2017年10月15日 (日)

漢字の覚え方 卓

漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日は(タク)、(トウ)、(トウ)、(シャク)という『単語家族』について説明します。基本の漢字は『(タク)』zhuóで、読み方は『タク』、『シャク』や『トウ』、共通した意味は『抜きんでる』、『目立つ』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『(タク)』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は中学校で習う常用漢字、は常用漢字から外れていますが、漢字の足し算で一緒に覚えましょう。

 『(タク)』zhuóは、目立つ様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、人(人の行為)+(朝の薄暗い早い時間)=(人が早く抜きんでて目立つ。抜きんでる)です。漢字の部首は『十・じゅう』、漢字の意味は『抜きんでる』、『目立つ』、『高い台』、『机(つくえ)』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『タク』です。群を抜いて優れていることを越(タクエツ)、食事用の台を食(ショクタク)、中国風の食卓や中国風の長崎料理を袱(シッポク)、和室で用いる足の短い食卓を袱台(チャブダイ)、長方形の卓を使った球技を球(タッキュウ)といいます。

袱(シッポク)・袱(チャブ)は中国の音からきたといわれています。

非常に良い意味の漢字で『たか』、『たかし』、『すぐる』、『つな』、『とお』、『まこと』、『まさる』、『もち』と名前に使われます。

(タク)は中学校で習う常用漢字です。

卓球の福原さん女子生おめでとうございます。

 『(トウ)』zhàoは、舟を動かす棹(さお)を表す形声文字です。漢字の足し算では、木(木製品)+(抜きんでる)=(水上に高く抜き出る舟の棹。さお)です。漢字の部首は『木・き』、漢字の意味は『棹(さお)』です。我が国では舟の棹(さお)だけでなく、三味線の柄の部分、箪笥(タンス)の様に長いものにも使われます。

Photo

音読みは呉音が『ジョウ』、漢音が『トウ』、訓読みが『棹(さお)』です。舟を進めるときに歌う歌を歌(トウカ)といいます。

(トウ)は中学校で習う常用漢字から外れています。

 『(トウ)』dàoは、上から下へ抜きんでる心の悼(いた)みを表す形声文字です。漢字の足し算では、忄(心の動き)+(抜きんでる)=(上から下へ抜きんでる心の悼(いた)みを。いたみ)です。漢字の部首は『忄・りっしんべん』、漢字の意味は『悼(いた)み』、『死んだ人を思って悲しむ』です。

Photo

怪我や病気になった(いた)みは、『(ツウ)』tòngを用います。

果物が(いた)む場合は。『(ショウ)』shāngを用います。

音読みは呉音が『ドウ』、漢音が『トウ』、訓読みが『悼(いた)み』です。人の死を悲しみ悼むことを(アイトウ)、人の死の悼みを悲しんで述べる言葉を辞(トウジ)、死者の生前をしのんで悲しむことを追(ツイトウ)といいます。

(トウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(シャク)』chuòは、ゆったりした様子表す形声文字です。漢字の足し算では、糸(結ぶ)+(抜きんでる)=(高く結ぶ。ゆとりをあける。ゆったり)です。漢字の部首は『糸・いと』、漢字の意味は『ゆったり』、『ゆとり』、『間をあける』です。

漢字の世界では糸は『(キン)』jǐn、『(カン)』huǎnなど事態の状態を表す場合に使われることがあります。

音読みは呉音・漢音ともに『シャク』です。ゆったりとした様子をシャクシャク)、本名と間をあけた呼び名を名(シャクメイ・あだな)といいます。

(シャク)は中学校で習う常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-7b88.html

    漢字の覚え方 卓』

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.たくえつ(   )した技能。

2.たっきゅう(   )大会。

3.しょくたく(   )を家族で囲む。

4.船頭が とうか(   )を唄う。

5.あいとう(   )の意。

6.余裕 しゃくしゃく( )。

解説です。基本の漢字は、棹(さお)は木を足して、悼(いた)みは忄(りっしんべん)を足して、綽々(シャクシャク)は糸を足してです。

解答です。越、球、食歌、哀綽綽

2017年10月 8日 (日)

漢字の覚え方 契

漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日は(ケイ)、(キツ)、(セツ)、(セツ)、(ケツ)、(ケツ)という『単語家族』について説明します。基本の漢字は『(ケイ)』で、読み方は『ケイ』や『ケツ』、『キツ』、共通した意味は『印をつける』、『傷をつける』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『(ケイ)』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。小学校5年生でを習い、は中学校で習う常用漢字、は常用漢字から外れていますが、漢字の足し算で一緒に覚えましょう。

 『(ケイ)』は、契約(ケイヤク)を表す会意文字です。漢字の足し算では、丯(木片に彡印を刻(きざ)む形)+(かたな)+(人の姿)=(木片に彡印を刻んで契約する。ちぎり)です。漢字の部首は『・だい』、漢字の意味は『契約(ケイヤク)する』、『約束』、『契(ちぎ)る』、『手形』、『割り符』、『合う』です。

Photo

音読みは呉音が『ケ』、漢音が『ケイ』、訓読みが『契(ちぎ)り』です。約束の印を刻むこと・取り決めを約(ケイヤク)、物事が合うきっかけを機(ケイキ)、二枚の同一書類の両方に押す印を印(ケイイン)といいます。

(ケイ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(キツ・のむ)』chīは、咥(くわ)える様子・喫(の)む様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、口(くち)+(刀で契約の傷をつける)=(歯で傷を付けて齧(かじ)る。咥(くわ)える。のむ)です。漢字の部首は『口・くちへん』、漢字の意味は『喰う』、『咥(くわ)える』、『たっぷりと味わう』、『喫(の)む』です。

白川は吃(キツ)と通ずるとし、藤堂は吃(キツ)と同じに使うとしています。

Photo

音読みは呉音が『キャク』、漢音が『ケキ』、慣用音が『キツ』、訓読みが常用外に『喫(の)む』があります。煙草を嗜(たしな)むことを煙(キツエン)、御茶を飲むこと・小さな宴会を茶(キッサ)、たっぷりと味わうことを満(マンキツ)といいます。

(キツ・のむ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(セツ・くさび)』xiēは、楔(くさび)を表す形声文字です。漢字の足し算では、木(き)+(傷をつける・切れ目を入れる)=(切れ目にさしこんで塞(ふさ)ぐ木。木を割るために打ち込むもの。くさび)です。漢字の部首は『木・くちへん』、漢字の意味は『楔(くさび)』です。

Photo_2

音読みは呉音が『セツ』、漢音が『セチ』、訓読みが『楔(くさび)』です。シュメール人によって発明されたくさび状の文字を形文字(セツケイモンジ・くさびがたモンジ)といいます。

(セツ・くさび)は中学校で習う常用漢字から外れています。

 『(ケイ・みそぎ)』は、禊(みそぎ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、示(神事)+(けずりとる)=(神事に穢(けが)れうをけずりとる。みそぎ)です。漢字の部首は『示・しめすへん』、漢字の意味は『禊(みそぎ)』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ゲ』、漢音が『ケイ』、訓読みが『禊(みそぎ)』です。春に行う禊(みそぎ)を春(シュンケイ)、秋に行う禊を秋(シュウケイ)といいます。

(ケイ・みそぎ)は中学校で習う常用漢字から外れています。

 『(ケツ)』xiéは、目印をつける・糸を結ぶ様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、丯(目印を入れる・きざむ)+糸(いと)=(糸に目印の結び目をつける。目印をつける。結ぶ)です。漢字の部首は『糸・いと』、漢字の意味は『目印をつける』、『結ぶ』、『きざむ』、『目印まではかる』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ゲチ』、漢音が『ケツ』です。ひもや物差しではかることをを矩(ケツク)といいます。

(ケツ)は中学校で習う常用漢字から外れています。

 『(ケツ)』jiéは、潔(いさぎよ)い状態を表す形声文字です。漢字の足し算では、氵(水・きれいな)+(契約・紐で引き締める)=(きれいで引き締まった状態。潔い。いさぎよい)です。漢字の部首は『氵・さんずい』、漢字の意味は『潔(いさぎよ)い』、『正しい行い』です。(ケツ)や(ケイ)は約(ケイヤク)に関係した漢字といわれています。

音読みは呉音が『ケチ』、漢音が『ケツ』、訓読みが『潔(いさぎよ)い』です。汚れがなく清らかな状態を清(セイケツ)、心や行いがきれいなさまを白(ケッパク)、余計なものがなくすっきりした状態を簡(カンケツ)といいます。

Photo

きれいな漢字で『きよ』、『きよし』、『ゆき』、『よし』と名前に使われます。

また呉音の韻が『チ』のときは漢音の韻が『』になることがあります。音読みの呉音、漢音については呉音と漢音 もご覧ください。

(ケツ)小学校5年生で習う漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-3284.html 

      『漢字の覚え方 契』

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.けいやく(   )を交わす。

2.きつえん(   )室。

3.紅葉を まんきつ(   )する。

4.くさびがた(   )文字。

5.みそぎ( )。

6.せいけつ(   )な衣服。

7.かんけつ(   )な指示。

解説です。基本の漢字は、喫(の)むは口を足して、楔(くさび)は木を足して、禊(みそぎ)は示を足して、絜(はかる)は大を糸に換えて、潔(いさぎよ)いは氵(さんずい)をさらに足してです。

解答です。約、煙、満形、、清、簡

2017年10月 1日 (日)

漢字の覚え方 奉

漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日は(ブ・ホウ)、(ボウ)、(ホウ)、(ホウ)という『単語家族』について説明します。基本の漢字は『(ホウ)』fēngで、読み方は『ホウ』や『ブ』、共通した意味は『奉(たてまつ)る』、『奉・捧(ささ)げる』、『両手で戴く』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『(ホウ)』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。小学校6年生でを習い、は中学校で習う常用漢字、は人名用漢字です。漢字の足し算で一緒に覚えましょう。

 『(ブ)』fèngは、両手で奉(ささ)げ持つ様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、十+廾+手=(ブ)です。漢字の部首は『大・だい』、漢字の意味は『奉(たてまつ)る』で、『奉(ささ)げる』、『両手で受ける』、『おし戴いて大切にする』、『仕える』です。

Photo

古代の辞書『説文解字』には「承(うけたまわ)るなり。手に从(したが)い廾に从(したが)う」とあります。

音読みは呉音が『』、漢音が『ホウ』、訓読みは『奉(たてまつ)る』で、常用外に『奉(ささ)げる』があります。上位者の命令を奉り執行すること・人物、幕府の公務の執行者を行(ギョウ)、神仏を楽しませるために供物を供えたり、芸能を演じることを納(ホウノウ)主人のために仕えることを公(ホウコウ)、君主に仕えること・社会のために尽くすこと・品物を特別安くすることを仕(ホウシ)といいます。

(ブ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ボウ)』bàngは、細長い木を表す形成文字です。漢字の足し算では、木(木製品)+(両手で捧げる)=(両手で持つ木の棒)です。漢字の部首は『木・きへん』、漢字の意味は『棒(ボウ)』です。

Photo_13

音読みは呉音が『ボウ』、漢音が『ホウ』です。籠(かご)を持つ相手・仕事の仲間を相(あいボウ)、片(かたボウ)といいます。

(ボウ)は小学校6年生で習う漢字です。

 『(ホウ)』pěngは、捧(ささ)げる様子を表す形成文字です。漢字の足し算では、扌(手の動作)+(両手で捧げる)=(両手で捧(ささ)げる。ささげる。かかえる)です。漢字の部首は『扌・てへん』、漢字の意味は『捧(ささ)げる』、『捧(かか)える』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ボウ』、漢音が『ホウ』、訓読みは『捧(ささ)げる』、『捧(かか)える』です。うやうやしく両手で奉げ持つことを持(ホウジ)、腹を両手でかかえることを腹・腹(ホウフク)といいます。

腹絶倒・腹絶倒(ホウフクゼットウ)とは腹を抱えて、転(ころ)がるほど大笑いすることをいいます。

(ホウ・ささげる)は人名用漢字です。

 『(ホウ)』fèngは、給与をおし戴く様子を表す形成文字です。漢字の足し算では、(人間の経済活動)+(両手でおし戴く)=(両手でおし戴く扶持。給与)です。漢字の部首は『・にんべん』、漢字の意味は『扶持(フチ)』、『給与(キュウヨ)』です。

Photo_2

音読みは呉音が『ブ』、漢音が『ホウ』です。職務に対して頂戴する扶持のことをホウキュウ)、官吏の職務に対して支給された米や金銭をホウロク)、俸給の年額を年(ネンボウ)といいます。

(ホウ)は中学校で習う常用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-0774.html

    『漢字の覚え方 奉』 

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.町 ぶぎょう(   )。

2.ほうし(   )活動。

3.神社に ほうのう(   )する。

4.かたぼう(   )を担(かつ)ぐ。

5.ほうふくぜっとう(      )。

6.ほうきゅう(   )の支払い。

7.野球選手の ねんぼう(   )。

解説です。基本の漢字は、棒(ボウ)は木を足して、捧(ささ)げるは扌(てへん)を足して、俸給(ホウキュウ)はイ(にんべん)を足してです。

解答です。行、仕、納、片腹絶倒・抱腹絶倒、給、年

2017年9月24日 (日)

漢字の覚え方 丰

 漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日は丰(ホウ)、(ホウ)、夆(ホウ)、(ホウ)、(ホウ)、(ホウ)、(ホウ)、(ホウ)、(ホウ)、(ホウ)、(エン)、(フウ)という『単語家族』について説明します。基本の漢字は『(ホウ)』fēngで、読み方は『ホウ』、共通した意味は『穂の先の三角に稔る』、『豊かに茂る』、『三角』、『三角にとがる』です。

『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『丰(ホウ)』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。小学校5年生でを習い、は中学校で習う常用漢字、は人名用漢字、、夆は常用漢字から外れていますが、漢字の足し算で一緒に覚えましょう。

 『(ホウ)』fēngは、草の穂が△型に茂る様子を表す象形文字です。漢字の部首は『亅・たてぼう』、漢字の意味は『穂の先の三角に稔る』、『豊かに茂る』、『三角』、『三角にとがる』です。

Photo

音読みは呉音が『フウ・フ』、漢音が『ホウ』です。我が国では、(ホウ)の漢字を使うことはありませんが、(ホウ)、(ホウ)、(ホウ)、(ホウ)、(ホウ)、(ホウ)、(ホウ)などの漢字の構成要素になっています。

(ホウ)は常用漢字から外れています。

 『夆(ホウ)』féngは、人が左右両方から近付いて峠の頂点で出逢う様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、夂(足・歩く)+(三角)=夆(人が峠の頂点で出会う。逢う)です。漢字の部首は『夂・ちかんむり』、漢字の意味は『夆(あ)う』です。

白川は神が降り立つ様子を表しているとしています。

Photo_12

音読みは呉音が『フウ・フ』、漢音が『ホウ』、訓読みが『夆(あ)う』です。夆(あ)うについては『辶・しんにょう』を加えた『(あ)う』を使うのが普通です。

夆(ホウ)は常用漢字から外れています。

 『(ホウ)』féngは、人が左右両方から近付いて出逢う様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、辶(すすむ)+夆(あう)=(左右両方から近付いて出逢う。バッタリ逢う)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、漢字の意味は『出逢う』、『バッタリ逢う』、『思いがけずに逢う』などです。

Photo_9

音読みは呉音が『ブ』、漢音が『ホウ』、訓読みは『逢(あ)う』です。出会ってしまうことを着(ホウチャク)、愛し合う男女が人目を避(さ)けて逢(あ)うことを(あ)い引(び)き、愛し合う男女がひそかに逢(あ)う時間を瀬(おうせ)といいます。

日本語の『あう』→『おう』の発音になりやすく、漢字の読み方というより発音の問題です。

(ホウ)は人名用漢字です。

 『(ホウ)』féngは、糸で縫(ぬ)う様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(いと)+(あう・三角)=(糸を使って布を夆(あ)わせる。縫う)です。漢字の部首は『・いとへん』、漢字の意味は『縫(ぬ)う』です。

Photo_11

音読みは呉音が『ブ』、漢音が『ホウ』、訓読みは『縫(ぬ)う』です。縫い合わせることを合(ホウゴウ)、布を裁(た)って衣服に縫(ぬ)い上げることを裁(サイホウ)といいます。

(ホウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ホウ)』fēngは、左右の辺が△型に頂上で出会う様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(やま)+夆(三角)=峰・(左右の辺が△型に頂上で出会う様子。峰。みね)です。漢字の部首は『・やま』、漢字の意味は『峰(みね)』です。

Photo_7

音読みは呉音が『フウ・フ』、漢音が『ホウ』、訓読みは『峰(みね)』です。山の頂きを頂(ホウチョウ)といいます。

逢(あ)うに通じ、縁起の良い漢字で『お』、『たか』、『たかし』、『ね』、『みね』と地名・人名に使われます。峰・峯(みね)は(みね)とも書きます。

異体字の(ホウ)は人名漢字になっていて、(ホウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ホウ)』fēngは、烽(のろし)を表す形声文字です。漢字の足し算では、(ひ)+夆(三角・山頂)=峰・(火が△型に燃え上がる烽。のろし)です。漢字の部首は『・ひ』、漢字の意味は『烽(のろし)』です。

烽(のろし)は火をつけて火(のろし)と書くことが多いです。

Photo_8

音読みは呉音が『フウ・フ』、漢音が『ホウ』、訓読みは『烽(のろし)』です。敵襲などの変事の急報のため高く上げる煙を火(ホウカ・のろし)、また、戦争のたとえで火(ホウカ)を使います。

杜甫 『春望』 火(ホウカ)三月に (つら)なり → 戦いはもう何ヶ月も続いている

火(のろし)はの糞を使ったことから煙(のろし)とも書きます。

(ホウ・のろし)は常用漢字から外れています。

 『(ホウ)』fēngは、蜂(はち)を表す形声文字です。漢字の足し算では、(むし)+夆(三角)=(女王蜂を中心に△型の集団ををなす蜂。はち)です。漢字の部首は『 ・むしへん』、漢字の意味は『蜂(はち)』です。

Photo_13

音読みは呉音が『フウ・フ』、漢音が『ホウ』、訓読みが『蜂(はち)』です。蜂の群れが一斉に飛び立つように事件が起こることを起(ホウキ)、蜂の巣のことを窠(ホウカ)・巣(ホウソウ)、蜜をとるため蜂を飼育することを養(ヨウホウ)といいます。

(ホウ・はち)は中学校で習う常用漢字です。部首索引 虫(むし)も御覧ください。

 『(ホウ)』péngは、蓬(よもぎ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、艹(植物)+(三角)=(穂が△型になった植物。蓬。よもぎ)です。漢字の部首は『艹・くさかんむり』、漢字の意味は『蓬(よもぎ)』、『もじゃもじゃ』、『仙人の住む山』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ブ』、漢音が『ホウ』、訓読みが『蓬(よもぎ)』です。東の海の上にあり仙人の住む山を莱山(ホウライサン)・島(ホウトウ)、髪の毛が乱れてもじゃもじゃな頭を頭(ホウトウ)、よもぎのことを漢語でホウコウ)といいます。

蓬(よもぎ)は(よもぎ)とも書きます。

(ホウ・よもぎ)は人名用漢字です。

 『)(ホウ)』fēngは、作物が豊(ゆたか)かな様子を表す形声文字です。正字は、常用漢字体はです。漢字の足し算では、丰丰(穀物を高く盛る)+山(高く)+(たかつき・器)=)(収穫した作物がたかつきの上に一杯である。豊かである。ゆたか)です。漢字の部首は『・まめ』、漢字の意味は『豊(ゆた)か』、『作物がよく実る』、『豊臣(とよとみ)氏』です。

中国大陸では簡体字の『(ホウ)』fēngを使います。

Photo_4

音読みは呉音が『フ』、漢音が『ホウ』、訓読みが『豊(ゆた)か』です。作物がよく実って収穫が多いことを作(ホウサク)、豊かであることを富(ホウフ)、豊かで潤(うるお)いのあることを潤(ホウジュン)といいます。

大変縁起の良い漢字で、『あつ』、『かた』、『て』、『と』、『とよ』、『のぼる』、『ひろ』、『ひろし』、『みのる』、『もり』、『ゆた』、『ゆたか』、『よし』と姓・名前・地名に使われます。

(ホウ)は小学校5年生で習う漢字です。

(レイ)は(ホウ)の省略した字形(ホウ)と同じ形ですが、(レイ)は(たかつき)にお供えを形よく盛った様子を表す漢字を表す別の漢字です。『漢字の覚え方 礼・禮』も御覧ください

 『(エン)』yànは、艶(あで)やかな様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、(ゆたか)+(いろごと)=(色つやが豊かなこと。艶(つや)やか。艶(あで)やか)です。漢字の部首は『・いろ』、漢字の意味は『艶(つや)』、『艶(あで)やか』、『艶(なま)めかしい』、『艶(うるわ)しい』です。

白川は豔(エン)が本字で、(エン)は新たに造られた俗字であるとしています。

Photo_3

音読みは呉音・漢音ともに『エン』、訓読みが『艶(つや)』で、常用外に『艶(あで)やか』、『艶(なま)めかしい』、『艶(うるわ)しい』があります。恋文を書(エンショ)、男女の情事に関する噂を聞(エンブン)といいます。

(エン・つや)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ホウ)』bāngは、邦(くに)を表す形声文字です。漢字の足し算では、(三角の盛り土)+阝(領地)=(盛り土をした壇上で領有を宣言した領地。邦。くに)です。漢字の部首は『阝・邑・おおざと』、漢字の意味は『邦(くに)』、『領地』、『自国民』です。

Photo_4

読みは呉音が『ハウ』、漢音が『ホウ』、訓読みが『邦(くに)』です。邦の境界・領土を域(ホウイキ)、その国の人・外国に住む自国民(日本人)を人(ホウジン)、親しい関係にある国を友(ユウホウ)といいます。

(ホウ・くに)は中学校で習う常用漢字です。

 『(フウ・ホウ)』fēngは、領土を与える様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、土(国土)+(三角の盛り土)=(領土を与えて領主にする。土を盛り集める。合わせる。手紙の閉じ合わせる)です。漢字の部首は『寸・すん』、漢字の意味は『領土を与えて領主にする』、『土を盛り集める』、『合わせる』、『手紙の閉じ合わせる』です。

Photo_3

楷書体では、土土(国土。三角の盛り土)+寸(手の仕事)=(領土を与えて領主にする。土を盛り集める。合わせる。手紙の閉じ合わせる)になります。

音読みは呉音が『フウ』、漢音が『ホウ』です。諸侯の領土を域(ホウイキ)、封をした手紙を書(フウショ)、出入りや通行を禁止することを鎖(フウサ)といいます。

似ている漢字に(ケイ)があり、やはり三角の盛り土を表します。こちらは綺麗の意味に使う漢字が多いです。

(フウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(ホウ)』bāngは、両側から助ける様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(土を両側から盛り集める)+巾(ぬの)=(わらじのひもを通す両側の布の部分。両側から助ける)です。漢字の部首は『巾・はば』、漢字の意味は『わらじのひもを通す両側の布の部分』、『両側から助ける』です。

音読みは呉音・漢音ともに『ホウ』です。わらじのひもを通す両側の布の部分を鞋(アイホウ)、両者の間をとりもつ者を間(ホウカン)、脇から力を添えて助けることを助(ホウジョ)といいます。

(ホウ)は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-5044.html

『漢字の覚え方 丰』            

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.おうせ(   )を楽しむ。

2.さいほう(   )道具。

3.傷を ほうごう(   )する。

4.山の みね(   )。

5.のろし( )。

6.各地で ほうき(   )する。

7.ようほう(   )で蜜をとる。

8.ほうさく(   )に恵まれる。

9.タレントの えんぶん(   )。

10.在留ほうじん(   )の安否。

11.ふうとう(   )の中身。

12.道路の ふうさ(   )。

13.殺人 ほうじょ(   )。

解説です。基本の漢字は、夆(あ)うは夂(ちかんむり)を足して、逢(あ)うは辶を足して、縫(ぬ)うは糸をさらに足して、峰・峯(みね)は山を足して、蜂(はち)は虫を足して、豊(ゆた)かは丰丰に山と豆を足して、艶(つや)かは豊に色を足して、邦(くに)は阝(おおざと)を足して(フウ)は土土に寸を足して、幇(ホウ)はさらに巾を足してです。

解答です。瀬、裁合、火、狼煙、起、養作、聞、人、筒、鎖、助。

2017年9月17日 (日)

漢字の覚え方 備

漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日は𤰈という『単語家族』について説明します。基本の漢字は『𤰈(ビ)』で、読み方は『ビ』、共通した意味は『そなえる』です。

 『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『𤰈(ビ)』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。小学校5年生でを習います。𤰈というは常用漢字から外れていますが、漢字の足し算で一緒に覚えましょう。

 『𤰈(ビ・えびら)』bèiは、戦(いくさ)に備(そな)えて矢を用意しておく様子を表す象形文字です。『(ビ)』の原字であり、『(フク・えびら)』と同じであるとされています。

Photo 

『説文解字』には「具(そな)えるなり。用に従い茍(コウ)の省」とあります。

音読みは呉音が『』、漢音が『ヒ』、訓読みが『𤰈(そな)える』、『𤰈(えびら)』です。『(ビ)』の原字であり、(フク・えびら)と同じであるとされています。

𤰈(ビ・えびら)』は常用漢字からはずれています。

 『(ビ)』bèiは、戦に備(そな)えて矢を用意しておく様子を表す形声文字です。イ(人の作業)+𤰈(矢の入ったえびら)=(矢を用意しておく。備える。そなえる)です。漢字の部首は『イ・にんべん』、漢字の意味は『備(そな)える』、『用意』です。

白川は𤰈(ビ・えびら)を人が背負った形声文字であるとしています。

Photo_2

音読みは呉音が『』、漢音が『ヒ』、訓読みが『備(そな)える』です。備えてある品を品(ビヒン)、参考のために本文に書き添えることを考(コウ)、忘れた場合に備えることを忘(ボウ)といいます。

(ビ)は小学校5年生で習う漢字です。

 『(ビ・ほしいい)』bèiは、軍糧にする備蓄米としての干し飯(いい)を表す形声文字です。(こめ)+(そなえる)=(軍糧にする備蓄米としての干し飯。ほしいい)です。

Photo_2

音読みは呉音が『』、漢音が『ヒ』、訓読みが『糒(ほしいい)』です。米を蒸したものを笊(ざる)にあけて、陰干しした保存食で、食べるときは水や湯でもどして使います。年に一度陰干しをすれば数十年持つといわれている食です。

(ビ・ほしいい)』は常用漢字から外れています。

 『(ハイ)』bèiは、非常に疲(つか)れた様子を表す形声文字です。(そなえる)+  (こころ)=(心がそっぽ向いて何もする気が起こらない。疲れ果てる)です。漢字の部首は『心・こころ』、漢字の意味は『憊(つか)れる』です。

Photo_3

藤堂は(ビ)は音だけを表し、意味は関係ないとし、 (ヒ)、 (ハイ)と同系、白川も(ヒ)と声義が近いとしています。

音読みは呉音が『バイ』、漢音が『ハイ』、訓読みが『憊(つか)れる』です。ひどく疲れることを(コンパイ)といいます。

(ハイ・つかれる)』は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-9d05.html

『漢字の覚え方 備』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.じゅんび(   )する。

2.びこう(   )欄。

3.食糧の びちく(   )。

4.会社の びひん(   )。

5.ほしいい( )。

6.疲労 こんぱい(   )。

解説です。基本の漢字は𤰈、備(そな)えるはイ(にんべん)を足して、糒(ほしいい)は米を足して、憊(つか)れるはイと心を足して

解答です。準考、蓄、品、、困

2017年9月10日 (日)

漢字の覚え方 羽

漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日はという『単語家族』について説明します。基本の漢字は『(ウ)』yǔで、読み方は『ウ』、共通した意味は『はね』、『飛ぶ』、『ふわふわする』です。

 『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『(ウ)』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校2年生で習います。は常用漢字から外れていますが、一緒に覚えましょう。

 『(ウ)』yǔは、二枚の羽を描いた象形文字です。漢字の部首は『羽・はね』、意味は『羽(はね)』、『古典音楽の声』、『矢につけた羽』、『天の軍隊を司る星』です。

Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『ウ』、訓読みは『は』、『はね』です。我が国では鳥・兔を数える時に『』を使います。日本語の言いやすさの問題で、一(いち)、二(に)、三(さん)、六(ろっ)と『わ・ば・ぱ』と読みます。

綿毛(わたげ)のような軸のないふわふわした羽を毛(モウ)、神に供する少女の家に立てる目印の白い矢を白(しら)、滑(なめ)らかで艶(つや)のある絹織物を二重(ぶたえ)、ポルトガル語のcapaに漢字を当てた雨具を合(かっ)といいます。

(ウ)は小学校2年生で習う漢字で習う漢字です。

を用いた漢字には(テキ)、(ヨク)、 (シュウ)、(セン)などがあり、近い漢字に(ヒ)があります。

 『(ク)』xǔは、羽のように葉の落ちる広葉樹を表す形声文字です(藤堂)。漢字の足し算では、木(樹木)+羽(はね)=(羽のように葉の落ちる広葉樹。くぬぎ。とち)です。漢字の部首は『木・きへん』、意味は『栩(くぬぎ)』、『栩(とち)』、『ふわふわする』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『ク』、訓読みは『栩(くぬぎ)』、『栩(とち)』です。ふわふわする様子・自由で愉快な様子を栩栩然(ククゼン)といいます。

(くぬぎ)は椚(くぬぎ)、橡(くぬぎ)とも書き、(とち)は栃(とち)、橡(とち)とも書きます。

 『(ヒ)』fēiは、が羽を使って飛ぶ様子を象った象形文字です。漢字の部首は『飛・とぶ』、意味は『飛(と)ぶ』です。

Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『』、訓読みは『飛(と)ぶ』です。飛ぶ鳥を鳥(チョウ)、飛ぶ燕をエン)、高く飛ぶことをヤク)、急用を知らせるための飛ぶように速い使いを脚(キャク)といいます。

明日香(あすか)の枕詞(まくらことば)は飛ぶ鳥なので飛鳥(ヒチョウ)は鳥(あすか)と読みます。

『とぶ』は漢字の世界ではニュアンスの違いがあります。二字組み合わせて使うこともあります。(ヒヤク)、(ヒショウ)、(チョウヤク)などです。

(と)ぶ 羽を使って空高く飛ぶ

(と)ぶ 足を使って地面から離れる

(と)ぶ 神の使いが空を翔(かけ)めぐる

(おど)る 足を使って高く躍(おど)りあがる

(ヒ)は小学校4年生で習う漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-f072.html 

『漢字の覚え方 羽』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.うもう(   )布団。

2.しらは(   )の矢を立てる。

3.かっぱ(   )を着る。

4.くくぜん(    )として胡蝶なり。

5.あすか(   )。

6.ひやく(   )の年。

解説です。基本の漢字は、栩(くぬぎ)は木を足して、鳥に羽のデザインを加えた象形文字です。。

解答です。毛、白、合栩栩然、鳥、明日香、躍。

2017年9月 3日 (日)

漢字の覚え方 离

漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日はという『単語家族』について説明します。基本の漢字は『(チ・リ)』chīで、読み方は『チ』か『リ』、意味は『大蛇』、『離れる』です。

 『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『(チ・リ)』chīに何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は中学校で習う常用漢字、は常用漢字ではありませんが一緒に覚えましょう。

 『(チ・リ)』chīは、頭が大きく尾を曲げた大蛇(ダイジャ)を象(かたど)った象形文字です。離(はな)れるの意味にも使います。漢字の部首は『禸・ぐうのあし』、漢字の意味は『山の神である大蛇』、『猛獣』、『怪物』などです。

説文解字には「山神、獸なり。禽頭に従い、禸に従い、屮に従う」とあります。

Photo_2

大蛇の意味での音読みは呉音・漢音ともに『チ』、離(はな)れるの意味での音読みは呉音・漢音ともに『リ』です。(チ・リ)は漢字単独で使うことはありませんが、(リ)、(リ)、(チ)といった漢字の構成要素になっています。

(チ・リ)は常用漢字から外れています。

 『(リ)』は、大蛇と隹(とり)がつかず離れず争っている様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(山の神である大蛇)+(とり)=(大蛇と隹がつかず離れず争う。離れる)です。漢字の部首は『・ふるとり』、漢字の意味は『離れる』、『つく』、『経過する』などです。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『リ』、離れることと集まることを合(ゴウ)、王宮から少し離れた宮殿を宮(キュウ)、親しい人々が別れ別れになることを散(サン)、人と別れることを別(ベツ)といいます。

(リ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(リ)』は、瑠璃・琉璃(ルリ)を表す形声文字です。(ル)・(ル)と一緒に使って紫ががった紺色の宝石を表します。漢字の足し算では、(宝石)(リ)=(リの発音の宝石)です。漢字の部首は『王・おう・たま』、漢字の意味は『瑠璃・琉璃(ルリ)』です。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『リ』です。梵語のvaiḍūrya(ヴァイドゥーリャ)の音訳だといわれています。

(リ)は中学校で習う常用漢字です。

 『(チ)』chīは、山の怪物を表す形声文字です。漢字の足し算では、鬼(化け物)+(山の神である大蛇)=(山の怪物。顔は人間で、人を迷わせる怪物。すだま)です。漢字の部首は『鬼・おに』、意味は『魑(すだま)』です。

Photo_3

音読みは呉音・漢音ともに『チ』、訓読みは『魑(すだま)』です。魑魅魍魎(チミモウリョウ)として人を惑わす妖怪として使います。

ミモウリョウ)の漢字について

(チ)は『漢字の覚え方 离』 http://bit.ly/2iAAGmXをご覧ください。

(ミ)は 『漢字の覚え方 未』 http://bit.ly/1CD39q4 をご覧ください。

(モウ)は『漢字の覚え方 亡』 http://bit.ly/1v84fty をご覧ください。

(リョウ)は『漢字の覚え方 両』 http://bit.ly/1YGsCgb をご覧ください。

(チ)は常用漢字から外れています。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-79a1.html 

http://bit.ly/2iAAGmX

『漢字の覚え方 离』    

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.兪人との りべつ(   )。

2.浜 りきゅう(   )。

3.りごう (   )集散。

4.るり(   )色。

5.ちみもうちょう(     )。

解説です。基本の漢字は、離(はな)れるは隹(とり)を足して、瑠璃(ルリ)は王を足して、魑(すだま)は鬼(おに)を足して

解答です。別、宮、合、瑠・琉魅魍魎。

2017年8月27日 (日)

漢字の覚え方 豕

漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日はという『単語家族』について説明します。基本の漢字は『(シ)』です、読み方は『シ』、共通した意味は『ぶた』です。

 『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『(シ)』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は中学校で習う常用漢字です。常用漢字(日常使う漢字)の指定に関係なく、一緒に覚えましょう。

 『(シ)』shǐは、イノシシ、ブタを象(かたど)った象形文字です。漢字の部首は『豕・いのこ』、漢字の意味は『豕(いのこ)』、『豕(ぶた)』です。

Photo

音読みは呉音・漢音ともに『シ』、訓読みは『豕(いのこ)』、『豕(ぶた)』です。ブタのように貪欲な心を心(シン)といいます。

(シ)は常用漢字から外れています。

 『(トン)』túnは、ずっしりとした重い豚(ぶた)を表す会意文字です(藤堂)。漢字の足し算では、月(肉)+(いのこ・ぶた)=(ずっしりとした重い豚。仔を孕んだ豚。ぶた)です。漢字の部首は『月・にくづき』、漢字の意味は『豚(ぶた)』です。

『説文解字』では豚、篆文は肉と豕に従うとあり、藤堂は(トン・重い)・ (ドン・重くて鈍い)と同系であるとし、白川は卜文の腹部に肉形をそえた形から胎孕(タイヨウ)を示すものとしています。

Photo_2

音読みは呉音が『ドン』、漢音が『トン』、訓読みは『豚(ぶた)』です。ブタとイヌを犬(トンケン)、豚の仔、自分の子を謙遜して児(トンジ)といいます。

(トン)は中学校で習う常用漢字です。

 『(チク)』zhúは、豕(いのこ・ぶた)を追い込む様子を表す会意文字です。漢字の足し算では、辶(進む)+(いのこ・ぶた)=(後をつけて一歩、一歩ぶたを追い込む。逐(お)う)です。漢字の部首は『辶・しんにょう』、漢字の意味は『逐(お)う』、『追いこむ』、『追い払う』、『追い詰める』です。

Photo_3

音読みは呉音が『ヂク』、漢音が『チク』、訓読みは常用外に『逐(お)う』があります。一つ一つ順を追って、すべての事柄を取り上げることを一(チクイチ)、追い払うことをを(クチク)、太陽を追いかけること、毎日を日(チクジツ)、雷を追いかけること、非常に速いこと、逃亡することを電(チクデン)といいます。

逐(お)うは(お)うと書くのが普通です。

(チク)は中学校で習う常用漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-2eff.html

『漢字の覚え方 豕』   

(シ)を使った漢字に(ツイ)があります。

 『(ツイ)』suìは、重くて大きな豕(ぶた・いのこ)を表す会意文字です(藤堂)。漢字の足し算では、八(はち。たれる)+(ぶた)=(重くて大きな豕(ぶた)。転じて。重い。大きい)です。漢字の部首は『八・はち』、漢字の意味は『重い』、『大きい』です。

Photo_4

犠牲にされた耳の垂れた(八)犬を表しているという説(白川)もあります。

音読みは呉音が『ズイ』、漢音が『ツイ』です。の漢字自体を使うことはありませんが、などの漢字の部分になっています。

(タイ)、(ツイ)、(スイ)、(ズイ)については『漢字の覚え方 㒸』(タク)、(タク)、(チョウ)、(チョウ)については『漢字の覚え方 』(掲載予定)をご覧ください。

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.いのこ(  )。

2.ぶたにく(   )。

3.ようとん(   )場。

4.ちくいち(   )報告する。

5.悪貨は良貨を くちく(   )する。

解説です。基本の漢字は、豚(ぶた)は月を足して、逐(お)うは辶(しんにょう)を足してです。

解答です。肉、養一、駆

2017年8月20日 (日)

漢字の覚え方 玉

漢字には『単語家族』と呼ばれる漢字の仲間があります。今日はという玉に関する『単語家族』について説明します。基本の漢字は『(ギョク)』です。玉をを使った漢字には、があります。

 『単語家族』の漢字は足し算で表わす事が出来るので、『単語家族』ごとにまとめて漢字を覚えると便利です。『(ギョク)』に何を足すとどんな漢字になるのかを考えます。は小学校1年生、は2年生、は6年生で習う漢字です。漢字の足し算でまとめて覚えてしまいましょう。

 『(ギョク)』は、宝玉を連ねた状態を表す象形文字です。古い字体ではと一緒ですが、現在では点を打ってと区別しています。漢字の部首は『』です。また、偏としての玉はになります。

Photo_2

音読みは呉音が『コク』、漢音が『ギョク』です。訓読みは『たま』です。宝(ホウギョク)、音(ギョクオン)、葱(たまねぎ)のです。

(ギョク)は小学校1年生で習う漢字です。

 『(コク)』guóは、境界で囲んだ国・國を表す形声文字です。漢字の足し算では(囲み)+(戈・くいで囲んだ領域)=(境界で囲んだ国)です。漢字の部首は『□・くにがまえ』、意味は『領地』、『国家』、『郷里』です。正字はですが、常用漢字に登録されているを使って下さい。異体字に四方を囲むがあります。

Photo_34

音読みは呉音・漢音ともに『コク』、訓読みは『国(くに)』です。領土と国民をもち独立性を備えた地域を家(コッカ)、その国のだい評する言語を語(コクゴ)、その国の統治権が及ぶ範囲を土(コクド)、国民の宝たるものを宝(コクホウ)といいます。

が使われていますが、(ワク)の『単語家族』で(イキ)、(ワク)などの仲間の漢字があります。詳しくは『漢字の覚え方 或』をご覧ください。

(コク)は小学校2年生で習う漢字です。

 『(ホウ)』bǎoは、大切にしまってある宝石や財貨を表す会意文字です。漢字の足し算では、宀(建物)+(宝石)+缶(入れ物)+貝(財貨)=・宝(宝石や財貨を建物の中で大切に保存する)です。漢字の部首は『宀・うかんむり』、漢字の意味は『宝(たからら)』、『大切にする』、『通貨』です。

Photo_2Photo_3

略字のが常用漢字体に登録されているので、を使います。

音読みは呉音・漢音ともに『ホウ』、慣用音が『ホ』、訓読みが『宝(たから)』です。宝の庫(くら)・貴重なものを多く含んでいることを庫(ホウコ)、便利で役立つのもの・貴重なものとして大切にすることを重(チョウホウ)といいます。

非常に縁起の良い漢字で、『かね』、『たか』、『たかし』、『たけ』、『とみ』、『とも』、『みち』、『よし』と名前に使われます。

(ホウ)小学校6年生で習う漢字です。

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-3155.html

『漢字の覚え方 玉』  

参考図書http://bit.ly/1Xs359Oです。漢字についてより詳しく知りたい方は、←左記ブログページの本をお読みください。

少し練習しましょう。

1.ぎょくおん(   )放送。

2.たま( )葱。

3.こっか (   )の主権。

4.こくほう(   )の展示。

5.便利で ちょうほう(   )する。

解説です。基本の漢字は、国(くに)は囗を足して、宝(たから)は宀を足してです。

解答です。音、家、国宝、重

部首索引 虫(むし)

(チュウ)』chóngに関する漢字を集めました。掲載は画数の少ない順から並べてあります。現在、加筆・訂正中の記事です。

 『(チュウ)』chóngは、元々はまむしを描いた象形文字です。(チュウ)の正字は(チュウ)で、蟲(むし)が沢山いる様子を示す会意文字です。蟲(チュウ・むし)は虫(ケ・まむし)を略字として用います。常用漢字に登録されている『』を使って下さい。

PhotoPhoto_2

音読みは呉音が『ジュウ』、漢音が『チュウ』です。訓読みは『むし』です。昆コンチュウ)、毛(けむし)、弱(よわむし)のです。

(チュウ)は小学校1年生で習う漢字です。

、『(コウ・にじ)』hóngは、(にじ)を表す形声文字です。漢字の世界では、は昆虫の他に動物全般や大蛇を指すことがあり、というのは天空をつらぬく伝説上の大蛇のことです。この大蛇に見立てた七色の自然現象をといいます。この大蛇は雌雄(シユウ)があって雄が(コウ)、雌が(ゲイ)とされています。色にも区別があり紫の鮮やかなのが雄の、紫の淡いのが雌のとされています。

Photo_28

漢字の足し算で表わすと、虫(大蛇・龍)+(空をつらぬく)=(大空をつらぬく大蛇・龍のような自然現象。にじ)です。部首は『虫』、漢字の意味は『虹(にじ)』、『橋』です。

音読みは呉音が『グ・グウ』、漢音が『コウ』、訓読みが『虹(にじ)』です。虹を描いた天子の旗を旗(コウキ)、眼球にあって瞳の大きさを変えて光量を調節する膜を彩(コウサイ)といいます。

(コウ・にじ)』は中学校で習う常用漢字です。何年生で習うかは使う教科書によって違います。『漢字の覚え方 工』 も御覧ください。

 『(ボウ・あぶ)』méngは、小さい虫の虻(あぶ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(むし)+(見えにくい)=(小さくて見えにくい虫。にじ)です。部首は『虫』、漢字の意味は『虻(あぶ)』です。牛や馬などにたかり血を吸います。実際はそれほど小さい虫ではありませんが、牛に比べるとはるかに小さいです。

音読みは呉音が『ミョウ』、漢音が『モウ』、慣用音が『ボウ』で、訓読みが『虻(あぶ)』です。二つのものを得ようとして両方得られないことを虻(あぶはち)取らずといいます。

欲を出し過ぎると失敗するという譬(たと)えです。

(ボウ・あぶ)は常用漢字から外れています。『漢字の覚え方 亡』もご覧ください。

 『(イン・みみず)』yǐnは、蚯蚓(キュウイン・みみず)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(むし)+(引っ張る・ひきずる)=(長く引き伸びる蚯蚓。みみず)です。漢字の部首は『虫』、漢字の意味は『蚯蚓(みみず)』です。身体がねじれる意味を持つ蚯(キュウ)と一緒に使って蚯蚓(みみず)を表します。

音読みは呉音・漢音ともに『イン』、訓読みが『蚓(みみず)』です。蚯(キュウ)と一緒に使って蚯蚓(みみず)と表します。漢語では蚯(キュウイン)といいます。

(イン・みみず)は常用漢字から外れています。 『漢字の覚え方 弓』もご覧ください。

 『(サン)』cánは、天の漢字が使われていますが、正式な字体は(サン)で、(かいこ)の幼虫が桑の葉に潜(もぐ)って()いる様子を表す漢字です。書くのがとても大変なので、略字の(サン)を使います。漢字の部首は『虫・むし』です。

Photo_3

漢字の足し算では、(ひそむ)+虫虫(むし)=(蚕(かいこ)の幼虫が桑の葉に潜って(潛)いる。蠶。かいこ)です。漢字の部首は同じく『虫・むし』です。

音読みは呉音が『ゾン』、漢音が『サン』、訓読みは『蚕(かいこ)』です。蚕(かいこ)は桑のの葉を食べて成長する蛾の幼虫です。成虫になる前に繭(まゆ)をつくります。子の繭から絹糸(きぬいと)をつくるのです。蚕を飼うことを養(ヨウサン)といいます。

(サン)』は小学校6年生で習う漢字です。『漢字の覚え方 兂』もご覧ください。

 『(ソウ)』zǎoは、掻(か)ゆい虫・蚤(のみ)を表わす形声文字です。漢字の足し算では、(手の動作)+虫(むし)=(掻(か)ゆい虫。蚤。のみ)です。漢字の部首は『虫・むし』、意味は『蚤(のみ)』です。

Photo_9

音読みは呉音・漢音ともに『ソウ』、訓読みは『蚤(のみ)』です。早(ソウ)の替わりに使われることがありまうす。早いことと晩(おそ)いことを早晩・晩(ソウバン)といいます。

妻の方がの体が大きい夫婦を(のみ)の夫婦といいます。

(ソウ)は常用漢字から外れています。『漢字の覚え方 㕚』もご覧ください。

 『(ブン・か)』wénは、(か)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(むし)+(模様)=(羽に細かい模様のある虫。蚊。か)です。漢字の部首は『虫・むしへん』、漢字の意味は『蚊(か)』です。

藤堂はの飛ぶ音を表しているとも記しています。

Photo_4

音読みは音が『モン』、音が『ブン』、訓読みは『蚊(か)』です。蚊と虻を虻(ブンボウ)、の侵入を防ぐための網状の帳(とばり)を帳(ブンチョウ・かや)といいます。

(ブン)は中学校で習う常用漢字です。 『漢字の覚え方 文』も御覧ください。

 『(キュウ)』qiū

 『(ケイ)』yíngは、光の環を出す螢(ほたる)を表す形声文字です。漢字の足し算では(取り囲む光)+虫(むし)=(光の環を出す虫。蛍。ほたる)です。漢字の部首は『虫・むし』、漢字の意味は『蛍(ほたる)』です。正字は、我が国では常用漢字体のを使います。

Photo_3

音読みは呉音が『ギョウ』、漢音が『ケイ』、訓読みは『蛍(ほたる)』です。蛍の光を燭(ケイショク)・光(ケイコウ)・火(ケイカ)、蛍の光と窓の雪灯りを雪(ケイセツ)といいます。

貧乏で苦学することを雪之功(ケイセツのコウ)といいます。貧乏で灯りの油が買えないため、蛍の灯(あか)りや窓の雪灯りで勉強した故事によります。

(ケイ)は中学校で習う常用漢字です。『漢字の覚え方 栄』も御覧ください。

サザンオールスターズ、「(ほたる)」という曲も、良い曲ですよね。

 『(ショ・うじ)』

 『(ダ・ジャ)』tuōshéは、虫(むしへん・獣以外の動物)に(へび)の元字を足した漢字です。漢字の足し算では、虫(むしへん・虫)+(へび)=(へび)です。漢字の部首は『虫・むしへん』、音読みは呉音が『ジャ』、漢音が『タ』、慣用音が『』で、訓読みは『蛇(へび)』です。『(へび)』が三人称(かれ・それ)の代名詞に転用されたため、『』の漢字が出来たと言われています。

Photo_9

行(コウ)、長(チョウ)、足(ソク)、口(ジャぐち)、の目傘(ジャのめがさ)、腹(ジャばら)のです。

★余計なことをすることを足(ソク)といいます。昔、中国の楚の国で、二人の男が蛇の絵を速く描く競争をしました。速く描けた男が、「足も描ける」と言って蛇に足を描いたために失格になり、賞品の酒を飲めなかった。余計なことをすることを足(ソク)というのはこの故事によります。

★「(ジャ)は寸(スン)にして人を呑む勢いを示す」という成語がありますが、大(ダイジャ)の子は小さい時から、何倍も大きい人を呑む勢いを示すと云う意味で、すぐれた人は幼いころから凡人とは違っている例えに使われます。

★余計なことをする例えを、「藪(やぶ)を突いて(へび)を出す」といいます。省略して「やぶへび」と云い、好く使う言葉です。

★「じゃんけん」の由来の一つに「蛇拳」説があります。(へび)は蛙(かえる)を喰い、蛙は蛞蝓(なめくじ)を喰い、蛞蝓はを腐らせるというのです。

★この「三すくみ趣向」は、江戸時代の読本『自来也説話』(じらいやものがたり)に、蝦蟇(がま)の妖術を使う児雷也(じらいや)、蛞蝓の妖術を使う綱手(つなで)、宿敵で大の大蛇丸(おろちまる)として取り入れられています。近年では漫画の『ナルト』で有名ですが。

(ダ・ジャ)』は中学校で習う常用漢字です。『漢字の覚え方 它・也』も御覧ください。

 『(タン)』dànは、爬虫類の卵(たまご)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(むし)+(のばす)=(爬虫類から生まれる卵)です。漢字の部首は『虫・むし』、意味は『爬虫類から生まれる卵』、『海人(あま)』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ダン』、漢音が『タン』です。鶏の卵を鶏(ケイタン・チータン)、卵の白身を白(タンパク)といいます。

もとは南方の海人族をさす漢字とも(白川)いわれています。

(タンは常用漢字から外れています。『漢字の覚え方 延』も御覧ください。

 『鮑・(ホウ)』bàoは、鮑(あわび)・蚫(あわび)を表す形声文字です。漢字の足し算では、魚(さかな)・虫(むし)+(包む)=(塩で包まれた塩漬けの魚・しおうお。あわび)です(藤堂)。漢字の部首は『魚・さかな』、『虫・むし』です。漢字の意味は『鮑(しおうお)』、『鮑(あわび)』です。

Photo_6

音読みは呉音が『ヒョウ』、漢音が『ホウ』、訓読みが『鮑(しおうお)』、『鮑・蚫(あわび)』です。我が国では、鮑(しおうお)の意味では使うことはありません。『(ホウ)』を丸い、包むの意味にとって、(あわび)にこの漢字をあてています。

(あわび)は虫(むし)を使って(あわび)とも書きます。(あわび)http://bit.ly/24ecyY7 とも書きます。

漢字の世界では、(はまぐり)、(しじみ)http://bit.ly/ZCbIEZ(あわび)、牛(かたつむり)http://bit.ly/1MuznJy貝類を虫を使って表すことがあります。

(ホウ)は常用漢字から外れています。『漢字の覚え方 包』も御覧ください。

 『(レイ)』

 『(ア・かえる)』は、蛙(かえる)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(爬虫類)+(綺麗な・三角の)=(三角の形をした爬虫類。蛙。かえる)です。漢字の部首は『虫・むしへん』、意味は『蛙(かえる)』です。

Photo_4

音読みは呉音が『エ』、漢音が『ワ』、慣用音が『』です。訓読みは『蛙(かえる)』です。蛙の鳴く声を声(セイ)、井戸の中の蛙を井(セイ)といいます。

音読みは『ケイ』ではなく、『ワ』、我が国では『』です。蛙の鳴き声を表すと言われています。

(ア・かえる)』は常用漢字からは外れています。『漢字の覚え方 圭』も御覧ください。

 『(えび)』は、老人のように腰の曲がる蛯(えび)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(動物)+(年老いた・腰の曲がった)=(老人のように腰の曲がる蛯。蛯。えび)です。漢字の部首は『虫・むしへん』、漢字の意味は『蛯(えび)』です。

Photo_4

(えび)は(えび)http://bit.ly/1JaXWcB (『殻におおわれる』の意味)、海(えび)とも書きます。

我が国でつくられた国字です。訓読みは『蛯(えび)』です。競馬の世界で活躍する、名正義(えびなまさよし)さんが有名です。

(えびは常用漢字から外れています。 『漢字の覚え方 老』も御覧ください。

 『蛞(カツ)』

 『蛤(はまぐり)』

 『(チュウ・くも)』zhūは、巣を張って動かない蜘蛛(くも)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(むし)+のように動かない)=(巣を張って動かない蜘蛛。くも)です。漢字の部首は『虫・むしへん』、漢字の意味は『蜘蛛(くも)』です。

Photo_7

(チ・ためらう虫)と一緒に使って蜘(チチュウ・くも)を表します。

音読みは呉音・漢音ともに『チュウ』です。足が八本で糸を出し網を張って小形の虫を捕まえる肉食動物を蜘(チチュウ・くも)といいます。(網を張らない蜘蛛もいます)

(チュウ)は中学校で習う常用漢字から外れています。 『漢字の覚え方 朱』も御覧ください。

 『(シツ・ひる)』zhì

 『(バン・えびす)』 

 『(ガ)』éは、(ガ)を漢字にしたものです。漢字の足し算では、虫+(形の良い)= (きちんとした触覚のある虫。蛾。が)です。漢字の部首は『虫・むし』です。古代中国ではの触角(ショッカク)の美しさを眉(まゆ)の美しさに例えていました。もちろん良い意味です。

Photo_30

音読みは呉音・漢音ともに『ガ』です。美しい眉を眉・眉(ビ)といいます。毒(ドク)のです。

(ガ)』は中学校で習う常用漢字から外れています 。 『漢字の覚え方 我』も御覧ください。 

 『(ケン・しじみ)』xiǎnは、蜆(しじみ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(貝の仲間)+(あらわれる)=(浅瀬で姿を表す貝。しじみ)です。漢字の部首は『虫・むしへん』です。意味は『蜆(しじみ)』です。

Photo_5

音読みは呉音・漢音ともに『ケン』、訓読みは『蜆(しじみ)』です。

蛤(はまぐり)、蜆(しじみ)、蚫(あわび)http://bit.ly/1wbVlul、蜊(あさり)、牛(かたつむり)http://bit.ly/1MuznJy、蠣(かき)と『虫・むしへん』は貝を表すことがあります。漢字の世界では、 は貨幣の意味で使います。 

(ケン・しじみ)』は中学校で習う常用漢字から外れています 。『漢字の覚え方 見』も御覧ください。

 『(ショウ・たこ)』shaoは、足の先が細くなっていく(肖)蛸(たこ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫+(先が細くなる)=(足の先が細くなっていく蛸。たこ)です。

音読みは呉音が『ショウ』、漢音が『ソウ』、訓読みが『蛸(たこ)』です。蛸(たこ)は、鮹(たこ)、章魚(たこ)、鱆(たこ)とも書きます。 『漢字の覚え方 肖』も御覧ください。

 『(ショク)』shǔは、目の大きな青虫を表す象形文字です。漢字の部首は『虫・むし』、漢字の意味は『青虫』、中国の国名に『(ショク)』があります。

Photo_8

音読みは呉音が『ゾク』、漢音が『ショク』です。蜀に通じる険しい道を道(ショクドウ)、蜀道にわたしてあるかけ橋を桟・棧(ショクサン)、三国時代に劉備(リュウビ)の建てた国を漢(ショッカン)といいます。

(ショク)は常用漢字から外れています。 『漢字の覚え方 蜀』も御覧ください。 

 『(シン・おおはまぐり)』shènは、蜃(おおはまぐり)を表す形声文字です。。普通の大きさのはまぐりは貝せにに使うので、です。漢字の足し算では、虫(生き物・貝)+(貝の足が伸びる様子)=(大きく足を出す貝。おおはまぐり)です。漢字の部首は『虫』です。

PhotoPhoto_5

二枚貝は、もやもやした白い物質を出します。昔の人は海にはおおはまぐりが棲んでいて、海上にスクリーン状もやもやを出して幻の建物を映し出すと考えていました。

Photo_13

おおはまぐりの出す幻なので、これを気楼(シンキロウ)と呼んだのです。

(シン・おおはまぐり)』は中学校で習う常用漢字から外れています。 『漢字の覚え方  辰』も御覧ください。 

 『(フ)』fuは、かげろうのことです。漢字の足し算では、虫(むしへん・昆虫)+(うく)=(浮くように飛ぶ虫)です。部首は『虫』、意味は『かげろう』です。同じく『かげろう』を表す『蝣(ユウ)』と合わせて二字で『』(かげろう・フユウ)として使います。耳で聞いたときに二語の熟語の方が解りやすいからです。

Photo_5

現在ではカゲロウに蜉蝣の漢字を充てていますが、平安朝では蜻蛉(とんぼ)の漢字を充てていたりしました。江戸時代の学者、新井白石によれば多少混同されていたようです。

藤原道綱(ふじわらみちつな)の母(平安朝の高貴な女性の名前は旦那しか知らない場合が多い)が執筆した「蜻蛉日記(かげろうにっき・かげろうにき)」は、はかなきものとして「かげろふ」とあるので蜻蛉(かげろふ)と読ませていたようです。

(フ)』は常用漢字から外れています。 『漢字の覚え方 孚』も御覧ください。

 『(ホウ・はち)』fēngは、蜂(はち)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(むし)+(三角)=(女王蜂を中心に△型の集団ををなす蜂。はち)です。漢字の部首は『 ・むしへん』、漢字の意味は『蜂(はち)』です。

Photo_13

音読みは呉音が『フウ・フ』、漢音が『ホウ』、訓読みが『蜂(はち)』です。蜂の群れが一斉に飛び立つように事件が起こることを起(ホウキ)、蜂の巣のことを窠(ホウカ)・巣(ホウソウ)、蜜をとるため蜂を飼育することを養(ヨウホウ)といいます。

(ホウ・はち)は中学校で習う常用漢字です。『漢字の覚え方 丰』も御覧ください。

 『蛹(ヨウ・さなぎ)』

 『蜊(リ・あさり)』

 『(エキ)』は、蜥蜴(とかげ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(むし)+(次々と横に移っる。平たい)=(次々と横に移っていく動物。平たい動物。やもり・とかげ)です(藤堂)。漢字の部首は『虫・むし』、漢字の意味は『蜥蜴(とかげ)』です。

Photo_7

蜥(セキ・切れても生きている動物)と一緒に使って蜥(とかげ)を表します。

漢字の世界では「爬虫類(ハチュウルイ)」もを使って表します。

音読みが呉音で『ヤク』、漢音で『エキ』です。次々と横に移っていく爬虫類を蜥(とかげ・セキエキ)といいます。

(エキ)は常用漢字から外れています。 『漢字の覚え方 易』も御覧ください。

 『(ケン)』quánは、蜷(にな)、巻き貝をを表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(虫・貝の仲間)+(巻く)=(巻き貝。蜷。にな)です。漢字の部首は『虫・むしへん』、漢字の意味は『蜷(にな)』、『巻き貝』です。

Photo_5

音読みは呉音が『ゲン』、漢音は『ケン』、訓読みは『蜷(にな)』です。我が国ではカワニナなどの淡水の巻貝を指します。世界的な演出家の川(にながわ)さんの名字に使われている漢字です。先頃、逝去されました。謹んで御冥福をお祈り申し上げます。

漢字の世界では幣を表すことが多く、貝の仲間はを使って表します。

カワニナは(ほたる)の幼虫の餌として有名です。

(ケン)は常用漢字から外れています。『漢字の覚え方 巻』も御覧ください。 

 『(セキ)』

 『蜘(チ)』

 『蜩(チョウ・ひぐらし)』

 『(セン)』chánは、羽を上下に動かして鳴く蝉(せみ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫+上下にパタパタ動かす)=(羽を上下に動かして鳴く蝉。せみ)です。漢字の部首は『虫・むしへん』、意味は『蝉(せみ)』、『美しい』です。本字はですが、人名用漢字のの字体を使います。

Photo_4

音読みは呉音が『ゼン』、漢音が『セン』、訓読みは常用外の『蝉(せみ)』です。蝉の抜け殻・はかない現世を空(うつせみ)、美しい人を蜎(センケン)、蝉の羽のように薄い絹を紗(センサ)といいます。

(せみ)は(せみ・ひぐらし)とも書きます。

(セン)』は常用漢字(普段・日常で使う漢字)から外れています。『(セン)』は人名用漢字です。『漢字の覚え方 単』も御覧ください。

 『(ミツ)』は、ぴったりとした蜂の巣にある蜜(ミツ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、(すきまない)+虫=(ぴったりとした蜂の巣にある蜜。みつ)です。部首は『虫・むし』、意味は『蜜(ミツ)』、『甘い』です。

Photo_11

音読みは呉音が『ミツ・ミチ』、漢音が『ビツ』です。蜜のように甘い子(コウジ)・橘(カンキツ)を柑(カン)、蜂が集めた蜜を蜂(ハチミツ)といいます。

カン)はミツカン)のつまった言葉です。

(ミツ)』は平成22年度より新たに登録された常用漢字です。『漢字の覚え方 必』も御覧ください。

 『(イ)』wèiは、ハリネズミや円く群がる様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(小さい動物)+(円い・丸い)=(体を丸める小さい動物。ハリネズミ。円く集まる)です。漢字の部首は『虫・むしへん』、漢字の意味は『はりねずみ』、『円く集まる』です。

(はりねずみ)は針鼠(はりねずみ)と書くのが普通です。

Photo_18Photo_19

音読みは呉音・漢音ともに『イ』です。訓読みは『蝟(はりねずみ)』です。多くのものが一つに集まる様子を集(シュウ)といいます。

(イ)』は常用漢字から外れています。『漢字の覚え方 胃』も御覧ください。

 『(カ)』xiāは、殻でおおわれた蝦(えび)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(動物)+(おおわれる)=(殻におおわれた動物。蝦。えび)です。漢字の部首は『虫・むしへん』、漢字の意味は『蝦(えび』、『ひきがえる』です。

ではなくを足す場合もあります。

Photo_5

音読みは呉音は『ゲ』、漢音は『』、訓読みが『(えび)』です。しゃこは漢字で蛄(コ・しゃこ)、ひきがえるを蟆・蟇(ボ・がま)と書きます。古代、東北日本に住んでいた人々・北海道の古称を夷(えみし・えぞ)といいます。

(えび)は海老(えび)、蛯(えび)http://bit.ly/2cNWoB6(えび)とも書きます。

(カ)は人名用漢字です。 『漢字の覚え方 叚』も御覧ください。

 『(カ)』は、蝸牛(かたつむり)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(むし)+(まるく・渦巻状の)=(まるい虫。かたつむり)です。漢字の部首は『虫・むしへん』、漢字の意味は『蝸牛(かたつむり)』です。

Photo_2

角(つの)のある牛(うし)と一緒に使って牛(ギュウ・かたつむり)です。漢字の世界では貝類も虫を使って表します。

音読みは呉音が『ケ』、漢音ともに『』、訓読みが『蝸牛(かたつむり)』です。かたつむりを漢字で表したものが牛(ギュウ・かたつむり・まいまい)、蝸牛の角(つの)・非常に小さいものを角(カク)といいます。

(カ)は常用漢字から外れています。 『漢字の覚え方 咼』も御覧ください。

 『蝌(カ)』

 『蝗(コウ・いなご)』

 『蝨・虱(シツ・しらみ)』

 『(ショク)』shíは、虫が少しずつ食べてゆく様子を表す形声文字です。漢字の足し算では、(食べる)+虫(むし)=(虫が少しずつ食べてゆく。蝕む)です。漢字の部首は『虫・むし』、意味は『蝕(むしば)む』です。

Photo_4

音読みは呉音が『ジキ』、漢音が『ショク』、訓読みは『蝕(むしば)む』です。地球の影が太陽を遮り蝕んでいくようにみえる現象を日・日(ニッショク)、風雨などが地表の岩石や土壌を削り取ることを浸・浸(シンショク)、他の領域をしだいに犯すことを侵・侵(シンショク)いいます。

(ショク)は常用漢字ではないので、(ショク)で代用するのが普通です。

(むしば)むは虫(むしば)むとも書きます。

(ショク)は中学校で習う常用漢字から外れています。 『漢字の覚え方 食』も御覧ください。

 『(チョウ)』diéは、蝶々(チョウチョウ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(むし)+(薄いもの)=(木の葉のように薄い羽をもつ虫。チョウ)です。漢字の部首は『虫・むし』、意味は『蝶々(チョウチョウ)』です。

Photo_6

音読みは呉音が『ジョウ(デフ)』、漢音が『チョウ(テフ)』です。蝶が羽を広げたような金具を番(チョウつがい)、自他の区別のない夢のような境地を夢(チョウム)といいます。

(チョウ)は人名用漢字です。『漢字の覚え方 枼』も御覧ください。

 『(フク)』は、こうもりのことです。漢字の足し算では、(むしへん・獣以外の動物)+(よこはば)=(横幅のある動物)です。『こうもり』はの仲間と考えられていました。意味は『こうもり』です。同じこうもりを示す『(ヘン)』biān(ひらひらする動物)と合わせて(ヘンプク・こうもり)として使います。漢字は二つ合わせて使うほうが、聞くときに解り易いからです。

Photo_2

音読みは呉音・漢音ともに『フク』です。

(フク)は常用漢字から外れています。『漢字の覚え方 畐』も御覧ください。

 『(フク)』は、蝮(まむし)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(爬虫類・ヘビ・トカゲ)+(ふくれた腹)=(腹が太い蛇。蝮。まむし)です。漢字の部首は『虫・むしへん』、意味は『蝮(まむし)』です。

Photo_13

音読みは呉音・漢音ともに『フク』、訓読みが『蝮(まむし)』、『蝮(くちばみ)』です。クサリヘビ科の毒蛇で背中に丸い斑点があります。

(フク)は常用漢字から外れています。『漢字の覚え方 复』も御覧ください。

 『(ヘン)』biānは、こうもりのことを表す形声文字です。漢字の足し算では、(むしへん・獣以外の動物)+(平らに伸びる・ひらひら)=(ひらひらする動物。こうもり)です。『こうもり』はの仲間と考えられていました。意味は『こうもり』です。

Photo_3

同じこうもりを示す 『(フク)』(横幅のある動物)と合わせて(ヘンプク・こうもり)として使います。漢字は二つ合わせて使うほうが、聞くときに解り易いからです。

音読みは呉音・漢音ともに『ヘン』、訓読みは『蝙蝠(こうもり)』です。

(ヘン)は常用漢字から外れています。『漢字の覚え方 扁』も御覧ください。

 『(ユウ)』yóuは、かげろうのことです。漢字の足し算では、虫(むしへん・昆虫)+(ゆらゆらする)=(ゆらゆら飛ぶ虫)です。部首は『虫』、意味は『蜉蝣(かげろう)』です。同じく『かげろう』を表す『(フ)』と合わせて二字で『』(かげろう・フユウ)として使います。漢字が二語の熟語になるのは、耳で聞いたときに二語の方が解りやすいからです。

Photo_5

現在ではカゲロウに蜉蝣の漢字を充(あ)てていますが、平安朝では蜻蛉(とんぼ)の漢字を充てていたりしました。江戸時代の学者、新井白石によれば多少混同されていたようです。

藤原道綱母の『蜻蛉(かげろう)日記』は蜻蛉(かげろう)の漢字を充てています。

(フ)はの『単語家族』、(ユウ)はの『単語家族』です。『漢字の覚え方 孚』『漢字の覚え方 斿』もご覧ください。

(ユウ)』は常用漢字から外れています。

 『(マ・ひきがえる)』

 『(ユウ)』は、鍋(なべ)でぐつぐつ融ける様子を表す形声文字です(藤堂)。白川は器の中で腐敗している様子を表す会意文字としています。漢字の足し算では、鬲(なべ・器)+虫(むし)=(鍋や器の中で、ものが融ける。とける)です。漢字の部首は『虫・むし』、漢字の意味は『融(と)ける』です。

音読みは呉音が『ユ』、漢音が『ユウ』、訓読みが『融(と)ける』です。

(ユウ)は中学校で習う常用漢字です。

 『螂(ロウ)』

 『蟋(シツ)』

 『(シュツ)』shuàiは、蟋蟀(こおろぎ)を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(ぬし)+(シュツ)=(シュツという翅(はね)を摩擦させる音の虫。蟋蟀。こおろぎ)です。漢字の部首は『虫・むし』、漢字の意味は『蟋蟀(こおろぎ)』です。

Photo_4

同じくシツという翅(はね)を摩擦させる音を表す(シツ)と合わせて蟋(シツシュツ・こおろぎ)として使います。

音読みは呉音が『シュツ』、漢音が『ソツ』、訓読みは『蟋蟀(こおろぎ)』です。

(シュツ)は常用漢字からは外れています。 『漢字の覚え方  率』も御覧ください。

 『蟄(チツ)』

 『螳(トウ)』

 『蟎(マン・だに)』

 『螺(ラ・つぶ)』

 『蟪(ケイ)』huìは、セミの一種を表す形声文字です。漢字の足し算では、虫(むし)+(小さい)=(小さな虫。ヒグラシ)です。漢字の部首は『虫・むし』、漢字の意味は『蟪蛄(ひぐらし)』です。

Photo

蟪(ケイ)単独で使われず、蛄(コ)と一緒に蛄(ケイコ)と使います。藤堂はヒグラシのことであるといっています。

音読みは呉音が『エ』、漢音が『ケイ』です。

★「蛄(ケイコ)は春秋を知らず」は小さなセミは夏の間しか生きないので、春と秋を知らない。生命の短いたとえに使われます。

蟪(ケイ)は常用漢字から外れています。『漢字の覚え方 も御覧ください。

 『蟠(バン・わだかまる)』

 『(カイ・かに)』xièは、脚(あし)が取れてしまう蟹(かに)を表す形声文字です。漢字の足し算では虫(昆虫・エビ・カニの仲間)+(バラバラにする)=(脚が取れてバラバラになってしまうしまう虫。蟹(かに))です。漢字の部首は『虫・むし』、漢字の意味は『蟹(かに)』です。

Photo_10

音読みは呉音は『ゲ』、漢音は『カイ』、訓読みは『蟹(かに)』です。蟹のように横に歩くこと・横文字を行(カイコウ)、北洋で蟹漁を行う加工設備を持つ大型船を工船(かにコウセン)、両膝を外側に曲げてO脚で歩く様子を股(がにまた)といいます。

異体字にがあります。

(かに)は危険を察知すると脚を切り離してしまうので、茹(ゆ)でるときには紐(ひも)で縛(しば)って茹でることがあります。

(カイ・かに)は人名用漢字です。『漢字の覚え方 解』も御覧ください。

 『蠍(カツ・さそり)』

 『(ギ)』yǐは、行列する(あり)を漢字にしたものです。漢字の足し算では、虫(むし)+(きちんとした)=(きちんと列を組む虫。蟻。あり)です。漢字の部首は『虫・むし』です。

Photo_5Photo_6

音読みは呉音・漢音ともに『ギ』で、訓読みは『あり』です。酸(サン)、塚(ありづか)、白(しろあり)のです。

(ギ)』は中学校で習う常用漢字から外れています。 『漢字の覚え方 義』も御覧ください。 

 『蟾(セン)』

 『蠆(タイ・さそり)』

 『蟷(トウ)』

 『蠅・蝿(ヨウ・はえ)』

 『蠊(レン)』

 『蠑(ヨウ・さざえ)』、

 『蠕(ゼン)』

 『蠣(レイ・かき)』

 『蠢(シュン・うごめく)』

 『蠟(ロウ)』

 『蠢(シュン・うごめく)』

魚については部首索引 魚(うお・さかな) も御覧ください。 

http://huusennarare.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-4b65.html

『部首索引 虫(むし)』 

«漢字の覚え方 臤

カテゴリー

  • ア行(ア )
    漢字の覚え方 亜           漢字の覚え方 愛           漢字の覚え方 安          
  • ア行(イ )
    漢字の覚え方 異           漢字の覚え方 易           漢字の覚え方 胃           漢字の覚え方 殹           漢字の覚え方 以           漢字の覚え方 衣           漢字の覚え方 韋           漢字の覚え方 育          
  • ア行(イチ・イツ)
    漢字の覚え方 一           漢字の覚え方 聿          
  • ア行(イン)
    漢字の覚え方 寅           漢字の覚え方 印           漢字の覚え方 因           漢字の覚え方 員           漢字の覚え方 音・意        
  • ア行(ウ)
    漢字の覚え方 羽           漢字の覚え方 雨           漢字の覚え方 右           漢字の覚え方 于・夸        漢字の覚え方 云           漢字の覚え方 昷            
  • ア行(エ )
    漢字の覚え方 易           漢字の覚え方 睪            漢字の覚え方 兌            漢字の覚え方 戉           漢字の覚え方 益          
  • ア行(エ )・カ行(カイ)
    漢字の覚え方 回           漢字の覚え方 会・會         漢字の覚え方 褱・懐        
  • ア行(エイ)
    漢字の覚え方 嬰           漢字の覚え方 熒・         漢字の覚え方 殹           漢字の覚え方 央           漢字の覚え方 永          
  • ア行(エン )・タ行(タン)
    漢字の覚え方 彖           漢字の覚え方 爰           漢字の覚え方 延           漢字の覚え方 炎          
  • ア行(エン・オン)
    漢字の覚え方 袁           漢字の覚え方 夗          
  • ア行(エン)
    漢字の覚え方 肙           漢字の覚え方 厭           漢字の覚え方 寅           漢字の覚え方 㕣           漢字の覚え方 燕          
  • ア行(オ )
    漢字の覚え方 王           漢字の覚え方 奥           漢字の覚え方 屋           漢字の覚え方 乙           漢字の覚え方 音・意         漢字の覚え方 央           漢字の覚え方 区・殴         漢字の覚え方 昷          
  • カ行(カ ) 
    漢字の覚え方 賈           漢字の覚え方 火           漢字の覚え方 咼           漢字の覚え方 禾           漢字の覚え方 可           漢字の覚え方 果          
  • カ行(カイ)
    漢字の覚え方 海           漢字の覚え方 夬           漢字の覚え方 介           漢字の覚え方 皆          
  • カ行(カク)
    漢字の覚え方 矍           漢字の覚え方 殻           漢字の覚え方 角           漢字の覚え方 革           漢字の覚え方 隺           漢字の覚え方 画           漢字の覚え方 各          
  • カ行(カツ)
    漢字の覚え方 害           漢字の覚え方 舌           漢字の覚え方 曷          
  • カ行(カン)
    漢字の覚え方 ・巻         漢字の覚え方 監           漢字の覚え方 柬           漢字の覚え方 咸           漢字の覚え方 漢           漢字の覚え方 官           漢字の覚え方 間           漢字の覚え方 甘           漢字の覚え方 雚           漢字の覚え方 毌・串         漢字の覚え方 干           漢字の覚え方 奐          
  • カ行(カ・ケ)
    漢字の覚え方 叚           漢字の覚え方 夏           漢字の覚え方 家           漢字の覚え方 化           漢字の覚え方 加          
  • カ行(ガ )
    漢字の覚え方 画           漢字の覚え方 我・義         漢字の覚え方 牙           漢字の覚え方 亥           漢字の覚え方 害           漢字の覚え方 楽           漢字の覚え方 学           漢字の覚え方 月          
  • カ行(ガン)
    漢字の覚え方 厂           漢字の覚え方 元          
  • カ行(キ )
    漢字の覚え方 貴           漢字の覚え方 葵           漢字の覚え方 几           漢字の覚え方 吉           漢字の覚え方 其           漢字の覚え方 奇          
  • カ行(キュウ)
    漢字の覚え方 丘           漢字の覚え方 丩           漢字の覚え方 弓           漢字の覚え方 求           漢字の覚え方 及・急         漢字の覚え方 九           
  • カ行(キョウ・ケイ)
    漢字の覚え方 开・形         漢字の覚え方 京           漢字の覚え方 兄・竟         漢字の覚え方 敬           漢字の覚え方 巠           
  • カ行(キョウ・コウ)
    漢字の覚え方 郷           漢字の覚え方 孝           漢字の覚え方 爻・交         漢字の覚え方 庚           漢字の覚え方 幸           漢字の覚え方 更           漢字の覚え方 行          
  • カ行(キョウ)
    漢字の覚え方 敫           漢字の覚え方 劦           漢字の覚え方 喬           漢字の覚え方 共           漢字の覚え方 凶          
  • カ行(キョク)
    漢字の覚え方 極            漢字の覚え方 局            漢字の覚え方 曲          
  • カ行(キョ)
    漢字の覚え方 巨           漢字の覚え方 豦           漢字の覚え方 去          
  • カ行(キン)
    漢字の覚え方 匀           漢字の覚え方 堇           漢字の覚え方 斤           漢字の覚え方 禁           漢字の覚え方 今          
  • カ行(ギ )
    漢字の覚え方 屰           漢字の覚え方 疑           漢字の覚え方 牛           漢字の覚え方 堯          
  • カ行(ギョ)
    漢字の覚え方 魚          
  • カ行(ク )
    漢字の覚え方 句           漢字の覚え方 九           漢字の覚え方 区・殴         漢字の覚え方 屈           漢字の覚え方 禺           漢字の覚え方 具           漢字の覚え方 君           漢字の覚え方 軍          
  • カ行(ク・コウ)
    漢字の覚え方 侯           漢字の覚え方 口           漢字の覚え方 后           漢字の覚え方 冓           漢字の覚え方 公           漢字の覚え方 工          
  • カ行(ケ )
    漢字の覚え方 穴           漢字の覚え方 夬           漢字の覚え方 血           漢字の覚え方 埶          
  • カ行(ケイ)
    漢字の覚え方 恵           漢字の覚え方 系           漢字の覚え方 圭           漢字の覚え方 奚           漢字の覚え方 携・攜        
  • カ行(ケン)
    漢字の覚え方 臤           漢字の覚え方 兼           漢字の覚え方 肙           漢字の覚え方 犬           漢字の覚え方 ・巻         漢字の覚え方 幵           漢字の覚え方 建           漢字の覚え方 見           漢字の覚え方 間           漢字の覚え方 僉           漢字の覚え方 県          
  • カ行(ケ・カイ)
    漢字の覚え方 戒           漢字の覚え方 解          
  • カ行(ケ・キ)
    漢字の覚え方 希           漢字の覚え方 幾           漢字の覚え方 气          
  • カ行(コ )
    漢字の覚え方 乎           漢字の覚え方 賈           漢字の覚え方 壴           漢字の覚え方 戸           漢字の覚え方 己           漢字の覚え方 古            漢字の覚え方 夸           漢字の覚え方 谷           漢字の覚え方 告           漢字の覚え方 骨          
  • カ行(コウ)
    漢字の覚え方 甲           漢字の覚え方 厷           漢字の覚え方 亘           漢字の覚え方 岡           漢字の覚え方 光           漢字の覚え方 高            漢字の覚え方 丂            漢字の覚え方 亢            漢字の覚え方 黄・広         
  • カ行(コン)
    漢字の覚え方 困           漢字の覚え方 艮           漢字の覚え方 今           漢字の覚え方 昆          
  • カ行(ゴ )
    漢字の覚え方 五・語         漢字の覚え方 呉           漢字の覚え方 午・御         漢字の覚え方 合            漢字の覚え方 卬          
  • サ行(サ )
    漢字の覚え方 坐           漢字の覚え方 采           漢字の覚え方 左・尋         漢字の覚え方 才            漢字の覚え方 卒           漢字の覚え方 祭           漢字の覚え方 乍           漢字の覚え方 冊          
  • サ行(サイ・セイ )
    漢字の覚え方 斉           漢字の覚え方 歳           漢字の覚え方 妻           漢字の覚え方 西          
  • サ行(サン)
    漢字の覚え方 参           漢字の覚え方 散           漢字の覚え方 戔           漢字の覚え方 算           漢字の覚え方 山           漢字の覚え方 三          
  • サ行(シ )
    漢字の覚え方 豕           漢字の覚え方 死           漢字の覚え方 師           漢字の覚え方 朿           漢字の覚え方 厶・台         漢字の覚え方 子           漢字の覚え方 思           漢字の覚え方 氏           漢字の覚え方 至           漢字の覚え方 止          
  • サ行(シ )
    漢字の覚え方 糸           漢字の覚え方 矢           漢字の覚え方 示           漢字の覚え方 市           漢字の覚え方 四           漢字の覚え方 旨           漢字の覚え方 支           漢字の覚え方 司           漢字の覚え方 史           漢字の覚え方 次           漢字の覚え方 士           漢字の覚え方 志        
  • サ行(シキ・ショク)
    漢字の覚え方 食           漢字の覚え方 戠           漢字の覚え方 式          
  • サ行(シチ・シツ)
    漢字の覚え方 失           漢字の覚え方 質           漢字の覚え方 七          
  • サ行(シャ )
    漢字の覚え方 車           漢字の覚え方 舎           漢字の覚え方 者           漢字の覚え方 射           漢字の覚え方 勺          
  • サ行(シャク・セキ)
    漢字の覚え方 席            漢字の覚え方 尺           漢字の覚え方 赤           漢字の覚え方 石           漢字の覚え方 責           漢字の覚え方 夕           漢字の覚え方 昔          
  • サ行(シュウ)
    漢字の覚え方 乑           漢字の覚え方 舟・受         漢字の覚え方 州            漢字の覚え方 習           漢字の覚え方 秋           漢字の覚え方 秀           漢字の覚え方 周            漢字の覚え方 祝・呪         漢字の覚え方 就          
  • サ行(シュ)
    漢字の覚え方 手           漢字の覚え方 殳           漢字の覚え方 朱           漢字の覚え方 守           漢字の覚え方 首           漢字の覚え方 主           漢字の覚え方 取           漢字の覚え方 出           漢字の覚え方 宿           漢字の覚え方 屯・春         漢字の覚え方 舜          
  • サ行(ショウ・セイ)
    漢字の覚え方 成           漢字の覚え方 青           漢字の覚え方 生           漢字の覚え方 正          
  • サ行(ショウ)
    漢字の覚え方 象           漢字の覚え方 小            漢字の覚え方 召           漢字の覚え方 尚           漢字の覚え方 章           漢字の覚え方 爿           漢字の覚え方 昌           漢字の覚え方 詳・善        
  • サ行(ショ)
    漢字の覚え方 庶           漢字の覚え方 処           
  • サ行(シン)
    漢字の覚え方 兂           漢字の覚え方 眞            漢字の覚え方 心           漢字の覚え方 囟(田)        漢字の覚え方 申           漢字の覚え方 辰           漢字の覚え方 辛・新         漢字の覚え方 深・探         漢字の覚え方 帚・侵        
  • サ行(ジ )
    漢字の覚え方 茲            漢字の覚え方 寺           漢字の覚え方 自           漢字の覚え方 舟・受         漢字の覚え方 孰           漢字の覚え方 朮           漢字の覚え方 女            漢字の覚え方 尽          
  • サ行(ジャク)
    漢字の覚え方 若            漢字の覚え方 弱           
  • サ行(ジュウ)
    漢字の覚え方 重           漢字の覚え方 从、縱         漢字の覚え方 十          
  • サ行(ジョウ)
    漢字の覚え方 襄           漢字の覚え方 丞           漢字の覚え方 乗           漢字の覚え方 成           
  • サ行(ジン)・ ナ行(ニン)
    漢字の覚え方 人           漢字の覚え方 壬           漢字の覚え方 刃          
  • サ行(ジ)・ナ行(ニ)
    漢字の覚え方 耳           漢字の覚え方 二           漢字の覚え方 爾          
  • サ行(ス・ズ )
    漢字の覚え方 水           漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 隹            漢字の覚え方 垂           漢字の覚え方 芻           漢字の覚え方 寸           漢字の覚え方 豆          
  • サ行(セ )
    漢字の覚え方 世           漢字の覚え方 是           漢字の覚え方 制           漢字の覚え方 卩・節         漢字の覚え方 折           漢字の覚え方 舌           漢字の覚え方 詳・善        
  • サ行(セン)
    漢字の覚え方 巽           漢字の覚え方 前           漢字の覚え方 先           漢字の覚え方 宣           漢字の覚え方 専           漢字の覚え方 戔           漢字の覚え方 扇           漢字の覚え方 全           漢字の覚え方 占           漢字の覚え方 川           漢字の覚え方 薦           漢字の覚え方 泉          
  • サ行(ゼン)
    漢字の覚え方 然           漢字の覚え方 全          
  • サ行(ソ )
    漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 疋           漢字の覚え方 卒           漢字の覚え方 且           漢字の覚え方 象           漢字の覚え方 蔵           漢字の覚え方 則           漢字の覚え方 尊          
  • サ行(ソウ)
    漢字の覚え方 匆           漢字の覚え方 忩           漢字の覚え方 倉           漢字の覚え方 爪           漢字の覚え方 送           漢字の覚え方 相           漢字の覚え方 早           漢字の覚え方 曾           漢字の覚え方 喿           漢字の覚え方 帚・侵        
  • サ行(ソク・ショク)
    漢字の覚え方 蜀           漢字の覚え方 足           漢字の覚え方 束          
  • タ行(タ )
    漢字の覚え方 多           漢字の覚え方 㒸           漢字の覚え方 帶           漢字の覚え方 大           漢字の覚え方 退           漢字の覚え方 它・也         漢字の覚え方 弟           漢字の覚え方 厶・台         漢字の覚え方 代           漢字の覚え方 卓           漢字の覚え方 睪          
  • タ行(タン)
    漢字の覚え方 旦           漢字の覚え方 詹           漢字の覚え方 深・探         漢字の覚え方 単          
  • タ行(チ )
    漢字の覚え方 离           漢字の覚え方 知           漢字の覚え方 畜           漢字の覚え方 竹           漢字の覚え方 宁           漢字の覚え方 直           漢字の覚え方 朕・藤        
  • タ行(チュウ)
    漢字の覚え方 壴           漢字の覚え方 肘            漢字の覚え方 中          
  • タ行(チョウ)
    漢字の覚え方 枼           漢字の覚え方 鳥           漢字の覚え方 朝           漢字の覚え方 長           漢字の覚え方 丁           漢字の覚え方 兆          
  • タ行(ツ )
    漢字の覚え方 㒸           漢字の覚え方 追          
  • タ行(テ )
    漢字の覚え方 帝           漢字の覚え方 氐           漢字の覚え方 廷           漢字の覚え方 呈           漢字の覚え方 弟           漢字の覚え方 啇           漢字の覚え方 占           漢字の覚え方 天           漢字の覚え方 田          
  • タ行(ト )
    漢字の覚え方 㝵           漢字の覚え方 奴           漢字の覚え方 度           漢字の覚え方 土           漢字の覚え方 屯          
  • タ行(トウ)
    漢字の覚え方 刀           漢字の覚え方 沓           漢字の覚え方 冬           漢字の覚え方 東           漢字の覚え方 朕・藤         漢字の覚え方 到           漢字の覚え方 豆          
  • タ行(ドウ)
    漢字の覚え方 童           漢字の覚え方 同          
  • タ行(ドウ)・ナ行(ノウ)
    漢字の覚え方 能           漢字の覚え方 脳           漢字の覚え方 農          
  • ナ行
    漢字の覚え方 奴           漢字の覚え方 南           漢字の覚え方 女            漢字の覚え方 内           漢字の覚え方 然           漢字の覚え方 念          
  • ナ行(ニン)・サ行(ジン)
    漢字の覚え方 人           漢字の覚え方 壬           漢字の覚え方 刃          
  • ナ行(ニ)・サ行(ジ)
    漢字の覚え方 耳           漢字の覚え方 二           漢字の覚え方 爾             
  • ナ行(ノウ)・タ行(ドウ)
    漢字の覚え方 能           漢字の覚え方 農           漢字の覚え方 脳          
  • ハ行(ブ)・マ行(ム)
    漢字の覚え方 武          
  • ハ行(ハ )
    漢字の覚え方 巴           漢字の覚え方 巿           漢字の覚え方 派           漢字の覚え方 配・妃         漢字の覚え方 貝・買         漢字の覚え方 白           漢字の覚え方 莫           漢字の覚え方 癶          
  • ハ行(ハン)
    漢字の覚え方 般           漢字の覚え方 犯・氾         漢字の覚え方 八・半         漢字の覚え方 反           漢字の覚え方 番          
  • ハ行(ヒ )
    漢字の覚え方 非           漢字の覚え方 皮           漢字の覚え方 辟           漢字の覚え方 比           漢字の覚え方 備           漢字の覚え方 必           漢字の覚え方 表           漢字の覚え方 票           漢字の覚え方 苗           漢字の覚え方 品          
  • ハ行(ヒョウ・ヘイ )
    漢字の覚え方 平           漢字の覚え方 丙          
  • ハ行(ビ)・マ行(ミ)
    漢字の覚え方 尾           漢字の覚え方 未          
  • ハ行(フ )
    漢字の覚え方 付           漢字の覚え方 夫           漢字の覚え方 父           漢字の覚え方 不           漢字の覚え方 孚           漢字の覚え方 卜           漢字の覚え方 畐           漢字の覚え方 复           漢字の覚え方 弗              
  • ハ行(フン )
    漢字の覚え方 賁           漢字の覚え方 勿           漢字の覚え方 八・分        
  • ハ行(ブン )
    漢字の覚え方 文           漢字の覚え方 分          
  • ハ行(ヘ )
    漢字の覚え方 並           漢字の覚え方 辟           漢字の覚え方 扁          
  • ハ行(ホ )
    漢字の覚え方 呆           漢字の覚え方 甫           漢字の覚え方 丰           漢字の覚え方 奉           漢字の覚え方 方           漢字の覚え方 包           漢字の覚え方 北           漢字の覚え方 賁           漢字の覚え方 本          
  • ハ行(ボ )
    漢字の覚え方 母           漢字の覚え方 暴           漢字の覚え方 亡           漢字の覚え方 卯           漢字の覚え方 卜          
  • マ行
    漢字の覚え方 矛           漢字の覚え方 米           漢字の覚え方 莫           漢字の覚え方 末           漢字の覚え方 末           漢字の覚え方 綿           漢字の覚え方 毛           漢字の覚え方 孟           漢字の覚え方 勿          
  • マ行(メイ・ミョウ)
    漢字の覚え方 明           漢字の覚え方 名          
  • マ行(メン)・ハ行(バン・ベン)
    漢字の覚え方 面           漢字の覚え方 免          
  • マ行(メ・マ)・ハ行(バ)
    漢字の覚え方 馬           漢字の覚え方 麻         
  • マ行(モン)
    漢字の覚え方 文           漢字の覚え方 門          
  • ヤ行
    漢字の覚え方 亦・夜         漢字の覚え方 予           漢字の覚え方 余           漢字の覚え方 谷          
  • ヤ行(ユ)
    漢字の覚え方 兪           漢字の覚え方 攸           漢字の覚え方 憂           漢字の覚え方 由           漢字の覚え方 斿           漢字の覚え方 酉           漢字の覚え方 右          
  • ヤ行(ヨウ)
    漢字の覚え方 幺           漢字の覚え方 夭           漢字の覚え方 翟           漢字の覚え方 枼           漢字の覚え方 羊           漢字の覚え方 䍃・揺         漢字の覚え方 用           漢字の覚え方 昜           漢字の覚え方 要          
  • ラ行
    漢字の覚え方 果           漢字の覚え方 戻           漢字の覚え方 来           漢字の覚え方 礼・豊         漢字の覚え方 剌           漢字の覚え方 楽           漢字の覚え方 闌           漢字の覚え方 秝           漢字の覚え方 列           漢字の覚え方 盧          
  • ラ行(リ )
    漢字の覚え方 离           漢字の覚え方 率           漢字の覚え方 利            漢字の覚え方 里           漢字の覚え方 良           漢字の覚え方 令           漢字の覚え方 量           漢字の覚え方 両           漢字の覚え方 力              
  • ラ行(リュウ )
    漢字の覚え方 立           漢字の覚え方 留           漢字の覚え方 流          
  • ラ行(リン)
    漢字の覚え方 侖           漢字の覚え方 粦           漢字の覚え方 林          
  • ラ行(レイ)
    漢字の覚え方 戻           漢字の覚え方 礼・豊         漢字の覚え方 令          
  • ラ行(レン)
    漢字の覚え方 柬           漢字の覚え方 連          
  • ラ行(ロウ)
    漢字の覚え方 老           漢字の覚え方 良          
  • ラ行(ロク)
    漢字の覚え方 彔           漢字の覚え方 六          
  • ワ行
    漢字の覚え方 或           漢字の覚え方 夗          
  • 中学校で習う漢字
    中学校1年生で習う漢字       中学校2年生で習う漢字       中学校3年生で習う漢字      
  • 呉音と漢音
    呉音と漢音               
  • 小学校1年生で習う漢字
    小学校1年生で習う漢字①     小学校1年生で習う漢字②    
  • 小学校2年生で習う漢字
    小学校2年生で習う漢字①     小学校2年生で習う漢字②     小学校2年生で習う漢字③     小学校2年生で習う漢字④    
  • 小学校3年生で習う漢字
    小学校3年生で習う漢字①      小学校3年生で習う漢字②     小学校3年生で習う漢字③     小学校3年生で習う漢字④    
  • 小学校4年生で習う漢字
    小学校4年生で習う漢字①      小学校4年生で習う漢字②     小学校4年生で習う漢字③     小学校4年生で習う漢字④    
  • 小学校5年生で習う漢字
    小学校5年生で習う漢字①      小学校5年生で習う漢字②     小学校5年生で習う漢字③     小学校5年生で習う漢字④    
  • 小学校6年生で習う漢字
    小学校6年生で習う漢字①      小学校6年生で習う漢字②     小学校6年生で習う漢字③     小学校6年生で習う漢字④    
  • 小学校で習う漢字
    小学校で習う漢字 天地人      小学校で習う漢字 上下左右    小学校で習う漢字 父母姉妹兄弟    小学校で習う漢字 春夏秋冬    小学校で習う漢字 一~十      小学校で習う漢字 東西南北   
  • 小説『明暗そのあと』
    百八十九                百九十                 百九十一                百九十二                百九十三                百九十四                百九十五                百九十六                百九十七                百九十八                百九十九                二百               
  • 漢字 のエッセイ
    象形・指事・会意・形声 一年生  象形・指事・会意・形声 二年生  象形・指事・会意・形声 三年生  象形・指事・会意・形声 四年生  象形・指事・会意・形声 五年生  象形・指事・会意・形声 六年生  漢字でみるヤナギの分類      落語 空き巣             
  • 漢字 参考図書
  • 漢字 音読み索引(ア行)
  • 漢字 音読み索引(カ行)
  • 漢字 音読み索引(サ行)
  • 漢字 音読み索引(タ行)
  • 漢字 音読み索引(ナ行)
  • 漢字 音読み索引(ハ行)
  • 漢字 音読み索引(マ行)
  • 漢字 音読み索引(ヤ行)
  • 漢字 音読み索引(ラ行)
  • 漢字 音読み索引(ワ行)
  • 漢字・訓読み索引(あ行)
  • 漢字・訓読み索引(か行)
  • 漢字・訓読み索引(さ行)
  • 漢字・訓読み索引(た行)
  • 漢字・訓読み索引(な行)
  • 漢字・訓読み索引(は行)
  • 漢字・訓読み索引(ま行)
  • 漢字・訓読み索引(や行)
  • 漢字・訓読み索引(ら行)
  • 漢字・訓読み索引(わ行)
  • 漢字練習問題(中学生)
    練習問題1-1(書き)         練習問題1-1(読み)         練習問題1-2(書き)         練習問題1-2(読み)         練習問題1-3(書き)         練習問題1-3(読み)         練習問題1-4(書き)         練習問題1-4(読み)         練習問題1-5(書き)         練習問題1-5(読み)        
  • 部首索引 虫(むし)
  • 部首索引 魚(うお・さかな)
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ