ行(ビ)・マ行(ミ)
    漢字の覚え方 尾           漢字の覚え方 未          
  • ハ行(フ )
    漢字の覚え方 付           漢字の覚え方 夫           漢字の覚え方 父           漢字の覚え方 不           漢字の覚え方 孚           漢字の覚え方 卜           漢字の覚え方 畐           漢字の覚え方 复           漢字の覚え方 弗              
  • ハ行(フン )
    漢字の覚え方 賁           漢字の覚え方 勿           漢字の覚え方 八・分        
  • ハ行(ブン )
    漢字の覚え方 文           漢字の覚え方 分          
  • ハ行(ヘ )
    漢字の覚え方 並           漢字の覚え方 辟           漢字の覚え方 扁          
  • ハ行(ホ )
    漢字の覚え方 呆           漢字の覚え方 甫           漢字の覚え方 方           漢字の覚え方 包           漢字の覚え方 北           漢字の覚え方 賁          
  • ハ行(ボ )
    漢字の覚え方 母           漢字の覚え方 暴           漢字の覚え方 亡           漢字の覚え方 卯           漢字の覚え方 卜          
  • マ行
    漢字の覚え方 矛           漢字の覚え方 米           漢字の覚え方 莫           漢字の覚え方 末           漢字の覚え方 末           漢字の覚え方 綿           漢字の覚え方 毛           漢字の覚え方 孟           漢字の覚え方 勿          
  • マ行(メイ・ミョウ)
    漢字の覚え方 明           漢字の覚え方 名          
  • マ行(メン)・ハ行(バン・ベン)
    漢字の覚え方 面           漢字の覚え方 免          
  • マ行(メ・マ)・ハ行(バ)
    漢字の覚え方 馬           漢字の覚え方 麻         
  • マ行(モン)
    漢字の覚え方 文           漢字の覚え方 門          
  • ヤ行
    漢字の覚え方 亦・夜         漢字の覚え方 予           漢字の覚え方 余           漢字の覚え方 谷          
  • ヤ行(ユ)
    漢字の覚え方 兪           漢字の覚え方 攸           漢字の覚え方 憂           漢字の覚え方 由           漢字の覚え方 斿           漢字の覚え方 酉           漢字の覚え方 右          
  • ヤ行(ヨウ)
    漢字の覚え方 幺           漢字の覚え方 夭           漢字の覚え方 翟           漢字の覚え方 枼           漢字の覚え方 羊           漢字の覚え方 䍃・揺         漢字の覚え方 用           漢字の覚え方 昜           漢字の覚え方 要          
  • ラ行
    漢字の覚え方 戻           漢字の覚え方 来           漢字の覚え方 礼・豊         漢字の覚え方 剌           漢字の覚え方 楽           漢字の覚え方 闌           漢字の覚え方 秝           漢字の覚え方 老          
  • ラ行(リ )
    漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 利            漢字の覚え方 里           漢字の覚え方 良           漢字の覚え方 令           漢字の覚え方 量           漢字の覚え方 両           漢字の覚え方 力              
  • ラ行(リュウ )
    漢字の覚え方 立           漢字の覚え方 留           漢字の覚え方 流          
  • ラ行(リン)
    漢字の覚え方 侖           漢字の覚え方 粦           漢字の覚え方 林          
  • ラ行(レイ)
    漢字の覚え方 戻           漢字の覚え方 礼・豊         漢字の覚え方 令          
  • ラ行(レン)
    漢字の覚え方 柬           漢字の覚え方 連          
  • ラ行(ロク)
    漢字の覚え方 彔           漢字の覚え方 六          
  • ワ行
    漢字の覚え方 或           漢字の覚え方 夗          
  • 呉音と漢音
    呉音と漢音               
  • 小学校1年生で習う漢字
    小学校1年生で習う漢字①     小学校1年生で習う漢字②    
  • 小学校2年生で習う漢字
    小学校2年生で習う漢字①     小学校2年生で習う漢字②     小学校2年生で習う漢字③     小学校2年生で習う漢字④    
  • 小学校3年生で習う漢字
    小学校3年生で習う漢字①      小学校3年生で習う漢字②     小学校3年生で習う漢字③     小学校3年生で習う漢字④    
  • 小学校4年生で習う漢字
    小学校4年生で習う漢字①      小学校4年生で習う漢字②     小学校4年生で習う漢字③     小学校4年生で習う漢字④    
  • 小学校5年生で習う漢字
    小学校5年生で習う漢字①      小学校5年生で習う漢字②     小学校5年生で習う漢字③     小学校5年生で習う漢字④    
  • 小学校6年生で習う漢字
    小学校6年生で習う漢字①      小学校6年生で習う漢字②     小学校6年生で習う漢字③     小学校6年生で習う漢字④    
  • 小学校で習う漢字
    小学校で習う漢字 天地人      小学校で習う漢字 上下左右    小学校で習う漢字 父母姉妹兄弟    小学校で習う漢字 春夏秋冬    小学校で習う漢字 一~十      小学校で習う漢字 東西南北   
  • 小説『明暗そのあと』
    百八十九                百九十                 百九十一                百九十二                百九十三                百九十四                百九十五                百九十六                百九十七                百九十八                百九十九                二百               
  • 漢字 のエッセイ
    象形・指事・会意・形声 一年生  象形・指事・会意・形声 二年生  象形・指事・会意・形声 三年生  象形・指事・会意・形声 四年生  象形・指事・会意・形声 五年生  漢字でみるヤナギの分類      落語 空き巣             
  • 漢字 参考図書
  • 漢字 音読み索引(ア行)
  • 漢字 音読み索引(カ行)
  • 漢字 音読み索引(サ行)
  • 漢字 音読み索引(タ行)
  • 漢字 音読み索引(ナ行)
  • 漢字 音読み索引(ハ行)
  • 漢字 音読み索引(マ行)
  • 漢字 音読み索引(ヤ行)
  • 漢字 音読み索引(ラ行)
  • 漢字 音読み索引(ワ行)
  • 漢字・訓読み索引(あ行)
  • 漢字・訓読み索引(か行)
  • 漢字・訓読み索引(さ行)
  • 漢字・訓読み索引(た行)
  • 漢字・訓読み索引(な行)
  • 漢字・訓読み索引(は行)
  • 漢字・訓読み索引(ま行)
  • 漢字・訓読み索引(や行)
  • 漢字・訓読み索引(ら行)
  • 漢字・訓読み索引(わ行)
  • 漢字練習問題(中学生) [1]
    練習問題1-1(書き)         練習問題1-1(読み)         練習問題1-2(書き)         練習問題1-2(読み)         練習問題1-3(書き)         練習問題1-3(読み)         練習問題1-4(書き)         練習問題1-4(読み)         練習問題1-5(書き)         練習問題1-5(読み)        
  • 部首索引 魚(うお・さかな)
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ